【愛媛】[西条市]西条まつり[2018/10/06-07,14-17]

1フリーザ ★2018/10/05(金) 01:40:36.67ID:CAP_USER
西条市の4社(嘉母神社、石岡神社、伊曽乃神社、飯積神社)の秋季例大祭を総称する、「西条まつり」が毎年10月に開催されます。だんじり、みこし、太鼓台と呼ばれる大型の屋台、総数約130台が奉納されます。
嘉母神社祭礼では、禎瑞地区の氏子により子供太鼓台6台が奉納され、各神楽所で「かき比べ」が行われます。石岡神社祭礼では、だんじり27台、みこし2台が奉納され、だんじりとみこしが同時に練るほかでは見られない光景が繰り広げられます。15日と16日に行われる伊曽乃神社祭礼は最も規模が大きく、だんじり77台、みこし4台が奉納されます。
早朝からの宮出し、お旅所、御殿前、加茂川での川入りと見どころが多く、元禄の古の姿を伝える豪華絢爛なお祭り絵巻としても有名です。飯積神社祭礼では、神社前の河原で、横一列に並んだ太鼓台11台とみこしの見事なかき比べが行われ、毎年多くの見物客で賑わいます。
https://www.jalan.net/jalan/img/6/event/0226/KL/e226522a.jpg


開催期間
2018年10月6日〜7日、14日〜17日 嘉母神社祭礼/6日〜7日、石岡神社祭礼/14日〜15日、伊曽乃神社祭礼/15日〜16日、飯積神社祭礼/16日〜17日

開催場所
愛媛県西条市 西条市内各所(嘉母神社、石岡神社、伊曽乃神社、飯積神社)

交通アクセス
JR予讃線「伊予西条駅」から各所へ

以下ソース:https://www.jalan.net/event/evt_226522/(じゃらん)

2情報発信元:七七四通信社2018/10/05(金) 02:28:16.49ID:xD0sFQTQ
眞鍋かをり

3情報発信元:七七四通信社2018/10/05(金) 02:58:37.15ID:8YvIHsVP
べらだらい

4情報発信元:七七四通信社2018/10/26(金) 13:27:17.18ID:JBtn2Ol+
グランプリではなく、ファイナリストの「なんちゃってミスター」だ。SNSに自撮り画像を投稿する「ナルシシストぶり」も共通している。
マンションに30代の女性を連れ込み、性的暴行を加えたとして、強制性交罪で5日、東京地検に起訴されたのは、
東大経済学部3年の稲井大輝容疑者(24=東京都新宿区西新宿)。稲井容疑者は9月15日朝、自宅のタワーマンションに面識のない女性を連れ込み、犯行に及んだ。
同日、女性から通報があり、新宿署が逮捕し、その後、釈放されていた。本人のものとみられるSNSなどによると、
宮城県仙台市出身で駒場東邦高から1浪後、東大文科二類に入学。経済学部に進学し、広告研究会に所属していた。
「東大ブランド」を生かし、バラエティーをはじめ、テレビ番組に数多く出演。4年前、「初出演」したテレビ番組では、
リポーターから「東大生なんだって?」と振られると「あ、どうもっス」「そうなんスよね」「世も末なんスよねぇ」
「世も末なんスよねぇ」と繰り返し、「今、文科二類なので経済とか文学部とか、そっち系っスね」とアホ丸出し。
別の番組では「毎日、過去問解く感じで女に声を掛ける。心理学を使って口説いていく。3人に1人は連絡先が聞ける」とドヤ顔で話し、
携帯にはナンパで聞き出した3000人以上の女性の連絡先が入っていると、ナンパテクを自慢。カメラに向かって
「自分は東大生なのに女の子にモテ過ぎて女性を選べないというのが悩みです」と、真顔で言っていたから痛い。
普段はマスク姿で、マスクを外して自撮りする際は口元をカメラで隠しているが、その理由について「口を出すとブサイクなんで。
2ちゃんでは『カワハギ』って言われるから」と告白。なるほど顔を横から見ると、口元だけが出っ張っているのが分かる。
稲井容疑者は昨年、「東大駒場祭」で店を出し、1日店長としてAV女優を招いて「マン汁コーラ」「母乳カルピス」
「聖水オレンジ」「経血ブラッドオレンジ」を各300円で販売する模様をSNSにアップ。「ここで駒場祭委員会にブチ切れられ、
商品名の変更を余儀なくされる」と書き込んでいたが、当たり前だ。ユーチューブでは平然と「東大以下は下界の住民、
稲井大輝です」と言い放つ。さらに実話ナックルズの昨年のインタビューでは「(経験人数は)600人とかですね。
一生モテてたいですね。大学が今、3年生で5年目なんで、東京五輪が終わったら卒業しようかなって。それまで皆さんの税金使わせてもらって。
ホント、自分、偏差値高過ぎで申し訳ないです」と言いたい放題。「痛い」を通り越して頭がおかし過ぎる。

5情報発信元:七七四通信社2018/11/15(木) 19:08:10.51ID:g/GN0L8h
A社は水産加工を主たる事業とする同族中小企業である。
営業部長のBを筆頭に積極的な営業活動を原動力に数年にわたり売上高を伸ばしていた。
Bは、先代社長のころからのたたき上げで、多数の取引先をカバーしている。
後継社長としても「Bに任せておけば」という意識もあり、
Bの問題行為にも目をつむってきていたところがある。
ある日、総務の新人Cから「Bから執拗にセクハラを受けている」という相談があった。
Cは入社して2年目でまだまだ会社の戦力にはならない。
基本的な事務処理をやっとできるようになったくらいである。
調べてみると、たしかにBからはプライベートでの面会や肉体関係を求めるようなメールが執拗にCに送信されていた。
事実としてセクハラがあったのは間違いのないところであった。
CからはBを辞めさせてもらわないと怖くて勤務できないと泣かれてしまった。
Bの性格からして退職を勧めれば憤慨して退職していくことは目に見えていた。
社長は本当に困ってしまった。本やセミナーのみならず、
自分の倫理観からしてもCを守ってBを退職させるべきなのは明白だった。
でもBが退職してしまったら大口の取引先を奪われて売り上げが3割近く減少する可能性があった。
偉大な経営者の成功本には「売り上げを下げても、自分の信念に従って大成功」と書いてあるが、
自分にできる自信はない。成功本は「成功した人」の本でしかないからだ。
筋を通してCを守るべきか、事業を守るためにBを維持するか。
こういったケースは中小企業では珍しくない。
そもそもセクハラの加害者は、会社の中でそれなりに力を持っている人が多い。
セクハラが悪いことであることは誰にとっても明らかなことだ。
それにもかかわらずやってしまうということは、
自分には力があって「少々のこと」をしても社長から問題視されないことを自覚しているからだ。
「なにをやっても社長は自分に刃向かえない」という妙な自信がセクハラ行為に及んでしまう者の根底にある。
有力な取引先を押さえていて社長も無下にできないことがBの違法な行為を助長してきたのだろう。
中小企業でセクハラが生じるというのは、それほど社長が社員から軽んじられていることのバロメーターと言える。

新着レスの表示
レスを投稿する