【兵庫】地酒や海の幸楽しんで 明石で10日「春旬祭」 

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1アルカリ性寝屋川市民 ★2018/03/07(水) 21:59:48.43ID:CAP_USER
イカナゴのシンコ漁解禁とともに、兵庫県明石に春到来を告げるイベント「春旬祭」が10日、明石駅前のあかし市民広場や周辺の商店街などで開かれる。大道芸や魚偏の漢字を探すクイズラリーのほか、地酒や海の幸など明石の味覚が楽しめる。

 「魚を楽しむまち」をPRしようと、明石駅周辺の11商業団体でつくる実行委員会が主催し15回目。

 目玉は、出場者10人が家庭の味で勝負する「私の味自慢 くぎ煮コンテスト」(魚の棚商店街、午前11時〜午後2時)。先着200人が審査員となり、採点する。

 明石銀座商店街では、イイダコやイカナゴの釜揚げが入った「海峡鍋」(午前11時、1杯300円)や、市内蔵元4社による銘酒の試飲、販売(午前10時〜午後4時、1杯100円)も。明石北、南高校生は地元産の野菜を使ったパンケーキなどのブースを出す。

 駅周辺では、ほんまち三白館で公演中の大衆演劇一座による口上披露や練り歩き、市民広場のステージではバルーンアートやジャズ演奏もある。

 実行委員長で魚の棚西商店街振興組合の瀧野幹也理事長(51)は「明石のイカナゴが一番おいしいことを多くの人に知ってもらい、まちを元気にしたい」。午前10時〜午後4時。事務局TEL078・915・5201


神戸新聞NEXT 2018/3/7 20:02
https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201803/0011047465.shtml

2情報発信元:七七四通信社2018/03/08(木) 08:49:38.69ID:4bETpSIn

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています