【国際リニアコライダー日本誘致問題】高エネルギー物理学は終わるのか[12/24]

1しじみ ★2019/01/02(水) 12:32:20.12ID:CAP_USER
■日本学術会議が「ILCの日本誘致を支持するには至らない」の意見書提出

全長20キロの直線型加速器を東北・北上山地の地下につくるという国際リニアコライダー(ILC)計画について、日本学術会議は「日本誘致を支持するには至らない」という意見書をまとめ、12月19日に文部科学省に手渡した。「想定される科学的成果」が、日本が負担する巨額経費に見合わないというのが主な理由である。「国際経費分担の明確な見通しがまだない」ことも理由に挙げた点は、「費用分担について政府間の話し合いを始めるのが先。誘致の是非は分担の見通しがついてから考えればいい」と訴えてきた推進側との認識の食い違いが最後まで解消しなかったことを示す。
 もっとも、学術会議は話し合いの開始自体が誘致の意思表明になると考えたという解釈はできる。「いったん話し合いを始めたら後に引けなくなる」という発想は「日本的」のような気がしないでもない。米国では、途中でやめることもごく普通に起きているからだ。

 私が前稿(「国際リニアコライダー(ILC)の学術的意義とは」)で書きぶりに首を傾げた「学術的意義」については、「研究課題が極めて重要なものの一つであることは認められるものの、素粒子物理学の他の研究課題に比して突出した優先性を有するかという点について、当該分野の研究者コミュニティにおいてさえコンセンサスが形成されている状況にない」から「極めて重要なものであることについては高エネルギー素粒子物理学のコミュニティにおいて合意が得られている」と変わった。ただし、そのあとに「しかしながら、素粒子物理学分野における諸研究プロジェクトへの人材配置や予算の配分にまで踏み込んだ議論の段階には至っていない」と続いている。
https://image.chess443.net/S2010/upload/2018122100006_1.jpg

■日本政府が話し合いを始めなければILCは立ち消え

 このまま日本政府が費用分担の話し合いに入らなければ、ILCは建設されない。つまり、線形の大型加速器の建設は立ち消えだ。将来、中国がセルン(欧州合同原子核研究機関)のLHC(大型ハドロン衝突型加速器)を上回る大きさの円形加速器をつくる可能性はある。そうなれば、中国にセルンのような国際研究センターができることになる。
 高エネルギー物理学は、もはや国際協力なしには進まない。それは、米国が単独でつくろうとしたSSC(超伝導超大型衝突型加速器)が1993年に中止に追い込まれた時点から明らかだった。国際協力プロジェクトとして設計活動を進めてきたILCが頓挫すると、国際協力でも進まないということになり、いよいよ高エネルギー物理学の終わりが見えたということになる。それにあらがうように中国が大型加速器を建設するとすれば、それはそれで現代の国際情勢を象徴するものだろう。
https://image.chess443.net/S2010/upload/2018122100006_2.jpg

■大戦で疲弊した欧州で生まれたセルンは平和構築も目的

 高エネルギー物理学とは、高いエネルギーで粒子同士をぶつける実験を通じて、物質の根源や宇宙の成り立ちなどを探る学問である。欧州では、第二次大戦で優秀な研究者が数多く米国に亡命し、その後も頭脳流出が進んだ。それに危機感を持った指導的物理学者たちの発案で1954年に発足したのがセルンである。当初参加したのはスイス、英、西独、仏、伊、ベルギー、オランダ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、ギリシャ、ユーゴスラビアの12カ国。敗戦したドイツ、イタリアも入っており、平和構築のためという目的もあった。

 1983年に陽子・反陽子衝突実験でW粒子、Z粒子を発見(この業績で1984年にカルロ・ルビアとシモン・ファン・デア・メールがノーベル物理学賞を受賞)し、戦後ずっと米国が主導してきた高エネルギー物理学の世界でセルンが中心地の地位を確立する。これに対抗心を燃やして米国が計画したのが周長87キロ(LHCの約3倍)のSSCだった。1987年に当初予算53億ドルで承認され、1989年には建設地がテキサス州ダラス近郊と決まった。工事もスタートしたが、設計変更があり、予算が83億ドル(約1兆円)に跳ね上がった。足りない部分は日本に負担してもらおうという「国際共同研究化」案が突然出てきて、日本側が「いきなり言われても……」とぐずぐずしているうちに1993年に米国下院がSSC中止案を可決、上院は否決したが両院協議会で中止が決まった。トンネルを埋め戻すのに1000億円かかったそうだ。

続きはソースで
https://webronza.asahi.com/science/articles/2018122100006.html

131ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/06(日) 03:27:27.87ID:vVMPVNwG
>>129
意味不明

ビーム装置というのを粒子ビームに限定すれば
加速効率が極めて悪い現行の高周波電場方式では粒子ビーム砲は巨大になり過ぎて明らかに実現不可能だね

但し、レーザービームを使う場合は、アメリカ空軍がB747旅客機を改造して大出力の化学レーザーを搭載したAL-1という試作機で
弾道ミサイルのブーストフェーズ(発射直後の上昇中の段階)のミサイル外板を焼き切って破壊することが可能なのは実証している
軍艦でもレーザー砲による対艦ミサイル防御の実用実験は既に始まっている

AL-1の問題は1万メートル程度という大気密度がかなりある大気圏内でレーザーを使用するために
敵のミサイル発射地点まで200キロ以内という敵地に非常に近いエリアでB747という鈍重な機体を周回させて
敵のミサイルの発射を待たねばならない(敵からすれば容易にAL-1を地対空ミサイルや戦闘機で撃墜できる)ことだ

またAL-1のレーザー砲では高度1000キロほどの大気圏外から落ちて来る敵の核弾頭の破壊・迎撃には使えない

これらの問題のためにAL-1の量産配備計画は中止されたが、実際に製造されたAL-1は解体されずに将来の開発再開の可能性を含んで
保存されている

AL-1に搭載された化学レーザー砲を宇宙空間に配備すればもっと遠距離でミサイルの破壊は可能だろうが
時間当たりの照射運動量・エネルギー量が小さな光を使うレーザーなので、焼き切るのにある程度の時間が必要なのは
AL-1という航空機に積んで大気圏内配備する場合と変わらない

だからこそ粒子ビーム砲が欲しいのだよ、弾道ミサイル防衛ではね
特にAL-1のように発射地点のそばや上空で迎撃するのは現実的ではない以上、狙われる自国側の上空で向かって来る核弾頭を迎撃せねばならないからね

そしてそのためには従来の高周波電場法とは桁違いに加速効率の高い新しい加速法が不可欠なのだし
プラズマ航跡場加速法などの新しい加速方法加速効率は粒子ビーム砲を現実のものにし得るだけの高い加速効率だ

その加速法が高エネルギー物理実験にも使えるような厳しい条件を満たせるようになれば高エネ実験用のコンパクトな加速器を建設すれば良いし
そこまで行かなくてもビーム兵器として使えるようになれば国防には貢献できる

またこの技術で重イオン加速器を格段にコンパクト化できれば将来のガン治療の切り札とされる重イオンビーム治療が格段に安価にできるようになり
またコンパクト化による装置価格の低減で多くの病院で実施可能になるから、人々の幸福に大きな貢献ができる

132ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/06(日) 03:43:48.63ID:YXW7FN+G
>大出力の化学レーザー

と言いつつ

>時間当たりの照射運動量・エネルギー量が小さな光を使うレーザーなので、焼き切るのにある程度の時間が必要なのは

運動量とエネルギーがごっちゃかよwww

ILCは不要だとは思うが、ずぶの素人さんがなんでそんなに必死なの?

133ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/06(日) 04:13:13.65ID:vVMPVNwG
>>132
レーザーとしては大出力だが、対象物を破壊する手段としては対象物に与える運動量もエネルギーも大して大きくないって意味だと理解できない?

運動量はベクトル量だから対象に加わり破壊する力(ベクトル量)は加えられる運動量から決まる
それに対して対象を加熱したりするのは対象に加わるスカラー量としてのエネルギーだ(もちろん力が加わり変形の過程で熱が発生するのも普通にあるが)
だから、運動量とエネルギーとは物体の破壊手段を評価する上で共に重要だし、それぞれは物体の破壊において別々の役割がある

実際、巨大なレーザーでも物体を破壊する手段としてはそこそこの量の炸薬を使った方法にも劣る
例えば人にミサイル破壊用のレーザーを当てても短時間ならばある程度の直径の穴が開くだけ(まあそれでも殺せるだろうし、ひょっとしたら照射部が発火するかも)に過ぎないが
少量の炸薬しか使っていない手榴弾を投げつければ人間の身体はバラバラになる

静止質量のない光を使ったレーザーは物体の破壊手段としては必ずしも効率が良くないということだ

この程度の簡単な行間さえも埋められずこうやって解説してあげる必要があるって、君は物理を少しでも勉強したことがあるのか?

134ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/06(日) 04:20:37.11ID:YXW7FN+G
>>133
>レーザーとしては大出力だが、対象物を破壊する手段としては対象物に与える運動量もエネルギーも大して大きくないって意味だと理解できない?

できねーよ

そもそもプラズマ航跡場加速法だってレーザー使うってのwwwww

>例えば人にミサイル破壊用のレーザーを当てても短時間ならばある程度の直径の穴が開くだけ(まあそれでも殺せるだろうし、ひょっとしたら照射部が発火するかも)に過ぎないが
>少量の炸薬しか使っていない手榴弾を投げつければ人間の身体はバラバラになる

定量評価が全然できてないから素人だとばれるんだよ

化学レーザーと爆薬だとエネルギー量は似たようなもんだ

135ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/06(日) 06:50:46.13ID:LvGPM0VS
巨大科学は究極の夢なんだから
一方的に嫌うのもおかしい

136ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/06(日) 22:44:48.61ID:9kN8wBOz
建設には賛成
有料で一般人の見学を許可して欲しい

137ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/06(日) 23:02:16.81ID:6CtJjunn
理研ですら研究者や助手の雇用が非常勤で、
5年経ったら一回解雇とかやってるんだから予算はまず人に回せよ。
兵隊無しで戦艦大和作ってもね

138ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/06(日) 23:50:07.09ID:OtXxmVhL
その通り。科学技術の現場は「絶望工場」並みなのに、税金から出ている科学技術振興のための巨額資金を、研究にでなく土建に使うのはおかしい。
岩手県が建てたいのなら岩手県民の金だけで建てたらいい。

139ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/07(月) 00:26:56.96ID:U//+Xdbf
>>137
正にその通り
ILCは仮に全長20km案で建設しても最終的に当初計画のフルスケール30kmに延長するだろうが
そうすると建設費と数十年後の運転終了までの運転・保守費用などのホスト国(日本)負担分は2兆円(インフレ等含まず現在の貨幣価値で)程度になるだろう

その2兆円を才能ある若手研究員の安定雇用に使えば、例えば

−案1:1人当たり、平均年俸2千万円・1年当り平均研究費1億円・雇用期間40年間の条件で400人以上を安定(終身)雇用できる

−案2:1人当たり、平均年俸1千万円・1年当り平均研究費5千万円・雇用期間30年間の条件で1100人以上を安定(終身)雇用できる

これほど多くの研究者に安心して基礎研究に専念できる場を与えられるのだ

しかもその若手研究員の安定雇用を、生命科学・材料科学・量子情報といった学術的にも応用的にも極めて重要な幾つかの分野に集中して研究投資すれば
学術的に大変重要な様々な成果だけでなく、実益としても将来の日本の新たな産業の種になる数多くの成果が生み出されて人々の生活向上にも貢献できるのは確実だ

それだけのことをやれる2兆円という巨額を何の役にも立たず他の科学技術分野にもほとんど影響を与えられない素粒子物理の実験装置だけに注ぎ込むのは愚か者のすること


将来の日本のために今いる若い才能が安心して研究に打ち込める状況を作るための投資として大切な税金は使われるべきだ

140ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/07(月) 00:51:01.40ID:c8FtzcEA
高エネ物理は終了。
巨大設備を要求するようになったらおしまい。
キリがない。
頭と鉛筆と計算機を使え!
1兆円の玩具なんか与えるわけにはいかんよ。

141ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/07(月) 01:19:31.19ID:D5cT2/wo
ちょっと待てばいいんだよね
太陽の磁場、パルサーのビーム、ブラックホールの重力場を実験で使えるようになる

142ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/07(月) 03:42:37.87ID:jUoEaFnf
エネルギー上げすぎて自爆する領域に入ってきてるな

143ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/07(月) 08:36:57.23ID:LfSPI4jB
地球自爆装置を岩手県が作るのか

144ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/07(月) 13:11:22.48ID:U//+Xdbf
ILCを用いた高エネルギー物理学実験による究極の理論の探究は人類全ての本能による必然だと主張するならば、
ILC建設費や運用・維持費は特定国家の税金に頼らず、世界中の人類からクラウドファンディングで費用を募れば良い
トランブが主張しアメリカでは人権派と称する民主党ら国民の半分近くがこぞって反対しているメキシコとの壁ですら

https://japan.cnet.com/article/35130506/

にある通り、クラウドファンディングで10億ドル(約1100億円)を募ったところ、僅か4日間で1千万ドル(11億円)が集まったのだ

高エネルギー物理学実験による究極理論の探究が人類共通の課題であるのならば、世界中で募れば1兆円や2兆円ぐらい
簡単に集まる筈だろうが

逆に言えばそれで集まらなければ世界中の人々の大半は究極理論の探究は人類にとって重要だと思っていないということだ

素粒子・高エネルギー物理学者が「人類」を持ち出すのならば、利権に群がる怪しげな政治屋どもの力で税金に頼ろうとせずに
堂々と自分達の主張の当否を実際に人類に問いかければ良い
インターネットのお蔭で人類の相当部分に直接に問いかけることが現実に可能になったのだから

145ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/07(月) 23:30:19.19ID:Fwjopry6
核融合も国が面倒見切れなくなって民間資金で遊ぶようになってきている
高エネルギー物理もそういう金を集める段階に来たってことだな

146ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/07(月) 23:59:50.33ID:Zk2Tx2Xy
量子力学は、湯川秀樹からの日本の伝統芸だろが

147ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 00:22:44.57ID:Mis7py2n
>>146
> 量子力学は、湯川秀樹からの日本の伝統芸だろが

量子力学と素粒子論(素粒子物理学)との区別もできない人間が偉そうに能書きを垂れるな

148ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 00:32:54.47ID:30IrMDmI
>>147
でも、学問の系統として同じじゃないかな?

149ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 00:39:24.99ID:sII4b5De
中国でやれば?

150ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 01:02:50.55ID:Mis7py2n
>>148
> でも、学問の系統として同じじゃないかな?

「量子力学と素粒子物理学が系統として同じ」というのは「素粒子も量子力学もどちらもとても小さい世界の物理だろ」と言ってるようなもの

151ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 01:29:20.27ID:MV2mDRCT
>>150
何が違うのか、後学のために教えてください
両者を厳密に分けることの意味を含めて

152ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 02:11:24.62ID:Mis7py2n
>>151
量子力学は一般的で普遍的な原理だよ、マクロな世界でのニュートン力学や解析力学に相当するミクロの世界でのね
それに対して素粒子論は具体的な素粒子やそれらの間の相互作用に関する話、つまりは量子力学という一般原理の上に組み立てられている各論だ
少なくとも現時点では、具体的な素粒子のセットが現状の通りでなければならない必然的な理由は全くないという意味で量子力学のように原理的なものではない

153ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 11:38:10.48ID:PuUaC6PF
流石にお荷物になるよ
無駄では無いけど割りには合わない

154ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 11:49:35.23ID:foXwo8wx
自分のところの研究費は削られ続けているのに、花形の研究ばかり巨額の予算を付けると言われたところで支持するわけがない。
意見を求める相手が間違ってるわ。

155ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 12:03:09.41ID:1th6HZKt
【ボギー、スカンク、サンタクロース】 あんな巨大なものが急に浮上してね、物凄いスピードで飛ぶんだ
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1546914326/l50

156ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 12:06:31.50ID:9GEG0wRF
もっとすぐに役にたちそうなところに予算をつけろや!
日本語用の人工知能チップを開発しちくり

157ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 12:06:32.37ID:GGfy+v8b
知識と引き換えに人類が滅びたって構わねえよ

158ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 13:48:08.84ID:SN4OalKh
>>33
偉そうな事を言ってる割に、根本的な事を何も分かってない人だって事がよく分かった
何度も長文を書き込んでいるが最初の書き込みの時点で根本的な間違いが2点もある

あまり間違った事言うと恥ずかしいので、もう少し見識を深めてから書いた方がいいぞ

159ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 16:02:03.69ID:Mis7py2n
>>158
具体的に何が間違いかを指摘せず単に「間違っている箇所がある」とだけ書くのは論敵に対するネガティブな印象操作に過ぎない
そうでないのならば、どの投稿のどの主張が間違っていて正しくはどうであるかを正確に反論するのが議論のルール


素粒子屋がどう考えているかは知らんが、部外者として観察している限り、素粒子論は本質的には各論に過ぎない
もちろん場の量子論を使って様々な相互作用をゲージ場という形で統一的に説明しようとしているのはわかるがね

何しろ現在の素粒子のセットがそうでなければならない原理はない(超弦理論は当初は弦の固有振動の準位でレプトンやクォークの世代が複数あることを説明しようとしていたが
弦の振動エネルギーがプランク質量のオーダーという現実の素粒子の静止質量とはかけ離れた代物になったので世代の説明には使えない、つまり世代がなぜ存在するのかは
誰も説明できないし、そもそもなぜレプトンやクォークが存在せねばならないのか、またそれらがそういう質量で存在しなければならないかも誰も説明できない、
大統一理論を始めとして様々な仮説だけは山のように出ているようだが何も実証されていないし大統一エネルギーなど現実には人類には達成不可能だ
そういう意味では大統一理論の類は既に反証可能な科学でなく宗教に近い、何しろ実験で反証される可能性は殆どゼロなのだから
(カミオカンデなどで否定結果が出るたびにを、「ここまでのパラメタ値は排除された」と言っては新たに実験装置が必要だからと、何百億、何千億円の巨額予算をねだり続けてきたのが
部外者から見た今までの素粒子実験の本質だ)

この主張が間違っていると君が主張するのならば、きちんと長文で反論を書きたまえ
ルール違反の印象操作は止めてもらおう

160ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/08(火) 16:17:49.07ID:Mis7py2n
>>152に補足しておくと
量子力学やニュートン力学を「原理」と呼んだのは別にそれらが絶対的な真理(正しい理論)という意味ではない
ニュートン力学が最終的には間違っていて(つまり近似理論に過ぎず)
量子力学にその座を譲り、また高速の運動物体や重力の存在下やにおいては特殊あるいは一般相対性理論を座を譲ったように
量子力学や一般相対性理論も永久不滅の真理ではない
(既に一般相対性理論と量子力学は互いに矛盾していることは知られているのだから少なくとも一方は確実に近似に過ぎない)

これらを「原理」と呼んだのは、物理理論を組み立てる骨組みあるいは基本語彙を提供する理論だからだ

161ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/09(水) 14:03:51.39ID:NWISibl9
>>160
わざわざ解説を付け足さないような「原理」という言葉の使い方を許すなら、>>146もいちいち突っ込むようなことでは無いな

162ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/09(水) 15:51:40.34ID:bETsYBLe
量子力学と素粒子論とは全く違うがねえ
枠組みとしての体系と肉付けとしての各論との違いが理解できない人には何を言っても無駄だろうが

素粒子論がなくても量子力学は存在し得るが量子力学がなければ素粒子論はまともに存在し得ないのだからね

そういう意味では素粒子論は量子力学(含場の量子論)の応用分野の一つに過ぎない、例えば物理化学のかなりの部分や量子情報科学などがそうであるようにね
もちろん応用分野にはそれぞれ固有の問題があるのは事実だし固有の価値があるのも確かだ

163ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/09(水) 15:56:10.14ID:bETsYBLe
>>158
> >>33
> 偉そうな事を言ってる割に、根本的な事を何も分かってない人だって事がよく分かった
> 何度も長文を書き込んでいるが最初の書き込みの時点で根本的な間違いが2点もある

>>33の2点の根本的な間違いを具体的に指摘できないのかな?
それで他人の見識をとやかく言える資格があるとでも思ってるのかな?

君の場合は、見識の有無以前の問題として、人としての FAIRNESS や HONESTY をまず最初に身に着けることを強くお奨めする

164ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/09(水) 16:15:24.24ID:dzuPQb7B
五輪と万博さえなかったら

165ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/10(木) 12:29:39.81ID:l787Yn/F
省エネの時代だから高エネは要らない。

166ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/10(木) 12:43:52.84ID:gCJc7Kci
地上に建設可能な加速器の能力には限界があってもうすでにその限界近くまで来ている
これ以上は衝突エネルギーの桁を何桁も上げられるわけじゃないから今から巨大加速器建設しても
既存の理論の再構築を迫られるようなすごい新粒子の発見とかは望めないと思う
せいぜい既知の理論の枠組みの中で知られている粒子の性質をより詳しく調べるとか、できることは限られてる

167ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/10(木) 12:52:51.03ID:l787Yn/F
その2兆円は地震と津波で荒廃した東北の今後の災害対策の費用に使うのが
最も筋が通るだろう。

168ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/14(月) 08:15:20.71ID:EqP8tKaX
カミオカンデみてもわかるように、素粒子実験の加速器や施設は、最初は安くみせて
おいて、だんだんとスケールアップしてもっと巨額の予算をとインフレ-ションして
いくのが常套手段。
かりに今回2兆円でも、次は5兆円とか10兆円、そうして数十兆円などと物理学上の
学問理論としての要求はとどまるところを知らない。プランクエネルギーを越える
加速器を作るといえば、地球のサイズでも足らないだろうからな。

ところが、それよりも何桁も少ない一千万円、1億円、10億円、100億円
などのスケールでも、面白いとそれぞれの研究分野では思われる研究や実験は
あるのだ。#でもそれらの小規模予算研究もいったん成功すると、
たとえばノーベル賞の御旗を得たら急に威勢が強くなって、
これまた予算規模の桁を増やしていこうとする傾向があるから注意。

169ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/17(木) 11:16:36.72ID:MdFn9lji
欧州で新型加速器構想を発表 2040年の実験開始目指す
1/16(水) 10:00配信

 【ワシントン共同】欧州合同原子核研究所(CERN)は15日、1周100キロの新たな円形加速器の建設構想を発表した。
宇宙の始まりを再現する実験施設で、建設地はスイス・フランス国境近くにある運用中の円形加速器LHC(1周27キロ)の近くを想定。2040年の実験開始を目指す。

 LHCでは12年、物質に質量を与える基本的な粒子のヒッグス粒子が発見された。
「FCC」と呼ばれる新型加速器の大きさはこれをはるかに上回るが、少なくとも90億ユーロ(約1兆1200億円)が必要とされる。専門家らが2年かけて実現可能性を探る。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000040-kyodonews-soci


欧米はこっちで手一杯だけど、これも金がなくて無理になる可能性あるんだな。
そうなると最強加速器は中国に任せて、リニアコライダーをスイスか日本に作るという道もあるけど。
国の金じゃ足りそうになければクラウドとかビリオネアの資金を募るというのもあるな。

170ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/17(木) 19:48:25.27ID:1iO8/e0G
>>169
> 欧州で新型加速器構想を発表 2040年の実験開始目指す
> 1/16(水) 10:00配信
>
>  【ワシントン共同】欧州合同原子核研究所(CERN)は15日、1周100キロの新たな円形加速器の建設構想を発表した。
> https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000040-kyodonews-soci

この記事、ヤフコメ欄付きなのに誰一人としてコメントしてなくて完全にシカトされてる

171ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/18(金) 23:01:40.47ID:hCYXWqiz
CERNがLHCの8倍強力な超巨大加速器「FCC」建設へ!
https://tocana.jp/2019/01/post_19416_entry.html


 世界最大の素粒子物理学の研究施設である欧州原子核研究機構(CERN:セルン)の大型ハドロン衝突型加速器 (LHC)。
昨年から大規模アップグレード工事が開始され、2026年までに従来の10倍のポテンシャルを持つ“高光度LHC”に生まれ変わると発表されたが、
今度はCERN本体の4倍の規模を持つ超超大型加速器を2040年までに完成させることが明らかになった。
 科学ニュース「Science Alert」(1月16日付)によると、CERNは100億ドル(約1兆9百億円!)の予算をつぎ込み、
全長27kmの現行LHCの約4倍の長さを持つ全長100kmの「未来型環状衝突型加速器(FCC)」を建造する予定だという。
 現行のLHCは超伝導電磁石を使い陽子を光速の0.999999990のスピードで衝突させることができる。これは6.5テラ電子ボルトに相当し、様々な粒子を生成するのに十分なエネルギーだ。
LHCはその能力を遺憾なく発揮し、2012年にはヒッグス粒子を発見するなど重大な発見を次々と成し遂げてきた。しかし、宇宙にはLHCでも解くことができない深遠な謎がまだまだ残されている
 たとえば、他の力と比べて重力はなぜこれほど弱いのか? 中性子のわずかな質量はどこから来るのか? ヒッグス粒子が信じられないほど軽いのはなぜか? 反物質はどこにあるのか? ダークマターとは一体何なのか? 
LHCが解決することができなかったこれらの問いにFCCは挑むことになる。
 LHCは最大で13テラ電子ボルトのエネルギーを生み出すことができるが、FCCはなんと100テラ電子ボルトに達すると予想されている。8倍近い性能差があれば、必ずや新発見をしてくれるはずだ。
 ただしFCCがポテンシャルをフルで発揮するためには、段階を踏まなければならないという。
LHCはその名の通りハドロン(強粒子)を衝突させるための加速器だが、FCCは第一段階目で、電子―陽電子の衝突型加速器として運用される。
不思議なことに第一段階のFCCが生み出すエネルギーはLHCにすら及ばないそうだが、それでもヒッグス粒子を生み出すのに十分であり、実験結果の分析はLHCよりも容易だという。
だが、これを造るためだけで100億ドルが掛かる。
 そして、第二段階目のFCCは陽子加速器となる予定だが、これを建造するためにはさらに150億ドル(1兆6千億円)の費用が掛かるそうだ。
だが、CERNに弱音を吐いている暇はない。
 トカナでもお伝えしたように、中国がLHCの後継機の建造を2021年に開始、2030年代には完成すると見られているからだ。
今後、熾烈な競争が世界中で繰り広げられていくことだろう。

172ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/18(金) 23:19:13.75ID:fQwMySl3
>>171
> CERNがLHCの8倍強力な超巨大加速器「FCC」建設へ!
>
> LHCはその名の通りハドロン(強粒子)を衝突させるための加速器だが、FCCは第一段階目で、電子―陽電子の衝突型加速器として運用される。

なんだ、CERNの次期巨大加速器のFCCが最初のフェーズでは電子−陽電子コライダーとして運用されるのなら、ILCなんて不要じゃないか
ILCでやる最大の目的だったヒッグス粒子の性質の精密測定もFCCの第一フェーズでやれるじゃないか

日本がILCを建設せねばならない理由は皆無になったね

173ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/19(土) 12:02:49.05ID:KTJ2RJsa
>>172
最初は短く作っておいて後出して「超対称性粒子検出のために延長しましょう」ってやる気満々だったってこったな

リングじゃその手は使えないから

174ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/19(土) 12:31:37.77ID:HbeOStQq
>>173
姑息なことにILCは当初は全長20キロで作って最終的なサイズは30キロ
だが、その30キロのフルサイズに伸ばしても間違ってもLHCで作れなかった超対称粒子なんてものはILCでは生成できない
なにせフルサイズのILCでの衝突エネルギーはLHCのそれよりも遥かに小さいからな
だからILCでは間違ってもノーベル賞級の新粒子の発見は有り得ない
ILCの用途はヒッグス粒子など既知の素粒子の性質の精密測定という裏方仕事だ

LHCやFCCあるいはチャイナが単独で建設を進めようとしているSPPCは新粒子発見を狙えるスター加速器
これに対してILCは言って見れば裏方仕事専用の下女加速器だよ


KEKらILC推進派の連中はILCで超対称粒子など宇宙の謎にせまる新粒子発見がILCで狙えるかの如くマスコミに吹いて回ってるが
サイズが巨大で建設費も極めて高い割にレプトンを使うから衝突エネルギーがCERNやチャイナのより段違いに小さいから
現実的にはCERNのLHCで作れなかった新粒子発見の可能性はILCではほぼ絶望的だという事実をちゃんと言うべきだ
KEKら日本の高エネ物理の連中は自分らの欲しい玩具作る予算さえゲットできれば
国民なんて幾ら騙しても構わないと考えているとしか思えん極めて不誠実な言動だ
こんな連中に巨額の予算を与えるのは泥棒(というより詐欺師)に追い銭に等しく全くの死に金だ

KEKら推進派の連中は産経を始めとする素人マスコミや過剰広告のせいで現実離れした期待をILCに抱いている三橋や政治家たちに
「いや、実はILCって宇宙の謎なんて解き明かせるほどエネルギー出ないんですよ、運転終了までの日本の負担分は数兆円とお値段はとっても高いですけどね、
超対称粒子などの新粒子発見はCERNの次期加速器FCCかチャイナのSPPCに乞うご期待ってことで、そっちももうじき日本にも奉加帳回って来ますから宜しくね、テヘペロ」と
ILCの正体を正直に言ってみれば良い

そうすれば土建予算狙いの岩手自民党県連幹事長ら地元の連中以外は「なんだILCなんて必要ないじゃん」と意見を180度変える人間が殆どだろう

175ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/19(土) 17:50:34.60ID:KTJ2RJsa
>>174
そこは一応「スレプトンは生成されたけどノイズに埋もれて検出できてないだけかもしれない」って言えるだろ

176ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/19(土) 18:19:01.07ID:x9R/jbw9
標準理論であるべき素粒子は全て見つかったんだからこれ以上いくらエネルギーを上げても意味ない。

単なる税金の無駄遣い。

絶対反対

177ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/19(土) 18:52:34.28ID:HbeOStQq
>>175
そりゃノイズに埋もれているから検出できないだけかも知れないと言い訳すればどんな可能性だって言えるよ
だがそんなのはナンセンスだよね
どんな可能性だって言えるということは逆に言えばどんな否定的な可能性だって言えるわけで
つまるところ意味のあることを何も言ってないのと同じ

5σには程遠いから確証はできないが2σ程度の確かさならば存在の兆候としてのデータがLHC実験で得られてるから
電子を使ってノイズが格段に少ないILC実験で確証したいというのならばILCを建設する意義も生まれるが
そういう兆候を窺わせるLHCの実験データさえも全く存在していないのに
単に「スレプトンが生成されたたがノイズに埋もれて兆候さえも検出できてないからかも知れない」では話にならない

178ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/19(土) 18:53:00.57ID:l0yY/xNJ
各ニュートリノの質量を精密に有効数字2桁程度でいいから
実験で求める、その方が意義がありはしないか?

179ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/19(土) 19:07:59.52ID:mh3w/29b
>>11
高エネルギー物理学とリニアコライダーは同じではない

まず学問自体を先に進めろよ

180ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/19(土) 21:09:30.37ID:KTJ2RJsa
>>177
そういう屁理屈つけて実験物理屋は何の役にもたたない次世代加速器作って論文が書けて、
政治家や官僚の懐は業者からの賄賂で潤うってwinwinやん

181ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/20(日) 11:45:48.88ID:Hf5v2wLD
福一をまずなんとかしろや

新着レスの表示
レスを投稿する