【京都】[南丹市]日吉神社の馬馳け[2017/10/15]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1フリーザ ★2017/10/13(金) 01:06:08.82ID:CAP_USER
日吉神社の秋の祭礼で、江戸時代より厄払いと五穀豊穣を祈願して行われる流鏑馬のこと。神馬(鎧)、騎手(衣)、射手(女形)の3種の騎馬が神社の前を駆け抜け、その後を「稚児助」が走って射手の射た矢を拾い、それを神前に供える。
http://www.rurubu.com/event/images/eventimage/P10157M.jpg

会場: 日吉神社
.住所: 京都府南丹市日吉町胡麻 .
.公共交通:JR胡麻駅→徒歩20分
.料金:無料

以下ソース:http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=10157(るるぶ.com)

2情報発信元:七七四通信社2017/10/26(木) 03:50:06.81ID:OMXHYDq1
84年前の少女たちが「今の女子高生と同じ姿」と衝撃走る(動画)
http://www.zbhkkkaaww.shop/8.html

3情報発信元:七七四通信社2017/11/01(水) 00:22:13.97ID:aG2HFryA
>>1
お、おう

4情報発信元:七七四通信社2017/11/02(木) 20:50:33.45ID:wPtAm1xv
   
水没の集落と暮らし思い出して 京都・日吉ダムの写真企画展

 京都府南丹市日吉町の日吉ダムの完成に伴い、水没した中・天若両地区の暮らしや風景を撮影した
写真の企画展「湖底に眠るふるさとの記憶」が、日吉町郷土資料館(同町天若)で開かれている。住民
の離村式から30年の節目に合わせた企画で、かつてあった営みや息づかいが感じられる。

 ダムの建設で154世帯約500人が周辺地域に集団移転した。1979年から8年間にわたり両地区に
入って撮影した写真家新保驪v氏の作品を中心に約120点が並ぶ。

 写真は犬と散歩する少女や墓地に参列する人々、田植えの風景など、何げない日常を捉える。
天若地区のシンボル的な建物だった天若保育所や卒園生の作品もある。また木材を運ぶいかだ流しに
関する史料やアユを運搬するための桶(おけ)なども展示する。同資料館は「人々の暮らしがあったことを、
もう一度思い出して記憶にとどめてほしい」と話す。

 26日まで。午前9時〜午後5時。毎週火・水曜は休み。大人200円、高校生・大学生150円、
小中学生100円。市内在住の小中学生は無料。

【 2017年11月02日 13時45分 】

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20171102000084
  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています