汚された泉―農民を井戸へ放り込み惨殺

1ナナシズム2017/12/02(土) 13:09:27.56ID:HkdEZvuP
「いいえ、私は百姓です。家に帰ろうとしていたのです。どうか許してください」顔を真っ青にして、後ろに
のけぞろうとする農民の背中に、「この野郎、図太い奴だ。言え、言わんか」K伍長の鞭が肉をさきちぎる
ようにビュンビュンとうなった。そのたびに農民は頭を両手でつつむようにして堪えていた。

軍刀や鞭、獰猛な幾十かの目玉に取りかこまれ、たまらない不安と堪えがたい苦しみの中から、「私は百姓です。
どうか許してください」崩れる体を両手でやっと支えながら、農民は頭を地面に叩きつけるようにして、何回も
何回も繰り返していた。その眼には大粒の涙をいっぱいたたえて・・・。

「ビシッ・・・ビシッ」冷酷な鞭は休むどころかさらにひどくはげしく農民の体をなぐった。小さなうめき声を
あげ、歯をくいしばる農民の日やけした顔は、血と脂汗と泥でものすごい形相に変わり、石のようにこぶしは
固く握りしめられていた。

そのさまが私にはたまらなく面白かった。ゲラゲラ笑う兵隊たちの中で、私は煙草をくゆらせていた。

草の葉ずれや驢馬(ろば)を追う鞭の音にも「八路軍だ」とうろたえまわる日本兵も、いったん身に寸鉄も帯び
ない平和な農民、女、子どもの前に立つと、こうしてたちまち牙をむき出して飛びかかったのだ。

会心の笑いをうかべたY中尉は、「この野郎、水でもくらえ」農民を力まかせに井戸の中に突き落とした。
これが彼の初めからの計画であったのである。

「アイヤ・・・」肺腑からしぼり出た農民の悲鳴が、はげしい水音にとぎれ、走り寄った私の眼に井戸の底で
もがき苦しむ農民の姿が、わずかにさしこんだ光線で黒く見えた。

「よし、こうなったら二つ一度に落とすんだ。いいか、1、2、3」
頭が割れ、血を吐いて沈んでいく農民の姿を幻想しながら、私は力まかせに石を投げ落とした。土砂をまじえて
二つの石があい前後して農民の肩を強く打ち砕いた。ブス・・・鈍い音、水煙、農民の体はちょっとの間見えな
かったが、すぐ頭を出した。

くずれそうになる体を、やっと側壁に支えて見上げるその顔には、かぎりない恨みがこもっていた。
チラチラする青白い顔、それが私をたまらなく焦燥にからせた。

「まだ動いていやがる。図太い奴だ」私が気負い立って15、6も投げたときであった。ビシッ、不気味な音、
「ウーム」水音を破ってほとばしり出た絶叫を最後にして、農民の体は水の中に消えてしまった。

「フフフ、とうとういっちまったか! 人間も案外たわいないもんだなあ・・・」のぞきこみながらあざ笑う
中隊長の満足そうな声を耳にして、「ああ、俺もとうとう一人前の将校になった」とうきうきした気持ちに
なった私は、「貴様も一緒に往生しろ」とばかり、足元に転がっている草鞋(わらじ)を力まかせに井戸に
蹴りこんだ。

2ナナシズム2017/12/23(土) 17:15:18.55ID:Q9URUb1C
日本軍は中国人に酷い事ばかりしてたんだね。

3ナナシズム2018/01/16(火) 19:19:50.49ID:???
上げ

4ナナシズム2018/03/17(土) 21:41:38.61ID:???
中帰連の捏造だね
実際はシナ人に酷い事したのはシナ軍なんだ
これを堅壁清野と言う

5ナナシズム2018/04/07(土) 12:15:34.05ID:gMMuGXlp
八尾市で一戸建て不動産物件をお探しなら【浪速建設株式会社】にお任せください。三重 評判 アパマンショップ八尾店 浪速建設様の見解と致しましては 任意売却からすま相談室 烏丸リアルマネジメント株式会社 大阪営業所
■営業部長 村上康雄 営業 矢野祐樹 代表取締役 岡田常路 営業 赤田真一
【浪速建設】営業 久保峰広 辰巳健太郎 橋本勝 岸本晃 は 婚活エクシオ常連 http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1511526624/l50 -a@

6ナナシズム2018/04/25(水) 12:35:19.95ID:???
日本ヒドイ国アルネ

7ナナシズム2018/08/09(木) 15:21:42.44ID:W0mHyyxV
 
【筆者からの一言】

拙いこの文から、戦争の残虐さがおわかりいただけたでしょうか。
私が中国の人々に行なってきた非人間的な行為の数々は、もちろん私自身の責任であります。
そしてそれは、戦争という計りしれない力をもったものによって、人間性をあますところなく
奪い取られ、振りまわされた結果なのであります。この罪は一生涯償うことはできません。
故国に帰ってから二十六年の歳月が流れてしまいましたが、ふりかえれば昨日のような思いも
します。はげしく移り変わっていく日本の情況の中にポッとおかれた私の毎日は、きびしい
生活との闘いでしたが、まわりの多くの方々の温かい援助とはげましによって、いまやっと
家内と年老いた母の三人で静かに生活ができるようになりました。

日曜日になれば、近くに嫁いだ娘が孫を連れてやってきて、大変にぎやかです。嬉々として
遊びたわむれるあどけない三人の孫たちを見るにつけ、平和がいかに大切であるかをしみじみ
かみしめています。そして、この平和な日々がいつまでも続くように、願わずにはおられません。
しかしながら昨今、『他国よりの侵略』を口実に、軍備拡張が公然と叫ばれています。そして
それは、目に見えない死の商人たちの巧妙な宣伝と策動によって、やがて戦争への道に進んで
行くような気がしてなりません。戦争の残虐さを身をもって体験してきた私には、どうしても
これを許すことはできません。次の世代をになう若い人々のためにも、また、私の孫たちの
ためにも………。

「若い人たちよ、勇気をもって平和の道に進んでください。そして自分の生命を大切にすると
ともに、それにもまして、他人の生命を尊重してください」

新着レスの表示
レスを投稿する