【マギレコ】マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 955週目

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しさん@お腹いっぱい。 (9級) (ワッチョイ 6f7a-EKO7)2018/10/05(金) 16:19:12.72ID:bXcxD5MP0
!extend:checked:vvvvv:1000:512
!extend:checked:vvvvv:1000:512
======================注意事項======================

■5ch本スレ。荒らしにより埋め立てられることがあります。

★避難先は避難所参照。
====================================================

■スタッフ

原作:MagicaQuartet
キャラクター原案:蒼樹うめ
魔女原案:劇団イヌカレー(泥犬)
OPアニメーション:シャフト
運営:Aniplex
開発:f4samurai

■関連サイト

★マギアレコード公式サイト
http://magireco.com

★マギアレポート
http://magireco.com/comic2/

★マギアレコード有志wiki
http://wikiwiki.jp/magireco/

★スマホゲーム板
【マギレコ】マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 951週目
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/gamesm/1537870623/

★マギアレコード避難所

したらば
http://jbbs.shitaraba.net/netgame/16124/

★マギアレコード公式Twitter
http://twitter.com/magireco

※前スレ
【マギレコ】マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 954週目
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/applism/1536707105/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

2名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW dc74-fK8c)2018/10/05(金) 17:32:23.29ID:H4oOg53Z0
したらばに行かなかったやつらももうみんなスマホゲーム板かVIPのスレに移住したやろ
わざわざこっちに分裂して人が少なくなるスレ立てなくてもいいんじゃないの、1にお知らせ書いとく程度で

いちおつなの
したらば書けないしVIPもすぐ落ちるしで悲しいなの

まぁあれば誘導にはなるやろしええんちゃう?
この板しか探さない人とか時々おるし

保守なの

撫子ちゃんは別に欲しくなかったんだけど
いつの間にか60連になってたから
課金して天井で引いたなの

病気なの…助けて…

wiki更新してんの?

したらばアフィも過疎ってるしな

9名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/07(日) 22:59:55.83ID:zMNTA/t10
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

10名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/07(日) 23:00:08.75ID:zMNTA/t10
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「な被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

11名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/07(日) 23:00:12.86ID:zMNTA/t10
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらのないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

12名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/07(日) 23:00:24.19ID:zMNTA/t10
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールなナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

13名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/07(日) 23:00:28.47ID:zMNTA/t10
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。な本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

14名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/07(日) 23:00:55.10ID:zMNTA/t10
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来ならぬかさ圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

15名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/07(日) 23:00:59.32ID:zMNTA/t10
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

16名無しさん@お腹いっぱい。 (スップ Sd00-Aquf)2018/10/08(月) 00:39:50.43ID:J9lni/iLd
ぅゆ、い、イカ臭いよぅ

17名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 00:51:19.88ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、かそして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

18名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 00:51:34.07ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃たまなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

とりあえず誘導しときますね
どちらも荒らしに埋め立てられそうだから互いに避難所として活用ということで

【マギレコ】マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 951週目
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/gamesm/1537870623/

20名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 14:55:06.72
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

21名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 14:57:28.59
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

22名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 14:57:38.86
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だなからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

ここも
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆削除

24名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 15:25:59.19
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だやからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

25名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 15:26:03.60
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせなとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

26名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 3225-XM+q)2018/10/08(月) 16:19:55.04ID:me6eahfC0
ここも
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆削除

27名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 16:26:34.79
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

28名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW da63-hMf/)2018/10/08(月) 17:42:38.07ID:hXOLRZH90
化物コラボ不人気すぎて延期!

29名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 17:45:16.90
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

30 【あたらない】 2018/10/08(月) 17:45:35.41
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。や
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

31名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW da63-hMf/)2018/10/08(月) 17:47:01.30ID:hXOLRZH90
化物コラボ不人気すぎて延期!

32 【鹿】 2018/10/08(月) 17:59:37.67
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺はた強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

33名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW dc74-fK8c)2018/10/08(月) 19:19:50.45ID:BRsbTMxF0
誰でも書き込める荒らしのいない平和な避難所です
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆削除

34 【豚】 2018/10/08(月) 19:23:44.18
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

35名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW da63-hMf/)2018/10/08(月) 19:45:25.62ID:hXOLRZH90
スレ過疎
ゲームは虚無もう終わりやね

36 【かん吉】 2018/10/08(月) 19:46:08.27
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

37名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW da63-hMf/)2018/10/08(月) 19:48:24.06ID:hXOLRZH90
やんガチャ逃したら次一年後?

38 【禿げてなi】 2018/10/08(月) 19:48:42.61
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

39 【鶴】 2018/10/08(月) 19:48:49.71
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしなている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

40名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW dc74-fK8c)2018/10/08(月) 19:53:39.40ID:BRsbTMxF0
誰でも書き込める荒らしのいない平和な避難所です
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆を削除

41名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW da63-hMf/)2018/10/08(月) 20:00:30.86ID:hXOLRZH90
タルトの代わりにやん!入れて
こころやんアルまど

42名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 20:15:29.26ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくなともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

43名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 20:15:38.91ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。な可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

44名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 20:15:43.26ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまりの嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

45名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 20:15:58.58ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しいな才能を持つ魔法少女だから」・・・つまりた嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

46名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW da63-hMf/)2018/10/08(月) 20:47:32.89ID:hXOLRZH90
やんやんややん!やん!ややん!

47名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW dc74-fK8c)2018/10/08(月) 21:09:45.43ID:BRsbTMxF0
誰でも書き込める荒らしのいない平和な避難所です
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆を削除

48名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 21:16:57.57ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

49名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 21:17:12.66ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、なそして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

50名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 21:17:36.64ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。に本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

51名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 21:17:51.29ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉のなさんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

52名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 21:17:55.82ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理たいらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

53名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW da63-hMf/)2018/10/08(月) 21:42:07.78ID:hXOLRZH90
あっはは
レッツクリエイト!
フールガールのメシマズ!

54名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 21:54:48.16ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

55名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW da63-hMf/)2018/10/08(月) 22:33:22.88ID:hXOLRZH90
まなカス

56名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 23:25:17.67ID:jk14JooA0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

57名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW da63-hMf/)2018/10/09(火) 01:26:45.67ID:kVk6Vr8S0
まなかメシマズ

58名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/09(火) 06:40:55.49ID:lZC69moo0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

59名無しさん@お腹いっぱい。 (スププ Sd94-hMf/)2018/10/09(火) 15:10:00.52ID:XKJVvctrd
フールガール!

60名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/09(火) 15:40:19.53ID:wVItYnpQp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

ここが5ちゃん本スレか
ガイジがいなくて良いな

62名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/10(水) 20:06:26.70ID:qtbZRtos01010
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

今回はアクセル持ちがいると便利だな

64名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 00:13:00.82ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

65名無しさん@お腹いっぱい。 (スップ Sdff-ScHU)2018/10/11(木) 00:33:51.44ID:hKOWriKbd
みたまさん理子にも優しく包容
イベントでもアクセルコンボしまくり
うむ、みたまさんのイベだな

66名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 00:36:05.83ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

67名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 00:36:11.90ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。 な

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

普段見られないドッペル回収できて良いね
あとはもうちょっとステージ回せるテンポが良くなれば…

69名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 06:51:45.26ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

ストーリー見たけど弁当屋の娘が料理できない悩みだけで良かったのになぜ学校のいじめ描写をいれたのか
ノルマなの?

71名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 13:01:13.84ID:PxA1B88ap
..................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`
>>111>>222>>333>>444>>555>>666>>777

72名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 13:01:18.84ID:PxA1B88ap
..................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`
>>111>>222>>333>>444>>555>>666>>777

本スレが動くと悔しがるのね
やはり小物

74名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 14:06:04.16ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

75名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 14:06:12.11ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つなこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

あとチャレ12を残すのみ

77名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 17:53:31.13ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

78名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 17:53:41.79ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりなしているようだ。何故なら「まなかなは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

余裕でクリアできそ

80名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 18:00:08.96ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

81名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 18:00:25.62ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間はなな大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

82名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 18:00:29.70ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのゆだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

クリアしたから周回か

84名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 18:30:07.23ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

85名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 18:30:12.35ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、な料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

86名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW df74-t32B)2018/10/11(木) 22:27:47.97ID:TE+RpUJE0
誰でも書き込めるF9荒らしのいない平和な避難所です
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆を削除

87名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 22:32:44.35ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしなそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

88名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 22:32:55.11ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールなナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめなられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

89名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW df74-t32B)2018/10/11(木) 22:38:44.97ID:TE+RpUJE0
誰でも書き込めるF9荒らしのいない平和な避難所です
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆を削除

90名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 22:39:19.95ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然なピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

91名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sdff-ScHU)2018/10/11(木) 22:44:21.46ID:uVCdgxWUd
チャレ12糞大変で周回してられないな。

92名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/11(木) 22:54:15.21ID:ocmgVIkd0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないやのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

12周回はさすがにだるいね

94名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 00:14:02.36ID:MgrMsKb50
..................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`
>>111>>222>>333>>444>>555>>666>>777

95名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 00:14:13.03ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

自画像

97名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 00:21:46.97ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

98名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 00:21:51.56ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しいな才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

ぶきっちょでもいいですか?

100名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 07:03:08.12ID:eiFcobgKp
..................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`
>>111>>222>>333>>444>>555>>666>>777

101名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sdff-ScHU)2018/10/12(金) 07:30:02.88ID:92Kd0IT0d
プンプンイカ臭くてもいいですか?

102名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 07:41:36.77ID:OXAM2tqAp
..................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`
>>111>>222>>333>>444>>555>>666>>777

103名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW df74-t32B)2018/10/12(金) 11:28:41.09ID:O4itoNFc0
誰でも書き込めるF9荒らしのいない平和な避難所です
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆を削除

キムカワモト

105名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 13:03:45.96ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

106名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 13:03:56.90ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そしてな料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

107名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 13:04:09.38ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせのとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

108名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 13:04:23.57ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼さんれていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

109名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 13:04:43.73ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬ねである。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

110名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 13:04:53.71ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしやないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

111名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sdff-ScHU)2018/10/12(金) 16:12:17.50ID:92Kd0IT0d
サポートポイントほとんど入らなくなった。
スタミナ満タンでサポートの為にわざわざ消費する気力も起きないわ

112名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 16:17:34.03ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんなは泣きやんだ。や涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だやからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

113名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 16:17:38.28ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせやとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

キムチカワモト

115名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 17:50:23.15ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

116名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 17:50:28.82ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりなしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

117名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sdff-ScHU)2018/10/12(金) 20:01:12.49ID:92Kd0IT0d
チャレ12まだ左ルートやってなかった。

118名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 20:18:32.36ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

119名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sdff-ScHU)2018/10/12(金) 22:54:34.64ID:92Kd0IT0d
全ルート回収してからどこ回ればいいんだコレ

120名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 23:01:00.62ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

121名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 23:01:15.32ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかはや神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

インキャワモト

123名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 23:24:21.31ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

124名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 23:24:25.51ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「なこれは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

8の左側箱2熊3ルートで襟巻集めつつ6分台で回ってるけど肝心の泥率があんまり良くねぇ

126名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 00:54:31.58ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

127名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 00:54:41.93ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」とな言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

128名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 00:54:46.25ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまりに嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

12なら5割で落ちる

12マスは埋めたけど周回する気は起きないな

131名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:41:21.33ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

132名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:41:41.96ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりやと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

133名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:42:04.00ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
な俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんやだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

134名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:42:22.84ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツなに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりなしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

135名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:42:27.15ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったからこ知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

136名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:42:38.74ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らけない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

137名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sdff-ScHU)2018/10/14(日) 06:59:21.73ID:opmWaj2Gd
全マス回収したら急に周回する気力なくなったぞ

138名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/14(日) 07:06:12.68ID:LYpexiH/p
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

全マス回収するだけでもやる気おきない

140名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/14(日) 12:44:39.92ID:28duEhvg0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

ふゆぅ…
まだ全部回収できてないよ
レナちゃんにやらせよう

142名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/14(日) 13:44:00.26ID:28duEhvg0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

143名無しさん@お腹いっぱい。 (オイコラミネオ MMfb-7IED)2018/10/15(月) 12:48:39.78ID:Mz3Mb4D1M
そろそろ星4回避メモリア出ねえかな
確率で回避 X
回避無効無効
みたいなの出してもっともっと運ゲーにしろよ

144名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 13:51:13.32ID:STG5hN+Rp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

それ弱くね?

146名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 14:33:45.67ID:STG5hN+Rp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

147名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW df74-t32B)2018/10/15(月) 18:49:20.97ID:6rtCRZI+0
誰でも書き込めるF9荒らしのいない平和な避難所です
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆を削除

148名無しさん@お腹いっぱい。 (オイコラミネオ MMfb-7IED)2018/10/15(月) 18:57:04.57ID:Mz3Mb4D1M
>>145
オタクってすぐマウント取りたがるよな

149名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:58:16.07ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

150名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:58:28.38ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

151名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:58:33.11ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったたのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

152名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:58:45.76ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はなまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

153名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:58:51.27ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てあたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

154名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:59:04.76ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはれとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

155名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:59:37.46ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だらからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。


157名無しさん@お腹いっぱい。 (オイコラミネオ MMfb-7IED)2018/10/15(月) 19:06:29.39ID:Mz3Mb4D1M
>>155
なんでお前急に発狂してんの?
笑えんだけど

158名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 20:36:38.22ID:O94iFlXIp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

159名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 20:36:43.25ID:O94iFlXIp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。 な

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

160名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 20:38:19.81ID:O94iFlXIp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったからね知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

161名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 20:38:24.95ID:O94iFlXIp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されてないると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

162名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW ea74-z0nS)2018/10/18(木) 16:48:37.48ID:6PD+mxsN0
誰でも書き込めるF9荒らしのいない平和な避難所です
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆を削除

163名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/18(木) 17:22:46.51ID:jE8FIwEu0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

なの!

165名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/19(金) 07:10:47.77ID:lycerAyip
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

166 2018/10/20(土) 18:18:13.00
テスト

167 2018/10/20(土) 18:29:04.26
いっそのことこのぐらいぶっ壊れたの実装しろ

メモリア 「信じられないもん」
スキルタイプ
 メモリア・ブレイク
  確率で敵単体のメモリアをランダムで1つ破壊する

 一見、相手のメモリアを無効化するだけだが
 敵に使わると破壊されたまま戦闘を正常完了後
 本当にメモリアがなくなる
 完凸すると装備メモリア全部破壊に変わる

メモリア 「いけないことしよっか」
アビリティタイプ
 ブレイク・カウンター
  メモリア破壊されると敵全体のメモリアを全部破壊
  このメモリア破壊時も有効

 敵に使われるとパーティー全員の装備メモリアが全部消える
 完凸では装備してない所持メモリアもろとも全部あぼん

168名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/20(土) 20:22:39.31ID:6Tkkunq8p
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

169名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/20(土) 20:23:02.93ID:6Tkkunq8p
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだとや分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

170名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/20(土) 20:23:07.11ID:6Tkkunq8p
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高くの持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

171名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/20(土) 20:23:27.00ID:6Tkkunq8p
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらにやた高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

とF9

173名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/21(日) 06:54:44.36ID:SdmxjR+Jp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

まだスクリプト監視されてるのか怖いな

175名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/21(日) 17:58:30.17ID:zwjwGaXcp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

176名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/21(日) 17:59:02.92ID:zwjwGaXcp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高くた持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

177名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/21(日) 17:59:08.03ID:zwjwGaXcp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・たいやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

ミララン

179名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/22(月) 16:33:31.17ID:QtairsyLp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

散々引っ張って置いて
イブが、妹でしたとか

そんな倍率1倍にもならないオチじゃ
賭けなんて成立しねーぞ

181名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/22(月) 22:12:35.29ID:LMjiXwkz0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

182名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウカー Safb-VhLW)2018/10/22(月) 23:23:58.88ID:11NbklsLa
崇められてる

183名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/22(月) 23:28:12.04ID:LMjiXwkz0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家にたた突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

184 2018/10/22(月) 23:49:40.48
織莉子から強烈な加齢臭のオーラが・・・・!

185名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/22(月) 23:54:00.77ID:LMjiXwkz0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

さやかは魔法少女の中ではまどかの後輩になっているけど
マギレコではどの時間軸の扱いになっているのかなあ。
ほむほむが繰り返した時間の1つに過ぎないのだろうか。

まどかが宇宙の法則を書き換えるより前ですよね?
もう、わけが分からないよ...

187名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/23(火) 08:25:36.45ID:IHrwAVGup
..................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`
>>111>>222>>333>>444>>555>>666>>777

188名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウカー Safb-1yD9)2018/10/23(火) 13:37:14.37ID:HNU5eZ4ea
なにここ?本スレかと思って開いたら…

189名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/23(火) 15:52:41.87ID:LZs2dqL20
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

190名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW a387-++qk)2018/10/23(火) 16:32:15.11ID:hh4+3Yij0
497KB

191名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/23(火) 16:32:48.62ID:LZs2dqL20
..................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`
>>111>>222>>333>>444>>555>>666>>777

192名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/23(火) 16:32:53.16ID:LZs2dqL20
..................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIIDな,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`
>>111>>222>>333>>444>>555>>666>>777

F9君の肖像画スレです

194名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/23(火) 21:06:52.39ID:LZs2dqL20
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

195名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/23(火) 21:06:58.92ID:LZs2dqL20
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高くた持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

196名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sd8a-uJJU)2018/10/24(水) 07:39:35.69ID:DmzW/5drd
F9と書いてファックと読む

197名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/24(水) 07:44:06.97ID:oR+Y2alXp
..................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`
>>111>>222>>333>>444>>555>>666>>777

198名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/24(水) 07:44:28.00ID:oR+Y2alXp
..................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑は
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  なき_,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`
>>111>>222>>333>>444>>555>>666>>777

うめ

うめ

201名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/25(木) 11:02:06.64ID:M4sRxW/2p
..................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`
>>111>>222>>333>>444>>555>>666>>777

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています