JA秋田中央会 【第8回 大嘗祭008】

1名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/05(月) 23:37:14.87
松岡洋右の大叔父が安倍晋三

これが私(t)だけの代名詞!

……………______ーーーーーーーーーー

秋田県農業協同中央会の闇を文章でした切り裂く。

337名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/26(月) 14:56:00.86
社員

338元JA秋田中央会のサイボーグ戦士008t2018/03/27(火) 01:11:22.70
【JAかづの】を、秋田市の中心地域に建っている「秋田県JAビル」の5階を本部と
していたJA秋田中央会の当時の正職員で経営監査課に配属して
いた私(〓008t)が平成5年当時の頃に知った県内JAのなかでの地位と扱いを解説する。

秋田県の鹿角市と小坂町に本店が建っている【JAかづの】に、中央会と連合会の共同した「鹿角出張所」が
担当の正職員たちを人事異動で配置させたうえで昭和60年代まで存在した。

平成元年には迎え「鹿角出張所」は廃止されてしまい、JA秋田中央会では【JAかづの】の経営指導を
直接担当してきたのが、JA秋田中央会の経営組織部の経営組織課の部長と課長だ。
平成元年の当時なら、秋田県内にJAは数多くあった当時のことであり、
県内の各地の市群に複数あったJAは、JA秋田中央会の男の正職員たちが人事異動に
より各地に駐在してJAの経営指導を担当してきたのであった。
平成元年の当時のJA秋田中央会の経営組織部の部長さんが小川勉(本名おがわつとむ・愛称ベンさん)で、経営組織課の39歳の男の課長さんが
武藤俊美(本名むとう としみ)だった。
【JAかづの】を経営組織課長の武藤俊美(本名むとうとしみ)が38歳から39歳まで、
秋田市の中心地域の「秋田県JAビルの5階」から、200キロメートル離れた距離と道路整備不備と
直行往復できる鉄道が無いので、JA秋田中央会の固定資産の自動車を運転して【JAかづの】の本店内で、
【JAかづの】の職員たちを前に正式業務をしてきたはずだ。
武藤俊美(本名むとうとしみ)は60歳に定年退職後したが、
【JAかづの】の役職員たちを相手にしても、共通の知り合いの昔の組合長や職員たちがいることが価値と見られて、
平成30年の現在は【JAかづの学識経験常勤監事】に選ばれて7年目になっている。


※JA秋田経済連の鹿角出張所には、人事異動でのちにJA全農の秋田県本部長と
なる田村隆(本名たむらたかし)が配属していて、【JAかづの】の常勤の組合長理事の故.神田庄司(かんだしょうじ)に
あこがれの秋田市の「秋田県JAビル」への案内パイプ役としてつかまれていた。

339元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/27(火) 01:39:21.30
>>339 の続き

JA秋田中央会の平成元年の当時の経営組織課の男の課長さんで、
38から39歳の武藤俊美(本名むとうとしみ)が
秋田県鹿角市にある【JAかづの】を直接担当者とされて、『平成元年度農林水産省の決算基準通達』などを説明して
従来と違う新対応をすることを組合長と常務理事と職員たちに指導してきたはずだ。

武藤俊美(本名むとうとしみ)の人事異動で、後任の経営指導の
課長さんに平成2年2月1日づけでなったのは農政課の
副調査役の小玉陽三(本名こだま ようぞう)だ。

小玉陽三(本名こだまようぞう)の部下の課長補佐が大仙市の大曲に住んできた福原堅悦(本名ふくはらけんえつ)だった。

【JAかづの】は、JA秋田中央会の管理職たちから経営指導としては、おかしなこだわりの指導を受けてきたのだった。


スパイダーポイズンホールド008t

340元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/27(火) 02:04:45.70
農業協同組合【JA】の役職員たちが、株式会社損害保険ジャパンの考えに、関わっては大きく間違う。

株式会社損害保険ジャパンは、純粋な民間の保険会社であり、
同業のライバル会社は、東京海上火災保険株式会社と
三井住友海上火災保険株式会社だけの会社である。

私(〓008t)という本人が広く大衆に知らせている。

私(〓008t)は、JAの経営指導は、いつも、適正に役職員たちに説明して、解りを飲み込ませることであり、
解りをJAの役職員で自分たちで行動してもらうようにしてきたのであった。

私(〓008t)の秋田県内JAの組合長たちからの評価は『指導の説明が』解りやすい、
だったよね。

ネタみが多く害があるのが平成15年のJA秋田中央会の役職員たちだった。

スパイダーポイズンホールド008t

341名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/27(火) 03:54:11.97
社員

342元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/27(火) 15:58:16.75
青森県の八戸市のなかで、平日の正式な職務の合間に昼食を食べに行くところなら、
私(〓008t)は迷わず【八食(はっしょく)センター】だ。
八戸市なら沖で揚がったばかりの新鮮なサンマと八戸沖の真さばと外国のロシアの海からの漁で
揚がった魚が市場に集まるのである。
【八食(はっしょく)センター】は、複数の食堂があって、
焼き魚定食とチラシ鮨定食やカツ丼やカツカレーや
『ウニとアワビの合わせ煮汁の八戸発祥の名物料理のいちご煮』などが選べる。
平日の【八食(はっしょく)センター】の昼のは、観光客が少なく、
定食メニューが薄利らしい値段で盛りが多いという、
民間会社の男女の紺色や灰色のスーツを着た外廻りのサラリーマン向けなってしまっている。
平日の昼の【八食(はっしょく)センター】は、海外からやってきた金髪の白人たちが新鮮で
銀色に白く光るサンマをカメラで記念写真を撮影していたりするところでもある。
生きた毛蟹も売っているが調理は業者以外は無理で、
業者が巨大な鉄釜で一気に茹でた毛蟹は売っていないので注意が必要だ。
【八食(はっしょく)センター】の10台の大型観光バス用も止まってきた大駐車場だって平日の昼間はガラガラでさみしい。
八戸市民は楽しいが足りないね。

343名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/27(火) 16:26:43.56
社員

344元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/27(火) 18:32:38.85
JA秋田中央会の男の正職員で58歳の三浦俊彦(本名みうら としひこ)は、
秋田方言のなまり声の型にはまった敬語しか話せない。
三浦俊彦(本名みうらとしひこ)は、不機嫌なときは乱暴な野蛮な日本語を誰にでも心の抵抗なく簡単に話す男だ。
三浦俊彦(本名みうらとしひこ)は、思いつめるタイプであり、もみ合いになったときのファイトスタイルに自信を持つ前に、
もともとのパワーの違いを教えた方が良い人間だ。
三浦俊彦(本名みうらとしひこ)は、追いつめたら、感情むき出しにして、
相撲でいう頭から相手に当たるぶちかましで反撃するタイプに見えていた。
三浦俊彦(本名みうらとしひこ)は腕力は弱い。
JA秋田中央会では仕事の取り組み方は積極性があり、成果を1人で独占しようと
突進するタイプだったので、ミスが多い。
三浦俊彦(本名みうらとしひこ)の作り笑い声は、『ほーっほっほー』だった。
三浦俊彦(本名みうらとしひこ)は顔の眼鏡をフレームから取り上げると、すぐ気力が無くなり弱くなる男である。
三浦俊彦(本名みうらとしひこ)は、見た目と体型から
アザラシやトドのような陸では寝ころがる海洋生物のあだ名がつけられてきていた。

345名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/27(火) 18:49:24.00
社員

346元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/27(火) 19:39:03.01
JA秋田中央会の正職員で1番身長が高い男が56歳の高橋幸毅(本名たかはし こうき)だ。
高橋の身長は186センチであり、痩せ型だが硬式野球部を6年経験していて、
2塁へのスライディングや打席ではピッチャーの投げる時速125キロの硬式球の速球のインコースの
ストライクを慣れているせいで頭へのデッドボール以外は怖がらないはずだ。
顔は左右の目の大きさがはっきりと違い、20歳代に、
暴漢サラリーマンから頭と顔への暴行を受けた後の消えないままのゆがんだ顔だ。
高橋幸毅(本名たかはし こうき)は、声の通りがよく低音であり、敬語は話せる。
高橋幸毅(本名たかはしこうき)はプロレス技を使える。
腕力はある。
農家の重い物かつぎのワイルドパワーがある。
異様な目立ちがり屋である。
高橋幸毅(本名たかはしこうき)が自分で秋田県大仙市の貴族だと思い込んでいる。
他人の持ち物を欲しがる。
ゴルフ場でゴルフを18ホールやる趣味がある。
JA秋田おばこ副組合長の高橋俊雄(本名たかはしとしお)の血縁の長男。
JAの会計と事業コンピューターシステムには門外漢であり、本当の知識はまったく無い。
高橋幸毅(本名たかはしこうき)の弱点は顔の下アゴまわり全般にある。

347名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/27(火) 19:50:08.25
社員

348元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/27(火) 20:18:22.16
>>346 の続き

JA秋田中央会の男の正職員で1番身長が高い186センチの56歳の高橋幸毅(本名たかはし こうき)は、秋田県大仙市の農家の長男で血縁の父親は昭和56年から平成9年まで
【JA秋田かみおか】の理事選挙で選ばれた常勤の代表理事組合長だった。

平成10年4月1日に市郡の数にして20のJAが合併して出来た【JA秋田おばこ】の
ナンバー2の初代の代表理事副組合長が高橋幸毅(本名たかはしこうき)の血縁の
父親の高橋俊雄(本名たかはしとしお)だった。
ナンバー3の専務理事が藤村正樹(本名ふじむらまさき)だった。
ナンバー1の代表理事組合長が小松正一(本名こまつしょういち)である。

JA秋田中央会の正職員の高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、
20歳代から38歳までJAの営農指導課長の指導業務と秋田県内のJAへの
地域農業振興計画作成への指導業務と減反政策とJAの組合員農家の農業所得確保の政策対応業務と農地の団地化と流動化のための
青果物を植えた農地の権利移転の先進事例研究業務が長く、
秋田県内の中山間地の過疎地域の家族型稲作経営農業の存続派の論客キャラクターであり、
会議では積極的に私的な意見を発言し過ぎて、タイムオーバーして
審判から警告を受けても悪びれない顔の皮が厚いタイプである。

349名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/27(火) 20:37:35.21
社員

350元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/27(火) 20:57:19.71
>>348 の続き

JA秋田中央会の正職員で56歳の高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、
38歳からJA監査業務を秋田県内の由利本荘市内のJA、と、にかほ市内のJAの
数にして11のJAの【合併前の平成8年の財務確認監査】のためにJA秋田中央会の
経営監査部の部長が部署の垣根を越えてかき集めた正職員20人のなかの
監査メンバーの1人として初めてJAの建物に入る監査を担当した。
しかし、高橋幸毅(本名たかはしこうき)の38歳から外野で球ひろいを
させられるJA秋田中央会の本番のJA監査では即戦力にはなれなかったな。
JA秋田中央会の農業振興課では中堅の正職員でも、JA監査の一員を任せるなら初歩からしか任せられない正職員だったのが
平成8年で38歳の高橋幸毅(本名たかはしこうき)である。
すぐプロになってしまう高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、なぜか強気な芝居をする不遜な正職員だった。
高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、栃木県内に校舎がある国立の宇都宮大学の農学部卒であり、専攻は農業経済系ではなく、
農業土木系でもなく、畜産酪農系か作物系なはずた。

肥育でも肉牛の肥育専攻と見る。

高橋幸毅(本名たかはしこうき)は「あの人間は食えば旨そうだ」と言うからだ。


株式会社ミートランド

351元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/27(火) 21:38:49.84
>>350 の続き

JA秋田中央会での高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、中味より肩書きをとにかく欲しがる正職員だった。
肩書きさえつけば、自分は上役の言いなりだ、と公言して「秋田県JAビル」 のなかを自ら言いふらし歩き、噂と悪評をやたら求める正職員だった。

政治家の小沢一郎の異名の連立政権の「壊し屋」に社会での存在感が高いとして
JA秋田中央会の正職員の高橋幸毅(本名たかはしこうき)も平成8年の35歳から異名として欲しがった行動をした。
秋田県農協連合会労働組合(通称れんろう)の委員長に高橋幸毅(本名たかはしこうき)が、輪番制でJA秋田共済連の委員長の後任に
なってから労働組合の支持政党を
日本共産党から自由民主党に議論なく変えたことがあり、
労働組合員たちから批判されると高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、
上役のJA秋田中央会の常務理事のいいなりの労働組合委員長だ、
と頭をかいて笑いシラをきったのであった。

高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、外見からは見えないが、特別扱いを求めたりの、
強い権力志向で権利者に関わるために、
業務外での大胆な水面下での大胆な潜水艦行動をとる。

高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、人の集団で肩書きでとりあえずトップに
立ちたいだけの考えてしかないとバカにされてJA秋田中央会では見られていた。

高橋幸毅(本名たかはしこうき)には、昭和50年代に巻き起こった大学生たちの
政治運動の成功体験がままあり、考えを変えていない。

農協の理事選挙の前に新人の立候補の勢いづけと少し違うタイプが
JA秋田中央会の正職員の高橋幸毅(本名たかはしこうき)だ。

352名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/27(火) 21:41:11.55
社員

>>351 の続き

JA秋田中央会の正職員で56歳の高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、
人事配置された部署での正式業務の何をしても、パッとしない正職員だった。

高橋幸毅(本名たかはしこうき)の辞令による配置部署は、平成元年には、
JA秋田中央会の秋田支所でのJAの営農部長と営農販売課長たちを
指導する「秋田地区JA役職員連盟(ちくしょくれん)のなかの一部会の営農部会」の
事務局長として年度につき6回の研修(農業簿記や農業所得の税務申告の指導と
必要経費の控除項目の指導と今年の減反政策の解説と
東京都内でのコメ輸入自由化反対の全国JA統一行動デモ行進の秋田県内の1地区で
ある秋田地区内のJAへの参加人数の割り当て説明と旅程と宿泊先の解説)企画と
秋田県外の先進的優秀JAへの(減反政策に応じた苺栽培や
レタス野菜への転作など)視察研修会を年2回を2泊3日で(株)農協観光の秋田支店か
ら宿泊先と団体バスの手配を任せて実施してきていたはずであり、
秋田地区JA青年部協議会の事務局長も担当していて
年次に10回ほどの青年部の部員の若手農家たちを集めた研修会と顔合わせして
農家の仲間づくりの活動をしてきていたし、
若手農家たちと事務局長が引率して東京の太田市場に研修として視察研修会を現地で実施したりしてきていて、
農政業務として日本政府の減反政策により、秋田県割り当てのうち、
秋田県内のうちの秋田地区で17あったJA単位での水稲の秋田県指定の品種の作付け生産調整の
割り当ての計算 と
秋田地区JAに「日本農業新聞の定期購読部数の割り増し目標達成をするよう年次の
月別とJA別の進捗管理と管内すべてのJA本店への前年対比より100.0%以上の目標達成が難しい理由の調査」をしてきていたはずだ。
だが秋田支所長の今野と揉め事を高橋幸毅(本名たかはしこうき)が起こして、
平成3年2月1日づけの人事異動の辞令が発令されて、
北秋田支所(秋田県の北秋田市の鷹巣町でJR東日本の鷹巣駅のそばの建物)に
転勤になったはずだ。

354名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 02:00:50.47
社員

355元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/28(水) 04:11:46.97
>>353 の続き

JA秋田中央会の正職員として高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、
35歳ころには、JA秋田中央会の正会員のJAの正職員たちを向いた業務能力向上への取り組みの歩みを止め、
男女の若手の正職員の集団の代弁者になろうとして、
若手の正職員たちのまとめ役になろうと行動していた。
一方で、高橋幸毅(本名たかはしこうき)が所属していたJA秋田中央会の農業振興課の正式業務も産学連携の政策のなか
正会員JAが減反政策へ対応するためにJAの営農部長と営農販売課長たちへ制度改正の解説をし
周知徹底させる指導業務と営農販売課長たちから日常業務ついての
数年前まであった気軽な
電話問い合わせすら激減してきて、
サブ業務の行政連携のひとつの秋田県庁の農政部から依頼されるJAの地域農業振興の現状意見交換や、
かつてまでと異なる秋田県庁主催の農林水産部長が座長で国立の弘前大学
農学部教授と
有識者たちと同席しての会議出席が求められる業務が増えていった。

高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、農業振興課長になっても、将来は管理職の最上位の参事(さんじ)候補にすら、
なれないのではないかと疑心暗鬼になり、人事異動の希望を叶えてもらうために、
焦ったからだろう。

高橋幸毅(本名たかはしこうき)は35歳から組織機構を無視して、職場を正職員たちの集団だと個人的には認識したのだろう。

高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、課長補佐の手前の副調査役なのに他部署の部下を
何人かをやたら欲しがっていた言動が35歳から多かった。

35歳の副調査役の高橋幸毅(本名たかはしこうき)は:
部長より上の職位の元会長秘書の参事(さんじ)の田中敏勝(本名たなかとしかつ)に、
私的に関わって行った。
高橋幸毅(本名たかはしこうき)は、35歳から他のはえぬき正職員のかなり年上の男の部長たちから嫌われていった。

356名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 04:16:12.21
社員

357元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/28(水) 04:22:04.34
民間のJAに知事と議員が関わってはならない。

民間のJAは、東京にたくさんのJA系統組織の会議体と関係機構がそろえられてきている。

民間のJAに、知事と議員が関わって何かくれるのかといったら、アイデア構想をあげるだけだ。

知事と議員のJAアイデア料理が、秋田県大仙市に本店が建っているJA秋田おばこ再生不可能な現状だ。

358名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 04:25:18.00
社員

359元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/28(水) 12:19:44.57
秋田県内のJAを定款に従って指導するJA秋田中央会には本部のほか
秋田県内各市の中心地にそれぞれ7つの出先の支所があって、
男女の正職員が4人づつ辞令により配置されていた。
平成3年の当時の秋田支所では、管内16のJAの組合長たちの視野を広げる目的や正職員たちの教育目的として、
秋田県外の先進的優秀JAを他都道府県のJA中央会に研修テーマに合ったJAを紹介してもらって、
話しをつけてもらって了解を得てから、視察研修会の旅程を企画し、研修会中は
JA視察団体一行の総責任者の事務局長としてJA秋田中央会秋田支所の正職員1名が
同行していたものであった。

平成3年6月の視察研修会
秋田支所長 今野冲治が地区JA経営者たちの地区組合長会の事務局長
香港・マカオの農産物貿易の視察研修会

平成3年6月の視察研修会
営農担当 鈴木重忠が地区職連(ちくしょくれん)営農部会の事務局長
長野県内の減反政策に対応した転作団地化を進めたJAと
長良川の鵜飼い舟の見学の視察研修会

平成3年6月の視察研修会
伊岡森晃子 秋田地区JA女性部協議会の事務局長
岐阜県内のJAの世代別の女性部組織の若妻会とベテラン会の世代別組織の活動の
事例の視察研修会(会長 JA男鹿市の女性部会長の境田栄子)

360名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 12:31:25.68
>>359
いつ、働いているの?

毎日、元上司や同僚のネタを書き込みして、お腹いっぱいになるの?

小さい頃の夢は何だった。

どこで失敗したの。

教えてくれ。

361名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 12:39:49.03
社員

362元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/28(水) 13:06:32.91
秋田県知事は、農協法からは秋田県内の農協と農協連合会と農協中央会の定款変更の認可することだけが、
秋田県知事としての権限である。

秋田県知事の佐竹敬久(さたけのりひさ)は、民間のJAのひとつの事業に過ぎないJAバンク事業の
貯金量1千億円超の資金は自由に活用できるものと考えてしまい、
秋田県大仙市に本店がある【JA秋田おばこ】をあげるならば、
都市のJA加工品販売の巨大駐車場付き大施設の鉄筋コンクリートの建物を
建てる土地買収つき開発事業を秋田県大仙市の四ツ屋街道沿いに、
民間の【JA秋田おばこ】にやらせて、建築会社の入札には秋田県庁の
仙北地域振興局の元建設部長ですでに定年退職していて62歳の福原正樹(ふくはらまさき)を指名して、
入札で暗躍させた。

【JA秋田おばこ】と【商社大手の株式会社伊藤忠商事の系列のファミリーマート】の「企画型特殊店舗」と、
隣地になって東北の有名JAの特産加工品販売所と
隣接して開設された秋田農産物レストランの複合JA購買事業施設の
平成29年6月30日グランドオープンした【しゅしゅっと まるしぇ】は、
秋田県知事の佐竹敬久(さたけのりひさ)の意向を反映させたものばかりで
【JA秋田おばこ】が店舗購買事業を行っている。

秋田県知事の佐竹敬久は民間のJAに自由に介入してきた元秋田県庁の企画調整部の次長までの
地方上級公務員であり、
カリスマ性など無い人である。

佐竹敬久を狩る。

363名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 13:24:03.02
社員

364名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 13:47:13.02
↑ (事件番号 平成18年(わ)2114 さいたま地方裁判所)

365名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 14:16:12.04
社員

366元JA秋田中央会のWOW(ダブルオーダブル)008t2018/03/28(水) 17:10:41.54
秋田県内でJAの大型化の合併期日が迫っている。
秋田市の「JA新あきた」と男鹿市の「JA秋田みなみ」が平成30年4月1日に
創立総会を経てから、
大型の新JAとして新名称が秋田市に本店を置いた「JA秋田なまはげ」が創立される。

本店支店を回線で横断する会計コンピューターシステムは、(株)富士通の製品とソフトで新品だ。

正組合員による理事選挙も監事選挙もしなかった「JA秋田なまはげ」は、
創立の初代の役員体制の顔ぶれに信任も不信任もないのである。

JA秋田中央会の正職員として平成30年3月31日づけて退職する秋田市広面(ひろおもて)に住んで
いる佐藤孝喜(60歳・横手市平鹿町の農家の長男だが離農)と秋田市仁井田(にいだ)在住の
伊岡森晃子(54歳・旧姓が藤谷.大仙市大曲の生まれのJA秋田信連の電算部長の次女)は、
翌日の
平成30年4月1日に「JA秋田なまはげ」で、 社外重役として2人とも理事就任承諾契約をする予定であるはずだ。

367名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 17:13:57.72
社員

株式会社損害保険ジャパンの社内で考えられて、社内の女性職員の
働きやすさ追求を考え合う【Women's Committee(ウィメンズ コミッティ)】が、社内制度として創立されたのが
平成17年だった。


秋田県のJA農協とJA農協中央会で、ウイメンズコミッティがあるのが、
私(〓008t)へのストーカー行為の証拠のひとつだ。


JA秋田中央会の正職員の新しい総務課長の杉山恵美子は、
恥じもPRIDEも持っていない遊び人間だ。

369名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 18:14:46.80
社員

370名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 19:58:41.82
>>368
働いていないお前がプライドを語るな。

税金を納めていない非国民のくせに。

371名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 20:07:58.13
社員

372名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/04(水) 18:37:03.52
うつ病で療養中の過ごし方 223日目
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/utu/1522465786/

373名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/04(水) 18:43:43.08
社員

374名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/04(水) 18:51:50.41
50代の貯金の額っていくら? 3
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/cafe50/1522706903/

375名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/04(水) 18:54:04.06
社員

376元JA秋田中央会の秋田支所と農政広報課員いた唯一の農協監査士tb2018/04/29(日) 23:47:37.92
JA秋田中央会の退任した会長の私生活秘書だった田中敏勝(本名たなか としかつ)は
2018年の75歳の現在でも、秋田市内で団体の役付きで生きている。
これがJA秋田中央会の会長秘書の常務理事の田中敏勝(本名たなか としかつ)が兼務し
た【★秋田県農協政治連盟(のうせいれん)の参与の肩書】で秋田県政に絡んで生きて、
【▲秋田県会議員たちの秘書らとの黒い交際】のなかで得たJA秋田中央会の元会長秘書の
常務理事の田中敏勝(本名たなか としかつ)の62歳で定年退職後に受けた口利きの75歳までの結末だ。

2018年で75歳の田中敏勝(本名たなか としかつ)が住んでいるのは秋田県山本郡三種町(みたねちょう)の
内陸側の昔の琴丘町(ことおかまち)で、地区名が鯉川(こいかわ)の一軒家だ。

田中敏勝は山本郡三種町(みたねまち)の家から毎日、秋田市山王(さんのう)に団体の席が
ある「●NPO法人 燦(さん)あきた● 代表者」 として、
行政補助金を受け取って、秋田県内のいくつかのJAを講演してまわって報酬を受け取ってきて
13年間過ぎている。

「「●NPO法人 燦(さん)あきた●」は場所と連絡先は、〒010-0951秋田市山王(さんのう)6丁目13−8エルディビル1階の
事務所で、電話番号は018−863−3345だ。
事務員に船木八重子(JA秋田中央会の会長の船木耕太郎の血縁の未婚の74歳の私立日本大学卒の姉・秋田市添川住まい)が
いて、さら複数人の事務員を行政助成金を受け取ってきた金額のなかから給料を支払いながら雇用してきている。

田中敏勝(本名たなか としかつ)は、もともと秋田県立金足(かなあし)農業高校卒であり、
東京都高尾市(たかおし)にあった全国農業同組合中央会が運営した3年制の農協職員育成学校の
「中央協同組合学園」の生徒だった。OBの仲間にJA全中の2018年の会長の和歌山県出身の
JA和歌山中央会の会長の中家徹(なかや とおる)がOBの後輩で同窓である。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:9765d61751395a4fbfa54e86b88b16ef)

377元JA秋田中央会の秋田支所の農政広報課員いた唯一の農協監査士tb2018/04/29(日) 23:58:13.81
>>1

とは私【〓tЖ】がスレッドを立てました。


【〓tЖ】とはスパイダーポンズンホールド(毒蜘蛛のような奴らのなかに秋田県知事まで加担し

てきた1人の株式会社損害保険ジャパンへの転職者へのJA秋田中央会の違法な

組織的ストーカー行為の被害者)!

378元JA秋田中央会の農林水産省に記録がある農協監査士【〓tЖ】2018/04/30(月) 00:18:38.02
>>376
の続き

秋田市の秋田県庁の正庁のすぐそばに建つ新築ビルヂングの1階に入る「NPO法人燦(さん)あきた」の代表者が、
JA秋田厚生連の農協病院のひとつで能代市内の北部に建つ「山本組合総合病院」の事務次長だった田中敏勝(本名たなか としかつ)が、
JA秋田中央会の会長の佐藤秀一の闇世界とのつきあいをする私生活秘書になり、
平成3年4月1日付でJA秋田中央会の農政広報部長になり平成5年7月の通常総会の前の理事会で職員最高責任者で1人しかなれない参事(さんじ)に
登用(とうよう)され、平成6年には
職員から役員の理事になれるひとりだけのポストの学識経験常務理事に会長の
佐藤秀一から選ばれて通常総会で承認され
田中敏勝(本名たなか としかつ)は平成17年に62歳まで「秋田県JAビルの5階の常務理事室」に席があった。

田中敏勝(本名たなか としかつ)の役場に届け出して住んでいる住所。

郵便番号018-2103 秋田県山本郡三種町鯉川(こいかわ)字(あざ)小野台(おのだい)14-2。
電話番号0185(87)4722(自宅直通)

379【〓tЖ】八戸市に嵐の櫻井が滞在しネット文を見て勉強中で危険だ!2018/04/30(月) 00:31:51.01
東京のジャニーズ事務所のアイドルの嵐は日本社会で言うヤクザだ。

380名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 02:11:23.44
>>1
アナルセックス好きやろ?

381元JA秋田中央会の秋田支所の農政広報課員いた唯一の農協監査士t2018/05/10(木) 01:18:43.83
JA秋田中央会の経営監査課にいた大坂茂と私【〓tЖ】と2人体制で、平成6年に秋田県最南部の内陸側の
宮城県と隣接した雄勝郡(おがちぐん)の皆瀬村(みなせむら・西暦2018年は市町村合併して
湯沢市・ゆざわし・という名称)に在った法務省に法人登記と役員登記がされて
いた【JA皆瀬村・ジェイエイみなせむら】に、「経営指導」の目的で「現地経営検討会」を開催した。

JA皆瀬村の代表理事組合長は兼務でJA秋田中央会の非常勤の理事でもあっ
た高橋二朗(本名たかはし じろう)であった。

JA皆瀬村(ジェイエイみなせむら)の代表理事組合長の高橋二朗と職員最高位の男の参事(さんじ)が
「現地経営検討会」で打ち明けたのは、職員たちの一部がJA共済の推進を
【生命共済を共済保有高(満期では無く保障)】でいう【保障の金額】で推進目標を個別に設定されて、
いくら目標達成しても年収が見合ってあがらないということと、

生命共済のJA共済を推進するのも安田生命も第一生命も日本生命も明治生命も毎日推進するなら同じだし
どうせやることが同じなら納得した仕事がしたいとした職員たちの一部が中途退職してグループで

生命保険の代理店をひらいたということだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

382名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/10(木) 03:28:14.50
社員

383名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 01:19:26.17
アナルセックスしよーぜ?

384名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 01:19:26.37
アナルセックスしよーぜ?

385名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 01:24:35.06
アナルセックス最高やで!

386名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 10:13:30.09
>>1
バーーーーーーカ

387名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 10:41:28.02
社員

新着レスの表示
レスを投稿する