X



【航空】連続で墜落事故が起きた「ボーイング737 MAX 8」にさらなる不具合が発覚
レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
0001田杉山脈 ★
垢版 |
2019/06/27(木) 18:32:27.14ID:CAP_USER
5カ月の間に「ボーイング737 MAX 8」で2度の墜落事故が発生したことについて、主因はソフトウェアの不具合だったという見方が有力です。ボーイングはこの不具合をアップデートにより修正し、FAA(連邦航空局)はこれを暫定的に承認しました。そんな中で、新たな不具合が見つかったことが明らかになったと報じられています。

ボーイング737 MAXには「操縦特性向上システム(MCAS)」というシステムが実装されており、このMCASのソフトウェア的な不具合が墜落の原因だったとの見方が大勢を占めています。

MCASの仕組みや墜落事故につながった理由については以下の記事を読むとよく分かります。

MCASには、機首が上がりすぎて失速しやすいというボーイング737 MAXの特性を抑えるため、尾翼の安定板(スタビライザー)を自動的に作動させて機首を下げるという機能があります。この機能の不具合により安定板がパイロットの意図とは異なる動作をすることが明らかになっており、この現象はパイロットの間で「暴走安定板(runaway stabilizer) 」と呼ばれていました。

ボーイングは既にこの不具合をアップデートで修正しており、FAAによる暫定的な承認も得ていました。そんな中、最新版のMCASをシミュレーターでテストしたところ、新しい不具合が見つかったことが判明。その欠陥とは、「失速防止システムのマイクロプロセッサが機能停止する」というもの。

マイクロプロセッサの不具合が墜落事故の直接的な原因になったかは不明ですが、墜落につながりかねない危険な不具合であることが指摘されています。アメリカのテレビ局・CNNの報道によると、テストを実施したパイロットは「不具合は数秒で回復しましたが、システムが数秒間も停止したということは途方もないリスクにほかなりません」とコメントしたとのことです。

このテスト結果を踏まえてFAAはボーイングに対し更なるソフトウェアの修正を命じており、ボーイングのスポークスマンは「当社はFAAの決定に従い、ソフトウェアの改修に取り組んでいるところです」と話しています。

その一方で、イギリスのIT系総合メディアThe Registerは「MCASの修正コードが、マイクロプロセッサが抱えている設計上の欠陥に作用し、その結果フリーズを引き起こしたおそれがある」と述べており、単なるソフトウェア上の不具合ではない可能性を示唆しています。

また、CNNも「ボーイングは目下、新しい不具合がソフトウェアのアップデートで修正できるのか、あるいはマイクロプロセッサを交換しなくてはならないのか検討している」と報じており、ボーイング737 MAXの改修がより困難なものになるとの見方が強まっています。
https://gigazine.net/news/20190627-boeing-737-max-faa-finds-new-risk/
0867名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/04(木) 21:35:09.03ID:HxEgY1U1
ボーイング、737MAXの生産急減 品質検査など影響=関係筋

業界筋によると、米航空機大手ボーイングの小型機「737MAX」の生産がここ数週間で急減している。
規制当局が工場の検査を強化していることや、前工程の作業が完全に終了する前に次の工程に移行する「トラベルド・ワーク」を減らしていることが背景。
737MAXは1月に飛行中に胴体に穴が開く事故が発生。これを受け、米連邦航空局(FAA)は同機の生産を最大で月38機に制限したが、
生産機数はこの水準を大幅に下回っており、3月下旬には1桁になったという。

同社のブライアン・ウエスト最高財務責任者(CFO)は先月、品質向上と信頼醸成に向け、
トラベルド・ワークを減らすなど総合的な対策を講じていると表明していた。

ボーイングの生産の遅れは、航空業界全体にも波紋を広げる見通し。航空会社は減便や航空機リースの延長などを迫られている。
3日のボーイング株は1.7%安で終了した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/70444189cb7a0dd36f858d6e19178700eb088abe
0868名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/05(金) 21:26:58.50ID:bV8WiG6R
ボーイング事故の副作用、機体リース料押し上げ−航空各社が確保急ぐ

米ボーイングの「737MAXー9」の胴体吹き飛び事故を巡る危機が中古ジェット機のリース料を数年ぶりの水準に押し上げている。
品質管理問題への対応に追われるボーイングが生産ペースを落としており、航空会社の引き合いが強いナローボディー(単通路機)不足に拍車をかけているためだ。

ライバルのエアバスも増産に苦戦しており、機体の供給はひっ迫した状況が続いている。そのため航空会社は運送能力が大きい最大級の単通路機を中心に、リース機の確保を急いでいる。
リース機の価格動向を調査するイシュカ・グローバルのデータによると、ボーイングが生産している最大の単通路機である737MAXー9(3年物)は現在、リース料が新型コロナウイルス流行前の水準を上回っている。
より旧型の「737−900ER」のリース料は2020年1月の水準に接近。同じくエアバスの「A321neo」やより旧型の「A321−200」シリーズのリース料も押し上げられている。

イシュカによると、MAX9のリース料は、20年初頭の月額30万5000ドル(約4600万円)に対し、3月は31万5000ドルとなっている。エアバスのA321−200のリース料は月額33万5000ドルで、2020年1月の水準に戻った。
イシュカ・グローバルのアドバイザリー部門責任者であるエディ・ピエニアゼック氏は「リース会社は価格交渉でより優位な立場にあり、上乗せを支払う意欲のある航空会社に対して機体をより融通する可能性が高い」と分析。
航空各社は「利用可能な機体が減っている中で確保を競っている」と述べた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f823c95ad2574cf5d643cabb2f29b9e83347adae
0869名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/06(土) 16:57:08.85ID:S6w/w1YE
米ボーイングがアラスカ航空に240億円支払い 事故の補償金で

米アラスカ航空は4日、財務状況に関する報告書を公表し、米航空機大手ボーイングから1億6000万ドル(約240億円)の現金支払いを受けたことが明らかになった。
アラスカ航空は1月、運航していたボーイング製旅客機の機体の一部が飛行中に吹き飛ぶ事故を起こしていた。

この支払いについてアラスカ航空は、事故による運航の乱れや運航再開までに保有機材の調整にかかった費用を含む、今年第1四半期に同社が失った利益を補填するために支払われたものだと説明。
同社は第2四半期以降もボーイングから補償金を受けることになっているが、契約の内容については開示できないとした。アラスカ航空は当初、今回支払われた補償金を収益として処理する予定だったが、後に航空機資産の減少として計上することを決定。それにより、第1四半期の損失見積額が増加した。
同社は事故後、顧客からの予約が減ったことを認めたが、航空需要の増加により、2月、3月ともに事故前の予想を上回る結果となったと述べた。

フォーブスの取材に対し、ボーイングはブライアン・ウエスト最高財務責任者(CFO)が3月20日、米銀大手バンク・オブ・アメリカの産業会議に出席した際の発言記録を提供した。
同CFOは会議の席で、ボーイングが顧客を「窮地」に追い込んだことを認め、今後も顧客を支援し続けると明言したという。

https://forbesjapan.com/articles/detail/70175?module=toppage_new
0870名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/07(日) 11:00:30.65ID:cSbZIsGW
「事故の責任を取り辞めるのに3280万ドル支給」…ボーイングCEO給与めぐり議論

相次ぐ航空機事故の責任を取り退くボーイングの最高経営責任者(CEO)が50億円に達する巨額を受けたという報道が出てきた。
英フィナンシャル・タイムズが5日に伝えたところによると、ボーイングはこの日公示資料を通じ2023年にデビッド・カルフーンCEOに3280万ドル(約50億円)相当を支給したと明らかにした。

140万ドルの年俸のほかに3000万ドル相当の株式ボーナス支給を昨年2月に承認するなど措置があったという。
カルフーンCEOの2022年の給与2260万ドルより45%引き上げられたのだ。
ただ、ボーイングの株価が今年に入ってだけで27%急落した状況を考慮すると実際の価値はさらに少なくなる。
今年末の辞任を控えただけにカルフーンCEOが一部給与を返還する可能性もある。

ボーイングは今年初めに177人を乗せて米オレゴン州のポートランド空港を出発したアラスカ航空所属のB737MAX9型の客室側面からドアプラグと呼ばれるモジュール部品が吹き飛ぶ事故を起こした。
事故はこれだけでない。先月6日にはフェニックスに向かっていたアラスカ航空のB737−800型の客室で煙が感知され引き返した。
その2日後にはテキサス州ヒューストン国際空港でユナイテッド航空のB737MAX8型が着陸直後に誘導路を離脱するなど追加事故も起きた。

結局カルフーンCEOは先月25日にボーイングのホームページを通じて年末に辞任する意思を明らかにした。

https://japanese.joins.com/JArticle/317108
0871名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/08(月) 22:57:09.16ID:lX/6L/YN
ボーイング、米航空会社の首脳陣との正式会合を中止と伝わる

ボーイング<BA>のモレンコフ新会長は、信頼回復の危機に対処する中、最大顧客である米航空会社の首脳陣との正式な会合を中止したと伝わった。
ブルームバーグが関係者の話として伝えた。同会長は、代わりにアメリカン航空<AAL>、サウスウエスト航空<LUV>、ユナイテッド航空<UAL>、アラスカ航空<ALK>のCEOに直接接触しようとしているという。

この試みは、元クアルコムCEOで2020年からボーイングの取締役を務めるモレンコフ会長の姿勢を示している。
同社は、100年に渡る歴史の中でも最大級の経営陣の刷新に着手したが、顧客との緊張した関係を円滑にしようと試みていることがわかる。
航空大手4社の首脳は、ボーイングの取締役に直接、危機管理に対する不満が高まっていることを伝えようとしていたという。

 この報道後、同社株は下げ幅を広げる動きが出ている。
0872名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/08(月) 23:19:57.89ID:iMlUTnYO
エアバスは中国で組み立てしてるのに、ボーイングはアメリカ製にこだわる時点て時代遅れ。
そして三菱やら他社潰すだけに燃えるボーイング。
0873名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/09(火) 22:50:52.74ID:E5o2YiH3
中国COMAC、シンガポール航空ショーでエアバスとボーイングから人気を奪う―英メディア

中国メディアの環球時報は24日、中国の国有航空機メーカー、中国商用飛機(COMAC)がシンガポール航空ショーでエアバスとボーイングから人気を奪うとする英ロイター通信の記事を取り上げた。
記事は、COMACが今週のシンガポール航空ショーで、国際認証と海外からの受注を目指して開発したジェット機のC919とARJ21を披露したことを取り上げた。
記事によると、COMACがショーのイベントホールの中央にある大きなブースで「信頼できる新たな選択肢」との広告を打ち出すと、
これまで自国市場以外での一般公開が限られていた同社についてもっと知りたいという航空、政府、投資の専門家がブースに殺到した。

単通路機であるボーイング737MAXやエアバスA320neoファミリーのライバルであるC919が初めて中国の領土外を飛行した。
COMACは20日、中国のチベット航空から50機を受注する契約を締結したことを発表した。
記事は「西側の有力航空機メーカー2社が航空会社の顧客を悩ませているサプライチェーンの問題に対処し、ボーイングが一連の危機に対処している中、COMACはその瞬間を捉えることができた」と伝えた。

記事によると、フィリピンの格安航空会社セブパシフィック航空のマイケル・スゥーチ最高経営責任者(CEO)は
「われわれはCOMACがパーティーに参加することを絶対に歓迎する」とし、「2頭の競馬よりも3頭の競馬の方が良い」と語った。

https://www.msn.com/ja-jp/money/other/%E4%B8%AD%E5%9B%BDcomac-%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%88%AA%E7%A9%BA%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%81%A7%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%90%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%82%92%E5%A5%AA%E3%81%86-%E8%8B%B1%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2/ar-BB1iSaf6?ocid=social-peregrine
0874名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/09(火) 23:35:44.04ID:BZtk32Su
不具合は知ったものを暗殺することで対処してきた会社だし
0875名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/10(水) 19:08:09.13ID:rOtEnkIM
>>873
シンガポールに飛来したC919のエンジンは何なんだろう?
試作機段階からのLEAP-1Cを搭載したやつなのか、噂の国産パクリエンジン・長江発動機CJ-1000Aなのか。
0876名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/10(水) 22:45:59.78ID:qT+Ro3nc
ボーイング787「胴体接合部に安全上の懸念」内部告発を米当局調査

米航空機大手ボーイングの中型機「787」について、米連邦航空局(FAA)が製造工程の調査に乗り出したことが明らかになった。
安全上の問題をめぐり内部告発があった。ボーイング機はトラブルが相次ぎ、同社の安全管理への疑念は経営を揺るがしている。

内部告発者は40年以上の経験があるボーイングの技術者。代理人弁護士によると、787の胴体部分の部品を接合する際、
作業の早さを重視した工程を採用したことで、接合部に過度な圧力がかかっていると主張。耐久性に問題があり、安全上の懸念があると訴えている。

告発者は社内でこうした点を指摘したが受け入れられず、別の部署に異動させられたという。「安全よりスケジュール」を優先させていると会社側を批判した。
これに対しボーイングは「(告発者の)主張は不正確」と否定。
機体は「FAAの監視のもとで厳密な工学的検査を受けている」「安全上の懸念はなく、航空機は数十年にわたる耐用年数を維持できると検証されている」などと反論した。

https://www.asahi.com/articles/ASS4B2JW5S4BUHBI009M.html
0878 警備員[Lv.4][新][苗]
垢版 |
2024/04/14(日) 18:27:11.22ID:OrJSqyxW
ボーイング、1−3月期の納入数は21年半ば以降で最低−遠のく回復

米航空機大手ボーイングの今年1−3月(第1四半期)の納入数は2021年半ば以降の最低に落ち込んだ。
1月に「737MAX」の機体の一部が吹き飛ぶ事故が発生し、回復がまだ遠いことを浮き彫りにした。

同社は第1四半期に83機を納入。3月は29機と、1、2月のそれぞれ27機から若干の増加となった。納入機の大半は737MAXだった。
ボーイングは損傷や欠落した部品を補い、生産ラインを正常に戻そうと、737型機の生産作業ペースを遅らせている。
ブライアン・ウェスト最高財務責任者(CFO)は先月のアナリストとの会議で、
「過度に急ぐことはない」と語り、「実際のところ、当社は正しく対応するためにあえて減速している」と説明した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-04-09/SBOKNTT0G1KW00
0879名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/15(月) 23:55:30.91ID:4texhC4E
737MAX、納入低調 777Xは受注20機超=ボーイング24年1-3月期

ボーイングの2024年1-3月期(第1四半期)実績は、民間機引き渡しが前年同期比47機(36.2%)減の83機だった。
主力小型機の737 MAXが低調に推移し、2四半期ぶりに前年同期を下回った。受注は11機(9.2%)増の131機で、開発が進む次世代大型機777Xのほか、737 MAXで大型受注した。
競合のエアバスは1-3月期に142機(前年同期比15機増)を引き渡し、170機(同14機増)を受注した

機種別で見ると、引き渡しは737が67機(前年同期は113機)、767が3機(1機)、777がゼロ(4機)、787は13機(11機)だった。
787の内訳は、長胴型の787-9が11機、超長胴型の787-10が2機で、標準型の787-8はゼロだった。日本の航空会社には787-9を1機、787-10が2機を納入し、いずれも全日本空輸(ANA/NH)へ引き渡した。
787-10はいずれも国内線仕様機で、3月27日から国内幹線へ投入している。

737は67機中66機が737 MAXで、サウスウエスト航空(SWA/WN)やユナイテッド航空(UAL/UA)、アラスカ航空(ASA/AS)、ライアンエア(RYR/FR)などで導入が進んだ。
一方、111機だった前年同期と比較すると、6割程度の納入にとどまった。

受注

受注は737が98機(前年同期は78機)、767がゼロ(15機)、777が29機(ゼロ)、787が4機(27機)だった。
787は4機すべてが787-9で、ロイヤルブルネイ航空(RBA/BI)が発注。777は29機中28機が開発中の777Xで、このうち8機をエチオピア航空(ETH/ET)から受注。
残り20機は匿名顧客1社が発注した。
737は98機すべてが737 MAXで、このうち85機をアメリカン航空(AAL/AA)が発注。残りは匿名顧客2社から計13機を受注した。
0880名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/16(火) 21:59:37.66ID:IwuZi6+2
ボーイング社、787型機の試験で安全性を証明

ボーイング社は、隙間の約99%が0.005インチの基準に適合していると主張しているが、ごく一部が基準を超えている。
ニューヨーク: ボーイング社は月曜日、飛行機のテスト・プロトコルをアピールし、同社の安全性を擁護した
「ボーイングは787と777の安全性と耐久性に自信を持っている」と、同社は2人のシニア・エンジニアによるメディア・ブリーフィングに付随するプレゼンテーションで述べた。

https://www.arabnews.jp/article/business/article_116904/
0882名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/17(水) 23:09:59.97ID:Wxr7HOqA
ユナイテッド航空、737MAX10を一部9に A321neoもリース導入
ユナイテッド航空(UAL/UA)は現地時間4月16日、ボーイングが開発を進める737 MAX 10(737-10)について、発注済みの一部を737 MAX 9(737-9)に変更すると発表した。
このほか、エアバスA321neoをリース導入する。
ユナイテッド航空によると、MAX 10は製造国が安全性を認める「型式証明」(TC)の取得が遅れていることから、長期的な機材戦略の変更を決めたという。

737 MAX 10は、737の発展型である737 MAXファミリーの中で胴体長がもっとも長い「最大の737 MAX」で、最大座席数は1クラス230席。
今回の変更は2025年から2027年までの一部受領分を、すでに各社への納入が始まっている737 MAX 9(1クラス220席)へ変更する。
また必要に応じ、MAX 10をMAX 9か標準型の737 MAX 8(737-8、同189席)へ変更できる権利も維持する。
A321neoはリース会社2社と基本合意書(LoI)を締結。2026年と2027年に計35機を導入する計画で、エンジンはCFMインターナショナル製「LEAP-1A」を選択した。
0883名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/18(木) 21:53:18.51ID:gmRzEQH1
ボーイングの内部告発者、公聴会で「危険な製造上の欠陥」を証言予定

ボーイングのエンジニア、サム・サレフプールは米国時間4月17日、「ボーイングの壊れた安全文化を検証する」ための米上院の公聴会で証言する予定だ。
彼が指摘する「危険な製造上の欠陥」は、同社の2大航空機であるボーイング787ドリームライナーとボーイング777に壊滅的な事故を引き起こす可能性がある。

2021年と2022年、サレフプールは連邦航空局に報告書を送り、ボーイングが787ドリームライナーの生産ラインのボトルネックを減らすために行った措置を非難した。
同社の品質エンジニアとして40年以上の経験を持つサレフプールは、ニューヨーク・タイムズ紙の取材に、787ドリームライナーの胴体の部品はすべて、
異なる製造業者によって別々の工場で製造されており、ボーイングの施設で組み立てる際に適切にフィットしないと語った。
1月にはアラスカ航空の737MAX-9の胴体の一部が飛行中に落下し、緊急着陸したことで、ボーイングはここ数カ月間、批判を浴びている。

https://forbesjapan.com/articles/detail/70408
0884名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/19(金) 22:06:55.34ID:UxZD946p
米の航空機大手・ボーイングが名古屋に研究開発拠点を開設 航空宇宙産業「特区」で他社と連携へ

アメリカの航空機大手・ボーイングが、名古屋に研究開発の拠点を開きました。
ボーイングは2年前から名古屋エリアで複数の施設に分散し、航空機の研究・開発を行ってきましたが、今回、拠点を1カ所にまとめました。

新オフィスでは約80人が勤務。拠点をまとめることで、環境負荷の少ない燃料や、水素燃料電池の開発などをスムーズに進める狙いがあります。
国内では、東京に続いて2カ所目の拠点となる名古屋オフィス。
ボーイングはなぜ、東海地方を重視するのでしょうか。
「名古屋には航空宇宙産業パートナー各社が拠点を多く設けている。研究をしていく上でそれらの企業と協力ができる」(ボーイング・ジャパン ウィル・シェイファー社長)
愛知県は、工場の建築規制緩和や金融上の支援など、様々な優遇を受けられる航空宇宙産業の「特区」に国から指定されています。
ボーイングは今後、三菱重工など「特区」の企業などと連携し、航空機の点検を行うロボットの開発支援なども進めていくということです。
0885名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/21(日) 17:13:39.82ID:3bLoucQQ
米GE、エンジン開発に慎重姿勢 ボーイング次世代機「797」

米複合企業のゼネラル・エレクトリック(GE)は、米ボーイングが開発中の次世代中距離旅客機797の需要について、同機向け新型エンジンを開発して採算が合うほど旺盛になるとは確信を持てていないとした。
航空機エンジン部門GEアビエーションの責任者、デービッド・ジョイス氏は16日、ボーイングがエンジンを1社に独占供給させるのか、それとも競合する2社を採用するのか決定していないことを特に踏まえると、
エンジンに関してさらに検討する必要があると説明した。英ファンボロー国際航空ショーで語った。

ジョイス氏は記者説明会で、「われわれは依然として、市場規模の予測に取り組んでいる」と発言。
「新たに乗り出す時は気分が良いが、株主は成功するまで気が晴れない」と指摘した。

ボーイングは、人気のA320neoでニッチ市場を開拓した欧州エアバスに対抗するとともに、757と767の後継機とする新中型機(NMA)構想を練っているが、
ジョイス氏の慎重姿勢はボーイングの推進戦略を巡る不確実性を浮き彫りにしている。

 ボーイングのデニス・マレンバーグ最高経営責任者(CEO)はファンボロー国際航空ショーでのインタビューで、
NMA投入とエンジン供給業者に関する決定は恐らく来年以降になるとの見通しを示し、同社があらゆる選択肢を検討中で生産的な協議を行っていると語った。

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00481424
0886名刺は切らしておりまして
垢版 |
2024/04/23(火) 22:50:23.22ID:FuhNs3/U
アラスカ航空、ボーイングから1億6,200万米ドルの補償金 第1四半期は赤字

アラスカ航空は、ボーイングから1億6,200万米ドルの初期補償金を受け取ったことを明らかにした。
アラスカ航空1282便が飛行中、ドアプラグと呼ばれる部品が脱落した事故や、これに伴うボーイング737-9型機の運航停止に伴うもの。
ボーイング737-9型機は2月8日に運航を再開している。供給量はは5.5%減少した。

2024年第1四半期の営業収益は、過去最高となる22億米ドルだった。純損益は1億3,200万米ドルの赤字だった。第2四半期以降は堅調な需要により、黒字化を見込む。
ベン・ミニクッチ最高経営責任者(CEO)は、「1282便の事故とその後の3分の1の航空機の運航停止により、
総額1億6,200万米ドルの多大的な経済的影響を及ぼしたが、ボーイングが全額補償した。機体に関する問題を除けば、わずかな利益を得ることができた」と話した。
西海岸での出張需要の回復や、路線網の再構成などによるものとしている。

https://www.traicy.com/posts/20240423296973/
0887 警備員[Lv.14][苗][芽]
垢版 |
2024/04/24(水) 22:06:49.67ID:dF9hM+g8
エアバスに偏らず機材調達、ボーイングとの関係変わらず=JAL社長

日本航空(JAL)の鳥取三津子社長は24日、ロイターなどとのインタビューに応じ、機材は欧州航空機大手エアバスに偏らず事業計画に応じて調達する考えを示した。
米ボーイングは機体の不具合が相次ぎ世界的に信頼性が揺らいでいるが、同社との関係を変えることはないとした。

ボーイングを巡っては今年1月、米アラスカ航空が運航する737MAX9の側壁が一部吹き飛ぶ事故が発生。
4月には米サウスウエスト航空の737−800のエンジンカバーが外れて翼のフラップに直撃するトラブルが起きた。
また、787と777の安全性に関する内部告発を米航空連邦航空局(FAA)が調査している。
https://jp.reuters.com/opinion/forex-forum/U7D5Y2DWAROLPOE72D5JC4YJ3U-2024-04-24/
0888 警備員[Lv.15][苗][芽]
垢版 |
2024/04/25(木) 20:56:36.63ID:dxA05Hyp
米ボーイング アラスカ航空機事故を受け約550億円の赤字

アメリカの航空機大手「ボーイング」の今年1月から3月までの決算はアラスカ航空機の事故を受け、
最終損益がおよそ550億円の赤字となりました。
ボーイングは飛行中にパネルが吹き飛んだアラスカ航空機の事故により主力の737MAX型機を減産したことなどが影響し、
売上高は前の年の同じ時期から8%減の165億7000万ドル=およそ2兆5700億円で、最終損益は3億5500万ドル=およそ550億円の赤字となりました。

 すでに退任が決まっているカルフーンCEOは「今回の業績は品質改善を推進するため737型機の減産を反映したものだ」としたうえで、
「品質と安全管理システムを強化するために必要な時間を取る」とコメントしました。
0889 警備員[Lv.19][初]
垢版 |
2024/04/26(金) 23:16:29.13ID:fGOHscK6
エアバス、A350の生産計画を変更−ボーイングへの優位性浮き彫り

欧州の航空機メーカー、エアバスは、急増する需要の恩恵を受け、ワイドボディー機の「A350」の月産数に関する計画を変更する。
最大のライバル、米ボーイングは引き続き信頼性の危機に陥っている。
エアバスは25日に1−3月(第1四半期)決算を発表し、2026年までにA350を月産10機とする従来の計画から、28年までに月産12機とする計画への移行を明らかにした。
1−3月の調整後EBIT(利払い・税引き前利益)は5億7700万ユーロ(約960億円)と、ブルームバーグがまとめたアナリスト調査の8億1400万ユーロを下回った。コスト上昇が響いた。

増産に備えた在庫の増加やサプライチェーンの問題により、フリーキャッシュフローは17億9000万ユーロのマイナスとなった。
売上高は128億ユーロに増加し、エアバスは2月に発表したガイダンスを据え置いた。
ボーイングが1月に起きたドアプラグ吹き飛び事故を受けた危機に見舞われる中で、今年、エアバスはより順調な滑り出しとなっている。
静かに優位性を推し進め、従来ボーイング支持派であった顧客からより多くの注文を獲得しつつある。

ギヨーム・フォーリ最高経営責任者(CEO)はメディア向け電話会議で、「地政学およびサプライチェーン面での緊張は続いている」と語った。
エアバスでは、スピリット・エアロシステムズからの分も含め、機内装備品やシステム、航空構造物などの供給が依然として逼迫(ひっぱく)している状況だという。

ボーイングはスピリット買収に関心を表明しており、エアバスはスピリットとの協議を促されている状況だ。
ボーイングのデーブ・カルフーンCEOが24日、今四半期末までにスピリットと合意に達するだろうと語った後も、フォーリ氏はスピリットとの話し合いはまだプロセスの「始まり」に過ぎないと慎重な姿勢をとる。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-04-26/SCIXE5T1UM0W00
0890 警備員[Lv.22][苗]
垢版 |
2024/04/27(土) 23:26:12.27ID:kR4oKkXc
ボーイング格付け見通しにさらなる暗雲、フィッチもネガティブに変更

フィッチ・レーティングスが米航空機メーカー、ボーイングの信用格付け見通しを引き下げた。
同社のバランスシートに厳しい目が向けられる中、大手格付け会社3社からそろって悲観的な見方が示される形となった。
26日付の発表資料によると、フィッチは現在の長期発行体デフォルト格付け「BBBー」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更。
前日にはS&Pグローバル・レーティングが同様に見通しを引き下げている。ムーディーズ・レーティングスは24日のボーイング決算発表後に、
ジャンク(投資不適格)級よりわずか1段階上の水準まで格下げした。
フィッチは、今回の格付け見通し変更について、生産の正常化や季節要因に伴うキャッシュフロー変動への対応、債務返済などを理由に、
今後1、2年のボーイングにおける「執行リスクが高まっている」ことを反映していると説明。
また、2025年初めに想定されるキャッシュフローに関するリスクへの予防策として、新規の社債発行に踏み切る可能性も考慮したという。
ボーイングは24日、1−3月(第1四半期)の現金燃焼が39億3000万ドル(約6200億円)だったと発表した。1月に発生した事故を受けた737MAX型機の生産減速が背景。
4−6月も「相当な」現金の使用を予測している。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-04-27/SCKKFST0AFB400
0891 警備員[Lv.17][初]
垢版 |
2024/04/28(日) 21:01:42.75ID:7dzp/TcB
ANA、24年度末に279機体制 ボーイング品質問題「克服してくれると思う」

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)の芝田浩二社長は、2024年度末のグループ機材数が前年度末から3機増の279機になると発表した。
品質問題などが多発しているボーイングに対しては、「困難を克服してくれると思っている」として、現時点で機材発注を見直す考えはないとの意向を示した。

4月26日の2024年3月期通期決算会見後に開かれたアナリスト向け説明会の資料によると、2024年度末となる2025年3月末には、ANAブランドが3機増え、
グループのLCCであるピーチ・アビエーション(APJ/MM)は現在の35機を維持。今年3月末時点の機材数は、ANAが241機とピーチが35機の計276機となっており、
2月9日から傘下のエアージャパン(AJX/NQ)が運航を始めた新ブランド「AirJapan」で使用しているボーイング787-8型機2機は、ANAの機材に含まれる。

https://www.aviationwire.jp/archives/299691
0892社説+で新規スレ立て人募集中
垢版 |
2024/04/29(月) 10:26:11.88ID:oQgRnRlB
新しいエンジンがデカすぎて
翼の下に入れられず
新エンジンは翼の前に出した。

そのせいで機首が重くなった。
これで飛ぶと機首が常に下がり墜落する。

こういうのは昔の飛行機で
尾翼で常に機首上げをして飛んでいた。
その方が燃費は悪いが人間様には操縦しやすい。

これをコンピュータで尾翼を操作して
機首上げをやっているのがMAX80だ。

この先がわからんが、
機体が機首下げ状態になると
コンピュータが機首上げの割り込み操作をする。

着陸の時は機首下げになるんだが
その時でも機首上げになるんだろう。

その時にパイロットは機首が上がるので
更に機首下げ操作をする。
するとコンピュータは更に機首上げする。

それの繰り返しで機体が機首上げの状態で
失速して墜落するのではないか。

要するにプログラムの設計のバグだよ。
たぶん離陸や巡航中は安全だけど
着陸の時に危ない。
0893 警備員[Lv.21][苗]
垢版 |
2024/04/30(火) 18:36:54.35ID:7ChfONDQ
米ボーイングが起債で100億ドル調達、需要旺盛=関係者

米航空機大手ボーイングが29日、社債発行を通じて100億ドルを調達した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。
今年1月に起きたアラスカ航空機事故などで主力小型機「737」の生産縮小と品質管理強化の対応に追われているボーイングは、
第1・四半期に手元資金が39億3000万ドル減少。来年から2026年にかけては合計120億ドルに上る債務返済期限も迫っており、
市場関係者の間では大型起債に動くとの観測が浮上していた。
2人の投資家によると、今回発行された社債の期間は3年から40年までと幅広い。一方で需要の強さを背景に、5年債と7年債、
10年債のプライシングは当初時点より35ベーシスポイント、30年債と40年債でも40bpそれぞれタイト化した。
また圧倒的な引き合いを反映する形で、応募総額は713億5000万ドルに達した。
ボーイングは直接のコメントを拒否したが、先週の決算発表後にブライアン・ウエスト最高財務責任者(CFO)が行った発言を改めて指摘した。

ウエスト氏は、同社がバランスシートの健全な運営や投資適格級格付けの維持優先、生産とサプライチェーンの安定化に強い決意で取り組むと述べていた。

https://jp.reuters.com/markets/japan/funds/TCMOI7KEJZOD7KEXK3YV6PYPGY-2024-04-29/
0894 【メガンテ】 警備員[Lv.24][苗]
垢版 |
2024/05/01(水) 17:25:55.35ID:m9bxW6zx
ボーイング、ユナイテッド航空の損害を補償へ

ユナイテッド航空は飛行機メーカーのボーイングから、ボーイング製「737MAX9」の一時運行停止によって第1四半期に被った金銭的損害に対する補償を受け取ると、
この航空会社(ユナイテッド航空のこと)が4月17日に発表した。

アメリカの監督機関は1月に、アラスカ航空が運行していたMAX9ジェット機でキャビンのパネルが外れて吹き飛んだ後、
安全確認のためにボーイング製「737MAX9」の一部を約3週間運行停止にした。

この出来事により、ユナイテッド航空―ボーイングの大口顧客―は「737MAX9」全79機を一時的に運行停止にしなければならなくなり、
その結果、第1四半期にこの航空会社は2億ドル(300億円)の打撃を受けた。

https://alpha.japantimes.co.jp/zenyaku/business_tech/202404/113910/
0895 警備員[Lv.26][苗]
垢版 |
2024/05/02(木) 22:10:43.41ID:FRxcWfkq
エンブラエルが新型機開発か 米報道、エアバスと競合

ブラジルの航空機大手エンブラエルが小型機の開発を計画していることが2日、分かった。
米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。小型機は航空会社の需要が高い。
実現すれば欧州エアバスのA320型機やボーイングの737型機と競合することになる。

同紙によると、エンブラエルはサウジアラビアの公的投資機関のほか、トルコやインド、韓国の製造会社などと連携の可能性を探っている。
エアバスA320などは旅客機内部に通路が1本のナローボディー(単通路機)と呼ばれる。
新型コロナウイルス禍からの旅行需要の回復もあり、航空会社からの引き合いが強い。
エンブラエルは日本経済新聞の取材に、「確かに新しいナローボディー機を開発する能力を持っている」と答えた。

一方で、「開発されたばかりの製品群があり、現在はその販売に集中している。現時点で大規模な投資サイクルの計画は何もない」とした。
エンブラエルは航空機世界3位で、リージョナルジェット機を製造している。
ボーイングが同社との事業統合を進めていたが、2020年に統合を断念したと発表していた。

ボーイングは1月に小型機の胴体に穴が開く事故が発生して以降、品質問題への対応に追われている。
エンブラエルの23年の売上高は前年比16%増の52億6900万ドル(約8200億円)だった。前年より20機以上多い181機を納入した。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN022BZ0S4A500C2000000/
0896 警備員[Lv.28][苗]
垢版 |
2024/05/03(金) 20:57:45.52ID:44u5Skrj
ボーイング関連の内部告発者において2人目の死亡を確認

死亡が確認されたのは、ボーイングに機体を供給するスピリット・エアロシステムズの元従業員のJoshua Dean氏(45歳)となり、2週間前までは健康であったと親族は語っていますが、
呼吸困難の症状を訴えた後に、検査を行ったところ感染症とわかり、それによる肺炎と脳卒中を患い、死去しました。

同氏はB737MAXの製造において、不適切な場所に穴が開けられていることを上司に報告を行ったものの、
上司はこれに対応せず圧力をかけてきたと内部告発した人物となり、その後同氏は別理由で解雇処分となったことから、
事実上の報復措置であると訴えていました。

なお今年でボーイング関連の内部告発者の死亡は2例目となり、1人目はボーイングに32年間務めた元従業員で、
品質管理マネージャーとしても働いていたJohn Barnett氏となり、
トラックの中で銃を使い自殺したことが明らかになっています。

https://sky-budget.com/2024/05/03/boeing-news-18/
0897 警備員[Lv.29][苗]
垢版 |
2024/05/04(土) 12:29:35.04ID:7/+9hQ/W
部品業者AJWが“ほとんど飛んでいない”787-9を取得、わずか9年で解体も視野に?

航空機部品の販売や資産最適化のソリューションを提供するイギリスの部品業者「AJW Group」が、ボーイング787-9型機「機体記号:VP-BDA」を取得したことを発表しました。
「VP-BDA (ボーイング社の製造番号 37109)」は、2015年4月30日に豪華VVIP仕様機としてカルエアへ引き渡され、フランス・スイス・ドイツに接するユーロエアポート・バーゼル空港へフェリーされました。
その後、飛行記録は無く2024年4月まで同空港内に長期保管されていた模様です。
「VP-BDA」は2024年4月20日に、バーゼル空港からイギリス・コッツウォルド空港まで飛行。
コッツウォルド空港で航空機整備を手がけるGCAM Maintenanceが、保管および整備プログラム実施を「AJW Group」から受注したことも明らかにしています。

「AJW Group」は航空機から取り外した部品を多く販売しています。
資産構成の一環としていますが飛行時間、飛行サイクルが非常に短いこと、日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)でも採用されているゼネラル・エレクトリック製GEnx-1Bエンジンを搭載していることもアピール。
同社プレスリリースでは明言していないものの、様々なニーズに対応するため解体も視野に、この“ほとんど飛んでいない”機体の活用方法を検討するものとみられます。

https://img-s-msn-com.akamaized.net/tenant/amp/entityid/AA1o70WN.img
0899 警備員[Lv.31][苗]
垢版 |
2024/05/05(日) 11:01:51.35ID:83ezCHrF
ルフトハンザドイツ航空CEO、「私たちはもはや2025年にB777Xの最初の機体が手に入るとは信じていません」

ルフトハンザドイツ航空は、導入を予定しているB777Xについて、
受領は2026年になるとの見解を示しました。

これは同社のJens RitterCEOが明らかにしたものとして海外紙が報じたもので、
「私たちはもはや2025年にB777Xの最初の機体が手に入るとは信じていません」と述べ、
受領時期が2026年にずれ込む見通しであることを明らかしました。

同型機の納入時期については、ここ数ヶ月で多くのエアラインが言及している状況ですが、
これまでカタール航空とルフトハンザドイツ航空とキャセイパシフィック航空が2025年に受領との見込みとし、
エミレーツ航空が2026年ずれ込むとの見解を示していましたが、今回ルフトハンザドイツ航空も2026年にずれ込むとしたことで、
若干ながら全体の納入スケジュールが遅れている可能性があります。

なおボーイングの計画では現在も初号機は、2025年の納入を予定しているとしています。

https://sky-budget.com/2024/05/03/b777x-news-2/
0900 警備員[Lv.26][苗]
垢版 |
2024/05/06(月) 17:23:36.87ID:hb2L4BTk
キャセイパシフィック航空、C919の導入を検討か ABCの競争時代を歓迎

キャセイパシフィック航空は、COMAC(中国商用飛機有限責任公司)のC919の導入を検討している可能性があることがわかりました。
同社のRonald Lam CEOは、香港で開催されたフォーチュン・イノベーション・フォーラムにおいて、C919の開発により市場に活力が生まれたとし、
今後競うことになるエアバス、ボーイング、COMACの3社(ABC)の更なる競争に期待を示しました。

またこの3社による競争は、航空会社により多くの選択肢と調達決定における影響力を提供することになるとし、業界における多様性と革新の時代の到来を告げるものだとし、
COMACへの期待を示しました。またボーイングの相次ぐトラブルにより、本格的にABCによる機材構成の検討をはじめたとの現地報道もあり、
近い将来同社がC919を導入する可能性が出てきています。

既に中国の大手3社(中国東方航空、中国国際航空、中国南方航空)は各社100機以上の導入を決め、今後C919は更に受注を伸ばすことが予想されます。
現在C919の生産能力は、年間約20機ですが、今後5年以内に年間生産能力を150機まで引き上げる予定としています。
0901 警備員[Lv.28][苗]
垢版 |
2024/05/07(火) 22:25:20.69ID:ajQwQTmE
B787、翼と胴体の結合検査で不正か…ボーイング「安全性に緊急の問題が生じるものではない」

ウォール・ストリート・ジャーナルなど米メディアは6日、米航空機大手ボーイングが中型機「787」の必要な検査を行っていなかった可能性があるとして、
米連邦航空局(FAA)が調査を開始したと報じた。

報道によると、翼と胴体の結合部について検査が適切に実施されなかったおそれがある。
従業員が検査記録を改ざんした可能性もあるという。ボーイングは4月に同局に問題を報告。
生産中のすべての787を再検査し、運航中の機体についても対策を講じるとしている。同機は全日空や日本航空など世界の航空会社で広く利用されている。

ボーイングは読売新聞の取材に対し、必要な検査が一部実施されていなかったことを認めた。
その上で「運航中の安全性に緊急の問題が生じるものではない」との声明を出した。
0902社説+で新規スレ立て人募集中
垢版 |
2024/05/08(水) 21:44:26.65ID:97rOHVxm
ボーイング「スターライナー」打ち上げ延期 イーロン・マスク氏がXでチクリ 背景に10年前の出来事

NASAと米United Launch Alliance(ULA)は、5月6日(米国東部時間)に予定していた米Boeing(ボーイング)の新型宇宙船「Starliner(スターライナー)」を載せた「Atlas V」ロケットの打ち上げを延期した。初の有人飛行を目指すボーイングにとって、遅れている計画の巻き返しを図る重要なミッションだった。
これに対し、米Space Xのイーロン・マスク氏は「スペースXは4年早く開発を終えた」とXに投稿している。

マスク氏は、米国のテクノロジー専門誌「Ars Technica」の記事を紹介するポストを引用しながら「ボーイングは宇宙飛行士カプセルの開発のために42億ドルを獲得した。
スペースXは26億ドルしか得られなかったが、スペースXは4年早く開発を終えた」という。この記事には、
およそ10年前、NASAが商業乗員輸送プログラムの委託企業を選ぶ際に、当時「お気に入り」だったボーイングに予算の多くを割り当てたエピソードを紹介している。

しかし現状は、26億ドルしか得られなかったSpaceXが圧倒的にリードしている。4年前にISSまで宇宙飛行士を運ぶことに成功し、それ以外にもISSとの間で14回の運用ミッションをこなした。
一方のボーイングは運用ミッション6回にとどまる。乗務員カプセルの開発も遅れ、今回が初の有人飛行となるはずだった。
マスク氏は、「ボーイングには技術系ではないマネージャーが多すぎる」としている。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2405/07/news149.html

>ボーイングには技術系ではないマネージャーが多すぎる
>ボーイングには技術系ではないマネージャーが多すぎる
>ボーイングには技術系ではないマネージャーが多すぎる

心当たりある人沢山いるだろ。
0903社説+で新規スレ立て人募集中
垢版 |
2024/05/09(木) 00:14:52.04ID:b54W609h
>>902
>>ボーイングには技術系ではないマネージャーが多すぎる
>心当たりある人沢山いるだろ。

ボーイングに限らずアメリカは、博士号持ってるとかの高学歴を高給で雇う悪習があるから、そうなるって

ツイッターでも、「ブラックリスト」を問題視したような馬鹿どもに高給払ってたじゃん、イーロンは首にして収益改善したわけだ
0904社説+で新規スレ立て人募集中
垢版 |
2024/05/09(木) 21:35:49.38ID:KlqE7S/H
エミレーツ航空CEO、改めてボーイングの納入遅延に不満を示す「現状に満足していない」

これは海外紙のインタビューで同CEOが語ったもので「我々は現状に本当に満足していない。
我々はB777Xが約束通りに納入されるのを待っていたが、遅れが生じている。それは我々だけの問題ではない」と不満を示しました。

またボーイングの新経営陣には、正しい行動を行うよう求めるとし、度重なる不祥事や問題に対して厳しい姿勢で対応するよう求めています。
エミレーツ航空の経営陣がボーイングを批判するのはこれまでにもあり、同社はローンチカスタマーとして2020年に同型機を受領する予定だったもものの、
現在も明確な納入スケジュールが確定していないことから、不満を募らせている模様です。

なおこのような遅延が原因となり、現在エミレーツ航空はA380型機やB777の退役時期を遅らせて機内改修に着手しています。
エミレーツ航空は今後もB777Xの受領が遅れる可能性についても言及しており、今後さらなる遅延が決まった際にどのような発言があるのか注目となります。
0905 警備員[Lv.34][苗]
垢版 |
2024/05/10(金) 22:58:41.95ID:j0HWpfTP
ボーイング、日本法人の新社長にエリック・ジョン氏

ボーイングは日本時間の5月10日、日本法人ボーイング ジャパンの新社長にエリック・ジョン氏を任命した。
ジョン氏は2014年から韓国法人ボーイング コリアの社長を務めており、その前は32年間にわたり米国の外交官として勤務。6月末にボーイング ジャパン社長に就任する。
なお現社長のウィル・シェイファー氏は、ボーイング・グローバル・サービス部門の成長戦略担当のバイス・プレジデントに着任。
およそ5年間ボーイング ジャパンの社長を務め、民間航空機・防衛・サービス部門の拡充に尽力。日本におけるボーイングのプレゼンス向上に寄与したという。
0907 警備員[Lv.30][苗]
垢版 |
2024/05/12(日) 23:46:43.61ID:/AXH8cXM
米SEC、ボーイングの安全対策巡る説明を調査−関係者

米証券取引委員会(SEC)は、ボーイングが1月に737MAX−9で起きたパネル吹き飛び事故の後に行った安全性慣行に関する説明を調査している。
調査が部外秘だとして、事情に詳しい関係者3人が匿名を条件に明らかにしたところでは、SECの調査はボーイングないし同社幹部の説明が投資家を欺き、
SECの規定に違反したかどうかが焦点になっている。パネル吹き飛び事故前の説明も調査対象だという。

  同調査は必ずしも当局の強制措置につながらないものの、誤解を招くような説明や虚偽があったと判断された場合は企業や幹部に制裁金が科される可能性がある。
SECはまだ同社や幹部の不正告発には至っていない。

  SECとボーイングは共にコメントを控えた。
0908社説+で新規スレ立て人募集中
垢版 |
2024/05/14(火) 07:30:46.52ID:he+Hvlse
自動車も航空機もソフトウェアに頼り過ぎ
0910 警備員[Lv.30][苗]
垢版 |
2024/05/15(水) 23:15:18.19ID:Mt8yKPMg
737MAX、受注ゼロ 納入は累計1500機に=ボーイング4月実績

ボーイングの2024年4月の引き渡しは、前年同月比2機減の24機だった。受注は27機減の7機で、前年の2割にとどまった。主力小型機の737 MAXは累計の納入が1500機に達した一方、受注はゼロだった。
競合のエアバスは4月に61機(前年同月54機)を引き渡し、57機(同5機)を受注した。

引き渡しの内訳は737が16機(前年同月18機)、767が2機(1機)、777が2機(1機)、787が4機(6機)だった。
受注は737がゼロ(前年同月16機)、767がゼロ(ゼロ)、777が2機(1機)、787が5機(17機)だった。
0911 警備員[Lv.36][苗]
垢版 |
2024/05/16(木) 22:37:24.84ID:dyUr4C59
スカイマーク、737MAX受領遅れ25年7月以降 -10は26年度後半

スカイマーク(SKY/BC、9204)は5月15日、ボーイング737 MAXの受領開始を2025年7-9月期(第2四半期)以降に後ろ倒しすると発表した。
これまでは同年4-6月期(第1四半期)を計画していたが、ボーイングの品質改善が遅れているため。
一方、日本の航空会社で初めて発注した超長胴型の737-10(737 MAX 10)は、現時点で2026-27年度の受領を見直さずに維持する。

スカイマークは2022年11月10日に、737-8(737 MAX 8)を6機リース導入し、購入機として737-8と737-10を2機種計最大6機を導入すると発表。
737-8はリース機を当初は2025年4-6月期からとしていたが、1四半期後ろ倒しして7-9月期以降を予定している。
一方、購入機の737-8は従来通り2026年度、737-10も2026-27年度の計画を据え置いた。

洞駿(ほら・はやお)社長は「ボーイングの問題は不安材料ではある。収入ベースで影響がないということはないが、さしたる影響はない」との見方を示した。
納入遅延については、契約するリース会社から連絡が入ったという。

一方、本邦初導入の737-10は、製造国が機体の安全性を証明する「型式証明」を取得できていない。
ボーイングは開発を発表した2017年6月の時点で、納入開始は2020年を予定していたが、その後2023年に延期された。
今年1月にアラスカ航空(ASA/AS)が運航する737-9(737 MAX 9)のドアプラグが離陸直後に脱落する事故が起きると、FAA(米国連邦航空局)の監査が厳しくなり、
納入開始時期は明確になっていない。

https://www.aviationwire.jp/archives/300715
0912!donnguri
垢版 |
2024/05/18(土) 12:43:41.63ID:VtjYlrr8
ボーイング新宇宙船「スターライナー」打ち上げまた延期−機体に問題

米ボーイングの新型宇宙船「スターライナー」による初めての有人ミッションは、
機体のヘリウム漏れの修理のため延期された。延期決定は今月3回目。

米航空宇宙局(NASA)が17日にウェブサイトで明らかにしたところによれば、
打ち上げは最も早くて米東部時間25日午後3時9分。従来は21日の打ち上げを予定していた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-05-17/SDNEQGT1UM0W00
0914 警備員[Lv.38]
垢版 |
2024/05/19(日) 20:52:01.41ID:go/yjPnm
幻の旅客機計画「797」、復活なるか!? 苦境のボーイングに転機 可能性はゼロじゃない!

かつてボーイングではいわゆる「797」と呼ばれる新設計の旅客機「NMA」の開発を進めていました。
中止となったこの計画ですが、今後再び動き出す可能性があるかもしれません。

かつてボーイングは、新たな設計を持つ旅客機「NMA(新中型旅客機)」の開発を計画していました。
メディア関係者などから「ボーイング797」とも呼ばれた機体です。
2024年現在「開発中止」となっているこの計画ですが、今後この計画が再び動き出す可能性も考えられそうです。

現在の新型旅客機のトレンドのひとつが、一世代前の大型機並みの航続距離を持つ小中型ジェット旅客機です。
たとえばボーイングのライバルであるエアバスは、航続180〜220席のキャパシティながら8700km の航続距離を持つ「A321XLR」の実用化が迫っています。

一方、ボーイングがかつて開発を進めていたNMAは2010年代に構想された、中型単通路機「757」と複通路機「767」の後継にあたります。
航続距離7400km〜9300km、座席数は220〜270席を目指していたと記録されています。A321XLRの対抗馬としてはピッタリの存在です。

しかし、新型コロナ(COVID-19)の世界的感染による経済混乱を受け、2020年に開発が打ち切られています。
その時のCEOは、同じ年の1月に就任したカルフーン氏でした。
しかし、カルフーンCEOは2024年1月に起きたアラスカ航空の事故による品質問題などにより、2024年末までに退任する意向を示しています。

経営陣の刷新により社内プロジェクトに変化が起きるのは、どの企業も変わりありません。加えて、ボーイングには5年連続となった最終赤字からの脱却が、新CEOの下で真っ先に求められます。
同時に、アラスカ航空機事故で落ちた技術力へ信頼回復が求められるのも間違いありません。
0915 警備員[Lv.39]
垢版 |
2024/05/20(月) 22:53:04.82ID:xv2gUByq
中国が米ボーイングの防衛部門など3社を制裁 台湾の頼政権発足当日に米台へ圧力

中国政府は20日、台湾に対する武器売却に関与したとして米航空機大手ボーイングの防衛部門など3社に制裁を科すと発表した。
中国側が「台湾独立派」とみなす台湾の与党・民主進歩党の頼清徳政権が同日発足したことを受け、軍事協力を進めている米台双方に圧力をかける狙いとみられる。
中国商務省が発表した。制裁対象となった企業は、中国への新規投資や貿易を禁じられる。

中国商務省は19日にも、日本や米国、欧州連合(EU)、
台湾から輸入している一部の工業用樹脂についてダンピング(不当廉売)に関する調査に着手したと発表している。

https://www.sankei.com/article/20240520-7UGFNBMDWBKPBOQC7CTQIG5PI4/
0916 警備員[Lv.32]
垢版 |
2024/05/21(火) 22:40:24.08ID:RtQQOMxT
ANA、737MAXを25年5月受領へ 初年度4機計画

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は、ボーイング737 MAXを早ければ2025年5月に受領する見通しだ。
ボーイングの品質問題で航空各社への引き渡しの遅れが生じているものの、初年度の2025年度内は4機を受領する見込み。
一方、FAA(米国連邦航空局)の指導などで、ANAを含む世界の航空各社への納入がさらに遅れる可能性もある。

・国内線に最大30機
・スカイマークは25年、JALは26年から

国内線に最大30機
ANAの737 MAXは、国内線で運航する2008年就航の737-800の後継機。2019年1月29日に発注を発表し、 2022年7月11日に最終購入契約を締結した。
大別して4機種ある737 MAXのうち、標準型の737-8(旧称737 MAX 8)を確定発注20機、オプション10機の最大30機導入する契約で、初号機(予定登録記号JA030A)は2025年5月に受領を計画している。
レスを投稿する

レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。

ニューススポーツなんでも実況