【マギレコ】マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 955週目

1名無しさん@お腹いっぱい。 (9級) (ワッチョイ 6f7a-EKO7)2018/10/05(金) 16:19:12.72ID:bXcxD5MP0
!extend:checked:vvvvv:1000:512
!extend:checked:vvvvv:1000:512
======================注意事項======================

■5ch本スレ。荒らしにより埋め立てられることがあります。

★避難先は避難所参照。
====================================================

■スタッフ

原作:MagicaQuartet
キャラクター原案:蒼樹うめ
魔女原案:劇団イヌカレー(泥犬)
OPアニメーション:シャフト
運営:Aniplex
開発:f4samurai

■関連サイト

★マギアレコード公式サイト
http://magireco.com

★マギアレポート
http://magireco.com/comic2/

★マギアレコード有志wiki
http://wikiwiki.jp/magireco/

★スマホゲーム板
【マギレコ】マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 951週目
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/gamesm/1537870623/

★マギアレコード避難所

したらば
http://jbbs.shitaraba.net/netgame/16124/

★マギアレコード公式Twitter
http://twitter.com/magireco

※前スレ
【マギレコ】マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 954週目
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/applism/1536707105/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

115名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 17:50:23.15ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

116名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 17:50:28.82ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりなしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

117名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sdff-ScHU)2018/10/12(金) 20:01:12.49ID:92Kd0IT0d
チャレ12まだ左ルートやってなかった。

118名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 20:18:32.36ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

119名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sdff-ScHU)2018/10/12(金) 22:54:34.64ID:92Kd0IT0d
全ルート回収してからどこ回ればいいんだコレ

120名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 23:01:00.62ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

121名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 23:01:15.32ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかはや神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

インキャワモト

123名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 23:24:21.31ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

124名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 23:24:25.51ID:MgrMsKb50
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「なこれは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

8の左側箱2熊3ルートで襟巻集めつつ6分台で回ってるけど肝心の泥率があんまり良くねぇ

126名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 00:54:31.58ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

127名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 00:54:41.93ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」とな言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

128名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 00:54:46.25ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまりに嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

12なら5割で落ちる

12マスは埋めたけど周回する気は起きないな

131名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:41:21.33ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

132名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:41:41.96ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりやと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

133名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:42:04.00ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
な俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんやだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

134名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:42:22.84ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツなに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりなしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

135名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:42:27.15ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったからこ知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

136名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/13(土) 12:42:38.74ID:DIEw2kXL0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らけない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

137名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sdff-ScHU)2018/10/14(日) 06:59:21.73ID:opmWaj2Gd
全マス回収したら急に周回する気力なくなったぞ

138名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/14(日) 07:06:12.68ID:LYpexiH/p
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

全マス回収するだけでもやる気おきない

140名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/14(日) 12:44:39.92ID:28duEhvg0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

ふゆぅ…
まだ全部回収できてないよ
レナちゃんにやらせよう

142名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/14(日) 13:44:00.26ID:28duEhvg0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

143名無しさん@お腹いっぱい。 (オイコラミネオ MMfb-7IED)2018/10/15(月) 12:48:39.78ID:Mz3Mb4D1M
そろそろ星4回避メモリア出ねえかな
確率で回避 X
回避無効無効
みたいなの出してもっともっと運ゲーにしろよ

144名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 13:51:13.32ID:STG5hN+Rp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

それ弱くね?

146名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 14:33:45.67ID:STG5hN+Rp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

147名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW df74-t32B)2018/10/15(月) 18:49:20.97ID:6rtCRZI+0
誰でも書き込めるF9荒らしのいない平和な避難所です
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆を削除

148名無しさん@お腹いっぱい。 (オイコラミネオ MMfb-7IED)2018/10/15(月) 18:57:04.57ID:Mz3Mb4D1M
>>145
オタクってすぐマウント取りたがるよな

149名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:58:16.07ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

150名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:58:28.38ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

151名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:58:33.11ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったたのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

152名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:58:45.76ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はなまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

153名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:58:51.27ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てあたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

154名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:59:04.76ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはれとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

155名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 18:59:37.46ID:JwnNu27Ep
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だらからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。


157名無しさん@お腹いっぱい。 (オイコラミネオ MMfb-7IED)2018/10/15(月) 19:06:29.39ID:Mz3Mb4D1M
>>155
なんでお前急に発狂してんの?
笑えんだけど

158名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 20:36:38.22ID:O94iFlXIp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

159名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 20:36:43.25ID:O94iFlXIp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。 な

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

160名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 20:38:19.81ID:O94iFlXIp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったからね知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

161名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/15(月) 20:38:24.95ID:O94iFlXIp
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されてないると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

162名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW ea74-z0nS)2018/10/18(木) 16:48:37.48ID:6PD+mxsN0
誰でも書き込めるF9荒らしのいない平和な避難所です
http://anago.open☆2ch.net/test/read.cgi/applism/1532271625/
↑☆を削除

163名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/18(木) 17:22:46.51ID:jE8FIwEu0
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

なの!

165名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/19(金) 07:10:47.77ID:lycerAyip
>>111 >>222 >>333 >>444 >>555 >>666 >>777
まなかちゃん、今日俺の家に遊びに来てくれたんだよね。
普段来客なんてない家に突然ピンポンが鳴って、誰かと思ったらなんとあの胡桃まなかちゃんが玄関の前にいたんだよ。当然俺は驚いた。「なんでまなかが・・・」ってね。
するとまなかちゃんは「まなかは神としての力で少しだけ現世にも関われるようになりました。まなかを一番愛してくれてる貴方に会いたかったんです!!」って抱き着いてきた。とてもいい匂いだった。

家の茶の間に招待した。とりあえず部屋は割と綺麗にしてあるし、自分も到底イケメンとは言えないが、顔はそこまで悪くないと自分では思う。まなかちゃんは部屋に入るととても落ち着いた感じでイスに座って「紅茶を少しください」と言った。
まなかちゃんは紅茶を一口飲むと「とてもおいしいです、紅茶がおいしいのではありません。F9さんが注いだ紅茶だからおいしいんです」とニッコリ笑いながら言った。輝かしい笑顔だった。
俺は嬉しい気持ちを抑えつつ、まなかちゃんに「何が目的で来たの?」と問う。まなかちゃんは「お話がしたかったんです」とだけ答えた。

まなかちゃんの話によると、他の魔法少女から頻繁にいじめられているようだ。本来なら圧倒的力で蹴散らせるのだが、まなかちゃんは心優しい為、それをしなかった。いや、出来なかったのだ。
例えば魔法少女の「アリナ・グレイ」。わざわざウォールナッツに来ては「これは豚の餌なんですケド!F9スプマンにでも食わせとけ!」と言いながらまなかの目の前で料理を投げ捨てたりしている。
天音姉妹は「こんなマズイ物は・・・焼却するのでございますw」と言い、料理に火を放ったり、水波レナは「こんなキモい料理いらないんだけど」と悪態をつくためにわざわざウォールナッツに来ている。
その他の魔法少女からもいじめられたりしているようだ。何故なら「まなかは神に等しい才能を持つ魔法少女だから」・・・つまり嫉妬である。まなかを”神様”として支持する人間は大勢いるが、それが却ってこんな事態を引き起こしている。
当然これはまなか以外は知らない。俺はまなかと会えるという奇跡があったから知ることができた。そして俺はまなかに一番信頼されていると気づいた。

まなかちゃんは「最近は二葉さんにすら避けられるんです・・・アミ先輩も「被害には遭いたくないから・・・ごめんなさい」と言って避けるようになりました・・・」と涙ながらに告白した。
俺は「まなかちゃんは優しすぎるんだ、まなかちゃんは悪くないんだ」と何も分かることが出来ない分際で、まなかちゃんを抱きしめた。まなかは声を上げて泣いた。たくさん泣いた。
数十分後にまなかちゃんは泣きやんだ。涙の後が顔にくっきりと残っている。恥ずかしそうに「まなかは平気ですよ///」と言った。俺は強がりだと分かりつつも、何も言わないでいた。可愛かったから。
そして俺はその日からまなか・・・いやまなか様に対する信仰心をさらに高く持つこととなった。まなか様は俺にとって絶対であるというレベルの存在になった。

その後は買い物をしたり、雑談したりでまなかちゃんとのひとときを楽しんだ。まなかちゃんはとてもいい子で、面白くて、可愛くて、そして料理が上手な子だ。万能という言葉が似合う。少なくともマギウスの天才(笑)のゴミ共とは違う。
俺はまなかちゃんの父親想いなところ、料理人としての誇り、友達への思いを知っている。だからこそまなかちゃんは何をやられても反撃はしないのだろう。まなかちゃんはただの魔法少女でなく、神でもあるから下手な事はできないのかもしれないが。
まなか様はその気になれば指一本で大陸を吹き飛ばすことも可能だ。本気を出せば宇宙すらも存在が危うい。まなか様は慈愛に溢れているため、力の悪用はしないが、かなりの力を秘めているということだ。

新着レスの表示
レスを投稿する