【無診察診療】みんなで踏み倒そう精神保健指定医の診療報酬請求【資格不正取得】

1卵の名無しさん2018/03/13(火) 12:26:22.02ID:ondmrvtG
精神科の精神保健指定医というやつらは、当たり前のように指定医資格を不正に取得した上、その資格を悪用し無診察診療で違法に身体拘束をするような犯罪者たちばかりである。
他科ならたかが無診察診療でも保険医取り消し処分だ
こんなやつらには診療報酬を踏み倒し、身体拘束で損害賠償請求をしまくるよう精神科の患者らに呼びかけましょう

精神保健指定医が無診察診療等で違法な身体拘束をしているとされる精神病院、精神科医の実名リスト>>2
その他、参考記事>>3

https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/590816/
「保険医の登録取消処分は違法」、国を提訴へ
福岡のまち神経内科クリニック、新規指導から監査移行は異例
2018年3月9日 橋本佳子(m3.com編集長)


 まち神経内科クリニック(福岡市中央区)院長の町ミチ氏は3月9日、福岡市内で会見し、同日付で保険医療機関の指定取消と保険医の登録取消の処分を受けたことを公表、これらの処分を不服として処分取消を求めて国を提訴することを公表した。
処分の発効は3月15日で、取消期間は5年。週明けの3月12日にも福岡地裁に提訴、同時に処分執行停止の申し立ても行う予定だ。

 指定取消等の理由は、無診察診療などの不正・不当が認められたこと。
2013年5月の新規開業以降、翌2014年7月までの間の診療分が対象。新規個別指導を2014年8月22日に受け、3回目から監査に切り替わった。
監査は計15回におよび、その後に7回の聴聞を経て、3月7日の九州地方社会保険医療協議会に諮問、処分が決まった。
https://www.m3.com/iryoIshin/contents/images/2018/180309yhP1.jpg

2卵の名無しさん2018/03/13(火) 12:28:41.70ID:ondmrvtG
精神保健指定医が無診察診療等で違法な身体拘束をしているとされる精神病院、精神科医の実名リスト

大和病院(神奈川県) 、昭和大学横浜市北部病院(神奈川県)
川口病院(埼玉県) 、戸田病院(埼玉県) 、秩父中央病院(埼玉県)
筑波東病院(茨城県) 、土浦厚生病院(茨城県) 、初石病院(茨城県)
滝山病院(東京都) 、飯沼病院(東京都) 、南大牟田病院(福岡県)

精神保健指定医 富岡 大(とみおか ひろい) 、元精神保健指定医 田村利之 、看護助手 石崎景一朗

滝沢美穂子(41)
御園生篤志(48)城東こころのクリニック 院長
原淳子(58) 原会原病院 院長
浅野未苗(42) 二子玉川メンタルクリニック 非常勤医師
野中俊宏(52) 都立松沢病院 医長
石井民子(62) 大浜第一病院 勤務医
西村隆夫(68) にしむらクリニック 院長
橋本知明(40) 横手興生病院 非常勤医
本間絢子(40) 戸田病院
有井浩一(38) 汐田総合病院
吉村善孝(54) 、大林拓樹(35)
大石智(42) 北里大学東病院 助教
清野うらら(39) 、鈴木雄介(37)
大舘太郎(41) 赤城会 三枚橋病院 非常勤医
佐久間泰(33)
須藤友博(46) 県立精神医療センター 第一診療部長
田所重紀(42) 室蘭工業大学 准教授
佐々木剛(39) 千葉大学 講師
白石哲也(46) こころの杜(もり)クリニック 院長
金田渉(37) 帝京大学附属病院 助教
鈴木慈(34)
二宮友梨子(33)天本病院
南麻依(34) 、田沼龍太郎(36)、龍田彩(44) 、高橋恵(54)

3卵の名無しさん2018/03/13(火) 12:29:58.82ID:ondmrvtG
https://www.asahi.com/articles/ASL37569ZL37ULBJ00P.html

医師37人を処分 精神保健指定医の資格取得めぐる不正
2018年3月7日20時39分

 厚生労働省は7日、医道審議会医道分科会の答申を受け、医師37人の行政処分を発表した。業務停止1カ月が20人、戒告が17人。業務停止の発効は21日。

 37人の処分理由は、重い精神疾患の患者を強制的に入院させる判断ができる「精神保健指定医」資格の取得をめぐる不正。診療に関わっていない患者を経験症例として報告したり、指導医として十分確認しなかったりした。

 指定医資格の不正取得は2015年に聖マリアンナ医大病院(川崎市)での発覚を受け、厚労省が調査。全国99人の不正が明らかになった。
厚労省は今年1月、このうち28人について業務停止2カ月から戒告の処分とした。残っている34人の処分も今後、医道分科会に諮り決定する。

 処分者の所属(不正当時)と人数は以下の通り。けやきの森病院(神奈川県寒川町)2人、
横浜市立大市民総合医療センター(横浜市)2人、昭和大横浜市北部病院(同)3人、愛知医科大病院(愛知県長久手市)7人、
宇治おうばく病院(京都府宇治市)2人、京都府立医科大病院(京都市)8人、湊川病院(神戸市)6人、兵庫医科大病院(兵庫県西宮市)7人

4卵の名無しさん2018/03/13(火) 15:37:50.94ID:tnZo4i51
人格障害者の精神科医 古根高
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1497760609/

最悪の精神科医 古根高
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1439931587/
過去ログだがブラウザで読める

5卵の名無しさん2018/03/13(火) 21:05:17.62ID:gtq/hiq0
精神科医はゴミカス

6卵の名無しさん2018/03/13(火) 22:33:24.55ID:PXhNSNxi

7卵の名無しさん2018/03/14(水) 19:54:44.19ID:yH3Cs5rP
精神科医=知恵遅れ

8卵の名無しさん2018/03/22(木) 02:57:20.94ID:LdSzUfW5
認知症患者殺して金儲け

9卵の名無しさん2018/03/22(木) 10:03:11.54ID:nuJcNjXW
 
「みんなでやろう無銭飲食!」みたいなタイトルやな。

いくら不味くても無銭飲食は犯罪だぜ。

とりあえず金を払え。文句はそれからだ。

最初から払う気がないなら、来るな。

10卵の名無しさん2018/03/22(木) 13:04:33.15ID:YKX8KMMg
>>9
最初から踏み倒す気で入院させるから面白いんだろうがw
家族に逃げられたら打つ手がないのが精神病院の弱いところ
悔しかったら回収してみろ、話はそれからだ

11卵の名無しさん2018/03/22(木) 13:06:44.87ID:YKX8KMMg
>>9
まあ患者本人というか精神障害者には一切支払い義務がないってのが、精神病院の踏み倒しやすい利点だよなw

12卵の名無しさん2018/03/27(火) 17:46:30.85ID:vkr4/NdQ
じゃんじゃん踏み倒して精神病院を日本から排除しよう

13卵の名無しさん2018/03/30(金) 12:21:23.23ID:TwukguEs
最初から診察費や入院費払う気ない人は、いるよ。家族ぐるみで。なにかと誤魔化して払わない。

14卵の名無しさん2018/03/31(土) 23:20:35.24ID:mHykVtIY
病院じゃなくて強制収用所だから、良いんじゃ?

15卵の名無しさん2018/04/01(日) 06:27:46.19ID:LXD6YYDD
は?精神科に払う必要なんか最初からあるわけないだろ
頭の良い家族ほど計画的に踏み倒してるもんだw
これ常識ね

16卵の名無しさん2018/04/04(水) 11:47:23.08ID:fXRv4awh
精神科医が相手ならガンガンふみ倒せ

17卵の名無しさん2018/04/08(日) 15:30:04.86ID:PJnD6LtR
精神病院に認知症患者押し付けたらあとは踏み倒すだけの簡単なお仕事ですw

18卵の名無しさん2018/04/11(水) 09:32:23.84ID:pgdw4l1e
入院費踏み倒すの楽しすぎワロタwwwwwww

19卵の名無しさん2018/04/19(木) 21:03:38.66ID:L8yGqVvg
ふみ倒せ!

20卵の名無しさん2018/04/22(日) 08:01:22.68ID:5CYxVPbQ
精神病院の入院費は踏み倒したもん勝ちである
馬鹿正直に払うメリットなし

21卵の名無しさん2018/04/26(木) 18:28:02.09ID:Jxkq34zf
精神科医は簡単な病人すら治せない生産性の低いゴミカスだよな?w
そんなゴミカスは無報酬が当然やろ
よって精神科医の診療報酬ならばどんどん患者や家族に踏み倒しをやらせるべきやとは思う

22卵の名無しさん2018/04/30(月) 10:02:10.49ID:RFaBSRM8
病院の勤務医の医師って患者の健康保険証が変わったの解るものですか?

23卵の名無しさん2018/04/30(月) 11:15:37.50ID:ZHxbvv1A
>>22
診療報酬請求された保険組合にしかわからんよ
新しい健康保険証が何かは患者が提示してくれなきゃ普通知るすべはないよな

24卵の名無しさん2018/04/30(月) 11:20:27.02ID:ZHxbvv1A
>>22
ようするに、請求がいった保険組合は資格喪失した事実しか知らんてことね

喪失後に別の保険に入ったのか、無保険なのかは医師にはわからんよな

25卵の名無しさん2018/04/30(月) 17:18:01.63ID:FIWY3gUj
受付で社保から国保に変更になったのは勿論申告しますがそれを担当の医師が解るかどうかの質問です。

26卵の名無しさん2018/05/03(木) 15:25:17.71ID:b1t6SYNs
害獣飼いハゲhttp://i.imgur.com/u0fv93B.jpg

27卵の名無しさん2018/05/05(土) 17:19:59.09ID:vK4e7QYU
>>25
そこは全然わからないから大丈夫

だから安心して入院費を全額踏み倒して逃げたとしてもなんら問題はないはずだ

28卵の名無しさん2018/05/05(土) 17:23:53.00ID:Bg6c6a0x
ほほほ

29卵の名無しさん2018/05/05(土) 18:17:00.32ID:rskvMRu9
https://www.tsukubahigashi-hp.com/hospitalization/
筑波東病院=初石病院=土浦厚生病院患者多数不審死

30卵の名無しさん2018/05/07(月) 09:31:52.23ID:dr//7rSA
(1)教唆犯とは
正犯者をそそのかしたこと自体が犯罪となります。
教唆犯(きょうさはん)と言います(刑法61条1項)
例えば犯行方法,手口の詳細を教えるというものが典型です。
直接口頭で伝える方法も,出版,インターネット上の伝達など広く含みます。

(2)教唆犯に適用される刑罰
教唆犯に該当した場合,正犯と同じ刑が適用されます(刑法61条1項)。
もちろん,個別的な関与の程度で量刑が異なります。
とにかく,法定刑としては正犯と同じ,という規定になっているのです。

31卵の名無しさん2018/05/07(月) 16:12:20.81ID:6ZNBjbz7
https://www.tsukubahigashi-hp.com/hospitalization/
筑波東病院=初石病院=土浦厚生病院患者多数殺害警察通報します!

32卵の名無しさん2018/05/07(月) 17:51:23.10ID:aJwuq+sC

33卵の名無しさん2018/05/07(月) 18:20:09.52ID:aJwuq+sC
https://www.tsukubahigashi-hp.com/hospitalization/
未成年へのセクハラ患者多数殺害一億円を恐喝未成年へのセクハラ医師横山治之昭和51年医師登録

34卵の名無しさん2018/05/07(月) 18:22:48.37ID:aJwuq+sC
https://www.tsukubahigashi-hp.com/hospitalization/
筑波東病院=土浦厚生病院=初石病院患者多数不審死

35卵の名無しさん2018/05/08(火) 09:40:15.35ID:UdpNaXYT
>>30
そもそも診療報酬の踏み倒し自体が全然犯罪じゃないからこのスレとは全く無関係な話だよな

36卵の名無しさん2018/05/08(火) 10:54:54.56ID:Q6+RZNmg
>>35
> そもそも診療報酬の踏み倒し自体が全然犯罪じゃない

頭、おかしいんじゃないの?(言うまでもないか・・・w)

患者が自己負担分を支払わないのは民事上の不法行為。

37卵の名無しさん2018/05/08(火) 11:46:53.62ID:iSmaP7F+
>>36
民事上はあくまで民事の話
病院側が民事訴訟を起こしてこなければ一切罪には問われないんだわ
だからこそ精神科の診療報酬であればいくらでも踏み倒してなんら差し支えない

つまり刑事事件にさえならなければ犯罪じゃないんだよw
そんなこともわからんから精神科医はバカにされるんだよな

38卵の名無しさん2018/05/10(木) 18:59:11.17ID:hwV3bjBb
診療報酬はどんどん踏み倒そう

39卵の名無しさん2018/05/12(土) 02:59:31.66ID:0GyJ57xB
詐欺師の廃人製造業者だからな

40卵の名無しさん2018/05/16(水) 15:03:47.17ID:xdW4mVdG
踏み倒してたらふくうまいメシ

41卵の名無しさん2018/05/20(日) 21:46:07.02ID:B9lkY3Bv
眠剤やら精神薬センセーに処方していただいて、尚且つ働かずに金貰える為の生活保護費の診断書書いていただいてる。そういう税金泥もいるよな。
まさかその上やたらと喚いてるヤツってここにいるのかな?

42横山治之久松飯泉海老原下山久松稲山下山久松木村稲山遺体癌急逝2018/05/22(火) 14:05:28.36ID:J0r1fNYT

43卵の名無しさん2018/05/25(金) 01:30:58.19ID:oZXtPbVv
https://www.tsukubahigashi-hp.com/hospitalization/
筑波東初石土浦厚生癌急逝成る。

44筑波東初石土浦厚生癌急逝成る2018/05/25(金) 01:31:43.02ID:oZXtPbVv

45卵の名無しさん2018/05/27(日) 15:56:14.69ID:d1+Qp9VM
みんなでやろう損害賠償ビジネス
精神医療従事者の実名をこのスレに書き込み、身体拘束で精神病院に損害賠償請求をしよう
税金泥棒精神病院から賠償金を毟り取れば週末ヒマそうな粘着知恵遅れ精神科医野郎も簡単に抹殺できる

http://itest.5ch.net/egg/test/read.cgi/hosp/1516745107/l50

46卵の名無しさん2018/06/02(土) 08:57:05.94ID:/5AmpUoD
精神科で身体拘束、6年間で少なくとも9人死亡
2018年5月22日
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180522-OYTET50014/

 精神科病院での身体拘束中や拘束後に死亡した患者が、2013〜18年に少なくとも9人いたと、医師などでつくる「精神科医療の身体拘束を考える会」が発表した。
同会代表の長谷川利夫・杏林大教授は「身体拘束でかけがえのない命が失われている。看過できない状況だ」と指摘した。


 同会は、ニュージーランド人男性が昨年5月、日本の精神科病院で身体拘束を受けた後に死亡したことを受け、医師や弁護士、患者家族らが同年7月に設立し、体験者や家族らの相談を受けてきた。

 死亡が判明したのは、ニュージーランド人男性を含めた男女9人。死亡と身体拘束との因果関係はわからないが、拘束した病院を提訴している例もあった。

 このほか、患者本人や家族から130件以上の相談があり、100日以上身体拘束を受けているという患者もいた。
「拘束は苦しみや屈辱以外の何ものでもなかった」「本当に必要な身体拘束だったのか不信感でいっぱい」などの声が寄せられたという。

 精神科での身体拘束は、精神保健指定医の資格を持つ精神科医がやむを得ないと判断した場合に限り、行えるとされている。

47卵の名無しさん2018/06/03(日) 16:57:13.08ID:3Z4cVRiF
6月2日から東京・渋谷のアップリンク渋谷で一般公開中

『夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年』(2017年/日本/66分)
監督:今井友樹
撮影:小原信之
編集:古賀陽一
プロデューサー:中橋真紀人

呉秀三(くれしゅうぞう)は、今から百年前の時代に東京大学医学部精神科の教授として、異例の社会的な取組みを進めた先達者である。彼は精神疾患の人々が「座敷牢」に押し込まれる実情を憂い、その解決のために奔走した。
その土台となった報告書『精神病者私宅監置ノ実況及ビ其統計的観察』を1918年に提起し、多方面へ働きかけた。それから1世紀の年月が過ぎた今、精神障害者の問題はどうなっているのだろうか?
古い時代から現在に至るまで、精神病は誤解と偏見、差別の対象となり、この病を持つ人々と家族は苦しみと犠牲を強いられている。2017年12月の「寝屋川市監禁死亡事件」、2018年4月の「兵庫県三田市監禁事件」の報道は、多くの人々に衝撃を与えた。
しかし、このような事例はまだ少なからず存在すると関係者は指摘する。
こうしたタイミングで、この課題に一貫して取組んできた精神医療保健の専門家組織である公益財団法人 日本精神衛生会と、障害者福祉の土台を支えて40周年を迎える きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)が提携して製作したのが本作である。

http://www.uplink.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/%E3%80%8C%E5%91%89%E7%A7%80%E4%B8%89%E8%A8%98%E9%8C%B2%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8D%EF%BD%B2%EF%BE%92%EF%BD%B0%EF%BD%BC%EF%BE%9E%EF%BE%8C%EF%BD%AB%EF%BE%84%E2%91%A11-700x394.jpg
https://youtu.be/mbbl0syy9fs

48卵の名無しさん2018/06/06(水) 08:24:18.82ID:DweL2FLz
身体拘束ペナルティー厳格化 施設の指針作成 期限迫る 2018/6/4
https://www.fukushishimbun.co.jp/topics/19100

2018年4月の介護報酬改定で、身体拘束に関する減算の要件が厳しくなり、減算幅も10%に上がった。
減算が適用されると経営に大きな打撃となるため、各施設では適正化のための指針作成など対応が求められている。現行では、身体拘束は緊急やむを得ない場合のみ認められる。
本人や他人の生命・身体を危険にさらし(切迫性)、他に介護方法がなく(非代替性)、一時的に行う(一時性)ことを確認し、慎重な手続きをとり記録も残す。
 これまでの身体拘束減算は、記録をとるなどの要件を満たさず身体拘束をした場合のみ適用されたが、今回の報酬改定で、身体拘束をしていなくても要件を満たさないと減算となる。
要件には新たに、身体的拘束適正化のための指針を作成し、委員会を3カ月に1度開き、職員研修を年2回以上行うことなどが加えられた。
さらに減算幅は10%に上がった。1度減算が適用されると、最短でも改善状況報告を提出して確認されるまでの3カ月間は続くため、事業収入に大きく影響する。
 厚生労働省は減算の適用について7月からとしており、6月までに指針を作成し、研修体系を整備しておくことが求められる。
 埼玉県の特別養護老人ホーム安誠園は月に1度、身体拘束に関する委員会を開いている。関連する内容もあるため、事故防止委員会や感染症予防委員会も併せて行う。
安誠園では、認知症の利用者数人に、経管栄養のチューブを外さないよう手指にミトンをつけたり、車いすから立とうとして転倒しないようベルトをつけたりしている。
「身体拘束ゼロへの手引き」(厚労省)を基に作成した要領(指針)にのっとり、「切迫性」「非代替性」「一時性」を徹底する。法人では他に複数の施設を運営しており、施設ごとに要領があり、委員会も開いている。
委員会で話し合った内容は回覧で職員に周知する。
また職員研修は各施設で行うほか、法人全体でも新人研修や職種別研修をしている。
 今回の身体拘束減算の厳格化は、介護事業所の職員による虐待が増加していることが背景の一つにある。
安誠園の岡芹正美・統括施設長は「不適切な介護から虐待につながる。身体拘束が起きやすい認知症の理解を深めることを含め、しっかり対応しなければいけない」としている。

49卵の名無しさん2018/06/11(月) 19:47:38.55ID:AGvcD6kt
ケリーさんのように診察場面で落ち着いているにもかかわらず、身体拘束をされてしまったという例は違法(1)
2018.06.07
https://synodos.jp/wp/wp-content/uploads/2018/04/4279f600f16164778347d2f7ff20bade.jpg

1人のニュージ−ランド国籍の青年が、昨年5月、神奈川県内の精神科病院で身体拘束中に心肺停止となり、その後搬送先の病院で亡くなった。その名は、ケリー・サベジさん、享年28歳。

亡くなったケリーさんは、大の日本好きで、母国ニュージーランドで日本語を学ぶ青年だった。2015年に夢が叶い来日、鹿児島県志布志市の英語指導助手(ALT)として県内の小学校で仕事をしていた。
ところが昨年(2017年)3月に精神的に不安定になり、休養のため神奈川県内にある兄の家に滞在中の4月29日にそう状態になり、大声で叫んだり外に飛び出す行動が見られた。兄は救急車を呼んだが、精神疾患には対応できないので警察を呼ぶように言われた。
翌4月30日の朝に、状態が悪化し、兄は110番に電話をし、警察官とともに警察署へ向かい、同日、神奈川県内にある精神科病院である大和病院に措置入院という強制入院になった。

同行したお兄さんの話によると、精神科病院に到着し診察中のケリーさんは落ち着いて静かだったとのことである。しかし、ケリーさんは医師からベッドに横になるよう指示をされ、それに従って横になり、すぐに両手、両足、胴をベッドに縛る身体拘束をされたのである。
ケリーさんはニュージーランドにいた5年前、うつ病で1ヶ月余り入院したことがあったが、身体拘束をされたことはなかった。落ち着いているにもかかわらず、入院するなりいきなり身体拘束をすることにお兄さんは大変驚いたそうである。

その後の様子をカルテなどの記録から追ってみる。ケリーさん対してなされた身体拘束がどのようなものだったのか、身体拘束をされ、それを外すことを懇願しても外されることなく、心肺停止に至ったかを実際のカルテ、記録から見てみよう。

5月1日(診療録)カルテ
「左手の拘束を外して欲しい。」
(点滴抜かないようにしばらく続けること説明)
水分の要求にて水をコップ数杯飲水する。
こちらからの問いかけに的確な返答あり。
食事中逸脱行為ないが、拘束を外して欲しいと何度か要求があり主治医へ伝えると説明する。
拘束の訴えについては了解が悪い。

50卵の名無しさん2018/06/11(月) 19:48:35.13ID:AGvcD6kt
ケリーさんのように診察場面で落ち着いているにもかかわらず、身体拘束をされてしまったという例は違法(2)
https://synodos.jp/society/21408

5月4日【看護記録】
「昼薬時、覚醒あり『おはようございます』と返答される。対応は穏やか」
昼薬をすすめると「いらないです。大丈夫です」と頑なに拒否あり飲めず。

5月6日【看護記録】
疎通良好
声かけに「おはようございます」と返答あり、食事に関して「お腹空きました。ご飯食べたいです」と発語あり。
水分も吸い飲みにて100ml程度飲める。その後も「もう少し水ください」と、追加で200mlほど飲まれる。むせ込みなし。
雑談もでき、「日本語は完璧じゃないですけど、なんとか話せます」
「兄が横浜に住んでて」などと会話できる。

5月7日【看護記録】
声かけに容易に覚醒する。
「これ(拘束)から抜けたいから・・お兄さんと、先生と・・打合せして欲しい。」
帰宅希望も聞かれる。
主治医も家族との面談を予定していることを伝える。
「そうですか・・・わかりました。」

以上を読めばわかるように、入院中のケリーさんは「疎通良好」であり、「雑談もでき」るような状態だった。身体拘束の実施が許される3つの要件にはとうてい該当していないと言えるだろう。
ところが驚くべきことに、看護記録には、次のような文が、入院当日4月30日(日)16時30分以降、急変した5月10日(水)まで毎日、8時30分、16時30分、23時30分の1日に3回ずつ、ほぼ定刻に記載されている。
「精神運動興奮状態にあり、不穏、多動、爆発性が著しい。放置すれば患者が受傷するおそれが十分にある。」
これは明らかにその他の記録と相反する内容だ。ケリーさんは、このような状態ではなかった。患者さんの状態にかかわらず、この「定型文」を1日3回記入するようにしていたのだと推測される。一体何故このようなことが起きるのか。
これはおそらく、病院が上記の身体拘束の3要件に該当するという「根拠」を記録として残すために行っていると考えられる。これがないと後々違法性が問われる可能性があるからだ。
違法性が問われる可能性があるから、患者さんの状態にかかわらず、もっとも「重度」な状態を示す言葉を書いているわけである。

51卵の名無しさん2018/06/16(土) 03:12:55.63ID:VWNsHEMF
>>11
セーシン科は日本の法律の外にあって患者に人権は無い
すべては経営者の金儲けの道具である

52卵の名無しさん2018/06/17(日) 14:15:18.38ID:CNf5Hpsw
6月21日(16時〜)に緊急参議院院内集会を開催いたします。

精神科医療の身体拘束を考える緊急院内集会
2018年6月21日(木)午後4:00〜6:00
参議院議員会館B107会議室
※午後 3:30 より 1 階ロビーにて通行証を配布します。
増え続ける精神医療の身体拘束。それはついに2倍にもなった。
この問題は広く報道され、国会でも質疑が行われ、国は身体拘束の全国調査を約束した。
まさにこれから原因を究明し、縮減の道筋を探していく時である。
このような中、日本精神科病院協会の会長のオピニオンとして
「精神科医にも拳銃をもたせてくれ」という言葉がホームページを通じて社会に発信された。
これは全国の精神科病院の団体の機関誌の巻頭言であり、
その発言者はその会長の病院の「行動制限最小化委員長」であると言う。
日本には言論の自由はある。これは最大限尊重されなくてはならない。
しかし、その言論は責任をもったものでなければならない。
銃を所持することが禁じられている我が国おいて、精神科医が「銃を持つ」ことを提案する
この精神科病院協会の「オピニオン」は果たして責任ある言論なのだろうか?
病んだ人に対して向かい合う医療者としては、果たしてどうなのだろうか?
このような言葉を生んでしまう社会のありようも含めて、多くの方々と話し合う場をもちたいと思う。
精神科医療の身体拘束を考える会 (連絡先)長谷川 利夫
〒181-8612 東京都三鷹市下連雀 5-4-1 杏林大学 保健学部 作業療法学科 教授
E-mail:hasegawat@ks.kyorin-u.ac.jp 携帯電話:090-4616-5521

https://seishinhoken.jp/files/view/articles_files/src/a2cc16bfa2c2f1b46ccf9895307c0ef2.pdf

新着レスの表示
レスを投稿する