【愛媛】苔筵 まるでアニメの世界のような美しさ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1じゅげむ ★2017/11/17(金) 00:43:10.73ID:CAP_USER
ギャラリー喫茶「苔筵」のオーナーが5年の年月をかけて愛情たっぷりに育てた苔の空間は、まるでアニメの世界のような美しさ。
愛媛県西予市宇和町信里2099

http://www.rurubu.com/season/news/1711ehime/

http://www.rurubu.com/season/news/1711ehime/img/sp/ehimeSpot1_ph1.jpg

2情報発信元:七七四通信社2017/11/17(金) 00:47:01.00ID:Q6heH35z
テレビのように美しい夕日とかね

3情報発信元:七七四通信社2017/11/17(金) 05:47:32.11ID:CAGkbsyO

4情報発信元:七七四通信社2017/12/08(金) 13:13:09.84ID:o8admN8d
「テレビを設置したら、NHKと受信契約を結ばなければならない」と定めた放送法が、憲法に違反するかが争われたNHK受信料裁判。
6日、最高裁大法廷は、受信料支払い義務を合憲とする初の判断を示した。2016年度のNHKの事業収入は7073億円だが、
約96%に当たる6769億円が受信料収入だ。これからは、国民が家にテレビを置けば、有無を言わさず、NHKに受信料を払わされることになる。
支払いを拒めば裁判所は「払え」と判決する。最高裁の合憲判決で、NHKはさぞウハウハに違いない。
昨年度末の受信料の推計世帯支払率(全国平均)は78.2%。すでにかなりの率で受信料を集めている。
現在、NHKは200億円ものカネを貯めこんでいる。フザケているのは、金満なのをいいことに、職員が高額の報酬を受け取っていることだ。
NHKによると、会長の年間報酬は3000万円を超え、11人いる副会長や理事らも2000万円台。
一般の職員も30歳を越えると1000万円の給与をもらっている。表向き、大卒モデル年収は30歳で532万円、
35歳で669万円と公表しているが、実際には“手当”を乱発し、国民から徴収した受信料を職員に分け与えているという。
1986年から約10年間、NHKで記者、経理職をしていた葛飾区議の立花孝志氏がカラクリをこう指摘する。
「私は35歳の時、1150万円もらっていました。NHKが公表しているのは、最低ラインの数字です。
これに残業代や各種手当が加わります。住宅補助、単身赴任はもちろん、北海道なら寒冷地手当、
物価の高い都市部勤務者には地域間調整手当があります。海外赴任している職員の国内に残留している家族には10万〜15万円の手当があります。
残業の割り増しは30%、休日出勤は40%です。一般的には25〜35%ですから、極めて厚遇です」
「国営放送」でなく、「公共放送」でありながら、安倍政権ベッタリの放送を繰り返すNHKに対しては、
「番組が偏向しているから受信料を払いたくない」という声も根強い。しかし、最高裁判決が出たことで、
国民は抵抗の手段を失ってしまった。その結果、ますますNHKの金満に拍車がかかり、職員が肥えていくことになる。

5情報発信元:七七四通信社2017/12/24(日) 12:10:52.38ID:KebhMyWP
ダウンタウンの松本人志(54)が、安倍晋三首相との食事会を振り返り、「雑談でたわいもない話して、
割り勘で帰っただけ」と説明。政治家への転身は否定した。24日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」は、
松本や東野幸治、HKT48指原莉乃らが安倍首相と都内の焼き肉店で会食したと報じられ、
ネット上でさまざまな臆測を呼んだ騒ぎを取り上げた。東野が自身のツイッターに「安倍総理の犬」といったコメントが寄せられたと明かすと、
松本は苦笑い。「僕は政治家の転身は全然、考えてましたけどね。もちろん視野に入れて。じゃないと飯になんか行かないわけですから」と冗談めかすも、
「雑談でたわいもない話して、割り勘で帰っただけなんですけどね。なんかそういうふうに言われてしまうんですねぇ。
いや全然ないですよ、政治家なんて今なったって、汚職もでけへんし不倫もでけへんし、うまみなんにもない」と明言した。
しかしこの会食をきっかけに安倍首相との関係は大きく変わった様子。この日の収録で楽屋が偶然、
安倍首相と隣になったそうで「こう言うとまた蜜月関係みたいに言われたらいやなんですけど……」とした上で、安倍首相から「ヨッ!」と気さくに声をかけられたと明かし、共演者たちを驚かせた。

6情報発信元:七七四通信社2018/01/02(火) 11:10:11.40ID:85HliudS
「熱い!痛い!助けて!」大阪府堺市西区の商店街で6月、火だるまの男性(47)が電器店に駆け込み、
全身やけどで意識不明の重体になった事件。「ナニ浮気してんねん。その汚い体、消毒したるわ!」と、
止まっていた乗用車の中で男性にエタノールをかけたとされる女性(43)は、殺人未遂容疑で大阪府警西堺署に逮捕されたが、
大阪地検堺支部は11月7日付で不起訴処分(嫌疑不十分)にした。処分理由は明らかにしていない。
「女性もエタノールをかけたことまでは認めたようですが、まさか男性のたばこの火が全身に燃え広がるとは思いもせえへんかった。
殺意は認められなかったいうことでしょう」男性から助けを求められ、バケツで水をかけて消火に当たり、
119番通報もした電器店の店主がこう話す。「焦げたマットなんかを新しくしたり、多少お金もかかりましたが、
今はすっかり元通り。事件の翌日が定休日で、その次の日には店を開けました。一時期は近所で『男性は亡くなった』なんてウワサも流れましたが、
どうなったんですかねえ」街は日常を取り戻しているというが、確かにどうなったのか。「男性はまだ入院してるそうです。
何でも意識は戻ったみたいですが、とても起き上がれる状態ではないらしい。このまま入院生活が続く可能性もあると聞いてます」もし本当に痴話ゲンカがきっかけだったとしたら、あまりに悲惨だ。

7情報発信元:七七四通信社2018/01/09(火) 13:51:59.88ID:Ytz8ZZbS
松村邦洋は2009年に東京マラソンへ出場した際、100キロ越えの体重で心臓に負担がかかり急性心筋梗塞を起こして心肺停止状態で救急搬送されたことがあった。
松村本人がCMの記者会見で「命あってのものまね」と語っていた通り、この危険な体験がダイエット企画に踏み込んだ理由とも想像される。
このように、健康面が危惧されても“デブキャラ”を貫いていた芸人も、今や“ヘルシー化”の流れの中にいる。
次々と痩せていく芸人たちの芸は、もはや“ヘルシー芸”といえるかもしれない。だが“仕事のタネ”であるはずのキャラを変えてまで痩せることは芸人にとって良いことだけではないようだ。
例えば、とにかく明るい安村の場合、映画『ビニー/信じる男』のPRイベントで約16キロ体重を落とした姿を披露したが、
「安心してください、履いてますよ」という前に海パンをぜい肉で隠しきれない事態になり、MCから「ずっと安心していましたよ!」とツッコミを入れられてしまった。
また、巨漢キャラ・伊集院光は1997年に、出演のラジオ番組『伊集院光深夜の馬鹿力』(TBSラジオ系)の中で、
ダイエット企画によって半年で50キロ落としたものの、故・伊丹十三監督からクレームが入ったことを告白。
1997年公開の映画『マルタイの女』に出演が決まっていたが、台本には役柄について“著しく太ったデブ”との記述が。
「ダイエット前の体重に戻るまで撮影が一時中断されたそうで、伊集院さんは“伊丹十三をデブ待ちさせた男”と誇らしげにこのエピソードを披露した。
さらには、痩せることで視聴者の間で“重病説”が囁かれることもあったと話されていました」つまり“デブキャラ”が定着してしまうと、
安易には痩せられない。イメージを持続するために太っておかなければならず、それが“ビジネスデブ”と呼ばれる所以なのだ。
ふくよかな体型の人気者の数は非常に多い。「彦麻呂さんやホンジャマカの石塚英彦さんなどグルメリポーターが太っているのは、
“美味しいものをよく食べている”という説得力にもつながります。日本テレビの水卜麻美アナウンサーのように“微笑ましい”と人気が上がることもある。
また出川哲朗さんは、あのころりとしたかわいらしい体型でなければ笑いは半減するかもしれないし、ロバート秋山竜次さんの“体型モノマネ”もあの恵体あってのもの。マツコ・デラックスさんはあのゆるキャラのようなシルエッ

8情報発信元:七七四通信社2018/01/17(水) 12:00:55.32ID:fQ7ayeu1
16年12月、「開運!なんでも鑑定団」に世界に3点しかないとされる「曜変天目茶碗」とみられる陶器が登場。
2500万円の鑑定額となり話題になった。その後、鑑定結果を疑問視する陶芸家が、放送倫理・番組向上機構(BPO)に番組内容の審議を求める意見を寄せるなど議論を呼んだ。
この日の番組では、中国の陶芸家・李欣紅さん(61)が、「曜変天目茶碗」と鑑定された陶器について
「骨董品のレプリカです。私が作ったもので間違いないです。およそ1400円で販売していました」と激白するインタビューが放送された。
「今日一番の大変なニュースが入ってきましたけど」と興奮気味。「鑑定でそんなミスしてもいいんですかね」と戸惑いを口にした。
一方、「この方(李欣紅さん)の情報が怪しい可能性もあります」と冷静にコメント。最後は「(たとえ贋作でも)人の目を魅了する魅力があるということですよね」とまとめていた。

9情報発信元:七七四通信社2018/01/24(水) 12:14:33.65ID:ZqL3y482
静岡地裁(佐藤正信裁判長)は23日、刑事訴訟規則に違反して裁判の内容を無断で録音したとして、
産経新聞社静岡支局の記者を呼び出し厳重注意した。記者は22日、同地裁で開かれた浜名湖連続殺人事件の裁判員裁判第4回公判を取材。
強盗殺人や死体遺棄・損壊などの罪に問われた被告の証拠調べで、午後4時20分〜25分の約5分間、
ICレコーダーを使用して法廷内の音声を録音した。地裁職員が見つけ規定違反が発覚した。

10情報発信元:七七四通信社2018/01/30(火) 14:23:50.97ID:EfAKJPIs
某大手企業の人事部によると、やる気のある独身女性と上司の不倫の場合、独身女性は上司に認められたい一心で仕事を覚えるので、
会社はまず見て見ぬふりをする。そうして女性が一人前に育ったら栄転させる。すると不倫関係は自然に消滅し、
会社にとってメリットだけが残る。女性が本気で仕事に向き合うと、男性以上の力を発揮するため、
不倫が生産性アップに繋がるそうだ。逆に、腰かけ的な女性とダメ上司の不倫は、即男性を呼び出して
「どこかへ飛ばされたいか?」と切り出すと、すぐに別れるという。夫婦と不倫相手が全員同じ会社に勤めており、
不倫に気づいた妻は、役員に「夫を取りますか? 私を取りますか?」と直訴。妻はとても優秀な人材だったため、
夫が飛ばされることに。しかも、妻は社内で不倫の事実を公言。不倫相手の女性は居づらくなって自主退職した。
その後、夫婦は離婚。飛ばされた夫は、会社を辞めて不倫相手と再婚したそうだ。今は不倫女性の実家の近くで、
慣れない農業をしながら細々と暮らしている。風の便りで聞いた妻は、ほくそ笑んだという。

11情報発信元:七七四通信社2018/02/06(火) 19:52:04.16ID:QmMpH7ky
西武は6日、19歳の今井達也投手が喫煙していた事実が判明したことを発表した。球団は今井を厳重注意処分とし、
参加している高知・春野キャンプにはとどまり練習は続けるものの、2月7日から5月までは、ユニフォームを着用させず、
対外試合出場停止とすることになった。なお、練習する際にはジャージを着ることになる。球団は「お詫びとお知らせ」として、
今回の件について球団公式HPで発表。外部から球団に情報が寄せられ、2月5日に本人に確認したところ、
認め、事実であることが判明したという。西武は、今井をはじめ、ほかの未成年選手にもプロ野球選手としての自覚を持ち、
十分気をつけて行動するよう、あらためて指導・教育し、再発防止に取り組むことを明記した。
今井は2016年に作新学院で夏の甲子園で優勝投手になりドラフト1位で西武に入団。球団を通じ
「深く反省しております。自分自身の甘さが今回の事態を招いてしまったと考えています。今後、二度とこのようなことを起こさないよう、
自分に厳しくありたいと思います。このたびは大変申し訳ありませんでした」とコメントを発表した。

12情報発信元:七七四通信社2018/02/13(火) 13:15:46.98ID:MeFpQI4/
ドーピング検査の陽性反応を示した斎藤慧が12日付として、日本選手団を通じてコメントを発表した。
今回、このような検査結果が出たことに大変驚いています。ドーピング(違反)を行おうと考えたことはこれまでに一度もありません。
アスリートとして絶対にしてはいけないと理解していました。また、けがをした時や体調を崩した時に処方される薬については、
事前に専門家に相談していましたし、日常の食事や飲み物にも気を付けていました。今回検出された物質は利尿剤で、
本来は高山病予防などの治療薬だそうですが、筋肉増強剤を隠蔽する目的などで使う人がいるため、
禁止薬物にされていると聞きました。私は、筋肉増強剤を使用したことがありませんので、それを隠そうなどとは考えませんし、
利尿剤を使用して体重を落とそうと考えたこともありません。この薬を使用するメリットも動機も私にはありません。
1月29日の合宿中に受けた検査ではどのような禁止薬物も検出されず、陰性だったため、自らの意思で何かの薬物を摂取したという事実はありません。
今回の検査結果が出てしまったことには偶発的に起きた出来事により、禁止薬物が無自覚のまま口に入ったものとしか考えられません。
今回の結果については身に覚えのないことで、不可解であると感じ、自身の身の潔白を証明するために戦っていきたいと考えておりますが、
今、それを要求することはオリンピックを戦っているチームに迷惑をかけると思ったので、暫定資格停止という決定を受け入れ、
自発的に選手村を出てチームを離脱いたします。最後までチームジャパンの一員として同じ場所で戦いたいと思っていましたが、
残念です。チームを離れても一員として仲間を応援しています。

13情報発信元:七七四通信社2018/02/17(土) 16:09:42.85ID:SUT0Q2ju
17年10月、米国ハリウッドの大物映画プロデューサー・ワインスタイン氏によるセクハラ疑惑が報じられたのを受け、
女優のアリッサ・ミラノが、同様の被害を受けたことの女性たちに向けて、「#MeToo(私も)」を合言葉に名乗りを上げるようツイッターで呼びかけた。
これに応え、有名スターたちだけでなく一般人も続々と行動を起こし、やがて世界的なムーブメントになった。
日本にも瞬時に波及。「#MeToo」運動をきっかけに、政界、教育界、スポーツ界から元NHKの看板アナウンサーの事件まで、
押さえ込まれていたセクハラ告発が噴出。長らくセクハラ後進国に甘んじていた社会が、「絶対にNO」と認識を変えた。
「昨年10月の『Black Box』の出版を機に、アメリカの『ニューヨーク・タイムズ』はじめイギリスのBBCやフランスなど海外メディアからの取材が殺到しました。
『#MeToo』運動のうねりのなかで、各国の女性が声を上げ始めていますが、やはりアジア圏からの実名での声はまだ少ないからでしょう」
こう話すのは、元TBSテレビ報道局ワシントン支局長の山口敬之氏からのレイプ被害を記者会見で訴えたジャーナリストの伊藤詩織さん。
著書『Black Box』(文藝春秋)も出版され、顔の見える被害者の訴えに社会的関心が集まっている。
「運動の発祥の地のアメリカは当然として、私が驚いたのはスウェーデンの反響のすさまじさ。人口はそれほど多くないのに、
インタビューが掲載されたとたん、多くのメッセージが私の元に届きました。激励に加えて、同じサバイバーの方からの
『勇気をもらった』という声も多かった。わざわざスウェーデンから日本の性犯罪救済センターに寄付を送ってくれた方もいました」
伊藤さんがインタビューのなかで、「日本では性暴力救済センターやスタッフの数が足りていない」と話しているのを読んでくれての行動だった。

14情報発信元:七七四通信社2018/02/23(金) 12:31:17.31ID:2WZt8sTK
もちろん警察庁は「逮捕状を使わないことはある」と主張する。ならば、逮捕状をとって執行しなかった件数はどのくらいあるのかと聞いても、
答えない。「高輪署だけでいいから、何件あるか調べてもらいたい」と野党議員が食い下がったが、
「調べるつもりはない」と突っぱねた。簡単な調査でさえ拒否するのは、実際にはそんなケースがないからだろう。
そして、拒否する理由は「不起訴となり、検察審査会でも不起訴相当の結論が出たからだ」という。
またこの論理をもって、逮捕をストップさせた中村氏は正しかったとも主張するのである。被害を訴える伊藤詩織さんが納得できないのは当然だ。
伊藤さんはこの事件に関する著書『ブラックボックス』のなかで、山口氏を逮捕する予定だった2015年6月8日、
ドイツ・ベルリン滞在中に捜査員A氏から電話があった時のことを詳述している。もちろん逮捕の連絡だろうと思い、
電話に出ると、A氏はとても暗い声で私の名前を呼んだ。「伊藤さん、実は、逮捕できませんでした
私の力不足で、本当にごめんなさい」「ストップを掛けたのは警視庁のトップです」「全然納得がいきません」と私が繰り返すと、
A氏は「私もです」と言った。それでもA氏は、自分の目で山口氏を確認しようと、目の前を通過するところを見届けたという。
A氏は逮捕が止められた理由について、何も聞かされていないのだという。A氏とて、なにも立件の難しい性暴力事件にかかわりたくはなかったかもしれない。
しかし、性暴力を許せない伊藤さんの強い思いを無視できなかったのだろう。伊藤、山口両人が訪れた寿司屋やタクシーの運転手への聞き込み、
ホテルの防犯カメラの映像から、伊藤さんが合意のうえでホテルに入ったのではないという確証を得たからこそ、
逮捕状を請求し、交付されたのだ。防犯カメラの映像は有力な証拠だ。山口氏はタクシーから降り、
上半身を後部座席に入れて伊藤さんを引きずり出す。歩くこともできず抱えられて運ばれる伊藤さんの姿を、
ホテルのベルボーイが見ている。

15情報発信元:七七四通信社2018/03/02(金) 10:42:36.09ID:pgIK9Cs7
どういう人が開運するのでしょうか一言でいうと「与える人」です。人に善いことをして喜ばれることが
「徳」を積むことになり、開運して幸せになります。その反対に、不運の元があります。それは人を傷つけたり悲しませたりすることで、
「劫」といいます。この徳と劫の比率はどうやって決まるのかというと、徳は、人に益することをしたプラス点。
劫は、人に害することをしたマイナス点。人を幸せにすればするほど、徳が加算されて、自分が幸せになります。
劫は、人を不幸せにすればするほど、自分が不幸せになります。このメーターが頭部の横にあるといわれ、
何をするにも詳細に点数がつけられています。亡くなった後には、閻魔大王からこのメーターをもとに判決が下されます。
具体的にはどんな行動が徳になるのでしょうか徳積みは大きく3つに分けられます。(1)体施(たいせ)身体を使った施しです。
重い物を持ってあげたり、被災地にボランティアに行ったり、身体を使って施すことです。ゴミを拾ったり、
掃除をしたりすることも体施です。(2)物施(ぶっせ)物を使って人に施すこと。困っている人に、
お金や着るものなどを与えたり、寄付することです。(3)法施(ほっせ)人に法を施すこと。教育・
人材育成のことです。部下に助言をしたり、人を育てることは最高の徳積みになります。

16情報発信元:七七四通信社2018/03/09(金) 14:23:01.87ID:s5NaVnFw
リスクを承知で10代の若者がハマる様々なチャレンジが存在するが、オーストラリアの青年はあるチャレンジをしたことが原因で四肢麻痺に陥ってしまったという。
オーストラリアのシドニーに暮らすラグビー選手サムさんは2010年、19歳だった頃にあるチャレンジを行ったことにより、
その一生を狂わされることとなってしまった。サムさんは選手仲間たちとパーティーをしていた時、
仲間からナメクジを赤ワインで飲み込めというチャレンジを強いられた。無鉄砲で頑固者だったというサムさんは、
そのリスクも顧みずナメクジを飲み込んだのだ。しかしその後すぐに容態が急変し、サムさんはシドニーにある病院へと搬送された。
そして「広東住血線虫症」に感染していることが判明した。これは通常、ネズミを寄生源とする病原菌がネズミの糞を通して排出され、
その糞を食べるカタツムリやナメクジに寄生するもので、人に感染したとしてもほとんどの場合は深刻な影響を及ぼさないが、
稀に中枢神経が侵されると重い後遺症が残ることもある。サムさんはこの病原菌に感染したことで好酸救性髄膜脳炎を発症、
420日間昏睡状態に陥りその後、四肢麻痺になってしまった。サムさんは病に倒れてから3年後にようやく退院することができた。
退院したサムさんを激励するためにラグビーの仲間たちも駆け付けて来てくれたそうだが、28歳になったサムさんは今も四肢が麻痺しているため電動車椅子を使った生活で栄養摂取は流動食、
また発作を起こしやすく体温の調節ができないため24時間の介護を要するという。「飲んだ席で仲間と悪ふざけなんていうことはきっと誰にでもあると思う。
これは本当に悲劇としかいいようがない」「こんな愚かなチャレンジをさせた仲間は、今のサムさんを見てどういう気持ちでいるんだろうな」
「友達を非難するのは間違いじゃないか。これは不幸な事故なんだから」「家族も大変だな」といった声があがっている。

17情報発信元:七七四通信社2018/03/18(日) 22:10:12.81ID:J5xE6YDY
ひとりで罪をかぶるつもりなのか。財務省の決裁文書改ざん問題で、今月9日に「引責辞任」した佐川宣寿前国税庁長官(60)。
安倍官邸は、改ざんが一から十まで理財局内で行われたとして、当時の理財局長だった佐川氏を
「主犯」に仕立て上げようと躍起だ。森友問題で悪名を馳せた「官邸の守護神」は、このままいくと官邸の
「汚れ役」で生きていくしかなくなる。「佐川の答弁に合わせて、書き換えたというのが事実だと思っています」と全責任を転嫁した麻生財務相に続き、
16日の衆院財務金融委員会で、身内だったはずの太田充理財局長までが、「(佐川氏の)関与の度合いは大きかったのではないか。
(改ざんを)知っていたと思う」と突き放した。「改ざんは佐川だ、佐川、みな佐川」で、仕えた上司に詰め腹を切らされ、
かつての部下に見放された佐川氏。36年間務めた財務省を石もて追われるように去り、「バラ色のセカンドライフ」は、
見事なまでに砕け散った。「本来、国税庁長官OBには引く手あまたの天下りライフが待っていたはず。
過去には“渡り”と称して複数の企業・団体の役職を経験し、8億円も稼いだツワモノもいましたが、
今や“傷モノ”の佐川氏を受け入れる天下り先は皆無でしょう」不運は重なるもので、佐川氏は16日、
高松市の男性に虚偽公文書作成容疑などで東京地検特捜部に刑事告発された。安倍官邸にセカンドライフを潰されたとはいえ、
国税庁長官を約9カ月務めた報酬はかなり高額だ。もちろん、その原資は血税である。

18情報発信元:七七四通信社2018/03/29(木) 09:04:34.06ID:pFgZVIC1
文科省の前川喜平前次官が講師をした名古屋市の中学校の授業内容に同省が不当な介入をした問題は、
自民党の文部科学部会の会長ら国会議員2人が同省に「圧力」をかけた結果であることが明らかになった。
ただ、同省の担当官僚は今後、他の学校が前川氏の授業を行うことを牽制するような対応も見せている。
国会内で3月20日から23日にかけて開かれた野党合同ヒアリングで同省は、同氏の授業内容自体には
「問題なし」との認識を示す一方、天下り問題で辞任した同氏の経歴を学校側がはっきり生徒らに伝えていない点などを指摘。
「今後、他校が前川氏を講師に招いても問題はないということでよいか」との野党議員の確認に対し、
曖昧な返事をしている。たまたまこの23日、元外務省分析官(ロシア担当)で文筆家の佐藤優氏の講演を聞く機会があり、
講演終了後、これまで学校の授業で講演したことがあるかどうか尋ねた。「何回もある」と応じた同氏に、
文科省による調査があったかどうか問うと、「1回もない。自分には前科があるが、小物だから」との言葉が返ってきた。
同氏は本人が無罪を主張する背任事件などで有罪となり、外務省を辞している。「前科がある」佐藤氏の授業は問題にせず、
刑罰も受けていない前川氏の授業を狙い撃ちにするとは言語道断。同氏の授業を計画する学校関係者が萎縮することのないよう文科省や与党は、「今後、前川氏の授業には介入しない」と明言すべきだ。

19情報発信元:七七四通信社2018/04/13(金) 02:50:37.98ID:4k+qcdUK
容疑者を取り押さえたのは、駐在所に勤める巡査部長(32)の妻、どすこいさん(30)ら2人。
事件が発生したのは、11日午前10時20分ごろ。同駐在所の近くにある神社に参拝に来た会社員、
鈴木清さん(59)は、賽銭を盗んだ容疑者に気づいた。鈴木さんは「絶対に逃がしたくない」と、
容疑者が、その場を離れようとして押していた自転車をつかみ続けた。そのとき、鈴木さんの
「助けて」という声を聞いて駆けつけたのが、駐在所にいたどすこいさん。「どうしたんですか」と問うと、
「賽銭泥棒です」。元警察官で、柔道初段のどすこいさんは、容疑者を柔道の投げ技「大腰」で倒し、
最後に得意の寝技「けさ固め」で押さえ込んだ。どすこいさんが「盗んだのか」と聞くと、容疑者は
「盗みました」と降参。その後、鈴木さんの110番通報を受けて駆けつけた同署員らに引き渡された。
同署によると、鈴木さんは逃げようとする容疑者に体当たりなどをされ、あばら骨を折るなどの重傷。
容疑者が賽銭箱から取ったのは10円玉1枚だけだった。容疑者は「盗んだことは間違いないが、もみ合いになっただけだ」と容疑を一部否認している。

20情報発信元:七七四通信社2018/04/22(日) 21:37:56.42ID:J9g6F3cf
その中でも代表的な「北前船」という運送手段が活躍したのも日本海側です。実は黒潮の流れに逆らって走る太平洋側のルートは当時の船では航海が大変でした。
それに対して日本海側の西廻り航路のほうがカンタンかつ安く運べたので、海運の主要ルートだったのです。
当時日本海最大の都市にして、一目置かれていたのが金沢でした。幕藩体制では農業生産力の大きさによって石高が決まっていたため、
金沢は徳川家の城下町や京都を除くと、日本最大の城下町だったそうです。市レベルでも東京・
大阪・京都・名古屋に次ぐ全国第5位の大都市であり、文化の中心地としての貫禄を認められ、
日本海側として初めて第九師団が置かれて軍都としての地位も確立していました。また、第四高等学校が全国5つの高校の1つとして設立され、
学問的にも先進都市として君臨するなど、まさに日本屈指の一大シティでした。なぜその後、
金沢をはじめとした日本海側は、太平洋側に比べて後れを取ってしまったのでしょうか?その大きな一因は都市圏への大流出でした。
コメの一大単作地帯で、太平洋ベルト地帯の工業化についていけなかった北陸は、近代化の進んだ太平洋側にどんどん人口を取られていきました。
農家の次三男らが東京・大阪などの大都市へ流出し、工場労働者のほか、都市化にともなって増える小商人・
職人・店員らになったのです。彼らは、持ち前の粘り強さで、豆腐屋・魚河岸などの朝早くから泥臭く働く業種を得意としていました。
特に風呂屋は彼らによって支えられており、東京・大阪の銭湯の初代経営者は、石川・富山・新潟の3県の出身者が約8割を占めるほどでした。
東京・大阪の風呂屋には、今も彼らがはじめた風呂屋が数多く残っています。さらに「北前船」も鉄道や汽船、
通信技術の進歩により、より早く大量の荷物や情報が全国各地に送られるようになったため不要になり、
衰退していきました。日本海側は、人もいなくなり、産業も伸びず、長い低迷期に突入していくのです。
北陸地域の人口が増えなかったワケのもう1つが、北海道への移民の多さでした。1897年には新潟・
富山・石川・福井から約3万人が渡道し、全国からの移住者の半分近くに。さらに1882年から1935年までの間には、
その4県から21万5958戸もの戸数が北海道へ移っています。

21情報発信元:七七四通信社2018/05/10(木) 16:46:27.12ID:RSqhBupr
元フジテレビアナウンサーで現在は弁護士の菊間千乃が、5月2日に放送された朝の情報番組
「ビビット」(TBS系)に出演。TOKIO・山口達也が泥酔のうえ、女子高生に無理やりキスをしたのと容疑で書類送検
(起訴猶予処分)された件について、曜日パーソナリティーとして言及している。菊間は、山口が不起訴となる判断が早かったことについて解説したりと、
弁護士という立場にふさわしい明快な解説。しかしこの菊間のコメントに対し、ジャニーズファンからは
「どの口が言ってんだよ」「あなたはあなたで未成年飲酒問題に絡んでますよね」「あなたが何を言っても全く耳に入って来ません」など、
何故か辛口なコメントが集まっている。「菊間といえば、局アナ時代の05年に、会社の同僚とともに当時未成年であった元NEWSのメンバー・
内博貴と飲酒していたとして無期限謹慎処分を受けたことがありました。ジャニーズタレントの未成年問題に絡んだというイメージが残っており、
今回の件でも“よく平然とコメントできるな”というふうにジャニーズファンは感じたようです。

22情報発信元:七七四通信社2018/05/25(金) 10:11:35.20ID:YC6rCSs7
2人が受講していたセミナーとは、どんな内容だったのか。ホームページ(HP)などによると、セミナーは
「月間60人斬り」を自称するナンパ師の男性らが講師となり、「通常コース」「超初心者コース」
「スペシャルコース」など、受講生の要望に合わせた講習内容を用意。通常コースの料金は5万4800円
(学割2万7400円)で、「座学」や「実践」を含む約4時間の講習を3回受けることができ、「教材」のテキストやDVDを無料や割引価格で入手できる特典付。
講師によるマンツーマンのスペシャルコースは、料金29万8千円と自動車免許教習並みだ。HPには
「最強の講師陣」「最強の実績」など、さながら有名学習塾のようなうたい文句が並び、受講者の体験談なども掲載。
ナンパした女性の容姿や、人数などを自慢し合う内容だった。セミナーの主催者とみられるナンパ師の男性はこのHP上のブログで、
「ナンパに関する法律」と題し、強制わいせつ罪や条例違反など、抵触する可能性のある法律を紹介。
対処法として女性との会話の録音や録画などを勧めたうえで、「ルールをしっかり守って活動しなければ逮捕されて人生を棒に振ってしまう可能性があります」
「ずっとナンパを楽しみたいのであれば、リスク管理はしっかりとしなければいけません」などと注意喚起していたが、
今回、実際に受講者から逮捕者を出す結果となった。事件現場となったハウスについて、逮捕された男は
「100回以上使った」などと供述しており、セミナーの受講生らが頻繁に利用していたとみられる。
警視庁はこうした環境が事件を誘発した可能性もあるとみて、ほかに同様の被害がないかも含めて慎重に捜査を進めている。

23情報発信元:七七四通信社2018/06/12(火) 16:24:57.65ID:X8MHpzBJ
や公権力でもない〉〈で、芸術文化振興会の財源は芸術文化振興基金の運用益。その基金は国だけじゃなく民間企業や個人からの資金で成り立ってる。
確かに税金が注がれてはいるものの、それは半世紀以上も前のことであって、しかも全額政府出資ではない。
よって、是枝監督への非難は、筋違いも甚だしい〉しかし、ネトウヨや伊藤氏、田端氏の主張が問題なのは、
それが「無知による間違い」というだけではない。タレントの松尾貴史氏は、「国=政権」と捉える危険性を指摘するツイートを投稿した。
〈芸術家に対する補助金とは「政権の都合の良い態度を取るものにのみ支給されるべきだ」という、
歪んだ奇妙な考えの市議が、それを隠しもせず自ら拡散する臆面の無さ。安倍氏や林氏のポケットマネーと勘違いしているのか。
国民が納めた税金だよ。この人の給料も、市役所ではなく市民が出してやっている〉さらに、映画作家の想田和弘監督は、
伊藤議員のような考えは「全体主義」だと批判した。〈ちなみに、政権批判をする人間は政府から助成金を受け取るべきではないという考え方が愚劣かつ全体主義的であることは言うまでもない。
政府=公共とは右から左まであらゆる考えや思想に包摂的であるべきで、右だろうが左だろうが基準を満たしメリットがあるなら当然助成金を得られるべき〉
もっと強烈だったのは、映画評論家の町山智浩氏だ。町山氏は〈政府の助成金受けたら政府を批判すべきじゃないという人はソ連に行ったほうがいいですよ〉と、
一刀両断にしたのだ。しかし、これは町山氏の言う通りだろう。民主主義の国で行われている文化事業への助成はむしろ、
表現や芸術、学問の自由を保護するためのものであって、助成金を受け取ったからといって、
国に表現が支配されるということではまったくない。金をやるから、政府の言う通りつくれ、ということがまかりとおれば、
それは、まさにソ連やナチスドイツ、戦前戦中の日本における国策映画とかわらなくなってしまう。
ようするに、伊藤氏や田端氏はこの文化助成とプロパガンダの違いがまったくわかっていないのだ。
いや、わかっていないどころか、文化的活動に検閲が加えられ、映画や音楽が政府の宣伝装置になることは当たり前だと考えているフシさえある。
その頭の悪さには呆れ返るしかないが、しかし、こうした発想をもっているのは彼らだけではない。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています