【イギリス】ガリレオが書いた「手紙」をロンドンで発見 異端審問を欺こうとした思惑 [09/24]

1SQNY ★2018/09/24(月) 13:37:43.88ID:CAP_USER
・ガリレオが書いた「手紙」、ロンドンで発見 異端審問を欺こうとした思惑とは

●250年間、誰にも発見されなかったガリレオの手紙のオリジナル

 地球は宇宙の中心に位置し太陽は地球の周りをまわっているというキリスト教会の説に反論を唱えたガリレオ・ガリレイの手紙のオリジナルが、ロンドンの王立協会の図書館から発見された。

 この手紙は、少なくとも250年前には王立協会の所有となっていたことが判明している。しかし、歴史家からまったく注目されることがなかった。今回、この手紙の発見者となったのは、イタリアのベルガモ大学の若き研究者サルヴァトーレ・リッチャルド氏であった。

●7ページに及ぶ長い手紙

 1613年、ガリレオが49歳の時に記されたこの手紙は7ページに及ぶ長いものである。あて先は、ガリレオの友人で当時はピサ大学の数学教授であったベネデット・カステッリである。手紙の最後には、「G.G(ガリレオ・ガリレイ)」の署名が残る。

 手紙の中でガリレオは、科学の研究は神学的教義からは自由でなくてはならないと明言している。友人に対して、キリスト教会への不満を訴え、改めて地動説を主張する内容となっている。

●存在する手紙の2バージョンにみるガリレオの思惑

 1615年2月7日に、ドメニコ修道会の僧ニッコロ・ロリーニによって行われた異端審問では、この手紙の写しがロリーニからバチカンに送られた。現在、バチカンに保管されているのはこの時の写しである。

 その1週間後、ガリレオは友人のピエロ・ディーニに手紙を書き、ロリーニが持っているガリレオの手紙は「改ざんされた」ものだと主張。婉曲な表現を用いた別の手紙をディーニに送り、これを「オリジナル」としてバチカンの聖職者に手渡してほしいと伝えている。またディーニに対して、自身の説に反対する人々の悪意と無知を嘆き「彼らの不正によって改ざんされた手紙によって、異端審問の関係者が欺かれる可能性を懸念している」とも書き、ロリーニ版の存在を改めて「偽物」と断じた。

 このガリレオの主張が真実であったのかは、オリジナルの存在が確認されなかったため謎のままになっていた。

●友人であり弟子でもあったカステッリの懸念

 そもそも、ガリレオの手紙には数多くの写しがあり、分析すると2つのバージョン存在していたことが判明している。この手紙を書くきっかけには、友人であり弟子でもあった数学者カステッリが関連しているという。

 1613年12月13日、ベネデット・カステッリはメディチ家の宮廷に呼び出された。ガリレオの学説がキリスト教の教義に反しているという噂はすでに流布しており、メディチ家の当主コジモ二世とその母クリスティーナ・ディ・ロレーナの懸念は非常に大きかった。ことの重大性を重く見たカステッリは、すぐにガリレオにその旨を知らせた。その結果、ガリレオが書いたのが、今回ロンドンで見つかった手紙と考えられている。日付は、1613年12月21日。その2年後に、表現を婉曲にしたもう一つのバージョンが書き直されたのである。

●ガリレオの真の思いを伝える「オリジナル」

 実際、リッチャルド氏が発見した手紙には、表現を訂正している箇所も見つかっている。

 例えば、聖書のいくつかの記述について「誤っている」という表現を「真実とは異なるように思われる」と訂正されている。いずれにしても、今回発見されたオリジナルにこそ、ガリレオの真の思いが込められていると研究者は語っている。

 また、その他のガリレオの自筆の手紙と筆跡を比較した結果、ロンドンで発見された手紙は本物である可能性が高いとも報告されている。

・Newly discovered letter by Galileo resolves puzzling historical mystery
https://arstechnica.com/science/2018/09/historians-find-long-lost-galileo-letter-hiding-in-plain-site-at-royal-society/

(The original letter in which Galileo argued against the doctrine of the Roman Catholic Church)
https://cdn.arstechnica.net/wp-content/uploads/2018/09/galileo1200-800x483.jpg

2018年9月24日 11:47 財経新聞
https://www.zaikei.co.jp/sp/article/20180924/467598.html

2七つの海の名無しさん2018/09/24(月) 13:40:02.25ID:IDgR8kjN
異端審問官パウロ「くわっ!」

3七つの海の名無しさん2018/09/24(月) 13:41:00.88ID:vudlstPq
実に面白い

4七つの海の名無しさん2018/09/24(月) 14:17:55.53ID:X8XtoGhk
GG Sato

5七つの海の名無しさん2018/09/24(月) 15:11:56.01ID:k5oRXWT2
コペルニクスは、ガリレオに怒っていいと思う

6zion-ad2018/09/24(月) 15:15:00.91ID:p8N10iwA
設計図空間という天動説 - Togetter
https://togetter.com/li/1259667

ガリレオはピサの斜塔から羽毛や鉄球を落とす思考実験したけど、
万有引力の法則 知らなかった。


だから 鉄球 2つ繋げて落としても
鉄球 1つ落としても、
地表に同時に ぶつかる。

でも万有引力は相対性だから、
ピサの斜塔 地表の不動な大地意識から
球体の地球にイメージし直して、

鉄球の名前を、地球として、

正三角形の角3つに
同じ大きさ、
同じ重さの
地球という名前の鉄球を置いて実験すると、

ガリレオからニュートンになったのが、わかる。
その延長で、特殊相対性理論は早トチリがわかり、
アインシュタイン氏の提言は、

直接 ミンコフスキー空間で成立するとなる。

トンデモかどうか、判断するのは貴殿。お待ちしております。

twiitter では、 zionadchat

7七つの海の名無しさん2018/09/24(月) 15:33:22.47ID:aIBpoxH3
>>6
いや貴殿だなんて そんな...

8zion-ad2018/09/24(月) 18:31:20.66ID:p8N10iwA
>>7
暇なとき よろしく。

自分を中心に、
半径1光秒長さの円をイメージする。

円周上の1秒前の出来後映像の情報が同時に届く。

円周上の2点を通過する真っ直ぐな直線線路を
イメージする。

設計図では 情報が届く遅れ時間、情報遅延を考えてないけど、
この情報遅延度を補正して 電磁現象を描きなおすと、

ローレンツ変換の、真の使い方わかる。

厳密な同時性を扱う地図が公知になれば、
核融合や、常温核融合の研究者さん達の役に立つと、
思っております。

9七つの海の名無しさん2018/09/24(月) 20:03:19.09ID:17xoNDxL
まさかの時のスペイン宗教裁判3人組 「呼んだ?」
https://www.skinawareness.org/wp-content/uploads/2015/01/Monty-Python-Spanish-Inquisition.jpg

新着レスの表示
レスを投稿する