【東京】福嶋揚氏「現代日本で、キリスト教神学は何かの役に立つのか?」 ジュンク堂で「カール・バルト」刊行記念講演会[10/08]

1坊主 ★2018/10/08(月) 22:34:18.35ID:CAP_USER
キリスト新聞 2018年10月08日
http://www.kirishin.com/2018/10/08/19100/
https://i1.wp.com/www.kirishin.com/wp-content/uploads/2018/10/A-3.jpg
https://i2.wp.com/www.kirishin.com/wp-content/uploads/2018/10/51hkcQQO6rL._SX341_BO1204203200_.jpg

 福嶋揚氏の『カール・バルト――未来学としての神学』(日本キリスト教団出版局)刊行を記念する講演会「現代日本で、キリスト教神学は何かの役に立つのか?」が9月5日、ジュンク堂書店池袋本店(東京都豊島区)で開かれた。書店での開催ということもあり、キリスト教になじみのない一般読者の参加も目立った。

 「神学とは何か」との命題から話し始めた福嶋氏は、バルトが膨大な著作からたどり着いた「神は神としか言いようがない」という結論の意味するところについて解説した上で、東日本大震災とそれに伴う原発事故に衝撃を受け、信仰の危機に瀕したという自身の体験を紹介。

 同書の序章に記した「あなたは生きていてよい」という言葉はバルトの言葉であると同時に、震災後に議員として活動する山本太郎氏の言葉でもあるとし、イエスの説いた隣人愛(非差別、無支配、共生)もあらゆる社会の分断を乗り越える「過激な教え」であったと述べた。

 また、多大な影響を受けてきた哲学者の柄谷行人氏が近年、キリスト教を評価し始めたことに触れ、「交換様式論」における「ネーション(贈与と返礼)」「国家」「資本」に追従するのではなく、「世界共和国(自由の相互性)」を実践することこそキリスト教が果たし得る「普遍宗教」としての役割ではないかと提起。「国家と資本への対抗運動」としての憲法9条と「解放の神学」の一種としてバルトを読み解く必要性について説いた。

 最後に「キリスト教は、生態系と人間の破局の回避、生きとし生けるものの共生という喫緊の大目標に奉仕する限りにおいて役に立つ」と結論付けた。

154やまとななしこ2018/10/09(火) 21:51:03.28ID:VaRraEig
>>153

全てのものに神が宿るというのも、仏教の草木成仏説からの借り物だろう (進化論とは調和し難いが)

日本はどちらかといえば仏教国であり、その流れは古代に決定づけられた

仏教勢と神道勢の宗教戦争によって、仏教勢が勝利し神別氏族は衰退した

丁未の乱(仏教派と神道派の宗教戦争)

皇族も退位後は僧侶の弟子となったり法王を名乗るものいた(宇多天皇等)

仏教国連合という話もよく聞くことがあるが、ミャンマー(イスラム教とキリスト教を弾圧)やタイ
は現時点では軍事政権で、経済規模も小さく貧しい

残りは台湾(道教と習合)、ブータン、スリランカ(イスラム教徒との宗教的対立が激化)、ラオスぐらいだ
が、中国との紛争を抱える台湾を除くと貧しく(大国間の競争に役立つ)地政学的な要衝ではない国だ

朝鮮半島では李氏朝鮮時代の朱子学カルトによって仏教弾圧がおき仏教は衰退している

日本では世界三大宗教を仏教、イスラム教、キリスト教とする
しかし海外においては三大宗教は、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教となることが多い
勢力面で全く相手にさえされず極めて弱いことがわかる
(科学者の援用でさえ、仏教よりもヒンドゥーが良く使われるため存在感はバハイー教やシーク教より大きい程度の認識だ)

155やまとななしこ2018/10/09(火) 21:54:06.74ID:VaRraEig
>>143

性的虐待事件の背景は孤児院、障害者施設、更生施設をカトリック教会が運営していたからだ

人口の一定数には必ずペドフィリアがいるが、他の団体にペドフィリアがいたとしても
それを行使する優越的権限がない

一定数の悪人や異常者が社会には必ず存在するわけで、その存在を否定した上で、世界中で孤児院
を性善説で運営したら問題がおきないわけがない

孤児院とは18-19世紀に戦災孤児やホームレス、極度の貧困・飢餓状態の子供を保護し収容するために作られたもので
施設ならば死傷率、病死率は下がることを前提とする
これには教会が悪いことをするわけがないという無謬で無邪気な仮説を前提とするため、悪事の可能性が事業計画の段階で排除される

アメリカのカトリックの孤児院の体制のレポートに目を通した限りでは、20世紀後半以降の社会福祉のスタンダードから
すると古く雑で、子育てのプロでない司祭をあてがうという、かなり乱暴な対応をしている

おそらく日本のカトリックで同様の問題が聞かれないのは、孤児院には(女が圧倒的多数派)保育士資格規制があるという点だろう
司祭の認定をとるためにどれだけ勉強するかは調査不足で知らないが、保育学科を卒業できるほどの時間も暇もあるとは思えない

アメリカでは現代的な組織への進歩を否定し18世紀の遺物を継続し、カトリック教会の無謬性を保持しようとしたわけだ

156やまとななしこ2018/10/09(火) 21:55:09.31ID:VaRraEig
>>155
>おそらく日本で問題が聞かれないのは、保育士資格規制があるという点だろう
>司祭の認定をとるためにどれだけ勉強するかは調査不足で知らないが、保育学科を卒業できるほどの時間も暇もあるとは思えない

付け加えると保育士資格保有者は女が圧倒的に多いはずで、資格が主因ではなく日本のカトリック系孤児院の管理者に男が少なかったからだろう

児童擁護は女性に限定しないとこうした問題は起こりうるということだ
海外のカトリックが日本式の(女性主導の)孤児院に学んで職業性差別慣行(男を排除する逆差別)の奨励に踏み切れるかは未知数だ

157やまとななしこ2018/10/09(火) 21:56:28.38ID:VaRraEig
>>155
>おそらく日本で問題が聞かれないのは、保育士資格規制があるという点だろう
>司祭の認定をとるためにどれだけ勉強するかは調査不足で知らないが、保育学科を卒業できるほどの時間も暇もあるとは思えない

付け加えると保育士資格保有者は女が圧倒的に多いはずで、資格が主因ではなく日本のカトリック系孤児院の管理者に男が少なかったからだろう

児童擁護は女性に限定しないとこうした問題は起こりうるということだ
海外のカトリックが日本式の(女性主導の)孤児院に学んで職業性差別慣行(男を排除する逆差別)の奨励に踏み切れるかは未知数だ

158やまとななしこ2018/10/09(火) 21:57:43.43ID:VaRraEig
>>156

カトリックが運営する孤児院、障害者施設、更生施設におけるスキャンダルは1970年代にピークがあり以降は減少した
とされるが、あってはいけないという思い込みが悪化させたことは間違いない
これまでの訴訟の賠償総額は2200-3300億円程度になるらしく、賠償額は膨れ上がっている

司祭に成りたい人間がいないため、資格要件を低くしたら幼児性愛者の巣窟になったのが真相だろう
割合としては米司祭11万人のうち4%が犯罪・犯罪隠蔽に関与したらしい

http://www.bbc.com/news/magazine-28526106

社会にいる幼児性愛者は5 %程度とされるが、そうした連中は道徳上底辺にあるわけだから、これは統計的に見ても悪いが
何よりもそうした連中が子育てのプロでもないのに孤児院を運営すれば問題がおきるのは当たり前と言える

法律的に保育士資格が義務づけられてない国では男が主体となるカトリック教会において児童虐待の
確率をゼロに防ぐのは不可能であり他の統計と比べて良くするには不祥事があるという前提で防止策に取り組まないといけない

定期的収入や衣食住が終身で約束された職業は珍しいが、妻帯禁止だと躊躇するのが普通だろう
人材不足だと時間をかけて選んでる余裕もないわけだ

もう一つの要因はカトリックは児童養護施設を持ちすぎたせいで、幼児性愛者に目をつけられたということだ
妻帯が不可能なカトリックの司祭資格を目指す連中には明らかに幼児性愛者が混じっている
割合はせいぜい数%といってもその害悪は十分だ

チベットやドイツ、中国でも最近問題となっているものでもそうだが、宗教には特定の犯罪的性向をもつグループを引き寄せる力がある

https://www.telegraph.co.uk/men/thinking-man/sexual-assaults-violent-rages-inside-dark-world-buddhist-teacher/
https://www.independent.co.uk/news/world/europe/child-sexual-abuse-buddhist-monk-convicted-sentenced-hans-d-augsburg-bavaria-germany-a7836436.html

マクロ的な視点から見るのであれば、カトリックでこの種の犯罪が多かったのは児童施設の運営母体とし
て巨大組織を運営しているからだろう

159やまとななしこ2018/10/09(火) 21:58:50.56ID:VaRraEig
>>158

18-19世紀にはじまる孤児院を代表とする宗教的慈善事業は餓死・病死・児童買春の防止や、親などからの虐待防止、子供を犯罪者
にさせないための専門教育提供という社会的意義はあった

アメリカでの民間運営の孤児院はなかなかうまくいかないし、老人ホームでの虐待事件とも重なるものがある

https://en.wikipedia.org/wiki/Residential_child_care_community

There is a number of negative voices regarding residential child care, as well.

One part of this debate is due to negative examples of residential child care programs.
Throughout the past decades, several cases of abuse within residential child care have
been detected all over the world, putting this type of care into a bad light.[17] Horror stories
of abuse and neglect have been published, as well as articles describing “lock-away” facilities,
“staff that cannot control the children”, runaways and regular police visits.[18] Additionally,
residential child care is often confused with treatment facilities, making the term look very
restrictive, like every child is mentally ill and locked away.[17]

それに加えて孤児院と更生施設が一緒の場合は、聖職者では対応できない
子供といっても盗みや非行を繰り返した犯罪者を施設に入れたところで聖職者に適切な対応ができるはずがない
仏教もキリスト教の核心は自由意志であるため、犯罪をしたいが施設に放り込まれた児童を改心させるという考えが甘く非現実的だ

少年時に非行で親や親戚に見捨てられて更生施設に入って出所後に、詐欺師、殺人鬼や性犯罪者となることもありえるし
それを教会が防ごうと足掻くほど問題は悪化するだろう

160やまとななしこ2018/10/09(火) 22:00:54.59ID:VaRraEig
>>126

https://www.andrew.ac.jp/soken/pdf_3-1/sokenk193-2.pdf
『李朝実録』によれば, 1556年4月1日, 朝鮮で倭人が反乱を起こそうとしているという
情報を入手した対馬島主・宗氏が朝鮮朝廷に報告した。首謀者のなかには中国人もおり, 彼
は「五峯」と名乗り, 倭人を率いて明を襲撃すると称している。
前期倭寇は食糧の他に人々を捉え, これを奴隷として使役したり売却したりしたと述べた。
後期倭寇はさらに大規模な奴隷貿易を行っている。中国東南部の江南・淅江。福建などを襲
撃し人民を拉致した倭寇は対馬・松浦・博多・薩摩・大隅などの九州地方で奴隷として売却
した。これらの奴隷は, 牛馬の飼育や薪取り, 水汲みなどの仕事をさせられた。さらに彼ら
の一部はポルトガル商人によってマカオに転売され, そこから東南アジア・インドに送られ
ていった。

161やまとななしこ2018/10/09(火) 22:07:53.95ID:VaRraEig
>>159 >>142 >>1

米国でのカトリックの信者数は7000万人(2017年)いる

https://en.wikipedia.org/wiki/Catholic_Church_in_the_United_States
The Catholic Church in the United States is part of the worldwide Catholic Church in communion
with the Pope in Rome. With 70.4 million members, it is the largest religious denomination in the
United States of America, comprising 22% of the population as of 2017.[1]

カトリックの強さは組織力と歴史にある
歴史は良い意味と悪い意味を含む。歴史が長い分、教皇や聖職者の不正・汚職・犯罪の蓄積も多いため
スキャンダルに信者や教会が慣れており、聖職者に対しては一定の疑いを持ち、過度な期待が少ない面がある

聖職者の個人崇拝や血統・出自でなく、組織や選挙制度に移行したことで、聖職者の個人的な能力や資質を崇拝する事が
なくなり、組織が保たれている面もある

また妻帯禁止は、血縁主義(ネポティズム)を廃すことに導入され、現代のような問題に繋がるとは当初は考えられてなかったはずだ

反面、組織が弱く個々の教会の自治権が強い英国国教会のように女性神父をいれるといった導入が遅れている面がある

バチカンは雨降って地固まるを何世紀も繰り返したために、カトリックは常に全体としてグダグダだが、
熱狂的な原理主義者を含む組織・体制より歴史が長い部分、絶対に行うべきでない点として王権や国権に裁量を委ねる点が
明確化・教義化されているだけでなく、教義化できない世俗価値との折り合いにも柔軟な体質はある

カトリックは腐敗してから、徐々に自浄作用が働くというサイクルを繰り返している

https://www.catholicnewsagency.com/news/why-frances-zombie-catholics-are-so-powerful-85256
“Zombie Catholics share certain symptoms: Not only do they hail from regions where resistance was greatest to the
French Revolution, but they also have taken advantage of the benefits that flowed from that seismic event,” Zaretsky wrote.

“Highly educated and meritocratic, they also privilege a traditional ordering of professional and domestic duties between
husbands and wives; strong attachment to social, community, and family activities; and a general wariness over the role of
the state in private and community affairs, including ‘free schools’ (Catholic private schools).”

カトリックを何度死んでも蘇るゾンビに例える声もあるが、歴史が長く失敗の蓄積も膨大なことから、
反省点も糧に都度改良していったということだ

162やまとななしこ2018/10/09(火) 22:08:51.56ID:VaRraEig
>>161

https://ja.wikipedia.org/wiki/対立教皇

第一十字軍の発端は、ローマやラベンナに入ることができず神聖ローマ皇帝と対立して弱体化した教皇ウルバヌス2世が
ビザンチン帝国からの要請に対する会議で「Deus Vult」と叫んだ領主の一人の声に賛同するものが多くいたので雰囲気に
のったことに由来する

その後ウルバヌス2世は、犯罪者に兵士になれば免罪する前代未聞の策を用いた
ウルバヌス2世が十字軍を計画する丁度1ヶ月まえには、最大の支持者であるフランス国王フィリップを破門しており関係が悪化していた
(フィリップは以後も何度も破門され、そのたびに面従腹背をくり返し、破門と破門解除をくり返した)

https://ja.wikipedia.org/wiki/クレメンス3世 (対立教皇)

クレメンス3世は対立教皇の中でもグレゴリウス7世から数えて4代にわたってローマで強大な影響力
を保持し、その実力は正当とされている教皇を上回っていたことから正式な教皇と見なされることもある。

https://en.wikipedia.org/wiki/Pope_Boniface_VIII#Conflicts_with_Philip_IV

ローマ教皇ボニファティウス8世の例でもわかるとおり、カトリック教会のトップである教皇は1302年でさえ国王によって実質的に
殺された歴史もあり、国家権力や他のキリスト教国と時勢によって同床異夢・異榻同夢であっても同一ではない

163やまとななしこ2018/10/09(火) 22:09:35.31ID:VaRraEig
>>162

ポルトガルはキリスト教・イスラム教の戦争が激化した時期にモロッコの沿岸部を領地にし
トルコとの戦争を有利にすることを目的とした

この沿岸部ではイスラム教徒の奴隷貿易が大きな利益を出しており、大航海時代のポルトガルが
奴隷貿易を高利の商売として認識することになる継続した

https://en.wikipedia.org/wiki/Romanus_Pontifex
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0f/Portuguese_Morocco.PNG


Portuguese ventures were intended to compete with the Muslim trans-Sahara caravans, which played a key
role in the highly profitable Muslim slave trade and also held a monopoly on West African gold and ivory.[15]

The Portuguese claimed territorial rights along the African coast by virtue of having invested time and treasure
in discovering it; the Castilian claim was based on their being the heirs of their Visigoth ancestors. In 1454 a
fleet of caravels from Seville and Cadiz traded along the African coast and upon their return, were intercepted
by a Portuguese squadron. Enrique IV of Castile threatened war. Afonso V appealed to the Pope for moral support
of Portugal's right to a monopoly of trade in lands she discovered.[16]

164やまとななしこ2018/10/09(火) 22:10:41.58ID:VaRraEig
>>163

キリスト教世界でよりも、何の根拠もない思い込みの陰謀論が幅を聞かせる日本のほうがローマ教皇を
過大評価していることは明らかだ

ヨーロッパでは短期間を除いて何よりも王権が強かったというのが一般的な受け止められ方だろう

アレクサンデル6世やウルバヌス2世のように政治権力が弱く権力維持に奔走した精神異常者もいた
ボニファティウス8世にいたってはフランス国王に半ば殺されている

こうした歴史は知らずに、被害者カードをちらつかせるのは自称保守に朝鮮人が多い証左だろう

日本人が普段特定国のターゲットにされている偏見の類似物をヨーロッパ諸国に対してぶつけるているわけだが
当事者が死に絶えた500年前のことに怒りを覚えるのだから極めて儒教的ではある

つかのまの道徳的勝利で薄っぺらく安っぽいプライドを満足することに熱中し破滅に向かうのは極めて朝鮮朱子学的と言えるだろう

165やまとななしこ2018/10/09(火) 22:11:27.69ID:VaRraEig
>>164

インディアンの衰退は、アメリカにも非はあることはあるが、インディアンもかなり初期から非道な行為を行っており
非軍人の武装化の契機となった

またフランス側についたインディアンが拉致や虐殺を繰り返したことが業となり、滅亡したと言えないでもない

https://en.wikipedia.org/wiki/Indian_massacre_of_1622

The owhatan grabbed any tools or weapons available and killed all English settlers they found,
including men, women, and children of all ages. Chief Opechancanough led a coordinated series
of surprise attacks by the Powhatan Confederacy that killed 347 people, a quarter of the English
population of the Virginia colony.

ブッシュ家、マケイン家、ウィルソン(要確認)や他の重要な一族(建国の父を含む)にはインディアンの血が入っているとされる

166やまとななしこ2018/10/09(火) 22:11:27.72ID:VaRraEig
>>164

インディアンの衰退は、アメリカにも非はあることはあるが、インディアンもかなり初期から非道な行為を行っており
非軍人の武装化の契機となった

またフランス側についたインディアンが拉致や虐殺を繰り返したことが業となり、滅亡したと言えないでもない

https://en.wikipedia.org/wiki/Indian_massacre_of_1622

The owhatan grabbed any tools or weapons available and killed all English settlers they found,
including men, women, and children of all ages. Chief Opechancanough led a coordinated series
of surprise attacks by the Powhatan Confederacy that killed 347 people, a quarter of the English
population of the Virginia colony.

ブッシュ家、マケイン家、ウィルソン(要確認)や他の重要な一族(建国の父を含む)にはインディアンの血が入っているとされる

167やまとななしこ2018/10/09(火) 22:12:44.33ID:VaRraEig
>>166 >>1

日本が人口減少し、競争力は急激に下降した衰退国であり
軍事的には米軍がなくては核武装した隣国から独立を守ることもできない弱小国だという現実がわかってない連中がいるようだな

世界を支配している圧倒的な強者であるキリスト教を敵に回せると考えてるのは
現実を直視できない共産主義者や国家社会主義者に多くいるようだが、自衛官、防衛関係者も
不可能だと見切っている孤立政策を言い張る連中は実に滑稽だ

それにキリスト教国が怒ったら何をするかは先の戦争で身にしみているだろう(戦後は教皇庁に助けてもらって国体は維持できたようだが)

168やまとななしこ2018/10/09(火) 22:13:08.06ID:VaRraEig
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E5%88%B6

大日本帝国憲法はプロイセン王国やベルギー王国の憲法を参考に作成されたと言われている。
伊藤博文は、ヨーロッパでは議会制度も含む政治体制を支える国民統合の基礎に宗教(キリスト教)
があることを知り、宗教に替わりうる「機軸」(精神的支柱)として天皇に期待した。

wordcage@wordcage
2015年4月24日
天使や聖人が御利益別に細分化されているのを見ると、キリスト教って多神教的だなと思う。

のびくん28号@nobikun28
2017年12月15日
日本仏教は一見多神教に見えますが、構造はキリスト教のような一神教にむしろ近いと思います。
キリスト教にも主の元に天使が何人かおられますが、お釈迦様の説かれた法(法華経など)の元に
菩薩や明王がおられ、それらはキリスト教の天使に似た存在だと僕は考えています。ただ菩薩や明王も神通力を持つ。

@rhapsoddd
2017年12月7日
欧米と日本の比較で一神教だ多神教だって言うけど、実際のところ、キリスト教だって神の名前じゃ
ないだけで守護聖人とか天使とか悪魔とかいるんだからそんな変わらない気がする

169やまとななしこ2018/10/09(火) 22:28:12.37ID:G2eRqf37
幼小中高とカトリックの学校行ったけど、どうも生理的に合わないな。聖書に書いてあることが傲慢なんだよ。

170やまとななしこ2018/10/09(火) 22:28:56.53ID:THI4AtC7
宗教は、役に立つとか立たないとかいうものではない
理性を超えて、その文化圏における価値判断に関わる
ようなもの

171やまとななしこ2018/10/09(火) 22:31:21.92ID:VaRraEig
>>107 >>108 >>109 >>110

反米愛国カルトは朝鮮朱子学の亜種のため精神的には韓国と同レベルの火病持ちだ
スペイン商人の奴隷貿易を21世紀でも持ち出すのであれば、原爆やシベリア連行は1000年恨むだろう

キリスト教国とキリスト教は16世紀よりはるかに強大になっているというのに、頭の中がいまだに中世・近世の勢力図に
囚われているのも滑稽だ

もはや海が国を守ってくれる時代ではないのに、5世紀も前の勢力図から脳がアップデートでき
ておらず、情勢変化を直視することを頑なに拒否する

自衛隊の研究では日本列島の防衛には同盟国は必須だ

地図を見れば分かるが、日本に隣接しているロシア、中国、北朝鮮は同盟国どうしだ

韓国も信頼ならないし、北朝鮮の核をアメリカが認めて撤退すれば赤化統一する可能性もある
フィリピンも将来的に中国の圧力に屈して、露中と同盟する可能性もある
(キリスト教化したロシアについては自己改革を促す方針であり滅ぼす対象からは外れる)

現代の日本のような立地で孤立していれば、中国一国の通常戦力でさえ持て余す
中国には、中国を一度でも侵略した国家は中国の一部になるという思想がある

中国に支配されれば圧倒的な人口数を背景に漢民族が移住し、日本人の土地や資産は全て漢民族
が所有することになり、現地の一部族である日本人は文字通りの奴隷となるだろう
(清王朝が滅亡した際に女真族が中国で虐殺された故事もある)

中国が日本を侵略するのであれば戦闘機の補給線を狭め、滞空時間・航続距離を長くするために、
五島列島、沖縄から徐々に侵略し九州に上陸するだろう

また島国である日本は潜水艦や機雷による海上封鎖に弱く、文字通り経済は壊滅状態になり長期的な戦争継続は不可能だ

中国はロシア等の伝統的な同盟国から資源や支援を得られるだろうし、ロシアも日本が不利と見るや北海道や東北、関東
に進軍するだろう

それで中国やロシアと戦いたいから同盟を組みたいと日本がオファーして受けいれてくれる国は存在するのかという問題が残る
そんな国は自由主義国のリーダーであるアメリカ以外に存在しない

172やまとななしこ2018/10/09(火) 22:36:35.71ID:VaRraEig
>>171 >>107 >>108 >>109 >>110

キリスト教国のアメリカを怒らせるには、日本にいる少数派であるキリスト教を壊滅させるだけで十分だが、これの影響は計り知れない
日米同盟を解消され同盟国でなくなるどころか、反キリスト教陣営になることで経済制裁も合わせて受ける

貿易が減少し貧困が蔓延し民主主義を維持するのは難しくなり、安定を維持するために全体主義に突き進むかもしれないし、
クーデターや内戦が頻発するだろう
追い詰められて助けを求める国は中国かロシアとなるが、両国とも日本を対等な国家ではなく属国・植民地として扱うだろう

では核を持てば良いと安易に考えるかもしれないが、北朝鮮を見れば国民生活に負担がかかりすぎる
核を持たないのであれば、言いがかりを受けて中国や周辺国の侵略を受けるだろうが、助けてくれる国は存在しないだろう

安易な宗教対立を現代に行えば破滅的な結果をまねく可能性もある一例ではあるが
宗教対立を煽ったり特定宗教、特定宗派を攻撃する連中は宗教戦争を招きこんで国際関係を破滅的な状況にしかねないため
有事の際には安全策として粛清対象となる可能性が高いので注意すべきだろう

勘違いしているものがいるようだが国際関係を破綻させ日本経済を破綻させるか、経済を崩壊させて貧困を
蔓延させ日本の共産主義化・国家社会主義化を企てる悪党に人権も生存権も認める道理がないだろう

173やまとななしこ2018/10/09(火) 22:37:15.16ID:VaRraEig
>>172

反米を安易な気持ちで行うものがいるがキリスト教が世界宗教であり、キリスト教国が世界秩序であることに変わりはない

むしろ競争相手の過小評価と、自己の過大評価と思い上がりで、悪党とみなされて余裕の二正面作戦で虐殺された事実をこそ思い起こすべきだろう
共産主義やら国家社会主義といった疑似科学の力を過剰算定し、キリスト教国の勢力を見誤ってキリスト教国
に滅ぼされたときの血さえ乾ききってない

174やまとななしこ2018/10/09(火) 22:37:38.54ID:VaRraEig
>>172

シナリオとしてキリスト教徒を弾圧後に、日系人や亡命者が米軍の支援を
得て反キリスト教国家として世界に認知された日本に侵攻して、唯物論社会主義カルトを虐殺しつくす可能性はありえないわけではないが

しかし自衛隊の面子もプライドも、国益も守れないのだから、やはり面倒ごとである唯物論カルトは駆除しておいた方が良い
という結論になるだろう

つまりは反米保守とやらは良くて弾圧・獄門、悪ければ虐殺の未来しかない

175やまとななしこ2018/10/09(火) 22:37:59.80ID:VaRraEig
>>174

キリスト教国の底力と一旦敵になったときの情け容赦なさを甘くみる反キリスト教カルトは共産主義者や、共産主義者が扇動した反米愛国カルトだろう

また共産主義者は唯物論、国家社会主義者は朝鮮朱子学カルトであり、ヒンドゥーやイスラムに対する敬意もないため、イスラム国家やインドと協調は難しいだろう

現在の国際秩序はキリスト教国家であるアメリカが形成しており、さらにロシアまでキリスト教国にはいってしまった
ことで、そうでない国家は仲間はずれにされる可能性が高まっている

日本の外交は今まで以上に慎重な姿勢が求められるだけでなく、一歩誤ればナチスの二の舞いになりかねず
反米保守の巻き添えをくうことになる

仮にキリスト教国が衰退していると夢想しているにしても、そうした連中はマルクス主義や
新マルクス主義に洗脳されているだけだ

この連中は反米ではあるが、親中国であり、中国を侮蔑しながらも中国と仲良くするしかない
中国の属国になるべきだとの共産主義そのまま思想をもつ

176やまとななしこ2018/10/09(火) 22:38:21.15ID:VaRraEig
>>175

イラクやリビヤ、イスラム国もそうだったが、反米、反キリスト教をかかげた連中の末路はどれもひどいものだ

イラクは経済制裁を受けても原油があったが、日本にイラクの原油に匹敵する資源は無いので、孤立の道を
進めば北朝鮮クラスの国力に落ちて餓死者だらけになるだろう

ましてや共産主義の脅威なるものもない今、一度敗戦して欧米風の自由主義になったはずの日本が思い上がって世界秩序・世界宗教である
キリスト教を攻撃したら今度は容赦してくれないだろう。さらにキリスト教徒がいなければ攻撃モードに入ったアメリカ人を取りなして
国際世論を軟化してくれるものも皆無となる

国体が完全に解体されるか、中国人の奴隷になるなり中国の一部になる選択しかなくなるわけだ

有事の際の危機管理として国際関係を維持するという観点から反米、反キリスト教はむらなく駆除するという
結論に至るのは不可避だろう

反ユダヤ人も危険度は弱いがリスクはあるため、面倒だが駆除しておくと良いと考えるものもいるだろう

177やまとななしこ2018/10/09(火) 22:38:49.73ID:VaRraEig
>>176

虐殺を免れることができても四国あたりにグアンタナモ日本支部ができ、そこで反米、反キリスト教唯物論カルトは
拷問されスパイ・工作員になれるチャンスぐらいは与えられるかもしれない

大東亜戦争の時代でさえアメリカの片手間二正面作戦で滅ぼされたのに
江戸時代、昭和の時代よりはるかに弱くなった日本が分をわきまえず思い上がるなら未来はない

自由主義とは自由競争であり、競争に慣れ悪意に対して手段を選ばず向き合えるアメリカを敵にできるほど日本の実力がある
のか少し冷静になって考えたほうが良い

反米保守は日本の技術競争力に一ミリグラムも役にたたず、努力も向上心もない連中なのだから、そんな連中が
自由な裁量と、自由な競争で百選練磨のアメリカ人やキリスト教を上から目線で評論する自体が滑稽極まりない

むしろ日本人が過去アメリカが優遇してくれた結果として維持できた繁栄を維持するためには
自由主義(自由と正義)を受容し、アメリカと対等に平和的に競争できる国を目指すしかない
内戦やクーデターがおきるとしたら、それをどう実現し、そのために必要な血を流すべき連中の選択と整理が始まるだろう

178やまとななしこ2018/10/09(火) 22:39:10.09ID:VaRraEig
>>177

歴史とは無数の事実の積み重ねからなる。キリスト教が世界宗教、世界秩序であることは、いくら理論や仮説を積み重ねても覆すことができない

歴史が真実を表すのであれば、キリスト教が正しいことをしたからこそ今日の強大な勢力があるということだ
これは無数の事実から生まれた成果なのであり、キリスト教に罵詈雑言をいくら浴びせても事実を打ち負かすことはできないのである

反キリスト教の活動を行うもの、それを憂慮するものはロシアが短期間でキリスト教化したことを恐れるべきだ
なぜなら反キリスト教をやった帰結として、ロシアが日本国内のキリスト教徒を守るためと称して侵略して来ることさえもありえるからだ

日本は中国の隣国でもあるが、新たに生まれたキリスト教国ロシアの隣国でもあるのだ
欧州やアメリカの考える未来としてはプーチン後のロシアであり(悲観論もあるようだが)民主化すると考えるものが今でも少なからずいる
それがアメリカのロシアに対する姿勢の軟点となっている

キリスト教の現在の日本での状態を表現するならば「アンタッチャブル」こそが適当だろう

日本でのキリスト教に信徒数は驚くほど少なく声は小さいが世界秩序の中で見れば多数派という奇怪きわまりない状況だ
これには当然リスクもある

なぜなら数が少ないということは、日本を包囲する国際情勢をわきまえぬ思考能力に欠けたものが
反キリスト教の一線を超える日本の存立を脅かす甚大なリスクがあるからだ

競争に遅れをとり、没落する弱小国など、米ロEUといったキリスト教国家郡からすれば
クシャミをすれば吹き飛ぶ程度の存在であり、キリスト教徒が何らかの偶発的な事件で被害をうければ国家を取り潰されかねない

179やまとななしこ2018/10/09(火) 22:39:35.70ID:VaRraEig
>>178

欧州やアメリカの考える未来としてはプーチン後のロシアであり(悲観論もあるようだが)民主化すると考えるものが今でも多くいる
まだプーチンが民主的に選ばれていた時期、プーチンはEUとアメリカで高く評価されていた

現状アメリカはキリスト教化した全体主義者(プーチンは偽装キリスト教だと現在考えられている)が支配する侵略国家ロシア
とどう付き合うべきかで揺れている

https://www.uscirf.gov/news-room/press-releases/russia-uscirf-condemns-enactment-anti-terrorism-laws
“These deeply flawed anti-terrorism measures will buttress the Russian government’s war against human rights
and religious freedom,” said USCIRF Chair Thomas J. Reese, S.J. “They will make it easier for Russian authorities
to repress religious communities, stifle peaceful dissent, and detain and imprison people. Neither these measures
nor the currently existing anti-extremism law meet international human rights and religious freedom standards.”

正教とカトリックは歴史的に見れば系列教会であり、プロテスタントも本流の教会となった西欧、アメリカ、その他キリスト教国では
教会の違いは反キリスト教国家との違いと比べれば微小であり、反キリスト教との戦いでは団結すべきと考えるだろう
(教会分離後もビザンチン帝国や正教の諸国に何度も援軍を送るようバチカンはキリスト教諸国に要請)

日本人が辺境の弱小国であるのに分をわきまえず反キリスト教(朝鮮カルトは除く)をやっても余裕で駆逐されるだけだ

繰り返すが反キリスト教に加担した宗教や団体は完全に消滅されられるだけだ
辺境弱小国のローカル宗教であるとの自己の宗派の力量を理解してから行動することだ

保身を考えるのであれば、いたずらに挑発するのは逆効果となるのは自明だが
その程度の判断もできないのであれば、これまで蓄えた資産も地位、信仰、教義も全てを失うことになるだろうが、選択する自由はある

180やまとななしこ2018/10/09(火) 22:39:57.44ID:VaRraEig
>>179

キリスト教の神が悪魔であったと主張するものがいるが、反キリスト教を煽って有事の際の危険リストに入り駆除されるだけだろう
その際、無神論者や異教徒は、悪魔でなく自らの非力と自らの神(その他信仰対象)の非力をこそ呪うべきだろう

無神論者や異教徒の信念や教義が真理なら悪魔であるキリスト教徒が報復で何万人殺そうが資産没収し迫害しようが、生き残るはずだから心配ないはずだ
万が一神仏に見捨てられて殺さたり全てを奪われても自身の道徳的勝利を信じて死ねばよい
反対に悪魔とされるキリスト教側は、実力をわきまえずに自ら挑発した自業自得の破滅願望(自殺願望)のある異教徒や無神論者を屠殺するだけで何ら問題は無い

だが人類の歴史はキリスト教による世界秩序を許容した
キリスト教が邪教どころか、歴史は反キリスト教の思想や宗教こそが邪教である可能性を示唆する
神の法に従ったキリスト教国が勝者として君臨し世界秩序の保持を許されるのであれば、キリスト教の神こそが正しいことになるだろう

キリスト教を邪教とするならば、世界宗教である邪教から自らの宗教が邪教認定され迫害される覚悟は当然持つべきだろう
なぜなら野蛮で残虐な邪教と自ら主張しているのだから、自らの主張通り邪教に惨たらしく殺され、これまで維持した真理を維持する聖なる教団・社の資産を
奪われることを受け入れるべきであり、その破滅的結果を自らの意思によって求めた自らの実力を知らぬ愚劣さをこそ自覚すべきだ

しかし真実は半世紀前にその邪教国や邪教徒に神道や仏教は寛大にも許された、だが二度目はないと肝に銘じるべきだ

181やまとななしこ2018/10/09(火) 22:40:20.61ID:VaRraEig
>>180

キリスト教から派生する自由主義(自由と正義)の旗印に集まるキリスト教国は話を聞く態度は示すが
必要とあらば滅ぼすのをためらうことはない

キリスト教国の底力と一旦敵になったときの情け容赦なさを甘くみて、キリスト教国の慈悲に甘えているのは
わかったが、それはあくまでもキリスト教や自由主義に協力するのみにおいて保証される加護であって、反キリスト教になった時点で
その加護と保証は消滅する

カナダ人のジョークにアメリカと違って対立する双方の意見を聞いてから悪いやつを殺すのがカナダ流だというのがある

キリスト教を嫌い、キリスト教国を滅ぼそうとする(自由主義とキリスト教の)敵を滅ぼしてはいけないと雄弁するのは勝手だが
自分たちはキリスト教やキリスト教国を破壊してもよいが、悪意をもつ自分たちは滅ぼされるべきでないというのは随分都合の良い主張ではないか

182やまとななしこ2018/10/09(火) 22:40:52.26ID:VaRraEig
>>181

「井の中の蛙大海を知らず」

日本の国際競争力の衰退を理解しようとしない人間がたまにいるが
自らの保身に関わる時には幼児性退行が進行し、自らの認知する(国際社会から隔離された狭い)
世界と自身(とその利己心)が絶対に正しいと信じるようになる

自我を保つために、誤っていると分かっても、他者の進歩と強さを全否定する

自らの利己心に好都合だが全体としては欠陥のある社会が普遍であると持ち上げたり
時代遅れの社会を全肯定する。明らかに負けているのに、自らが勝者であると宣言したり、
(肥大しきった自我を壊しかねない)敵が自滅すると妄想さえする

現実逃避が防衛機能として働くのであり、自己信仰・利己主義というエゴイズムによって現実から乖離する傾向を見せ始める
時には、人間論、道徳論に逃げて、技術や社会の変化に対応できず、従来の常識から脱せない

183やまとななしこ2018/10/09(火) 22:41:07.08ID:VaRraEig
>>182

日本人は同質性の追求と異質の排除に夢中になるため、何か気に入らないものは全て
劣ったものとして、おとしめて優越感に浸る

朱子学的な「正統」重視であり、人間がやる気を持続させるために必要な感情のいくつか
を過度に抑制することに繋がる

自ら向上心を持つことでキャリアを自由に切り開くというのが苦手となることを意味し
思考力の大半が組織内の上下関係に向く序列主義指向、細事の失敗に対してさえ侮蔑をする
末期的精神傾向を導く

ナポレオンの格言に「敵が間違いを犯している時は、邪魔するな。」という言葉がある

ナポレオンの敵が、旧来の戦場の常識に囚われ、ウェリントン等が現れる実に10年間
近くも時代遅れの戦術・編成に固執し続けたことを皮肉ったものだが、 日本人を敵視
する連中からすると変えてほしくない気質だろう

日本人が自らの間違いと病を克服できる力が残されているかは、時間が証明するだろう

そして残された時間は長くない

184やまとななしこ2018/10/10(水) 05:09:34.13ID:UQk28wEx
キリスト教では愛だの赦しだのといったきれいごとを言っているわりには
神の名のもとに正義を振りかざして他人を成敗することばかり考えているが、
我が国の仏教においてはそのような「正義」自体が人間の脳みそにわいた
一種の妄想に過ぎないことを指摘し、妄想に基づいて行動することを戒める。

どちらが優れた考え方であるかはいうまでもなく、低レベル極まりない
キリスト教を日本のような仏教国で振り回す外道は無間地獄逝きは決定である。

185やまとななしこ2018/10/10(水) 05:09:38.92ID:UQk28wEx
キリスト教では愛だの赦しだのといったきれいごとを言っているわりには
神の名のもとに正義を振りかざして他人を成敗することばかり考えているが、
我が国の仏教においてはそのような「正義」自体が人間の脳みそにわいた
一種の妄想に過ぎないことを指摘し、妄想に基づいて行動することを戒める。

どちらが優れた考え方であるかはいうまでもなく、低レベル極まりない
キリスト教を日本のような仏教国で振り回す外道は無間地獄逝きは決定である。

186やまとななしこ2018/10/10(水) 06:25:53.54ID:j83ixvvT
>>184

一方的な道徳的勝利なら小学生でもできるが、反キリスト教という理解で良いのか?

187やまとななしこ2018/10/11(木) 20:12:01.79ID:a4M2LPUl
白人は白人以外に残酷すぎる

188やまとななしこ2018/10/11(木) 20:31:52.39ID:Lt+E3Hph
ジュンパヨク堂さんですか

189やまとななしこ2018/10/11(木) 20:40:44.12ID:nFYfFH/l
全能の神は、最低限 宇宙の全てより大きい(内包する)

は、よく使うけどなぁw

190やまとななしこ2018/10/11(木) 20:41:07.78ID:M9gwFKun
ラブホ経営者だけどクリスマスなくなると困るんだよ
キリスト様様ですよ

191やまとななしこ2018/10/12(金) 03:08:02.27ID:Q0It0LBd
「聖なる、真実な主よ。いつまでも裁きを行わず、地に住む者に
私たちの血の復讐をなさらないのですか。」
額に神の印を押されていない人間にだけ害を加えるように言い渡された。
四人の御使いが、人類の三分の一を殺すために解き放たれた。
口からは火と煙と硫黄とが出て、人類の三分の一は殺された。
「この世の国は私たちの主およびそのキリストのものとなった。
主は永遠に支配される。」「万物の支配者、常にいます神である主。あなたが、
その偉大な力を働かせて、王となられたことを感謝します。諸国の民は怒りました。
しかし、あなたの御怒りの日が来ました。死者の裁かれる時、あなたの僕である
預言者たち、聖徒たち、また小さい者も大きい者もすべてあなたの御名を恐れ
かしこむ者たちに報いの与えられる時、地を滅ぼす者どもの滅ぼされる時です。」
「行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に向けてぶちまけよ。」
第一の鉢を地に向けてぶちまけた。すると、獣の刻印を受けている人々に、
ひどい悪性の腫物ができた。第二の鉢を海にぶちまけた。すると、海は
死者の血のようになった。海の中の命あるものは、みな死んだ。第三の鉢を
川と水の源とにぶちまけた。すると、それらは血になった。
「常にいまし、昔います聖なる方。あなたは正しい方です。なぜならあなたは、
このような裁きをなさったからです。彼らは聖徒たちや預言者たちの
血を流しましたが、あなたは、その血を彼らに飲ませました。
彼らは、そうされるに相応しい者たちです。」
獣と偽預言者は、硫黄の燃えている火の池に、生きたままで投げ込まれた。
残りの者たちも、馬に乗った方[キリスト]の口から出る剣によって殺され、
すべての鳥が、彼らの肉を飽きるほどに食べた。
(ヨハネの黙示録より)

192やまとななしこ2018/10/12(金) 13:37:56.24ID:Q0It0LBd
オウム真理教の麻原彰晃と
ユダヤ教・キリスト教・イスラム教に共通のモーセやヨシュア の
共通点。どちらも
(1)圧倒的影響力のある指導者が、
(2)宗教的理由付けによって殺人を正当化し、
(3)それを命令し、
(4)信奉者たちが、その命令にしたがって殺人を実践した。
(5)殺人命令を受けた信者たちは、もしその命令を 実行しなかったら、彼ら自身が
ひどい目に遭うであろう、と 脅されました。
もし、オウム真理教の信者であれば、坂本弁護士の家族は、そのままほっておけば、
悪行を重ねて地獄に堕ちてしまうので、シヴァ神の指示にしたがって、
ポアすることによって、善趣へ転生させてやるのが慈悲の行為になります。
もし、旧約聖書の神を神とする信者であれば、ヤハヴェ神の命令に従って、
幼児殺しとミデアン民族を絶滅させることが信者の取るべき正しい行動となります。

193やまとななしこ2018/10/12(金) 14:02:54.75ID:Q0It0LBd
天国の描写
玉座があり上に座っている方は、碧玉や赤めのうのようである。玉座の周りには
エメラルドのような虹が輝いている。また、玉座の周りに二十四の座があって、
それらの座の上には白い衣を着て、頭に金の冠をかぶった二十四人の長老が
座っている。玉座からは、稲妻、さまざまな音、雷が起こる。また、玉座の前には、
七つのともし火が燃えている。また、玉座の前は、水晶に似たガラスの
海のようである。この玉座の中央とその周りに四つの生き物がいて、前にも後ろにも
一面に目がある。第一の生き物は獅子のようで、第二の生き物は若い雄牛のようで、
第三の生き物は人間のような顔を持ち、第四の生き物は空を飛ぶ鷲のようである。
この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その周りにも内側にも、
一面に目がある。彼らは、昼も夜も絶え間なく
「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、全能者である神、主、かつておられ、
今おられ、やがて来られる方。」 と言い続ける。
東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門がある。都の城壁には
十二の土台がある。この都は四角い形で、長さと幅と高さが同じで、天使が物差しで
都を測ると、一万二千スタディオンである。また、城壁を測ると、
百四十四ペキスである。これは天使が人間の物差しによって測ったものである。
都の城壁は碧玉で築かれ、都は透き通ったガラスのような純金である。
都の城壁の土台石は、あらゆる宝石で飾られている。
第一の土台石は碧玉、第二はサファイア、第三はめのう、第四はエメラルド、
第五は赤縞めのう、第六は赤めのう、第七はかんらん石、第八は緑柱石、
第九は黄玉、第十はひすい、第十一は青玉、第十二は紫水晶である。 また、
十二の門は十二の真珠であり、どの門もそれぞれ一個の真珠でできている。
都の大通りは、透き通ったガラスのような純金である。
(ヨハネの黙示録より)

194やまとななしこ2018/10/14(日) 23:20:03.81ID:4KWpkmsx
マタイ10:14
あなたがたを迎え入れもせず、あなたがたの言葉に
耳を傾けようともしない者がいたら、その家や町を出て行くとき、
足の埃を払い落としなさい。はっきり言っておく。裁きの日には、
この町よりもソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む。
マルコ16:16
信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。
ヨハネ3:36
御子を信じる者は永遠のを持つが、御子に聞き従わない者は、
いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。
ヨハネ8:24
だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、
わたしは言ったのである。「わたしはある」ということを信じないならば、
あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。
第2テサロニケ1:7
それは、主イエスが炎の中で力ある天使たちを率いて天から現れる時に実現する。
その時、主は神を認めない者たちや、わたしたちの主イエスの福音に
聞き従わない者たちに報復し、そして、彼らは主のみ顔とその力の栄光から
退けられて、永遠の滅びに至る刑罰を受けるであろう。

195やまとななしこ2018/10/15(月) 00:05:06.83ID:3QuKOFSA
モーセの十戒において際立っているのは、「殺してはならぬ」という戒めが、
十戒においては六番目という極めて低いところに位置づけられていることです。
モーセの十戒においてもっと重要な戒めはむしろ、神への忠誠なのです。
第一の戒めも、第二、第三、第四の戒めも、すべて神への忠誠に関するものです。
これは、神が絶対君主だからです。
したがって、例えば神がモーセやヨシュアに殺人を命令する時、
神が命令した殺人は正義になります。神の意志が正義を決定するのであって、
わたしたち人間が正義だと思っていることなど神にとっては関係ないのです。
「ここに書いてある神を神とする宗教」の信者であれば、
神の命令に従って、殺人を忠実に行うことが信者の取るべき正しい行動となります。
聖典である聖書の神自身が殺人や戦争を命令するのですから、
歴史における頻繁な宗教殺人や宗教戦争は、
聖書の教えに忠実であったがゆえになされたと考えられます。

196やまとななしこ2018/10/15(月) 01:40:42.96ID:gzJ/UBOu
いくら仏教の方が優れているといっても、あまりにも哲学的過ぎて難しいから庶民受けしないような
だからといって庶民に難解な上流階級の流儀を叩き込んでもなんの意味もない
人々に説くために創られたものの方が分かりやすくて良いと思う
勿論、難しいヤツが分かってる自分格好いいってなら、それは別の話だけど

197やまとななしこ2018/10/15(月) 02:45:48.09ID:3QuKOFSA
「今日の食事がいただけることを天のお父様に感謝します」みたいな
お祈りがあります。キリスト教ではよくある食事前のお祈りです。しかし、
この食事を作った人がいます。その材料は農家や漁師の人たちの努力によって得られ、
様々な流通関係者の手によって届けられます。また、その食事をするためのお金は
働き手が得たものです。つまり、私たちの日々の生活は様々な人の活動によって
支えられているわけです。神に感謝するよりも、人に感謝すべきではないでしょうか。
三浦綾子氏は「旧約聖書入門(光文社文庫)」の中で、空には無数の星があり、
それらが一つの法則にしたがって運行している(これも造物主のなせる技)、
それに比べたら月に行ったと言っても大きな顔は出来ない、と言うようなことを
書いています。しかし、人類を月に送ったのはもちろんのこと、
三浦氏が言及している宇宙の星々の運行(さらに銀河の構造)を解き明かしたのは
人間(科学者たち)です。神も聖書も何も教えてくれず、何の手助けもしてくれません。
このことを三浦氏はどう考えているのでしょうか。
何もしてくれない神や聖書を持ち出して、何かをなし得た人間を不当に低く評価する、
私には非常に傲慢なことのように思えます。

198やまとななしこ2018/10/15(月) 03:13:31.23ID:QwVf/K4P
世界中に戦争を振りまいた悪魔の宗教だろ 排他的なところが問題だね
基本的に共存共栄の考え方ではない キリスト教以外は排除しようとする思想が根本的に危険

199やまとななしこ2018/10/19(金) 21:21:38.51ID:yaUjQXKd
あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子としなさい。(マタイの福音書 28:19)
イエスは、「行って、人々を私の追従者にせよ」、と命令したのです。
宣教への意志とはイデオロギーによる征服への意志になります。
キリスト教を世界宗教にしたてあげた主要な国
ローマ・スペイン・ポルトガル・イギリス・フランス・アメリカ、などがあります。
これらの帝国主義の世界戦略(植民地)合理化のために都合の良いイデオロギーを
提供し、帝国主義の富と力に乗っかってその勢力を広げたのがたのが
キリスト教であったと言えます。
普遍的価値観 + 他人を助ける善人意識 = 帝国主義のイデオロギー
という公式が世界史では成立します。自分の価値観を普遍的なものと思い、かつ、
世界にそれを広めなければ世界は良くならない、というような考え方が
国家目標と結びつき、彼らは必ず自分の欲する形に世界を変革しようとします。

200やまとななしこ2018/12/25(火) 22:18:50.95ID:9+JM4ysc
韓国のキリスト教徒は29.2%、日本のキリスト教徒は1%未満
「秋田の聖母マリア」は、教区司教によって認可された数少ない聖母出現の一つであり、
日本より海外での知名度の方が高い。バチカン(教皇庁)の教理聖省長官の
ラッツィンガー枢機卿(後の教皇ベネディクト16世)によって正式に受理された。
韓国に聖母出現もないし奇跡もおこっていない。何故なのか?
ローマ法王が韓国民に「倫理的に生まれ変わるよう望む」と言ったは正当だろう。
バチカンは日本に神が現れ韓国は神からも見捨てられているのを知っているのだ。

201やまとななしこ2019/01/01(火) 10:50:20.61ID:VF+9ft4k
■「カトリックは在特会よりも危険で監視対象である」by公安当局■

2014年(平成26年)3月19日に、カトリックの反日活動が国会で取り上げられて、その際に国家公安委員長が答弁したのがこれな。
「これは、まず一般論として申し上げますけれども、やはり、諸外国からいろいろな対日の諸工作が仮にあったということで、
そういったことは、実は平素から相当我々も関心を持って、
警 察 が 必 要 な 情 報 は し っ か り 集 め て い ま す 。」
   ↑
ちゃんと情報収集して監視しているそうだwww
正平協よ震えて眠れ。

ちなみに同年10月24日に在特会の件が取り上げられたが、警察庁警備局長は
「(在特会は)いわゆる監視の対象ではありません」とキッパリ明言している。

本当にカトリックが在特会よりも「安全な」団体ならば、
「まず一般論として・・・」と回りくどい説明をせずに、
素直に「カトリックはいわゆる監視の対象ではありません」と明言してもよいはずだ。
そうじゃないということは、公安上の危険性は「カトリック>在特会」とみなされている何よりの証である。

202やまとななしこ2019/01/01(火) 10:50:50.68ID:VF+9ft4k
なお国家公安委員長があえて回りくどい説明しているのは、
バチカン市国との外交問題になることと、バチカン当局そのものが反日活動を使嗾しているわけじゃないからな。
バチカン当局も日本のカトリックを警戒して、これまで教皇選出で大きな役割を果たす枢機卿の任命を渋っていたからな。
前東京大司教の岡田武夫なんか2010年の時点で枢機卿に任命されるとwktkしてたのに任命されないでやんのwww
教皇がなかなか訪日しないのも、パヨチン化した日本のカトリックを増長させてはならないというバチカン当局の深謀遠慮からきている。
日本の正平協は好き勝手にやっているが、バチカンの目は節穴ではないぞ。
もっとも日本政府もヨハネ・パウロ二世の葬儀でかなり格下の弔問使※しか出さないことで、
「ちゃんと日本カトリックを躾けろよ」とバチカンに無言の圧力を加えているがなwww
また日本政府は「教皇」の称号と「聖下」の敬称を拒否し、「法王」「台下」を使い続けるなど、露骨にカトリックに嫌悪感を示している。
(なおコプト教会の長には、ちゃんと「教皇」と呼称しているwww。コプト教会以下に扱われているカトリックm9(^Д^)プギャー)
バチカン当局も日本政府の対応にgkbrして、日本カトリックを粛正しつつある。
 ・司教の中で一番パヨってない前田万葉大司教を枢機卿に任命
 ・さいたま教区司教の谷大二を更迭(書類上は自主的な退任)
 ・東京教区補佐司教の幸田和生を更迭(書類上は自主的な退任)

※カトリック信者の麻生太郎総務大臣(当時)がいたのにも関わらず、川口順子内閣総理大臣補佐官(当時)で済ましている。

203やまとななしこ2019/01/01(火) 10:51:05.94ID:VF+9ft4k
10月24日の在特会の件は
本来ならば公安当局より「在特会は監視の対象」と言質をとって
ネトウヨm9(^Д^)プギャーってやりたかったんだろう。質問者がパヨク民主党議員だし。
でも実際には正反対の答弁がなされて、逆にカトリックの方が危ないということを証明してしまった。
正平協やパヨク界隈はさぞかし悔しかっただろう。
カトリックm9(^Д^)プギャー

204やまとななしこ2019/01/06(日) 13:35:07.01ID:HyZUi7OM
韓国のキリスト教徒は29.2%、日本のキリスト教徒は1%未満
「秋田の聖母マリア」は、教区司教によって認可された数少ない聖母出現の一つであり、
日本より海外での知名度の方が高い。バチカン(教皇庁)の教理聖省長官の
ラッツィンガー枢機卿(後の教皇ベネディクト16世)によって正式に受理された。
韓国に聖母出現もないし奇跡もおこっていない。何故なのか?彼等が邪悪だからだ。
ローマ法王が韓国民に「倫理的に生まれ変わるよう望む」と言ったは正当だろう。
バチカンは日本に神が現れ韓国は神からも否定されているのを知っているのだ。

新着レスの表示
レスを投稿する