【株式前場値動き】午前の日経平均は小幅続伸、半導体関連しっかり 値固めに【12/06 株価】 [エリオット★]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1へっぽこ立て子@エリオット ★2022/12/06(火) 12:57:52.00ID:BuKbagJj
立て子の戯言:実験的にロイター提供の前場値動きを定点観測する試みを行っています。
後場の動きに注目されている方々、及び市況板をヲチして楽しんでいる方々の手助けになれば幸いです。
もちろん中の人も大いに活用して下さいね。お漏らしは程々に。
株式前場値動きとスレタイにつけていますので、スレタイ検索でも活用していただければ幸いです。適宜、>>2辺りにその日の詳細も置いておきます。
5chスレタイ検索 Google検索
https://www.google.com/search?q=5ch+%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%82%A4%E6%A4%9C%E7%B4%A2
マイナスでスタートしてからプラスに浮上、100円ほど上がって続伸で前場終了。
昨夜の米国市場でISM指数の影響から安く終わったことを受けて寄り付きは安かったものの、米株式先物が戻していたり中国のコロナ対策の緩和が後押しになり株価は上昇。フィラデルフィア指数が低かったことから低迷すると思われていた半導体関連銘柄もプラスに転じています。為替がやや穏やかな動きになってきたことから自動車関連銘柄も底堅い動き。原油価格下落に伴い鉱業と石油関連が下落。防衛費の指針が出たことで防衛関連銘柄も堅調。日本がPK戦までもつれながらもクロアチアに破れてベスト8に入れなかったことを受けてサッカー関連銘柄は価値が剥落して大きく下落しています。
後場は引き続き27900円を維持して再開。5日線まで届くかどうかという動きになりそうです。

[東京 6日 ロイター] - 6日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比81円71銭高の2万7902円11銭と小幅に続伸した。前日の株安が重しとなった一方、円安が相場を下支えした。時間外取引の米株先物や、中国・香港株の底堅い動きも投資家心理を支援し、高値引けとなった。

日経平均は、前日の米株安が重しとなって100円超安で始まったが、短時間で切り返し、プラスに浮上した。その後は、前日終値を挟んだ値動きとなった。値がさの半導体関連が総じて堅調で、指数にプラス寄与。米長期金利が上昇する中、保険や銀行株が堅調だった。ファーストリテイリングがしっかりで、1銘柄で指数を36円押し上げた。

市場では「基本的には値固めとなった」(岩井コスモ証券の林卓郎投資情報センター長)との受け止めが聞かれた。ドル/円が136円台後半と、前日の大引け時点の134円台半ばから円安に振れ「(円安への)個別株の反応は異なったが、全体として投資家心理の支えになった」(林氏)との見方が出ていた。

13日の米消費者物価指数(CPI)や14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表に市場の関心が向かう中で「ポジションを傾けにくい」(国内運用会社のストラテジスト)との声もあった。

TOPIXは0.14%高の1950.72ポイントで午前の取引を終了した。東証プライム市場の売買代金は1兆3104億9200万円だった。東証33業種では、値上がりは保険業や鉄鋼、海運業など21業種で、値下がりは鉱業やサービス業、精密機器など12業種だった。

アドバンテストや三井住友FGが堅調。三井物産はしっかりだった。一方、ソフトバンクグループが大幅安。リクルートHLDG、ソニーグループはさえない。

東証プライム市場の騰落数は、値上がりが726銘柄(39%)、値下がりは1017銘柄(55%)、変わらずは93銘柄(5%)だった。

2022年12月6日12:05 午後
ロイター
https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-idJPL4N32W0MX

2へっぽこ立て子@エリオット ★2022/12/06(火) 12:58:00.40ID:BuKbagJj
本日の詳細

<10:12> 日経平均は一時プラス転換、意外高に「投資家の見方割れる」の声
日経平均は安く寄り付いた後、急速に下げ幅を縮小し、一時プラスに浮上した。足元
では前日終値を挟んだ値動きとなっている。
米国株が大幅安となった後でもあり、市場ではプラス浮上は意外との受け止めが多く
聞かれ「先行きに対する投資家の見通しが割れているようだ」(野村証券の神谷和男投資
情報部ストラテジスト)との声が出ていた。
円安が支えになるとみられた輸送用機器など輸出関連の一角がさえない一方、長期金
利の上昇が重しとみられた半導体関連やグロース(成長)株の一角は下げが深まっていな
かったりプラスとなっている。
東証33業種では、値上がりは保険業や海運業、鉄鋼など21業種で、値下がりは鉱
業や精密機器、サービス業など12業種となっているが「取引時間中にも物色動向が変化
する可能性がある」(神谷氏)との見方が聞かれる。
<09:05> 日経平均は反落スタート、米引き締め長期化の懸念が重し
寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比116円34銭安の2万7704
円06銭と、反落してスタートした。米国市場で強い景気指標が示され、金融引き締め長
期化の懸念から株価の主要3指数が下落しており、重しになった。寄り付き後は、やや下
げ渋っている。
主力株はトヨタ自動車やソニーグループが軟調。半導体関連は東京
エレクトロンが小安い。指数寄与度の高いファーストリテイリングは横
ばい。ソフトバンクグループは軟調となっている。
<08:21> 寄り前の板状況、淀川製鋼所が買い優勢 ニッコンHLDGは売り
優勢 
東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群
は以下の通り。
https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-idJPL4N32V3O4

3名刺は切らしておりまして2022/12/06(火) 13:12:50.69ID:ET4ExrwM
エニーカラー暴落祭り

4へっぽこ立て子@エリオット ★2022/12/06(火) 14:12:32.80ID:9Pu20HZr
続報

<13:38> 後場の日経平均は上げ幅拡大、個別物色が支え
後場に入り日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比90円高の2万7900円台で推
移している。後場の寄り付き直後には一時100円超高となるなど、底堅い展開となって
いる。市場では、「レーザーテックを中心とした半導体関連銘柄が好調」(国内
証券の投資部長)との声が聞かれる。
個別では、ダイコク電機が前日比で一時11%を超えるなど大幅高で、個別
材料を手掛かりにした物色も活発になっている。2023年3月期の業績予想を上方修正
したことが材料視された。
東証33業種では、鉱業やサービス業、機密機器など10業種が値下がり。一方、保
険や鉄鋼など23業種は値上がりしている。

5名刺は切らしておりまして2022/12/06(火) 14:56:56.66ID:0PRpbLyO
インテルとAMDのCEOがどちらも日本きてたからな

6へっぽこ立て子@エリオット ★2022/12/06(火) 15:45:28.78ID:O983L9Eq
27885円で大引け。後場は特に27900円を挟んでもみ合い。底の固さと5日線の抵抗に上下とも阻まれる形に。小幅に続伸して終了。
一応続伸ではあるのですが、市場としては消極的で、指数連動ファンドの影響であろう値がさ株に売買が集中し、東証全体では値下がり銘柄の方が多い状況。グロース市場も値下がりしており、地合いとしては良くありません。
やや目立ったのは小売り銘柄。クスリのアオキやABCマートなど月次売り上げ速報が材料視されて人気となりました。一方でバンクオブイノベやKlabなどゲーム関連で安値がついているものも。ANYCOLORはロックアップ解除からの売りが殺到して値下がりが続いています。
前日終値から0.24%上昇ですので大引けスレは立てません。

7名刺は切らしておりまして2022/12/07(水) 08:33:39.27ID:j1+0txiK
さて本日はSQ前の荒れる水曜日

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています