【愛媛】[砥部町]2018秋の砥部焼まつり[2018/11/03-04]

1フリーザ ★2018/11/02(金) 23:25:35.58ID:CAP_USER
砥部焼の陶工たちと会話を交えながら買い物を楽しめる「秋の砥部焼まつり」が、砥部町陶街道ゆとり公園で開催されます。会場では、国の伝統的工芸品「砥部焼」の窯元約60軒の陶工たちによる対面販売が行われるほか、砥部町産品や飲食も販売されます。
https://www.jalan.net/jalan/img/7/event/0227/KL/e227236a.jpg


開催期間
2018年11月3日〜4日 【1日目】9:00〜17:00  【2日目】9:00〜16:00

開催場所
愛媛県砥部町 砥部町陶街道ゆとり公園

交通アクセス
JR「松山駅」から伊予鉄道「松山市駅」〜「砥部町方面行」の伊予鉄バス約45分「砥部町役場西」〜徒歩15分

主催
秋の砥部焼まつり実行委員会

料金
入場無料

以下ソース:https://www.jalan.net/event/evt_227236/(じゃらん)

2情報発信元:七七四通信社2018/11/24(土) 13:59:43.64ID:lTdVS/2T
独創的な即興演奏に「露出」は必要なのか。前衛的ピアニストとして知られる宝示戸(ほうじと)亮二容疑者(59=札幌市)が22日、
下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで北海道警に逮捕された。9月30日午後5時14分ごろ、宝示戸容疑者は自宅近くのコンビニを訪れ、レジカウンターにいた女性スタッフに向かって下半身をペロンと出し、
そのままその場を後にした。女性スタッフはア然ボー然。防犯カメラの映像から本人を特定し、53日後の逮捕につながった。
宝示戸容疑者は栃木県出身で、北海道大学理学部数学科卒。活動当初は普通の演奏をしていたが、90年ごろから、
ピアノ内部に木片、発泡スチロール、玩具、バイブレーターなどの小物を入れたり、ぶら下げたりして鳴らし、また弦の上に小物を転がしてノイズを出したり、
奇声を発しながら演奏したりする、前衛的な独自のスタイルに“変身”した。欧州各国での公演や他の作曲家やミュージシャンとのセッションも多く、
根強いファンがいる。12月にはリトアニアの作曲家やミュージシャンとの即興ライブが東京と札幌で予定されていた。
今年3月の北海道新聞のインタビューで、演奏法について聞かれ、「デュオでは相手との関係は刻々と変化し、どんどん先に進んでいく。
“考える”より“感じる”ですね」と答えていた。「孤高の即興ピアニスト」のエキセントリックな行動を聞いた関係者は、
まさに泡を食ったようにこう言った。「本当ですか!? 全く信じられません! ずっと前から即興ピアノに取り組んでる方ですよ。
ご結婚もされてるんじゃないですか? そういう趣味? よく分かりませんが、考えたこともありませんよ。いや本当、仰天です……」
昨夏の札幌国際映画祭では「あまちゃん」「64」「いだてん」の音楽を手掛けた芸術監督の大友良英氏と共演。
「僕が一番大事にしたい、好きだと思っているのは、きれいなメロディーや和音です。大友さんとのデュオでも、
自分では気付かなかったが、すごく優しいフレーズを弾いていた。『出てきちゃった』という感じ」とこんこんと語っていた。コンビニで「出てきちゃった」らダメだ。

新着レスの表示
レスを投稿する