【古生物】首長竜は(三畳紀とジュラ紀の間の)大量絶滅を生き延びていた

1しじみ ★2018/01/05(金) 12:01:48.69ID:CAP_USER
約46億年前にできた地球に初めての生物が誕生したのは、今から40億年ほど昔だと考えられている。
バクテリアのような生物だったらしい。それが連綿と現在の生き物たちにつながっているのだが、
その途中で、多いときには生き物全体の9割もが絶滅するような「大量絶滅」がおきている。

大量絶滅は過去に5回あったとされている。もっとも有名なのはその5回目、
恐竜がすべて滅んだ約6500万年前の大量絶滅だろう。
現在のメキシコ沖に落ちた直径10キロメートル以上とされる巨大な隕石(いんせき)が、その原因らしい。
このほか、地球史上最大といわれる3回目の大量絶滅は約2億5000万年前におき、
そのあと始まった「三畳紀」と「ジュラ紀」の境目にあたる約2億年前にも、4回目がおきた。

特定の希少種が姿を消していくのとは違い、大量絶滅では、地球上の大半の種が短い期間に滅んだ。
なぜ、こんなにも多くの生物が一度に滅んだのか。
もちろん、その点も興味深いが、逆に、どういう性質をもった生物が厳しい環境を生き延びられたのかを探る研究も、
それに劣らず興味深い。

独ボン大学博士課程のターニャ・ヴィントリッヒさんらの研究グループは、ドイツにある三畳紀末期の地層から、
「首長竜」と呼ばれる海の爬虫類(はちゅうるい)の化石を見つけ、このほど論文として発表した。
体長が約2.4メートルの若い首長竜とみられる。首長竜は三畳紀からいたという説もあるが、
体の全体を復元できる化石のようなその時代の有力な物証は乏しいため、はっきりしたことは分からなかった。
ジュラ紀に入ってから登場したという見方もあった。
今回の発見で、首長竜は、すでに三畳紀にジュラ紀と同様の姿に進化しており、
そのまま4回目の大量絶滅を生き延びていたことが確定的になった。

首長竜は、ジュラ紀と、それに続く白亜紀に繁栄した海の大型爬虫類。ちょうど恐竜が栄えた時代に重なっている。
胴体はずんぐりしていて首が長く、4本の脚はひれになっていた。
同じ爬虫類でも、体からまっすぐ下向きに出た脚を使い、陸上を直立して歩くことができた恐竜とは、
まったく別の種類だ。

研究グループの中島保寿(なかじま やすひさ)・東京大学大気海洋研究所研究員によると、
三畳紀の地層から見つかった今回の化石には、体のさまざまな部位が残っており、
それが、さきほどの首長竜の特徴とよく一致していた。
さらに今回は、化石として残っていた骨の組織から、血管が発達していた痕跡が見つかった。
これは、現存する生物のなかでも、哺乳類や鳥類のように体の内部で熱を発生させ、成長も速い動物に特有の構造だ。
ジュラ紀の首長竜にもこの特徴がみられる。
したがって首長竜は、この特徴をもったまま、大量絶滅を乗り越えたことになる。

首長竜の4本の脚はひれになっており、長い首はあまり柔軟に曲がらなかったらしい。
中島さんによると、これは、沿岸ではなく外洋での生活に適した体だという。
カメのような格好でも知られる近縁の「板歯類」は、三畳紀末に絶滅している。こちらは、沿岸で生活していたらしい。

今回の研究結果から、三畳紀末の大量絶滅を生き延びた首長竜は、外洋で生活し、その成長速度が速かったと推定される。
外洋で生活していれば、地球環境の急激な変化にともなう海面水位の変動の影響を受けにくい可能性がある。
海面が急に下がって、生活の場だった浅瀬が奪われることもない。
また、成長が速ければ、早く子を産めるようになるのかもしれない。
しかし一方で、成長が速ければ、たくさんのえさが必要なはずで、それが生存に有利だったかどうかは分からない。
このような確かな事実の積み重ねで、大量絶滅の謎は一歩ずつ解き明かされていくのだろう。

図 三畳紀末の地層から発見された首長竜の化石(研究グループ提供)
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/img/180104_img1_w500.jpg

サイエンスポータル
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/01/20180104_01.html

2名無しのひみつ2018/01/05(金) 12:18:00.30ID:j82u0ZP9
ネッシー

3名無しのひみつ2018/01/05(金) 12:23:44.61ID:NgfG39pT
気長に首を長くして生き延びた

4名無しのひみつ2018/01/05(金) 12:26:58.34ID:eeTmF0Yd
ミッシー
http://9ch.net/lx

5名無しのひみつ2018/01/05(金) 12:28:11.15ID:Rsak4XwD
重複スレ

6名無しのひみつ2018/01/05(金) 12:59:44.48ID:l+GQpfyi
日本に隕石が落ちて滅びないかな。
折れ氏にたいし。

7名無しのひみつ2018/01/05(金) 13:11:32.03ID:6GaqIZLi
三畳紀とジュラ紀の間か、おれの部屋みたいだな四畳半だ

8名無しのひみつ2018/01/05(金) 13:31:24.41ID:93oS8qKI
>>6
ソウル行って来い、近いうちにミサイルが降り注いで死ねるから

9名無しのひみつ2018/01/05(金) 14:45:44.53ID:bDQYmwKL
>>1
首長竜は白鳥に進化したんだと思う。

10名無しのひみつ2018/01/05(金) 15:22:19.30ID:dRLr3vNO
マンボウの骨格って首長竜の化石に似てない?似てないか。

11名無しのひみつ2018/01/05(金) 15:32:48.38ID:gu0SH7rL
【古生物】最古の首長竜化石=2億年前、ドイツで発見
1しじみ ★2017/12/16(土) 04:32:23.69ID:CAP_USER
ドイツの約2億500万年前(三畳紀末期)の地層から最古の首長竜の化石が見つかったと、
独ボン大とフランス国立自然史博物館、 東京大などの研究チームが
13日付の米科学誌サイエンス・アドバンシーズに発表した。
首長竜は海に生息した爬虫(はちゅう)類で、首が長く、ひれ状の四肢で泳ぐ。
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1513366343/-100

これやんね

12名無しのひみつ2018/01/05(金) 16:31:16.98ID:XS2iV/aP
何で首長いの?

13名無しのひみつ2018/01/05(金) 16:45:54.33ID:hKWG5tmx
ネス湖またブームらしいな

14名無しのひみつ2018/01/05(金) 19:44:57.85ID:Q0AGri6O
どうやって泳いだのやら

形状からそう速く泳げたとも思えないけど
やっぱウミガメっぽい感じだったのかなぁ

15名無しのひみつ2018/01/05(金) 21:35:58.69ID:uI6MLHQU
てことは千葉期に千葉原人に全部喰われたのか

16名無しのひみつ2018/01/06(土) 00:52:31.10ID:uSeZ7dFQ
ピューイ!
ピューイ!
ピューイ!

17名無しのひみつ2018/01/06(土) 10:35:57.23ID:7Zm/pPx3
>>14
俊敏に泳げなかったからこそ
巨体を遠浅の海に沈めて、鼻面だけ出して呼吸する動物だったのかもな

18名無しのひみつ2018/01/06(土) 19:31:36.19ID:bDJTdAp+
三畳紀は外洋で行動していたから化石が見つかりずらかったのかな?
ジュラ紀以降は「板歯類」絶滅に伴い新たに生息空間が拡大し浅瀬という
という環境で化石が見つかりやすくなったと。

外洋系ということは卵ではなく胎生又は卵胎生かな?
恒温性変温動物というと生態はオサガメに近いのかな?
前足を除けば形状が似るコバネウみたいなエサ取りしていたのかな?

19名無しのひみつ2018/01/09(火) 16:22:32.74ID:ngrWSpZZ
首長竜の極端に長く細い首は何のためのものだったのかよく分かってない。
首だけ動かして海底のエサをとって体を動かすエネルギーを節約していたという説も。

20名無しのひみつ2018/01/09(火) 19:24:04.52ID:Emhb8Aun
>>18
たしか首長竜や魚竜は胎生だったはず

21名無しのひみつ2018/01/09(火) 23:44:12.95ID:FYD1DMOF
両方とも腹部に子供を宿した化石が見つかり卵胎生の可能性が高いとされてる
後はモササウルス科がハッキリしてないぐらいね

22名無しのひみつ2018/01/10(水) 18:53:44.71ID:ZtlJEJnl
いまは6回目の大絶滅時代?

23名無しのひみつ2018/01/10(水) 19:17:26.05ID:i5e0XYFI
あれ首長い必要ないよね?本当に泳いでたの?

24名無しのひみつ2018/01/10(水) 22:09:33.54ID:JYmjoteJ
陸上で首の長い竜脚目もなんであんなに首が長かったのか不明なんだよな
水平より上には持ち上げられなかったらしいし

25名無しのひみつ2018/01/11(木) 13:57:47.52ID:6St+iWUQ
>>23
頭を水面から出せないらしいし
何を食べてたのかな

26名無しのひみつ2018/01/12(金) 21:34:54.83ID:87kABpnX
http://livedoor.blogimg.jp/nikoniko2213/imgs/6/8/68745210.jpg
結構、首の骨あるよなぁ

https://t18.pimg.jp/006/754/448/1/6754448.jpg
どの程度、柔軟なのかピンと来ないけど・・・
蛇の胴体ほど柔軟ではなさそう

27名無しのひみつ2018/01/12(金) 21:43:39.66ID:c2wX+5xW
>>23
南国の鳥で羽が鮮やかなやつほど持てるみたいに、首が長く美しい奴ほどもてたんじゃないか

28名無しのひみつ2018/01/13(土) 06:57:38.32ID:HjL0yWzt
メッシーとアッシーも絶滅したな

29名無しのひみつ2018/01/13(土) 11:34:13.83ID:y1SL0wNG
>>28
たしかにw

>>26
20年くらい前は、陸上の首の長い恐竜が高い木の枝の葉を食べていたと考えられていたが、
その後の研究で水辺などの低い位置の植物を食べていたとされるようになった
海中の首長竜は海底に住む生き物を食べていたのかな
子供の頃に見た図鑑では、海面から肩より上を出してアンモナイトを得意気に咥えて泳ぐ想像図だったが

30名無しのひみつ2018/01/13(土) 17:51:52.90ID:84nmnNP+
>>16
ピー助!!

新着レスの表示
レスを投稿する