【福島】会津藩士埋葬の史料発見 「戦死屍取仕末金銭入用帳」の写し 会津若松市[09/25]©2ch.net

1のっぺらー ★ 転載ダメ©2ch.net2017/09/25(月) 18:12:09.16ID:CAP_USER
戊辰戦争で会津藩が降伏した直後の1868(明治元)年10月、
戦死した藩士らが埋葬されていたとする史料が会津若松市で見つかった。
従来は、西軍(新政府軍)が遺体の埋葬を許さなかったとされてきたが、
埋葬場所、埋葬経費などが詳細に記されている。

見つかった史料は「戦死屍取仕末金銭入用帳」の写し。
筆者は不明だが、写しは会津藩の要職を務めた藤沢内蔵丞(ふじさわ・くらのじょう)の子孫が
約40年前に市に寄贈した史料約170点のうちの1点。

会津歴史考房を主宰している野口信一さん(68)が昨年12月、
市史史料目録を整理するため史料を借り受け、内容を確認していた際に発見した。

写しによると、1868年10月3日から同17日にかけ、会津藩士4人が中心となり、
鶴ケ城郭内外などにあった567体の遺体を発見場所周辺の寺や墓など市内64カ所に集めて埋葬した。
発見当時の服装や遺体の状態、名前が記載されているものもある。
このうち、蚕養神社の西の畑にあった22体は
近隣の60代女性が西軍の武士に頼み、近くに葬ってもらったとの記載がある。

戊辰戦争のうち会津戦争では会津藩士ら約3000人が亡くなったとされる。
西軍は遺体の埋葬を許さず、降伏から半年後の1869年2月に現在の会津若松市七日町にある
阿弥陀寺に改葬が始まるまで、野ざらし状態だったと言い伝えられてきた。

地元の歴史関係者によると、この対応が長年、西軍側との感情的な溝を築く要因の一つとなってきた。

野口さんは
「伝染病の発生など衛生面を考えても半年間、遺体が放置されたというのはあり得ない。
 史料から少なくとも500人以上が埋葬されていたと分かる」と話している。

以下ソース:福島民報 2017/09/25 10:22
http://www.minpo.jp/news/detail/2017092545375

596やまとななしこ2018/12/31(月) 18:55:52.88ID:qMsPSs4R
>>595
会津戊辰戦争・戸ノ口原の戦い 日向内記と白虎隊の真相 富田国衛
会津歴史研究会会長 井上昌威
朝日新聞(Web版)
会津物語 石川明夫

照会してこいよwwwwwwwwwwwwwww
教科書も忘れるなよwww
早く!wwwwww
年越しちまうぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

597やまとななしこ2019/01/03(木) 11:43:10.95ID:42uSruyJ
地域分断工作は、単に出身地が異なるだけの同一国民で殺し合いをさせるための布石。
ツチ族・フツ族間で勃発したルワンダ大虐殺が典型例である。
そこまでいかなくても敵対させることで外人が侵略しやすくなる。
薩長とか琉球とかアイヌとか言い出して対立煽ってるのは、寄生民族系やアカ系が仕掛けてるからな。
そういう潜入スパイが言ってる事だと見抜かないと、戦争を招いたり騙されて不幸になるぞー。
所謂ネット上の煽りネタとしての「トンキン」「大阪民国」「修羅の国」「グンマー」とは全く異質なものだぞ。
「トンキン」などは属地的なもので、東京都に住んでいれば、例え本籍が他道府県にあったり、外国人であっても
平等に「トンキン都民」としてm9(^Д^)プギャーされるが、
薩長とか琉球とかアイヌとか言っているのは属人的なものであり、部落差別と同様の悪質な差別主義だからだ。
これらの対象者がどこに住んでいても、関係ないからな。

新着レスの表示
レスを投稿する