【急騰】今買えばいい株9468【】

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1山師さん (ワッチョイ 7f7c-By2W)2017/12/21(木) 09:22:48.13ID:uyaEE8VI0
実況はコチラへ
市況1板
https://hayabusa9.5ch.net/livemarket1/

・証券コード、銘柄名を併記してください。
・判断材料をできるだけ明確にお願いします。
・注目銘柄の事実に基づいた情報共有が目的なので、単なる買い煽りや自慰行為は控えてください。
*ブログの宣伝行為、スレの私物化は控えてください。

●2ちゃんねる初心者の方は必ず使用上のお約束をお読みください。
http://info.5ch.net/index.php/
●次スレは原則>>700が立てること。>>750>>800は補欠で待機。
900までに700,750,800がスレ立てできなかったら、有志がスレ立て宣言してスレ立てよろ。
※立てる前にスレ立て宣言推奨(スレ乱立防止のため)
※スレ一覧リロードで重複確認必須、スレ番が正しいか確認してから立てること。
※スレタイに特定の銘柄名をつけるのはやめましょう。トラブルの原因です。
※スレタイの先頭には【急騰】を、途中には通し番号をつけるのをお忘れなく。
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

952山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:14:14.18ID:kQvXahQw0
「お父さんは本当に病気を怖こわがってるんですよ。お母さんのおっしゃるように、十年も二十年も生き
る気じゃなさそうですぜ」
 母は私の言葉を聞いて当惑そうな顔をした。

953山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:14:30.03ID:kQvXahQw0
「ちょっとまた将棋でも差すように勧めてご覧な」
 私は床の間から将棋盤を取りおろして、ほこりを拭ふいた。

954山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:14:46.24ID:kQvXahQw0


 父の元気は次第に衰えて行った。私わたくしを驚かせたハンケチ付きの古い麦藁帽子むぎわらぼうしが

955山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:15:02.22ID:kQvXahQw0
自然と閑却かんきゃくされるようになった。私は黒い煤すすけた棚の上に載のっているその帽子を眺なが
めるたびに、父に対して気の毒な思いをした。父が以前のように、軽々と動く間は、もう少し慎つつしん
でくれたらと心配した。父が凝じっと坐すわり込むようになると、やはり元の方が達者だったのだという

956山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:15:18.16ID:kQvXahQw0
気が起った。私は父の健康についてよく母と話し合った。
「まったく気のせいだよ」と母がいった。母の頭は陛下の病やまいと父の病とを結び付けて考えていた。
私にはそうばかりとも思えなかった。

957山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:15:34.04ID:kQvXahQw0
「気じゃない。本当に身体からだが悪かないんでしょうか。どうも気分より健康の方が悪くなって行くら
しい」
 私はこういって、心のうちでまた遠くから相当の医者でも呼んで、一つ見せようかしらと思案した。

958山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:15:50.20ID:kQvXahQw0
「今年の夏はお前も詰つまらなかろう。せっかく卒業したのに、お祝いもして上げる事ができず、お父さ
んの身体からだもあの通りだし。それに天子様のご病気で。――いっその事、帰るすぐにお客でも呼ぶ方
が好かったんだよ」

959山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:16:06.20ID:kQvXahQw0
 私が帰ったのは七月の五、六日で、父や母が私の卒業を祝うために客を呼ぼうといいだしたのは、それ
から一週間後ごであった。そうしていよいよと極きめた日はそれからまた一週間の余も先になっていた。
時間に束縛を許さない悠長な田舎いなかに帰った私は、お蔭かげで好もしくない社交上の苦痛から救われ

960山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:16:22.20ID:kQvXahQw0
たも同じ事であったが、私を理解しない母は少しもそこに気が付いていないらしかった。
 崩御ほうぎょの報知が伝えられた時、父はその新聞を手にして、「ああ、ああ」といった。
「ああ、ああ、天子様もとうとうおかくれになる。己おれも……」

961山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:16:38.22ID:kQvXahQw0
 父はその後あとをいわなかった。
 私は黒いうすものを買うために町へ出た。それで旗竿はたざおの球たまを包んで、それで旗竿の先へ三
寸幅ずんはばのひらひらを付けて、門の扉の横から斜めに往来へさし出した。旗も黒いひらひらも、風の

962山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:16:54.30ID:kQvXahQw0
ない空気のなかにだらりと下がった。私の宅うちの古い門の屋根は藁わらで葺ふいてあった。雨や風に打
たれたりまた吹かれたりしたその藁の色はとくに変色して、薄く灰色を帯びた上に、所々ところどころの
凸凹でこぼこさえ眼に着いた。私はひとり門の外へ出て、黒いひらひらと、白いめりんすの地じと、地の

963山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:17:10.23ID:kQvXahQw0
なかに染め出した赤い日の丸の色とを眺ながめた。それが薄汚ない屋根の藁に映るのも眺めた。私はかつ
て先生から「あなたの宅の構えはどんな体裁ですか。私の郷里の方とは大分だいぶ趣が違っていますかね
」と聞かれた事を思い出した。私は自分の生れたこの古い家を、先生に見せたくもあった。また先生に見

964山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:17:26.21ID:kQvXahQw0
せるのが恥ずかしくもあった。
 私はまた一人家のなかへはいった。自分の机の置いてある所へ来て、新聞を読みながら、遠い東京の有
様を想像した。私の想像は日本一の大きな都が、どんなに暗いなかでどんなに動いているだろうかの画面

965山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:17:42.21ID:kQvXahQw0
に集められた。私はその黒いなりに動かなければ仕末のつかなくなった都会の、不安でざわざわしている
なかに、一点の燈火のごとくに先生の家を見た。私はその時この燈火が音のしない渦うずの中に、自然と
捲まき込まれている事に気が付かなかった。しばらくすれば、その灯ひもまたふっと消えてしまうべき運

966山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:17:58.25ID:kQvXahQw0
命を、眼めの前に控えているのだとは固もとより気が付かなかった。
 私は今度の事件について先生に手紙を書こうかと思って、筆を執とりかけた。私はそれを十行ばかり書
いて已やめた。書いた所は寸々すんずんに引き裂いて屑籠くずかごへ投げ込んだ。(先生に宛あててそう

967山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:18:14.08ID:kQvXahQw0
いう事を書いても仕方がないとも思ったし、前例に徴ちょうしてみると、とても返事をくれそうになかっ
たから)。私は淋さびしかった。それで手紙を書くのであった。そうして返事が来れば好いいと思うので
あった。

968山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:18:30.92ID:kQvXahQw0

969山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:18:46.10ID:kQvXahQw0
 八月の半なかばごろになって、私わたくしはある朋友ほうゆうから手紙を受け取った。その中に地方の
中学教員の口があるが行かないかと書いてあった。この朋友は経済の必要上、自分でそんな位地を探し廻
まわる男であった。この口も始めは自分の所へかかって来たのだが、もっと好いい地方へ相談ができたの

970山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:19:02.24ID:kQvXahQw0
で、余った方を私に譲る気で、わざわざ知らせて来てくれたのであった。私はすぐ返事を出して断った。
知り合いの中には、ずいぶん骨を折って、教師の職にありつきたがっているものがあるから、その方へ廻
まわしてやったら好よかろうと書いた。

971山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:19:18.30ID:kQvXahQw0
 私は返事を出した後で、父と母にその話をした。二人とも私の断った事に異存はないようであった。
「そんな所へ行かないでも、まだ好いい口があるだろう」
 こういってくれる裏に、私は二人が私に対してもっている過分な希望を読んだ。迂闊うかつな父や母は

972山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:19:34.14ID:kQvXahQw0
、不相当な地位と収入とを卒業したての私から期待しているらしかったのである。
「相当の口って、近頃ちかごろじゃそんな旨うまい口はなかなかあるものじゃありません。ことに兄さん
と私とは専門も違うし、時代も違うんだから、二人を同じように考えられちゃ少し困ります」

973山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:19:50.24ID:kQvXahQw0
「しかし卒業した以上は、少なくとも独立してやって行ってくれなくっちゃこっちも困る。人からあなた
の所のご二男じなんは、大学を卒業なすって何をしてお出いでですかと聞かれた時に返事ができないよう
じゃ、おれも肩身が狭いから」

974山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:20:06.27ID:kQvXahQw0
 父は渋面しゅうめんをつくった。父の考えは、古く住み慣れた郷里から外へ出る事を知らなかった。そ
の郷里の誰彼だれかれから、大学を卒業すればいくらぐらい月給が取れるものだろうと聞かれたり、まあ
百円ぐらいなものだろうかといわれたりした父は、こういう人々に対して、外聞の悪くないように、卒業

975山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:20:22.12ID:kQvXahQw0
したての私を片付けたかったのである。広い都を根拠地として考えている私は、父や母から見ると、まる
で足を空に向けて歩く奇体きたいな人間に異ならなかった。私の方でも、実際そういう人間のような気持
を折々起した。私はあからさまに自分の考えを打ち明けるには、あまりに距離の懸隔けんかくの甚はなは

976山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:20:38.12ID:kQvXahQw0
だしい父と母の前に黙然もくねんとしていた。
「お前のよく先生先生という方にでもお願いしたら好いいじゃないか。こんな時こそ」
 母はこうより外ほかに先生を解釈する事ができなかった。その先生は私に国へ帰ったら父の生きている

977山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:20:54.28ID:kQvXahQw0
うちに早く財産を分けて貰えと勧める人であった。卒業したから、地位の周旋をしてやろうという人では
なかった。
「その先生は何をしているのかい」と父が聞いた。

978山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:21:10.35ID:kQvXahQw0
「何にもしていないんです」と私が答えた。
 私はとくの昔から先生の何もしていないという事を父にも母にも告げたつもりでいた。そうして父はた
しかにそれを記憶しているはずであった。

979山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:21:26.36ID:kQvXahQw0
「何もしていないというのは、またどういう訳かね。お前がそれほど尊敬するくらいな人なら何かやって
いそうなものだがね」
 父はこういって、私を諷ふうした。父の考えでは、役に立つものは世の中へ出てみんな相当の地位を得

980山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:21:42.35ID:kQvXahQw0
て働いている。必竟ひっきょうやくざだから遊んでいるのだと結論しているらしかった。
「おれのような人間だって、月給こそ貰っちゃいないが、これでも遊んでばかりいるんじゃない」
 父はこうもいった。私はそれでもまだ黙っていた。

981山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:21:58.30ID:kQvXahQw0
「お前のいうような偉い方なら、きっと何か口を探して下さるよ。頼んでご覧なのかい」と母が聞いた。
「いいえ」と私は答えた。
「じゃ仕方がないじゃないか。なぜ頼まないんだい。手紙でも好いいからお出しな」

982山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:22:14.37ID:kQvXahQw0
「ええ」
 私は生返事なまへんじをして席を立った。

983山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 18:22:30.34ID:kQvXahQw0


 父は明らかに自分の病気を恐れていた。しかし医者の来るたびに蒼蠅うるさい質問を掛けて相手を困ら

984山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:18:10.68ID:kQvXahQw0
 これは私の胸で推測するがものはない。先生自身すでにそうだと告白していた。ただその告白が雲の峯
みねのようであった。私の頭の上に正体の知れない恐ろしいものを蔽おおい被かぶせた。そうしてなぜそ
れが恐ろしいか私にも解わからなかった。告白はぼうとしていた。それでいて明らかに私の神経を震ふる

985山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:18:26.56ID:kQvXahQw0
わせた。
 私は先生のこの人生観の基点に、或ある強烈な恋愛事件を仮定してみた。(無論先生と奥さんとの間に
起った)。先生がかつて恋は罪悪だといった事から照らし合せて見ると、多少それが手掛てがかりにもな

986山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:18:42.66ID:kQvXahQw0
った。しかし先生は現に奥さんを愛していると私に告げた。すると二人の恋からこんな厭世えんせいに近
い覚悟が出ようはずがなかった。「かつてはその人の前に跪ひざまずいたという記憶が、今度はその人の
頭の上に足を載のせさせようとする」といった先生の言葉は、現代一般の誰彼たれかれについて用いられ

987山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:18:58.86ID:kQvXahQw0
るべきで、先生と奥さんの間には当てはまらないもののようでもあった。
 雑司ヶ谷ぞうしがやにある誰だれだか分らない人の墓、――これも私の記憶に時々動いた。私はそれが
先生と深い縁故のある墓だという事を知っていた。先生の生活に近づきつつありながら、近づく事のでき

988山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:19:14.56ID:kQvXahQw0
ない私は、先生の頭の中にある生命いのちの断片として、その墓を私の頭の中にも受け入れた。けれども
私に取ってその墓は全く死んだものであった。二人の間にある生命いのちの扉を開ける鍵かぎにはならな
かった。むしろ二人の間に立って、自由の往来を妨げる魔物のようであった。

989山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:19:30.77ID:kQvXahQw0
 そうこうしているうちに、私はまた奥さんと差し向いで話をしなければならない時機が来た。その頃こ
ろは日の詰つまって行くせわしない秋に、誰も注意を惹ひかれる肌寒はださむの季節であった。先生の附
近ふきんで盗難に罹かかったものが三、四日続いて出た。盗難はいずれも宵の口であった。大したものを

990山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:19:46.57ID:kQvXahQw0
持って行かれた家うちはほとんどなかったけれども、はいられた所では必ず何か取られた。奥さんは気味
をわるくした。そこへ先生がある晩家を空あけなければならない事情ができてきた。先生と同郷の友人で
地方の病院に奉職しているものが上京したため、先生は外ほかの二、三名と共に、ある所でその友人に飯

991山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:20:02.75ID:kQvXahQw0
めしを食わせなければならなくなった。先生は訳を話して、私に帰ってくる間までの留守番を頼んだ。私
はすぐ引き受けた。

992山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:20:18.78ID:kQvXahQw0
十六

 私わたくしの行ったのはまだ灯ひの点つくか点かない暮れ方であったが、几帳面きちょうめんな先生は

993山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:20:34.83ID:kQvXahQw0
もう宅うちにいなかった。「時間に後おくれると悪いって、つい今しがた出掛けました」といった奥さん
は、私を先生の書斎へ案内した。
 書斎には洋机テーブルと椅子いすの外ほかに、沢山の書物が美しい背皮せがわを並べて、硝子越ガラス

994山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:20:50.68ID:kQvXahQw0
ごしに電燈でんとうの光で照らされていた。奥さんは火鉢の前に敷いた座蒲団ざぶとんの上へ私を坐すわ
らせて、「ちっとそこいらにある本でも読んでいて下さい」と断って出て行った。私はちょうど主人の帰
りを待ち受ける客のような気がして済まなかった。私は畏かしこまったまま烟草タバコを飲んでいた。奥

995山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:21:06.93ID:kQvXahQw0
さんが茶の間で何か下女げじょに話している声が聞こえた。書斎は茶の間の縁側を突き当って折れ曲った
角かどにあるので、棟むねの位置からいうと、座敷よりもかえって掛け離れた静かさを領りょうしていた
。ひとしきりで奥さんの話し声が已やむと、後あとはしんとした。私は泥棒を待ち受けるような心持で、

996山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:21:22.61ID:kQvXahQw0
凝じっとしながら気をどこかに配った。
 三十分ほどすると、奥さんがまた書斎の入口へ顔を出した。「おや」といって、軽く驚いた時の眼を私
に向けた。そうして客に来た人のように鹿爪しかつめらしく控えている私をおかしそうに見た。

997山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:21:38.99ID:kQvXahQw0
「それじゃ窮屈でしょう」
「いえ、窮屈じゃありません」
「でも退屈でしょう」

998山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:21:54.86ID:kQvXahQw0
「いいえ。泥棒が来るかと思って緊張しているから退屈でもありません」
 奥さんは手に紅茶茶碗こうちゃぢゃわんを持ったまま、笑いながらそこに立っていた。
「ここは隅っこだから番をするには好よくありませんね」と私がいった。

999山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:22:10.87ID:kQvXahQw0
「じゃ失礼ですがもっと真中へ出て来て頂戴ちょうだい。ご退屈たいくつだろうと思って、お茶を入れて
持って来たんですが、茶の間で宜よろしければあちらで上げますから」
 私は奥さんの後あとに尾ついて書斎を出た。茶の間には綺麗きれいな長火鉢ながひばちに鉄瓶てつびん

1000山師さん (ワッチョイ 7594-weOF)2018/01/23(火) 19:22:27.00ID:kQvXahQw0
が鳴っていた。私はそこで茶と菓子のご馳走ちそうになった。奥さんは寝ねられないといけないといって
、茶碗に手を触れなかった。
「先生はやっぱり時々こんな会へお出掛でかけになるんですか」

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 33日 9時間 59分 39秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。