◆日本によるアジア解放を称えるスレ◆ part2

1日出づる処の名無し 2017/12/06(水) 19:28:15.60ID:7JINarNn
前スレ

◆日本によるアジア解放を称えるスレ◆(c)2ch.net
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/asia/1503219960/

437日出づる処の名無し2018/05/28(月) 12:39:06.15ID:LlzawR5Y
\ ネトウヨ! /  \ ネトウヨ! /  \ ネトウヨ! /
        ∧,,∧∧,,∧∧,,∧ ∧,,∧
       <`∀´>`∀´>`∀´>`∀´>  俺たち「連コリアン」
      /    \  \  \  \    今日も「ネトウヨ」連呼リアン!
    ((⊂  )   ノ\つノ\つノ\つノ\つ))   正体ばれても連呼懲りん
       (_⌒ヽ ⌒ヽ ⌒ヽ ⌒ヽ       

438日出づる処の名無し2018/05/28(月) 18:26:05.58ID:J5qmVBLT
1944年10月にフィリピンでレイテ島の戦いが起きると、状況は変わった。
レイテ島の戦いに先立つ台湾沖航空戦で日本海軍が誤報した連合国空母多数撃沈の過大戦果を前提に、
大本営は捷一号作戦(フィリピン決戦)を決意し、レイテ島への戦力増派に進んだ。
大本営は沖縄から1個師団、姫路から1個師団、朝鮮から1個師団、満州から1個師団、
台湾から1個師団の合計5個師団のレイテ投入を考え、
第32軍に「第32軍より、1兵団を比島(フィリピン)方面に転用することに関し、協議したきにつき、
八原大佐を11月3日夕刻まで台北に参集せしめられたし」という電文を打った。
受け取った第32軍は激高し、八原が作成し牛島が裁可した「沖縄から1兵団を抽出されたら、沖縄の防衛に責任は持てない」
「抽出するなら宮古島の第28師団であれば可」「沖縄より1個師団抽出し他から1個師団を沖縄に補充する計画なら、
その師団を直接比島に増派すべき」「沖縄から1個師団を抽出されるぐらいなら、
むしろ第32軍主力が国軍の決戦場比島にはせ参じることを希望する」という返答を準備し、
1944年11月3日に台北の第10方面軍司令部で開催された、大本営、第10方面軍、第32軍の会議に八原を出席させた。

439日出づる処の名無し2018/05/28(月) 18:56:02.47ID:J5qmVBLT
会議ではまず最精鋭の第10師団のフィリピン転出を打診されている第10方面軍の市川参謀が
「台湾軍は既に1個師団引き抜かれており、さらに第10師団まで持っていかれたのでは、
後に残るのは2流師団3個だけで、これでは戦えない。
沖縄と比較して台湾は広大であるから、沖縄から1個師団引き抜くと言うなら台湾にいただきたい。」と意見を述べた。
市川の次に八原は持参した返答を読み上げたが、その後は長から台湾への出発前に「黙っているのが最上」と訓示された通り、何の意見も言わなかった。
この会議に大本営から出席した服部卓四郎第2作戦課長は、姫路の第84師団をフィリピンではなく、1個師団を抽出された後の沖縄に転用する腹案を持っていたが、
八原ら第32軍の大本営の方針を一笑し一蹴する意見具申にその腹案を提示することもできず、
また八原の態度で会議の場も気まずい抗立の空気のまま、何ら結論を出すことなく散開となった。

台北会議後の1944年11月11日に、まず中迫撃第5、第6大隊(15cm迫撃砲24門)がフィリピン方面へ転用が命じられ、
軍砲兵隊による橋頭堡殲滅射撃の構想に大きな影響を及ぼした。
その後の11月13日、大本営から「沖縄島に在る兵団中、最精鋭の1兵団を抽出するに決せり。その兵団の選択は軍司令官に一任す。」という命令が届いた。
八原は自分が作成した意見書が全く考慮されなかったことに激しい憤りを覚えたが、
牛島と長は冷静に受け入れ、八原は不承不承、抽出する師団の選定を行った。
沖縄の精鋭師団は第9師団と第24師団のいずれかであったが、第9師団は日清戦争・日露戦争でも活躍した歴史のある師団で、
よく訓練行き届いた精鋭師団ながら山砲師団で、新設師団で兵士の訓練度では劣るものの
野砲師団で四年式十五糎榴弾砲まで装備していた第24師団の方が砲火力が勝っていたため、
八原は第24師団を残すこととし、第9師団を「最精鋭師団」として軍から手離すという意見書を作成した。
八原の意見書に基づき、第9師団が1944年12月中旬から翌1945年1月中旬にかけて台湾へ移動し、第32軍は兵力の三分の一近くを失った。
第9師団は、台北会議での第10方面軍の要望通り、フィリピンに転用された第10師団の代わりに台湾に配置されることとなり、そのまま終戦を迎えることとなった。

440日出づる処の名無し2018/05/28(月) 21:53:00.04ID:J5qmVBLT
第9師団の台湾抽出により、第32軍は大幅な作戦変更を迫られる事となった。
八原は、戦力補充はあてにせず現兵力をもって最善を尽くす方針で4つの作戦案を提案し、第32軍司令部はその中から、
現有戦力に最も適した地形となる沖縄本島南部島尻地区に主防御陣地を構築し、持久戦術を取る作戦案を採用した。
今までの機動決戦方針を断念して本島南部での持久戦を行う作戦計画で、本島中部に配置されていた第24師団を南部に移動し、
北部・中部の飛行場は小部隊による遅滞防御と砲撃による利用妨害程度にとどめることを決めた。
第32軍は度重なる作戦変更や兵力の増減により何度も部隊配備が変更になっており、その度に陣地の再構築を余儀なくされたが[
この作戦案に基づき1944年(昭和19年)11月末から12月上旬にかけて行った再配備に伴う陣地構築が最終形となった。
作戦変更により、本島中部に位置する北・中飛行場は主陣地外となり、実質的に防衛を放棄している状況になった。

大本営では、1944年12月、大本営陸軍部(参謀本部)作戦部長に宮崎周一中将が就任したが、
この時にはアメリカ軍を中心としたレイテ島の戦いで日本軍は敗北し、ルソン島の戦いの最中でフィリピンの日本軍の敗勢は明らかで、
宮崎は不眠不休で「本土決戦方針」の新作戦計画を作成すると、
その新作戦案が基礎となった『帝国陸海軍作戦計画大綱』が陸海軍で決定されて、
1945年1月19日に陸軍梅津美治郎参謀総長と海軍及川古志郎軍令部総長が列立奏上した。

441日出づる処の名無し2018/05/30(水) 17:57:14.67ID:6I/Wk5Wf
その頃に、台北会議で服部が持っていた第9師団の代わりの第84師団(姫路)の沖縄派遣という腹案は、
宮崎中将の前任の真田穣一郎作戦部長を通して梅津の裁可を受けて上奏も終えており、1945年1月22日に第32軍に内示された。
この内示を受けた第32軍幕僚らには久々の笑声が湧いた。
しかし、その内示を知った宮崎は梅津を訪ねるとすぐに第84師団の派遣を中止すべしと強硬に進言した。
梅津は一度上奏までした派遣を中止するという前例はなかったため当惑したが、宮崎はさらに「沖縄への海上輸送はもう無理です。
1兵たりとも惜しむべき本土防衛の戦力を、今ここで海没の犠牲にすることは、
自分の理性が許しません。」と進言し、梅津は沈思黙考の上で宮崎の進言を受け入れた。
これは梅津を含め日本軍の最高首脳部にも、本土決戦以外に道はないという考えが浸透していたことによるものと思われる。
その後に、宮崎が服部に第84師団派遣中止を告げると、それを聞いた服部の部下の作戦第2課の沖縄方面担当参謀の羽場安信少佐が、
血相を変えて梅津の部屋に飛び込み「沖縄の1個師団は本土の2,3個師団に相当する、もう現地に内示している、
海上輸送が危険と言っても全部はやられない、1/3の損害は覚悟している。」と激しく詰め寄ったが、梅津は派遣中止の決定を撤回することはなかった。
その後、羽場は宮崎にも激しく意見したが、宮崎は羽場をいなすだけであった。

第32軍にも、第84師団増派による作戦計画を考える間もなく1月22日の夜には派遣中止の電報が入った。
この経緯から第32軍は大本営に不信感を抱き、その後の作戦に支障をきたした。
この後、第10方面軍参謀長諫山春樹中将が沖縄を訪れ、八原ら参謀に「今後、第32軍には増兵はされない。
比島方面に輸送できなくなった軍需品を第32軍に与える。」と第10方面軍内での武器・弾薬の補給を約束した後で、
「大本営は本土決戦準備に熱中しており、我々は現有の戦力で戦うだけである。」と軍中央の状況を説明した。
結局、最後まで第32軍には軍中央から制式に本土決戦方針の企図が示されることはなく、諌山らから間接的に聞いただけであった。

442日出づる処の名無し2018/05/31(木) 18:38:56.15ID:y35FlDCs
中国暗黒史

1949年 東トルキスタン侵略、占領(ウイグル大虐殺)、民族浄化継続中(テロで抵抗)
 1950年 大躍進、文化大革命3000万人大虐殺
 1950年 朝鮮戦争参戦
 1951年 チベット侵略、占領(チベット大虐殺)、民族浄化継続中
 1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
 1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
 1973年 中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
 1974年 ベトナム、パラセル諸島(西沙諸島)を軍事侵略、占領
 1976年 カンボジア、クメール・ルージュによる大虐殺を強力支援
 1979年 ベトナム侵略(中越戦争)、中国が懲罰戦争と表明
 1988年 スプラトリー諸島(南沙諸島)を軍事侵略、占領
 1989年 天安門事件
 1992年 南沙諸島と西沙諸島の全てが中国領土と宣言
 1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略、占領
 1996年 台湾総統選挙恫喝、台湾沖にミサイル攻撃
 1997年 フィリピンのスカーボロ環礁の領有を宣言
 1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言
 2000年 中国の軍艦が日本列島を一周
 2005年 反分裂国家法を制定し台湾に対して武力行使を明言
 2005年 台湾問題に介入するなら核攻撃を行うとアメリカを恫喝
 2005年 沖縄は歴史的に中国のものと主張
 2007年 チベット暴動制圧
 2008年 韓国の離於島の領有を宣言
 2008年 日本の尖閣諸島領域の管轄を強化する。実行支配が重要と表明
 2009年 ウイグル暴動制圧
 2010年 日本の尖閣諸島(魚釣島)に関して日本と戦争すべきと主張
2014年 南シナ海へ侵略開始 (ベトナム フィリピン  マレーシア等)

443日出づる処の名無し2018/05/31(木) 18:42:08.49ID:f0UUEz3l
『帝国陸海軍作戦計画大綱』によれば、「南千島、小笠原諸島(硫黄島ヲ含ム)沖縄本島以南ノ南西諸島、
台湾及上海附近」を「皇土防衛ノ為、縦深作戦遂行上ノ前縁」と位置づけ、
「右前縁地帯ノ一部ニ於テ状況真ニ止ムヲ得ズ敵ノ上陸ヲ見ル場合ニ於テモ極力敵ノ出血消耗ヲ図リ且敵航空基盤造成ヲ妨害ス」としており、
沖縄は硫黄島などと同様に、日本本土の前縁として敵の出血・消耗を強いる防波堤と想定していた。
沖縄戦における日本軍の作戦は、これをもって「捨て石作戦」と呼ばれている。

一方、海軍は天一号作戦を定めて、沖縄へ来攻する連合国軍を航空戦力主体で迎撃して大打撃を与え、有利な講和をもちかける一撃講和を考えていた。
そのため、大本営は飛行場確保を重視して第32軍に作戦変更を要求したが、第32軍は応じないまま連合国軍を迎えることになった。

沖縄本島地区における最終的な日本側の陸上兵力は、116,400人とされるが、
日本本土から戦闘部隊として派遣されたのはその中で50,000名に過ぎなかった。
他に海軍陸戦隊で実際に武器の操作ができるのが3,000名、軍の後方部隊が20,000名であり、
残りの約35,000名が防衛召集された沖縄県民だった。
第32軍は戦力不足を補うため、自力戦力増強として沖縄県民の17歳以上45歳未満の男子を召集して、
第32軍の各部隊や「防衛隊」と俗称される補助兵力に編入したが、
沖縄からは既に30,000名が召集され沖縄県外の部隊に従軍しており、
合計65,000名が兵士として召集されたこととなり、沖縄の郷村に青年男子無しと言っても過言ではない状況となった。

他に旧制中学校の生徒から成る鉄血勤皇隊や、女子生徒を衛生要員としたひめゆり学徒隊・白梅学徒隊なども組織され、その数は2,000名以上にも達している。

444日出づる処の名無し2018/05/31(木) 18:43:47.58ID:f0UUEz3l
本島守備隊の主力は、関東軍から転用された第24師団であった。
前述の通り、第32軍の選定により沖縄に残存した部隊で、台湾に転用された第9師団と比較すると
強力な師団砲兵を有していたことが大きな選定理由となっていた。
もうひとつの本島所在師団である第62師団は師団砲兵を欠いた本来は警備用の編制であったが、
大陸打通作戦に参加したことにより、実戦経験豊富な精強な戦闘部隊となっていた。
独立混成第44旅団は輸送船の撃沈で大損害を受けた部隊で、
補充のため一〇〇式輸送機で空輸された独立混成第15連隊を受け取っていた。
機甲部隊は30両に満たない戦車第27連隊があるだけだった。
兵站部隊や船舶部隊も地上戦闘用に使うため6個の特設連隊として再編されている。
また、八原は牛島に軍司令部要員などの冗員を第一線に回すよう進言している。
このように第一線の戦力の強化が進められたが、当時の第32軍の評価で真の陸戦兵力といえるのは約4万人に過ぎなかった。

445日出づる処の名無し2018/05/31(木) 19:11:23.66ID:5hFreNE9
余命「ネトウヨーーー!懲戒請求しろーーー!!」ネトウヨ「よ、余めィ・・・」ポロポロ

ネトウヨ「で、でも俺、、、なんの能力もないゾ、、、」

余命「うるせェ!!!!シよう!!!!!」ドン!!!!!

余命「俺は愛国者が好きだ!!!」ニヤリ

ネトウヨ「う、う゛う゛、、、よ゛め゛ぃ、、、ざん゛ねん゛ん゛ん゛ん゛、、、、」ポロポロ

井上太朗「よろしくな!ネトウヨくん!」

はすみ「わたしははすみ。よろしくね!(ヤダ、961人で40代前半〜70代、、、)」

カミカゼ「俺より弱そうな奴が入ってきて嬉しいぞ俺は!!」

小坪「今夜は糞ウヨ狩りだーー!!!」

須「僕が治しますから安心して請求していいですよコノヤロー♪」

永脈「杉田・永脈よ。政治家」クサァ

リリー・フンラキー「新人ンンンンン!!!コーラは好きかぁーーーー?????」

俺と仲間の新しい冒険が始まる!!物語の舞台はついに裁判所へ!!

446日出づる処の名無し2018/05/31(木) 19:27:03.83ID:eLlBpgDq
日本からの物資援助がなかった今頃オール北チョン状態だったくせに

あ、日本が統治してなかったら今頃チョンなんて存分してないか

戦前から立憲君主国だし象徴だったしなにいってんだバカチョンw


世界で最も多くの人を虐殺し、最も多くの国を侵略し
人種が入れ替わるほどの殺しあいを行った最も残虐な民族なのがシナ人

世界でも最も無能で、最も不細工で
最も独創性がなくて、最も無様な歴史しかない民族が朝鮮人

一方の日本は・・・

五大国入りしアジア唯一の近代国家として
植民地化を免れ、アジア解放に貢献し有色人種に希望を与え、戦後は勅語を学んだ世代が経済大国化に貢献
アジアでは例外的にノーベル賞を量産し、数々のイノベーションを起こし
殺しあいで民族すら入れかわってるシナチョンと違って
最低2000年近く続く皇運に感謝だね

447日出づる処の名無し2018/05/31(木) 19:34:43.90ID:f0UUEz3l
第32軍の歩兵戦力が戦力不足だったのに対し、砲兵戦力は当時の日本軍としては極めて充実していた。
第5砲兵司令部指揮下だけで400門以上の火砲を擁すほか、砲兵師団1個と
独立混成旅団砲兵隊および戦車第27連隊の機動砲兵、また歩兵部隊中の歩兵砲があった。
生産力や補給力に劣る太平洋戦争時の日本軍において、このような大量の火砲が投入されたのは
第1砲兵隊が投入された太平洋戦争緒戦の一連の南方作戦(香港の戦い、シンガポールの戦い、
フィリピンの戦い(コレヒドール島砲撃戦)等)や、硫黄島の戦い等に限られる。
アメリカ陸軍の公式戦史も、沖縄の日本軍について従前の日本軍と大きく異なる点として、
日本軍相手では経験したことがない多数の火砲とその効果的な運用を指摘している。
アメリカ軍は戦訓広報誌「Intelligence Bulletin」において「日本軍が過去10年にわたって準備してきた沖縄防衛作戦は、
那覇ー首里ー与那原防衛線強化のために用いられた火力支援の質、量の面で卓越したものであった。
沖縄の日本軍砲兵は、連合軍が太平洋戦線で遭遇したなかでもっとも有効であった。」と評価していたが、
実際には沖縄の防衛作戦が真剣に検討され準備を始めたのは、第32軍が沖縄に配置された1944年2月で、
持久作戦に方針転換したのは第9師団が転出となった1944年末以降のことであり、
10年ではなくわずか半年足らずの準備であった。

特に日本軍火砲が効果を挙げた「シュガーローフの戦い」においては、
アメリカ海兵隊員は「やつら(日本軍)は牛乳瓶の中にでも弾を撃ち込むことができた」とその正確性に驚愕し、
後に編纂された第6海兵師団の戦史では「日本軍の砲撃はこれまで出会った事が無いほど、
優れた統制と正確さの下で実施された」と纏められている。
ある時には観測地点で敵情観察中のアメリカ海兵隊将校らのど真ん中に砲撃を命中させ、
大隊長と戦車隊将校ら5名を戦死させ、中隊長3名に重傷を負わせるといった正確性を発揮している。

448日出づる処の名無し2018/05/31(木) 19:35:31.48ID:f0UUEz3l
大本営陸軍部は、1944年(昭和19年)8月19日に、アメリカ軍を相手にしたサイパン島の戦いや
グアムの戦いの戦訓を十分に取り入れ作成した「島嶼守備要領」を太平洋各地の島嶼守備隊に指示している。
同要領では特に、アメリカ軍の猛烈な砲爆撃に対抗できる陣地の選定要領や戦闘要領が強調されていた。
また、大本営陸軍部第一課が前線からの報告を纏め編纂した「戦訓報」でも、
サイパンの失敗と対策やペリリュー島の戦いの善戦は各部隊に伝えられており、
沖縄戦に先立つ硫黄島の戦いでは戦訓を活かして坑道陣地による持久戦術を徹底し、アメリカ軍を大苦戦させている。

八原の作戦計画も「島嶼守備要領」に沿うものであり、硫黄島と同様に戦訓を十分活かすべく、
アメリカ軍やイギリス軍による砲爆撃対策として強固な陣地作りに心血を注いでいる。
八原は講道館柔道家がアメリカの屈強なボクサーを相手に試合したときに、
柔道家は終始寝技でボクサーの強烈なパンチを封殺し、
遂に快勝したという講談からヒントを得ており、この作戦を『寝技戦法』と自ら称した。
寝技戦法の中心は築城であり、連合国軍艦艇の艦砲射撃や1トン爆弾などの強烈なパンチがあっても、
それを跳ね返す堅固な築城があれば、敵の物量を無価値にできると考え、戦車も対戦車築城を徹底させれば恐れるに足らずとも考えた。
八原参謀は「不可能を可能にする唯一の道は強固な築城であり、洞窟戦法である。」との
『寝技戦法』の基本方針を記した「必勝の途」というパンフレットを作り全軍に布告し、全将兵に徹底した築城を命じた。
対するアメリカ軍は、猛烈な砲撃で日本軍の反撃を封殺し、日本軍陣地の頂上に這い上がった歩兵が、
日本軍陣地に黄燐弾を投げ込み、爆雷を投下し、ガソリンを流し込んで皆殺しにする『トーチ&バーナー戦術』で日本軍陣地を一つ一つ壊滅させていった。
この対抗策として日本軍は、頂上を占拠された日本軍陣地の頂上に、
友軍陣地の機関銃、重擲弾筒、野砲で集中攻撃して、逃げ場のないアメリカ歩兵を殲滅する『まな板戦法』で応戦した。

449日出づる処の名無し2018/05/31(木) 19:36:35.53ID:f0UUEz3l
陣地構築に際しては、コンクリートなどの資材は不足していたが、沖縄の南部地域は、固くてツルハシも通らないような
隆起珊瑚礁と柔らかい泥灰岩や砂岩で広く覆われており、それら地層をうまく活用して陣地が構築された。
陣地構築については第32軍兵士の他、多くの沖縄県民も動員された。
それで完成した隆起珊瑚礁の陣地は、アメリカ軍の砲爆撃でも容易には破壊されなかった。
また、多数存在した天然の洞穴や、沖縄独特の墓である亀甲墓がその堅牢な構造からトーチカ代わりに使われ陣地の一部となった。

実際に日本軍の陣地と対峙したアメリカ軍は、太平洋戦域の各戦場を戦い抜いてきた歴戦の兵士も多かったが、
この沖縄の日本軍地下陣地が、今までの戦場で見てきた日本軍陣地における巧妙や複雑さなどの利点を全て兼ね備えていると痛感させられている。
砲爆撃に耐える堅牢さだけでなく、陣地は網の目の様な地下坑道で連結されて地下移動による補給や兵員の補充も容易で、
防御から攻撃への切り替えもできるなど巧妙な設計となっていた。
出入り口は擬装されており、攻撃しているアメリカ軍の後方に不意に出現し、背後から攻撃する事も可能であった。
アメリカ陸軍は沖縄の頑強な日本軍陣地を「小ジークフリート線」や「常軌を逸して防衛された陣地」と評している。
海兵隊員のある士官は「土に埋まった戦艦のようだった」とも評した。

450日出づる処の名無し2018/05/31(木) 19:37:33.34ID:gg16zo/w
【春のBAN祭り】自称皇族・竹田恒泰氏に続き、桜井誠さん代表の「日本第一党」公式YouTubeチャンネルもBAN!桜井氏、反撃を呼びかけ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527761565/


【ネット】ヘイト動画を消滅させた「ネトウヨ春のBAN祭り」はネット上の革命だったのか?★5
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527760687/

451日出づる処の名無し2018/05/31(木) 19:45:08.45ID:eLlBpgDq
本国チョンですら現実見てるのに、ホルホル在日チョンと来たら・・・

日本企業、世界最高の技術で危機突破-Chosun online 朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/svc/auth/index_login.html?contid=2018011501075&code=news
http://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_9/view/id/2541842
【韓国】 海外消費者「日本は技術力、中国は価格。韓国製品にはイメージがない」〜危機の「メイド・イン・コリア」[01/22]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1516707291/
韓国の未払い賃金は日本の10倍、なぜ?「賃金支払いに対する意識が問題」
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26011.html
【コラム】労働時間は最長、生産性は最下位=韓国
http://japanese.joins.com/article/544/234544.html
中国:労働者の勤務時間は年間2000〜2200時間、過労死60万人
https://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20151008_00520151008
なぜ韓国では最低賃金を守らない企業が多いのか?―韓国の最低賃金の未満率は11.5%で日本の約6倍―
http://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=54602?site=nli
【韓国】韓国で史上最悪の就職難、就職あきらめた青年ニートが60万人に=「もう脱出するしかない」―韓国ネット[04/09]
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=174663&ph=0
【ヘル朝鮮】朝鮮人の労働時間、世界ワースト3位w(米国16位日本21位)
世界の労働時間 国別ランキング・推移(OECD)
https://www.globalnote.jp/post-14269.html
【ヘル朝鮮】未来のない下朝鮮の若者、公務員に応募殺到
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/asia/1515209996/
祖国を見限る人が増加、韓国人はなぜ自分の国を「地獄」と呼ぶのか―米メディア
http://www.recordchina.co.jp/b184069-s0-c30.html

ノーベル賞ゼロで人類に貢献した発明ゼロ、創造性ゼロ
世界一の不細工エラ顔
万年奴隷属国で常にどこかの国に蝙蝠
未来は日本を遥かに上回る少子高齢化で先進国でもないのに経済縮小予定
少子高齢化で人手不足になるどころか失業率高止まり
OECD最悪の自殺率 OECD最悪の長時間労働 アジアでダントツの国籍放棄者数
チョンすら嫌がるヘル朝鮮w

452日出づる処の名無し2018/05/31(木) 20:24:08.11ID:f0UUEz3l
シュガーローフの戦いで威力を発揮した『反斜面陣地』も多く構築されている。
『反斜面陣地』とは、敵と相対する斜面ではなく反対斜面に構築された陣地であり、
反対斜面にあるのでアメリカ軍の砲撃では中々破壊されず、アメリカ軍が山頂に達すると、
反対斜面の陣地で砲爆撃をやりすごした日本軍が、迫撃砲や擲弾筒や手榴弾投擲で山頂のアメリカ軍を攻撃したり、
網の目のように張り巡らされた地下坑道を伝ってきた日本軍が背後から攻撃してくるといったもので、
今までのアメリカ軍が経験したことがない戦法であった。
シュガーローフでは、巧みな日本軍の陣地構築で「死傷者が続出しているのに日本兵の姿は全く見えない」
「丘(シュガーローフ)から弾は飛んでくるが日本兵は全く見えないので、丘を相手に戦ってる気分だった」という状況であった。

第32軍司令部も首里城地下に構築された。八原は司令部構築に莫大な労力と資材を投入することに反対したが、
参謀長の長の強い主張により構築が決定された。多数の市民と沖縄師範学校生徒の協力により、
総延長1,000m以上、深さ15m〜35mで、戦艦の艦砲射撃や爆撃機の1トン爆弾に耐えられる構造の洞窟軍司令部が連合軍上陸直前の3月中旬に完成した。
後にこの司令部は首里戦線の核心となり、防衛戦の要となったことから、八原は長の軍司令部構築の判断に敬服している。

453日出づる処の名無し2018/05/31(木) 20:24:50.24ID:f0UUEz3l
連合軍は、沖縄本島の存在について、有力な航空基地と泊地を設置可能で日本本土と中国大陸のいずれに侵攻する際の作戦拠点にもできる島と考えていた。
また、沖縄諸島の基地化により、日本の南西方面の海上航路・航空路を遮断することもできると見ていた。
他方、連合国軍がフィリピンへ侵攻した場合には、日本軍の反撃拠点となりうる島であるとも警戒していた。

1944年8月時点での連合軍の戦略では、沖縄本島よりも先に台湾を攻略することが計画されていた。
台湾を拠点とした後に、中国大陸あるいは沖縄県のいずれかへ進撃することが予定された。
台湾の攻略作戦についてはコーズウェイ作戦 (Operation Causeway) の名の下に具体的な検討が進められ、
すでに上陸部隊の司令官には、連合国軍の1国であるアメリカ陸軍のサイモン・B・バックナー・ジュニア中将が決まっていた。

ところが、9月中旬になってレイテ島上陸の予定繰上げが決まり、フィリピンでの泊地確保もより早く行える可能性が出てくると、
アメリカ海軍のチェスター・ニミッツ提督らは台湾攻略以外の選択肢について再検討を始めた。
アメリカ陸軍も、ルソン島さえ占領すれば台湾は無力化できると考えて、台湾攻略中止に同調した。
そして、新たな日本本土空襲の拠点を求めていたアメリカ陸軍航空軍が、台湾の代わりに沖縄本島を攻略することを提案し、
検討の結果、10月5日に沖縄攻略作戦の実施が決定された。
計画では10月20日のレイテ島上陸、12月20日のルソン島上陸、翌1945年1月20日の硫黄島占領に続いて、3月1日に沖縄諸島へと上陸することとなった。
バックナー中将は、台湾上陸部隊の司令官から、そのまま沖縄上陸部隊の司令官へと任務が変更された。

454日出づる処の名無し2018/06/01(金) 07:56:16.14ID:iqyfSYFE
アジア諸国「解放してほしくなかった」
フィリピン「アメリカ人として生きたかった」
インドネシア「オランダの誇りを保ちたかった」

455日出づる処の名無し2018/06/01(金) 08:02:25.49ID:Sfh2A5j3
バカチョンの脳内アジア乙
さすが奴隷のバカチョンは違うな

456日出づる処の名無し2018/06/01(金) 08:03:45.49ID:iqyfSYFE
日本人「ソロのミュージシャンよりTWICEに入りたい」←奴隷なの?

457日出づる処の名無し2018/06/01(金) 08:12:07.92ID:z2GXBQXI
また日本人に成り済ますバカチョンw

458日出づる処の名無し2018/06/01(金) 08:12:23.24ID:z2GXBQXI
本国チョンですら現実見てるのに、ホルホル在日チョンと来たら・・・

日本企業、世界最高の技術で危機突破-Chosun online 朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/svc/auth/index_login.html?contid=2018011501075&code=news
http://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_9/view/id/2541842
【韓国】 海外消費者「日本は技術力、中国は価格。韓国製品にはイメージがない」〜危機の「メイド・イン・コリア」[01/22]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1516707291/
韓国の未払い賃金は日本の10倍、なぜ?「賃金支払いに対する意識が問題」
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26011.html
【コラム】労働時間は最長、生産性は最下位=韓国
http://japanese.joins.com/article/544/234544.html
中国:労働者の勤務時間は年間2000〜2200時間、過労死60万人
https://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20151008_00520151008
なぜ韓国では最低賃金を守らない企業が多いのか?―韓国の最低賃金の未満率は11.5%で日本の約6倍―
http://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=54602?site=nli
【韓国】韓国で史上最悪の就職難、就職あきらめた青年ニートが60万人に=「もう脱出するしかない」―韓国ネット[04/09]
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=174663&ph=0
【ヘル朝鮮】朝鮮人の労働時間、世界ワースト3位w(米国16位日本21位)
世界の労働時間 国別ランキング・推移(OECD)
https://www.globalnote.jp/post-14269.html
【ヘル朝鮮】未来のない下朝鮮の若者、公務員に応募殺到
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/asia/1515209996/
祖国を見限る人が増加、韓国人はなぜ自分の国を「地獄」と呼ぶのか―米メディア
http://www.recordchina.co.jp/b184069-s0-c30.html

ノーベル賞ゼロで人類に貢献した発明ゼロ、創造性ゼロ
世界一の不細工エラ顔
万年奴隷属国で常にどこかの国に蝙蝠
未来は日本を遥かに上回る少子高齢化で先進国でもないのに経済縮小予定
少子高齢化で人手不足になるどころか失業率高止まり
OECD最悪の自殺率 OECD最悪の長時間労働 アジアでダントツの国籍放棄者数
チョンすら嫌がるヘル朝鮮w

459日出づる処の名無し2018/06/01(金) 17:29:40.81ID:L/v0oMPD
さっそくレイテ島への侵攻作戦に着手した連合国軍は、事前に日本軍の反撃戦力を削る航空撃滅戦として沖縄県周辺や台湾などを攻撃した。
1944年10月10日、アメリカ軍ととイギリス軍を中心とした機動部隊が南西諸島一帯に対して大規模な空襲を行い、
所在の日本軍航空機や艦船は大きな打撃を受けた(十・十空襲)。
偵察活動も進められたが、1944年12月末に偵察任務で沖縄へ向かった潜水艦「ソードフィッシュ」が未帰還となった。
ペリリュー島の戦いで行われた偵察上陸では半数の人員が未帰還と言う
大被害を出していることも踏まえて、偵察要員の事前上陸は見送られた。

1945年3月、連合軍は、予定よりは遅れながらもルソン島攻略と硫黄島攻略をほぼ完了した。
このときまでには、日本本土上陸作戦であるダウンフォール作戦の立案もされており、
沖縄本島は、九州上陸を支援する拠点として利用されることに決まっていた。
ルソン島攻略の遅れによる輸送船不足と3月の悪天候により沖縄侵攻は2度にわたって繰り下げられ、
当初計画からはちょうど1ヶ月遅れで、沖縄攻略を目的とした「アイスバーグ作戦」が発動されることとなった。

十・十空襲に遭う那覇市街
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9c/Naha_bomb_10_oct_1944.jpg
沖縄戦で上陸部隊を支援した第38任務部隊。手前が空母「エセックス」、奥が戦艦「ワシントン」
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f4/USS_Essex_%28CV-9%29_with_TG_38_3_off_Okinawa_1945.jpeg/1280px-USS_Essex_%28CV-9%29_with_TG_38_3_off_Okinawa_1945.jpeg

460日出づる処の名無し2018/06/01(金) 17:30:49.09ID:L/v0oMPD
投入される陸上戦力はアメリカ陸軍第10軍の陸軍5個師団・4個戦車大隊ほかとアメリカ海兵隊3個師団であった。
第10軍自体は新編成の組織であるが、主力の第24軍団と第3水陸両用軍団に属する師団はいずれも実戦経験を積んだ部隊であった。

装備についても、陣地攻撃に絶大な威力を発揮してきた火炎放射器装備のM4中戦車の射程・火力強化型、
暗視スコープ付きの狙撃銃、近接信管の野砲砲弾、対砲兵の音波探知機、M18 57mm無反動砲、
M20 75mm無反動砲、M2 107mm迫撃砲などの新型兵器が多数配備された。

これらの部隊を沖縄に上陸させるため、アメリカ軍は太平洋戦争で最大規模の水陸両用作戦を準備した。
沖縄攻略の為の統合遠征部隊は艦船1,213隻と支援艦載機564機で編成されていた。
この部隊を第58任務部隊の高速空母部隊82隻、艦載機919機とイギリス太平洋艦隊22隻、艦載機244機が支援した。
他にも第21爆撃集団と極東航空軍も直接支援を行った。
最大の問題はこれらの大部隊を養うだけの大量の物資を絶え間なく輸送する必要があることで、
まずは当面の740,000トンもの物資をアメリカ本国やハワイなどから、沖縄上陸40日前から21回の輸送で、
前線基地のあるレイテ島やウルシー環礁やマリアナ諸島に輸送された。
その中には収容を見込んでいる沖縄の民間人の食糧として、米や大豆や魚の缶詰など70,000人分の食糧も含まれていた。

461日出づる処の名無し2018/06/02(土) 15:53:47.98ID:F3vY4YdC
ノルマンディー上陸作戦を含む多くのヨーロッパ戦線の激戦に従軍し、前年にピューリッツァー賞を受賞した
従軍記者のアーニー・パイルは沖縄攻略部隊の陣容を「我々は太平洋航海史上、
最大・最強の軍隊だ」「海軍力・兵力・戦闘力の点でアメリカがヨーロッパに投入した全兵力に匹敵する規模だ」と記述している。

アメリカ軍情報部は沖縄本島の日本軍の兵力を55,000人〜65,000人、大口径火砲198門と推定しており、
沖縄攻略作戦は1カ月前後の短期作戦と想定していたが、この戦力推定は大きく誤っており、
迅速な勝利の希望はたちまちしぼんでいった。

アメリカ軍は、日本軍の反撃戦力を削ぐことなどを目的に、空母16隻を中心とした強力な機動部隊の第58任務部隊を日本本土へと差し向けた。
第58任務部隊は1945年3月14日にウルシー環礁を出撃、3月18日から九州や瀬戸内海周辺の飛行場や艦隊などに対し空襲を開始した。
これに対して日本軍は、海軍の第5航空艦隊を中心に反撃を行った。
4日間の戦闘で、日本軍は空母3隻の撃破に成功したものの、第5航空艦隊は戦力の過半を失ってしまった(九州沖航空戦)。
アメリカ艦隊の損害は、イギリス軍機動部隊の合流により回復することができた。

462日出づる処の名無し2018/06/02(土) 15:54:24.06ID:F3vY4YdC
3月23日、第58任務部隊は沖縄県周辺に対する本格空襲を開始し、初日だけで延べ2,000機を出撃させた。
24日には沖縄への増援部隊を乗せたカナ304船団を全滅させている。
また、24日には第59任務部隊の戦艦5隻などが本島南部に対する艦砲射撃を行い、上陸予定地点の掃海作業も始まった。
このほか日本の海上輸送を破壊して戦争遂行能力を失わせるため、B-29爆撃機による日本本土空襲や関門海峡はじめ、
主要港湾、航路や海峡などへの機雷投下も行われた(飢餓作戦)。
艦艇1,500隻、輸送船450隻、兵員54万8,000人(うち上陸部隊18万人)の攻略部隊も
サイパン島やレイテ島から続々と出発し、沖縄洋上に集結した。

一方日本軍では、硫黄島上陸作戦以降のアメリカ軍の次期侵攻の方面と時期について、
連合軍の船舶の動き、航空基地の整備状況、通信諜報等で分析努力を行っていたが、確定させるには至らなかった。
陸海軍で侵攻目標の予想が割れており、海軍は小笠原諸島と考え、陸軍は台湾と判断していた。

463日出づる処の名無し2018/06/02(土) 20:16:52.02ID:F3vY4YdC
3月23日に、沖縄本島に延べ355機の艦載機による空襲があり、その他先島諸島・大東島地区・奄美地区にも艦載機の空襲があった。
その後、日本軍の索敵機が、同日午前10時30分に沖縄本島南東90kmに機動部隊を発見、
さらに夕刻沖縄本島東方100kmに艦艇群(艦種不詳)も発見している。

これに対する日本側の情勢判断は、3月19日時点では、大本営陸軍部は次のアメリカ軍の侵攻地を台湾方面の公算大と判断しており
第32軍も23日時点では大本営の判断もあって、沖縄への本格的な侵攻であるかの判断ができなかった。
しかし、翌24日に沖縄本島南部へ戦艦以下30隻のアメリカ軍艦船が現れ艦砲射撃を開始、
また延べ600機にも上る艦載機による激しい空爆が行われた為、
第32軍司令部はアメリカ軍の上陸が沖縄に行われると判断し、甲号戦備移行を命じた。

日本海軍の連合艦隊司令長官も、近く沖縄へアメリカ軍が来攻するものと判断し、回天特攻「多々良隊」の潜水艦4隻にも出撃準備を命じた。
また同日に天一号作戦の予令を発令、第3航空艦隊と第10航空艦隊に移動準備を指示している。
多々良隊の「伊44潜」「伊47潜」「伊56潜」「伊58潜」は3月28日から順次沖縄方面に出撃したが、
戦果を挙げることなく「伊44潜」と「伊56潜」の2隻を失った。

沖縄本島に艦砲射撃をおこなう戦艦アイダホ。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/2f/Uss_idaho_bb-42.jpg/1280px-Uss_idaho_bb-42.jpg

464日出づる処の名無し2018/06/02(土) 20:18:05.29ID:F3vY4YdC
空襲翌日の3月24日には早くも日本側の反撃が開始され、天山艦攻による雷撃、
翌25日未明には陸攻銀河による爆撃でアメリカ艦隊を攻撃し、駆逐艦2隻、その他2隻を損傷させている。
また、沖縄の海軍根拠地隊司令官の大田実少将が、運天港の特殊潜航艇部隊である第2蛟龍隊に出撃を命じている。
蛟龍隊は駆逐艦「ハリガン」を撃沈した可能性が高いが、壊滅した。

3月26日、アメリカ軍は、沖縄本島への上陸に先立ち泊地や水上機基地などを設置するため、
第77歩兵師団を慶良間諸島の座間味島など数島へ上陸させた。
日本軍は慶良間諸島は地形が険しい狭い島で航空基地の適地もなく、
沖縄本島に先立っての侵攻を想定していなかったため、地上部隊をほとんど配備していなかった。
展開していたのは、本島防衛任務の四式肉薄攻撃艇(マルレ)部隊である陸軍海上挺進戦隊3個とその支援部隊程度であった。
第32軍司令部は出撃困難と判断して機密保持のためマルレの処分を命じた。
すでに事前空襲で300隻のマルレの多くを地上撃破されていた各部隊は、命令に従って島の奥へ後退した。
慶留間島所在のマルレのうち4隻のみが出撃して、うち2隻が攻撃後に本島へ生還した。
アメリカ軍は29日までに慶良間諸島全島を占領した。
アメリカ軍第77歩兵師団の記録によると、31日までに日本兵530人が戦死・121人が捕虜となり、アメリカ兵31人が戦死・81人が負傷した。

465日出づる処の名無し2018/06/03(日) 15:57:38.27ID:JypwfdWk
アメリカ軍の慶良間諸島上陸と同じ3月26日に、日本側では陸軍第10方面軍司令官と海軍連合艦隊司令長官が、天一号作戦を発令した。
同日中には早速、陸海軍の通常攻撃機46機が薄暮にアメリカ機動部隊を攻撃、
また第8飛行師団誠第17飛行隊の九九式軍偵6機とその他8機合計14機の特攻機が慶良間沖のアメリカ艦隊を攻撃した。
本特攻隊は少数ながらも戦果は大きく、駆逐艦「オブライエン」大破・死傷者126名、
駆逐艦「キンバリー」中破・死傷者61名、他に軽巡洋艦「ビロクシ」と駆逐艦2隻を損傷させている。
翌27日には沖縄本島の中飛行場から出撃した第8飛行師団誠第32飛行隊と海軍神風特攻隊の銀河や彗星合計26機が嘉手納沖のアメリカ艦隊を攻撃、
戦艦「ネバダ」の第三主砲塔に1機が命中、14インチ砲を破壊し59名の死傷者を出させるなど、16隻の艦船に損害を与えている。
その後も沖縄本島や周辺諸島からの特攻出撃は続き、31日には誠第39飛行隊の一式戦「隼」が、
レイモンド・スプルーアンス中将率いる第5艦隊の旗艦重巡「インディアナポリス」に命中、大破・航行不能にさせている。
しかし、陸海軍ともに本土や台湾からの本格的な航空攻撃は4月に入ってからとなり、
沖縄本島上陸前の時点では日本側の航空攻撃は未だ散発的であった。
また、29日には本島配備の海上挺進第29戦隊のマルレ19隻が出撃し、中型揚陸艦1隻を撃沈している。

3月31日、アメリカ軍は慶伊瀬島に上陸した。
そのうち神山島に第420野砲群(仮訳:420th Field Artillery Group)の155mmカノン砲24門を布陣させ、
沖縄本島の日本側陣地の奥深くまでを射程圏内に収めた。
日本軍は4月1日未明から「250mm砲」による砲撃を神山島へ仕掛けてきたが、アメリカ側に被害は無かった。

466日出づる処の名無し2018/06/03(日) 15:58:06.13ID:JypwfdWk
日本軍第32軍の作戦計画では本島南部を主戦場とすることになっていたため、
北部(国頭地区)には独立混成第44旅団の第2歩兵隊主力(1個大隊)程度しか配備されていなかった。
これに対してアメリカ軍は第6海兵師団を主力として攻撃をかけた。
八重岳などの山地帯に拠って日本軍は抵抗したが、4月18日に本部半島突端に達し、22日までに制圧が完了した。

この戦闘での第6海兵師団の損害は、戦死・行方不明243人、負傷1061人であった。
なお、北部は住民の避難地域に指定されていたため推定8万人の住民が県内疎開してきており、アメリカ軍の管理下に入ることとなった。
ただし、北部にいた住民のうち、かなりの者はアメリカ軍の北上後に山中に逃れて南進し、すぐには収容所に入らなかった。

467日出づる処の名無し2018/06/04(月) 14:13:16.30ID:kEutXIuj
今年の流行語候補

Metoo BAN祭り アダルトマン将軍

ざまぁ

468日出づる処の名無し2018/06/04(月) 18:29:16.58ID:3H+rs6Ld
4月1日朝、アメリカ軍は守備の薄い本島中西部で、第7・第96歩兵師団と第1・第6海兵師団による上陸を開始した。
戦艦10隻・巡洋艦9隻・駆逐艦23隻・砲艇177隻が援護射撃をし、127mm以上の砲弾44825発・ロケット弾33,000発・迫撃砲弾22,500発が撃ち込まれた。
北飛行場(読谷村・後の読谷補助飛行場)と中飛行場(後の嘉手納飛行場)の占領が第一目標とされた。
第32軍が宜野湾以南に結集して持久作戦をとる方針であったために、
日本側が中西部沿岸地域に置いたのは賀谷支隊(1個大隊基幹)と急造の特設第1連隊だけであった。
日本軍が水際作戦を放棄したため、アメリカ軍はその日のうちに6万人を揚陸して北・中飛行場を確保。
4月3日には第7歩兵師団が東岸の中城湾(アメリカ軍呼称:バックナー湾)へ到達し、第32軍は沖縄本島南北に分断された。
4月5日までにはうるま市石川周辺の東海岸一帯が占領下に入った。
日本軍は飛行場を自ら破壊していたものの、作業期間が短く不徹底であった。
アメリカ軍は1日夜には中飛行場を不時着場に使える程度まで復旧、8日には北飛行場へ戦闘機89機を進出させて上陸船団の防空任務を開始した。
翌週には夜間戦闘機まで含む144機が展開して強力な防空網を形成してしまった。

469日出づる処の名無し2018/06/04(月) 18:30:01.00ID:3H+rs6Ld
第32軍の持久戦方針による早期の飛行場の喪失は、大本営・第10方面軍司令部・航空関係者などから消極的かつ航空作戦軽視と批判の的にされた。
アメリカ軍の沖縄本島上陸前からの不信が戦いの最中に露見する結果となった。
度重なる大本営や連合艦隊の飛行場再確保の要請は第32軍司令部を混乱させ、第32軍内部でも積極反撃すべきか激論が交わされた。
4月4日には、長第32軍参謀長主導で攻勢移転が一時決定されたが、
島南東部の港川方面への連合軍上陸部隊接近との報告により、中止された。
この港川方面への「上陸部隊」は、陽動作戦任務のアメリカ第2海兵師団で、実際には上陸しなかった。

アメリカ軍はたびたび、沖縄南東側に陽動作戦をしかけており、沖縄本島上陸直前の1945年3月27日にも、沖縄本島東岸の中城湾に輸送船等からなる9隻の囮船団を近づけている。
海軍根拠地隊の司令官大田実少将はこの囮作戦に引っかかってしまい、指揮下の特攻艇震洋に出撃を命じたが、
囮船団は海岸近くまでは接近してこなかったため攻撃する機会はなく、そのまま基地に帰投した。
その様子を偵察機で偵察していたアメリカ軍により震洋の発進基地は特定され、艦載機による空襲で、アメリカ軍上陸前に海軍の特攻艇はほぼ壊滅してしまった。
陸軍の特攻艇マルレは慶良間諸島占領で主力を失っていたが、残存艇が散発的な攻撃でアメリカ軍に打撃を与えており、
1945年4月9日にはチャ―ルズ・A・バジャー(駆逐艦)をキールが歪み大量浸水する甚大な損傷で大破航行不能に追い込んでいる。

470日出づる処の名無し2018/06/05(火) 22:16:03.01ID:P8RY8mW5
4月6日から、日本軍は特攻機多数を含む航空機による大規模反撃を、連合軍艦隊・船団に対して開始した(菊水作戦)。
海軍による菊水一号作戦には約390機、陸軍の第一次航空総攻撃には約130機が投入された。
さらに海軍は、菊水作戦と連動させる形で戦艦「大和」以下の第一遊撃部隊も出撃させることとした。
大和の出撃前に連絡を受けた牛島は連合艦隊に「ご厚意は感謝するが、時期尚早と判断するので、
海上特攻の出撃は取止められたし」と自重を求める打電をしたが、出撃は決行された。

特攻機の攻撃により連合軍艦艇40隻が撃沈破されたが、日本軍機も200機以上を喪失。
「大和」以下は戦果なく一方的に空襲を受け撃沈される結果となった(坊ノ岬沖海戦)。
それでも日本軍は、特攻機を中心とした攻撃を続行した。
この空海からの反撃にあわせて、第32軍も第10方面軍の指導で再び総攻撃実施を決定していたが、
またも港川方面への陽動部隊接近に惑わされ出撃を中止した。
同時期には中国方面航空作戦を担う陸軍第5航空軍から派遣された、
独立飛行第18中隊分遣隊の一〇〇式司令部偵察機「新司偵」III型甲が、沖縄本島のアメリカ軍占領下飛行場および洋上の機動部隊に対する強行偵察に成功し、
鮮明な航空写真を沖縄方面航空作戦を担う第6航空軍にもたらしたものの、これを攻撃するに十分な航空兵力や艦艇はなかった。

471日出づる処の名無し2018/06/05(火) 22:16:30.27ID:P8RY8mW5
4月16日に、アメリカ軍第77歩兵師団は、本島の北西海上に浮かぶ伊江島に飛行場と海上防空用のレーダーサイトを設置するため上陸した。
伊江島には、独立混成第44旅団第2歩兵隊第1大隊650名を基幹とする日本軍守備隊2,000人(約半数は現地召集の特設部隊)が配置されていた。
島民は人口8,000人のうち5,000人が残留していた。日本軍は島民多数とともに抵抗し激戦となったが、21日までに全島が占領された。
アメリカ軍によれば、日本側は民間人多数を含む4,706人が戦闘により死亡し、3人が捕虜となった。
アメリカ軍は218人が戦死または行方不明となり902人が負傷したほか、中戦車60両・自走砲6両が被撃破(うち完全喪失は5両)などの大きな物的損害を受けた。
アメリカ軍の戦死者には、前年にピューリッツァー賞を受賞した従軍記者のアーニー・パイルも含まれていた。生き残った住民は、渡嘉敷島へ移された。

日本軍が伊江島に保有していた陸軍飛行場は、3月のうちに徹底的に破壊のうえ放棄されていた。
アメリカ軍は復旧作業を進め、5月10日までに最初の戦闘機隊を伊江島飛行場へ進出させた。
滑走路・誘導路・レーダーサイトが完成したのは5月中旬で、
その後も工事は続き、6月14日までに3個の戦闘機隊と1個の夜間戦闘機隊が展開している。

472日出づる処の名無し2018/06/06(水) 22:06:24.47ID:nXXia08h
南部のアメリカ軍の進撃は順調で、当初は予定通りのスケジュールで前進していた。
日本軍の抵抗が少なかった為、第10軍の現地指揮官の中には日本軍の抵抗が既に崩壊してると感じている者もいて、
そのような現地の空気を反映してか、海軍上陸軍司令官リッチモンド・K・ターナー中将が
太平洋艦隊司令チェスター・ニミッツ大将に「私の頭がおかしくなったのかもしれないが、
当地における日本軍は戦闘を行う意思がない模様である」と冗談まじりに報告したほどであったが、ニミッツは報告書の訂正を求めている。
ニミッツはペリリューの戦いや硫黄島の戦いでの苦戦の経験から、日本軍の島嶼防衛の戦法を熟知しており、
日本軍は艦砲射撃浴びながら海岸線を防衛することを避けて、内陸部でアメリカ軍に出血を強いる戦法をとってくると確信していた。

その中で独立歩兵第12大隊(賀谷支隊)は孤軍奮闘、圧倒的なアメリカ軍相手に4月2日?4日まで
野嵩及び新垣のラインでアメリカ軍の進撃をよく阻止し、十分に役割を果たし撤収している。

アメリカ軍は日本軍の抵抗を排除しながら首里(現那覇市の一部)の司令部を目指して南進するが、
海岸線での防衛戦を避け内陸で上陸軍を待ち構えていた日本軍に丘陵地形で進撃を止められた。
その前哨基地は、ピナクル(日本軍呼称「161.8高地」)にあったが、4月5日にはアメリカ軍がピナクルに達した。
同高地を防衛する独立歩兵第14大隊第一中隊(谷川中隊)を主力とするわずか150名の日本軍は、
構築した地下陣地を活用し圧倒的なアメリカ軍の攻撃を7?8回撃退したが、
アメリカ軍は地下陣地に爆薬から黄燐手榴弾までを使用して攻撃、谷川中隊の生存者はわずか30名と為り撤退、
6日にはピナクルはアメリカ軍の手に墜ちた(ピナクルの戦い。

473日出づる処の名無し2018/06/06(水) 22:06:57.41ID:nXXia08h
アメリカ軍はその後全線に渡って進撃を開始したが、4月7日には各所で日本軍の頑強な陣地に阻まれ、進撃は停止した。
第7歩兵師団はレッドヒル(日本軍呼称「北上原陣地」)を攻撃したが、歩兵と援護の戦車10両と装甲車5両のアメリカ軍部隊に対し、
日本軍は対戦車地雷と梱包爆弾により戦車3両をたちまち撃破、
アメリカ軍歩兵を砲撃と機銃掃射で後退させ戦車を孤立させて、戦車を肉弾攻撃し撃退している。
この歩兵と戦車を分離させて撃破する戦術は、沖縄戦では他の戦闘でも多用され、アメリカ軍は速射砲や機銃陣地の火力支援を受け、
その前面で爆薬で戦車に決死攻撃をかける日本兵が潜む塹壕を「蜘蛛の穴」と呼んで警戒することとなった。

4月3日の戦況上奏の際に、昭和天皇(大元帥)が梅津陸軍参謀総長に対し「(沖縄戦が)不利になれば今後の戦局憂ふべきものあり、現地軍は何故攻勢に出ぬか」と下問した。
その下問を受けて梅津は「第32軍に適切な作戦指導を行わなければならぬ」と考え、
大本営陸軍部は第32軍に対しアメリカ軍に奪われた北・中飛行場の奪回を要望する電令を発した。
さらに沖縄戦を最後の決戦と位置づける連合艦隊からも、北・中飛行場を奪還する要望が第32軍に打電されている。
これらの督促を受けて、長第32軍参謀長は攻勢を主張、八原高級参謀は反対するも、牛島軍司令官は北・中飛行場方面への出撃を決定した。
4月8日と12日に日本軍は夜襲を行ったが、第62師団の2個大隊が全滅するなどかえって消耗が早まった。
夜襲失敗の状況などを考え、13日には第32軍の方針は一旦は八原高級参謀主張の持久方針に固まった。

474昭和天皇(大元帥)が下問した。Play back2018/06/06(水) 22:52:30.21ID:nXXia08h
アメリカ軍はその後全線に渡って進撃を開始したが、4月7日には各所で日本軍の頑強な陣地に阻まれ、進撃は停止した。
第7歩兵師団はレッドヒル(日本軍呼称「北上原陣地」)を攻撃したが、歩兵と援護の戦車10両と装甲車5両のアメリカ軍部隊に対し、
日本軍は対戦車地雷と梱包爆弾により戦車3両をたちまち撃破、
アメリカ軍歩兵を砲撃と機銃掃射で後退させ戦車を孤立させて、戦車を肉弾攻撃し撃退している。
この歩兵と戦車を分離させて撃破する戦術は、沖縄戦では他の戦闘でも多用され、アメリカ軍は速射砲や機銃陣地の火力支援を受け、
その前面で爆薬で戦車に決死攻撃をかける日本兵が潜む塹壕を「蜘蛛の穴」と呼んで警戒することとなった。

4月3日の戦況上奏の際に、昭和天皇(大元帥)が梅津陸軍参謀総長に対し「(沖縄戦が)不利になれば今後の戦局憂ふべきものあり、現地軍は何故攻勢に出ぬか」と下問した。
その下問を受けて梅津は「第32軍に適切な作戦指導を行わなければならぬ」と考え、
大本営陸軍部は第32軍に対しアメリカ軍に奪われた北・中飛行場の奪回を要望する電令を発した。
さらに沖縄戦を最後の決戦と位置づける連合艦隊からも、北・中飛行場を奪還する要望が第32軍に打電されている。
これらの督促を受けて、長第32軍参謀長は攻勢を主張、八原高級参謀は反対するも、牛島軍司令官は北・中飛行場方面への出撃を決定した。
4月8日と12日に日本軍は夜襲を行ったが、第62師団の2個大隊が全滅するなどかえって消耗が早まった。
夜襲失敗の状況などを考え、13日には第32軍の方針は一旦は八原高級参謀主張の持久方針に固まった。

475日出づる処の名無し2018/06/14(木) 13:07:06.00ID:0nhF2MfW
韓国「日本が北に2兆円払うことで、日本の影響力の拡大が懸念される」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1528940521/

476日出づる処の名無し2018/06/14(木) 15:12:36.16ID:bd7lPUPq
アインシュタインの旅行記発見 人種差別的な記述も
http://www.bbc.com/japanese/44477861

しかしアインシュタインが最も辛辣に批評したのは、中国人についてだった。

英紙ガーディアンが掲載した日記に関する記事によると、
アインシュタインは中国人の子供を「気力がなく、鈍い」と説明し、
「もし全ての人種が中国人に置き換わったら、残念なことだ」と書いた。

他の日の日記では、アインシュタインは中国を「奇妙な家畜の群れのような国」
だとし、「人間というよりオートマトン(自動で動くロボット)に似ている」
と記した。この 記述の前には、中国人男性と女性の間に
「違いはごくわずかしかない」とし、女性の「危険な誘惑」に対して
男性がいかに「自らを守ることができないか」について疑問符をつけた。

科学における才能と人道主義で名高いアインシュタインは、
アドルフ・ヒトラーとナチ党の台頭を受け、1933年に米国へと移住した。

ユダヤ人科学者のアインシュタインは1946年、
米ペンシルベニア州のリンカーン大学での演説で、
人種差別主義を「白人の病気」だと表現した。
リンカーン大学は、米国で初めて黒人に学位を授与した大学だった。

477日出づる処の名無し2018/06/14(木) 18:31:53.75ID:YrPq8+F6
東京パンパンは偉大だな

478日出づる処の名無し2018/06/14(木) 18:36:03.22ID:55D8Zh/u
本国チョンですら現実見てるのに、ホルホル在日チョンと来たら・・・

日本企業、世界最高の技術で危機突破-Chosun online 朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/svc/auth/index_login.html?contid=2018011501075&code=news
http://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_9/view/id/2541842
【韓国】 海外消費者「日本は技術力、中国は価格。韓国製品にはイメージがない」〜危機の「メイド・イン・コリア」[01/22]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1516707291/
韓国の未払い賃金は日本の10倍、なぜ?「賃金支払いに対する意識が問題」
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26011.html
【コラム】労働時間は最長、生産性は最下位=韓国
http://japanese.joins.com/article/544/234544.html
中国:労働者の勤務時間は年間2000〜2200時間、過労死60万人
https://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20151008_00520151008
なぜ韓国では最低賃金を守らない企業が多いのか?―韓国の最低賃金の未満率は11.5%で日本の約6倍―
http://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=54602?site=nli
【韓国】韓国で史上最悪の就職難、就職あきらめた青年ニートが60万人に=「もう脱出するしかない」―韓国ネット[04/09]
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=174663&ph=0
【ヘル朝鮮】朝鮮人の労働時間、世界ワースト3位w(米国16位日本21位)
世界の労働時間 国別ランキング・推移(OECD)
https://www.globalnote.jp/post-14269.html
【ヘル朝鮮】未来のない下朝鮮の若者、公務員に応募殺到
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/asia/1515209996/
祖国を見限る人が増加、韓国人はなぜ自分の国を「地獄」と呼ぶのか―米メディア
http://www.recordchina.co.jp/b184069-s0-c30.html

ノーベル賞ゼロで人類に貢献した発明ゼロ、創造性ゼロ
世界一の不細工エラ顔
万年奴隷属国で常にどこかの国に蝙蝠
未来は日本を遥かに上回る少子高齢化で先進国でもないのに経済縮小予定
少子高齢化で人手不足になるどころか失業率高止まり
OECD最悪の自殺率 OECD最悪の長時間労働 アジアでダントツの国籍放棄者数
チョンすら嫌がるヘル朝鮮w

479日出づる処の名無し2018/06/14(木) 20:22:33.02ID:jhb8SIKC
アジアを解放 わろた

480日出づる処の名無し2018/06/14(木) 20:27:19.75ID:caDhwzMC
日本からの物資援助がなかった今頃オール北チョン状態だったくせに

あ、日本が統治してなかったら今頃チョンなんて存分してないか

戦前から立憲君主国だし象徴だったしなにいってんだバカチョンw


世界で最も多くの人を虐殺し、最も多くの国を侵略し
人種が入れ替わるほどの殺しあいを行った最も残虐な民族なのがシナ人

世界でも最も無能で、最も不細工で
最も独創性がなくて、最も無様な歴史しかない民族が朝鮮人

一方の日本は・・・

五大国入りしアジア唯一の近代国家として
植民地化を免れ、アジア解放に貢献し有色人種に希望を与え、戦後は勅語を学んだ世代が経済大国化に貢献
アジアでは例外的にノーベル賞を量産し、数々のイノベーションを起こし
殺しあいで民族すら入れかわってるシナチョンと違って
最低2000年近く続く皇運に感謝だね

481日出づる処の名無し2018/06/14(木) 20:32:05.57ID:zYDiOwLU
戦後補償を早く払わないから利息が膨らんで2兆円?
いやいや、利息にすらあたりませんから

482日出づる処の名無し2018/06/14(木) 21:26:11.29ID:FoSMxxns
インフラ代は200兆だな、さっさと返せよバカチョンw

483日出づる処の名無し2018/06/14(木) 21:49:26.17ID:ccPxXn0h
【3等国転落、JAP″】 実質的に韓国も核保有、軍事2等国に、放射能安全デマの副島、XDay予測ハズレ
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1528980008/l50

484日出づる処の名無し2018/06/14(木) 21:52:26.90ID:uB/DEA19
日本からの物資援助がなかった今頃オール北チョン状態だったくせに

あ、日本が統治してなかったら今頃チョンなんて存分してないか

戦前から立憲君主国だし象徴だったしなにいってんだバカチョンw


世界で最も多くの人を虐殺し、最も多くの国を侵略し
人種が入れ替わるほどの殺しあいを行った最も残虐な民族なのがシナ人

世界でも最も無能で、最も不細工で
最も独創性がなくて、最も無様な歴史しかない民族が朝鮮人

一方の日本は・・・

五大国入りしアジア唯一の近代国家として
植民地化を免れ、アジア解放に貢献し有色人種に希望を与え、戦後は勅語を学んだ世代が経済大国化に貢献
アジアでは例外的にノーベル賞を量産し、数々のイノベーションを起こし
殺しあいで民族すら入れかわってるシナチョンと違って
最低2000年近く続く皇運に感謝だね

485日出づる処の名無し2018/06/14(木) 22:18:52.48ID:2BurWAS7
「今、日本がやらなければならないことは、朝鮮半島(韓半島)の植民地化について申し訳なかったとおわびをすることだ」。


1993年に旧日本軍慰安婦制度の強制性を認める「河野談話」を発表した河野洋平元官房長官(81)が安倍晋三政権に苦言を呈した。


NHKなど日本メディアによると、河野氏は13日、東京都内で開かれた講演会で日本の対北朝鮮政策に関連し、「今、日本がやらなければならないことは、朝鮮半島の植民地化について申し訳なかったとおわびをすることだ。
韓国に対してはおわびして経済援助などを行ったが、北朝鮮とはまだ国交もなく、できずにいる。韓国と同じくらいは北朝鮮にもしないといけない」と指摘した。

486日出づる処の名無し2018/06/14(木) 22:24:17.95ID:ZTp9i2Kh
日本からの物資援助がなかった今頃オール北チョン状態だったくせに

あ、日本が統治してなかったら今頃チョンなんて存分してないか

戦前から立憲君主国だし象徴だったしなにいってんだバカチョンw


世界で最も多くの人を虐殺し、最も多くの国を侵略し
人種が入れ替わるほどの殺しあいを行った最も残虐な民族なのがシナ人

世界でも最も無能で、最も不細工で
最も独創性がなくて、最も無様な歴史しかない民族が朝鮮人

一方の日本は・・・

五大国入りしアジア唯一の近代国家として
植民地化を免れ、アジア解放に貢献し有色人種に希望を与え、戦後は勅語を学んだ世代が経済大国化に貢献
アジアでは例外的にノーベル賞を量産し、数々のイノベーションを起こし
殺しあいで民族すら入れかわってるシナチョンと違って
最低2000年近く続く皇運に感謝だね

487日出づる処の名無し2018/06/17(日) 13:44:54.02ID:h+2o3jg9
【放送】NHKがしきりに使う「在日コリアン」という妙な呼称★5
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1529156834/

新着レスの表示
レスを投稿する