【邪馬台国九州説】は「99・9%」福岡県にあった!ビッグデータが解いた「卑弥呼の墓」の謎 

1しじみ ★2019/01/01(火) 00:05:54.36ID:CAP_USER
■『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』、日本神話、考古学資料などを、総合的に統計学的手法で分析すれば、99.9%の確率で、邪馬台国は福岡県にあったことが言える。

■和辻哲郎の「邪馬台国東遷説」

白鳥庫吉(1865〜1942年)は、明治期の東京帝国大学(現在の東京大学)を代表する東洋史学者であった。白鳥は1910年に発表した論文「倭女王卑弥呼考」のなかで、『魏志倭人伝』の「卑弥呼(ひみこ)」に関する記事内容と、『古事記』『日本書紀』の「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」に関する記事内容とを比較している。そして、この二つの記事内容について「その状態の酷似すること、何人もこれを否認するあたわざるべし」と述べている。

 白鳥庫吉の見解を受け継ぎ、それを「邪馬台国東遷説」という形で大きく発展させたのは、東京大学の哲学者・和辻哲郎(1889〜1960年)であった。和辻哲郎の「邪馬台国東遷説」は『日本古代文化』(岩波書店、1920年刊)のなかに見える。「邪馬台国東遷説」というのは、邪馬台国は九州に存在し、のちにその勢力を受け継ぐものが東遷して「大和朝廷(やまとちょうてい)」になったとする説である。
和辻哲郎氏(1889−1960年)
 和辻哲郎や、その説を受け継ぐ人たちの「邪馬台国東遷説」の要点をまとめれば、次のようになる。

(1) 卑弥呼のことが神話化し、伝承化したものが天照大御神である。
(2) 九州にあった邪馬台国が、本州の大和に移動した。神武天皇の東征伝承は、その間の事情を伝えるものとみられる。
 和辻哲郎は述べる。『古事記』『日本書紀』の伝える「神武東征」の物語の「国家を統一する力が九州から来た」という中核は、否定しがたい伝説に基づくものであろう、と。
(3) 九州から大和へ移動した時期は、3世紀の後半から、西暦300年前後にかけてのころであろう。

■年代論的根拠

和辻哲郎の「邪馬台国東遷説」にはその後、年代的根拠がさらに詳しく与えられるようになってきている。

(中略)

■天照大御神のいた場所

「卑弥呼=天照大御神」とすれば、天照大御神のいた場所が、邪馬台国であることになる。邪馬台国についての手掛かりを『古事記』『日本書紀』のなかに、たどることができることになる。

 『古事記』『日本書紀』は天照大御神のいた場所を「高天の原(たかまのはら)」と記す。「高天の原」は、どこだろう。 

 いま『古事記』の上巻、いわゆる神話の巻を取り上げる。『古事記』上巻には「筑紫(つくし)」「日向(ひむか)」「胸形(むなかた)」など、現実的に場所の特定できる地名が現れる。その地名の統計をとる。

 その結果を図示すれば、図3のようになる。圧倒的に多いのが、「九州地方」と「山陰地方」の地名である。『古事記』の主要なテーマは「九州地方」の勢力と、大国主(おおくにぬし)の命(みよ)が治める出雲を中心とする「山陰地方」の勢力との対立図式といえる。いわゆる「出雲の国譲(くにゆず)り」伝承が中心的なテーマといえる。「高天の原」と重なり合うのは、この「九州地方」、特に北九州地方である。
http://tawayama.net/wp-content/uploads/7f0beb52698951740bca688fe0647a4c.jpg

■「平塚川添遺跡」の出現

『古事記』『日本書紀』によれば、高天の原には「天の安の河(あめのやすのかわ)」という河が流れていた。天照大御神と、その弟の須佐の男の命(すさのおのみこと)とがこの河を中において談判をしたり、神々が「天の安の河」の河原で、会議を開いたりしている。

 九州の地図をみれば、現在でも北九州のほぼ中央に「夜須」という地名がある。この北九州の「夜須」の地名は、『日本書紀』や『万葉集』では「安」の字が当てられている。

 筑後川の支流の小石原川は、「夜須川」とも呼ばれる。そして1992年に朝倉市(当時は甘木市といった)を流れる夜須川のすぐ近くから、弥生時代後期の大環濠集落跡として「平塚川添遺跡」が出現した。考古学者の佐原真氏は当時この平塚川添遺跡を「学術的には吉野ケ里に匹敵する遺跡」(朝日新聞)と述べている。


https://ironna.jp/article/4548?p=1
続く)

2しじみ ★2019/01/01(火) 00:06:12.78ID:CAP_USER
続き)>>1
■九州と大和の地名の一致

 地名学者の鏡味完二氏はその著『日本の地名』(角川書店、1964年刊)のなかで、およそ次のようなことを述べている。
「九州と近畿の間で、地名の名付けかたが実によく一致している。これは単に民族の親近ということ以上に、九州から近畿への、大きな集団の移住があったことを思わせる」

 「大きな集団の移住」、これは「邪馬台国東遷説」と重なり合うような考えである。福岡県の朝倉市と奈良県の朝倉の地との周りに、次のような驚くほどの地名の一致を見いだすことができる(地図1参照)。なお、『日本書紀』によれば、福岡県の朝倉市は、第37代斉命天皇の「朝倉の宮(朝倉の橘の広庭の宮)」があった場所であり、奈良県の朝倉の地は、第21代雄略天皇の「朝倉の宮(泊瀬の朝倉の宮)」のあった場所である。

■北九州(北の笠置山から始まって、時計の針の方向と逆に一周すれば)笠置山→春日→御笠山→住吉(墨江)神社→平群(へぐり)→池田→三井→小田→三輪→雲堤(うなで)→筑前高田→長谷山→加美(上)→朝倉→久留米→三潴(みづま)→香山(高山)→鷹取山→天瀬(あまがせ)→玖珠(くず)→上山田→山田市→田原→笠置山

■畿内(北の笠置[笠置山]から始まって同じく時計の方向と逆に一周すれば)笠置(笠置山)→春日→三笠山→住吉(墨江)神社→平群→池田→三井→織田→三輪→雲梯(うなで)→大和高田→長谷山→賀美(上)→朝倉→久米→水間(みづま)→天の香山(高山)→高取山→天ヶ瀬(あまがせ)→国樔(くず)→上山田→山田→田原→笠置山

これら23個の地名は、発音がほとんど一致している。23個の地の相対的位置も大体同じである。驚くほどの一致といってよいであろう。

続きはソースで

関連スレ
【邪馬台国畿内説が最有力に】〈動画あり〉卑弥呼の時代?纒向遺跡出土の桃の種 西暦135〜230年のものと判明 奈良・桜井市★13
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1546145230/
【邪馬台国の九州説に新説!?】古代史の真相に肉薄した一人の天才科学者 魏志倭人伝に示された距離の単位「里」を推定[12/07]
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1546267583/

https://ironna.jp/article/4548?p=1

3ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:07:38.96ID:1k3YGA1a
「絶対に盗まれない傘」がツイッターで話題 こういうアイデア浮かぶやつってすごいわ
http://hottwitter.m2.valueserver.jp/twitter/status/1079722474751684609

4ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:10:17.26ID:frQvR7mW
俺の仮説



カササギは外来種として九州佐賀近辺に留鳥として居る

魏志倭人伝には「其の地には牛・馬・虎・豹・羊・鵲 無し。」とある

なぜ、「鳥」ではなく「鵲」(カササギ)が倭国には居ないとあえて記したのか

魏が後に、倭国へ「鵲」を贈っていたと仮説するならば

生物学的なDNAの解析によって、鵲のルーツを特定できるのではないか

銅鏡などの錆びついた物証だけではなく

鵲が現在まで生き継いだ魏の使者だとしたら

邪馬台国の生きた物証として、ロマンがある

5ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:10:37.22ID:1k3YGA1a
「絶対に盗まれない傘」がツイッターで話題 こういうアイデア浮かぶやつってすごいわ
http://hottwitter.m2.valueserver.jp/twitter/status/1079722474751684609

6ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:13:21.35ID:z3q6jaUN
卑弥呼起源説、か。

7ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:19:40.15ID:D8ENmcKW
卑弥呼=鏡いっぱい与えた
九州=鏡ほとんどなし
畿内=鏡いっぱい

卑弥呼=畿内

卑弥呼=でかい古墳
九州=でかい古墳ほとんどなし 北九州はとくに皆無
畿内=でかい古墳いっぱい

卑弥呼=畿内

証明終わり

8ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:20:03.15ID:hxeroKgZ
「ヤマタイ国の海を隔てた東側も、皆、倭種である」
という記載だけとっても、九州説が正しい。

9ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:23:59.68ID:WWtCUDMS
たった2000年前の事が分からないって不思議だよな

10ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:24:50.94ID:N1jbkyrd
>1
> 安本美典

お前心理学者だろ?何で(心理学者)って署名しない?

11ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:28:45.94ID:0jMqYRRo
宇佐神宮調べりゃわかるだろ

推理小説に書いてあったぞ

12ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:28:48.16ID:D8ENmcKW
1日たった4kmしか歩けない国民全部が臨終寸前の北九州人には
ちょっと無理なんじゃないかな?
朝からたった1時間しか作業できない体力だから 一切何もできなそうである。

13ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:30:31.82ID:zt34mBSD
.
邪馬台国は、宮崎県 西都原(さいとばる)で決まり。

14ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:33:18.81ID:YvTgC6Do
魏志倭人伝に記録された
邪馬台国の風習の黥面文身が
東遷すると消える合理的な理由がない

入れ墨消すのは容易ではない
魏志倭人伝の倭人と倭種の違いに注目する必要があるのでは?
邪馬台国の勢力と東遷した勢力は別だと思う

15ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:34:39.59ID:8nR4cqZM
>>8
邪馬台国が大和国のことで機内にあったとするなら
伊勢湾を超えた東国も倭である と解釈できるから
その記述だけで九州説にはできないぞ

16ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:36:34.55ID:D8ENmcKW
漁師はいまでも入れ墨入れてるのが多い(ヤクザとは違う理由で入れてる)
>おじいちゃん漁師だったけど、母曰く漁師仲間はみんな刺青だらけだったらしい

渡海した役人が海辺で入れ墨文化の漁民を見るのは普通。
それ以上でも以下でもない

17ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:40:22.79ID:Zt3+zOAh
九州説の方が正しいな、だまされてたわ。

18ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:45:58.18ID:D8ENmcKW
なにかの病気なの?

19ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:46:09.27ID:hrhLdk/3
>>1
日本書記とかは、卑弥呼を裏切って国を乗っ取りをしたせいで、邪馬台国の名はタブーなんだがな。
このデータが差すのは大和朝廷の起源だと思う?

202019/01/01(火) 00:48:31.91ID:zlzuXK6+
>>10

 言語学者じゃなかったっけ?

21ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 00:55:33.70ID:IoGz5Dku
>>8
>>15
四国剣山

22ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 01:07:10.28ID:QtNlZLi3
宮崎だよ

23ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 01:12:07.27ID:lBLCloI0
>>13
西都原だとすると卑弥呼の墓がどこかが問題かな。
それなりの規模のやつ、邪馬台国西都原説が卑弥呼の墓に比定する男狭穂塚古墳は
今のところ5世紀くらいのものと推定されていて、時代が合わない(大きさも微妙に違う)。

24ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 01:13:10.87ID:QtNlZLi3
>>23
多分、都万神社

25ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 01:16:17.93ID:4n8q5/xz
卑弥呼が天照であるってのが思い込み
元々別のものであるのに勝手に関連付けてるだけ

26ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 01:24:02.80ID:oruqWxY5
>>1
安本じゃねーか
古代史に関してはズブの素人が99.9%とほざいてるだけ
紀元前にまで遡って、弥生時代を通しての累積の出土量で比較して、九州優位に見せようとしてる
詐欺師の手口と一緒
邪馬台国は3世紀にあった国なんだが
こういうズルするなら、偉大なる九州のコピペ貼っちゃうぞ

27ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 01:25:13.70ID:oruqWxY5
偉大なる九州

・鏡は5〜6期の古い鏡を打ち割った破鏡か欠損鏡、小型仿製鏡が殆ど。古墳出土鏡を待つまで完形鏡がほぼ出ない
(西日本各地では完形鏡が出土するので既に九州に中心地など存在しない)
・平原の鏡も古い鏡を鋳つぶして作った仿製鏡だらけ
・絹は中期の13遺跡から激減の1遺跡。しかも麻布よりも粗悪な糸くず片が一かけら出るのみ
・祭祀遺跡は柱を2本立てただけの小さなものくらいしかない
・当時採掘されていた丹山は存在しない
・宮殿など影も形もない
・全域が畿内の土器に塗り替えられ在地土器が変容(一方的に畿内の影響が入り込み九州から広まる様子はない)
・大型墳墓の歴史が無い状況で突然この時期に大型墳墓が持ち込まれる

28ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 01:33:35.02ID:xE1BIJwy
>>ビッグデータが解いた「卑弥呼の墓」の謎


どこのビックデータ?

29ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 02:32:05.31ID:pOXoA6NL
>>1
卑弥呼(日の巫女)が天照大神で、その弟がスサノオで、スサノオが出雲に放逐されて
出雲で権勢を奮ったが、卑弥呼と関係が深い別の男である神武を後継に
言い伝えて、神武とスサノオの間で平和りに国譲りが行われた、以外に
筋のとおるストーリーがないのは昔から明らか。

戦後のアカ学者が、この筋を壊したくて話をねじ曲げるから、卑弥呼の
存在が宙に浮くんだな。

30ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 02:41:40.57ID:QtNlZLi3
>>29
スサノオとアマテラスとツクヨミは三兄妹とは考えない方がいいと思う
三系統(と古事記の頃に考えた)文明が入ってきたと考えるべき
実際の渡来人の渡来の歴史とはかなり違った形で神話になってるとは思うけど

31ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 02:53:20.61ID:v1nyZF9M
そんなに大事なの?

32ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 02:55:45.15ID:HY1x/iqg

33ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 03:47:55.50ID:AjrPGmkN
>>7
これ。
九州土人は100兆回音読せよ

34ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 03:51:12.54ID:zMSb6345
>>9
不思議でも何でもない
大和朝廷にとって都合の良い歴史をつくるために
藤原不比等が日本書紀編纂の際に他の史書類を焼き捨てた
古事記だけは残したが徹底的に改竄した

35ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 03:57:34.41ID:h974LQwQ
単にバカであるだけでなく
「皇統が8世紀以降なんてとんでもない」という理由だけで
むりやり畿内説を唱えて日本の歴史学考古学を破壊しまくる
自称研究者教育者のテロリストどもの終わりの始まり

おまえらこそが学問の敵なんだよ

36ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 03:58:45.45ID:QtNlZLi3
>>33
卑弥呼は鏡をもらったけど
配ったとは言ってないんじゃないの?
あと、卑弥呼の古墳ってそれほど大きくないんじゃないの?
でかい古墳は卑弥呼の時代より後だし
というわけでさっぱり証明できてないんだな

37ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 04:06:37.50ID:JO+1JbX9
これまで 
 ゴキブリ韓国(ゴキちょん)
なんぞの相手してくれたのは
 世界中で日本だけだったのに
その日本についに見放された
 ゴキブリ韓国(ゴキちょん)
どこへ流れていくものやら・・・
 どーでもいーけど 

38ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 04:07:52.24ID:4Mh6T4PE
>>7
すべての畿内派が全力でダンマリだけど
石棺の多くが九州産の石でできている
 
反証終わり

39ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 04:24:49.36ID:Que2K32g
問題は九州とか畿内とかじゃなくて邪馬台国=ヤマト政権だったら空白の三世紀が埋まること。
それが半島の捏造された歴史に、致命的な影響を与えるから必死で別物にしたいだけ。
だから学会で畿内説が定説化してるのに、必死で九州を推してる。
畿内説なら記紀の記述を裏付けするのと、ほぼ同義なんだよ。
要は九州説は、日本の歴史の連続性に対する分断工作

40ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 04:45:20.02ID:f8Hh1NDw
>>38
バカですか?
古墳時代の中期にヤマト王権の支配地域が拡大した証拠
ヤマト王権が誕生して200年も経った後のことで
九州起源を主張するとか論理的思考力ゼロ

41ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 04:45:51.44ID:QtNlZLi3
>>39
邪馬台国と大和朝廷を結びつけるところが間違ってる
と思うよ
そもそも、邪馬台国の読み方が間違ってる

42ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 05:07:46.51ID:5pQPUdFA
せっかくの結論出たと思ってるのにまだ抵抗勢力あるのな

43ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 05:24:44.10ID:Xa8DKqUm
学説のビッグデータって意味あるんか?
そもそも流行った学説の資料が多い訳だし。

44ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 05:29:56.45ID:ZFMIAW/x
>>7
ヤマト王権が九州征服して持ち帰った可能性は?

45ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 05:36:56.52ID:fA6yRI5E
東遷説が平和でいいじゃない
どっちかに決める必要ないわ
九州にも機内にもあったでええわ

46ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 05:45:35.15ID:kWeKvTh1
邪馬台国東遷説は、あっちにもこっちにもありました、と言うコウモリ。

47ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 06:01:22.20ID:cWl1H2tz
元旦から馬鹿丸出しのニュースを見た
時間返せよ

48ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 06:29:38.43ID:FX3FOOIi
日本書紀とかいう
韓国を笑えない
ウリナラファンタジーなものを
ありがたがるからややこしくなるんだ

49ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 06:36:47.07ID:Fg+n23kT
九州か山陰のどっちかだろう
九州から東征して後に移動か
邪馬台国が出雲に逃れて結果大和勢に討たれたか

50ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 07:01:37.32ID:Nb5BM0xn
十分な情報が無いんだから保留が正解なのに
歴史学ってのはわからないものを適当に想像で埋めて
物語を作ることを当たり前のようにやる

51ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 07:04:23.80ID:5pQPUdFA
ヒストリー=ストーリー

52ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 07:16:44.44ID:5pQPUdFA
歴史=神語り

53ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 07:18:15.08ID:rDPPfYTm
ビッグデータww 横文字でたら負け戦

54ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 07:29:26.97ID:qaujno4x
>>7 基本的な間違い

畿内の弥生遺構から鏡は一枚も出土していない
鏡が出るのは古墳時代以降の遺跡のみ

つまり、東遷があった てこと
 

55ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 07:37:10.33ID:tdyKcc0J
ヤマタイ国の名前が
どこから来たと聞かれて
「山たい」(山ですの九州弁)とこたえたからと言うのを信じてる

56ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 08:02:17.14ID:RqPm9JCX
>>48
完全に逆。戦後の学会は、お前の様に記紀の否定からスタートした。
でも調査や発掘を進めれば進めるほど、記紀の記述に信憑性が出てきた。

例えば、日本書紀の「新羅征伐(三韓征伐)」の記述は、高句麗の一次資料である広開土王碑で裏付けが取れた。

↑これ邪馬台国と同時代だぞ。

57ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 08:23:13.86ID:qaujno4x
卑弥呼の後を継いだ台与は”トヨ”と読む つまり台はトと読める
となると 邪馬台国 の読みは ヤマト国 となる

これ常識

 

58ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 08:31:57.94ID:pJy7WoDm
和辻哲郎で読んでいいのは鎖国だけ
奈良優先の誤知識  明治ゆえの洗脳

59ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 08:34:20.24ID:pJy7WoDm
トウセンは無い

日本列島の成立の頃から 南方海上よりの黒潮海流は常に日本列島を巻き込み北上し流れてきた
日本列島に初めて漂着したのは北方から徒歩で来た人々では無く 南方より黒潮に乗り米作と共に漂着した人々だった 黒潮は休む事無く常に日本へ流れており 漂着する人も三々五々の如く常に日本へ流入し続けた 琉球 九州 四国 本州の順で
北方は21世紀の今も人の生存状況は厳しく 此処を超えて多数が来たとは思えない
南方より漂着した人々は石器時代には黒曜石を産出する地域に集まり米作で生活し1万5千年前頃には人類初の土器を製造し始めた
石器時代は徐々に銅器時代へと移行し始める この時の日本には大阪には銅鐸文明が栄える 銅から鉄へ移行する時 九州北部に鉄を持った天孫降臨族が発生し博多を拠点とし九州を支配下に治め倭国(チクシ)と称する
勿論大陸との外交は重要で周や漢や魏と交流する その間の出来事は ニニギのヨシタケタガギ(場所は福岡市西区) 金印(カンノイトコクオウ)同じくヤマイチ国のシンギワオウ(ヒミカ)場所は福岡県春日市スクオカモト(絹の出土)
倭の五王(都督府を大宰府へ) 岩井天皇の律令制度  サチヤマ白村江の戦いでの敗戦および唐軍の大宰府進駐などがあり700年まで続いた
1年頃今の糸島市で不遇を囲っていた神武兄弟は新天地を求め大阪侵略を思い立つ
勿論神武兄弟以前にも多くの侵略者が行ったがいまだ成功は見なかった
大阪の銅鐸文化圏へ天孫降臨族の不断の圧力が今の岡山県あたりで前哨線となっていた
当然銅鐸圏の東鯷国ナガスネヒコの防御は明石や淡路島で堅かった 為に神武兄弟は鳴門をとおり大阪湾へ突入したが散々に負け神武の兄は死ぬ その後熊野をとおり奈良へ侵入し殺戮の限りを尽くすがその後スジンまでは奈良に逼塞する
250年頃スジンはミマナより奈良へ侵略しジンムの末裔を殺戮する
欠史8代とは朝鮮人スジンが史実を知らなかったことが理由
北陸へ半島より渡来した継体は応神五代の末という触れ込みで奈良政権を奪う 内紛に感けて継体の侵略を許した
奈良政権を奪った簒奪者継体は次に倭国簒奪を狙う モノノベノアラカイへ九州を与え本州は自分がとるとの密約は周知の事実
此の倭国侵略で継体の嘘が露になる 分流の奈良は称号に倭(チクシ)と名乗り倭国の末裔たる事を誇りにしていた しかし継体は半島渡来であり倭国とは何等の関係も無かった

半島の高句麗との戦いの援軍を装い岩井天皇を暗殺したが 九州の肥後の軍勢に追われ倭国奪取は出来なかった
倭国由来の血統の絶えた継体以降は敵地同然の奈良の居心地は悪く 半島由来の多く住む滋賀京都を目指した
700年以後同じく半島由来の藤原一族と共に日本列島の支配者となる
この時テンムが倭国の文書(日本旧記を始めとする)を集め日本書紀に内容を剽窃した

60ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 08:40:49.37ID:LWOxCiyu
>>1 九州人だが、どうでもいい。

61ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:00:40.57ID:qaujno4x
記紀によるとアマテラスの孫(天孫)のニニギが日向に降臨し、日向三代目の神武が東遷し畿内に王権を
打ち立てたとある。つまりアマテラスから5代目の時に東遷したことになる。

卑弥呼の没年はAC242年、天皇の平均在位年は約14年 242年+14x5代 = 312年

考古学上、古墳時代は4世紀初頭に始まったとされている事と、アマテラスを卑弥呼としたときの
記紀の記述はピッタリと一致する。

62ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:03:05.67ID:wmIhLppc
夜須。うちのかーちゃんの実家やん

63ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:08:07.74ID:f4WSzKIf
>>59
ねーわ
古代縄文期は青森が日本の中心
北に行くほど暖かかった
それは巨大な遺跡と貝塚から出土する膨大な貝、
丸々太ったハマグリなどから推察される

64ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:34:44.89ID:JYH77FfQ
縄文末期の日本の人口は10万人程度
ほとんどは関東東北に集中
西日本の人口は1万人以下

弥生人は朝鮮半島南部から無人の原野に入植してきた開拓民

65ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:37:59.80ID:ZXwl15b/
浜名湖畔説がゆうりょくってきいた

66ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:38:04.80ID:JYH77FfQ
朝鮮半島は水稲耕作は日本より数百年先行していた
しかし、寒いし土地が痩せてるからロクな米が取れない
昔から絶望的に貧しい

朝鮮が日本を侵略するような国力を持ったことは歴史上一度もない

67ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:43:06.72ID:JYH77FfQ
>>27
地名の一致を誰も説明出来ない

68ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:43:51.58ID:4HBX88Le
>>8
豊後水道の東ってことは四国にも国あったんだよな。

69ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:46:09.49ID:SwwfA+wx
ヤマト国=邪馬台国は畿内で確定だろ
北九州から勢力を伸ばした現皇室の祖先がそれを吸収合併して大王に
統治上の都合から伝承神話や祖霊のたぐいも悪魔合体
だから初期天皇は時系列がおかしいし記録も薄い

70ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:54:55.77ID:kpjXU2Tc
>>59
高句麗の広開土王は倭人と戦ってないのかよw
じゃあレーダー照射したあの船名に、朝鮮人がワザワザ選ぶかよw

碑文から「西暦391年」に倭人と戦ったことまで記録されてる。

つまり邪馬台国と同時代に倭人が半島に進出した明確な証拠だぞ。

71ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:55:13.98ID:4HBX88Le
大和朝廷が西進して邪馬台国など九州の国を征服したのと
邪馬台国など九州の国が東征して大和朝廷を立てた、どちらが正解なんだろ?

大和朝廷サイドのバイアスが入った記紀では天皇家は九州の出と明言しているが
一方で九州征服の過程で女リーダーの国が複数出てきて降伏させたとか討伐したとか書かれてるし。

72ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:56:27.79ID:SwwfA+wx
九州の勢力が畿内まで支配を伸ばせた理由は
福岡あたりを起点に鉄器へのアクセスが東国より早かったためだったろと思う
戦では鉄と青銅は勝負にならないくらいの差がある

73ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:57:00.97ID:JYH77FfQ
天皇家の祖先は水銀の鉱脈を求めて少人数で東に流れてきた九州の小豪族という説がある
元々そういう一族だから、早い段階で朝鮮半島南部に鉄の利権を確保して莫大な財産を蓄えたのだろう

筋は通っている

74ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 09:58:13.58ID:JYH77FfQ
高句麗は朝鮮人の国ではない

75ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:03:53.57ID:JYH77FfQ
勢力を伸ばしたというより、九州で食えなくなった貧乏豪族が畿内に流れ着いて
鉄の利権を確保する先見の明と、巧みな婚姻政策によって数世代で覇権を確立した、というイメージ

田舎の貧乏貴族が何かの拍子に覇権握ることもある
ハプスブルグとか北条とか、そういう例は多い

76ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:04:22.84ID:SwwfA+wx
>>71
それらのどちらでもなく、そもそも邪馬台国=ヤマト国であって、もともと女王国だったのが武張った外部勢力の流入で男系王朝化というパターンを想像してる

77ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:09:05.92ID:SwwfA+wx
>>75
鉄器生産の地域時系列的分布が詳しくわかれば面白い手がかりになるかもね

78ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:10:23.00ID:JYH77FfQ
3世紀の畿内はアメリカの開拓時代のゴールドラッシュに沸く西部みたいなフロンティア
日本各地から一攫千金狙って流れ着いた有象無象の山師が跳梁跋扈してたんだろう

そこで頭角を現したのが天皇家
元々は九州で食い詰めた貧乏豪族だった可能性が高い
水銀の鉱脈が枯れたから東に移ったという説がある

79ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:12:26.16ID:3Ytti5O+
東大のアカ教授がガンだよな

80ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:16:24.78ID:f4WSzKIf
>>76
元々女王国とか頭がおかしいのか
魏志倭人伝にもそんな事は書かれていないのに
そもそも卑弥呼はただのお飾りのシャーマンであって
死ぬまで宮殿の奥に軟禁されていただけで統治能力はない
実権を握っていたのは常に弟
卑弥呼に限らず女が政治のトップに立った時代など日本にはない
卑弥呼を元にした架空の存在である神功皇后などは別として
歴代女帝も実質ただのお飾りに過ぎない

81ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:17:29.59ID:JAjxuePc
>>7
九州=鏡ほとんどなし
畿内=鏡いっぱい

九州から鏡および製作職人が畿内に連れて行かれた

九州=でかい古墳ほとんどなし 北九州はとくに皆無
畿内=でかい古墳いっぱい

古墳が破壊され、奴隷ともども畿内に移動させられた

82ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:17:41.31ID:ylhaRshM
>>61
逆にそれに合わせて天皇の在位期間を決めたんだろ
何人か架空の天皇を追加して

83ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:17:58.17ID:6V06H+eW
>>61
箸墓古墳が、3世紀末と推測される事実と一致してないじゃん。

84ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:21:20.47ID:MQAb/9qL
>>38
九州は石屋さんだった証拠にすぎないな。
九州の桃色の石が貴重品で、九州の石屋が畿内の王に献上してたのだろう

85ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:21:58.04ID:qaujno4x
なにが3世紀だw 箸墓から馬具が出てるな 馬具は5世紀以降だよ

86ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:24:15.99ID:f4WSzKIf
>>81
出雲の荒神谷遺跡に埋められていた大量の銅剣も、
祭祀のためなどではなく
大和にちょんけちょんに負けた際に
むりやり武装解除された事の名残だろうな
かつては山陰には強大な勢力が存在したが、
大和に恭順して以降は見る影もない
大和に張り合うもうひとつの勢力の吉備も
桃太郎の鬼退治∴ネ降かなり凋落した

87ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:25:14.50ID:SwwfA+wx
>>80
そんな、過去千年以上にわたって日本は帝国ではなかった
みたいなことをいわれても……
卑弥呼が勢力の代表として扱われてたのは事実じゃないの

88ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:27:29.81ID:bDMS1cbk
≫35 百田の本を首相が正月に読んで勉強するんだって

89ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:34:01.58ID:n1L1poKG
天岩戸神社って宮崎なのに福岡説とは

90ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:34:07.54ID:dcw9U39k
アマテラスの物語は縄文時代から語り継がれた伝説を脚色したもの。
鬼界カルデラの爆発噴火をスサノオの暴虐として表現し、それに伴う大粉塵の太陽光遮断を岩戸隠れと表現している。
そして長い復興の歴史を数多の神々による岩戸解放の活躍に例えている。

91ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:34:20.40ID:s1b3GjXv
ハイスコアガールは東京ローカルとNetflixだけだから
まだまだ見てない人多いだろうけどこの人気はすごい

92ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:35:14.54ID:6V06H+eW
>>85
マキムク自体2世紀〜なんだから、2世紀以降の色々の年代の遺物が混じっていてもおかしくない。そもそも、馬具は堀部分からの出土だし。

古墳群の分布を考慮すれば、東征説をとるならは2世紀〜3世紀前半と推定しないと合わない。

93ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:35:56.76ID:f4WSzKIf
>>85
箸墓は元々弥生末期の円墳だったのを
古墳時代に新しく畿内に来た征服者が
前方後円墳に改装したのかもな
この地方を支配するにあたって人々の尊敬を集めている
古代女王(おそらくは台与)の求心力を利用するとともに
自分たちの力の強さを見せつけたんだろ

94ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:39:02.06ID:PI9G2oZ8
都合の良いビックデータなら間違えるのも当たり前では?
良く分からんよね、結論を誘導する目的ならできるでしょ?
ビックデータで近畿説。そんなもんでないの?知らんけど。

95ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:40:16.61ID:qaujno4x
>マキムク自体2世紀〜なんだから、2世紀以降の色々の年代の遺物が混じっていてもおかしくない。

 素人のたわごとw

96ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:44:24.51ID:qaujno4x
魏志倭人伝の記述は箸墓のことではないとする根拠の一つに上げられるのが「棺(か
ん)あって槨(かく)なし」という次の記述です。

「其死有棺無槨封土作冢」
(倭人の)その葬儀において「棺」はあるが、「槨」はない。
 土を盛って「冢」(つか)をつくる
棺はひつぎです。槨はその棺を保護するもの、外枠みたいなものと考えて頂ければ
いいかと思います。「棺あって槨なし」というのは北九州の墳墓に見られる慣習です。
畿内では棺も槨もあります。
 

97ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:47:26.55ID:f4WSzKIf
>>90
「聖書」読んだ事ないのか
比較してみれば古事記の神代の出来事のの大部分が聖書からの拝借なのは自明だぞ
そもそも新羅(シルラ、新しいローマ帝国の事)は多文化国家で
キリスト教が既に伝播していて経典もあった
記紀は壬申の乱で旧百済シンパ政権に勝った親新羅政権が作ったもので
そこにそれ以前の歴史の真相を求めるのはナンセンスだ

そもそも記紀の監修したのは
出自が故意に隠されて高天ヶ原の大祭祀神の天児屋根神の
子孫と書き換えられている外国人の不比等であり、その父の鎌足が
乙巳の変でそれまでの史書を意図的に全部焼いたんだからな
地方の神社に保管されていた史書は、籠神社などごく一部を除いて
全部不比等が集めさせて焼き捨てた
そうする事で日本書紀をはじめとする六国史のみが「正史」となった

98ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:49:33.11ID:kpjXU2Tc
>>73
絶対にない。
仮にヤマト政権が4世紀成立だとしても、小豪族がたった百年ちょいで、
世界最大の古墳を造営する事なんて有り得ない。

しかも並行して奈良や大阪に、多数の古墳を造りながらながら、造営なんて経済的にも人口的にも不可能。


さらに軍事的には391年に高句麗、399年と400年に新羅、
402年と404年に帯方郡に海外出兵してる。


この規模の国家事業が小豪族に出来ると思うか?

少なくとも数百年単位で勢力を拡大して、国力の増大をしない限り絶対に不可能。

99ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:50:59.30ID:y6+WTHVq
そもそも論として卑弥呼ってホントにいたの?

100ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/01/01(火) 10:52:22.93ID:p/Sm/rnq
素直に読めば沖縄か台湾にある国だけどね

新着レスの表示
レスを投稿する