【医学】妊婦は気をつけて! 炭水化物抜きで子どもが肥満、動脈硬化、高血圧に

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1しじみ ★2018/01/14(日) 02:07:32.33ID:CAP_USER
手軽で効果的にやせられる方法として人気がある炭水化物抜きダイエット。
しかし、妊娠中の女性が極端に糖質制限をすると、おなかの赤ちゃんの健康に、
将来にわたって悪影響を及ぼす可能性があるという。
海外の研究でわかってきた糖質制限のリスクについて、
早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構の福岡秀興・ 招聘しょうへい 研究員が語った。

〈「小さな赤ちゃん」が多い日本〉

 日本では「小さく産んで大きく育てる」ということが流行のようになり、1980年代以降、
2500グラム未満で生まれる低出生体重児の割合が増え続けました。
経済協力開発機構(OECD)のデータでは、90年代までに欧米各国の平均を上回りました。
今は9%を超え、突出して高くなっています。

背景に、妊娠前・妊娠中の母親の摂取カロリー、多くの栄養素の摂取量が少な過ぎる傾向があります。


 妊娠糖尿病などの合併症を防ぐために、摂取カロリーのコントロールが必要な場合はありますが、
極端な制限は母子の健康に悪影響を及ぼします。

とくに、妊娠中に炭水化物の摂取が少ない場合、
胎児の将来の健康に問題が起きやすいという研究結果が、海外から報告されています。

〈妊娠初期の炭水化物不足で子の体脂肪量が多くなる〉

妊婦は気をつけて! 炭水化物抜きで子どもが肥満、動脈硬化、高血圧に


 英国のサウサンプトンで母子に対して行われた研究では、妊娠初期の炭水化物摂取量と、
生まれた子どもが6歳、9歳のときの体脂肪量の関係が調べられました。
その結果、母親の炭水化物の1日の摂取量が少なかったケースほど、
子どもの体脂肪量が多くなる傾向がはっきりしたのです。

つまり、妊娠初期に糖質を制限し過ぎると、子どもの肥満につながる可能性が指摘されました。

 同じく英国のエディンバラでは、1967年からの2年間、妊娠中毒症を防ぐため、
妊婦に穀類を食べることを制限し、たんぱく質を多く摂取する指導が行われました。
その結果、出生児に高血圧が多発したことが分かっています。

続きはソースで

図:低出生体重頻度の推移(5年毎:1951-2010)
https://image.yomidr.yomiuri.co.jp/wp-content/uploads/2017/12/01g-re2-1.jpg

図:妊娠中のエネルギー摂取と9歳時体重から見た小児頸動脈の内膜中膜厚
http://独眼竜.xyz/wp-content/uploads/2018/01/20180101-00010000-yomidr-002-1-view-320x243.jpg

ヨミドクター(読売新聞)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171219-OYTET50009/

49名無しのひみつ2018/01/20(土) 12:26:55.79ID:RO+HrR8z
マサイ族の摂取エネルギーの7割近くが脂肪分
つまり3割はそれ以外なんだから蜂蜜もなかにはあるだろう

50名無しのひみつ2018/01/20(土) 12:52:02.47ID:p9JtvEHY
【小室不倫】 廃人同然globeKEIKO <世界教師 マイトLーヤ> PM2.5と放射能の圧倒的な差 【370便】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1516415622/l50

51名無しのひみつ2018/01/20(土) 19:53:20.93ID:/qMRfHoi
成分無調整牛乳1ℓに、炭水化物約50g
マサイの場合、それに砂糖と血やトウモロコシなど混ぜて1日に数ℓ〜10ℓほど

あと子供は木の実や蜂蜜をよく食べ、大人は蜂蜜酒
乳糖不耐の多い日本で牛乳主食は厳しいが、日本がよく輸入するのがマサイ伝統の蜂蜜だ

52名無しのひみつ2018/01/20(土) 21:53:28.15ID:RO+HrR8z
牛乳の脂肪分のカロリーは牛乳の糖質の2倍のカロリーがある
現代のマサイの食事が砂糖やトウモロコシが入り込んでいるとしても
過去の伝統的マサイの食事がそうだったということにはならない

53名無しのひみつ2018/01/20(土) 23:59:49.30ID:/qMRfHoi
栄養価の高い穀物を牛舎で与え続けた牛乳は乳脂肪分が高いが

牧草主体の飼料、マサイの牛乳は脂肪が少なくなる

54名無しのひみつ2018/01/21(日) 11:32:41.98ID:SLBq+rh2
牛乳の脂肪分を高めるのは、まず、肉骨粉、成長ホルモン。
てのは置いといて。
自然放牧で草を食べて運動した牛の乳汁は、脂肪分・タンパク成分が下がり味が薄い。

商業的には、乳の脂肪・タンパクを増やすと高く売れる。
放牧でなく囲い飼い、で、
各種油粕・ビール粕・グルテンフィードなど、牛の好む高タンパク・高脂肪の濃厚飼料を与え、

体液を油・タンパクたっぷりとする。

55名無しのひみつ2018/01/21(日) 11:42:33.05ID:UVW/s+GY
気を付けてったってツワリで好きなものしか喰わないようになってるから大丈夫だよ

56名無しのひみつ2018/01/21(日) 18:19:56.50ID:4nSTPREV
>>53
コンマ数%な

57名無しのひみつ2018/01/23(火) 23:47:55.24ID:biShRVv4
肉骨粉は、太らせて脂肪増やすのに効率的だったね...
放牧などで
青草を食む牛の生乳は、乳脂肪分3.0%ほどなのに

油タンパク濃厚飼料育ち、の牛乳の脂肪分は、約4.5%のことも...

58名無しのひみつ2018/01/24(水) 10:23:18.94ID:obQsjJGo
>>57
乳脂肪4.5%の無調生乳など未だかつて見たことがない

59名無しのひみつ2018/01/24(水) 23:49:16.61ID:CZylHguq
高いけど、生乳で脂肪が特濃なのもあるよ?

60名無しのひみつ2018/01/25(木) 03:11:22.06ID:/LF0km+G
なんかえろい

61名無しのひみつ2018/01/25(木) 14:25:58.77ID:PSTvel6z
無調整で4.5はないな

62名無しのひみつ2018/01/25(木) 23:18:10.98ID:sNwj2Th3
「なんとジャージー乳の平均乳脂肪率は4.5%〜5.0%になることも!」

63名無しのひみつ2018/01/27(土) 01:10:10.66ID:30JZlUyE
ジャージー牛って放牧牛だろ

64名無しのひみつ2018/01/27(土) 01:12:42.14ID:30JZlUyE
肉骨粉なんか食わしてない

65名無しのひみつ2018/01/31(水) 23:13:14.28ID:We9Q2pXs
日本の牛は濃厚飼料で濃い乳を出すけど

 > 背中が盛り上がったマサイ牛はどれも痩せ気味。栄養のある餌が少ないからか?。
、、てあったし、マサイの牛乳は薄いだろ

66名無しのひみつ2018/02/03(土) 16:14:47.51ID:Awzl8oH3
ミルクといえば、米から作ったライスミルクがセレブに流行。

アメリカでは大流行! ライスミルクで美人ダイエット
https://www.bibeaute.com/article/73535

67名無しのひみつ2018/02/11(日) 15:30:09.30ID:QuICKEC5
要するに、妊娠の可能性がある女性は
子供のため日常でしっかり糖分とるべきだな

68名無しのひみつ2018/02/12(月) 13:26:39.13ID:elGd7oHQ
>>67
PCOSで不妊になるぞ
ヒゲ女が好きなのか?

69名無しのひみつ2018/02/12(月) 16:42:51.27ID:CNKO1Vhi
何でもバランス良くが結局一番

70名無しのひみつ2018/02/13(火) 08:09:56.79ID:wJGjxb7f
将来の身長ってもう出生時の体重で決まってないか?

71名無しのひみつ2018/02/17(土) 21:07:28.69ID:jcE3d5k3
まとまってるな
 妊婦は要注意!幼児の脳に影響も。『糖質制限ダイエット』の危険性
https://mamapress.jp/magazine/the-risks-of-carbohydrate-restriction-diet/

> 特に妊娠初期の栄養不足(炭水化物不足)により発育不全や低体重で生まれてきた赤ちゃんは、
> 幼児期に肥満体質になりやすい傾向があり、

> さらにもっと成長すると今度は生活習慣病や心血管疾患、乳がん、総合失調症などにより
> 死亡するリスクが高まるという研究データがあるのです。

> また、糖質(炭水化物)は赤ちゃんの脳の成長にとっては欠かせないものです。
> これを制限してしまうと胎児に悪影響を及ぼしてしまうのは簡単に想像できますよね。

72名無しのひみつ2018/02/17(土) 22:28:35.55ID:cULRK6o0
簡単に創造するなよ
カロリー不足以外のエビデンス出せよ

73名無しのひみつ2018/02/17(土) 23:13:32.95ID:2zAF5FEa
>>24
アホか。胎児の主たるエネルギー源はケトン体だぞ。教科書を見ろ。

74名無しのひみつ2018/02/17(土) 23:17:51.76ID:2zAF5FEa
>>35
アミノ酸と脂肪の好気性代謝で、
どうして代謝が下がるんだよw

用語の使い方が滅茶苦茶だぞ

75名無しのひみつ2018/02/17(土) 23:18:01.34ID:xrWxL6+v
>>24 はね
健常者とケトン値が上がってない妊娠糖尿病患者と
ケトン値の高い妊娠糖尿病患者を比較した論文の話

妊娠中の高血糖は危険ってだけ

76名無しのひみつ2018/02/17(土) 23:21:19.69ID:2zAF5FEa
>>43
脂質を摂取してもインシュリンが分泌しないのに、
どうやって体内で脂肪を合成するんだ?

脂肪を食べても体脂肪は増えないんだよ

77名無しのひみつ2018/02/18(日) 00:13:04.45ID:AvMFLztj
>>3
最近、体重増えすぎの妊婦は、
増やさないように痩せるように指導されるのが普通
まあ、早い話がダイエットだ

78名無しのひみつ2018/02/18(日) 08:57:56.05ID:P3xXi/CP
>>13 www
昔は米より麦の方が安かった

79名無しのひみつ2018/02/18(日) 15:15:35.27ID:CpdQLB8y
>>43
>そもそも、運動すればすぐに消費する糖質と違い、身体についた脂質は
>消費するには一手間かかる。
>(長時間の飢餓状態か、長時間運動をしなければならない)

糖質制限ダイエットすれば脂肪はケトン体になって簡単に消費できるのに、お前馬鹿だな

80名無しのひみつ2018/02/18(日) 16:11:09.58ID:Kghi1PzD
「トランス脂肪酸は排卵に悪影響があり、
不妊症の原因の一つになっている可能性がある」

>排卵障害または多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を引き起こす
>危険性のある五大食品は・・・なんと!!

> 1.チョコレート 2.生クリーム 3.マーガリン 4.コーヒーフレッシュ 5.サラダ油

81名無しのひみつ2018/02/19(月) 00:54:11.91ID:IhctZTnr
>>54
肉牛の場合配合飼料を食わされた牛は
脂身が白くなり
自然放牧で草を食べた牛は脂身がカリウムのせいで
脂身が若干黄色味を帯びる。

肉骨粉など動物脂肪を摂り過ぎることが動脈硬化の原因になる。

82名無しのひみつ2018/02/19(月) 00:58:48.06ID:BHMsIVYW
>>81
配合資料を食わされた牛の脂肪はリノール酸が増えるんだよ
避けるべきはリノール酸=穀物油

83名無しのひみつ2018/02/19(月) 01:17:54.38ID:IhctZTnr
>>44
∧_∧
( ´・ω・) 脂溶性ビタミンであるAを摂り過ぎるとハゲる
( つ旦O
と_)_)

84名無しのひみつ2018/02/19(月) 02:15:51.95ID:IhctZTnr
ここにカキコしてるヤツラは糖質と食物繊維を混同してるけど
食物繊維は腸内で脂肪と絡んでウンコとして排出されるんだから
デブになるのを予防する。

最近の食品、淫量水業界では
砂糖=ショ糖=スクロースを分解したグルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)
という表示で消費者の目を誤魔化している。
あとソルビトールという甘味料は糖尿病患者の手足抹消の神経マヒを促進する。

85名無しのひみつ2018/02/20(火) 23:08:34.78ID:gEpbXlz3
>>82
それでもオリーブ油のリノール酸含有比率よりもずっと少ないから気にしない

86名無しのひみつ2018/02/25(日) 16:06:24.17ID:Q+r42RPQ
RIZAPの糖質制限・低糖質ダイエットコラム

 妊婦が糖質制限をすることは母子ともに危険なことなのです
http://column.rizapstore.jp/eikyou/220.html

 1.妊婦が糖質制限をすることは母子ともに危険なことなのです
 2.妊婦のダイエットは危険です
 3.「カロリー制限」と「糖質制限」は異なります
妊婦中に太り過ぎを注意された場合、糖質制限をするのではなくカロリー制限を行いましょう。

 4.授乳期の糖質制限も注意が必要です

妊娠期間中だけでなく授乳期も糖質制限ダイエットは行わないようがよいでしょう。

87名無しのひみつ2018/02/25(日) 16:31:21.53ID:umrD3ZJB
人柱達の記録を取っておかないと、
トンでも健康本の餌食として未来の命をドブに捨てることになるな。

88名無しのひみつ2018/02/25(日) 16:31:32.44ID:IUGH40/0
【UFO】  息子のヘリを横切った  ≪山本太郎・乃布子≫  世界教師 マイトLーヤ  【TV注目】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1519438853/l50

89名無しのひみつ2018/02/25(日) 16:34:09.96ID:VposjuNq
鬱陶しいかもしれんが子供を見てくれるばあちゃんや爺ちゃんがいないからな
子育ての大先輩が近くにいない人ばっかりだろ

90名無しのひみつ2018/02/25(日) 17:11:26.08ID:1DJTMaQm
食い物が何でも太る奴は太るし痩せてる奴は痩せてる

91名無しのひみつ2018/02/25(日) 17:42:27.67ID:0GXo7HfQ
>>9
キミは周りの人間に恵まれているだけさ。

92名無しのひみつ2018/03/03(土) 17:25:57.59ID:B2gxGb1S
全て、エピジェネティックスで説明できる。

93名無しのひみつ2018/03/03(土) 17:29:40.66ID:75i5jFEP
何抜きや、何しか食べないなどのダイエットしようが、
共通するのはどれも骨密度の低下と、尿のph値が下がる
また運動のしすぎでも、同じことがおきる、

94名無しのひみつ2018/03/11(日) 11:41:12.32ID:JFTWtjUP
糖の怖さが分かるビデオ

糖質制限 健康に成りたい人は
この健康新常識を知れ 貴方の
主治医とは違う
https://youtu.be/v05c6rm-oMw

WHOが指針案 糖類1日25グラム

1日の糖類は小さじ6杯分まで 
WHOが新指針
https://r.nikkei.com/article/DGXLASFK05H07_V00C15A3000000

新指針では引き続き「10%までを推奨
する」としつつも、「5%より低けれ
ば、さらに健康増進効果を得られる」
と追加した。
WHOは大さじ1杯のケチャップにも
4グラムの糖類が含まれることなど
を紹介し、一般的に「甘いもの」と
みられない食品にも砂糖が多く加え
られていると警告した。

95名無しのひみつ2018/03/11(日) 15:26:54.48ID:S9UYTr3B
http://column.rizapstore.jp/eikyou/220.html

> 1.妊婦が糖質制限をすることは母子ともに危険なことなのです
> 2.妊婦のダイエットは危険です
> 3.「カロリー制限」と「糖質制限」は異なります
>妊婦中に太り過ぎを注意された場合、糖質制限をするのではなくカロリー制限を行いましょう。

> 4.授乳期の糖質制限も注意が必要です

> 妊娠期間中だけでなく授乳期も糖質制限ダイエットは行わないようがよいでしょう。

食事は母乳の組成に影響するし、母親がカレー食べると羊水が変色して臭う話もあった。

96名無しのひみつ2018/03/11(日) 16:49:14.86ID:JuRNYeuG
ケトン体、それはおなかの赤ちゃんの栄養源だった
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20160323/med/00m/010/005000c

ケトン体は胎児、新生児に必須のものである
http://promea2014.com/blog/?p=2646
胎児だけではなく、新生児にもケトン体
は非常に重要な物質です。

「成人病の胎児起源」仮説その2 妊娠糖尿病の場合
http://promea2014.com/blog/?p=2617
私はこの時期に母親がつわりで
食べれれないことにより、インスリン値
が低下し、ケトン体が大量に出るように
なっているのではと考えます。そのケト
ン体が大量に胎児に供給されることが非
常に胎児にとって良い方向に働くので
は、と考えます。
ですから、まずは胎児を高血糖、高イン
スリン血症の環境にさらさないことが必
要でしょう。糖質制限をして、その後の
子供の人生の中の病気の危険を少しでも
減らしましょう。

97ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/03/29(木) 11:57:04.71ID:mXIecVz/
>>3
主婦でママで女です
なんてCMが公然と流されて絶賛される時代だぞ
現代女の脳味噌スポンジっぷりを舐めるな

98ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/04/04(水) 17:59:29.12ID:88qH7G9i
糖質制限で赤ん坊が肥満で生まれるなんか聞いたことがない
妊婦が糖質食いまくって赤ん坊までが過体重で生まれてくることは普通によくある

99ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/04/07(土) 18:45:36.44ID:YQSwSnJ8
妊娠中の「低炭水化物食」に注意! 子どもが肥満を引き起こす可能性あり
https://www.excite.co.jp/News/health/20150629/HealthPress_201506_post_1839.html?_p=2
---
 最近、「炭水化物を抜く」ダイエットが流行しています。

 福岡:炭水化物を少なくしてはいけません。
 炭水化物はヒストンたんぱくを修飾する重要な物質であり、

 特に妊娠前半に炭水化物の摂取を抑制すると、
 子どもに肥満体質が生じることが明らかとなりました。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています