一行小説「クライマド」 [無断転載禁止]©2ch.net

1名無し職人2017/03/24(金) 00:58:14.21
これはある日目覚めると記憶をなくしていた主人公の女性が
様々な事件に巻き込まれ様々なキャラと出会いながら自分を取り戻して行く
謎と怪奇に包まれた物語である。

第1章

ある朝、遥香が気がかりな夢から目を覚ますと、昨日までの記憶がすべてなくなっていた。

2名無し職人2017/03/24(金) 00:59:51.05
部屋の明かりは点いていて、窓の外は暗くて朝だというのに何も見えなかった。

3名無し職人2017/03/24(金) 01:00:45.97
とりあえず鏡で自分の顔を見てみた。

4名無し職人2017/03/24(金) 08:30:33.53
なんと島崎遥香にそっくりではないか

5名無し職人2017/03/24(金) 10:09:27.26
しかも困り顔をしている

6名無し職人2017/03/25(土) 01:28:53.81
とりあえず1階に降りてみることにした、誰かいるかもしれない

7名無し職人2017/03/25(土) 02:01:11.68
なんと、ぱるるが居るではないか。
唖然とする僕を尻目に、彼女はこう言った

8名無し職人2017/03/25(土) 02:57:36.08
「ちかっちに全身ベロベロ舐められたぁ〜い(はぁと」

9名無し職人2017/03/25(土) 11:01:16.30
ファミレスで出された料理が「熱いから」といって怒り出す客がいると思うか?

10名無し職人2017/03/25(土) 11:45:24.48
なるほどそういうことだったのか!

11名無し職人2017/03/25(土) 11:47:02.43
得心したぱるるはさらに舐め続けた、客がもういいよと言うまで

12名無し職人2017/03/25(土) 12:46:00.47
その時だった、武士の魂が立ち上がった

13名無し職人2017/03/25(土) 20:15:40.19
そこは私のちんぽに敬意を表して「そそり立った」と言ってくれんかな

14名無し職人2017/03/26(日) 00:54:07.98
「なぜ貴様のちんぽなんぞに敬意を払わにゃならんのだ?」ぱるるはいきり立った。

15名無し職人2017/03/26(日) 04:45:08.04
蔵間戸「俺。佐々木さんのこと好きなんだけど」

16名無し職人2017/03/26(日) 10:06:20.07
オッ! オッ! イク、イク、イク、アァ〜〜〜〜イク!!!!!

17名無し職人2017/03/26(日) 11:32:20.18
台所でオナニーをしている宮本浩次似の男に遥香は立ち、フライパンを手にすると

18名無し職人2017/03/26(日) 14:58:41.14
野郎がテメエのチンポしごいて一人で気持ちいい事してんだぜ!超エロくねぇ?

19名無し職人2017/03/26(日) 23:33:18.52
……と呟いた。

20名無し職人2017/03/27(月) 21:29:31.36
窓の下には神田川

21名無し職人2017/03/28(火) 02:34:42.19
その時だった、小さな石鹸がカタカタ鳴った!

22名無し職人2017/03/28(火) 12:58:28.28
今時ソープランドで石鹸は使わんやろ〜

23名無し職人2017/03/29(水) 10:37:09.64
そう呟きながら現れたのは、

24名無し職人2017/03/29(水) 15:02:28.50
笑福亭鶴瓶

25名無し職人2017/03/29(水) 23:52:10.60
ではない。

26名無し職人2017/03/30(木) 02:45:25.70
松本人志

27名無し職人2017/03/30(木) 11:47:54.91
だった。

28名無し職人2017/03/31(金) 01:36:52.90
……で?

29名無し職人2017/04/01(土) 12:11:00.22
1974年

30名無し職人2017/04/04(火) 16:10:42.07
当時はまだ恐竜が闊歩し、火山が爆発してる時代、

31名無し職人2017/04/08(土) 02:25:18.65
松本人志「えぇ!? もうワシとっくに生まれてるんやけど……」

32名無し職人2017/05/15(月) 19:47:07.29
>大阪府三島郡島本町のイジメはいじめられた本人が悪い
>みんなそう思ってる
>うんこ食っとけ!
>はよ死ねクズ
        ↑
 いじめの加害者を擁護し被害者を非難するスレを公然と立てる
 島本町という町は日本最低の町だな

33名無し職人2017/05/24(水) 12:30:54.18
松本人志「俺大阪やないねん!尼崎やねんて!」

34名無し職人2017/05/24(水) 14:04:48.17
浜田「俺もやで!」

35名無し職人2017/05/25(木) 12:00:25.93
松本人志「あぁぁ!なんか勃起してきたーーー!!」

36名無し職人2017/05/25(木) 13:24:05.22
浜田「あ、屁がでる。ブリブリブッ!」

37名無し職人2017/05/25(木) 15:25:11.44
笑福亭鶴瓶「生放送中にちんこ出したいな〜」

38名無し職人2017/07/12(水) 11:03:31.86
ぱるる「お前のちんこなんか見たくねーよ」

39名無し職人2017/10/07(土) 10:55:35.46
その時、遥香は思い出した、自分の本名は「ぱるる」

40名無し職人2017/10/09(月) 18:54:02.45
いや、「ぱるるるるる」だったかもしれない

41名無し職人2017/10/11(水) 12:19:30.84
ぱるる「違うわ、私の名前はぱるる。ぱるるるるるはニックネームよ」

42名無し職人2017/10/12(木) 06:14:38.92
その時、ぱるる、ぱるるるるると2ストロークのエンジン音を鳴らしてスクーターでやって来たのは……

43名無し職人2017/10/13(金) 12:25:32.21
気のせいだった。

44名無し職人2017/10/16(月) 07:00:50.95
「うるさい郵便配達屋が来たから食い殺してあげたよ」

45名無し職人2017/10/17(火) 18:21:51.13
突然のその声にぱるるが驚き振り返ると、部屋の隅の暗闇に立っていたのは……

46名無し職人2017/10/28(土) 06:58:28.97
ちんこだった。

47名無し職人2017/10/28(土) 20:56:37.65
ぱるるは思わずむしゃぶりついた。

48名無し職人2017/11/01(水) 13:47:31.21
すると口の中でどんどん大きくなってくる

49名無し職人2017/11/09(木) 10:24:58.99
大きくなりきる前に、ぱるるは思い切ってそれを食いちぎった。

50名無し職人2017/11/09(木) 10:26:03.91
笑福亭鶴瓶「ギャアアアア!!!」

51名無し職人2017/11/10(金) 19:14:20.81
笑福亭鶴瓶「でもきもぢいいいいィィィイ!!!」

52名無し職人2017/11/15(水) 12:23:45.30
笑福亭鶴瓶「もっとぉォォォ!!!乳首も噛みちぎってぇェェェ!!!」

53名無し職人2017/11/17(金) 08:33:56.58
「やかましい!」ぱるるは鶴瓶を

54名無し職人2017/12/02(土) 11:34:54.10
小ぶりな乳の間に挟んだ

55名無し職人2017/12/02(土) 13:56:17.88
「あっ、優しい」鶴瓶はそのあたたかさに触れ、初めて人の愛というものを知った。

56名無し職人2017/12/09(土) 13:42:06.48
「どうだ?気持ちいいか?」ぱるるは白い肌を波立たせた。

57名無し職人2017/12/10(日) 13:53:53.82
「スマホちゅうどくぅ〜〜〜!」鶴瓶は意味不明な叫びとともに果てた

58名無し職人2017/12/18(月) 19:58:00.41
「さて、邪魔者も片付いたところで……」ぱるるは立ち上がり、

59名無し職人2017/12/19(火) 15:59:27.73
オナニーを始めた。

60名無し職人2017/12/19(火) 16:01:13.97
細い指でピンク色に濡れそぼった乳首をコリコリと弄りながら、既に充血しているクリトリスに唾液を塗りたくり、

61名無し職人2017/12/19(火) 16:02:48.31
こねくり廻していると、頭に不思議な光景が浮かんできた。

62名無し職人2017/12/22(金) 11:37:58.13
気がつけば遥香は豆板醤の海を泳いでいた

63名無し職人2017/12/22(金) 11:38:43.68
遥香「あーっ辛臭い! 辛くて臭いよぅ!」

64名無し職人2017/12/26(火) 16:29:09.21
麻婆豆腐のように遥香のおっぱいが揺れていた

65名無し職人2018/01/15(月) 22:32:06.80
      〜 完 〜

66名無し職人2018/06/05(火) 00:15:26.14
第2章

遥香が麻婆豆腐の夢から覚めると、大津波で街は瓦礫の山と化していた

67名無し職人2018/06/05(火) 04:40:50.56
「なんだ、夢か……」遥香は安心して歩き出した。

68名無し職人2018/06/05(火) 23:40:30.83
溺死者を横目にふと空を見上げると
惑星ニビルが輝いていた。

69名無し職人2018/06/06(水) 11:26:28.72
遥香は思った、「世界は何も変わらないな。変わらず私ひとりだけだ」

70名無し職人2018/06/06(水) 14:27:52.96
しかも2017年3月24日より前の記憶がまったくないのだ。

71名無し職人2018/06/06(水) 14:28:57.95
記憶がないというのは意外に気楽なものだった。何しろ自分には未来しかないのである。

72名無し職人2018/06/06(水) 23:39:33.49
その未来に待ち受けているのは他ならぬデスラー総統との出会いである。

73名無し職人2018/06/07(木) 03:13:53.10
だが今はそんなことなど知る由もなかった。

74名無し職人2018/06/10(日) 22:24:32.51
そこで、腹が減っては戦ができぬと悟った遥香は、

75名無し職人2018/06/10(日) 22:34:34.05
戦のない世界を作るため、

76名無し職人2018/06/11(月) 00:23:23.46
エド・はるみに師事することにしたが、

77名無し職人2018/06/11(月) 06:50:09.87
エド・ぱるるという芸名が気に入らないので

78名無し職人2018/06/13(水) 00:01:43.84
都はるみに頼み込んで、

79名無し職人2018/06/13(水) 02:26:20.32
都ぱるるにひてもらった。

80名無し職人2018/06/13(水) 14:17:17.00
その見返りに50万円を要求された

81名無し職人2018/06/13(水) 21:00:45.55
得意の塩対応でサラッと受け流すと

82名無し職人2018/06/14(木) 00:49:15.95
向こうから錣山親方がやってくるので
雲竜型の四股で対抗してみたら

83名無し職人2018/06/14(木) 01:05:17.22
相手は激しく興奮したようで低い姿勢でがぶり寄って来た

84名無し職人2018/06/14(木) 02:14:01.22
しかし力みすぎてマワシがほどけて

85名無し職人2018/06/14(木) 08:16:19.00
愚息がコンニチワしたもんで

86名無し職人2018/06/14(木) 10:41:27.43
勢い余った両手(もろて)が微乳をもんで

87名無し職人2018/06/14(木) 12:03:42.79
そそり立ったチンコが太股の間に挟まって

88名無し職人2018/06/14(木) 17:30:04.62
バターになりました

89名無し職人2018/06/14(木) 18:39:39.46
遥香は呟いた。「あっ、それ黒人差別のやつだ」

90名無し職人2018/06/15(金) 00:15:08.01
するとそこにボビー・オロゴンがやってきて

91名無し職人2018/06/15(金) 22:36:48.03
北方領土を返せと叫んだので、

92名無し職人2018/06/15(金) 22:46:27.71
「お前に何の関係がある?」と横から口を挟んだのは

93名無し職人2018/06/15(金) 23:25:39.78
ボブ・サップだ

94名無し職人2018/06/15(金) 23:57:21.58
「お前にも関係ねーだろ!」と言いながら登場したのは、今度は本当に真打ちの

95名無し職人2018/06/16(土) 01:01:13.46
アブドーラ・ザ・ブッチャーだったのだが

96名無し職人2018/06/16(土) 11:14:02.76
遥香の塩対応に意気消チンしてしまい

97名無し職人2018/06/16(土) 23:36:46.69
ショウチンアンコウ鍋を食べに街に出てみたが

98名無し職人2018/06/17(日) 13:07:57.11
服を着てくるのを忘れてた

99名無し職人2018/06/17(日) 14:13:04.36
「まぁ、いっか。減るもんじゃないし」と遥香は店のオヤジに

100名無し職人2018/06/17(日) 21:37:10.30
右ストレートを

新着レスの表示
レスを投稿する