【5スマ】SMAP雑談スレPart206【大好き】

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1スマ姐さん (ワッチョイ b3ec-7BsE [222.147.34.32])2018/03/05(月) 17:20:20.65ID:wnZ5mwKc0
・スマメン落としは禁止
・スマの案件に全く無関係なジャニタレ話や仕事宣伝等禁止

※ワッチョイ(荒らし対策)
スレを立てる時は、本文1行目に ! から始まる下記の一行を
先頭の ! の一文字を忘れないように注意して記入してください

!extend:default:vvvvvv:1000:512

前スレ
【5スマ】SMAP雑談スレPart205【大好き】
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/smap/1510925634/
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

2スマ姐さん (ワッチョイ 69ec-7BsE [222.147.34.32])2018/03/05(月) 17:20:39.63ID:wnZ5mwKc0
終わってたら作れよ

3スマ姐さん (ワッチョイ 896c-wl/W [110.134.253.153])2018/03/05(月) 18:00:34.63ID:+dAAwoOQ0
【中尾翔太(21)が癌】「実は東京が危ないということは報道できない」と全面カット【報道ステーション】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1520121841/l50
【窪塚洋介】「癌になったほうがいい。癌センター儲かる」【有賀さつき(52)小林麻央(34)黒木奈々(32)】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1520217556/l50

4スマ姐さん (ワッチョイ 3938-Oj7Q [60.37.117.196])2018/03/05(月) 18:21:57.22ID:By3X8Xb10
02/27火 11.3% 21:00-21:54 NTV ザ!世界仰天ニュース

「おじゃMAP!!」最終回は28日3時間SP 
(中居名場面あると思うので)「めちゃイケ」ラストは5時間
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000137-spnannex-ent

おじゃMAPの最終回裏
テレ朝 くりぃむVS林先生
TBS 生物にサンキューと池上特番
テレ東 カラオケバトル4時間
日テレのみ未定 21日が1周回ってSPなのでこれ以外が濃厚
どうせ受理番組

今夜の編成
NHK  通常編成 1月ぶり家族に乾杯
日テレ 成功の遺伝子3時間

テレ朝 中居×五輪選手3時間

TBS  通常編成
テレ朝 なぜそこに日本人2時間

山形テレビのネットチェンジ事件は
地方局にとっての功績を残した。それは

「地方局でも危うくなったら系列を変更できる」

という前例を作ったことである。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00005382-toushin-bus_all&pos=1
タレントの移籍制限を禁止すると芸能界が消える

5スマ姐さん (ワッチョイ 3938-Oj7Q [60.37.117.196])2018/03/05(月) 18:27:12.12ID:By3X8Xb10
今日の中居のやつはさすがに取るだろう
取ったら取ったで数字を中居の手柄にしてスマフーリガンが煩いから

6スマ姐さん (ワッチョイ 3938-Oj7Q [60.37.117.196])2018/03/05(月) 18:41:00.33ID:By3X8Xb10
結局メダリストやオリンピック選手が最初に出るバラエティは
SMAPの番組

7スマ姐さん (ワッチョイ f191-hmjq [218.33.231.28])2018/03/05(月) 23:34:41.07ID:hBO0ZNf70
選手が時間に追われて慌ただしかったのが残念だったな
誰も中居と一緒に写真を撮ろうとしないっていうのは、
タレントとしてはオイシイんだろうけど、少し寂しいね
若い子にとっては元SMAPなんだって実感しちゃった

8スマ姐さん (ワッチョイ 3938-Oj7Q [60.37.117.196])2018/03/06(火) 09:47:00.33ID:qBEGH4EO0
10.7% 19:00-21:48 EX* 中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!

9スマ姐さん (ワッチョイ 3938-Oj7Q [60.37.117.196])2018/03/06(火) 15:28:58.39ID:qBEGH4EO0
3月15日(木) 午後7時30分 NHK総合
人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!【歴史のスターが付けた名字サマ】
【司会】古舘伊知郎,赤木野々花,【出演】澤部佑,宮崎美子,森岡浩
【ゲスト】高橋英樹,松村邦洋,小日向えり,真弓明信,
草g剛,

10スマ姐さん (ワッチョイ 3938-Oj7Q [60.37.117.196])2018/03/06(火) 15:48:14.84ID:qBEGH4EO0
BG 関西19.6

11スマ姐さん (ワッチョイ f938-Oj7Q [220.107.146.223])2018/03/07(水) 10:31:06.78ID:iGeuKmUu0
のどじまんTHEワールド!春の名曲傑作選 日本テレビ 18/3/04(日) 14:20-75分間 3.4

12スマ姐さん (ワッチョイ f938-Oj7Q [220.107.146.223])2018/03/07(水) 13:04:02.07ID:iGeuKmUu0

13スマ姐さん (ワッチョイ f938-Oj7Q [220.107.146.223])2018/03/07(水) 16:01:43.77ID:iGeuKmUu0
明日がテレ朝・アベマHDの定例会見兼改編発表だな
これでぷっすまの運命が完全に決まる

14スマ姐さん (ワッチョイ f938-Oj7Q [220.107.146.223])2018/03/07(水) 16:17:26.44ID:iGeuKmUu0
そう言えばカルビーの「キムたくごはん味」はまだ90歳の婆ちゃん副社長の訴訟騒ぎにはなってないの?
https://pbs.twimg.com/media/DWeHE9XVwAEjXNc.jpg

15スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/08(木) 08:35:17.56ID:ipILAwKu0
https://i.imgur.com/ogClCBP.png
北部九州の総合トップ20 (2/26週)
https://i.imgur.com/9TtCY8T.jpg
視聴率・札幌・ベスト20・2/26(月)〜3/4(日)

BG流石

16スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/08(木) 09:22:16.03ID:ipILAwKu0
03/07水
*6.9% 19:00-19:57 CX* おじゃMAP!!

17スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/08(木) 10:14:45.46ID:ipILAwKu0
石川テレビは7日、公式サイトを通じて、同日午後7時から放送していた
『おじゃMAP』の放送が中断したことを謝罪した。
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000373-oric-ent

羊金沢入り?

18スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/08(木) 10:37:54.02ID:ipILAwKu0
おじゃマップ最終回ゲストは、タモリ&中居正広?

19スマ姐さん (ワッチョイ 3d81-3Ni4 [42.83.4.51])2018/03/08(木) 11:54:51.86ID:nrhJxGjq0
『クソ野郎と美しき世界』POP UP SHOPが3月20日(火)から期間限定オープン!
http://kusoyaro.net/shop.html

20スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/08(木) 12:59:08.42ID:ipILAwKu0
上川よ
スペシャリストで佐神になって帰ってこい
待ってる

21スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/08(木) 14:28:42.19ID:ipILAwKu0
スマフーリガンがおじゃが旧税割れなのを内村さんのせいにしてるのかよかったら慎吾君の手柄にして
ミステリー切っておじゃを残せとか暴れてたんだろう

22スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/08(木) 14:59:02.44ID:ipILAwKu0
それよりミスターブレイン の続編やれや無能かよ

23スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/08(木) 15:55:16.50ID:ipILAwKu0
テレ朝「ぷっすま」の3月末終了を正式発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000114-spnannex-ent 3/8(木) 15:19配信
テレビ朝日は8日、東京・六本木の同局で「2018年4月改編」説明会を行い、元SMAP・草なぎ剛(43)と
ユースケ・サンタマリア(46)がMCを務める
テレビ朝日のバラエティー番組「『ぷっ』すま」(金曜深夜0・50)が3月末で終了することが正式に発表した。
この番組は1998年10月にスタート。司会のなぎすけコンビのゆるいやり取りが人気を人気を集めていたが、
放送開始20年の節目に幕を引く形となる。
後番組はフットボールアワー、「アンタッチャブル」の山崎弘也らがMCを務める「東京らふストーリー」となる。

1/12
『有吉ジャポン』(0時35分〜1時5分)3.4% 『タモリ倶楽部』3.0%
『「ぷっ」すま』(午前0時50分〜1時20分)3.2%
『MASKMEN』(テレビ東京系、0時52分〜1時23分)1.7%
http://news.livedoor.com/article/detail/14229237/

時間考えると打ち切る理由が視聴率ではないね

24スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/08(木) 15:58:12.93ID:ipILAwKu0
テレ朝今夜の放送に向けて
午後3時からBGの前回の再放送

25スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/08(木) 16:21:30.08ID:ipILAwKu0
ザキヤマのしぶとさはなんなん

26スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/08(木) 19:09:13.58ID:ipILAwKu0
BG今日はとりあえず上川の死ぬ死ぬ詐欺効果がどれくらいあるかだね
まあ多分死んでないだろうけど目を覚ますのは来週の最終回かな

27スマ姐さん (ワッチョイ 8d27-uQtz [112.138.55.224])2018/03/08(木) 21:07:04.64ID:O2D8dMhP0
上川あっさり死んですぐ葬式だったよ

っていうか中山忍がインスタでネタバレしちゃったけどねw

28スマ姐さん (ワッチョイ ee5c-7N4n [153.232.59.64])2018/03/08(木) 21:16:32.75ID:2Deqs+S50
その人は基本がコピペだから

29スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/09(金) 08:48:57.28ID:hJUnTELP0
BG
やっぱ石田ゆり子のミスキャストのせいでダメなドラマになってない?
どうしたって石田が大臣には見えない
さらにタクヤのあの演技に年寄り等老若男女は感動する

30スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/09(金) 09:08:30.82ID:hJUnTELP0
つうかタクさん2020の大河とかやるんじゃねえのもしかして。
アタシならそうするけど。どうせ大河だし、双方ウィンウィンってやつ。

31スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/09(金) 09:22:09.86ID:hJUnTELP0
「BG」第8話は16・4%!最終回を前にまた番組最高を更新
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000088-spnannex-ent

32スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/09(金) 09:32:24.88ID:hJUnTELP0
木村拓哉やっぱ凄いな
脚本はあきらかに良くないのに
これだけ取っちゃうなんて

33スマ姐さん (ワッチョイ 518e-eXi2 [118.243.170.154])2018/03/09(金) 09:47:37.57ID:SeqYt7Jf0
>>32
製作費がネックなんじゃない?

34スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/09(金) 20:50:29.04ID:hJUnTELP0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00145513-nksports-ent
「BG」静岡21・7% 3週連続の20%超えで、前週の20・3%から1・4ポイント上昇
系列24局では2位の高数値。1位は琉球朝日放送の沖縄地区で24・6%

35スマ姐さん (ワッチョイ ed91-l0nc [218.33.231.28])2018/03/09(金) 23:28:04.32ID:32Zslu+i0
他に娯楽がないんじゃないの

36スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/10(土) 10:21:36.22ID:XmcLjl8K0
福井放送
「BG〜身辺警護人〜 #9」(最終回、テレ朝系3月15日放送予定分、15分拡大)は3月24日(土)14:36から放送

37スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/10(土) 13:31:40.97ID:XmcLjl8K0
TBS週間瞬間最高視聴率ランキング
10位 中居正広の金曜日のスマイルたちへ 
番組エンディングで紹介されたサッチーの言葉 13.2%

38スマ姐さん (ワッチョイ 0138-m4wq [220.107.146.223])2018/03/11(日) 12:51:04.14ID:ATlYQCei0
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180311-00000011-pseven-ent
名テレBG
第1話=20.6%、以降、第2話=22.9%、第3話=19.6%、第4話=17.9%、第5話=18.7%、第6話=19.2%、第7話=19.1%、第8話=19.9%

39スマ姐さん (スッップ Sda2-Nbc0 [49.98.146.92])2018/03/11(日) 14:15:26.41ID:7crQ9cOUd
上川さんにはスペシャリストに帰って来てほしう

40スマ姐さん (ワッチョイ e96c-0aB1 [110.134.253.153])2018/03/11(日) 14:28:23.00ID:uYteG7uI0
【11】 ナウシカ 日本沈没 世界侵略  <大イスラエル帝国>  阪神 WTC 東日本 チリ 【46】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1520731368/l50

41スマ姐さん (ワッチョイ 8238-m4wq [219.160.28.213])2018/03/13(火) 07:28:37.44ID:dTXZH53X0
関西 http://fast-uploader.com/file/7076441054998/
BG ABC21.5

03/10土 10.8% 19:00-21:54 NTV のどじまんTHEワールド!2018春
ソースは文化通信の顔本の見出し

42スマ姐さん (ワッチョイ eeec-UnTW [153.230.38.92])2018/03/13(火) 07:51:43.20ID:47he2UUD0
矢沢永吉:「BG」最終回に本人役で出演 木村拓哉の希望で実現 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20180312/dyo/00m/200/031000c

43スマ姐さん (ワッチョイ 8238-m4wq [219.160.28.213])2018/03/13(火) 07:56:43.55ID:dTXZH53X0
http://www.bunkatsushin.com/images/news/142977/1_b.jpg のどじまん視聴率ソース

>>43
歌番組でダントツ一位だね…

45スマ姐さん (ワッチョイ 8238-m4wq [219.160.28.213])2018/03/13(火) 13:40:09.71ID:dTXZH53X0
4月3日 中居正広の5番勝負
時期ずらしたのは何かの作戦なのかね
前のは間違いで日テレで継続だな

46スマ姐さん (ワッチョイ 8238-m4wq [219.160.28.213])2018/03/13(火) 13:41:42.00ID:dTXZH53X0
哲子の部屋は祝43年してやってぷっすまは20年で区切りでお役御免とか
テレ朝碌なもんじゃないな

47スマ姐さん (ワッチョイ 3d81-Osi7 [42.83.4.51])2018/03/13(火) 13:45:03.62ID:Xl5Wztuc0
どこの哲子さん

48スマ姐さん (ワッチョイ ee5a-REop [153.136.34.166])2018/03/14(水) 00:56:15.22ID:GFBZdLII0
gjgjkghき

49スマ姐さん (ワッチョイ 8d27-uQtz [112.138.12.86])2018/03/14(水) 18:32:07.37ID:9mJecg9A0
ジャニーズ事務所の子会社社長が自殺
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180314-00006555-bunshun-soci

50スマ姐さん (ワッチョイ 8238-m4wq [219.160.28.213])2018/03/14(水) 19:27:22.65ID:AMZfMzVZ0

51スマ姐さん (ワッチョイ 8238-m4wq [219.160.28.213])2018/03/14(水) 20:04:43.17ID:AMZfMzVZ0
越智はるみは自民党 公明党とのコネが強いので調査されずに闇に葬られる

52スマ姐さん (スッップ Sd70-clbx [49.98.166.97])2018/03/15(木) 09:21:11.91ID:mFK9paHQd
昨日は吾郎のblogの自撮りに癒されたけど、斎藤工と間宮くんに挟まれた木村の笑顔もイイ!
みんなずっとこんな顔してればいいのに。

53スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/15(木) 11:54:19.67ID:PAFJSkDT0
>>50
名古屋 BG 19.9

https://i.imgur.com/oKF7fTp.png 北部九州 (3/5週)
金スマ 15.3

https://i.imgur.com/XZeJEdL.jpg
視聴率・札幌3/5(月)〜3/11(日)
中居スクープメダリスト 17.9

54スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/15(木) 12:40:07.29ID:PAFJSkDT0
安倍政権が検討している放送制度改革の方針案が15日、明らかになった。
テレビ、ラジオ番組の政治的公平を求めた放送法の条文を撤廃するなど、

規制を緩和し自由な放送を可能にすることで、新規参入を促す構え。
放送局が増えて、より多様な番組が流通することが期待される一方、

党派色の強い局が登場する恐れもあり、論議を呼ぶのは必至だ。
 政府の内部文書によると、規制の少ないインターネット通信と
放送で異なる現行規制を一本化し、放送局に政治的公平などを
義務付けた放送法4条を撤廃するとともに、
放送に認められた簡便な著作権処理を通信にも適用する。

55スマ姐さん (ワッチョイ d8ec-clbx [153.230.38.92])2018/03/16(金) 06:58:34.76ID:8IpBwXLT0
BG最終回、ザッキーが上川さんの息子に、
「自分のペースで…いいんだって」
と言った時死にそうになった。
「…いいんじゃない」
だったら死んでた

56スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 07:04:55.73ID:PyitB31M0
中居正広が「行列」MCに初挑戦! 禁断の“偽名”をまさかの暴露!?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180316-00140675-the_tv-ent

57スマ姐さん (ワッチョイ b327-hKdO [112.138.12.86])2018/03/16(金) 07:44:47.20ID:k+Xgpoc80
>俳優の中居正広

これなんだ?間違ってはいないけどさw

58スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 08:41:15.87ID:PyitB31M0
関西・ジャンル別・3/5(月)〜3/11(日)
http://fast-uploader.com/file/7076697986674/
中居号外スクープ13.0 

59スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 09:12:28.96ID:PyitB31M0
72時間といい吉本と越智はるみがべったりなのが分かるな

60スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 09:13:07.75ID:PyitB31M0
「BG」最終回17・3% 自己最高で有終の美
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000087-spnannex-ent
瞬間最高視聴率は午後10時7分に記録した22・3%。

61スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 09:14:52.29ID:PyitB31M0
ほんとくだらない脚本だったけど頑張ったなタクヤ

62スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 09:29:42.85ID:PyitB31M0
タクヤの敵は過去の自分の実績
飯島VS越智の泥沼を経て新作で数年ぶりの平均15%超えはよくやったよ

63スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 09:55:35.40ID:PyitB31M0
「BG〜身辺警護人〜」全9話平均は15・2%
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000088-sph-ent
静岡では22・1%、北九州で21・2%、関西で19・6%

64スマ姐さん (ワッチョイ fc67-I68p [121.108.229.201])2018/03/16(金) 10:44:04.96ID:Gt3YA/QH0
>>59
気持ち悪い

65スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 11:19:30.75ID:PyitB31M0
元ジャニと現ジャニ嫁のCMにスマメンバーが出演して
その特別番組をユーチューブで配信か
カオスだな

66スマ姐さん (ワッチョイ 7681-Ue6H [42.83.4.51])2018/03/16(金) 12:16:06.58ID:f5QioSd50
LIVE配信概要―
日程:3月18日(日)
番組名:伊右衛門presents「こころの茶屋」時間:18:00〜
出演者:草g剛・宮沢りえ・本木雅弘 MC:中島信也、海保知里
LIVE配信先:サントリー公式SNSアカウント(LINE、Twitter、Facebook)、YouTube サントリー公式チャンネル、新しい地図 公式チャンネル

67スマ姐さん (ワッチョイ 7681-Ue6H [42.83.4.51])2018/03/16(金) 12:16:33.69ID:f5QioSd50
越智はるみ??

68スマ姐さん (スッップ Sd70-clbx [49.98.142.65])2018/03/16(金) 12:23:52.16ID:zFbb4nUId
つよぽんのは地上波では流れないの?

69スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 12:33:15.90ID:PyitB31M0
>>67
金八 羊のコネ でググって

70スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 12:44:26.87ID:PyitB31M0
手放しでは喜べないつよぽん伊右衛門
一本満足バーや
伊右衛門の共演者

71スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 12:46:32.61ID:PyitB31M0
伊右衛門のCMにつよぽんが出るのはとても嬉しいけど、
一本満足バーのCMは契約終了したの?
アサヒさんとサントリーさんライバル企業同士両方のCMさせてもらえるならすごいことじゃない?
(CMのこと詳しくないから分からないけど)

72スマ姐さん (ササクッテロレ Sp10-78Gg [126.245.4.37])2018/03/16(金) 12:53:22.94ID:N4M+941Gp
井川遥さんはアサヒのサプリメントと
サントリー角瓶ハイボールと両方出てる

73スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 12:57:10.31ID:PyitB31M0
共演者がジャニの嫁&元ジャニ(シブがき隊) なのは問題ないのだろうか

74スマ姐さん (スプッッ Sdde-xqis [1.75.214.179])2018/03/16(金) 13:02:04.73ID:rsIPtJZSd
そいつ、コピペでしょ

75スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 13:11:52.31ID:PyitB31M0
「ひるおび」はスルー。(※)

 ※連勝記録を続けている「藤井聡太6段」について→「森友問題」検証→「至学館大:谷岡邦子学長、怒りの会見」

76スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 13:14:37.26ID:PyitB31M0
受理にこびないひるおび最高

77スマ姐さん (ワッチョイ 7681-Ue6H [42.83.4.51])2018/03/16(金) 13:15:59.89ID:f5QioSd50
[219.160.28.213])

コピペ野郎うざ
何がしたいんだかね

78スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 14:07:37.98ID:PyitB31M0
宮沢は再婚って報道するのに宮崎は再婚という表現をしなかった

79スマ姐さん (ワッチョイ fc67-I68p [121.108.229.201])2018/03/16(金) 14:27:55.03ID:Gt3YA/QH0
>>68
新商品発表会のLIVE配信が3/18にあるから、その時に本編の発表もあって地上波でも流れるよ。

80スマ姐さん (ワッチョイ 8638-oCpj [219.160.28.213])2018/03/16(金) 15:12:23.38ID:PyitB31M0

81スマ姐さん (ワッチョイ 3671-lboF [122.27.149.35])2018/03/16(金) 16:03:13.56ID:CvRyt8100
>>71
満足1本バーは終了していないよ
4月2日新商品バナナタルト発売 チョコタルト/チーズタルトリニューアル
ー翻訳機ili(いりー)関東関西エリアでCM放送中

82スマ姐さん (ワッチョイ 96e0-PYx6 [133.137.99.19])2018/03/16(金) 16:24:46.26ID:/U3CWUJg0
CMの映像がwebで確認できるようになったのはホント有り難い

83スマ姐さん (ワッチョイ 8e38-oCpj [220.107.145.11])2018/03/18(日) 13:12:32.46ID:e/gZSTLm0
【テレビ】<フジテレビ>『めちゃイケ』最終回5時間SPにたけし・中居らゲスト″オール新撮″
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521289810/

84スマ姐さん (アウアウカー Saca-g/J8 [182.251.252.34])2018/03/18(日) 17:54:58.04ID:whcJ9YlKa
めちゃイケ終了なのに、中居のレギュラーが終わる気分

85スマ姐さん (ワッチョイ ca7c-o+Yb [153.219.245.187])2018/03/19(月) 03:42:33.13ID:9GVmlj0z0
そろそろ共演しないかなぁ

86スマ姐さん (ワッチョイ fc67-I68p [121.108.229.201])2018/03/19(月) 08:43:00.72ID:bzyFnYk00
>>85
めちゃイケでゆずのタッタを中居と吾郎たちで踊って欲しい

>>71
というかノンアルコールビールが異常なんだよ
アサヒのドライゼロvsサントリーのオールフリー で熾烈なトップシェア争い
特許訴訟にまでなってた
伊右衛門は伊藤園のおーいお茶を追いかける形
だから

88スマ姐さん (ワッチョイ 5263-kAbP [223.219.179.121])2018/03/19(月) 11:45:24.72ID:0x0O/wHl0
レコチョクで朝から聞いてるよ250円也

89スマ姐さん (ワッチョイ 7681-Ue6H [42.83.4.51])2018/03/19(月) 15:20:39.74ID:XsIp6/Iv0
オリコン 週間ランキング3/19付
(集計期間3/5?3/11)

#SMAP #世界に一つだけの花
64位 1,064

現在トータル3,119,477枚

90スマ姐さん (ワッチョイ ca7c-o+Yb [153.219.245.187])2018/03/20(火) 00:06:10.74ID:bZMCPH5S0
今パンツ履き替えてる

91スマ姐さん (ワッチョイ ca7c-o+Yb [153.219.245.187])2018/03/20(火) 00:06:33.23ID:bZMCPH5S0
>>90
サイテー

みなおかの最終回はうたばんパロだって

93スマ姐さん (ワッチョイ 6638-oCpj [123.224.44.167])2018/03/20(火) 07:55:57.20ID:vxVTK3gq0

94スマ姐さん (ワッチョイ 6638-oCpj [123.224.44.167])2018/03/20(火) 15:34:40.12ID:vxVTK3gq0
TVガイド


03/06火 11.9% 21:00-21:54 NTV ザ!世界仰天ニュース

95スマ姐さん (ワッチョイ f291-ivQU [123.230.118.65])2018/03/20(火) 15:58:21.26ID:kVvP/om/0
>>93
もう松潤の時代なんだね
あれだけ大物ゲストを揃えたのに

96スマ姐さん (ワッチョイ b327-hKdO [112.138.12.86])2018/03/20(火) 17:31:22.70ID:wtA6kxRf0
嵐ヲタナリがいるな
本当に嵐ヲタならもうとっくに(2010年あたりで)嵐の時代だと思ってるから
いちいちスマと比べて嵐の時代だなんてこんなスレまで来て確認しない
よほど嵐に自信がないか荒らしたいだけのヲタナリ

97スマ姐さん (ワッチョイ 6638-oCpj [123.224.44.167])2018/03/21(水) 12:12:50.06ID:ycsFRVHF0
名古屋地区 https://pbs.twimg.com/media/DYxUp6sVwAEqpKH.jpg
BG 18.9

98スマ姐さん (ワッチョイ 6638-oCpj [123.224.44.167])2018/03/21(水) 15:46:27.93ID:ycsFRVHF0
>>95
馬鹿母娘の悪足掻き
母娘のお気に入りの数字を上げ スマメン番組の数字を上げさせる
日曜劇場はスマメン作品や下町ロケット等馬鹿母娘お気に入りが出ない作品が良いのに
ジャイ(福澤)さん 考え直して

99スマ姐さん (ワッチョイ b327-hKdO [112.138.12.86])2018/03/21(水) 22:33:36.44ID:kljR8YKA0
中居正広、生放送『CDTV祝25周年SP』のMCに!KinKi Kids、福山雅治らが出演
https://tv.yahoo.co.jp/news/detail/20180321-00000015-tvdogatch

100スマ姐さん (ワッチョイ 0238-kbmL [123.224.44.167])2018/03/22(木) 07:25:23.81ID:voqSkaBV0
https://www.rbc.co.jp/tv-rate/
沖縄 日曜劇場もヒットドラマはさておき、
家族ノカタチ等関東、関西で行列に完敗のドラマでさえ30を超えていそうだな。

101スマ姐さん (ワッチョイ 0238-kbmL [123.224.44.167])2018/03/22(木) 07:39:14.03ID:voqSkaBV0
https://i.imgur.com/RTulNBE.png

北部九州 BG21.2

102スマ姐さん (ワッチョイ 0291-mmGb [123.230.118.65])2018/03/22(木) 07:58:43.64ID:YU7K1l210
ああ、あの辺ってキムさん多いからね

103スマ姐さん (ワッチョイ 0238-kbmL [123.224.44.167])2018/03/22(木) 09:28:50.78ID:voqSkaBV0
【芸能】<木村拓哉>テレビ各局が評価見直し「争奪戦」の予兆…元SMAP退所組に暗雲
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521676765/

104スマ姐さん (ワッチョイ 6b27-zkh5 [112.138.12.86])2018/03/22(木) 10:01:01.12ID:/koxfjuf0
剛ふ
剛フ
剛お
剛オ
剛を
剛ヲ
剛O
剛F
剛0

NG推奨

105スマ姐さん (ワッチョイ 0238-kbmL [123.224.44.167])2018/03/22(木) 10:47:33.60ID:voqSkaBV0
左から平均 タイムシフト 総合
BG テレビ朝日 2018/03/08(木) 21:00-69分間 16.4 10.4 25.5

106スマ姐さん (ワッチョイ 0238-kbmL [123.224.44.167])2018/03/22(木) 11:43:23.75ID:voqSkaBV0
一昨日仰天は13.9

107スマ姐さん (ワッチョイ 0238-kbmL [123.224.44.167])2018/03/22(木) 12:39:41.74ID:voqSkaBV0
メ〜テレ、「BG」全話平均19・7%に
http://www.godotsushin.com/

108スマ姐さん (ワッチョイ 0238-kbmL [123.224.44.167])2018/03/22(木) 13:40:10.80ID:voqSkaBV0
仰天は基本VTR番組だから、さほど生放送の意味はないんだよね

109スマ姐さん (ワッチョイ 0238-kbmL [123.224.44.167])2018/03/22(木) 20:38:15.19ID:voqSkaBV0
放送の規制、全廃方針
2018/3/22 18:38 安倍政権が放送制度改革で、
NHK以外の放送関連の規制をほぼ全廃する方針であることが22日、分かった。
放送という制度を事実上なくし、インターネット通信の規制と一本化して新規参入を促す考え。
https://this.kiji.is/349487631450539105

110スマ姐さん (ワッチョイ aec2-zkh5 [119.47.131.150])2018/03/24(土) 00:54:02.73ID:N9DSWU9Y0
木村拓哉のWHAT'S UP SMAP 2018年3月23日

https://goo.gl/DQUMWd

111スマ姐さん (ワッチョイ e67c-eDwv [153.219.245.187])2018/03/25(日) 07:39:31.16ID:KvX3JHvk0
>>109
また地上波でおっぱい見れるようになるのか!

112スマ姐さん (ワッチョイ 4238-kbmL [221.185.205.171])2018/03/25(日) 09:02:58.01ID:SM1ECikn0
3月27日(火)24:25〜24:55 「おじゃMAP!!傑作選」
同時ネット局 フジテレビ、仙台放送、福島テレビ
※通常24:25〜24:55に「おかべろ」を放送してる仙台放送は、この日の放送を休止
※福島テレビは現時点調整中になっているが、おそらくフジ同時ネットか?

113スマ姐さん (ワッチョイ 4238-kbmL [221.185.205.171])2018/03/25(日) 10:17:50.15ID:SM1ECikn0
436名無しでいいとも!@放送中は実況板で2018/03/25(日) 09:41:01.11ID:htoQ70OJa

SMAPファンの皆さまへの提案(賛同者は拡散願います)
https://twitter.com/pinkpicg/status/977433322010718208

私はこう思うことがあります。
SMAPはもはやSMAPメンバーのものですらなく、ましてやジャニーズ事務所のものなどではないんじゃないかと。
それはSMAPを愛するファンのものなのではないかと。

私からSMAP再結成を望むファンの皆さんに向けた提案は以下になります。

“ジャニー喜多川さんが社長である間に、名称としての「SMAP」の所有権を中居正広・木村拓哉・稲垣吾郎・草g剛・香取慎吾の5名に分割して譲渡し、
今後に関しては彼らの意志により自由に使用できるよう、法的にクリアしてマスコミでも発表してください”というお願いをジャニー喜多川社長に届けること。

文面は各自が考えてください。
ファンとしては今後、5人もしくは6人が揃ったときにSMAPというグループ名が名乗れればそれでいいわけですよね?
それを手紙に書いてジャニーさんに届けるのです。

114スマ姐さん (アウアウエー Sa5a-3KaU [111.239.217.53])2018/03/25(日) 12:08:38.27ID:TgbOBNDla
>>113
これに
中居正広・木村拓哉・稲垣吾郎・草g剛・香取慎吾の5名が
今後に関しては彼らの意志により自由にSMAPの曲を使用できるよう
法的にクリアしてマスコミでも発表してください
を付け加えたい

115スマ姐さん (スップ Sdc2-XI/w [1.66.105.237])2018/03/25(日) 13:35:22.26ID:3KvsT7Z9d
「それ2年前に教えてくれよ」
ネタでも言わないで欲しかった

116スマ姐さん (ワッチョイ 8743-IQHM [60.238.159.18])2018/03/25(日) 15:53:16.78ID:d91UQGlO0
>>115 そうかなぁ。

117スマ姐さん (ワッチョイ a667-Nhsn [121.108.229.201])2018/03/25(日) 20:07:02.44ID:qGMEmtqp0
>>113
本気かな?こういうことして中居達が喜ぶかな…。

118スマ姐さん (ワッチョイ 4238-kbmL [221.185.205.171])2018/03/26(月) 10:37:29.77ID:c11+t8MT0
「ブラタモリ」12・0%

119スマ姐さん (ワッチョイ fb81-h0dl [42.83.4.51])2018/03/26(月) 11:59:19.91ID:2JZyhlGr0
【視聴率】中居正広が初MCで自虐ネタ連発「行列のできる法律相談所」は18・3%
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522028342/

120スマ姐さん (ワッチョイ 4238-kbmL [221.185.205.171])2018/03/26(月) 13:14:32.23ID:c11+t8MT0
中居正広が初MCで自虐ネタ連発「行列のできる法律相談所」は18・3%
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000057-sph-ent

121スマ姐さん (ワッチョイ 4238-kbmL [221.185.205.171])2018/03/26(月) 13:20:40.01ID:c11+t8MT0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000042-dal-ent
「キンスマ」北海道での過去最高27・9% 瞬間最高32・0%

122スマ姐さん (ワッチョイ 4238-kbmL [221.185.205.171])2018/03/26(月) 13:30:30.77ID:c11+t8MT0
Twitterの#nhk_rerunというハッシュタグ、やけにプロフェッショナルSMAP回再放送希望のツイートが多いね
叶ったら嬉しい

123スマ姐さん (ワッチョイ 6b27-zkh5 [112.138.12.86])2018/03/26(月) 14:06:47.23ID:7yE2JTg10
行列の普段の視聴率が12%〜13%ということを考えると18%はすごいね

124スマ姐さん (ワッチョイ 4238-kbmL [221.185.205.171])2018/03/26(月) 20:38:14.62ID:c11+t8MT0
>>122
3月27日(火)24:25〜24:55 仙台放送 「おじゃMAP!!傑作選」
調整中になってた福島テレビも同時ネット決定!

125スマ姐さん (ワッチョイ a667-Nhsn [121.108.229.201])2018/03/26(月) 21:16:51.06ID:t8e/0Y140
>>122
NHKが伺いをたててもメリージュリーがNGなんでしょ?それに、各々が楽しそうに活動してるのに、グループの過去を見せられたら…中居は体調壊すよ

126スマ姐さん (ワッチョイ 4238-kbmL [221.185.205.171])2018/03/27(火) 06:50:55.06ID:P6qbtxW50
13.9 日本 3/20(火)-ザ!世界仰天ニュースSP
13.0 TBS  3/23(金)-中居正広のキンスマSP
http://fast-uploader.com/file/7077646511181/

127スマ姐さん (ワッチョイ 4238-kbmL [221.185.205.171])2018/03/27(火) 08:40:38.97ID:P6qbtxW50
radikoでジャニーズタレント番組のエリアフリー&タイムフリー聴取開始
https://natalie.mu/music/news/275312

LF中居全国で
TFM拓哉関西全域で聴ける

128スマ姐さん (ワッチョイ a738-kbmL [220.104.23.6])2018/03/27(火) 14:00:31.70ID:yPLRAO8m0
金スマ 
関西 14.7

仰天 3時間生放送
関西 14.7

129スマ姐さん (ワッチョイ a738-kbmL [220.107.147.233])2018/03/27(火) 19:35:16.33ID:jqCvHYbK0
4月から、テレビ山口でもゴロウデラックスをネット開始。
開始時期は、4月11日24:53から。

130スマ姐さん (ワッチョイ 0f87-c3bY [126.209.220.237])2018/03/28(水) 01:38:16.55ID:s3Y5VMh50
>>129
やったーーーーーーー

131スマ姐さん (ワッチョイ a667-Nhsn [121.108.229.201])2018/03/28(水) 08:20:42.53ID:k9PZKQX40
>>129
良かったですね。羨ましい

132スマ姐さん (ワッチョイ a738-kbmL [220.107.147.233])2018/03/28(水) 09:56:23.33ID://B7jhNa0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00000135-sph-ent
テレ朝幹部、「BG」などドラマ好調に「多くの作品が視聴率ベスト5に…」

133スマ姐さん (ワッチョイ 8743-IQHM [60.238.159.18])2018/03/28(水) 11:40:39.66ID:vKbsBRUf0
今、剛さんの「イリー」CMが流れた。
伊右衛門もあるし、
2人のオールフリーもある。
チョコチョコテレビにも出てる。
番組が終わったが、新しい窓に期待しよう。

134スマ姐さん (ワッチョイ a738-kbmL [220.107.147.233])2018/03/28(水) 12:13:49.21ID://B7jhNa0
http://www.rkc-kochi.co.jp/cgi-bin/top10/tv_top10.cgi
高知放送
ザ!世界仰天ニュース 21.5
のどじまんTHEワールド!2018春 20.8
※3月5日(月)〜18日(日)

135スマ姐さん (ワッチョイ a738-kbmL [220.107.147.233])2018/03/28(水) 15:23:36.52ID://B7jhNa0
福島中央テレビ http://www.fct.co.jp/
3/25 行列のできる法律相談所 [25.8%]

136スマ姐さん (ワッチョイ a738-kbmL [220.107.147.233])2018/03/28(水) 15:26:13.73ID://B7jhNa0
関西
25日 行列のできる法律相談所 21・1%

http://fast-uploader.com/file/7077772374864/
名古屋行列18.0 金スマ17.7 仰天ニュース17.0

137スマ姐さん (スッップ Sda2-6shD [49.98.165.234])2018/03/28(水) 16:40:10.05ID:x9hcwtKUd
「俳優好感度ランキング」綾瀬はるかが王座奪還。玉木宏はV2達成 #俳優好感度ランキング #スクープ速報 #週刊文春 http://bunshun.jp/articles/-/6784

木村の底力!

138スマ姐さん (ワッチョイ bb38-hAI5 [220.107.144.112])2018/03/29(木) 07:57:31.08ID:Oqg/22jX0
https://i.imgur.com/5diJZyX.png
北部九州の総合トップ20 (3/19週)

https://i.imgur.com/NeLvIkP.jpg
視聴率・札幌・ベスト20・3/19(月)〜3/25(日)

139スマ姐さん (ワッチョイ bb38-hAI5 [220.107.144.112])2018/03/29(木) 09:22:39.82ID:Oqg/22jX0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000078-spnannex-ent
香取慎吾「おじゃMAP」最終回視聴率5・6% 6年の歴史に幕

受理視聴率操作

140スマ姐さん (ワッチョイ bf81-2GNe [42.83.4.51])2018/03/29(木) 12:07:54.43ID:GUcdnqRz0
はいはい操作操作

141スマ姐さん (ワッチョイ 2a38-hAI5 [123.224.45.206])2018/03/29(木) 12:26:00.62ID:eRICpBhW0
越智はるみは電通に何千兆円口止め料やったか

142スマ姐さん (スフッ Sdca-s4el [49.106.204.184])2018/03/29(木) 13:42:27.84ID:7FwRJTKDd
いつものように地方の視聴率もヨロ

143スマ姐さん (スフッ Sdca-s4el [49.106.204.184])2018/03/29(木) 13:46:21.67ID:7FwRJTKDd
水曜19:00枠はおじゃだけ数字出るけど
他の番組は出ない不思議よ

144スマ姐さん (ワッチョイ 8ad9-G9kS [115.179.223.204])2018/03/30(金) 01:40:12.51ID:ZWjxVAuI0
昨日のおじゃMAP!!最終回は、視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ、静岡)と、今年一番高くなりました。見ていただいたみなさん、ありがとうございました。香取さん、ザキヤマさん、おつかれさまでしたm(_ _)m
#おじゃMAP

145スマ姐さん (ワッチョイ aa38-hAI5 [219.160.28.135])2018/03/30(金) 06:47:46.94ID:M050qs3+0
視聴率(%)・3/22(木)-23(金)未明・1:59〜
0.8 MBS なかい君の学スイッチ(関東で2018.3/12OA分)

146スマ姐さん (ワッチョイ aa38-hAI5 [219.160.28.135])2018/03/30(金) 07:39:17.34ID:M050qs3+0
テレ東社長、安倍政権の放送法改革の動きに「民放不要という話になるのなら…」
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180329-OHT1T50143.htm

日テレ社長「民放不要に等しい」
テレ朝会長「視聴者の拒否反応もある」
TBS社長「NHKと民放の二元体制を否定するものならば、当然、反対です」

テレ東社長「メリット、デメリットを丁寧に分析、かつ慎重に議論すべき課題と思っている。」
---
テレ東はあたしたちが支えてるから生き残れるしな

147スマ姐さん (ワッチョイ aa38-hAI5 [219.160.28.135])2018/03/30(金) 08:54:15.46ID:M050qs3+0
イノッチ男前だから。V6全体が反ジャニっぽく見えるのは気のせい?
NHKもジャニも内部抗争ありそうだから…。
まともなら、パラ五輪関係で新しい地図と三宅健くん共演が一番いいな。

148スマ姐さん (ワッチョイ aa38-hAI5 [219.160.28.135])2018/03/30(金) 09:02:16.28ID:M050qs3+0
SMAPの『プロフェッショナル 仕事の流儀』が再放送されないのは
ジャニーズ事務所が許可を出さないからであってNHKのせいではない。

149スマ姐さん (ワッチョイ 2a27-kUw7 [59.85.69.17])2018/03/30(金) 17:40:22.94ID:+WsfvSY50
>中居君視聴率で全裸に

明日のめちゃイケ

150スマ姐さん (ワッチョイ 3e67-X+JL [121.108.229.201])2018/03/30(金) 19:21:51.83ID:zazs0g/c0
>>149
何これ?

151スマ姐さん (ワッチョイ aa38-hAI5 [219.160.28.135])2018/03/30(金) 20:40:20.79ID:M050qs3+0
ナカイの窓 4月からリニューアルでロケ番組へ

152スマ姐さん (ワッチョイ 2a27-kUw7 [59.85.69.17])2018/03/30(金) 20:41:36.83ID:+WsfvSY50
https://tv.yahoo.co.jp/program/42111197/

明日のめちゃイケの内容の中に中居が全裸にって書いてある

153スマ姐さん (ワッチョイ 26c2-kUw7 [119.47.131.150])2018/03/31(土) 02:16:11.94ID:ONpVkrPk0
木村拓哉のWHAT'S UP SMAP 2018年3月30日

https://goo.gl/Eso4VS

154スマ姐さん (ワッチョイ aa38-hAI5 [219.160.28.135])2018/03/31(土) 07:32:29.45ID:Yd/xBXKp0
KBS京都4/8(日)より
19:30-20:00 編集長 稲垣吾郎
ソース 割と間違っている場合もある公式サイト番組表

155スマ姐さん (ワッチョイ aa38-hAI5 [219.160.28.135])2018/03/31(土) 07:55:41.81ID:Yd/xBXKp0
https://news.merumo.ne.jp/article/genre/7273609 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:8c73b2cd2cbed76a839c069200023d2e)

156スマ姐さん (ワッチョイ aa38-hAI5 [219.160.28.135])2018/04/01(日) 16:47:29.86ID:2wpR+4Nf0
https://i.imgur.com/B0AQNiI.png
北部九州の部門別トップ10 (3/19週)

https://i.imgur.com/LkVSq8x.jpg
札幌・ジャンル別・3/19(月)〜3/25(日)

>>156
金スマ、行列、仰天
中居とったね!

158スマ姐さん (ワッチョイ 1b38-hAI5 [60.37.117.65])2018/04/02(月) 14:54:03.06ID:lFc6YYnK0
「めちゃイケ」最終回 視聴率は10・2%
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000081-spnannex-ent
中居出演

YOSHIKIが激白「中居正広のキンスマスペシャル」は15・3%の高視聴率 前回から2・3ポイント大幅増
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000094-sph-ent

159スマ姐さん (ワッチョイ 1b38-hAI5 [60.37.117.65])2018/04/02(月) 19:26:25.64ID:lFc6YYnK0
https://news.merumo.ne.jp/article/genre/7283313
《他局が過去Vとか使わないのは事務所NGではなくテレビ局の勝手な忖度なのかね》
《本当にテレ東を見習った方がいいよ。SMAPは何も悪い事した訳じゃないんだなら》
《それまで五輪中継テーマソングにSMAPナンバー使ってたのに平昌五輪では洋楽で茶を濁したTBSが許せない》 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:8c73b2cd2cbed76a839c069200023d2e)

160スマ姐さん (ワッチョイ 1b38-hAI5 [60.37.117.65])2018/04/02(月) 19:51:54.65ID:lFc6YYnK0
一応
4月1日(日)18:30〜21:54 テレビ東京系 「日曜ビッグバラエティ「あなたの名曲ベスト100」」
同時ネット局 テレビ東京系6局、びわ湖放送

遅れネット局 奈良テレビ…18:40〜22:03(10分遅れネット)
※18:05〜18:39「開局45周年特別番組 The Start Of Japan」を放送のため

「日曜ビッグ」通常同時ネットの独立局の対応(該当時間帯のみ記載。ミニ番組は割愛)
三重テレビ
19:00〜20:55 ジャパネットたかた 生放送テレビショッピング
21:00〜21:25 欧州ワイン紀行〜銘醸ワインの産地を訪ねて〜
21:25〜21:55 温泉女子「島根県 玉造温泉 開運&美肌の旅」
テレビ和歌山
20:00〜21:54 大阪人の新常識 OSAKA LOVER4(テレビ大阪 3月10日放送分)

161スマ姐さん2018/04/02(月) 22:32:32.92ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

162スマ姐さん2018/04/02(月) 22:32:57.80ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

163スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:03.58ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

164スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:06.29ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

165スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:13.96ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

166スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:20.78ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

167スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:23.47ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

168スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:27.91ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

169スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:30.61ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

170スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:35.84ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

171スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:41.71ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

172スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:44.38ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

173スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:46.73ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

174スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:50.94ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

175スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:53.84ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

176スマ姐さん2018/04/02(月) 22:33:58.12ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

177スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:01.32ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

178スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:04.45ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

179スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:06.63ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

180スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:12.79ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

181スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:16.98ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

182スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:20.35ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

183スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:23.53ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

184スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:25.70ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

185スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:32.27ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

186スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:39.80ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

187スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:43.19ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

188スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:47.83ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

189スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:49.99ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

190スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:53.56ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

191スマ姐さん2018/04/02(月) 22:34:55.67ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

192スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:01.13ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

193スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:04.47ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

194スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:07.02ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

195スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:09.40ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

196スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:13.02ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

197スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:15.26ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

198スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:23.38ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

199スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:29.46ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

200スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:31.15ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

201スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:32.13ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

202スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:35.77ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

203スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:38.34ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

204スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:47.26ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

205スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:50.42ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

206スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:52.99ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

207スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:55.17ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

208スマ姐さん2018/04/02(月) 22:35:59.36ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

209スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:02.42ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

210スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:07.46ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

211スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:10.94ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

212スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:14.06ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

213スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:17.44ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

214スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:21.10ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

215スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:23.24ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

216スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:28.40ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

217スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:31.13ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

218スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:34.60ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

219スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:37.10ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

220スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:41.01ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

221スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:43.98ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

222スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:48.08ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

223スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:51.46ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

224スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:54.76ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

225スマ姐さん2018/04/02(月) 22:36:57.45ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

226スマ姐さん2018/04/02(月) 22:37:03.95ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

227スマ姐さん2018/04/02(月) 22:37:08.48ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

228スマ姐さん2018/04/02(月) 22:37:43.99ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

229スマ姐さん2018/04/02(月) 22:37:46.75ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

230スマ姐さん2018/04/02(月) 22:37:49.54ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

231スマ姐さん2018/04/02(月) 22:37:53.86ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

232スマ姐さん2018/04/02(月) 22:37:56.78ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

233スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:01.33ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

234スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:05.46ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

235スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:08.52ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

236スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:11.13ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

237スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:15.07ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

238スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:17.75ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

239スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:23.03ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

240スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:27.96ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

241スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:31.71ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

242スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:34.23ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

243スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:38.80ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

244スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:40.78ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

245スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:45.32ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

246スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:48.80ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

247スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:51.65ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

248スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:54.24ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

249スマ姐さん2018/04/02(月) 22:38:57.92ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

250スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:00.29ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

251スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:04.08ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

252スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:08.83ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

253スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:12.86ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

254スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:15.65ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

255スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:21.31ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

256スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:24.23ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

257スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:28.71ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

258スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:32.75ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

259スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:36.21ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

260スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:38.60ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

261スマ姐さん (ワッチョイ 7e5c-gdW+ [153.232.59.64])2018/04/02(月) 22:39:41.57ID:FDFpvn280
何か変なの来てるのね
次はまたIP付きにするかねえ

262スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:42.00ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

263スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:44.28ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

264スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:48.83ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

265スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:52.05ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

266スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:55.06ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

267スマ姐さん2018/04/02(月) 22:39:57.34ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

268スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:00.59ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

269スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:02.87ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

270スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:07.62ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

271スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:10.60ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

272スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:12.99ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

273スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:15.41ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

274スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:19.72ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

275スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:22.11ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

276スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:26.71ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

277スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:29.87ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

278スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:33.78ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

279スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:36.04ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

280スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:41.14ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

281スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:43.21ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

282スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:47.43ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

283スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:50.82ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

284スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:54.05ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

285スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:56.12ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

286スマ姐さん2018/04/02(月) 22:40:59.69ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

287スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:01.87ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

288スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:05.92ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

289スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:11.41ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

290スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:15.26ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

291スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:17.49ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

292スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:22.84ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

293スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:25.27ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

294スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:32.82ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

295スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:38.78ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

296スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:41.98ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

297スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:44.60ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

298スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:48.70ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

299スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:51.39ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

300スマ姐さん2018/04/02(月) 22:41:59.19ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

301スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:03.04ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

302スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:06.13ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

303スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:08.26ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

304スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:11.90ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

305スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:14.30ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

306スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:18.61ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

307スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:21.49ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

308スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:24.57ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

309スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:26.76ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

310スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:30.69ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

311スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:37.39ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

312スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:42.26ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

313スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:45.76ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

314スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:47.85ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

315スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:51.81ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

316スマ姐さん2018/04/02(月) 22:42:54.49ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

317スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:02.55ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

318スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:05.99ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

319スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:09.12ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

320スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:11.13ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

321スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:14.73ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

322スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:17.07ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

323スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:21.63ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

324スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:25.42ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

325スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:28.58ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

326スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:30.77ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

327スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:34.63ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

328スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:37.40ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

329スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:44.89ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

330スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:50.22ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

331スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:53.06ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

332スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:55.64ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

333スマ姐さん2018/04/02(月) 22:43:59.64ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

334スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:02.37ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

335スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:07.68ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

336スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:22.05ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

337スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:24.89ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

338スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:31.00ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

339スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:33.71ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

340スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:38.65ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

341スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:41.99ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

342スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:45.07ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

343スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:47.45ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

344スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:51.13ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

345スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:53.83ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

346スマ姐さん2018/04/02(月) 22:44:58.73ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

347スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:02.06ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

348スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:05.03ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

349スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:07.17ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

350スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:10.89ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

351スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:13.49ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

352スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:17.98ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

353スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:21.79ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

354スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:25.09ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

355スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:27.79ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

356スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:34.34ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

357スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:39.51ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

358スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:44.49ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

359スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:47.04ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

360スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:49.45ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

361スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:53.64ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

362スマ姐さん2018/04/02(月) 22:45:56.40ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

363スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:01.35ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

364スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:04.61ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

365スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:08.63ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

366スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:10.87ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

367スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:14.71ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

368スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:17.20ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

369スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:23.48ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

370スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:29.56ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

371スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:32.54ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

372スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:34.90ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

373スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:38.60ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

374スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:40.83ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

375スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:45.05ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

376スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:49.28ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

377スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:52.55ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

378スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:55.10ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

379スマ姐さん2018/04/02(月) 22:46:59.07ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

380スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:01.64ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

381スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:07.20ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

382スマ姐さん (ワッチョイ 6f27-kUw7 [112.138.19.99])2018/04/02(月) 22:47:07.57ID:PSbRmZCR0
こりゃSMAPに関する良いニュースが来る前触れだな

383スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:11.56ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

384スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:14.19ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

385スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:16.63ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

386スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:20.49ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

387スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:22.66ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

388スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:27.48ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

389スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:31.91ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

390スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:35.45ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

391スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:38.28ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

392スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:41.83ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

393スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:44.09ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

394スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:48.70ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

395スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:54.16ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

396スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:56.85ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

397スマ姐さん2018/04/02(月) 22:47:59.24ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

398スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:02.89ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

399スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:05.54ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

400スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:10.20ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

401スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:13.94ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

402スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:17.12ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

403スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:19.66ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

404スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:23.46ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

405スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:26.23ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

406スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:30.36ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

407スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:34.91ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

408スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:37.29ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

409スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:39.82ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

410スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:43.57ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

411スマ姐さん2018/04/02(月) 22:48:46.30ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

412スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:00.05ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

413スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:03.49ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

414スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:06.50ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

415スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:09.09ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

416スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:13.32ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

417スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:15.98ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

418スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:19.65ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

419スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:23.53ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

420スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:26.24ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

421スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:28.82ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

422スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:32.29ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

423スマ姐さん (ワッチョイ 6f27-kUw7 [112.138.19.99])2018/04/02(月) 22:49:34.36ID:PSbRmZCR0
悪霊退散!
このスレを荒らす人は3日後に死にます
悪霊退散!

424スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:34.71ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

425スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:40.68ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

426スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:46.75ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

427スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:49.90ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

428スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:52.31ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

429スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:56.26ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

430スマ姐さん2018/04/02(月) 22:49:58.93ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

431スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:04.98ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

432スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:10.78ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

433スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:14.56ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

434スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:17.09ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

435スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:20.70ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

436スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:23.46ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

437スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:28.82ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

438スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:33.41ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

439スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:36.85ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

440スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:40.48ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

441スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:44.05ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

442スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:46.65ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

443スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:53.00ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

444スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:56.50ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

445スマ姐さん2018/04/02(月) 22:50:59.44ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

446スマ姐さん2018/04/02(月) 22:51:02.01ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

447スマ姐さん2018/04/02(月) 22:51:05.61ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

448スマ姐さん2018/04/02(月) 22:51:08.23ID:Fe9ZcoHrp
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

449スマ姐さん2018/04/02(月) 22:51:12.71ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

450スマ姐さん2018/04/02(月) 22:51:16.42ID:Ua8HU7ai0
馴れ合い厨を駆除しないと2018年8月8日に地球は滅亡します
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

451スマ姐さん2018/04/02(月) 22:51:18.83ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

452スマ姐さん2018/04/02(月) 22:51:21.37ID:8nq/agoC0
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています