【顔芸食レポ】のまさんち・DIY道楽 テツ・乃万家138【生ビール我慢勝負】

【テンプレ】 http://potato.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1448030833/2-22n

※前スレ
【真夏に車中泊】のまさんち・DIY道楽 テツ・乃万家133【安物レビュー】
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/streaming/1534476059/
【しわくちゃ顔】のまさんち・DIY道楽 テツ・乃万家134【生ビール我慢勝負】
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/streaming/1535793222/
【盗撮一人旅】のまさんち・DIY道楽 テツ・乃万家135【道交法違反】
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/streaming/1537139364/
【激安レビュアー】のまさんち・DIY道楽 テツ・乃万家136【生ビール我慢勝負】
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/streaming/1538391392/
【激安レビュアー】のまさんち・DIY道楽 テツ・乃万家137【生ビール我慢勝負】
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/streaming/1540300452/

DIY道楽テツ 《乃万さん家は4人家族》
http://www.youtube.com/user/qwt11050/videos

ママチャリ父ちゃんの日記
https://www.youtube.com/channel/UCBgYM4rktlyoWGal5I_HfYg

乃万の父ちゃん39歳の日常そのまんま (JAPAN)(MCNとの契約により更新停止)
http://www.youtube.com/user/nomatesu/videos

シマいリス(Shimai-Risu)
http://www.youtube.com/channel/UCLWbhnhA3yJ0GjGzN_6uKFQ/videos

シマいリスポルトガル語チャンネル『Norie no Japao』
http://www.youtube.com/channel/UCwZ-PIUA_XXHJZj6DnBNt5w/videos

【閉鎖】。のりまよ
https://www.youtube.com/channel/UCeaXrNqr81oEtoiQP6YMalA/videos

さとゲー。
https://www.youtube.com/channel/UC8g_fT0c41zwipH2B-Z4ZxQ/videos

ツイキャス http://twitcasting.tv/diy_douraku

ツイッター http://twitter.com/diy_douraku

Facebook https://www.facebook.com/norikazu.noma

「DIY道楽 テツ」 って、こんなやつ
http://diydourakutetsu.web.fc2.com/tetu.html

雑談たぬきにもスレがあります

★ラブ100計画★
http://diydourakutetsu.web.fc2.com/LOVE100/love100_Prj.html 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:f141ee6c8a765bcc8a4ce39517419091)
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
-
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:f141ee6c8a765bcc8a4ce39517419091)
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
-
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:f141ee6c8a765bcc8a4ce39517419091)
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:f141ee6c8a765bcc8a4ce39517419091)

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

>>507
あれ書いてるのも本人だと思うとかなしくなるわ

512名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW ee85-gJxK [49.251.83.21])2018/11/13(火) 12:36:51.18ID:VnQEnXbp0
最近のノリカスは大物感なくてつまんない
昔みたいに持論ぶちまけてドヤ顔してる頃に戻って欲しい

剛一さんも血縁じゃなかったら哲の哲学見て爆笑してそう
この哲学に親兄弟や友人を大切にするって項目ないのかな?
実家に帰省できなくなって何年経つんだろ

514名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW ee85-gJxK [49.251.83.21])2018/11/13(火) 13:49:54.41ID:VnQEnXbp0
今日も元気だコーヒーがうまい

515名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウカー Sa9b-39Rp [182.251.31.3])2018/11/13(火) 13:50:18.89ID:aaT8Qmzla
くさそう

>>505
あの中古住宅が1000万?
あの地域の同等の物件から500万もしないと思われる
400万前後でリフォーム代80万以下

517名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW ee85-gJxK [49.251.83.21])2018/11/13(火) 14:35:34.43ID:VnQEnXbp0
クソ家族

518名無しさん@お腹いっぱい。 (JPW 0H17-5EBc [114.160.71.139])2018/11/13(火) 15:05:42.60ID:DRfR5zOJH
でもさ、お子さんが男の子で良かったよね
女の子だったら初潮来たのとかも晒されそう
きもちわる

519名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Sabf-f/7Y [106.129.218.151])2018/11/13(火) 15:17:01.78ID:mZsdrXZGa
>>499
なるほど
のまんもまあ良い趣味してたってことだな

520名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW ee85-gJxK [49.251.83.21])2018/11/13(火) 15:21:40.87ID:VnQEnXbp0
>>518
しかも顔のハンデも男と比べて段違いだからな
まあ嘘の5歳の娘はいるけど

521名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW fb0b-5EBc [220.211.228.230])2018/11/13(火) 15:47:09.23ID:VWSIZWBz0
紀江似も嫌だけどノリカズ似だったらと思うとぞっとするよな

522名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW ee85-gJxK [49.251.83.21])2018/11/13(火) 15:54:26.63ID:VnQEnXbp0
>>521
どっちに似ても終わりだからな
ダメな所どりしたのが小人の顔

>>518
お前の発想のほうが気持ち悪いわ

524名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW ee85-gJxK [49.251.83.21])2018/11/13(火) 16:29:12.49ID:VnQEnXbp0
>>523
ノリカスおっす!

身長だけはのりえさんに似ればいい

526名無しさん@お腹いっぱい。 (アークセー Sx53-77+o [126.201.165.59])2018/11/13(火) 16:57:21.14ID:q8WDDBiKx
リョウイチ君は小人AV監督の西君よりも全然背が高いからまだまだ恵まれてるよ!

https://youtu.be/YcAu9r6Rq8k

527名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Sabf-gJxK [106.180.20.96])2018/11/13(火) 16:58:34.02ID:VtRQRxu9a
>>526
そうだね
でもそれを活かす頭が小人には足りてないんだよ

528名無しさん@お腹いっぱい。 (スップ Sdea-MEQg [1.72.4.209])2018/11/13(火) 17:39:08.59ID:73/jiDFvd
#晩酌 #生ビール #ちょい呑み
今更ですが!「鳥貴族」初心者です。
安くておいしいよ! と、お勧めをいただいていた「鳥貴族」。実は初心者ってことで、ネットに書いてあったおススメメニューをオーダーしてみました! 

https://t.co/r1AaQUtocB 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:b73a9cd27f0065c395082e3925dacf01)

529名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW fe93-4dbU [153.168.185.72])2018/11/13(火) 18:11:53.89ID:Q3MeZAmW0
>>528
助六?

530名無しさん@お腹いっぱい。 (ササクッテロル Sp53-5EBc [126.233.151.169])2018/11/13(火) 18:32:05.32ID:kWf0dvQ6p
>>512
食べ物に感謝していれば太らない
てわけわからんこと言ってたよ!

531名無しさん@お腹いっぱい。 (ササクッテロ Sp53-1/C5 [126.33.37.213])2018/11/13(火) 18:43:34.85ID:ua/YBdRep
>>518
ノリオのクソ不味そうな赤飯アップして匂わせそう

532名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウカー Sa9b-ppQN [182.251.255.16])2018/11/13(火) 18:54:08.70ID:rFUSEPuBa
>>528
初心者をやたら強調してるのが気持ち悪い。
チェーン店に初心者も常連もあるか

533名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ a6dd-F0+8 [183.77.146.176])2018/11/13(火) 18:58:17.79ID:X9htRz/q0
>>530
太ってる人は俺みたいに食物に感謝してないからだって言ってるようなもんだが
なかなかロックだなーてっくんは

534名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW 8a5e-nSZo [211.7.126.190])2018/11/13(火) 19:54:08.19ID:v8pVQJ7I0
小人の良い所あげてみて
高校では人気者、女子から酷られまくり

今日も陰キャだビールが苦い

536名無しさん@お腹いっぱい。 (スップ Sdea-aMlI [1.66.103.245])2018/11/13(火) 19:58:16.24ID:alncpsSSd
もう鳥貴族ニコニコにあるなw

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

542名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW fe93-4dbU [153.168.185.72])2018/11/13(火) 20:23:14.32ID:Q3MeZAmW0
>>532
見てるか 助六
40過ぎのオヤジが初心者って何なんだよ
職場のメンバー、友達、近所のお世話になっている方々とくらい、飲みに行くもんだろ
情けないから、ネットで調べてって言葉連呼するなよ

乃万ファミリーの場合 
女「あ〜乃万さんだ〜最近一軒家を買ったんだよね〜*^^*」 

男「うん、旅行動画一緒に観よっか^^」 


はいじぃ迷作劇場の場合 
女「あ〜これ吐き出したのがバレた人?ちょっと可愛そうだよね〜?*^^*」 

男「そうそう一緒に見よっか^^」 


高尾てんぐの場合 
女「これ盗撮じゃん?しかも女配信者にストーカーしてるし50代のジジィじゃん(おこ」 

男「郵便局に通報だね!!」 

高尾てんぐ「カシャ!カシャ!カシャ!カシャ!!!!!!!!」 

女「ヒィィィィィィーーーッ!!!!!」 

駅員さん「駅構内の階段下から盗撮すんなゃゴラァッ!!!」 


参考画像 
http://imgur.com/2nkodc2 
http://imgur.com/f6EzZd7 
http://imgur.com/8tY4lFu 

https://youtu.be/4nyWNB1_ZWU

乃万ファミリーの場合 
女「あ〜乃万さんだ〜最近一軒家を買ったんだよね〜*^^*」 

男「うん、旅行動画一緒に観よっか^^」 


はいじぃ迷作劇場の場合 
女「あ〜これ吐き出したのがバレた人?ちょっと可愛そうだよね〜?*^^*」 

男「そうそう一緒に見よっか^^」 


高尾てんぐの場合 
女「これ盗撮じゃん?しかも女配信者にストーカーしてるし50代のジジィじゃん(おこ」 

男「郵便局に通報だね!!」 

高尾てんぐ「カシャ!カシャ!カシャ!カシャ!!!!!!!!」 

女「ヒィィィィィィーーーッ!!!!!」 

駅員さん「駅構内の階段下から盗撮すんなゃゴラァッ!!!」 


参考画像 
http://imgur.com/2nkodc2 
http://imgur.com/f6EzZd7 
http://imgur.com/8tY4lFu 

https://youtu.be/4nyWNB1_ZWU

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」

552名無しさん@お腹いっぱい。 (アークセー Sx53-77+o [126.201.165.59])2018/11/13(火) 20:50:02.15ID:q8WDDBiKx
リョウイチ君は小人AV監督の西君よりも全然背が高いから
まだまだ恵まれてるよ!

https://youtu.be/YcAu9r6Rq8k

553名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウカー Sa9b-d7ac [182.250.241.13])2018/11/13(火) 21:29:07.39ID:0yFqTCWha
ダムに開いた小さな穴は、防ぐことはできないよ

554名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Sabf-f/7Y [106.129.218.151])2018/11/13(火) 22:47:21.00ID:mZsdrXZGa
>>534
これはさすがにひどいよ
こういう書き込みが小人をどれだけ苦しめてるか

555名無しさん@お腹いっぱい。 (スフッ Sd4a-r0/M [49.104.28.138])2018/11/13(火) 23:00:30.77ID:+NUWc1sed
哀れなのまんりゅういち…(T_T)

556名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ aa6c-nWRh [59.168.63.254])2018/11/13(火) 23:10:20.84ID:9yv4WJyp0
>>554

小人凌一を苦しめてるのは、親の哲一だろ
家族のプライベートを無視した動画をあげて、小銭を拾ってんだからさ

557名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW afd9-AaIw [122.213.202.232])2018/11/13(火) 23:23:53.78ID:H1LrbHYF0
ニコニコの乃万動画200本突破!www
乃万さん!今の感想は?

558名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW ee85-gJxK [49.251.83.21])2018/11/13(火) 23:25:53.42ID:VnQEnXbp0
小人は数年前までは不憫だったけどもういい加減自分の力で状況変えろ
いつまで親の操り人形なんだよ

あぼーんだらけなんだけど…
何かきっつい書き込みあった?乃万さん?

560名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW c387-6w57 [126.65.203.98])2018/11/14(水) 00:05:17.90ID:XI6V5kvB0
>>556
小人だからされても仕方ないね!

561名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Sabf-gJxK [106.161.102.109])2018/11/14(水) 01:12:11.14ID:PxmHgRyoa
小人は一生親のおもちゃなんだから上等だろ?

新着レスの表示
レスを投稿する