【医学】欧米型の食事は自然免疫をリプログラムする(1月11日号Cell掲載論文)

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1しじみ ★2018/01/14(日) 13:11:19.90ID:CAP_USER
着想も驚くほどではなく、なんとなくやってみようと進めた研究の結果が予想以上で、
しかも一般市民の興味を惹く場合は、運良くトップジャーナルに掲載されることがある。
レビューを通過するにはある程度の幸運が必要だが、加えてシナリオの骨子がしっかりしていることと、
インパクトの高いタイトルをつける必要になる。

今日紹介するドイツ・ボン大学からの論文はまさにそんな例で、
この論文だけを読んだ後は良くレビューを通ったなと思ったが1月11日号のCellに掲載されている。
まずこの決定にタイトル
「Western diet triggers NLRP3-dependent innate immune reprogramming
(欧米型の食事はNLRP3を介して自然免疫をリプログラムする)」は間違いなく影響しているだろう。

おそらく高脂肪高カロリー食と言わずにタイトルにあるようにWestern Dietが編集者の気持ちを動かしたように思う。

もともと、高カロリー、高脂肪食により動脈硬化が起こるが、
このプロセスを一種の炎症として捉えることは普通の話で、新しいことではない。
この研究も、動脈硬化を起こすLdl受容体(Ldlr)が欠損したマウスに、
高脂肪、高カロリーの欧米型(WD)を与え、通常の餌を与えたマウスと、炎症に関わる血液細胞を比べ、
最終的に白血球とマクロファージに分化できる前駆細胞レベルで、
細胞のエピジェネティックな状態が炎症型に変化したことを示している。

自然免疫システムは、感染によりリプログラムされることが知られており、
リプログラム自体は特に驚くほどではないが、高コレステロールが続くと感染と同じことが起こり、
4週間WDをとり続けるだけで、あとは正常食に戻しても遺伝子発現のパターン、
すなわちリプログラムされたエピジェネティックな状態が元に戻らないという結果は確かにインパクトがある。
しかしこの研究では、血液幹細胞から炎症型の白血球が作り続けられることは示せているが、
なぜリプログラムがWDで進むかははっきりしない。

幸い同じ号にやはりオランダ・ナイメーヘン大学のグループが、
コレステロール合成経路が上昇するだけで自然免疫をリプログラムできるという論文を報告しており、
この研究はリプログラムに関するメカニズムを気にせず論文にできたのもラッキーだったと言える。
というか、みんなで申し合わせていたのかもしれない。

両者を合わせたシナリオを私なりにまとめると、WDによりコレステロール合成が高まると、
顆粒球系の前駆細胞の遺伝子発現パターンがリプログラムされ、
WDをやめても炎症型の白血球が作り続けられる。

このリプログラミングにはコレステロール代謝だけでなく、IL-1Rも関わっており、
この経路をブロックすると顆粒球のリプログラムが抑えられる。
また、自然免疫の引き金になるインフラゾームの活性化に関わるNLRP3をノックアウトすると、
WDを摂取しても自然免疫は高まらないことから、コレステロール代謝だけでなく、
独立した炎症の活性化が必要になると解釈できる。

もちろん、この自然免疫のリプログラミングが動脈硬化につながるかどうかは、
これまでの証拠を合わせて結論しているにすぎないが、動脈硬化の原因が炎症だとすると、
引き金に関わるメカニズムが明らかになったことになる。

しかし、これらを治療標的として創薬するかどうか難しいところだろう。

実際には、この2編の論文に加えて、
グルカゴンで血液幹細胞がリプログラムされるという話も掲載されており、
全部読むとなるほどと納得出来る話だが、
やはり「西欧型食事」というタイトルをつけたこの論文が一番読者には効果がある。

個人的には、一旦リプログラムされるともう元に戻らないのかがきになると同時に、
食事の話で腸内細菌叢がまったく触れられもしない点に新鮮さを感じた。

AASJ
http://aasj.jp/news/watch/7928

2名無しのひみつ2018/01/14(日) 13:14:44.10ID:Kr8qnmmt
キムチ型の食事は人生をリブートする

3名無しのひみつ2018/01/14(日) 13:23:19.40ID:fj0xNBIk
まぁ、せいぜいイグノーベル賞レベルだな。

4名無しのひみつ2018/01/14(日) 13:30:14.31ID:PWuXBJL2
面白い話だけどこのままだと一歩足りないところか

5名無しのひみつ2018/01/14(日) 13:55:22.80ID:Dc9nco/p
狙ったDNAにパッチ当てする技術はまだ十分に出来てないからなあ

6名無しのひみつ2018/01/14(日) 14:27:28.70ID:9P2dycFm
炎症を抑えられてないだけだろ、冷やせばいいんだよ
糖尿病でも内臓脂肪で胴体が冷却できなくてなるんだから
腹にサロンパス貼るとか、腹を出して寝るとか
白血病なら背骨を冷やせば予防できる

7名無しのひみつ2018/01/14(日) 14:51:03.13ID:kLm5BuWR
自分が生き残るために相手を殺してきた欧米人の文化はより獣に近いはずだ。
獣のような文化・食生活でより獣のような免疫力が付いたのではないか?

8名無しのひみつ2018/01/14(日) 17:42:08.52ID:OVqXq8t1
人間に高脂肪高カロリーが悪いのは免疫に炎症を起こさせるのか。何とか直す方法があればなぁ。

9名無しのひみつ2018/01/14(日) 17:58:28.91ID:H/fQlosH
外国人にはその国の言葉を、
自国民には自国民の言葉を、
それぞれ使わないものは
単なる田舎者である

10名無しのひみつ2018/01/14(日) 18:12:23.47ID:N72KBs4U
欧米といっても国と地方によりまるで違う食生活だよ
しかし基本は小麦粉中心でその他をちょっとした肉と野菜で補う感じ
貧困層は口に入れるもののほとんどが砂糖

まー我が国の北東北あたりのコメ中心でおかずほとんど無しと大差ないよ

11名無しのひみつ2018/01/15(月) 15:34:45.44ID:QJUnHPak
うんまあ
とりあえず理由付けするのは大事だよね

12名無しのひみつ2018/01/15(月) 15:56:36.09ID:wkZoYuYx
断食とかでリセット出来ないのかな・・・(´・ω・`)

13名無しのひみつ2018/01/15(月) 18:54:27.47ID:TSECRPeW
これが事実なら殆どの人間がリプログラミングされた後だな

14名無しのひみつ2018/01/15(月) 19:05:10.82ID:ePhSl7wa
そこで水素水です

15名無しのひみつ2018/01/15(月) 21:56:01.32ID:/bjo5ebt
普通に腸内細菌

16名無しのひみつ2018/01/15(月) 21:56:37.48ID:IVXNp2wz
【911】 NHKアナウンサー長谷川浩、自殺 <目玉のマーク> テロや災害に偽装した破壊工作 【311】
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1516006917/l50

17名無しのひみつ2018/01/20(土) 03:13:06.18ID:95ZfR8kq
食べたもので構成されるのだから、当たり前の話では

18名無しのひみつ2018/01/20(土) 11:03:09.80ID:+8V3x/Z8
>>1
>自然免疫をリプログラムする

これがわからんから
さっぱり入ってこんわい

19名無しのひみつ2018/01/20(土) 17:12:23.85ID:rE7iMCy6
わかりやすくきちんと説明できないやつは
なにも理解しないで語っているのと同じ

20名無しのひみつ2018/01/20(土) 21:30:24.61ID:LRdSHbzr
>>10
モルモットの実験では、炭水化物、蛋白質、脂肪を含む同カロリーの食事で
炭水化物が砂糖かデンプンかで寿命は異なり砂糖の方が短いとのこと

炭水化物を全て同格と扱うことは誤りと思われる

21名無しのひみつ2018/02/03(土) 23:48:45.40ID:NCT0iDHc
こんなことより免疫と人の性格の関係を研究したほうが面白い
逆に、そいつの性格から対処法が見えてくる

22名無しのひみつ2018/02/03(土) 23:49:53.55ID:NCT0iDHc
>>14
ち〜が〜う〜だ〜ろー
そんなときに出会ったのが皇潤

23名無しのひみつ2018/02/03(土) 23:51:09.81ID:NCT0iDHc
>>20
そりゃそうだ
砂糖による高血糖が免疫に影響するからだよ

24名無しのひみつ2018/02/04(日) 00:23:34.10ID:I9pG1eQW
1月11日号Cell掲載論文読んだ人の感想文じゃないか。科学板にのせるなら論文の方じゃないの?

25名無しのひみつ2018/02/04(日) 08:41:18.56ID:npe4e+IF
結局、DNAの機能はまったく分かりませんと読める

26名無しのひみつ2018/02/05(月) 20:19:15.15ID:pYNosCfI
欧米型の食事って、
コーラとハンバーガーだろ。

アラカンには辛いわ。

27名無しのひみつ2018/02/06(火) 05:15:08.27ID:jbM2y4kR
DNAって絶対不変みたいなイメージがあるけど
意外と外的、環境的な影響で変動するんやな

28名無しのひみつ2018/02/10(土) 22:32:17.34ID:+ELU6dy1
>>18-19 判りやすく書き直した記事がこれ↓、ということか

 西欧型食事は血液細胞のプログラムを炎症型に書き換える
https://news.yahoo.co.jp/byline/nishikawashinichi/20180117-00080522

  動脈硬化症や糖尿病の原因は、
  言わずと知れた高脂肪、高カロリーの西欧型食生活の普及だ。しかし、
  20世紀の後半から、
  両方の病気の背景には慢性の炎症が潜んでいることがわかってきた。
  なぜ西欧型食生活が慢性炎症の原因になるのか?
〔略〕
  高脂肪、高カロリーの欧米型食事(WD)を4週間与え、
  通常の餌を与えたマウスと、炎症に関わる血液細胞の変化を比べている。
〔略〕
  この研究では、4週間WDをとり続けるだけで、感染と同じように
  血液細胞が炎症型に変化してしまうことを示している。
  恐ろしいことに、一旦この傾向が生まれると、正常食に戻しても元に戻らない。

29加津庸介2018/02/12(月) 10:25:38.38ID:Hn60T6OY
>>26
それ欧米型じゃなくてアメリカ型の食事。
欧と米の区別もできないの?

30名無しのひみつ2018/02/12(月) 10:51:48.14ID:1S03j8sj
早死にしたかったら、朝はマ*ドでバーガーを食い、
昼は***で***を食い、夜は***で***を食って、
酒を飲んで寝てお終い、その繰り返しで早死にできるだろうな。

31名無しのひみつ2018/03/10(土) 13:41:44.58ID:tnvlpk/3
怖い話たなあ

32名無しのひみつ2018/03/10(土) 16:24:58.94ID:/gXUiDkK
元の論文のアブスト読むと、

Western diet (WD) feeding of Ldlr-/- mice induced systemic inflammation,

と、炎症起きるのはLDL受容体欠損マウスであって、

WD-induced transcriptomic and epigenomic reprogramming of myeloid progenitor cells led to
increased proliferation and enhanced innate immune responses.

と、西洋型食事で自然免疫が活性化されるとあるわけだが、何をどう勘違いしたら>>1のような狂った
解釈になるんだ?

33名無しのひみつ2018/03/10(土) 16:52:49.00ID:tnvlpk/3
知恵遅れくんは、こっちへ逃げてきたのか

34名無しのひみつ2018/03/10(土) 17:49:41.82ID:/gXUiDkK
英語の読めないID:tnvlpk/3が>>1の与太話を書いたってことか

35名無しのひみつ2018/03/10(土) 18:06:42.96ID:tnvlpk/3
ハイハイ知恵遅れくん

36名無しのひみつ2018/03/12(月) 11:26:05.56ID:TtiJ8Ljn
>>2 科学ニュースにしては勢いある2だった

37名無しのひみつ2018/03/12(月) 17:40:34.90ID:3MAW5xOT
欧米か!

ぱこっ

38名無しのひみつ2018/03/17(土) 20:07:08.17ID:wTpEZ4+N
糖質制限ダイエットは老後にしわ寄せも──。
ご飯やうどんなどの炭水化物を減らした食事を長期間続けると、高齢になってから老化が早く進み、寿命も短くなるとの研究を東北大学大学院がまとめた。

糖質制限は「内臓脂肪を効率的に減らす」と話題になっているが、マウスを使った試験では人間の年齢で60代後半からの老化が顕著だった。
研究内容は名古屋市で15日から始まる日本農芸化学会で、17日に発表する。(立石寧彦)
東北大大学院が報告

同大学院農学研究科のグループは、食事の量を減らさず炭水化物の量を制限し、その分をタンパク質や脂質で補う「糖質制限食」について、摂取と老化の影響を分析。
マウスに日本人の一般的な食事に相当する餌を与えた場合と、糖質制限食を与えた場合を比較した。ビタミンやミネラルは同じ量を与えた。

 一般的な食事を与えたマウスは多くが平均寿命よりも長生きしたが、糖質制限食では平均寿命まで生きられなかった個体が多かった。
死んだ個体は平均寿命より20〜25%ほど短命だった。
また、糖質制限の個体は見た目も同齢の一般食の個体と比べて背骨の曲がりや脱毛などがひどく、老化の進度が30%速かった。

 同科の都築毅准教授によると、現時点で詳しいメカニズムははっきりしていないが、
「糖質制限食の個体は、血液中に多く存在するとがんや糖尿病の発症が早くなる可能性が高まる物質が多くなっていた」と、食事による違いを指摘する。

さらに、若い時期は影響が目立たないために健康そうに見えるが、加齢が進んで人間の年齢換算で60代後半になると、
外見的な老化が進行し、皮膚の状態の悪さがはっきりしてくるという。

同グループは「長期の糖質制限はマウスの皮膚や見た目の老化を促進し、寿命を短くする」と結論付けた。
都築准教授は「極端な食事スタイルは健康維持に有益ではないと発信し、誤った食生活を見直すきっかけにしてほしい」と期待する。

39名無しのひみつ2018/03/18(日) 02:27:10.33ID:/SQPYDRf
>>38
この間ケトジェニックでマウスの寿命伸ばせたってやってたばかりなのに
わざと失敗してない?

40名無しのひみつ2018/03/18(日) 02:29:18.68ID:/SQPYDRf

41名無しのひみつ2018/03/18(日) 02:51:12.82ID:eTzvemMl
>>39
それは単に信じたいものを信じようとしてるだけだぞ
ケトジェニックも本当に成功したのか疑わしいと考えるべきだ

まあ、実験に使ったマウスにも遺伝的な違いがあるだろうし、糖質制限食とケトン生成食は全く同じものじゃないから
実験結果が違っていても不思議ではないんだがね

42名無しのひみつ2018/03/18(日) 05:24:31.56ID:1JDG89eF
>>37
優しいな。俺ならばしっ!だわ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています