【医学】がん光免疫療法 米FDAが「審査迅速化」指定 開発促進

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1しじみ ★2018/01/18(木) 14:33:49.65ID:CAP_USER
日本での治験(臨床試験)開始が決まった「がん光免疫療法」の実用化に取り組む
米製薬ベンチャー「アスピリアン・セラピューティクス社」は16日、
同療法について米食品医薬品局(FDA)が審査を迅速に進める「ファストトラック(Fast Track)」に指定されたと発表した。

ファストトラック制度は、重い病気や他に有効な治療法がない病気に対する治療法を対象に、
患者へ早く新たな治療を届けるために開発を促進し、審査の迅速化を図る。既存薬がない場合に加え、
既存薬の有効性や安全性を上回ると期待される場合に指定される。
指定されるとFDAと協議したり助言を受けたりする機会が増え、
治験の結果によっては新薬の承認申請をした際に迅速承認、優先審査の適用などの対象になる可能性もある。

 同療法の米国での治験は2015年に始まり、第2相試験まで終了。
従来の抗がん剤を超える奏功率となっているという。
日本では3月から、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)で再発頭頸(とうけい)部がん患者への治験が始まる。

 同社会長を務める楽天の三木谷浩史会長は「アスピリアンが、ゲームを変えるような技術革新を成し遂げたことに興奮している。
がん征服は野心的な目標と思われるかもしれないが、それを最終目標に据え、謙虚に努力していきたい」とのコメントを発表した。

 また、現在の治験は、がん細胞表面に結びつく抗体を使い、がん細胞を直接攻撃する仕組みの治療法についてだが、
同社は次の臨床研究として、がん細胞を体内の免疫細胞の攻撃から守っている制御性T細胞を壊すことによるがん治療を計画していることを発表した。

画像:がん光治療治験の仕組み
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/01/18/20180118k0000m040023000p/6.jpg

毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180118/k00/00m/040/027000c

137名無しのひみつ2018/02/04(日) 00:06:59.05ID:AX1HdI9E
>>112
野生型の大腸がんはEGFRのシグナルで増えるが、変異型のがんは別のメカニズムで増えるから抗EGFR抗体の分子標的薬はくっつくことはくっつくけど効かないんだよね。
大腸がんはEGFR発現していることがほとんどだから、まず抗体はくっつくので、効果期待していいと思うよ。

138名無しのひみつ2018/02/04(日) 00:17:52.36ID:I9pG1eQW
>>130
経歴から言っても妨害があったというわけじゃないだろ。
日本だと大学院卒業したてのDr,は指導教授の指示通りの研究をしなければならず自分独自のアイデアについて研究できるのはそれなりの地位に出世してからのことが多い。
この人は自分のアイデアをすぐに研究できる可能性がないと思ったから大学院卒業後ほぼ同時にアメリカに行ったんだろ。

139名無しのひみつ2018/02/04(日) 01:05:16.86ID:8kBlDMW6
>>137
ありがとうございます。光が少しだけ見えました。早くいろいろな部位で治験が始まってほしいです。とりあえずは頭頸部が終わらない限り始まらないのかな…。

140名無しのひみつ2018/02/04(日) 09:03:41.32ID:V5OT+R4N
投資詐欺だけどな

141名無しのひみつ2018/02/04(日) 11:57:28.23ID:qpMfil2p
>>140
じゃ詐欺られてるのは三木谷か

142名無しのひみつ2018/02/08(木) 08:13:16.87ID:XbWzLz0R
いつになったら治験はじまるんや〜‼
頭頸部以外の治験はいつからやー‼
早くしてくれ〜‼

143名無しのひみつ2018/02/08(木) 09:38:51.67ID:rEuI2llz
>>120
正常なEGFRは他の部位でも発現している。
EGFR変異のがんの場合常に二量体を形成し、リガンドがなくても増殖信号が出しっぱなし
になる。よって他の臓器のEGFR変異がんの場合でもEGFR阻害剤が有効だと思われるが
保険適用は一部の肺がんになっているはず。

144名無しのひみつ2018/02/08(木) 09:51:25.03ID:rEuI2llz
>>112
KRASはEGFRの下流にあるタンパクで、KRAS変異していればEGFR正常、変異関係
なく変異KRASから常時増殖信号が出っぱなしになる。
現在KRASターゲットの分子標的薬はない。

145名無しのひみつ2018/02/08(木) 13:35:36.26ID:4bR3uEVC
>>144
って事は分子標的薬はないけれど、光免疫療法では有効なのでしょうか⁇

146名無しのひみつ2018/02/08(木) 13:59:23.32ID:oXNFIvRW
【福島で車3台事故】 WHO「ガンが多発する」 マイトLーヤ「認知症、アルツハイマー病が増える」
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1518056569/l50

147名無しのひみつ2018/02/08(木) 14:25:40.30ID:Z3WEhfpp
頭頚部だけで治験されてるけど
これが実用化されるのは、あと何年後なんだ?

その後で他部位のガンをやるんだろ
次は胸部とか、腹部とか、
このペースでいけば、あと10年以上かかりそうだな

148名無しのひみつ2018/02/09(金) 18:34:05.06ID:vG0kTWXc
>>147
腹部、胸部はそんなに時間かからない感じですね。
全ての部位が可能になるのは少し時間を要するのでしょうが…。

149名無しのひみつ2018/02/14(水) 19:28:55.92ID:HimPo9bn
何か新しい情報入ってこないかなー。

150名無しのひみつ2018/02/16(金) 11:18:07.82ID:m/9+Onok
>>145
詳しくは判らないが、
光免疫療法は細胞膜表面タンパクEGFR(多分変異型だろう)を
目標にしてるらしいからKRAS変異の場合は原理的には効かないと思う。
かなりの癌腫はKRAS変異が多い。
ちなみにEGFR阻害薬に耐性をもつのはKRAS変異種が現れてくるから。

151名無しのひみつ2018/02/16(金) 11:27:32.19ID:m/9+Onok
EGFR変異→KRAS変異に移行 効くだろう。
初めからKRAS変異 効かない。

152名無しのひみつ2018/02/16(金) 11:45:08.70ID:My70QfM5
製薬会社はやりきれないと思うよ

153名無しのひみつ2018/02/16(金) 11:50:42.57ID:dpX5tD9Q
>>127
妨害というより
セクショ争いとか壁とか
徒弟制度みたいな門下ね

154名無しのひみつ2018/02/16(金) 11:54:03.93ID:dpX5tD9Q
これって
ガン患部に発熱する色素注射
して、光りや超音波でその部分を発熱
ガン殺すとかできないものかなあ

155名無しのひみつ2018/02/16(金) 12:27:44.61ID:TgNOSv7s
人間は誰でもいつか必ず死ぬのだ。
老衰以外の理由で死ぬのがそんなに嫌なのか?
別にガンで死んでもいいじゃない

156名無しのひみつ2018/02/16(金) 12:30:47.97ID:FwUQ1OBW
>>151
EGFRは薬剤が細胞にくっつくための足場に過ぎず、くっついてしまえば細胞(膜)を(物理的に)攻撃できるので、
EGFRの下流のRASが変異していようといまいと、関係ないと思う。
逆に足場になるEGFRが変異して薬剤が細胞にくっつかなくなれば、効果は激減しそう。

157名無しのひみつ2018/02/16(金) 19:01:01.71ID:muKRceuX
>>156
私もそう思う。
KRAS変異型、野生型、関係なく有効だと思います。

158名無しのひみつ2018/02/16(金) 21:08:15.62ID:m/9+Onok
EGFRは当然、正常細胞にも発現している。
EGFRに薬の選択制がなれば正常細胞も殺傷してしまうことになる。

159名無しのひみつ2018/02/19(月) 17:27:54.05ID:bT54Oppd
KRAS変異型でBRAF遺伝子陽性の大腸がんなんですが、何か治験ってないでしょうか?
光免疫療法とか早くしてくれー。

160名無しのひみつ2018/02/20(火) 01:12:30.37ID:b8cySDqa
正常細胞に発現しているegfrの量なんて過剰発現しているがん細胞の量からするとたかがしれてる。
だから、大腸がん患者にセツキシマブ投与したら皮膚障害などの副作用がでる程度でとどまってる。
光免疫療法ではegfrの過剰発現部、すなわち抗体がたくさんついているがん細胞の部分だけ光をあてて破壊するわけだから別に正常細胞にくっついていようが関係ない。

egfr抗体の結合とkras遺伝子変異の相関をとったデータあったら教えてくれ。
シグナルの発信部が抗体の結合部よりさらに下流にあって、信号を流しつづけてるか(変異型)、egfrが結合したときに流すのか(野生型)の違いだからデータとっても意味がない。

がんにegfrが過剰発現しているかしていないかは、その人のがんの性質によるところが大きいのであって、krasの変異の有無とは相関はない。
同じがんでも人によって性質の違いがあって、過剰発現していない人もいるし、過剰発現している人もいる。
進行の遅い早い、比較的おとなしい、たちが悪い、薬の効きが良い悪いなどと同じ。

egfrがあまり発現していない人も確かに少しはいるが、多くのがんではegfrが過剰発現している。これは、すでに証明されている。
発現量は少なくても、一部さえ破壊すれば免疫が働くのなら効果は期待できる。
だから、小林先生の考えた方法は理屈としては間違ってないし、多くの人に効く。

結論いうと、kras変異の有無とegfrが結合するかどうかは相関はあるとはいえず、それよりもその人の体質によるところが大きいということ。

161名無しのひみつ2018/02/20(火) 08:44:33.57ID:hnBy/s4b
B RAF遺伝子変異陽性の大腸がんは光免疫療法は不可なのでしょうか?

162名無しのひみつ2018/02/21(水) 09:01:41.18ID:V8aQgVCq
>>159
https://www.ono.co.jp/jpnw/PDF/n17_0913_1.pdf#search=%27BRA%EF%BC%A6%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E9%99%BD%E6%80%A7%27

>2017年8月9日時点で、安全性(safety lead-in)評価に患者30例が組み入れられ、
>ビニメチニブ、encorafenib およびcetuximab (BINI 45 mg、1日2回、ENCO 300 mg、1日1回およびCETUX、ラベルに基づき)
>のトリプレット(3剤併用)療法を受けました。患者30例のうち、29例がBRAFV600E遺伝子変異陽性でした。
>1例だけがDNAミスマッチ修復機構欠損による高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)でした。
>トリプレット療法で良好な忍容性が認められ、本試験の無作為化を開始することができました。
>更に、予後不良の患者集団であるBRAFV600E遺伝子変異陽性の患者における確定奏効率(ORR)は、
>完全奏効を含め41%と初・・・・

残念ながら治験ですが、
完全奏効を含め41%はかなり成績がいいです。
脇役のベバシズマブと併用すれば上乗せ期待ができそう。
(kras阻害剤は30年ほど研究されてきましたが現在でも開発に至っていません)

163名無しのひみつ2018/02/21(水) 23:22:21.74ID:T0LOcXIr
>>162
貴重な情報をありがとうございました。この治療は私にも適応できる治療なのでしょうか?まだ治験はやっているのでしょうか?
実用化されないのでしょうか?
質問ばかりですみません。
どうぞよろしくお願いします。

164名無しのひみつ2018/02/23(金) 00:13:00.93ID:oGIOJ2bd
>>163
海外の治験なんで詳しくは判らないですね。
治験から実用化はかなりの期間を要するのが普通です。
他に下記の記事がありました、3剤とも国内発売されています。
悪性黒色腫の保険適用の薬剤もありますがやはり治験です。
主治医と相談されたらいかがですか?
当然保険適用外になります。

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/search/cancer/news/201507/542916.html
(読者登録が必要、適当に医療従事者ということで登録できました)

>BRAF V600E変異を有する進行大腸癌に、抗EGFR抗体パニツムマブ(P)とMEK阻害薬trametinib(T)、
>BRAF阻害薬dabrafenib(D)の併用が有効である可能性が明らかとなった。

165名無しのひみつ2018/02/23(金) 06:57:16.94ID:cB8Q4rvN
>>164
ありがとうございます。
何度すみませんでした。

166名無しのひみつ2018/02/25(日) 17:47:09.67ID:rRrC9OH6
光免疫療法は抗体を利用した療法です。副作用が無く何度も出来るとの事ですが、抗体自体に耐性がついたりしたら治療できなくなるのであろう。

167名無しのひみつ2018/02/26(月) 01:18:31.84ID:vfcfFuko
>166
がんの遺伝子変異が累積し変異EGFRの形状が更に変化すれば光免疫抗体
のハマりが悪くなることは考えられるね。

168名無しのひみつ2018/02/26(月) 02:10:14.81ID:wgLNV+/t
>>167
なるほど。って事は何度やってもうたい

169名無しのひみつ2018/02/26(月) 02:10:56.08ID:9cOIP74K
>>154
出来ると思う。
でも発熱色素が他の健康細胞部に
流れると、そこも発熱してしまう。

170名無しのひみつ2018/02/26(月) 02:13:08.67ID:wgLNV+/t
>>167
って事は何度やっても抗体に耐性がつくのではなくEGFRが変異して抗体が付きにくくなるという解釈でいいのだろうか?

171名無しのひみつ2018/02/26(月) 08:54:50.63ID:BN7VdZDS
素人質問ですいません
ガン細胞を破壊するということは、どさくさに紛れて生きてるガン細胞も飛び散って、それが体中に回りガンの転移を促進してしまうのではないでしょうか

172名無しのひみつ2018/02/27(火) 14:03:23.73ID:OQIguQXr
光免疫療法の食道がんが7月頃から治験がはじまるって情報を風の噂で聞いたのですが、嘘ですよね〜…
多分…

173名無しのひみつ2018/02/27(火) 14:50:21.05ID:r75XnCdQ
あたしすい臓がん末期ですが、小林さんの研究2〜3年前から関心を
もっていたが、残念間に合わないようだな?

174名無しのひみつ2018/02/27(火) 21:38:02.87ID:javMG7+B
>>167
そのとおりです。
光免疫抗体は静的なもの、一方がんEGFR抗原は一定の形状を維持するとは考えられない
しそこが、がんのやっかいなところ。
そもそも、がんが薬剤に対して耐性を持つのは分裂するとき遺伝子コピーのエラー訂正が
破綻している。(正常細胞の場合はコピーエラー訂正が厳格に働く)よって遺伝子変異
を起こしそれを元に変異タンパクが合成され、それは新たな機能会得、薬剤耐性会得と
なり分裂を繰り返すほど正常細胞からむしろ単独生物の性格を強めてくる。
万年単位の生物の突然変異による進化を数日、数週間で進化しているのが、がん。
よってがんの塊を構成する一つ一つの細胞は個別の個性を持った生き物の塊という
見方ができる。腫瘍内不均一性ともいいます。
で、その辺の情報がないので推測ですが一つの光免疫抗体で万能なのか疑問
なのです。

175名無しのひみつ2018/02/27(火) 21:41:21.34ID:javMG7+B
>>174
>>170の間違いでした。

176名無しのひみつ2018/02/27(火) 23:07:04.92ID:wvbqbmLT
>>175
なるほど。
では、なぜ小林氏は7〜8割のがんが克服出来ると自信満々なのだろうか?
私には未来予想図が出来上がっている様な話し方にしかみえない。
案外がんが克服出来るのも間近ではないかとおもうのだが…。
私だけでしょうか…。

177名無しのひみつ2018/02/28(水) 11:14:33.19ID:nFflDuxN
>>176
”がんEGFR抗原は何回分裂しようとも絶対に形は崩れませんよ”
ということだったらターゲットとしては有望でしょうね。
でも光免疫療法はマスコミは騒いでいたようですけど医学会系の広報雑誌等では
あまり見かけないんですよね。

178名無しのひみつ2018/02/28(水) 11:42:45.63ID:N93r7WHY
>>177
やはり既存薬を守りたい製薬会社からの圧力なのでしょうか!!
光免疫療法は私的に凄く期待しておりますし、物理的にがん細胞を破壊するってところが最高です!!
春からは急加速で話が進むと思います。
いや、そうなる。
話はある程度できているはず。

179名無しのひみつ2018/02/28(水) 22:23:03.86ID:nFflDuxN
>>178
製薬会社の者ではありません。
八方に突然変異を繰り返すがんには薬物を使って延命は出来ても完治は難しいと思います。
医学が今後数十年も進歩してもです。
そもそも今の抗がん剤は完治を目的とせずがん縮小効果で医薬品として承認しています。
よってがんが少しでも縮小したら儲かる!と言うのが製薬会社の発想なのです。
その発想は逆に癌制圧への足かせになっているかもしれません。

小林先生の物理的にがんを殺傷するのはがん治療において正しいトレンドだと思います。
但し、変異EGFRを100%補足できるのかな?というところです。

180名無しのひみつ2018/02/28(水) 23:39:48.56ID:09lGLbh1
>>179
そうですよね!
私もそう思っております。
物理的にがんを殺傷する治療は斬新的な物です
。過去にはありません!
その上、副作用が少ないので何回もできるメリットもあります。骨髄抑制、脱毛、口内炎etcが皆無しです。副作用が極めて少ない。
魔法の様な治療です。賛否両論あるとは思いますが、私はこの治療を信じております。
早く色々な部位の適応拡大してほしいものです。
期待しております!!
三木谷社長のイノベーションを信じております!!

181名無しのひみつ2018/03/01(木) 09:02:41.98ID:sxtiwyak
>>171
多分、陣取りよりも免疫との情報戦の方が重要なんじゃないかな。
免疫の細胞は全身分集めたら大きな臓器ほどあるらしいし

182名無しのひみつ2018/03/03(土) 23:56:08.77ID:WJEKrM8m
もう三月になったが治験は開始されているのでしょうか?
やはり7月までには食道の治験もはじまるみたいです。大腸や膵臓、乳がんなども大至急はじめてほしいものです。

183名無しのひみつ2018/03/04(日) 09:31:45.25ID:TAxP3pwJ
おれ、二十歳でガン保険毎月一万円掛けてる。
この治療法で簡単に治るようになったらボロ儲けできるわ。

184名無しのひみつ2018/03/04(日) 14:26:26.15ID:NCMVEeuV
>>183
ゴミかお前は

185名無しのひみつ2018/03/04(日) 17:50:49.05ID:TAxP3pwJ
>>184
ゴミって?
大勢癌になるのにガン保険かけてないのがゴミなんじゃ?

186名無しのひみつ2018/03/04(日) 19:33:11.10ID:qFHRwTEh
>>185
へりくつ言うな。
ゴミは

187ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/03/25(日) 23:48:03.78ID:WbwY8nGF
この治療法は久々のリアルピカ新

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています