【ベトナム】店員はベトナム生まれのロボット、ハノイで話題のカフェ[1/7]

1虎跳 ★2018/01/07(日) 11:13:43.26ID:CAP_USER
店員はベトナム生まれのロボット、ハノイで話題のカフェ

 ハノイ市ハイバーチュン区ラックチュン通り98番地(98 Lac Trung St., Hai Ba Trung Dist., Ha Noi)で、「ロボット」が店員というカフェが初めて登場し、多くの人々の注目を集めている。ビジネスにロボットを導入し、店員としてサービスを提供するというアイデアは世界のいくつかの国で既に登場しているが、ベトナムではまだ目新しくユニークだ。

 このロボットは、ベトナム生まれの「モルタ(Morta)」。身長1.3m、体重20kgで、自ら移動したり、飲み物を持って客に出したり、障害物を避けたり、「どうぞ」や「通ります」などの簡単な言葉を発することができる。さらに、赤面したりまばたきをしたり、ウインクをしたりと表情も変える。

 ロボットは、各テーブルに到達するよう決まったルートに沿って動くようにプログラムされている。客に飲み物を運ぶときには、「人間」の店員が飲み物をロボットのトレイに乗せて、テーブル選択ボタンを押すことでロボットが動き出す。客が飲み物を受け取ると、ロボットは自ら元のところへ戻っていく。

 「モルタ」を作ったチームのメンバーでエンジニアのドー・チュン・タインさんによると、ロボットは連続15時間の動作が可能で、充電時間は6〜8時間だという。ロボット専用の全方向移動車輪2つとバランスホイール1つがついており、センサーで障害物を検知する。もしも障害物にぶつかってルートからそれると、元の位置に戻るシステムだ。

ベトジョー
http://www.viet-jo.com/news/special/180106124121.html
http://www.viet-jo.com/home/magick_img.php/180106124106.jpg

2七つの海の名無しさん2018/01/07(日) 11:26:08.99ID:gIH+K487
そのころ日本では、ペッパーがバグって、うなだれるような姿勢でメンテを受けていた。

3七つの海の名無しさん2018/01/07(日) 11:30:05.59ID:J/HAQiXR
>「モルタ」1体の制作にかかるコストは約1億VND(約49万8000円)。

ベトナムの平均年収が30万w

4七つの海の名無しさん2018/01/07(日) 11:55:22.74ID:igSDdPEN
先行者を期待したら案外普通だった。
Pepperよりずっと良さそう。

5七つの海の名無しさん2018/01/07(日) 12:06:03.09ID:dSXnU/Mj
With parts made in Vietnam (Secret, secret, I've got a secret)

6七つの海の名無しさん2018/01/07(日) 13:31:55.69ID:yaAvkcmo
お茶出しからくり人形みたいでいいね。
DQNが足を引っ掛けてイタズラされそう。

7七つの海の名無しさん2018/01/07(日) 13:36:49.19ID:yaAvkcmo
ロボットが口からコーヒー、ジュース、鼻からガムシロ、胸からミルクフレッシュ
又からテーバッグとかサーブする下品路線じゃ無くて良かった。
大炎上。

8七つの海の名無しさん2018/01/14(日) 14:43:35.23ID:hrBdBL0y
I'm Kilroy, Kilroy
Kilroy, Kilroy

新着レスの表示
レスを投稿する