【イベント】「念願の1stライブ」で互いのカバーも披露!FLOW×GRANRODEO 1st LIVE TOUR “Howling”東京公演レポート

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1田中 ★2018/02/10(土) 20:00:32.61ID:CAP_USER
2018/2/10 18:30

ニューシングル「Howling」(TVアニメ『七つの大罪 戒めの復活』)をリリースしたコラボレーションバンド=FLOW×GRANRODEOが「1st LIVE TOUR "Howling"」を開催。

アニメイトタイムズでは、シングルのリリース日である1月24日(水) 、Zepp DiverCity TOKYOにて行われた東京公演の模様をレポートします!

「持ち曲は4曲です。なので、お互いの曲もやります!」(KEIGO)
約3年振り、2作目となるシングルをリリースしたFLOW×GRANRODEO。
イベントなどで2バンドが一緒にステージに上がることはあったものの、単独ライブは今回が初。そのため、開演前から客席はとんでもない熱気と期待感が渦巻いていた。
照明が暗転すると同時に歓喜の声が沸き起こり、一気に熱が高まっていくのが分かる。  
リミックスされた「Howling」に合わせてオーディエンスがハンドクラップを鳴らすなか、7人が登壇。
ギター陣2人(e-ZUKA、TAKE)は上手に、ボーカル陣はKISHOWを囲む形でKEIGOとKOHSHIがセンターに立ち、屋台骨を支えるリズム隊のGOT'S 、
IWASAKIが定位置につくと、「FLOW×GRANRODEO、1stライブ、いくぞTOKYO!」とKEIGOが叫び「New World」で力強く幕開け。

息をつく間もなく、FLOWの「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」、GRANRODEOの「Can Do」をFLOW×GRANRODEOバージョンで届け、初っ端から熱狂を打ち立てていった。互いに目を合わせ、時にじゃれ合うような無邪気さを見せながら、息を合わせていく7人。
有機的に絡み合いながらも、衝動を楽しむかのように生き生きパフォーマンスする姿は、コラボというより、1つのバンドそのものだ。
ハンドクラップやoiコール、シンガロングで応えるファンの一体感もさすがで、「どうですか、皆さん気持ちアガってますか!?」というKEIGOの問いかけにも、大きな声が上がった。
 
「念願の1stワンマンができました、ありがとうございます! ただ、もう序盤で分かったと思いますが……我々シングル2枚しか出してません! 
持ち曲は4曲です。なので、お互いの曲もやります! どんな曲がくるのか楽しみにしながら、最後までいっちゃおうよ! やれるか東京!」と煽り「プラネットウォーク」(FLOW)へ。
ラップとハードコアが融合したこの曲で、KISHOWもラップを披露。続いてはKISHOW がマイクスタンドを持ち、e-ZUKAのギターの指板が光るなか「Glorious days」(GRANRODEO)を3ボーカルで熱演した。

つづく…

https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1518142075

2なまえないよぉ〜2018/02/10(土) 20:01:50.31ID:TrL6M5N7
(女性)「身体が最高潮に達する瞬間を写真で捉えたい 」そう思っ(画像集)
http://www.jpgyahpoonews.shop/

3なまえないよぉ〜2018/02/10(土) 21:13:14.71ID:yJ3YudLZ
「ポルノとは違うの」。女性写真家が撮るオーガズムの瞬間
http://txpost.seahorsenet.com/20180209/sexs-moment.html

4なまえないよぉ〜2018/02/11(日) 10:15:34.39ID:VjmxO+vo
楽しみです!

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています