JA秋田中央会 【第6番 スガシカオ】

1「JA秋田中央会の森高千里」とあだ名をつけられた元.監査人T。2018/01/05(金) 08:45:05.99
安倍晋三の大叔父が戦前の外務大臣の松岡洋右(まつおか ようすけ)!

__ __ー  ーー  ーー … … …

ハイテクノロジー通信が新メディアとして読者に影響を与えている自覚を持って
さらに文を書くものなり。

JA秋田中央会とは最近、役職員の都会体験型旅行がある。

 

310元秋田県農協政治連盟の元連盟員2018/02/28(水) 02:14:19.46
≫309 の続き

秋田県農協中央会に24歳で中途採用の正職員として採用された佐藤実(本名さとうみのる・現在71歳)は、
秋田県大仙市の大曲の花館(はなだて)の地域の四ツ屋の地域の田んぼ農家の出で
岩手大学農学部卒の
後すぐ大仙市の大曲の『高畑(たかばたけ)土地改良区の正職員として勤務した。

土地改良区の正職員から農協中央会の正職員に格上がりなんだから
不平不満を佐藤実(本名さとうみのる)が言うのはワガママなだけで農林水産省主管
の農協監査士試験を不合格になってから【農協監査士 の正職員】を批判して職場で嫌われ者になったことを
正規の業務の農協政治業務(政府米の米価の買い取り価格の逆ザヤ政治運動の担当課の課員)で、
職場内の伝統的な昇格の早めの監査士試験ありきでの勝ち負けをごまかそうとして生きた。

佐藤実は『雑誌の政治往来』を毎日読むような秋田県農協中央会の正職員に過ぎなかった。

佐藤実は農協監査士になりたかった人生でありました!

311元秋田県農協政治連盟の元連盟員2018/02/28(水) 16:18:22.79
『JA秋田中央会』の正職員だった佐藤実(本名さとうみのる・現在71歳)の顔の特徴は、
上唇から前歯を6本をいつも出している前歯の出っ歯顔だ。
佐藤実(さとうみのる・現在71歳)は40歳代からも顔にも腕にもほとんど筋肉が無く顔も骨張っていた。
佐藤実(さとうみのる・現在71歳)は法律に無知だが、農学部卒の
言い訳で『裁判員裁判の裁判員の1人にはなりたい』と宮城県仙台市に本社が
ある東北地方で駅売り販売している河北新報(かほくしんぽう)の
一面の囲みのインタビュー記事で(JA秋田中央会の在任中の常務理事の佐藤実)が自分で売り込んで
自身の顔写真と経歴を載せたことが常務理事の任期の後半な平成22、3年にあった。

佐藤実は秋田県の大仙市の法務委員に(JA秋田中央会)を定年退職した男の60歳代の元部長 たちを指名するように
自由民主党の衆議院議員の金田勝年(秋田県の十和田湖に近い大館市に住まい有り)を
使って就任したての老松博行(おいまつ)大仙市長のに脅しをかけている。
金田勝年は脳溢血のリハビリ継続のため次の国政選挙には出馬しない。

312名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 16:19:35.84
しね

313名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/28(水) 16:30:02.98
≫311  訂正

新しく就任したての大仙市長の老松博行(おいまつひろゆき)は、
市長選挙では、

自由民主党の衆議院議員の金田勝年という秋田県の北部の地域の青森県に近い地域の
大館市(おおだてし)に住まいがある男には関わっていない。

老松博行は市長選挙出馬前は大仙市の職員であり総務部の部長であった。

314元秋田県農協政治連盟の元連盟員2018/02/28(水) 16:59:26.62
『JA秋田中央会の佐藤実(本名さとうみのる・現在71歳)』は、SHARP社やSONY社の製品などの携帯電話のカメラ機能でデジタル写真をデジタル画像で
インターネットを使用してばらまくと、要人を脅迫していた。

佐藤実 (本名さとうみのる・現在71歳)は、デジタル電化製品を使えないデジタル難民であり、長女で《JA秋田厚生連》の
病院である秋田市の土崎港から5キロメートル離れて建設された《秋田厚生医療センターの事務職員の和佳子(病院での職員仮名まどか・現在47歳)》と
コンビ犯罪を2 0年の長期にわたりJAグループの関係者の家族親族に犯してきた。

まどかは携帯電話の写真メール(通称、写メ)のはしりの時代に〔テレビ朝日の番組の稲妻ロンドンハーツ〕を
アナログテレビで毎週火曜日の午後9時からの放映を20歳代のときから観ていたはずだ。

佐藤実(本名さとうみのる・現在71歳)は長女の和佳子(通称まどか)と毎晩、東京で発信してきた民放テレビ番組を観て、
真似をして秋田県内から佐藤親子はイタズラを現実に犯してきた。

315元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Λt.Λ2018/03/01(木) 20:32:09.68
秋田県農業協同組合中央会の新人の正職員として私(btbt)は入会した翌日から、
秋田市内の仁井田(にいだ)の地名の地区に3階建ての茶色のレンガ積み模様の建物の
「JA秋田教育研修所」で『新人職員研修会』がまずは4泊5日で行われ参加した。

研修講師は教育部の職員と総務課の職員とNTT秋田支店の女性社員が講師で「電話応対研修」と

【国立秋田大学の教養の心理学の男の教授で、題と内容が「狂った人間が路上で小石を食べはじめるなどの行動異常の心理について」】の研修が行われた。


※記憶とは、いい方がよりいいんですよ、農協中央会さん。

316元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Λt.Λ2018/03/01(木) 20:42:30.18
>>315 の続き

JA秋田中央会と国立秋田大学の教養課程の男の「異常心理学」の助教授(じょきょうじゅ)は、
平成2年の前の年次から、講師として謝礼を払うというだけ以上の関わりがあった。

会長の名を使って、JA秋田中央会の管理職の最上位の参事(さんじ)と総務部長が国立の秋田大学の教養課程の「心理学」の助教授に互恵関係の関わりをしてきた。

秋田大学の心理学の助教授だから教育学部の学生の基礎課程程度の受け入れ先の大学が少なかった男のなれの果てだ。

国立の秋田大学の男の助教授の研究専門分野が「異常心理学」である以上は「精神医学とは完全に無関係である。」

秋田大学の心理学の助教授と国家資格の医師たちとは互換性が無いからだ。

317元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Λt.Λ2018/03/01(木) 21:01:57.19
>>315   の続き

国立の秋田大学の男の助教授の研究専門分野が「異常心理学」の准教授の男の高橋は、国立の秋田大学医学部卒の精神科医で医学博士にはなれなかった善本正樹と交流して
資料を交換し合って学術論文を作成して「医学博士」の称号を認定してもらおうとしてきた。

アメリカ合衆国内でも権威の東京キー局のテレビ出演で有名な国立の秋田大学の医学部卒の医学博士のドクター三島和夫になりたかったのだろう。

318元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Ж t Ж2018/03/02(金) 00:19:18.60
秋田県農業協同組合中央会(バッジネームがJA秋田中央会)では新入職員でも正職員だけには、
新人職員研修として、
(1)JA秋田教育研修所で泊まり込みで受講、と、
(2)秋田県内のJAで複数の課で実際にいて、ガソリンスタンド(給油所)とAコープ(食料品スーパーマーケット)でも
実地研修をすることが正式に計画されてきたのであった。

(1)JA秋田教育研修所(秋田県の秋田市の仁井田「にいだ」の地名にある3階建ての建物)での新入職員研修とは
最初に・・・教育部の部長の梁田信吉(やなた しんきち)による新人職員たちへの歓迎のあいさつ

@全国農協大会のVHS方式でのビデオテープをモニター画面で視聴
A農協簿記の基本の受講(講師は教育部の次長の田中一夫)
「秋田県農協中央会の正職員は農協監査士試験を受けて合格してもらって必ず監査士にならなければならない、
ただ、秋田県農協中央会だけの固有のことだが試験を合格しなくても秋田県農協中央会の監査部長が〔●認定〕した職員は
秋田県農協中央会の会長まで稟議書(りんぎしょ)を総務部長が書面で上げて検印を通してから、
理事会議案にして、【理事会で監査士試験不合格者の正職員を秋田県農協中央会の監査部長が認めた正職員だとして〔●認定監査士〕として{農協監査士と同じ扱い}】としてきていて
認定監査士の男の正職員たちがいるから先輩だから年上だからと強く言われても、新人は見習わずに自分で勉強すること」だ、
と新入職員全員の前で説明した。
B株式会社NTT(エヌティーティー)秋田支店の女性社員による電話マナー研修
C農業協同組合と協同組合の基本理論(講師は教育部の審議役の岡部勇作)
➄農協法の条文で農協が実施可能な事業は制限列挙主義や組合員の加入脱退の自由(講師は審議役の岡部勇作)
E★★★★★国立の秋田大学の一般教養(教育学部の学生向けのコマに空きがあった)の男の中年の助教授
の高橋による講義 「題 異常行動と人間の心理」

高橋の顔も体躯も服装も覚えている。毛織グレー色の背広の上下だった。

・かいつまんだがこの程度であり、新入職員研修は無いよりも、あったほうが良いのである。

319元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Ж t Ж2018/03/02(金) 00:31:31.85
>>318 の続き

(1)JA秋田教育研修所で泊まり込みで受講が3泊4日

(2)秋田県内のJAで複数の課で実際にいて、ガソリンスタンド(給油所)とAコープ(食料品スーパーマーケット)でも
実地研修をすることが正式に計画されてきたのであって、実地3週間研修だった。

つまり新入職員は4月いっぱいは新入職員研修の受講をするだけが業務であった。


秋田県JAビルの5階の中央会の経営監査課に初出勤した5月初めには、
元監査部長で教育部の審議役にライン職を外された当時56歳の岡部勇作と
経営監査課の課長の当時40歳の小玉陽三と
課長補佐(農協経営指導担当)の当時38歳の福原堅悦たちに
新入正職員の私(btbtb)が、さまざまな、いきなりの新人洗脳として騙されることはあり得なかった。

320元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Ж t Ж2018/03/02(金) 00:55:06.31
>>319 の正職員の人名を明らかにする。

A農協簿記の基本の受講(講師は教育部の次長の田中一夫)

「秋田県農協中央会の正職員は農協監査士試験を受けて合格してもらって必ず監査士にならなければならない、
ただ、秋田県農協中央会だけの固有のことだが試験を合格しなくても秋田県農協中央会の監査部長が〔●認定〕した職員は
秋田県農協中央会の会長まで稟議書(りんぎしょ)を総務部長が書面で上げて検印を通してから、
理事会議案にして、【理事会で監査士試験不合格者の正職員を秋田県農協中央会の監査部長が認めた正職員だとして〔●認定監査士〕として{農協監査士と同じ扱い}】としてきていて
認定監査士の男の正職員たちがいるから先輩だから年上だからと強く言われても、新人は見習わずに自分で勉強すること」だ、
と新入職員全員の前で説明した。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
農林水産省所管で全国農協中央会に委託して外部の試験委員によった「農協監査士試験」は不合格だが秋田県農協中央会の監査部長と
理事会議決で認めただけの【認定監査士】たちの氏名。

偽監査士たち

宮野寿一(現在のJA全国監査機構の秋田県監査部の部長)
武藤俊美(元経営組織課長で元JAあきた白神の学識経験常務理事で現JAかづの学識経験常勤監事)
船木耕太郎(元は合併推進課の課長、元JA新あきた学識経験常務理事)
佐藤遵(元経営監査課長で現JA秋田おばこ学識経験常勤監事)
小玉陽三(元経営監査課長で管理職の最上位の参事に6か月だけなった)
福原堅悦(元経営監査課長で出向でJAこまち学識経験常勤監事に4年間出向してからの元経営指導部長)
佐藤眞人(元JA全国監査機構の監査部の次長)

武田進(元監査部長)

板垣正昭(元合併推進課の課長で前のJA秋田おばこ学識経験常勤監事)

321元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Ж t Ж2018/03/02(金) 01:18:52.63
JA秋田中央会の経営組織部の次長から42歳で総務部長に昇進した菊地聡(きくちさとし)は、
47歳で総務部長のまま退職してすぐにJA秋田共通常任監事に通常総会の議案で選任された。

菊地聡は私立の中央大学の経済学部卒だが、秋田県JAビルのなかの監事専用の個室には
やたら黒表紙の数多くの100冊ほどの法律書を新品で買いそろえて書棚に並べていて、
日常業務でも法学科卒に見せかける言動と態度が多かったが、知識がともなわなかったので、
バカにされた男だった。

学歴詐称はまだ秋田県農協中央会のなかにあり、福原堅悦(ふくはら けんえつ)は経営監査課の所属で38歳の農協経営指導担当の課長補佐の
当時に、都内の学校法人の「日本大学の文学部の日文学科卒」なのに仙台市の東北大学の経済学部卒だといつも言っていて
仙台市に住んでいたからお土産は「支倉焼(はせくらやき)」という小麦粉を焼いた砂糖味のサブレを
買うのが「仙台の通(ツウ)だ」と「秋田県JAビルの5階」で、言っていた。

秋田県農協中央会の管理職が解けて「秋田県農協政治連盟の事務局員」とコースを外された東海林斉(しょうじ ひとし・現56歳)くんは福原堅悦に騙されて
経営監査課で洗脳されて福原堅悦の後継者の経営監査課長になろうとしてしまった。

※東海林斉は農政広報部長にも騙されて、秋田県会議員の長谷部誠(現.由利本荘市長)の後援会に、
秋田県農協中央会の参事たちからの
「私生活への嫌がらせ」への対策として最近自ら入った。

322元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Ж t Ж2018/03/02(金) 01:49:35.18
>>321  の続き

農林水産省所管の資格試験に「農協監査士」と
「(農作物の栽培や品種改良や土壌改良などの知識試験で)専門技術員」の2つが今もある。

例えば秋田県庁の部署でなら「秋田県農業試験場」の正職員の地方上級公務員に複数人が
「専門技術員(通称が専技・せんぎ)」であることを私(btbtw)はもともと知っていたし、日本国内には数多くの「専門技術員」がいる。
秋田県庁の農林水産部長と次長と主幹らは当然知っていることだが、
秋田県知事の佐竹敬久と副知事の経済産業省から出向している中島英史は知らないままだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

秋田県農協中央会の正職員だった福原堅悦(ふくはら けんえつ・現70歳)は2浪して東京都内の私立の学校法人の【日本大学の文学部の日文学科】に入学して卒業し

ているのだが、中央会を経営指導部長の役職のまま58歳で定年退職後に、同年に秋田県の「大仙市役所の常勤の代表監査委員」についたときの

大仙市役所発行の「広報誌」に、福原堅悦は58歳当時に顔写真を載せて「新代表監査委員の紹介」の記事で、

経歴が【秋田県中小企業団体中央会の経営指導部長】で学歴を【国立東北大学経済学部卒】と虚偽で通したのだ。

福原堅悦は現在も秋田県の大仙市の大曲の福見町(ふくみちょう・JR東日本の鉄道の線路わきのガード下の道路の横の家)と新たに最近は

大仙市の大花町(おおはなちょう)2丁目に新築住宅を土地付きで購入して家族と住んでいる。

※福原堅悦は農協監査士試験を不合格のままの秋田県農協中央会(JA秋田中央会)の正職員であった。

福原堅悦は、秋田県信用組合(けんしん)と個人的な取り引きが長く50年にはなる。

323元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Ж t Ж2018/03/02(金) 02:14:33.25
>>322 の訂正だ

福原堅悦は大仙市役所の常勤の代表監査委員に平成21年に60歳でついた。

つまり秋田県農協中央会の正職員を定年みなし退職してから同年についたのである。
退職したら「秋田県農協政治連盟の連盟員では無い」のだが、経歴と学歴を詐称し通して、ついた。
背後に農家の家族4代まるごと現在の秋田県の大仙市の大曲の花館(はなだて)の地名の土地と田んぼ農地と
家ごと「人ばらい」された佐藤実(本名さとうみのる・現71歳)がいた。

佐藤実と佐藤実の家族は、どうしても、こっそり、秋田県の大仙市の大曲(おおまがり)に移住したいのだ。
佐藤実の妻は大仙市の中仙町の澁川(しぶかわ)家の血縁の中仙町の家の出で県立横手城南高校卒なだけである。
佐藤実の長女は、「事務名が木内まどか・本名が和佳子・現46歳」であり、秋田厚生連の総務しかできない事務職員だが、
昨年までのJA秋田厚生連会長の木村一男(横手工業高校卒のほとんど文盲で卒業後に長野県諏訪市でセイコーの時計部品を
25歳まで作っていた会社員だった)の指示によりカルテ盗みに協力してきた。

平成18年当時、佐藤実は秋田県農協政治連盟の事務局長でJA秋田中央会の常務理事だった。
佐藤実は現在は、秋田市の牛島西(うしじまにし)に、外装が水色の2階建ての家に住んでいるが、
立地が2軒の左右の家の奥の袋小路の奥先に立っていて、目立つ水色の外装の木造2階建ての家だ。

324元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Λt.Λ2018/03/02(金) 12:35:25.67
JA秋田中央会の経営指導部の部長のまま60歳で定年退職した福原堅悦(ふくはら けんえつ)は
中央会の職場で学歴詐称を福原堅悦が経営監査課の課長補佐で38歳当時からだが言っていた。
福原堅悦は実際は県立横手高校卒から2浪して東京都内の私立の【日本大学の●文理学部に入学して卒業】している。
しかし、福原堅悦は、秋田県JAビル内では嘘をついて生きていて「2浪して宮城県内の国立の東北大学の経済学部卒だと誰にでも言っていた」。
JA秋田中央会を定年退職して福原堅悦は「秋田県農協政治連盟の事務局長と秋田県の北部で青森県よりの大館市に転居して住んでいる金田勝年」の県会議員を使った騙しで、
すぐに秋田県の「大仙市役所の常勤の代表監査委員」に平成21年の5月に特別公務員として就任して、昨年の3月まで2期8年も市役所の個室にいた。
代表監査委員の月給は条例で決められていて59万円でボーナス別。


続く

325元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Λt.Λ2018/03/02(金) 12:40:16.51
>>324 続き

福原堅悦は44歳の平成9年の当時、秋田県農協中央会の湯沢市雄勝地区JA合併推進協議会の事務局員(次長)として
秋田県湯沢市の中心部の事務所の1室に駐在していた。福原堅悦の部下はJA秋田中央会の女子正職員が1人だけ配置され氏名は
秋田県雄勝郡(おがちぐん)の羽後町(うごまち)在住で県立湯沢北高校卒に見せかけて職場で生きていたが実際は県立羽後高校卒の小笠原佳子(よしこ)であった。
湯沢市雄勝JA合併推進協議会の事務局長は「JA湯沢市の前の購買部長の武石(たけいし)・もとの職業は東京都内の「JA全農●(zen-nou)の正職員」だったが秋田県内の最南部にあったJA湯沢市の正職員と
して数年前に転籍した人」だ。

福原堅悦(ふくはらけんえつ)は武石事務局長の配下の「事務局員」であった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続き

福原堅悦と横手オートキャンプと外国の台湾に本社があり台湾人と中国大陸人の自動車輸入公司の「中美汽船」に続だ。

326名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/02(金) 12:41:31.88
しね

327元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士>t<2018/03/02(金) 12:59:43.40
>>325 の続き

(南シナ海の島の台湾に本社がある「中美汽船・メイアイヘルプユー?」の公司と秋田トヨペット横手店とオートキャンプ)

福原堅悦の血縁の妹の文子(ふみこ・現63歳)は横手市平鹿町の樽見内(たるみない)の地名に住む
佐藤秋四郎が義父で長男の妻である。文子の長男は横手市役所に正職員として勤務だ。
佐藤秋四郎の次男がオートキャンプの創業の元社長で県立横手工業高校卒の佐藤和秋で秋田県横手市三本柳に住んでいる。

文子はもともとオートキャンプ監査役であり、経営責任を文子は個人としては免れたが和秋は責任から逃げられなかった。


文子の生家は大仙市大曲の福見町だ。

兄に秋田県庁の地方上級職員で大仙市地域振興局の土木部長級で定年退職し
た福原正樹(ふくはらまさき・現62歳・大仙市四ツ屋の地域に在住して長い)。
四ツ屋の地域といっても「JAおばこ購買事業店舗の しぇしぇまるしぇ からは家は離れている地の四ツ屋の地域だ」。
福原正樹は秋田大学の鉱山学部卒で、秋田県職員のなかでも土木業入札の裏の専門家だ。

328元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士σt.2018/03/02(金) 13:56:49.51
JA秋田中央会の正職員の福原堅悦(ふくはらけんえつ)が44歳時に、
秋田市の八橋南(やばせみなみ)の「秋田県JAビル」の5階勤務の課長から
次長に昇進させられて秋田県の最南部の市の湯沢市の中心地に駐在する「県南地域合併推進部の次長」として平成8年7月1日付で人事異動させられた。

県南地域合併推進部は変則的な職務権限者の分散配置であり整合性が無いが、合併推進助成法という法律から国内の農協中央会に農林水産省か
ら「現地配置で1人につき800万円の助成金が交付される制度」を目的にJA秋田中央会の学識経験常務理事の
稲葉進(当時61歳・反“農協監査士”で非“農協監査士”の最強のボス格の元正職員)が立案し理事会決議が通って人事異動をさせた。
氏名は次の通りだ。

平成8年7月1日付
部長 佐藤実(大仙市大曲佐野町に駐在・仙北大曲の20数のJAとJAの合併推進業務)
三浦俊彦
高橋肇
杉山恵美子

次長 小玉陽三(横手市の中心地に駐在・平鹿横手の14数のJAとJAの合併推進業務)
小野寺祐幸
松田律子

次長 福原堅悦(湯沢市の中心地に駐在・湯沢雄勝の16数のJAとJAの合併推進業務)
小笠原佳子

続ある

329元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Λt.Λ2018/03/02(金) 14:07:40.07
>>328 の続き

平成10年6月1日付の湯沢市雄勝で創立した「JAこまち」の初代の学識経験常勤監事に福原堅悦(ふくはら けんえつ・当時45歳)が就任し4年間いた。
福原堅悦は「湯沢市雄勝地区JA合併推進協議会の事務局員であって事務局長は
元JA全農の正職員で都内で勤務して
いたが出身地の秋田県湯沢市内に住むため、人事契約をして転籍で「JA湯沢市」の正職員となり購買部長に昇進した男で
当時55歳の武石(たけいし)が事務局長
であった。合併した後のJAこまちで武石は学識経験の常務理事にも学識経験の常勤監事にもに登用されなかった。」

なお福原堅悦は、「農林水産省所管の農協監査士試験の1次試験」を不合格のままの正職員として60歳になり
JA秋田中央会で「定年みなし退職」している。
監査士試験の1次試験を不合格のままでありながら30歳代から、「名刺に監査士と印刷」して、JAに配り
まくっていた正職員の1人で「偽監査士」であった。
証明する証拠ならあるぜ。

JA秋田中央会は名刺を偽造する印刷会社と取引があって秋田市の駅近くの「(株)くまがい印刷」に発注している。

JA秋田中央会は、JA全農の秋田県本部の関係の印刷会社にめったに印刷物製本や名刺印刷などを発注できないのは、
関係が悪化しているからである。

JA秋田中央会は常務理事をはじめ「名刺の偽造」を西暦2005年から始めたようだ。
顔だ。

330元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Ж t Ж2018/03/02(金) 22:09:54.78
平成30年3月2日現在は、日本海の男鹿半島の隣町の大潟村より方角は北へ20キロメートル〜40キロメートルほどの先にある秋田県山本郡の
三種町(みたねまち)の町長選挙の2人の立候補者にろる選挙運動がある。
JA秋田中央会の男の正職員ということで自動的に秋田県農協政治連盟の規約により連盟員だったが三種町に住民票をおいている小玉陽三(こだまようぞう・現68歳)は
7年前に「県農政連(けんのうせいれん)」の連盟員を脱退している。
小玉陽三(こだまようぞう・現67歳)は昔の琴丘町(ことおかまち)の天瀬川(あませがわ)の地名の
「田んぼ地帯」に数代住み続けてきている。

自由民主党の【●参議院議員のときの金田勝年】が秋田市の「秋田県JAビル」を各階を選挙前のあいさつで訪れたことがあった。
金田勝年はビル5階で中央会の職員たちの前に立って応援依頼のあいさつを2分はしたが、集団の前にいた小玉陽三がニヤニヤと喜び媚び笑いし
金田勝年をみつめて金田の顔を向けさせて、金田勝年がお返しのように半歩だけ右足を前に出した体の動きをして、会釈した。
金田勝年の出身高校が県立秋田高校OBといい、同期生のOB集会を開いたところ人数の1人に
同じ高校出身で小玉陽三が参加していて
金田勝利が小玉陽三の顔と見た目を覚えていたとのようだ。
金田勝年の【★衆議院選挙】のときの選挙カーに金田勝年と小玉陽三が同乗したことがあるが、
2人の間には「県農政連の元事務局長の佐藤実(本名さとうみのる・現71歳・JA秋田中央会の元常務理事)」が
いて簡単に小玉陽三には直接金田勝年を紹介しないはずだ。

331元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Ж t Ж2018/03/02(金) 22:47:12.54
>>330  の続き

秋田県農業協同組合中央会の正職員で当時40歳で課長職に昇進した当時の小玉陽三(本名こだま ようぞう・現68歳)は、
体のうち、脚の左右の「太もも」の「内側の筋肉」が、かなり少なくなっていることが原因で、
歩くと両足の両ひざが外側に開いてしまい、腰が下がる立ち方と歩き方しか出来なかった。

小玉陽三(本名こだま ようぞう・現67歳)は40才当時ですでに日本人男性の同年代の標準以下のずいぶん早い脚の劣化であった。

332元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Λt.Λ2018/03/03(土) 00:10:35.27
秋田県農業協同組合中央会(バッジネームがJA秋田中央会)の正職員から役員になったある奇人紹介。

菊地聡(きくち さとし・現在73歳)
出身地が秋田県由利本荘市の矢島町で現在は秋田市の楢山城南町(ならやまじょうなんまち)に家族と住み続けている。
矢島町に在住していた牛の畜産農家の矢島町農協組合長理事の佐藤秀一が秋田県会議員で秋田県農協中央会の会長だった
当時に、菊地聡は経営組織部のなかで「農協監査士の次長」として秋田県内の農協職員の不正横領事件が地方新聞で記事に
なると、「秋田県農協中央会の次長としてコメント記事が氏名と役職つき」で載せていて、コメント内容は

コメント例だがこんな感じだ:「秋田県内のA農協の組合長の交代がきっかけで基幹な業務の職員の数人の人事異動が短期間に
繰り返されてきたことで、「内部統制(ないぶとうせい)」が従来に見られないほど弱ってきており、
反面まったく人事異動がなく10年以上の長期に同じ部署で「内部牽制(ないぶけんせい)」の無い状態のままの職員が
不正を起こしたことは、中央会としても「牽制組織(けんせいそしき)」の構築に対する指導を見直さなければならない」・・・。
農協監査士の菊地聡の県内農協の職員不正事件発覚のあと、よくあった秋田県内の地方新聞で朝刊と夕刊を
販売していた当時の秋田魁新報でのコメント記事での秋田県農協中央会の農協監査士の経営組織部の次長の当時の菊地聡の
知識披露はこんなもんだった。

43歳で菊地聡は異例の早さで若き総務部長となり、自家用車として会長から会長公用車だった「ニッサンの黒塗りの4ドア 
セドリックブロアムV.I.Pコラムシフト」をもらって通勤で使用して菊地聡が自分で運転していた。
菊地聡は総務部長のまま47歳で会長に提案されて退職し、常任監事(じょうにんかんじ)に通常総会で選ばれて
就任してからだが、菊地聡(きくちさとし)は、
「ニッサンの黒塗りセドリックブロアムV.I.Pコラムシフト」を菊地聡が1人で自家用車として
運転して同乗者は誰もいないまま
秋田県内の各地の秋田県農協中央会の正職員たちの自宅に無予告でいきなり「黒塗り車のセドリックを横づけ停車」で
訪問するような行動を数々とってきたのであった。

続き有り

333元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Λt.Λ2018/03/03(土) 00:13:16.82
>>332 の続き

菊地聡は常任監事(じょうにんかんじ)を秋田中央会の当時の会長の小松正一と副会長の木村一男と副会長の保科武毅たち
と「非常勤の理事(JAの経営者で農家の理事の代表理事組合長のみが就任できる)」たち
と「非常勤の監事(JAの経営者で農家の理事の代表者の代表理事組合長のみが就任できる)」たち
を「農協監査士試験を不合格のままで会長の小松正一から管理職の最上位の参事(さんじ)に登用された佐藤実」の策略で、

参事になった佐藤実が役員の常任監事の菊地聡に【監事が毎日、監査してもしょうがねべ、なあ、アハハハハハ  (私{btbt}は「秋田県JAビル」の5階で聞いた2人の廊下での雑談だ)】が
あって

常任監事(じょうにんかんじ)の菊地聡は秋田市内で妻子と暮らしていたが53歳で退任させられ、秋田県大仙市佐野町に本店が
建っている「JA秋田おばこ第3代の学識経験常勤監事(当時の代表理事組合長は高橋嘉吉・たかはしかきち)」として
菊地聡は2期6年就任で年間役員報酬が、合併して大規模な農協になろうとも、だいたいだが700〜800万円で
[JA役員]だから[通勤費も家族手当も税務上から支給対象外]だったはずだ。

334元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Λt.Λ2018/03/03(土) 01:24:32.49
平成4年当時で秋田県秋田市の八橋南(やばせみなみ)の「秋田県JAビル」の5階の秋田県農協中央会の事務室での雑談。
会長秘書の田中敏勝(たなか としかつ)が、いきなり秋田県農協中央会の農政広報部長に転籍の人事契約をして、
2階級の給与級アップを会長からしてもらうという強引な昇進人事があってから
1年後の年次のことだ。
佐藤実(本名さとうみのる)が農政広報部の次長兼農政課長事務取扱の当時で、
会長秘書の田中敏勝が農政広報部の部長として指示したりとりあえずの意見を言ったり命令したりしてきたことに対して
部長のまま席に座っていればいいはずが部下に指示したりし始めたことに対しての
陰口(かげぐち)の雑談を農政広報部の次長で当時47歳の佐藤実(本名さとうみのる)から
経営監査課の所属の正職員だった私(btbtw)は次の通り「秋田県JAビル」の5階の廊下で聞かされた。
  佐藤実:「(田中敏勝よ肩書きが農政広報部の部長になったといたって)いきなり、ぽっ、と来て何が分かる」と言い捨てた。
田中敏勝は会長秘書の審査役から考査役を超えて、いきなり44歳で「職能資格が審議役」の農政広報部の部長に転籍となったのであった。
新入職員から2年の勤続年数で、知っていたから会長秘書の田中敏勝に関わることは仕事をバカバカしくするので、
「職業組織人」として職務より人事権者の会長に、いかに取り入るかという中央会で」当時、34〜36歳代の男の正職員で農協監査士たち」に流行した処世に関わったら
「職業組織人」としてはダメになると解かっていた。

335元秋田県農協政治連盟の元連盟員の農協監査士Λt.Λ2018/03/03(土) 01:34:22.74
>>334

「職業組織人」として職務より人事権者の会長に、いかに取り入るかという秋田県農協中央会で当時、「34〜36歳代の男の正職員で農協監査士たち」に流行した処世に関わったら
「職業組織人」としてはダメになると解かっていた。


「34〜36歳代の男の正職員で農協監査士たち」の氏名
三浦俊彦
伊藤真澄
佐藤孝喜
なお佐藤眞人は「農協監査士試験の1次試験」を不合格のまま名刺には「監査士 佐藤眞人」と印刷されたものが総務部長から渡されてきていた。

336元秋田県農協政治連盟の元連盟員2018/03/03(土) 15:29:07.01
秋田県で大仙市の大曲の大工だった伊藤照夫の経営している(株)伊藤住宅の秘密全部ばらせる。
秋田県会議員の(会派みらい)の渡部英治と自由民主党の秋田小選挙区で秋田3区選出の大曲に
住んでいる2世衆議院議員の立教大学文学部卒だけの御法川信英と、ドスやるなら
伊藤照夫の長男の建築士でも大卒でもない仙台電子コンピュータ専門学校卒だけの伊藤日出行を摘む。

嫁いで長い森蘭子になに起こって38歳の伊藤日出行の姉の昔の名の伊藤蘭子には変わりないな。

伊藤照夫は秋田信金の前に御法川信英と討ち死にした。
御法川信英が大曲のフルヤに乗り換えても、協和町のプレカット木工の社長とは、これまでだ。

伊藤照夫は大曲の四ツ屋の地名のマルビック水道工事から指示を受けないが長い付き合いはマルビックの社長が若い男の感じがいい爽やかな息子が社長になって
も伊藤照夫とマルビックとの遠縁のような付き合いはなくならないよ。

337元秋田県農協政治連盟の元連盟員2018/03/03(土) 15:53:35.45
秋田県の大仙市の大曲の四ツ屋の地名の上古地のバス停の近くにJA秋田おばこガソリンスタンドがあり、
大仙市の四ツ屋の地名のJA秋田おばこガソリンスタンドから道路挟んだ向かい側に行き、
西へ田沢湖方向に先に50メートル行けば、大工の伊藤照夫と愛妻の左の小鼻に黒い皮膚ガンの大イボが生えている妻で公認会計士の伊藤カジノ子と
長男の独身の伊藤日出行(いとうひでゆき)が暮らしている白色外壁(サイディング)の総2階建て建築の
自宅が誰にでも見つけることが出来る。

長女は伊藤蘭子だが婚姻し森蘭子に名字が変わっている。
森といえば、伊藤住宅の合併先だ。

伊藤照夫と娘婿の他人の森はいくらむかし照夫と森と仲悪とはいえ、
伊藤照夫の森の人生を全部面倒見なければ、嫁がせた長女の蘭子が
いつか親から離れていってしまう親馬鹿恐怖心があった。

338元秋田県農協政治連盟の元連盟員2018/03/03(土) 16:13:17.44
秋田県の大仙市の大曲の(株)伊藤住宅の社長の伊藤照夫(2級建築士試験合格者)の長男で伊藤日出行(本名いとうひでゆき)は
県立大曲工業高校卒から18歳から宮城県内の「仙台情報経理コンピュータ専門学校」に2年通って、勤め先がなく
結局、月給30万円で父親の伊藤照夫が社長の大仙市の大曲の(株)伊藤住宅の
専務取締役になって20年になる。

建築士資格も無い伊藤日出行より娘婿の森に頭を下げることによってなっている。

森は大工でも建築士資格も無い宅地建物取引業者だ。アパート経営の森。

秋田県の小選挙区で秋田3区選出の自由民主党の衆議院議員の御法川信英が軍師を
頼んだ(株)伊藤住宅の社長の大工の伊藤照夫の
娘婿の大仙市の森アパートの社長たちの家族会議に参加してきていている。

339元秋田県農協政治連盟の元連盟員2018/03/03(土) 16:23:09.86
秋田小選挙区の秋田3区選出の自由民主党の衆議院議員の御法川信英は、
21歳で秋田県立横手高校卒の秋田県会議員の長男だ。
御法川信英はいびつな学歴で地元の同級生たちから、高校時代から距離をおかれ離れられて生きてきた。

御法川信英は、他人の仲いい関係が壊れて行くのを策を考えて壊す行動をとってきた。

御法川信英は、ターゲットの大物の小学校中学校の同級生を、ねらい、取材調査しようとした。

プレカット木工の御法川信英を住吉流にヤル。

340元秋田県農協政治連盟の元連盟員2018/03/03(土) 16:49:01.43
自由民主党の秋田県会議員だった田沢湖町生まれ育ちの御法川英文が、
国会議員になろうと秋田中選挙区2区から自由民主党から立候補した。
相手は同じ自由民主党の由利本荘が地盤の村岡兼造と日本社会党の横手市と大仙市の労働組合支持が地盤の川俣健次郎(かわまたけんじろう)と選挙し御法川英文が落選した。
2度目の立候補を御法川英文が自由民主党からしたが落選した。
3度目の立候補をした御法川英文の長男と次男が学校の同級生たちの名簿を買い集めて、
無予告で同級生たちの自宅連絡先に、電話をかけて、父親の御法川英文の衆院選挙に投票を電話で頼み、いわゆる【命ごい】をしたのであった。

「最後の選挙なんだ」とだ。

341「JA秋田中央会の森高千里」とあだ名をつけられた元.監査人T。2018/03/03(土) 20:17:15.98
≫340 の続き

父親の御法川英文(ひでふみ)が衆議院議員選挙で連続2回立候補して落選してから、
3回目の衆議院議員選挙に立候補したとき、長男でまだ大学生の御法川信英と
次男の大学生の神奈川県内の東海大学宇宙工学科在籍中の御法川博文が、
小学校中学校高校時代の同級生たちに、同級生名簿を手に入れて、
無償の友情を頼りに、
同級生たちの連絡先に電話をかくて、
「今回落選したら次ぎの選挙は無理なんだ、御法川家のためになんとか頼む、助けてけれ」
と【命ごい】を言った。

弱い信英と博文だ。

学校で人気の無い大人しい信英と学校で人気の無い大人しい博文だ。

342名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 20:37:52.48
≫341 の続き

御法川英文の生まれは農家で、秋田県の仙北市で平成の町村合併前の田沢湖町であり、
草g英文(くさなぎ ひでふみ)という名をつけられて育ち成人になった。

秋田県内には名字では、草薙(くさなぎ)の名字と草g(くさなぎ)の名字
を名乗る2種類が生きている。

JA秋田厚生連の医療事務の正職員に草薙淳(くさなぎじゅん)という大仙市の
太田町の出の40歳代の男がいる。

草薙淳はJA秋田中央会に出向させられてきて職員名簿にすべてを
載せられて、JA秋田中央会の男女の職員たちに総務企画部長から、ばらまかれた。

343名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/03(土) 20:37:53.09
≫341 の続き

御法川英文の生まれは農家で、秋田県の仙北市で平成の町村合併前の田沢湖町であり、
草g英文(くさなぎ ひでふみ)という名をつけられて育ち成人になった。

秋田県内には名字では、草薙(くさなぎ)の名字と草g(くさなぎ)の名字
を名乗る2種類が生きている。

JA秋田厚生連の医療事務の正職員に草薙淳(くさなぎじゅん)という大仙市の
太田町の出の40歳代の男がいる。

草薙淳はJA秋田中央会に出向させられてきて職員名簿にすべてを
載せられて、JA秋田中央会の男女の職員たちに総務企画部長から、ばらまかれた。

344秋田県会議員の大関衛には無い損害保険ジャパン2018/03/03(土) 20:46:50.41
≫343 の続き

御法川英文の旧姓は、有名芸能人の男性アイドルのSMAPの草なぎ、と同じ漢字だ。

みのもんたの本名は御法川法男(みのりかわのりお)である。

秋田県の大仙市の現在の2世の衆議院議員の御法川信英は田沢湖町を耕されたら困るのだ。

345元JA秋田中央会の農協監査士 t 0082018/03/13(火) 09:39:27.67
御法川は馬鹿人間まだ負け分からないと威勢張る。

346元JA秋田中央会の秋田県農協政治連盟の元連盟員2018/03/13(火) 09:49:36.80
備前市の山本修に警告書を送りそしてアウト。
逮捕だ恵。
カナリア幼稚園の教諭にはしないなまだ分かんないの甘い発想飼わん。
赤沼サトシはかなり汚い野郎だよ。
備前船木耕太郎は船木耕太郎の前田アキラはまかり通る。
船木はパンクラスがありボンクラスさ。
(株)大正製薬に船木耕太郎は新入社員じゃ採用されないオツムで恥ずかしくないか。

347名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 20:03:56.53
>>346
文章に知性が感じられないな。
品がない。

348JA秋田中央会2018/04/03(火) 23:05:01.86
秋田県の能代市長の斎藤滋宣が、今期で市長を引退させる。

三種町に小玉陽三が{のうせいれん}を名乗って、斎藤滋宣をだまして

小玉の息子を秋田県庁にコネで上級地方公務員にしたが、

知事の佐竹敬久への前に秋田県内で日本海沿いの由利本荘市内に

事務所がある元官房長官の村岡兼造を通し、知事の佐竹に口利く不正採用システムだ。

349名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/03(火) 23:17:45.28
社員

350名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/04(水) 18:58:19.83
【人生】誰かがあなたの悩みに答えます675【相談】
http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1522163339/

351名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/04(水) 19:01:42.79
社員

352元JA秋田中央会の秋田支所の農政広報課員いた唯一の農協監査士tb2018/04/29(日) 23:50:24.79
JA秋田中央会の退任した会長の私生活秘書だった田中敏勝(本名たなか としかつ)は
2018年の75歳の現在でも、秋田市内で団体の役付きで生きている。
これがJA秋田中央会の会長秘書の常務理事の田中敏勝(本名たなか としかつ)が兼務し
た【★秋田県農協政治連盟(のうせいれん)の参与の肩書】で秋田県政に絡んで生きて、
【▲秋田県会議員たちの秘書らとの黒い交際】のなかで得たJA秋田中央会の元会長秘書の
常務理事の田中敏勝(本名たなか としかつ)の62歳で定年退職後に受けた口利きの75歳までの結末だ。

2018年で75歳の田中敏勝(本名たなか としかつ)が住んでいるのは秋田県山本郡三種町(みたねちょう)の
内陸側の昔の琴丘町(ことおかまち)で、地区名が鯉川(こいかわ)の一軒家だ。

田中敏勝は山本郡三種町(みたねまち)の家から毎日、秋田市山王(さんのう)に団体の席が
ある「●NPO法人 燦(さん)あきた● 代表者」 として、
行政補助金を受け取って、秋田県内のいくつかのJAを講演してまわって報酬を受け取ってきて
13年間過ぎている。

「「●NPO法人 燦(さん)あきた●」は場所と連絡先は、〒010-0951秋田市山王(さんのう)6丁目13−8エルディビル1階の
事務所で、電話番号は018−863−3345だ。
事務員に船木八重子(JA秋田中央会の会長の船木耕太郎の血縁の未婚の74歳の私立日本大学卒の姉・秋田市添川住まい)が
いて、さら複数人の事務員を行政助成金を受け取ってきた金額のなかから給料を支払いながら雇用してきている。

田中敏勝(本名たなか としかつ)は、もともと秋田県立金足(かなあし)農業高校卒であり、
東京都高尾市(たかおし)にあった全国農業同組合中央会が運営した3年制の農協職員育成学校の
「中央協同組合学園」の生徒だった。OBの仲間にJA全中の2018年の会長の和歌山県出身の
JA和歌山中央会の会長の中家徹(なかや とおる)がOBの後輩で同窓である。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:9765d61751395a4fbfa54e86b88b16ef)

353元JA秋田中央会の農林水産省に記録がある農協監査士【〓tЖ】2018/04/30(月) 00:19:25.97
>>352
の続き
秋田市の秋田県庁の正庁のすぐそばに建つ新築ビルヂングの1階に入る「NPO法人燦(さん)あきた」の代表者が、
JA秋田厚生連の農協病院のひとつで能代市内の北部に建つ「山本組合総合病院」の事務次長だった田中敏勝(本名たなか としかつ)が、
JA秋田中央会の会長の佐藤秀一の闇世界とのつきあいをする私生活秘書になり、
平成3年4月1日付でJA秋田中央会の農政広報部長になり平成5年7月の通常総会の前の理事会で職員最高責任者で1人しかなれない参事(さんじ)に
登用(とうよう)され、平成6年には
職員から役員の理事になれるひとりだけのポストの学識経験常務理事に会長の
佐藤秀一から選ばれて通常総会で承認され
田中敏勝(本名たなか としかつ)は平成17年に62歳まで「秋田県JAビルの5階の常務理事室」に席があった。

田中敏勝(本名たなか としかつ)の役場に届け出して住んでいる住所。

郵便番号018-2103 秋田県山本郡三種町鯉川(こいかわ)字(あざ)小野台(おのだい)14-2。
電話番号0185(87)4722(自宅直通)

354名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 02:14:22.35
SM好きの変態だろ?

355名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 02:39:00.31
社員

356元JA秋田中央会の農林水産省に記録がある農協監査士【〓tЖ】2018/05/10(木) 01:16:08.54
JA秋田中央会の経営監査課にいた大坂茂と私【〓tЖ】と2人体制で、平成6年に秋田県最南部の内陸側の
宮城県と隣接した雄勝郡(おがちぐん)の皆瀬村(みなせむら・西暦2018年は市町村合併して
湯沢市・ゆざわし・という名称)に在った法務省に法人登記と役員登記がされて
いた【JA皆瀬村・ジェイエイみなせむら】に、「経営指導」の目的で「現地経営検討会」を開催した。

JA皆瀬村の代表理事組合長は兼務でJA秋田中央会の非常勤の理事でもあっ
た高橋二朗(本名たかはし じろう)であった。

JA皆瀬村(ジェイエイみなせむら)の代表理事組合長の高橋二朗と職員最高位の男の参事(さんじ)が
「現地経営検討会」で打ち明けたのは、職員たちの一部がJA共済の推進を
【生命共済を共済保有高(満期では無く保障)】でいう【保障の金額】で推進目標を個別に設定されて、
いくら目標達成しても年収が見合ってあがらないということと、

生命共済のJA共済を推進するのも安田生命も第一生命も日本生命も明治生命も毎日推進するなら同じだし
どうせやることが同じなら納得した仕事がしたいとした職員たちの一部が中途退職してグループで

生命保険の代理店をひらいたということだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

357名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/10(木) 01:35:39.95
社員

358名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 01:16:42.89
ウンコの雨が降り注ぐであろう。

359名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 10:12:19.62
オナニー♪

360名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 10:42:45.68
社員

新着レスの表示
レスを投稿する