【米中】中国発の「アヘン」が米に大量に流入 [12/19]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1SQNY ★2018/12/20(木) 20:39:39.82ID:CAP_USER
・中国発「アヘン」、米に大量に流入

中国北東部の河北省●(刑のりっとうがおおざと)台で1年余り前、化学品の輸出会社が入居するアパートに警察の家宅捜索が入った。そこで見つかったのは、違法薬物を外国のウェブサイトで宣伝するために採用された、英語の堪能な女性たちだった。中国の裁判所で今年11月、この会社の経営者を含む9人が、違法薬物を製造して米国へ郵送したという罪状を認めた。

米国へ送られた薬物には、強力な鎮痛作用を持つ医療用合成オピオイドの一種で、既に何万人もが過剰摂取によって中毒死している「フェンタニル」が含まれる。

中国でこの捜査が開始されたきっかけは、同社の顧客だった人物を捜査していた米国の警察からの情報提供だった。米中の当局は、両国が捜査で連携できたことで2000万回分の服用に相当するフェンタニルの海外流出を防ぐことができたとしている。

中国政府は12月1日、米国で深刻な社会問題を引き起こしているフェンタニルの取り締まりを強化することをあらためて示唆した。アルゼンチンで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議後に開かれたこの日のトランプ米大統領との米中首脳会談で、習近平(シー・ジンピン)国家主席は、中国の一部の業者がフェンタニルを無認可のまま販売するのを許している中国の法の抜け穴を防ぐことに合意したのだ。

米国を筆頭に諸外国の政府は長年、こうした中国からの違法薬物の密輸を抑える対策を中国共産党に求めてきた。習氏が対応を約束したことを米ホワイトハウスは「素晴らしい人道的な意思表示だ」と評価した。ただ、それが中国や世界各地に実際にどれだけの効果をもたらすかはまだ不明だ。

■中国は世界の「脱法ドラッグ」工場

中国は19世紀の清の時代に英国と2度戦争して敗れたが、戦争の原因はいずれも、当時、輸出入が禁じられていたインド産ケシから取れる鎮痛作用のあるアヘンを英国が密輸して売りさばいていたことだった。だが今日、世界で最も主流の危険ドラッグ(脱法ドラッグ)は、植物からではなく合成化学物質からつくるケースが増えている。

中国には巨大な製薬・化学産業が存在するため、中国の同業界はこうした流れを受け、違法薬物を生産する格好の場となってきた。中国は現在、医薬品原料の輸出では世界首位にあり、全世界の化学品売上高の3分の1を占める。

米議会の超党派諮問機関「米中経済安全保障再考委員会」によると、中国では規制が緩いことから、合法的に製造された医薬品が闇市場に横流しされているという。違法な形で化学物質を合成するための原料や道具、人材を見つけるのもそれほど難しくない。

覚せい剤といえばかつては「アンフェタミン」や「メタンフェタミン」の製造が長年盛んで、それらは中国の近隣諸国でも生産されてきた。これらの覚せい剤は特に中国や先進国での乱用が増え、需要が拡大していた。ところが、米国で合成オピオイドを医療目的外で乱用するケースが急増し、社会問題となったことが皮肉にも新たな"事業チャンス"を生む形となっている。米政府は、米国で販売されている違法フェンタニルの大半は中国製だとみている。メキシコやカナダの犯罪集団が、錠剤になった合成オピオイドやその原料を中国の業者から買い付け、米国に密輸しているのだ。米国にいる買い手がオンライン通販で直接注文し、国際郵便で品物を送らせる方法もある。

ヘロインの30倍という強力な鎮痛作用を持つフェンタニルは、かなりの効果が得られる量でもかさばらないため検知しづらく、密輸しやすい。様々なパッケージに同封されている乾燥剤の小袋に見せかけて送ることもできる。米司法省の2017年の推計によると、中国で3000〜5000ドル(約34万〜57万円)で買い付けたフェンタニルを米国の街中で売りさばくと150万ドル(約1億7000万円)にもなるという。フェンタニルなどの合成オピオイドの過剰摂取による米国の死亡者数は14年の5000人から17年には約2万9000人と急拡大している。

>>2

2018/12/19 1:00 The Economist/日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3909522018122018TCR000/

2SQNY ★2018/12/20(木) 20:39:56.69ID:CAP_USER
■オピオイド過剰摂取による米の年間死亡者は今や3万人弱

中国政府関係者らは、オピオイド中毒は自国内ではそれほどまだ広がっていないと話す(そもそも米国でオピオイド中毒がまん延してしまったのは、鎮痛剤があまりにも簡単に多く処方されてきたことが大きい。中国ではそもそも米国のように合法的にオピオイドの鎮痛剤を入手することが容易ではない)。

最近まで中国では、合成オピオイドの製造や販売に厳しい規制はなかった。中国の業者らは過去何年間も、海外向けに作った自分たちのウェブサイトで公然とフェンタニルを販売してきた。今も依然として、販売している業者は存在する。薬物の"レシピ(化学構造)"を若干変えることで、徐々に厳しくなりつつある規制をかいくぐり続けているのだ。こうした新たなタイプのフェンタニルは中国の法律に抵触しないものの、その危険性はもともとのフェンタニルと変わらない。

中国政府が、法の抜け穴を防ぐという習氏の約束を具体的にどう実行していくのかまだ明らかにはなっていない。既存のフェンタニル系化合物全てと、今後開発され得る類似化合物をまとめて規制対象にすることを検討しているという(現時点では違法薬物の製造業者らが、化学構造を微妙に変えるたびに規制対象に加えていくというやり方だ)。

どの国の立法機関もこれまでは、医薬品の開発を妨げないようにする目的から、広範な対象を定めた規制は避ける傾向にあったが、最近は考え方を改めつつある。米麻薬取締局(DEA)は今年2月以降、あらゆるフェンタニル系の化合物に対する取り締まりを開始した。これは期限を当面、2年間とする緊急措置とされる。

米中はともに、中国が新たな規制を導入した場合、少なくとも一部のメーカーがフェンタニル系化合物の製造を諦め、人の命を脅かすことのない別の製品の生産を手掛けることを期待している。

■米国は自国で解決策を考えるしかない

しかし、取り締まりの強化は難題だ。中国各地の当局は経済成長の促進を最優先に考えている。そのため、政府と業界両方のコスト負担増につながるような検査の強化には消極的になりがちだ。メーカーから見返りを受けている役人もいる。監督不行き届きで世間の怒りを買わない方が良いと中国政府は認識しているが、中国の製薬・化学業界で規制が十分機能しない例は珍しくない。

公衆衛生関連の不祥事が続いており、今夏には品質基準を満たしていないワクチンが乳児20万人余りに接種された可能性が明らかになった。違法な物質を郵送することは既に禁じられている。だが、中国の郵便システムを通って送られる小包は毎分7万5000個を超える。その中から薬物を発見し、送り主を突き止めるのは極めて難しい。

つまり米国は、オピオイド中毒問題にどう取り組むか自国で考えなければならないということだ。依存症状を和らげる治療法など、オピオイド依存症による害を減らす方法をみつけるべく投資を増やすのも選択肢の一つだ。

一方、中国は、強力な合成オピオイドの乱用が自国でも深刻な問題になる可能性を意識する必要がある。薬物乱用者には拘留するなど処罰をもって対応するという今の薬物対策の在り方では、今後、起こるり得るオピオイドの社会問題への対処方法としては米国の施策にも増して不適切だと言わざるを得ない。

(c) 2018 The Economist Newspaper Limited. Dec. 15, 2018. All rights reserved.

・U.S. Panel Says China Isn't Doing Enough to Stem the Flow of Fentanyl
http://time.com/5464233/congress-china-fentanyl-opioids/

(Bags of drugs are displayed on a table)
https://timedotcom.files.wordpress.com/2018/11/gettyimages-1022570688.jpg

3七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 20:42:27.47ID:XDQLxR3E
こんなんまで米国下げ中国上げするのか

4七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 20:44:10.38ID:MIhXYZzB
後のアヘン戦争である。

5七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 20:49:40.92ID:RzJvwItq
アメリカに密輸出来て
日本に出来ないということがあろうか諸君?

6七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 20:51:45.28ID:V18Bxk9X
>>4
少なくともアメリカは、違法な薬物で儲けるのは止めようよって英国フランスオランダを牽制したんだけどな
その後、日本も満州経由で密売しだしたけど

7七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 20:54:56.88ID:MdT65fY7
>>4
ようやく仕返し出来るレベルになれたアル

8七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 20:58:15.41ID:CKTp5+PQ
アヘン・・・・・「ケシ」由来の麻薬ですな。

「ケシ」由来でいえば、長年医療分野で使われてきた「オピオイド」が
薬物乱用の原因になっとるとして、厳しく取り締まれとトランプおじさん
も言うてはりますわな。

9七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 20:58:31.83ID:tTENhGyk
チャイナはアメリカの機嫌とりにドラッグの取り締まりする言ってなかった?

10七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 20:58:32.22ID:WM3h1t/X
>それらは中国の近隣諸国でも生産されてきた

ちゃんと北朝鮮って書けよwww

11七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:04:14.31ID:1qUVk/6H
エコノミスト/日経でさえ
こういう記事のっけるようになったのか。

いよいよ中露ユーラシア主義 vs. 米英シーパワーの
グレートゲームがいよいよ本格化してきたな。 

12七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:06:51.03ID:uY1C6zhC
第三次アヘン戦争だ!

13七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:11:11.11ID:/f2XE/51
>>12
何がはじまるんです?

14七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:11:14.11ID:mlM42C7x
目には目をアヘンにはアヘンを

15七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:12:34.63ID:JMiX18/7
貿易戦争っていったら、いつの時代も解決策はアヘン。

16七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:19:52.20ID:olbt1HAb
アヘン WAR 2

17七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:22:57.17ID:nlocs7UM
まじかよw
関税かからないのか?

18七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:26:39.52ID:ag8vbkOD
第二次アヘン戦争

19七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:27:04.77ID:7fEaYxbd
>>7
自家中毒してるやん

20七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:28:59.30ID:4uPl/QzP
合成ドラッグであってアヘンじゃないじゃん
スレタイ詐欺だな

21七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:29:15.38ID:ynQaK7Wh
中国人?共産党?は根に持つからね
植民地支配を根に持って大英連合の一部を99年占領契約進めてるし
日本も満州の仕返しをいつかされると思っておいた方が良いね
尖閣とか比にならんことを言い出すやろな

22七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:31:15.08ID:jJ36Oc6M
ボストン湾に投げ込め!

23七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:34:10.43ID:fyA4sGV4
>>3
どう見ても中国が悪者なのに、この過去方はないよなマスゴミ

24七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:39:14.01ID:czPA6OHI
わ ざ と で す

25七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:40:38.51ID:ChrjcfRq
アへアへアへ

26七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:44:02.94ID:0+jbJYPA
昔世話になったからな。

27七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:48:19.12ID:DlkKEDyf
3行で書け

28七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 21:51:49.69ID:yvwEPvOD
>>1
中国人は根気強いという紹介は読んだけど
アヘン戦争の仕返しを今でもするんだ

29七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 22:01:53.34ID:jWkxhzIH
シナに経済支援したバカな国があるんですよ

30七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 22:02:34.05ID:YEzPAPT+
日本経済新聞って中国の手下なのね

31七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 22:07:57.12ID:MuFN8Gmt
仕返しならイギリスが先だろうが

32七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 22:09:36.74ID:0+jbJYPA
>>28
勝海舟が注意してたなそれ

33七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 22:38:32.50ID:ndF2zmc3
>>31
英国(欧州)は開拓地じゃないからしっかりしてる
開拓地のアメリカはユダヤ奴隷商人のアフリカ奴隷を入れたが欧州は絶対に奴隷を入れなかった(ローマカトリックの影響)
アメリカは人種問題の業を抱えた
それに中国人をアヘン漬けにしたのは強欲汚職な中国の役人そのもの・・幕府役人がしっかりしていた日本はアヘンは入っていない
英国の主張です・・・中華は愚の根も出ない
その後の中国と日本の差はアヘン対応にも出ていた
日本は中韓を捨て西欧近代化の途を選んだ

34七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 22:43:51.65ID:ndF2zmc3
中国人は人治的・政治志向的・陰謀好きなのは三国志や孫氏兵法見るとわかるしょ
ただし上辺だけだよ・・
ホントの深淵さは欧米にかなわない・・・
中華の陰謀は直ぐにバレても欧米の陰謀は(一神教の影響で)絶対にバレない
日本はその違いを幕末明治期に体得した

35七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 22:53:36.50ID:AuF6jaMa
>>28
ターゲット相手にクスリを撒くのは
大昔からの常套手段
日本でも戦国時代にそれやってた話もあったりなかったり

36七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 22:54:02.46ID:yvwEPvOD
中国人はユダヤ人を信奉してるって記事出てたじゃん
華僑とか組んでおゝいなる陰謀するんじゃねの

37七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 22:55:08.65ID:yvwEPvOD
>>35
六本木で薬くれるじいさんがいるって噂はそういうあれ?

38七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 22:55:36.22ID:WNXFv4Al
(´ρ`)あへあへあへん

39七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 23:06:36.96ID:d2L9WsB6
大麻のほうが危険を冒さず儲けられるんじゃないのかな
まあアヘンだからおもしろおかしくニュースになるんだろうけど

40七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 23:11:52.83ID:P67F7zVz
準備は出来てるアル

41七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 23:22:04.06ID:phbBr+vr
アヘン戦争への報復ならイギリスだけどな

カナダもアメリカもイギリスもまとめて報復って感じかw

42七つの海の名無しさん2018/12/20(木) 23:27:52.61ID:tVC3xnxL
ベトナム戦争の時も戦場の米兵を中国からのアヘンで麻痺させたの思い出した。
米国内となると米国も黙ってないだろう

43七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 00:23:06.91ID:sDW0foAV
>>3
日経は俺の知る限り少なくとも30年前から親中反米だった。

44七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 00:25:35.97ID:sDW0foAV
>>8
数年前から都内にもアヘンのケシがあっちこっちで見つかっている。
日本に住み着いた中国人が植えているからだ。
もうすぐ日本人の阿片中毒患者が出るようになるだろう。

45七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 00:28:22.71ID:sDW0foAV
パソナの乱交パーティで使われている覚醒剤も中国から輸入しているものだとか。
他にもアヘン、コカイン、MDMAとかあらゆる種類が入ってきている。

46七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 00:36:11.32ID:706cwM8p
アヘン戦争

47七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 00:53:11.03ID:bLN64/HI
>>28
インドで作って香港に集めて
シナに拡散してたから
仕返しならお門違い

48七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 01:27:34.08ID:sg1DzUeY
何一つろくなことしねえな、中国人が世界から消え去りますように

49七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 02:15:37.51ID:zNu56oUd
せめてイギリスに仕返ししろよ

50七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 02:21:56.02ID:s2V43m3I
第二次阿片戦争

51七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 02:35:12.88ID:iEsmXLg1
イギリス「阿片とか・・・やめなよ」

52七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 03:06:35.98ID:v/GIyhl2
仕返しする相手間違ってて草

53七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 03:28:39.69ID:Y7EDf136
アヘンは戦後、国民党の残党がタイ国境沿いの
黄金の三角地帯でアヘン王国作って、
それが潰されるとアフガニスタンのほうに本拠地が移って、ISとかの資金源になってたんじゃなかった?
またシナに舞い戻って来たんかいw

54七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 04:08:44.37ID:chGSAbBA
しかしやはりそんなにも気持ちいいもんなんだろうなアヘンて…

55七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 04:10:42.38ID:chGSAbBA
クンサーとか昔は悪名を轟かせていたもんな黄金の三角地帯は

56七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 04:23:54.62ID:s3lDidri
>>43
30年前といえば日米貿易摩擦が酷かった頃だからわからんでもないけどなw

57七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 04:54:13.39ID:8f2WwiDV
そこはブリカスに流入させろよ

58七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 06:13:52.04ID:Qwxv4Kx+
薬物毒物大国ではないか中共国
あほか中共

59七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 06:20:33.84ID:IJzh0uLC
>>2
は?3万人てマジか

60七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 08:21:43.70ID:GICc/8Ir
中国国内ではまだ広まっていないだけで、アメリカとかが規制強化に乗り出したら、北朝鮮の覚醒剤みたいに国内に蔓延するんじゃないかい?

61七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 15:00:25.29ID:21PR+ymd
(  `ハ´)「アヘン戦争の意趣返しアル」

62七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 15:10:42.72ID:QivltnvV
>>1-2
2011年7月12日
中国経済史紀行
「虎門銷烟」・・・中国、屈辱の「近代」
その1.広東省東莞市
https://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20110624/221103/

2018年08月23日
【経済】アヘン戦争ふたたび 中国製の合成薬物が米社会を破壊=米専門家
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201808230597
米国におけるフェンタニルの輸入元は大半が中国だ。ロサンゼルスの保健当局者は、中毒性薬物が街でより常態化しており、
他のオピオイドよりも多くはフェンタニルに起因する事故で死亡しているという。
専門家は、悪質なフェンタニルの蔓延(まんえん)は、米国に向けられた「アヘン戦争」であると表現する。フェンタニルは死に至る
高い中毒性により、軍事目的の化学兵器とみなされている。
米軍特殊作戦司令部は、2014年9月26日に戦略白書「非慣習的戦争への対応」を発表した。そこには「薬物戦」も一種の戦闘形態
であると記されている。
白書は、中国軍少将で国家安全政策研究委員会副秘書長・喬良氏が自ら提唱する「超限戦」について、「まさにルールがない戦争だ」
と主張していることを明記し、「いかなる手段を用いてでも戦争に勝つという姿勢を意味する」と分析している。

英文の大紀元コメンテーターで共産主義に詳しいトレヴォー・ルドン(TrevorLoudon)氏は5月10日のインタビューで、
米国での中国発の薬物の蔓延(まんえん)は、中国共産党政府による戦略の一つと見ている。
「専制体制の国なら、この薬物中毒問題を知っているはずだ。政府が裏で手を引き、資金も支えていると考えられる」
ルドン氏は「これは、宣言されていない西側諸国に対する戦争の一種だ」と指摘した。
米国を襲う薬物乱用の影響の1つには、過剰摂取のほか、労働力の衰退がある。プリンストン大学の経済学者アラン・クルーガー氏
によれば、米国では労働力人口が近年低下している。また、労働人口から離脱した20%はオピオイド中毒によるもので、
主に25?54歳の青年〜壮年期といった働く人口の中核をなす層だ。
元中央情報局副局長ジョセフ・ドグラス氏の1990年の著書『赤いコカイン』には中国共産党がいかにヘロインとアヘンを貿易で
推し進めてきたかを記している。「世界の麻薬物流の裏に共産主義国がいる」「この政権は薬物を武器に西側諸国を攻撃している」。
かつて毛沢東は、軍を増強し、必要な兵器や資金を調達するために、アヘンを育てて販売していたことが知られている。
司法省は2017年、中国のフェンタニルとアヘン類の違法な製造業者2人を起訴した。ロッド・ローゼンスタイン副検事総長は、
米国から中国への薬物輸入はインターネットを通じた個人輸入だと述べた。
ミシシッピ州の厳小兵容疑者は、中国で2つ以上のフェンタニルと類似化合成薬物を製造する化学工場を運営しており、
少なくとも6年間、専用販売サイトで米国の複数の都市の顧客に送っていた。

63七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 15:11:32.98ID:QivltnvV
★★★ 在日朝鮮人の歴史 Part3 ★★★
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1285724834/145,176,295-298,708,722,733-734,741,744-745,747

715 :日本@名無史さん:2014/12/22(月) 07:04:22.28
新潮45 2015年1月号
●● 特集 戦後70年 ●●昭和史再考
◆戦後日本の麻薬禍は中国が仕組んだ/藤田陽一郎
http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/newest/

ヒロポンやヘロインなどの薬物の戦後日本での蔓延は、在日朝鮮人や中国人ら第三国人の密輸・密売に
よるものであった実態を詳述。在日朝鮮人逮捕者の本名&通名も一部記述されている。

720 :日本@名無史さん:2015/02/23(月) 11:10:38.39
昭和史再考/戦後日本の麻薬禍は中国が仕組んだ−ヒロポンやヘロイン
   ◆ 東アジア現代史研究・藤田陽一郎/中国、北朝鮮、麻薬密輸団
新潮45(2015/01/01), 頁:120

昭和史再考/戦後日本の麻薬禍は中国が仕組んだ(2)中国大陸アヘン栽培者
   ◆ タンロミ「阿片の中国史」、江口圭一「日中アヘン戦争」
新潮45(2015/01/01), 頁:124

721 :日本@名無史さん:2015/02/23(月) 11:11:22.98
中共の麻薬政策 (1955年)
R.L-G.デヴェラル (著), 村石 利夫 (翻訳) 出版社: 国際文化研究所 (1955)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000JB3O8K/

麻薬物語 (1960年)
久万 楽也 (著) 出版社: 井上書房 (1960)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000JAQ5OG

阿片の中国史 (新潮新書)
譚 ろ美 (著) 新潮社 (2005/09)
http://www.amazon.co.jp/dp/4106101335
内容(「BOOK」データベースより)
阿片戦争から中華人民共和国成立までの約百年間の中国近代史は、阿片抜きには語れない。
阿片という麻薬に、これほど蹂躙された国は、世界史の中でも例がない。中国人が麻薬としての阿片を
知ったのはいつのことか。最初はどこから入ってきたのか。なぜ、超大国・清がいとも簡単に阿片に
侵されてしまったのか。そして共産党と阿片の知られざる関係とは―。中国と阿片の長い歴史をひもとく。

日中アヘン戦争 (岩波新書)
江口 圭一 (著) 出版社: 岩波書店 (1988/7/20)
http://www.amazon.co.jp/dp/4004300290
内容(「BOOK」データベースより)
日中戦争はもう一つのアヘン戦争であった。昭和12年以後、日本は内蒙古にかいらい政権を樹立、
ここを中心に莫大な量のアヘンを生産し、中国全土にアヘン・麻薬を流しつづけた。
その害毒はじつに戦慄すべきものであった。著者が発掘した決定的な資料をふまえて、
日本が日中戦争においておこなった最大の国家犯罪の全貌に迫る。

延安日記〈上〉―ソ連記者が見ていた中国革命 (1975年)
ピョートル・ウラジミロフ (著), 高橋 正 (翻訳) 出版社: サイマル出版会 (1975)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000J9DSR4
延安日記 下―ソ連記者が見ていた中国革命
ピョートル・P.ウラジミロフ (著), 高橋正 (著) 出版社: サイマル出版会 (1980/08)
http://www.amazon.co.jp/dp/4377202855

64七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 15:12:05.08ID:QivltnvV
722 :日本@名無史さん:2015/02/23(月) 21:36:48.08
>>715 >>720-721
戦後日本のヒロポン禍は中国から密輸した麻薬を
中国人・朝鮮人、共産党員が密売したもの
中国本土、香港、南方(東南アジア)ルートと北朝鮮から
天津、元山などで生産

毛沢東の考えにおいて
革命の大義の前に手段を選ぶのは日和見
日中戦争時から栽培生産販売してて国民党統治地区にばら撒いて
資金獲得ともに資本主義陣営の社会混乱を画策

723 :日本@名無史さん:2015/02/28(土) 02:58:25.11
2015/02/26
【社会】 中国からの覚醒剤の密輸が4倍に急増、東京税関 [転載禁止](c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1424926469/


741 :日本@名無史さん:2015/06/09(火) 02:10:53.44
>>715 >>720-722
>>733-734
正論 2015年7月号 (2015年06月01日発売)
http://www.fujisan.co.jp/product/1482/b/1256943/
日本も戦場だった朝鮮戦争〜在日朝鮮人と中国共産党
日中北・共産陣営「最大の恥部」ヘロイン
元通産省主任研究官・朝鮮問題研究家 安部南牛



中共の麻薬政策 (1955年)
R.L-G.デヴェラル (著), 村石 利夫 (翻訳) 出版社: 国際文化研究所 (1955)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000JB3O8K/
麻薬物語 (1960年)
久万 楽也 (著) 出版社: 井上書房 (1960)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000JAQ5OG
麻薬とは何か―「禁断の果実」五千年史 (新潮選書)
佐藤 哲彦 (著), 吉永 嘉明 (著), 清野 栄一 (著)
出版社: 新潮社 (2009/05)
http://www.amazon.co.jp/dp/410603638X
日本の麻薬禍 (1974年)
剣持 加津夫 (編集) 出版社: 麻薬禍追放運動事務局 東京 日進社 (1974)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000J9O4D6/

65七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 15:12:26.22ID:QivltnvV
744 :日本@名無史さん:2015/06/15(月) 20:27:26.31
正論 2015年7月号
日本も戦場だった朝鮮戦争〜在日朝鮮人と中国共産党
日中北・共産陣営「最大の恥部」ヘロイン
元通産省主任研究官・朝鮮問題研究家 安部南牛
ttp://www.fujisan.co.jp/product/1482/b/1256943/

 21世紀においては「国際的な薬物犯罪組織」だという密輸組織だが、日米の当局は当時の密輸組織の正体を
「コミンフォルム」(共産党・労働者党情報局)だと断定していた。
 1947(昭和22年)に結成されたソ連指導下の国際共産主義運動組織コミンフォルムは、中国共産党、朝鮮労働党
を指揮し、大陸から日本へ、麻薬・覚醒剤を密輸していたのだ。日本国内でその受け入れ窓口となったのは、薬物
がらみの多くの事件と密接にかかわってきた暴力団ではない。日本共産党であった。
     (中略)
 しかし、朝鮮戦争では、米兵の間にヘロインが蔓延し、大きな問題となった。米国の国防総省が持たせたわけで
はない。米国は詳細な調査の結果、コミンフォルムが日本共産党を通して米兵へ売りつけたことを突き止めた。
 1952年、国連の麻薬委員会で米国代表が「中共と北朝鮮は、日共の活動資金を賄うため麻薬取引を行っている」
と非難した。
     (中略)
 本誌6月号で述べたように、朝鮮戦争当時、中共・北朝鮮軍と戦う国連軍=米軍の後方基地となっていた日本では、
北京や平壌からの指示により、暴力的な後方攪乱工作が大々的に展開されていた。実行部隊は日本共産党の
中核自衛隊であり、その傘下組織である祖国防衛隊(祖防隊)であった。祖防隊は在日朝鮮人の組織で、朝鮮戦争の
始まった1950年に結成されている。その彼らの活動・戦闘資金としてコミンフォルムが中共や北朝鮮に命じてヘロインを
供給していたのである。
 そのことを端的に指摘しているのが、先述したデヴェラルの『中共の麻薬政策』である。
「事実は薬品の輸入こそ共産主義者の用いた第一の方法の一つだった。最初に大量輸入された薬は駆虫剤のサントニン
で、蛔虫禍に悩まされた戦後日本のヤミ市場に売出されたこの薬は巨額の円を党にもたらした。(日本)共産党がヤミに
流したこのサントニンはソ連のシベリアとソ連の占領していた満州から来たものだった。
《続く》

745 :日本@名無史さん:2015/06/15(月) 20:28:07.28
>>744 《続き》
 サントニン密輸が警察と税関の追及および日本自体の駆虫剤の生産により打撃を受けるにつれて初めて共産党の
ヘロイン密輸の兆候が現れてきた」
 武装闘争時の日本共産党の資金事情については、朝鮮戦争停戦後の1954年3月、日本の国家地方警察本部が刊行した
『共産主義運動の実態』が分析している。
     (中略)
 日本共産党が中共や北朝鮮から受け取ったヘロインを米兵に直接供給していたのは、「売春婦」たちだった。祖防隊が
在日朝鮮人女性を売春婦に仕立てて米兵を誘惑させ、ヘロインで骨抜きにしていた。これも武装闘争と並ぶ後方攪乱で
あろう。日本共産党は「愛国的売春」などという喧伝文句で朝鮮人女性らの愛国心を煽って、売春やヘロイン密売などの
「地下活動」に従事させていたのだ。
 そもそも、共産主義者が「売春婦」を「闘争」の第一線に使う例は多い。中共軍でも、蒋介石の国民党政府軍を性的に
籠絡して闘争意欲を奪う目的で「売春師団」が編成されていたことが報告されている。もちろん、「敵」の要員を籠絡して
スパイに仕立て上げるために「売春婦」を使う、いわゆる「ハニー・トラップ」という彼らの手口もよく知られている。
 日本国内の国連軍(米軍)の各基地の周囲には、売春窟、キャバレー、質屋、露天が密集し、売春やヘロイン密売の
舞台としては絶好のロケーションだった。厚木・御殿場地区では朝鮮人と中国人の共産主義者(朝鮮人の方が数が多い)
が街娼を使って米軍要員にヘロインを売っていたことが確認されている。
 ちなみに日本共産党は当時、米兵向けに『ホテル案内』誌を刊行したことが知られている。この英文のパンフレットは、
日本共産党がホテル業を始めたために発刊されたのではない。「売春婦」の紹介誌であったとみられているのだ。

参考文献
佐藤哲彦、清野栄一、吉永嘉明『麻薬とは何か』(新潮選書、2009年5月刊)
剣持加津夫『日本の麻薬禍』(近代社、1975年8月刊)

66七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 15:13:15.69ID:QivltnvV
2018/12/15
【韓国】「1970年代、日本に麻薬を輸出して中毒者を量産すれば愛国者」=映画『麻薬王』[12/15]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1544833423/332-334,339,369,370

2018/12/04
【M&A】アルトリアが成長源模索、カナダの大麻業者クロノスへの出資で協議【たばこメーカーの生き残り策】
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543897747/12-16,19,23-26

67七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 15:30:55.24ID:fhVvhHEL
アメリカはこれにキレたのか?

68七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 15:49:24.83ID:sql6mih5
中国人と朝鮮人は地球から出て行け

69七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 18:39:19.63ID:1JwknjeZ
おい、相手違うんちがうんじゃないんか
英国ちゃうんじゃないんか

70七つの海の名無しさん2018/12/21(金) 20:31:13.82ID:5w8chT/l
>>49
とばっちりやん。
いち企業のしたこと全責任なんて国家に無いだろう

71七つの海の名無しさん2018/12/23(日) 08:06:00.81ID:rVnRJZPg
そんなのと比べたら

在日米軍基地からの大量の覚せい剤、麻薬は
どうすんのよ。

72七つの海の名無しさん2018/12/23(日) 08:27:30.76ID:QRYjsP5J
中国、北朝鮮は西側諸国を弱体化しつつ
金儲けをするため国ぐるみでやってるからな

73七つの海の名無しさん2018/12/23(日) 22:17:21.96ID:JwKFQ443
コメ袋に入ってたのかと思ったじゃないか

74七つの海の名無しさん2018/12/24(月) 20:55:21.78ID:wvXBH5IA
>>44
おっかの上ひなげしの花で〜♪

75七つの海の名無しさん2018/12/25(火) 21:39:38.31ID:qFoiL27n
>>35
日本の麻薬は韓国・朝鮮系在日・帰化人の暴力団と台湾マフィアがメイン

76七つの海の名無しさん2019/02/17(日) 13:07:00.01ID:psoOQpkk
大昔、アメリカで中国移民排斥が起きた時も
「中国移民はアメリカに麻薬を持ち込む」のと
「低賃金で長時間働き、白人貧困層の職を奪う」ので嫌われていたんだよね

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています