TiddlyWiki

1名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/19(火) 17:24:15.03ID:l0Pvtt990
CSSとJavaScriptコードで動作する、自己完結型HTMLファイル。
ローカルでも、ネットワーク上でも、ひとりでも、複数人でも使える、非常に柔軟で汎用性の高いWikiエンジン。

情報整理が、これ一つのファイルでできる。
メモ帳・日記帳・ToDoリスト・勉強ノート・レシピ集・用語辞書・人物名鑑など、用途は様々。
それゆえ使い方に「これ」という決まりが無いので、使う本人の工夫次第。
前身スレッドにも、様々な使い方の参考例があるので閲覧推奨。

※前身スレッド
ひとり用wikiソフト
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/software/1144955224/

2名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/19(火) 17:25:22.48ID:l0Pvtt990
○TiddlyWiki 公式
https://tiddlywiki.com

○TiddlyWiki 公式リファレンス(英語)
https://tiddlywiki.com/#Reference

〇TiddlyWikiの特徴
・略称は「TW」、「TW5」など
・TWにおける記事単体のことは「tiddler」と公式では表現している
・サーバーを用意せずともHTMLファイル1つで動作するためインストールなども不要
・ブラウザでHTMLファイルを開き、動的に情報の追加・修正が可能
・見た目のカスタムも自由自在
・「Field」や「Widgit」を駆使して、記事単体を簡易DBのレコード・カラムのように扱うことも可能

3名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/19(火) 17:27:01.63ID:l0Pvtt990
●導入方法
・公式サイトにアクセスし、GettingStartedの「Download Empty」をクリック
・ダウロードされた「empty.html」を任意のブラウザで開く
・「empty」などのファイル名は半角英数字で任意の名前に変更可(日本語ファイル名はNG)

●導入方法(保存方法)
・何もしなければ、「SAVE」の度にHTMLファイルのダウンロード先を聞かれる(煩雑なので非推奨)
・Firefox、Chorome→「savetiddlers」を導入(保存先はDownloadフォルダに限定される)
・この他にも保存方法は公式で紹介されているので、GettingStartedの「PLATFORMS」を参照

●導入方法(日本語化)
・TWファイルをブラウザで開き、サイドバーに並んでるアイコンの中から、歯車アイコンをクリック
・$:/ControlPanelが開くので、タブの中から「Plugins」をクリック
・「Get more plugins」をクリックすると、「Official TiddlyWiki Plugin Library」が開く
・「open plugin library」をクリックし、タブの中から「Languages」を選択
・リストの中から「Japanese(Japan)」の「install」ボタンをクリック
・「Please save and reload to allow changes to plugins to take effect」の帯が出てくる
・赤丸チェックボタン(SAVE)をクリックしたのち、リロード(再読み込み)
・$:/ControlPanelを開き、「Info」タブ→「Basics」タブの中にある、「Hello! Current language」を「Japanese」に変更

4名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/19(火) 17:31:41.14ID:l0Pvtt990
◎便利な使い方
・Dropboxなどのクラウド上にTiddlyWikiのファイルを保存すれば、擬似的な差分バックアップが自動で取れる。
・「savetiddlers」では保存先が限定されるので、シンボリックリンクを設定することでクラウドへの保存が可能。
・クラウド上のTWファイルをGoodReaderなどのファイルアプリで「同期」を取れば、スマホなどで閲覧も可能。(保存は未検証)

◎あると有用な知識(メモ帳や日記帳を作る程度なら、何の知識もなくてもOK)
・HTMLとCSSの知識(分かんなきゃ、その都度検索すれば、ここで聞くより早い)
・公式リファレンスを読む言語力(Widgetとか、Filterの動きとか、Google翻訳で何となく読める)
・引数とか変数とか、ちょっとしたプログラムの知識
・JavaScriptの知識があれば、ちょっとしたマクロも自分で作れる
http://tiddlywiki.com/dev/index.html#JavaScript%20Macros

◎TWを使うコツ
・初めからカスタムしすぎないほうがいい(のちのち困ってイチから作り直すハメになる)
・特に「タイトル」のつけ方は「TW内リンク」と直結するので、よくよく考えてつけるべし
・複数のtiddlerを一括で編集するときはテキストエディタの「置換」が便利

5名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/19(火) 17:33:33.54ID:l0Pvtt990
一向に次スレが立たないので見かねて立てたよ。

「こんな使い方できね?」→「こういうのでどう?」っていうやり取りが
脇から見ててすげぇ役に立つ場合が前スレではあったので…やっぱ専スレは必要かなーと。

日本語情報が少なくていまいち盛り上がってる気がしないが、個人的に好きなソフトなので
テンプレみたいなのは適当に前スレから、初心者に有益っぽいのを独断で拾ってまとめてみました。

6sage2018/06/20(水) 01:38:46.43ID:PWeaa9ed0
さっそく質問です。

textまたは特定のfieldに、「ある文字列を含む」tiddlerの一覧を表示するのはどういう記述になるのでしょうか。
「ある文字列」のtiddlerではなく「文字列を含む」場合です。

例えば、field:authorが「JeremyRuston」の一覧を抽出する方法は、オフィシャルサイトに紹介されていますが、
field:authorに「Ru」の文字を含むtiddlerの一覧を表示したい場合。

7名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/20(水) 16:47:47.37ID:OJ4SYpbW0
search:author[Ru]でいけるけど、こいつは大文字小文字の区別をしない(ru、rU、RUをはじけない)
https://tiddlywiki.com/#search%20Operator

なのでregexp:author[Ru]を使うと、大文字小文字の区別が出来る(正規表現の設定にやや癖があるけど)
https://tiddlywiki.com/#regexp%20Operator

細かく条件指定できるのが正規表現のregexpフィルタ、簡易版がsearchフィルタ
フィルタ条件設定は使い始めると頻出するだろうし
https://tiddlywiki.com/#Filter%20Operatorsに一度目を通しておくといいかも

8名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/20(水) 22:23:32.62ID:bWahI54v0
>>1
新スレたて&テンプレ乙

>>2の最終行の
「Widgit」は「Widget」のことでしょうか??

9名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/21(木) 01:28:47.35ID:4j5Dlk1a0
>>7
ありがとうございました。

tiddleのtitleを、field:author内に含むtiddlerを抽出して、それをリストにしたい場合、

\define example(author)

<ul>
<$list filter="[search:author[{{!!title}}]]">
<li>
<$link><$view field=title/></$link>.
</li>
</$list>
</ul>

\end

というmacroを作っても動きません。どこがおかしいのでしょうか?

このマクロを置くtiddlerのtitleが、「to」だとして、
<<example>>
と書けば、field:authorに「to」の文字列を含むtiddlerがリストとして表示される。
ということをやりたいのです。

10名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/21(木) 09:12:31.25ID:Bu7U3AF/0
https://tiddlywiki.com/#Introduction%20to%20filter%20notation
最後の見出しで「Special parameters」とあるところ

11名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/21(木) 23:42:56.71ID:4j5Dlk1a0
>>10
レスありがとうございます。
ですが、サイトを見てもわかりませんでした。

<$list filter="[search:author[{{!!title}}]]">

{{!!title}}
の記述が間違っているのではないかと思うのですが、どのように書いたら良いのでしょうか。

12名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/22(金) 01:29:00.13ID:yZ66wlPH0
>>11
大括弧と中括弧が多すぎる
10のリンク先にある記述例
>[tag{Preference}]
を参考にすると…

<$list filter="[search:author{!!title}]">

13名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/22(金) 10:19:08.91ID:cbeSrnNl0
※transcludeのしくみ
{{tiddler}} ←「指定Tiddler」の「タイトル」の参照引用
{{tiddler!!fields}} ←「指定Tiddler」の「特定Field」の参照引用
{{!!fields}} ←「現在のTiddler」の「特定Field」の参照引用
https://tiddlywiki.com/#TextReference

中括弧(二重)だと、ただの本文textとして扱われる
フィルターは[filter名[値]]という構造なので、値にtranscluedeを用いるときは中括弧は一つでおk(>>12の例)
https://tiddlywiki.com/#Filter%20Parameter

いきなりマクロに記述すると、どこで動かないのか分かりづらいので
単純にウィジット単体で記述→動作確認してからマクロに組み込むことをおすすめする
Listウィジットを複雑に組み合わせるような記述だと、transcludeはかなり落とし穴が多い

14名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 01:50:49.29ID:GD0KkhNs0
>>13
ありがとうございます。大変助かります。

searchを使いこなしたいのでもう少しご教示いただけないでしょうか。
複数検索は可能でしょうか?
例えば、field:authorまたはfield:nameに{!!title}が含まれているものを抽出したい場合は、どのように書けば良いでしょうか?

15名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 02:48:03.94ID:tvfT6HbK0
test1というタグがついてるtiddlerのタイトルがA,B,C,Dでtest2はA,D,E,Fの各4個あるとして
[tag[test1]]→A,B,C,D
[tag[test2]]→A,D,E,F
和集合(union/or)はスペースを入れて
[tag[test1]] [tag[test2]]→A,B,C,D,E,F
積集合/共通部分(intersection/and)はプラスを入れて
[tag[test1]]+[tag[test2]]→A,D
差集合(difference /and not)はマイナスを入れて
[tag[test1]]-[tag[test2]]→B,C

細かい挙動を知らんのでこの結果を更に処理(sort[]とか)のやり方はまだ分からん
加筆修正歓迎

16名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 03:19:11.99ID:tvfT6HbK0
>>15
書き忘れた

補集合とか否定とか(/not)はフィルターの前に!を入れて
[!tag[test1]]→A,B,C,D以外の全てのtiddler。ただしこの例では指定してないので隠し(shadow)tiddlerは対象外
これはオペレーターごとに処理書いてたから各オペレーターのを読んだ方がいいかもしれない

フィルターの基本的なこと追記
スペース区切りでリストを入力できる(A B C Dみたいに)
空白を含んだ文字列を扱いたい時は"か'か[[と]]で囲む("A B"または'A B'または[[A B]])
オペレーターは[]の中に書かないと多分動かない(tag[test]ではなく[tag[test]])
オペレーターの基本的な形は
(input)!オペレーター名:(suffix)(parameter)

(input):基本的には前のオペレーターにつなげて書く場合その結果がinputになる
!:前述。書く場合はここ
(suffix):オペレーターによって有ったり無かったり
(parameter):直接渡す[データ]、TextReferenceで渡す{TextReference}、変数で渡す<変数名>というパターンがある

個別のオペレーターに関しては頑張ってExamplesと英語読むべし

17名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 09:20:04.00ID:Qxb1KW980
>>15-16
脇からレスするけど、自分もフィルターの理解が進んでなかったので、これは・・・わかりやすい!

いろいろ試してみた結果・・・
[tag[test1]] [tag[test2]]+[!sort[title]]
で和集合の結果に「title」で「タイトルの逆順」でソートをかけることにも成功したよ!

18名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 16:54:28.85ID:tvfT6HbK0
何かを入れたり作ったりする時は 必ず バックアップを取ろう。定期的なバックアップも忘れずに
エラーで読み取れなくなったり、セーブ中にクラッシュしてデータロストという可能性もある

公式で読むページのおすすめ

https://tiddlywiki.com/#WikiText
TWの基本的な書き方
基本的な書式は編集画面にボタンがついてるのでそれでも何とかなる
Macroなど一部項目は他のページと被る内容もあるが別tiddlerなので一応見たほうが良いと思われる

https://tiddlywiki.com/#Macros
マクロは似たような機能や表現を1まとめにするもので、これを使うと書くのも後からまとめて改変するのも楽になる
公式マクロは以下
https://tiddlywiki.com/#Core%20Macros

https://tiddlywiki.com/#Widgets
ウィジェットは便利機能を簡単に実装できる便利な道具
テキストボックスやボタン類等の入力とか、WikiTextで紹介された一部機能の上位版とか、その他便利機能がある
RevealWidgetはカスタマイズする時に頻繁にお世話になる

https://tiddlywiki.com/#Filters
フィルターは特定の条件を満たすtiddlerの抽出などができ、検索やウィジェットやマクロ等をより高機能にする
>>15-17あたりも参照

https://tiddlywiki.com/#Customise%20TiddlyWiki
カスタマイズする時に読んどくと何か役に立つかも

https://tiddlywiki.com/dev/
JavaScriptでマクロ書いたりもっと色々弄りたいならここ

19名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 17:00:26.59ID:tvfT6HbK0
せっかく専用スレになったことだしとりあえず取っ掛かりとして書いてみた
もっと色々書けることあると思うけどきりがないなあ

>>17
全Tiddlerをソートした結果との積集合は盲点だった
無理やり何とかできないか考えてたけど自然にできるんだね

20名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 18:09:53.63ID:tvfT6HbK0
と思ったけど>>19は勘違いで+でつなげると[オペレーター[]オペレーター[]]と同じ挙動になるっぽい
A,B,...E,Fって結果になるフィルターをsortの代わりに繋ぐと順番通りにならなかったのと、[tags[]]を繋いだ時の結果から判断

21名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 21:14:48.71ID:FtZrlwy30
横で失礼します。もしかして>>19>>17
二つ目のrunを「[all[]!sort[titile]]」と同義になると勘違いをしたということでしょうか?

つ「https://tiddlywiki.com/Filter%20Expression

>+でつなげると[オペレーター[]オペレーター[]]と同じ挙動になるっぽい
17のような和を取った後の例だと説明が思い浮かびませんが、単純な例だと
「[prefix[a]!sort[title]]」と「[prefix[a]] +[!sort[titile]]」が同等という意味でよいですね?

22名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 21:15:23.98ID:FtZrlwy30

23名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 21:23:32.21ID:TausYwIK0
>>15
ありがとうございます。
これでかなり便利な使い方ができそうです。

ところで、皆さんはTW5をどんな用途で使用していますか?
自分は用語集や備忘録を作るのに非常に便利だと思っていますが、
英語の例文集とかも面白いかと思ってます。

24名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 21:56:28.77ID:tvfT6HbK0
>>21
そうそう、双方そういう解釈で書いた
ちゃんとここまでの結果を入力として受け取るようなこと書いてあんのね
英語苦手で面倒だから最初の図とIn technical / logical terms:の表だけ見てたから勘違いしたよ
+も-も全然使ってなかったから気付く機会すらなかった恥ずかしい

25名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 22:13:10.53ID:FtZrlwy30
>>24
了解。レスありがとうです。
(当方も英語苦手でフィルターとか実際に使ってみて理解していく感じですよ。
細部とか1年以上して実際そいうケースが発生してから勘違いに気がついたりw)

26名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/26(火) 23:22:35.63ID:tvfT6HbK0
>>25
そうそう、とにかく出来るだけ読みたくないからExample先に見て
その後要点っぽいとこだけ読んで後は動かしてから考えちゃうw

27名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/27(水) 01:24:52.38ID:eJVw6bIc0
>>17の例は目から鱗だわ…こんなことできたのかよ…もっと早くに知っていれば…
-のPrefixはたまに使ってたが、Prefixにこんな使い方があるなんて
無駄にtag以外の固有フィールド追加してあれこれ苦心してたのがバカみたいじゃないか
まあreferenceを隅々まで読んでない俺の自業自得だけどさ…英語めんどいんじゃ

>>23
>>1にも書いてあるけど、自分専用の用語辞典だなー
用語をいろいろ分類したりして、リスト表示して関連性を分かりやすく表示してる
あとメモ書き程度の些細な事もちょっと入れてる

28名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/27(水) 01:37:09.01ID:eJVw6bIc0
そうそうフィルタの動作確認はAdvancedSearchの「フィルタ」タブ使うのが楽ちんだぜ

29名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/27(水) 04:07:03.75ID:mz2v//Zq0
しかしこの挙動だと+って要するに処理はオペレータにまる投げするよってことだな
例えば[tag[foo]]+[all[tiddlers]]みたいにしたら結果が全tiddlerになるからもう共通部分じゃないぞこれ
intersection of setsとは…まあ便利だからいいが

>>23
平凡ですまんが趣味関係の高機能メモ帳として使ってる
自分用への調整がかなりできるから使いやすい
調整自体は大変でめんどくせーが

30名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/27(水) 23:33:48.74ID:LSppXTqoO
>>29
例えば、どんな調整・カスタマイズしてますか?
自作マクロ含めて。

31名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/28(木) 00:26:14.11ID:8JqqKp8t0
>>29
リファレンス[[all Operator]]を見るとで
右上の表に「input(入力):パラメータが空でない限り無視」とありますね。
※パラメータが空の場合は出力は単なる入力のコピーともありますから、

[prefix[a]] +[all[]!sort[title]]
[prefix[a]all[]!sort[title]]
[prefix[a]!sort[title]]
[prefix[a]] +[!sort[title]]

この4つが同等になるかというと……なった。

[all[]]は先頭で使うと[all[tiddlers]]と結果が同じになるようですけど
実は[all[tiddlers]all[]]って意味だったりして…
なんにしろ二つ目以降でも[all[]]=[all[tiddlers]]だと勘違いしていました。

ということで>>21を一応訂正
×[all[]!sort[titile]]→○[all[tiddlers+shadows]!sort[title]]
尚、無駄にややこしい質問なので>21は無視するようお願いします。m(_ _)m

32名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/28(木) 03:19:19.55ID:aa06s31x0
>>30
パーサ弄ったのと編集画面のちょっとしたボタン追加追加
自作マクロで使うのだと子階層/子孫階層のリスト表示をマクロ化してスタンプに登録した
実験的にユニークIDでリンクとかもやってはみたが俺にはイマイチだった

あとはTWではないがsublime textってテキストエディタのTable Editorが表を編集する時に自動で列を合わせてくれて見やすく楽なので愛用してる
導入に苦戦した覚えがあるので似たような機能の何か探す方が良いかもしれんが
それとTWの書式とは合わんから俺はパーサを弄ったが、マークダウンプラグイン入れてDialectをMarukuにして
Typed Blocksで表部分だけマークダウンみたいにすれば十分使えるはず(スタンプにすれば入力が楽)

>>31
それは多分これか
Filter Operatorsより
Important: Each first step of a filter run not given any input titles receives the output of [all[tiddlers]] as its input.

てか入力の扱いの話でなく、表だけ見たら+runのとこにintersection(共通部分)とかANDが書いてあるが
実際は共通部分を返すとは限らないんであの表は紛らわしいと言いたかった
まあ他の部分を読んでないのも悪いが…

33312018/06/28(木) 19:28:51.84ID:8JqqKp8t0
>>32
>それは多分これか

そう>>31のレスではそれを前提としていました。
(「Each first step of a filter run」とあるのは「+」の直後だけ例外になるみたいな…)

>てか入力の扱い…

あ、いや失礼。
連鎖的に自分の勘違いに気づきそちらへ脱線するネタにしていました(汗)

34312018/06/28(木) 19:47:21.29ID:8JqqKp8t0
ついでに>>15周辺の補足的にちょっと(かえって混乱する方がいらしたらゴメンなさい・・・)

■接頭子(runの区切り)が「+」の場合
・例えば、[tag[あ]] +[tag[い]] と [tag[あ]tag[い]] の結果は同じ。
★(高校数学のベン図的に)>>15の例外となるのは後続に入力を無視する演算子(cf.「Selection Constructors」)がきた場合
・例1.all 演算子でパラメータが空以外の場合
・例2.title 演算子


■接頭子(runの区切り)が「空白」か「-」の場合
リファレンスFilter Expressionの二つ目の表に「[all[]] tiddler titles」とあるのは
「[all[tiddlers]] titles」か何かの誤植ではないでしょうかね?

◆検証
 @[all[shadows]prefix[$:/core/i]] -[all[shadows]prefix[$:/core/im]]
 A[all[shadows]prefix[$:/core/i]] -[prefix[$:/core/im]]
 B[all[shadows]prefix[$:/core/i]] -[all[]prefix[$:/core/im]]
・AとBは一致するが、@はABと一致しない。

◆付録
・2番目のrunに title 演算子(略式) が来た場合の比較(+/-)
 [all[shadows]prefix[$:/core/images/core/i]] +$:/AdvancedSearch
 [all[shadows]prefix[$:/core/images/core/i]] -$:/core/images/cancel-button
・@式はパフォーマンスを考慮すると
 [all[shadows]prefix[$:/core/i]!prefix[$:/core/im]]
と記述したほうがよさげ。

35名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/02(月) 00:46:10.38ID:9bt3UKpa0
自分もあまりフィルターを理解しきっていないユーザーだが、この流れから察するに…
https://tiddlywiki.com/#Filter%20Operators
の中の「Order Operators」の扱いがやや癖があるって感じなのかな?

ANDとかORの複雑なフィルタの掛け方がよくわかってなかった自分としては、かなり役立ったわ

36名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/02(月) 02:55:40.45ID:lindFVW50
>>35
15,34あたりの議論では取り敢えず
演算の出力の「並び順」や「重複」は気にしないで
集合として見たときに要素が在るか無いかに着目している感じですかね。
>>17では「並び順」が問題になりますね。

■五十音の各一字のタイトルであるtiddlerに「ア行〜ワ行」と「ア段〜オ段」のタグがついているとします。
◆単純な例
・[tag[ア行]] →{集合要素:あ い う え お}
・[tag[ア段]] →{集合要素:あ か さ た な は ま や ら わ ん}
◆和と積と差の例
・[tag[ア行]] [tag[ア段]] → 和{集合要素:い う え お あ か さ た な は ま や ら わ ん}
・[tag[ア行]] +[tag[ア段]] → 積{集合要素:あ}
・[tag[ア行]] -[tag[ア段]] → 差{集合要素:い う え お}

◆カ行とア行の和であるけど出力順がことなるフィルター例
・[tag[カ行]sort[title]] [tag[ア行]sort[title]] → 「か き く け こ あ い う え お」
・[tag[カ行]] [tag[ア行]] +[sort[title]] → 「あ い う え お か き く け こ」
・[tag[カ行]] +[!sort[title]] [tag[ア行]sort[title]] → 「こ け く き か あ い う え お」
ってなことになるでしょうね。

>>20あたりからは
集合としてみた場合、ランの区切りが「+」の場合に例外となるケースがあるという話。
>>34では20の話に加えてリファレンスに誤植があるのではないかという話です。

37名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/02(月) 04:11:51.48ID:NxistY530
厳密に言えば+の機能はANDじゃなくて”オペレーター[]オペレーター[]”と同じで(多分
オペレーター次第だけど結果がANDと同じになることがあるという感じかなー
ANDはANDで有った方が良い様な気がするけどとりあえず困ってないからいいか

38名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/05(木) 00:22:00.31ID:JPPUfaNm0
前スレで、

<$list filter="[is[current]tag[person]]">
|!Street |{{!!street}} |
|!Town |{{!!town}} |
|!Phone |{{!!phone}} |
</$list>

を本文の前に起きたいと質問した者です。

>>9963に$:/core/ui/ViewTemplate/bodyを編集する方法を教えてもらいましたが、これだと全てが本文の前になってしまいます。
ある特定のタグ(例えばperson)がついている場合には、本文前にリストを表示し、そうでなければリスト無し・・・
ということを

.tc-tagged-person .tc-tiddler-body:before{ color:#0a0; content: "ここにテンプレートを置く"; }

という記述で、表現できないでしょうか?
.tc-tagged-にこだわっているわけではありませんが、これならタグの有無とCSSで表示場所を自由に変更できるかと思った次第です。

で、実際にこの方法を試したらうまくいきませんでした。

content:""の部分に、表やマクロを記述しても実行されないのですね。

39名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/05(木) 01:12:51.11ID:lodKr4LI0
>>38
ちょっと何をしたいのか今一分からないけど

https://tiddlywiki.com/
の[[$:/editions/tw5.com/operator-template]]とか参考にしてみたら

[[all Operator]]とかの左上に表示されるテーブル部分で
フィルータ [all[current]tag[Filter Operators]] が表示条件になっている

40名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/08(日) 00:29:43.65ID:kkomypSi0
>>38
本文の「前」に特定のフィールドを「表」として表示したいのです。
それを、$:/core/ui/ViewTemplate/bodyを書き換える方法以外で実行できないでしょうか。
理由は、従来通り文末に表示したいものもあるので、書き換えたくないのです。

.tc-tiddler-body:before{ color:#0a0; content: "AAA"; }でできないかかと思ったのですが、
「AAA」の部分に
|!Street |{{!!street}} |
|!Town |{{!!town}} |
|!Phone |{{!!phone}} |
と書くことはできないですよね?

41名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/08(日) 12:32:53.69ID:/RLTr25h0
そもそもcontentとかCSSって装飾用なのでその用途はNG

$:/core/ui/ViewTemplate/bodyを書き換えるのはもし更新で変更あったときにめんどくさいので個人的にはお薦めしない
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/software/1144955224/988
の下2行が良いと思う
補足すると"閲覧画面で"タグをクリックするとそのタグのついてるtiddlerのリストが表示されるからそれをD&Dすれば表示順を変更可能

前につけたい物と後ろにつけたい物があるなら位置別にtiddlerを分けてそれぞれ位置調整すればよし

42名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/09(月) 01:29:29.50ID:SbondNkv0
>>41
本文前に表示したいテンプレートを作成し(「$:/tags/ViewTemplate」タグ)、
firld:list-afterに「$:/core/ui/ViewTemplate/tags」と入力すると、自動的に本文の前に表示されることがわかりました。
やりたいことがほぼ解決しました。

新たな質問があります。
field:photoに図や写真のURLを入力して、テンプレートで表示したいと思いました。
そこで、テンプレートに[img[{{!!photo}}]]と書いたのですが、画像が表示されません。
<img src="{{!!photo}}">でもダメでした。
何か方法があるのでしょうか?

43名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/09(月) 15:14:34.46ID:i1zpjMX00
>>42
WikiTextでできない時は同様の機能を持ったWidgetがないか探せ
HTLMタグにtranscludeやマクロを使うときは外側に'や"を使わなけりゃ動く
リファレンスのHTML in WikiTextを参照

44名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/09(月) 21:28:53.53ID:p6wNHaFj0
>>42
<$set …>…</set>とマクロ

(次々質問する癖のある人か・・・あとは前スレ参考にして自力で頑張るか
親切なレスを付ける人が現れるのを待たれよ)

45名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/16(月) 06:01:14.32ID:9WoAg1pB0
よく読んでなかったけどHTMLタグを直接入力する時はHTML Links in WikiTextの下みたいにしないとリファラ渡しちゃったりするね
勝手に付け加えたりはしないっぽいから気をつけたほうがいいね

46名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/30(木) 15:39:52.54ID:rP0C6Wyf0
計算関係のプラグインたまたま見つけた
公式にも乗ってるTobias Beerなる人物の公開してるプラグインのevalって奴
多分一緒にmath.jsってプラグインも入れないとダメ?
自分は試してないが必要な人は使ってみてはどうか

47名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/02(日) 18:37:59.19ID:mzQhZmbz0
>>46
この人作成の tobibeer/math.js か mklauber/math.js(tiddly-mathjs) が必要と書いてあるな
http://tobibeer.github.io/tw5-plugins/#eval
Install > Important -

48名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/09(日) 14:19:17.32ID:p/DhJMfY0
<$eval>{{!!a}}*{{!!b}}</$eval>が機能するから
ちょっとした計算機とか料理のレシピで人数に応じて分量を増やすのとか出来るな
料理はテンプレート的なのを用意しないとレシピ登録までがめんどくさそうだけど

49名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/13(木) 00:54:23.30ID:iD2Xv1Yj0
WikifyWidgetの意図が少し分かったのでついでに変数のメモ

変数は<$set>や<$vars>や<$wikify>で定義できる他<$list>なんかでも定義され使われている
呼び出し方は<<変数名>>

<$set>と<$vars>
<$vars>は1つのWidgetで複数の変数を定義できる
<$set> は1つのWidgetで1つの変数を定義できる
1つしか出来ない代わりに目当ての値が空などの時用の値(emptyValue)が設定でき、軽い条件分岐的なことができる

<$wikify>
普通に<<変数名>>と使うと上2つと同じに見えるけど
最終的に画面に表示される文字列やHTML等を変数に格納している(outputの指定による)

例えば値として"""<$view field="created">"""を与えた場合にフィルターで{{{[<変数名>]}}}とすると
<$set>や<$vars>だとそのまま<$view 〜>が表示される
<$wikify>だと20〜のように作成日時を示す数字の羅列が表示される

新着レスの表示
レスを投稿する