【急騰】今買えばいい株

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1山師さん (ワッチョイ 537c-BEZ7)2018/01/04(木) 13:21:18.10ID:oC1JbuKX0
建てろよ
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

952山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:41:46.40ID:a5WqPfyW0
 二人はそれを緒口いとくちにまた話を始めた。そうしてまた二人に共通な興味のある先生を問題にした

「奥さん、先刻さっきの続きをもう少しいわせて下さいませんか。奥さんには空からな理屈と聞こえるか

953山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:42:02.50ID:a5WqPfyW0
も知れませんが、私はそんな上うわの空そらでいってる事じゃないんだから」
「じゃおっしゃい」
「今奥さんが急にいなくなったとしたら、先生は現在の通りで生きていられるでしょうか」

954山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:42:18.44ID:a5WqPfyW0
「そりゃ分らないわ、あなた。そんな事、先生に聞いて見るより外ほかに仕方がないじゃありませんか。
私の所へ持って来る問題じゃないわ」
「奥さん、私は真面目まじめですよ。だから逃げちゃいけません。正直に答えなくっちゃ」

955山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:42:34.55ID:a5WqPfyW0
「正直よ。正直にいって私には分らないのよ」
「じゃ奥さんは先生をどのくらい愛していらっしゃるんですか。これは先生に聞くよりむしろ奥さんに伺
っていい質問ですから、あなたに伺います」

956山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:42:50.59ID:a5WqPfyW0
「何もそんな事を開き直って聞かなくっても好いいじゃありませんか」
「真面目くさって聞くがものはない。分り切ってるとおっしゃるんですか」
「まあそうよ」

957山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:43:06.43ID:a5WqPfyW0
「そのくらい先生に忠実なあなたが急にいなくなったら、先生はどうなるんでしょう。世の中のどっちを
向いても面白そうでない先生は、あなたが急にいなくなったら後でどうなるでしょう。先生から見てじゃ
ない。あなたから見てですよ。あなたから見て、先生は幸福になるでしょうか、不幸になるでしょうか」

958山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:43:22.57ID:a5WqPfyW0
「そりゃ私から見れば分っています。(先生はそう思っていないかも知れませんが)。先生は私を離れれ
ば不幸になるだけです。あるいは生きていられないかも知れませんよ。そういうと、己惚おのぼれになる
ようですが、私は今先生を人間としてできるだけ幸福にしているんだと信じていますわ。どんな人があっ

959山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:43:38.46ID:a5WqPfyW0
ても私ほど先生を幸福にできるものはないとまで思い込んでいますわ。それだからこうして落ち付いてい
られるんです」
「その信念が先生の心に好よく映るはずだと私は思いますが」

960山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:43:54.42ID:a5WqPfyW0
「それは別問題ですわ」
「やっぱり先生から嫌われているとおっしゃるんですか」
「私は嫌われてるとは思いません。嫌われる訳がないんですもの。しかし先生は世間が嫌いなんでしょう

961山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:44:10.59ID:a5WqPfyW0
。世間というより近頃ちかごろでは人間が嫌いになっているんでしょう。だからその人間の一人いちにん
として、私も好かれるはずがないじゃありませんか」
 奥さんの嫌われているという意味がやっと私に呑のみ込めた。

962山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:44:26.50ID:a5WqPfyW0
十八

963山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:44:42.50ID:a5WqPfyW0
 私わたくしは奥さんの理解力に感心した。奥さんの態度が旧式の日本の女らしくないところも私の注意
に一種の刺戟しげきを与えた。それで奥さんはその頃ころ流行はやり始めたいわゆる新しい言葉などはほ
とんど使わなかった。

964山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:44:58.56ID:a5WqPfyW0
 私は女というものに深い交際つきあいをした経験のない迂闊うかつな青年であった。男としての私は、
異性に対する本能から、憧憬どうけいの目的物として常に女を夢みていた。けれどもそれは懐かしい春の
雲を眺ながめるような心持で、ただ漠然ばくぜんと夢みていたに過ぎなかった。だから実際の女の前へ出

965山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:45:14.50ID:a5WqPfyW0
ると、私の感情が突然変る事が時々あった。私は自分の前に現われた女のために引き付けられる代りに、
その場に臨んでかえって変な反撥力はんぱつりょくを感じた。奥さんに対した私にはそんな気がまるで出
なかった。普通男女なんにょの間に横たわる思想の不平均という考えもほとんど起らなかった。私は奥さ

966山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:45:30.61ID:a5WqPfyW0
んの女であるという事を忘れた。私はただ誠実なる先生の批評家および同情家として奥さんを眺めた。
「奥さん、私がこの前なぜ先生が世間的にもっと活動なさらないのだろうといって、あなたに聞いた時に
、あなたはおっしゃった事がありますね。元はああじゃなかったんだって」

967山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:45:46.61ID:a5WqPfyW0
「ええいいました。実際あんなじゃなかったんですもの」
「どんなだったんですか」
「あなたの希望なさるような、また私の希望するような頼もしい人だったんです」

968山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:46:02.48ID:a5WqPfyW0
「それがどうして急に変化なすったんですか」
「急にじゃありません、段々ああなって来たのよ」
「奥さんはその間あいだ始終先生といっしょにいらしったんでしょう」

969山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:46:18.56ID:a5WqPfyW0
「無論いましたわ。夫婦ですもの」
「じゃ先生がそう変って行かれる源因げんいんがちゃんと解わかるべきはずですがね」
「それだから困るのよ。あなたからそういわれると実に辛つらいんですが、私にはどう考えても、考えよ

970山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:46:34.46ID:a5WqPfyW0
うがないんですもの。私は今まで何遍なんべんあの人に、どうぞ打ち明けて下さいって頼んで見たか分り
ゃしません」
「先生は何とおっしゃるんですか」

971山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:46:50.54ID:a5WqPfyW0
「何にもいう事はない、何にも心配する事はない、おれはこういう性質になったんだからというだけで、
取り合ってくれないんです」
 私は黙っていた。奥さんも言葉を途切とぎらした。下女部屋げじょべやにいる下女はことりとも音をさ

972山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:47:06.56ID:a5WqPfyW0
せなかった。私はまるで泥棒の事を忘れてしまった。
「あなたは私に責任があるんだと思ってやしませんか」と突然奥さんが聞いた。
「いいえ」と私が答えた。

973山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:47:22.48ID:a5WqPfyW0
「どうぞ隠さずにいって下さい。そう思われるのは身を切られるより辛いんだから」と奥さんがまたいっ
た。「これでも私は先生のためにできるだけの事はしているつもりなんです」
「そりゃ先生もそう認めていられるんだから、大丈夫です。ご安心なさい、私が保証します」

974山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:47:38.50ID:a5WqPfyW0
 奥さんは火鉢の灰を掻かき馴ならした。それから水注みずさしの水を鉄瓶てつびんに注さした。鉄瓶は
忽たちまち鳴りを沈めた。
「私はとうとう辛防しんぼうし切れなくなって、先生に聞きました。私に悪い所があるなら遠慮なくいっ

975山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:47:54.66ID:a5WqPfyW0
て下さい、改められる欠点なら改めるからって、すると先生は、お前に欠点なんかありゃしない、欠点は
おれの方にあるだけだというんです。そういわれると、私悲しくなって仕様がないんです、涙が出てなお
の事自分の悪い所が聞きたくなるんです」

976山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:48:10.51ID:a5WqPfyW0
 奥さんは眼の中うちに涙をいっぱい溜ためた。

十九

977山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:48:26.65ID:a5WqPfyW0
 始め私わたくしは理解のある女性にょしょうとして奥さんに対していた。私がその気で話しているうち
に、奥さんの様子が次第に変って来た。奥さんは私の頭脳に訴える代りに、私の心臓ハートを動かし始め

978山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:48:42.63ID:a5WqPfyW0
た。自分と夫の間には何の蟠わだかまりもない、またないはずであるのに、やはり何かある。それだのに
眼を開あけて見極みきわめようとすると、やはり何なんにもない。奥さんの苦にする要点はここにあった

979山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:48:58.54ID:a5WqPfyW0
 奥さんは最初世の中を見る先生の眼が厭世的えんせいてきだから、その結果として自分も嫌われている
のだと断言した。そう断言しておきながら、ちっともそこに落ち付いていられなかった。底を割ると、か
えってその逆を考えていた。先生は自分を嫌う結果、とうとう世の中まで厭いやになったのだろうと推測

980山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:49:14.58ID:a5WqPfyW0
していた。けれどもどう骨を折っても、その推測を突き留めて事実とする事ができなかった。先生の態度
はどこまでも良人おっとらしかった。親切で優しかった。疑いの塊かたまりをその日その日の情合じょう
あいで包んで、そっと胸の奥にしまっておいた奥さんは、その晩その包みの中を私の前で開けて見せた。

981山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:49:30.58ID:a5WqPfyW0
「あなたどう思って?」と聞いた。「私からああなったのか、それともあなたのいう人世観じんせいかん
とか何とかいうものから、ああなったのか。隠さずいって頂戴ちょうだい」
 私は何も隠す気はなかった。けれども私の知らないあるものがそこに存在しているとすれば、私の答え

982山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:49:46.60ID:a5WqPfyW0
が何であろうと、それが奥さんを満足させるはずがなかった。そうして私はそこに私の知らないあるもの
があると信じていた。
「私には解わかりません」

983山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:50:02.57ID:a5WqPfyW0
 奥さんは予期の外はずれた時に見る憐あわれな表情をその咄嗟とっさに現わした。私はすぐ私の言葉を
継ぎ足した。
「しかし先生が奥さんを嫌っていらっしゃらない事だけは保証します。私は先生自身の口から聞いた通り

984山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:50:18.56ID:a5WqPfyW0
を奥さんに伝えるだけです。先生は嘘うそを吐つかない方かたでしょう」
 奥さんは何とも答えなかった。しばらくしてからこういった。
「実は私すこし思いあたる事があるんですけれども……」

985山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:50:34.63ID:a5WqPfyW0
「先生がああいう風ふうになった源因げんいんについてですか」
「ええ。もしそれが源因だとすれば、私の責任だけはなくなるんだから、それだけでも私大変楽になれる
んですが、……」

986山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:50:50.58ID:a5WqPfyW0
「どんな事ですか」
 奥さんはいい渋って膝ひざの上に置いた自分の手を眺めていた。
「あなた判断して下すって。いうから」

987山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:51:06.71ID:a5WqPfyW0
「私にできる判断ならやります」
「みんなはいえないのよ。みんないうと叱しかられるから。叱られないところだけよ」
 私は緊張して唾液つばきを呑のみ込んだ。

988山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:51:22.59ID:a5WqPfyW0
「先生がまだ大学にいる時分、大変仲の好いいお友達が一人あったのよ。その方かたがちょうど卒業する
少し前に死んだんです。急に死んだんです」
 奥さんは私の耳に私語ささやくような小さな声で、「実は変死したんです」といった。それは「どうし

989山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:51:38.66ID:a5WqPfyW0
て」と聞き返さずにはいられないようないい方であった。
「それっ切りしかいえないのよ。けれどもその事があってから後のちなんです。先生の性質が段々変って
来たのは。なぜその方が死んだのか、私には解らないの。先生にもおそらく解っていないでしょう。けれ

990山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:51:54.63ID:a5WqPfyW0
どもそれから先生が変って来たと思えば、そう思われない事もないのよ」
「その人の墓ですか、雑司ヶ谷ぞうしがやにあるのは」
「それもいわない事になってるからいいません。しかし人間は親友を一人亡くしただけで、そんなに変化

991山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:52:10.67ID:a5WqPfyW0
できるものでしょうか。私はそれが知りたくって堪たまらないんです。だからそこを一つあなたに判断し
て頂きたいと思うの」
 私の判断はむしろ否定の方に傾いていた。

992山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:52:26.68ID:a5WqPfyW0
二十

993山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:52:42.80ID:a5WqPfyW0
 私わたくしは私のつらまえた事実の許す限り、奥さんを慰めようとした。奥さんもまたできるだけ私に
よって慰められたそうに見えた。それで二人は同じ問題をいつまでも話し合った。けれども私はもともと
事の大根おおねを攫つかんでいなかった。奥さんの不安も実はそこに漂ただよう薄い雲に似た疑惑から出

994山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:52:58.83ID:a5WqPfyW0
て来ていた。事件の真相になると、奥さん自身にも多くは知れていなかった。知れているところでも悉皆
すっかりは私に話す事ができなかった。したがって慰める私も、慰められる奥さんも、共に波に浮いて、
ゆらゆらしていた。ゆらゆらしながら、奥さんはどこまでも手を出して、覚束おぼつかない私の判断に縋

995山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:53:14.80ID:a5WqPfyW0
すがり付こうとした。
 十時頃ごろになって先生の靴の音が玄関に聞こえた時、奥さんは急に今までのすべてを忘れたように、
前に坐すわっている私をそっちのけにして立ち上がった。そうして格子こうしを開ける先生をほとんど出

996山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:53:30.72ID:a5WqPfyW0
合であい頭がしらに迎えた。私は取り残されながら、後あとから奥さんに尾ついて行った。下女げじょだ
けは仮寝うたたねでもしていたとみえて、ついに出て来なかった。
 先生はむしろ機嫌がよかった。しかし奥さんの調子はさらによかった。今しがた奥さんの美しい眼のう

997山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:53:46.80ID:a5WqPfyW0
ちに溜たまった涙の光と、それから黒い眉毛まゆげの根に寄せられた八の字を記憶していた私は、その変
化を異常なものとして注意深く眺ながめた。もしそれが詐いつわりでなかったならば、(実際それは詐り
とは思えなかったが)、今までの奥さんの訴えは感傷センチメントを玩もてあそぶためにとくに私を相手

998山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:54:02.75ID:a5WqPfyW0
に拵こしらえた、徒いたずらな女性の遊戯と取れない事もなかった。もっともその時の私には奥さんをそ
れほど批評的に見る気は起らなかった。私は奥さんの態度の急に輝いて来たのを見て、むしろ安心した。
これならばそう心配する必要もなかったんだと考え直した。

999山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:54:18.73ID:a5WqPfyW0
 先生は笑いながら「どうもご苦労さま、泥棒は来ませんでしたか」と私に聞いた。それから「来ないん
で張合はりあいが抜けやしませんか」といった。
 帰る時、奥さんは「どうもお気の毒さま」と会釈した。その調子は忙しいところを暇を潰つぶさせて気

1000山師さん (ワッチョイ e394-W10G)2018/01/25(木) 00:54:34.75ID:a5WqPfyW0
の毒だというよりも、せっかく来たのに泥棒がはいらなくって気の毒だという冗談のように聞こえた。奥
さんはそういいながら、先刻さっき出した西洋菓子の残りを、紙に包んで私の手に持たせた。私はそれを
袂たもとへ入れて、人通りの少ない夜寒よさむの小路こうじを曲折して賑にぎやかな町の方へ急いだ。

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 20日 11時間 33分 16秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。