【愛媛】 たくさんの生産者とつながりたい... ラジオ局が「愛媛専門通販サイト」を始めた理由[06/25]

1朝一から閉店までφ ★2018/06/25(月) 08:40:12.09ID:CAP_USER
2018年6月25日 08:00
今や「メディア」といえば、Jタウンネットのようなインターネットニュースをはじめ、新聞、テレビ、ラジオと様々。少しずつではあるがオールドメディアには厳しい風が吹き始め、ラジオ業界もその例外ではない。

そんな中で2018年6月20日、エフエム愛媛はインターネット通販サイト「FMマルシェ」をオープンした。なぜこのタイミングで通販サイトを始めたのか、取材してみた。



独自の通販サイトの運営を望む声は以前から

(写真)
FMマルシェのロゴマーク(画像はプレスリリースより)

エフエム愛媛は1982年に全国で5番目の民放FM局として開局し、2017年で35周年を迎えている。今回の「FMマルシェ」は、地元貢献につながるような事業を行うことをめざし、
愛媛県内の選りすぐりのアイテムを全国へ広げていくためのインターネット通販サイト。専用サイトでは地元名産の販売はもちろん、県内で活動するアーティストのCD販売のほか、
「今月のラジオ」と題したサイト内専用番組を制作したり、FM愛媛のパーソナリティが商品の取材を行うなど、通販サイト以外にも取り組みは多岐にわたる。

Jタウンネット編集部が2018年6月22日、エフエム愛媛の販促事業部長である吉本卓也さんに取材したところ、

「以前から独自の通販をしたい、という声があったこと、そして農家の方々から販路の確保などの課題があると伺っていたことから、6次産業化への取り組みが必要だと考えておりました」
と、その経緯を語る。FM愛媛では、平日午前のワイド番組「Fine」で農園を作り子供たちに農業体験をしてもらう「Fine農園」という取り組みがあり、農業との関係はもとより深かったと説明。また、

「ラジオ局がその地域の特産品などを売る通販サイトを作るのは珍しいと思いますね」
と、その独自性についても言及している。そのうえで今後は、

「たくさんの生産者の方とまず繋がりたいですね。まずは愛媛県内でPRを図り、その後に全国の人からの発注を多く受けられるように頑張っていきたいですね」
と述べた。

2018年6月20日から7月31日にかけてはオープン記念のキャンペーンも実施しており、抽選で50人に記念品をプレゼント。6月20日から6月30日までの10日間は、代引き手数料が無料となっている。
http://j-town.net/tokyo/news/localnews/261777.html?p=all

2やまとななしこ2018/06/25(月) 09:01:34.46ID:XdtrZF4v
沢山のパパと繋がりたい?

3やまとななしこ2018/06/25(月) 09:11:22.05ID:pVi+Sjtw
>>1
ラジオの場合は、自動文字起こしプログラムを開発して、
ネット同時配信をすべきじゃないの?

4やまとななしこ2018/06/25(月) 09:20:12.62ID:MC11SS3q
穴兄弟?

5やまとななしこ2018/06/25(月) 09:49:44.58ID:B8MLFsY9
中村が知事辞職したら買ってやる!

6やまとななしこ2018/06/25(月) 20:15:43.36ID:nrFuGYs2
ほう

7やまとななしこ2018/06/25(月) 21:18:53.98ID:sgBQDGTV
いやらしい…

8やまとななしこ2018/06/26(火) 20:36:57.14ID:LfNaEqCp
えっ?

9やまとななしこ2018/06/26(火) 20:59:46.75ID:7Dd3wv8S
エロいな。

10やまとななしこ2018/06/26(火) 21:01:23.39ID:7Dd3wv8S
ポンジュースを満載したリヤカーを引いて訪問販売する
ちょっといいにいさんをぽん引きという。これ豆じゃなくてミカンな。

11やまとななしこ2018/10/06(土) 11:34:41.14ID:fDCleoCQ
量販店で商品を盗み、警備員に暴行を加えたとして、神奈川県警伊勢佐木署は5日、事後強盗の容疑で、
同署地域3課長の警部、大森正和容疑者(41)=横浜市南区大岡=を逮捕した。容疑を認めている。
逮捕容疑は、5日午後10時5分ごろ、同市中区伊勢佐木町の
「ドン・キホーテ伊勢佐木町店」で芳香剤1個と靴下2点(販売価格計1267円)を万引し、逮捕を免れるために
、呼び止めた警備員の男性(30)の胸ぐらをつかんで突き飛ばすなどの暴行を加えたとしている。
男性らが取り押さえ、駆けつけた同署員に引き渡した。
県警監察官室によるとこの日、大森容疑者は午後3時ごろに前日朝からの当直勤務を終え、
午後6時半ごろから約2時間、同期の警察官2人と居酒屋で飲食。解散後、
気分が悪くなり吐いた際に靴下をぬらし、替えの品物を求めて同店に入ったと供述している。
調べに対し「お金を使いたくなかった。レジを探すうち、ばれないと思った」などとも話しているという。
千葉証監察官室長は「警察官として、ましてや幹部警察官として言語道断の行為。
調査結果を踏まえ、厳正に対処する」とのコメントを発表した。

12やまとななしこ2018/10/26(金) 17:27:46.94ID:Lb8vYDXE
坂上忍、小倉智昭等に番組でコメントされたミスター東大ファイナリストで性的暴行で逮捕・起訴された稲井大輝被告。
実はタレント志向の稲井大輝被告は喜んでいると言われています。「辛口の坂上忍さんの番組に出演した過去のトーク力を評価されて、
タレント志向が強まりそうです。寂しがり屋とコンプレックスの裏返しで派手な私生活でした。身体も鍛えてEXILEもびっくりのバキバキの細マッチョでしたから。
『起訴されたのに保釈中で、親がどんだけ権力者だ?』って坂上忍さんもテレビで疑問に思っていらっしゃいましたが、
稲井は、超難関国立大学卒業の歯科医を両親に持つサラブレッドです。お父様は大学で教鞭も執っていらっしゃるからお気の毒です」
彼の境遇は「ミスター慶應の渡辺陽太祖父の成り上がり」とは異なります。「田舎の祖母にまでマスコミが直撃したり、
実家の歯科医院にマスコミが押しかけて営業妨害状態だったりして、親族を疲弊させながら、本人は、外泊してマスコミから逃げたまま。
保釈制度に疑問を感じます。釈明コメントや反論コメントをSNSで発信することもできないくらいに本人も疲弊しているようですが」
成人した被告の事件が家族の連帯責任のような報道を招いたのは親の過保護が問題のようです。「両親は事件を示談にして、
公にならないようにしたかったようですが、犯行を『覚えていない』と主張する稲井被告に被害者側が誠意を感じなかったので、
起訴を免れませんでした。酔っていても無意識に美人に声をかけるのは日常茶飯事だったので。両親は、息子がスカウトマンで稼いでいるとは知らずに、
タワーマンションの高額な家賃を払っていたようです」せっかく入学した東大の籍を死守したかったようですが、
難しそうです。「事件を最初に報じた産経新聞には、『九月の時点で東大生』と書かれていたので、退学したように思われましたが、
今回の報道で東大が知ることになり、処分が近々決まるようです。SNSでは逮捕を喜ぶユーザーがたくさんいて、
多くの人の恨みを買っていたことがわかります。昨年、座間の殺人事件で報じられ服役中の白石隆浩ともスカウトを通じて接点があり、
トラブルがあったようです。金と女でのトラブルが少なくなかったようです」まだ、表に出ていない闇も多そうな稲井被告。更生はできるのでしょうか。

13やまとななしこ2018/11/16(金) 03:50:29.24ID:vAMDjAey
先日の自民党総裁選で安倍総裁3選が決まった直後、本人が記者会見を行った。その記者会見を見ていると、独特の話法であることに気づいた。
話が論理的でもなく、わかりやすくもないが、なぜか頭の中にすんなりと入っていき、気をつけていないと、うなずかされてしまうという珍妙な話法である。
これは大学の教授やジャーナリストは決して使わず、野党の政治家も使わない、たいていの与党の政治家も使わないものの、トップセールスパーソンが使用する話法である。
一言で言えば、お客さまから投げかけられる疑問・質問・反論に答えるためのセールストークのことです。実は、お客さまの反応には一定の型があり、その型ごとに答えを用意するのです。
誤解されやすいのですが、けっしてお客さまを論破するものではありません。むしろ、お客さまに自然に納得していただく、『ノー』と言わせない説得術です」
論破した側は気持ちいいかもしれないが、論破された側は決してそのことを快く思わず、むしろ一生恨むということもある。
安倍首相は決して、議論において人を論破しようとすることはなく、自然なかたちで自分の土俵に引き入れ、支持者ではないような人からも反発を浴びないようにする。
安倍首相を批判する識者などが安倍首相を論破するかのような言動は各メディアやSNSでよく見られるものの、それらの言動は安倍首相支持者からは嫌われ、中間的な人たちからは「感じが悪い」とされる。
そのあたりの状況を見て、安倍首相は独特の話法を使う。「話をそらす」「質問に答えない」などの批判も、普通の人に自然に納得してもらうための技術なのである。
主にセールスマンなどが使っている会話の技術である。断られた時の対応や、反発への反応の仕方などが、会話の技術として確立されている。
論理的に説得するのではなく、むしろ話を展開させたり、納得させるように話を持っていったりすることによって、契約に結びつける。
村西とおるは百科事典のセールスマンとしてトップセールスになり、後には映像作品の監督に転じ、多くの女性を勧誘し、女優としてデビューさせた人物である。
いわば営業の「プロ」なのだ。村西は話法の技術として、「質問話法」「間接否定話法」「繰り返し話法」「実例話法」「聞き流し話法」を挙げている。
安倍首相の国会や記者会見での話法でよく使われるものである。野党やメディアがそれを批判するものの、一般国民に対しては十分説得できるだけの議論ができている。
首相の独特な話法がセールスの話法であることを十分に注意し、厳しい目で見ていかなくてはならない。

14やまとななしこ2018/12/09(日) 17:57:05.92ID:aL94BGab
ばえる(映える) モヤる わかりみ 尊い VTuber 肉肉しい マイクロプラスチック 寄せる スーパー台風 ブラックアウト 半端ないって そだねー

じわる マイナンバー LGBT インバウンド ドローン 着圧 言(ゆ)うて 爆音 刺さる 斜め上 とりま エンブレム

ほぼほぼ エモい ゲスい レガシー ヘイト スカーチョ VR 食レポ エゴサ パリピ 神ってる チャレンジ IoT

忖度 インフルエンサー パワーワード 〜ロス フェイクニュース 草 仮想通貨 オフショル イキる きゅんきゅん 卍 プレミアムフライデー 熱盛

新着レスの表示
レスを投稿する