【愛媛】[西条市]西条市 市民の森梅まつり[2018/02/25]

1フリーザ ★2018/02/23(金) 00:53:49.44ID:CAP_USER
市民の森の梅が開花する時期の日曜に、梅祭りが開催される。茶席(梅林園)での抹茶と和菓子のサービスやしょうが湯の無料サービス(冒険広場駐車場)、短歌・川柳・俳句大会(考古歴史館・自由広場)などが催される予定。
http://www.rurubu.com/event/images/eventimage/P15299M.jpg

会場: 西条市 市民の森、考古歴史館ほか
.住所: 愛媛県西条市福武乙 .
.公共交通:JR伊予西条駅→車20分
.車:松山道いよ西条ICから国道11号経由7km15分
.駐車場:あり
40台、無料 .
料金:無料
以下ソース:http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=15299(るるぶ.com)

2情報発信元:七七四通信社2018/02/23(金) 02:31:32.81ID:FQtBpHH/
西条って愛媛には珍しくヤンキーの街って感じ

3情報発信元:七七四通信社2018/03/01(木) 18:38:28.27ID:9KqsAvmO
あすの週刊新潮の広告はトップが黒塗りになるようですよといった。何かあったの?のピンク映画というタイトルののところを、
社内の広告規定にひっかかるので、削るか黒塗りにするか新潮社に申し入れ、黒塗りになったそうです。
読売新聞や毎日新聞も同じになるようです。映画版「風流夢譚」なのかと思ったが、内容は知らないらしい。
そういえば、現役編集長のときによく朝日新聞と広告の文言で揉めた。当時は「セックス」がダメで
「SEX」ならいいという。なぜなら、英語は子供が読めないから。そんなバカバカしいことを思い出した。
けさ(3月1日)の朝日新聞の週刊新潮の広告は『』が黒塗りで、「のピンク映画」とある。さっそく読んでみた。
簡単に記すと、ピンク映画の老舗「大蔵映画」の子会社で、4大ピンク映画の巨匠の一人といわれる監督が作ったそうだ。
あらすじは「モデルがない某国の象徴としての王は、長年神として崇められていたが、敗戦を機に霊長類宣言をし、
打ちひしがれた生活苦にあえぐ国民と直にお話をする為に巡行していた」というもの。象徴、
敗戦、霊長類宣言など、をモデルにしているのは明らかだ。映画の脚本には「、人妻と密会す」と記されているそうだ。
映画には、マッカーサー風な外人、ローマの休日風のシーンなどがあるという。この映画、映倫の審査も通り、
試写会まで行われたが、劇場の支配人が「これはマズイだろう」と判断し、延期にして、監督も了承し
「申し訳なかった」と謝罪しているそうだ。「大蔵映画」の現社長である大倉満彦氏は、この映画の存在を知らなかったという。
週刊新潮は戦後作られた「不敬映画」を5本挙げているが、原一男の「ゆきゆきて、神軍」や渡辺謙一の
「と軍隊」のような、の戦争責任を問っている良質のドキュメンタリーまで入れているのはおかしい。
ピンク映画だからというのではないが、この監督がなぜこれを撮るのかという意図も、問題意識もないキワモノ映画である。
これを巻頭で取り上げる週刊新潮側の意図も、私にはわからない。

4情報発信元:七七四通信社2018/03/08(木) 18:49:00.11ID:GmB7c/HF
その小学校は公立なんですが、都内でも有数の高級住宅街にある小学校。欲しがる人は喉から手が出るくらい欲しいでしょうね」
結局、名簿は業者に渡らず事なきを得たが、PTAの会長とは思えない行動に出る。「マスターには九州時代からの裏稼業の人脈があって、
借金返そうと思ってその人たちを頼ったんですよ。その辺りから店の雰囲気は最悪で、まずやったのが客を打ち子に勧誘すること。
要するにパチンコのサクラです。そして、クスリですね。当時は合法ドラッグなんて言われてた、
いわゆる脱法ドラッグ。私は詳しく知らなかったんですが、かなり“強烈”なものを捌いていたみたいで、
店が密売の場所になってたみたいなんですよ。もう、ホント、酷い状況で、開店前に店の前を通ったら
“いかにも”なヤツらが出てくることもしょっちゅう。オマケに開店してるのにドアが開かないから、
あれ?と思ったら、中から女の人の喘ぎ声。しばらくして店に行ったら、例のPTAのおかあさんがいました。
そんな店、誰も行かないですよね」結局、悪事は夏に発覚する。「8月だったかな。奥さんがDVが酷いからと施設に駆け込んだんですよ。
PTAの会長がDVなんて前代未聞なので、呼んだんですがノラリクラリと。結局、この一件で不倫やPTAの活動費の使い込みが発覚したんです。
でも、学校というのは不祥事を隠そうとすることにかけては“プロ”ですからね(苦笑)。子供は転校、
引っ越しと言うことで結局、うやむやのまま。校長が店にも行ったんですが、もぬけの殻。ビルのオーナーに聞いたところ夜逃げしたと」
その後はようとして知れない。お店の常連男性もどこに行ったかは分からずじまいだという。

5情報発信元:七七四通信社2018/03/18(日) 13:14:26.34ID:J5xE6YDY
ところが、こんな感覚の持ち主を、自民党は2013年、参議院選挙の比例区の候補者として担ぎました。
そして、比例区の自民党の当選者18人中、16番目で彼は当選したのです。それから5年になろうとしていますが、
彼が政治家として何か実績を上げているという話は聴きません。ところが、何故か、「働き方改革」の法案に関連した予算委員会の中央公聴会で、
公述人として過労死をした労働者の遺族が出てくる場面で、彼は質問者となるのです。政治の世界は、
黙していても、その中に多くのメッセージが込められています。誰が質問者として立つのかも、
それ自体に重要なメッセージ性があります。ましてや、議員の数が多い自民党であれば、それは顕著です。
つまり、自民党が、彼を質問者としたこと自体に、自民党が思い描いている「働き方改革」の実態が垣間見えるのです。
まず、過労死した労働者のご遺族が公述人として来るということが分かっていながら、過労死を出した企業の創業者をぶつける感覚が理解できません。
自民党の中で、「さすがにそれはまずい」という人はいなかったのでしょうか?もちろん、渡辺議員が真に反省していればよかったのかもしれませんが、
あろうことか「国会の議論を聞いていますと、働くことが悪いことであるかのような議論に聞こえてきます。
お話を聞いていますと、週休7日が人間にとって幸せなのかと聞こえてきます」と発言するのですから、
反省どころから、労働時間を減らそうと言う流れに冷や水を浴びせるのです。言っておきますが、
長時間労働に反対する団体、個人(私も含めて)が、「働くことが悪いことだ」などと言ったことは一度もありません。

6情報発信元:七七四通信社2018/03/27(火) 19:38:01.15ID:NtJyUYjQ
さっと手を挙げて答弁に立ち、「まず、理財局でおこなわれた決裁文書の書き換えでございます。
若干だけ長くなりますが、ご説明を申し上げます」と言い、理財局の国会対応についてスラスラと話しはじめると、
「個別案件につきまして官房にご相談するようなことでもございませんし、報告をするようなことでもございませんし、
まして官邸にご報告するようなことはございませんでしたので、まさに本当に理財局のなかでおこなった話でございます」と締めくくった。
まるで丸川議員とのあいだに「台本」が存在するかのようなスムーズな流れだった。また、丸川議員は
「佐川さん、あるいは理財局に対して、安倍総理からの指示はありませんでしたね?」「安倍総理夫人からの指示もありませんでしたね?」と、
「ありましたか?」ではなく「ありませんでしたね?」と質問。佐川氏はすべてオウム返しのように
「ございませんでした」と繰り返したが、これは安倍夫妻の関与がないと印象付けたい目的があったことはミエミエだ。
佐川氏と安倍自民党サイドの"すりあわせ"を裏付けるのは、答弁だけではない。実際、きょうの佐川氏の補佐人を務めているのは、
熊田彰英弁護士。熊田弁護士は小渕優子・元経済産業相の事務所の政治資金規正法違反事件や、
甘利明・元経済再生担当相があっせん利得処罰法違反で刑事告発された際にも弁護を担当した人物で、
安倍政権の大臣スキャンダルを引き受けてきた"御用弁護士"だ。さらに、佐川氏は国会入りした際、
黒塗りのハイヤーで乗り付け、まわりに大勢の人を引き連れていた。この模様を中継していた
『羽鳥慎一モーニングショー』では、田崎史郎・時事通信社特別解説委員が「これ、ハイヤーで来てますね。
タクシーじゃないね」「(車を)どっかが用意したんじゃないですか」「付いてる方が多いですね。
6〜7人動かれていましたでしょ?」「通常より多い」「(普通なら)本人と補佐人だけで動きますよね」と指摘していたが、
こうした"異例"な対応も、財務省を通じた安倍自民党のサポートがあるのだろう。だが、佐川氏を動かしている安倍自民党のシナリオには、
すでに矛盾が出てきている。だいたい、刑事訴追を理由に具体的な話をすることを拒否するのに、
安倍首相や官邸の関与だけははっきりと否定できるのか。そこには何の根拠もないのだ。

7情報発信元:七七四通信社2018/04/12(木) 20:07:26.96ID:7sfiRNLW
ただ、その情報が警察側に漏れると、上司からひっきりなしに電話がかかってくるようになった。
会見前日、弁護士が記者クラブに連絡を入れると、すぐに署に呼び出されて中止するように説得もされました。
当時の上司は「本部長室から電話しているから今すぐに来い」と必死の様子でした。その日は、
署から出ると捜査車両が2台ついてきた。自宅に戻れば、何をされるかわかりません。相手は警察ですから、
何かでっちあげられて身柄を拘束されたり、抵抗したところを公務執行妨害で逮捕されたりする可能性もある。
尾行を巻いて、ホテルに泊まることにした。当日も、会見場である愛媛弁護士会館の周辺に張り込みらしき車が見えたので、
近くのパチンコ屋の駐車場に車を停めて開始時間まで身を潜めていた。そのくらい慎重にならないと
“やられる”という危機感があった。会見直後に拳銃を没収され、4日後には通信指令室に異動させられました。
110番通報を受ける部署ですが、仕事は何もなく、与えられたのは机のみ。窓から見える松山城を一日中、
眺めていた。みんなが私を避けていて、エレベーターに乗れば、乗り合わせた署員たちが慌てて降りていく。
異動が不当だとして、2005年2月に県警相手に損害賠償請求訴訟を起こしましたが、勝訴判決が出たのは2008年。
定年1年前まで待たなければなりませんでした。

8情報発信元:七七四通信社2018/04/22(日) 19:53:36.54ID:J9g6F3cf
まさに政権末期だ。次々にスキャンダルが押し寄せている安倍政権。末期的なのは、閣僚たちが半ば公然と
“造反”し始めていることだ。閣僚をコントロールできなくなったら、政権の終わりは近い。アベ1強が続いた、
この5年間、閣僚が安倍首相に逆らうことは皆無だった。独裁者に恨まれたら、どんな仕打ちをされるか分からないと怯えたからだろう。
ところが、ここにきて空気が一変している。安倍首相が困ると承知しながら、自分の考えに従って行動し始めているのだ。
そもそも、モリカケ疑惑が再びここまで大きくなったのは、斎藤健農水大臣が「省内に残っていた」と、
愛媛県の職員が作った「備忘録」を公表したことが発端である。愛媛県と今治市の職員が、
柳瀬唯夫秘書官(現・経産審議官)と官邸で面会し、柳瀬秘書官が「これは首相案件」と明言したことを証明する文書である。
愛媛県の職員が農水省の官僚に手渡していた。20日は、林芳正文科大臣が「文科省にあった」
と「内部文書」を公表。こちらは、愛媛県と今治市の職員が官邸を訪問した当日、内閣府から文科省にメールされたもの。
「本日15時から柳瀬総理秘書官とも面会するようです」と具体的に記されていた。農相と文科相の2人が
「内部文書」を公表したことで、もはや柳瀬審議官が「会ったことはない」と嘘をつき続けるのは不可能となった。
さらに、野田聖子総務相は、財務省の福田淳一次官のセクハラについて、「メディアで働いている女性の生の声を聞きたい」と、
近々、セクハラ被害の実態を聞く場を設けると発表した。総務大臣が女性記者と懇談すれば、
またセクハラ問題が話題になるのは間違いない。

9情報発信元:七七四通信社2018/05/09(水) 13:08:12.62ID:iQb6avuC
本気でアサド打倒に取り組まなかった。オバマさんが、中東への関心を失ったから。シェール革命で、
アメリカは、いまやサウジ、ロシアに並ぶ石油大国ロシアに並ぶガス大国になった。アメリカが中東に関心があったのは、
主に「石油あるから」でした。ところが、シェール革命が起こり、いまや自国にたっぷり石油、ガスがある。
それで、オバマは「もう中東はいいや」となった。そして、オバマ時代の特に二期目、アメリカとサウジ、
イスラエル関係がひどく悪化したのです。アメリカ実質不在の隙にロシアは攻勢を強めた。アサドはすでに、
シリアのほぼ全土を掌握するまでになっている(反アサド、ISの支配地域は、ごくわずか。第2勢力は、
米軍が支援をつづけるクルド)。この例でわかることはなんでしょうか?「どこかの地域に空白が生まれると、
別の大国が入ってくる」これがシリアの教訓です。で、別の「大国」とは、現状中国、ロシアのことなのです。
たとえば、ドゥテルテさんは、アメリカとの関係を悪化させた。中国は、安心してスカボロー礁を奪いました。
ドゥテルテさん、最近は「フィリピンを中国の一つの省にすることもできる」などと発言しているようです。
ジョークにしても、かなり「売国的」発言です。では、在韓米軍が撤退すれば、韓国はどうなるのでしょう?
もちろん、実質中国に支配される国になるでしょう。トランプさんは、中東から、韓国から、「米軍を撤退させる」といっている。
そうなると、アメリカが去った空白を、中国、ロシアが埋めることになります。アメリカの世界的影響力、
覇権は、当然弱体化します。トランプは、「シリアから撤退したい」といっている。「在韓米軍を減らしたい」といっている。
彼は、間違いなく、こう考えています。大統領選挙戦中から、一貫している。では、なぜ、米軍はシリアから撤退しないのでしょうか?
なぜ大統領の願いは、速やかに実現されないのでしょうか? これは、国務省や国防総省、諜報機関などが反対しているからでしょう。
大統領でも、好き勝手にはできないのですね。しかし、アメリカのパワーは年々衰えています。10年後、
20年後、米軍がアジアにいる保証はありません。日本は、トランプさんに、「アメリカの負担を、
できるだけわが国が肩代わりしましょう」といい、抵抗なく、ちゃっかり自主防衛力を強化してしまいましょう。

10情報発信元:七七四通信社2018/05/24(木) 16:52:46.57ID:puq+1x0j
さらに「この人に逆らってはいけないんだなと。ある種の恐怖心にはなりますよね」と明かした。
監督への感謝や尊敬の念を聞かれ、「誰も正直、あの人に関して、誰も感謝してないよねっていうことしか聞かない」。
支持率は「100%で言えば20%ぐらい」とし「実際、恨みを持つというか、されたこと、理解できる仕打ちだったら分かるんですけど、
理解できないので関わりたくないっていう風に思っている者は多いんじゃないかなと思います」と明かした。
一方で内田氏の良いところを聞いたが無言だった。今回の悪質タックルが起きたことに「監督があれをやれって言ったら絶対やらなくてはならない。
やらなかったら干される。試合に出してもらえない。練習にも来るなと言われるようなので」と証言した。
さらに今回のタックルが内田氏からの指示があったかを問われると全員が手を挙げた。「アメフトをやっていれば分かりますが、
考えられない本当に大きな反則プレーなので、あれを選手個人の判断でやることは本当に考えられないんですね。
何かの指示であったり圧力であったりとかないとあれは、やらないプレーです」と指摘していた。

11情報発信元:七七四通信社2018/06/11(月) 19:15:47.68ID:6rsq10pl
《魔法の薬を30gワインに入れて嫁に飲ませたよ。パジャマを脱がせても反応なし》《帰宅した妻に魔法を仕込んだコーヒーをサービス。
20分ほどでテンション変わり、意識なくなったので服を脱がせて動画をゲット》インターネット上のとある掲示板の書き込み。
一見不可解なこの文章が示すのは、薬物を用いた「夫婦間」の性暴力の実態だ。『レイプドラッグ、
夫婦間にも』5月21日、朝日新聞社会面にこんな見出しが躍った。記事中に登場するのは、関西在住の50代夫婦。
夫は妻にレイプドラッグ(相手の意識や抵抗力を奪って性行為に及ぶ目的で使われる睡眠薬や抗不安薬)をのませ、
わいせつ行為を繰り返しただけでなく、その行為中の写真まで撮っていたという。《夫の作ったハンバーグを食べ、
あまりの苦さに吐き出した。ハンバーグを割るとタマネギや肉が青い》記事中でこう告白した妻は、
毒物を疑い警察に相談すると、食事から睡眠薬が検出された。夫の持ち物からは睡眠薬や熟睡状態の妻へのわいせつ行為の写真が見つかり、
妻は別居した後、準強制わいせつ未遂容疑で夫を告訴。昨年3月に夫は起訴猶予となった。同年11月には家裁で離婚裁判が行われ、
離婚を認めるとともに、夫に330万円の慰謝料の支払いを命じる判決が出たという。最近、こうした夫婦間のレイプドラッグを使用した被害事案が多発している。
手口を披露し合うインターネットサイトも多数存在しており、冒頭で紹介した掲示板もその1つだ。
女性セブンが確認した限りでも、複数の盗撮サイトで、レイプドラッグで眠らせた妻のわいせつ画像が毎日のようにアップされている。
《妻の痴態》《熟女妻の全裸》こんなタイトルで画像が晒され、閲覧者からコメントが1000件以上ついている現実は、
悪夢という他ない。妻が夫を訴えた前述の例でも、夫はネットから知識を得て行為に及んでいた。
「相手のすすめる飲み物を飲んだら意識が遠のいて酩酊したなど、夫婦同士でもそうした被害は数年前からありました。
夫婦という関係上、どこまでが性被害なのか、悩んだ末に誰にも相談できないかたがたくさんいます。
レイプドラッグ以外にも、配偶者の同意がないまま無理やり性交渉を迫る例は多いです。DV家庭の
“子だくさん”も、夫婦間性暴力の結果だったりもするのです」「あの頃の出来事は、思い出すだけで寒気がします」

新着レスの表示
レスを投稿する