【考古学】1億4500万年前の人類の遠い祖先「ネズミ」の歯、英大学生が発見

1しじみ ★2017/11/08(水) 11:41:26.68ID:CAP_USER
【11月8日 AFP】1億4500万年前に生息していたネズミ似の動物の歯を英国の大学生が発見した。
この動物は人類の遠い祖先に当たるという。古生物学誌「Acta Palaeontologica Polonica」が7日に報じた。

 歯は、英イングランド(England)南西部ドーセット(Dorset)の海岸で採取した岩石から見つかったもので、
英ポーツマス大学(University of Portsmouth)の学生、グラント・スミス(Grant Smith)さんが岩石を詳細に調べていた際に気がついた。

 ポーツマス大の研究員、スティーブ・スウィートマン(Steve Sweetman)氏は、
「歯はこの時代の岩石からはこれまで見つかっていない種類のもので極めて貴重。彼はそれを2つも発見した」と述べ、
「見つかった歯について意見を求められのだが、一目見ただけで開いた口がふさがらないほど驚いた」と初めて歯を見た時のことを説明した。

 歯はそれぞれ異なる2種類の動物のものと考えられている。どちらも小型で、体が毛皮で覆われており、
夜行性で、昆虫やおそらく植物などを食べていた可能性が高いという。

 スウィートマン氏は「これらの歯は、餌を突き刺したり、かみ切ったり、砕いたりすることが可能な高度に進化した種類のものだ」と説明。
「また、歯がかなりすり減っており、持ち主の動物がそれらの種としては長生きしたことが示唆される。
生息環境を捕食性恐竜と共有している状況にしては大したものだ」と続けた。

 さらに、人類とは著しく異なっているものの、これらの動物は「人類に至る哺乳類の系統に属する、
これまでに知られている中で最古の動物であることは疑う余地がない」とも述べている。

 2種の哺乳動物はそれぞれ「Durlstodon ensomi」と「Durlstotherium newmani」と命名された。
後者は、地元のパブを経営しているチャーリー・ニューマンさんにちなんだ名前だという。

 今回の歯の発見地となったドーセットの「ジュラシック・コースト(Jurassic Coast)」は、
国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産(World Heritage Site)に登録されており、
表出している地層は約1億8500万年分の歴史を記録している。(c)AFP

画像:英国の大学生が発見した、1億4500万年前に生息していたネズミ似の動物の歯。英ポーツマス大学提供(2017年11月7日提供)
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/5/700x460/img_75a5f98a73c19a001930d69adc94bace56646.jpg

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3149714?pid=19532529

2名無しのひみつ2017/11/08(水) 11:44:01.04ID:aflxBySl
裸出歯鼠か?!

3名無しのひみつ2017/11/08(水) 11:58:14.59ID:DfhK7PHA
美人が多い国ランキング!100ヵ国以上の女性と出会ったぼくがオススメするトップ10!
http://www.wtmeiguo.shop/top_10/1509727599/

4名無しのひみつ2017/11/08(水) 12:06:40.03ID:8q0DPZ/H
でっかい(大小の)恐竜がはびこっていたそうだね。
そのころの哺乳類って、小さなネズミとかのサイズだったそうだ。
なぜそんなに世界がコロンと変わったのか。 わかんねー。

5名無しのひみつ2017/11/08(水) 12:07:40.23ID:RzkKfXva
>哺乳類の系統に属する、これまでに知られている中で最古の動物であることは疑う余地がない

なにしれっと嘘ついてんだ
ジュラ紀の哺乳類化石はけっこう発見されてる

6名無しのひみつ2017/11/08(水) 12:22:06.70ID:8q0DPZ/H
古生代の始まりの頃から、現代の生物の先祖は全部揃って出てきたそうだ。
両生類、爬虫類、哺乳類が、ほぼいっぺんに生じたように見える。
ヘンかもしれないが、化石の証拠をみると、そんなように見えるのさ。

7名無しのひみつ2017/11/08(水) 12:37:20.41ID:NyePxPrp
『新世界より』スレだな

8名無しのひみつ2017/11/08(水) 12:45:24.91ID:DfhK7PHA
「美人度が高いアジアの国ランキング」トップ10
http://www.wtmeiguo.shop/top_10/1509727599/

9名無しのひみつ2017/11/08(水) 14:12:58.08ID:sXi+5iGQ
ジュラ紀白亜紀向井亜紀
三大地質時代区分な

10名無しのひみつ2017/11/08(水) 20:47:27.70ID:tUZUyN30
このネズミがなぜ6500万前の生物大絶滅期を生き延びたのか誰か教えて。

11名無しのひみつ2017/11/09(木) 04:23:24.50ID:jEHySYd7
>>10

@小さいから食料が少なくて済んだんじゃない?
・葉っぱみたいな草食でも生き延びられるし
・仲間の屍も食べていたろうし。

A大型よりは繁殖能力もあるし。
・弱い為にすぐ死ぬから早目に子作りして沢山産んで何匹か喰われても〜みたいな考えだったのでは?
・卵を生んで孵化してからでないと世に出て来れないヤツラに比べて即世の中に生れ堕ちるからこの世に存在出来るスタート地点でも頭数が大型の爬虫類や両生類より多かった。

B更に哺乳類より繁殖能力の高い昆虫も食べていたから餌も豊富だったのかも。
味はともかく腹一杯になれば、あとは安全な場所を探して寝るだけ。

食べ物の量にこだわらないから安全な場所へもすぐ移動出来たし、
隕石とか天災からも逃げられた。

C身体が小さいから大食漢の天敵からも標的になりにくかった。

Dそれらが複合的に作用しあって奇跡を起こしてある程度地球が安定した時代までこれた。
  ↓
Eその後、弱いから頭を使って生き延びるしかなくて脳みそが発達したので道具や火を武器に出来た。
(我々と違って、パワーが強いゴリラ族の進化がそれ↑を顕著に証明している事でも解る)

こんなトコじゃね?

12名無しのひみつ2017/11/10(金) 00:40:01.56ID:+YJ8VhEM
>>10
爬虫類は長距離移動出来ないからじゃないか?
哺乳類と鳥類は、肝臓や皮下に脂肪を貯めて長距離移動できたので、
環境変化に適応できた。
爬虫類にそうした脂肪貯蔵の仕組みはない。
6500万年前には食料不足地域と寒冷化から逃げる必要があった。
今でも、爬虫類の子孫の鳥は、寒い季節に南に移動して夏に北に戻るだろ?

13名無しのひみつ2017/11/10(金) 12:22:03.60ID:ho4nihIL
爬虫類も太ると内臓脂肪が溜まったりする
あとトカゲなんかは尾が太くなる

14名無しのひみつ2017/11/12(日) 09:04:15.49ID:p947AeCv
うちの家系はねずみ顔なんだが、
やっぱり先祖の血が濃いのか。

新着レスの表示
レスを投稿する