【素粒子物理学】反物質の研究から「宇宙はやっぱり存在できないはず」となるデータが明らかに★2

1しじみ ★2017/11/10(金) 23:29:54.54ID:CAP_USER
宇宙に存在するあらゆる物質(マター)には、電気的に正反対の性質を持つ反物質(アンチマター)が存在しています。
この2つは衝突すると高いエネルギーを発して共に消え去る関係にあるのですが、こうして宇宙が存在できているからには、
反物質のほうが少なかった、あるいは少なくなるだけの理由があったはず。
そんな謎を突き止めるためにCERN(欧州原子核研究機構)は反物質の性質を調査したのですが、
「やはり宇宙に物質は存在しないはず」と言わざるを得ない結果が出ています。

A parts-per-billion measurement of the antiproton magnetic moment : Nature : Nature Research
https://www.nature.com/nature/journal/v550/n7676/full/nature24048.html

Riddle of matter remains unsolved: Proton and antiproton share fundamental properties
http://www.uni-mainz.de/presse/aktuell/3027_ENG_HTML.php

CERN Research Finds "The Universe Should Not Actually Exist"
https://futurism.com/cern-research-finds-the-universe-should-not-actually-exist/

現代の宇宙理論では、宇宙が最初に誕生した「ビッグバン」の際に、大量の物質と反物質が同じ数だけ生みだされたと考えられています。
その直後、物質と反物質は互いに打ち消し合うことで消滅していったのですが、結果的にこの宇宙には「物質」が残り、私たちの体や地球、
そして太陽系・宇宙そのものが存在していると考えられています。最初に物質と反物質との数にごくわずかな差があったおかげで、
今こうして我々人類が「なぜ反物質のほうが少なかったのか?」と考えることができるというわけです。

素粒子物理学では、ある粒子には鏡に映った像のように対称性を持つ反粒子が存在するというCP対称性が大前提として存在しているのですが、
実際にはCP対称性の破れと呼ばれるアンバランスさが存在していることが知られています。
宇宙の中で物質のほうが反物質よりも多く存在しているのも、このCP対称性の破れに由来するものだと考えられています。


この反物質は、今でも高いエネルギーを物質に与えることで生み出せることがわかっています。
直径が数kmもある巨大な加速器を使って検証が行われることもあれば、
雷雲の中に飛び込んだジェット機が反物質らしきものを観測していた可能性も報告されています。



この違いがいったい何なのか、これまでにも質量の違いや電荷の違いなどいろいろな研究が重ねられてきましたが、
CERNはドイツのヨハネス・グーテンベルク大学マインツが開発した方法を用いて、物質と反物質の間にある磁性の違いを測定しました。
ここで用いられたのは、磁場の力を利用して荷電粒子を1カ所に閉じ込めるペニングトラップと呼ばれる方法で、
従来の装置よりも測定値が9ケタ多い精度での測定が可能なもの。実際にこれまで存在していた最も精度の高い装置の、
350倍もの精度で磁性を測定できるものとなっていました。

しかしその結果判明したのが、なんと「違いなし」という結果だったとのこと。
つまり、現在のところ人類が成し得る最も正確な測定方法では、物質と反物質の間には、
少なくとも磁性の側面で違いは見つけられなかったということです。
CERNの研究員であるクリスチャン・スモーラ氏は「我々の研究では、物質と反物質は完全な対称性を持つことが観測されており、
これでは『宇宙が存在するはずがない』ということになります。どこかに必ず非対称性が存在しているはずなのですが、
我々にはその違いが理解できずにいます。この違いのもととなるものは何なのでしょうか?」と、プレスリリースの中で記しています。

物質と反物質の間には質量、電荷の違いがないことはわかっていましたが、
今回の結果から磁性でも違いがないことが確認されました。
今後は、原子を構成する陽子と反陽子についてさらに精度の高い測定が行われる予定となっているほか、
CERNの反物質研究チーム「ALPHA」が水素原子と反水素原子の対称性に関する研究を進めることになっており、
そこから何らかの「宇宙が存在する理由」が見いだされるのか、注目が集まりそうです。

GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20171030-cern-antimatter-research/

前スレ

【素粒子物理学】反物質の研究から「宇宙はやっぱり存在できないはず」となるデータが明らかに
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1509358578/

106名無しのひみつ2017/11/15(水) 08:35:20.24ID:FKwV2uSa
>>105
それが成り立つならば「赤方遷移」はどう説明するのか?
天体が勝手に宇宙の果てに向けて飛んで行っていると言うのか?
遠くの天体はいつか宇宙の縁から落ちるのか?
と言う事だと思います

107名無しのひみつ2017/11/15(水) 09:23:27.64ID:utz2SqMB
>>106
赤方せんい?
赤方偏移だろww

108名無しのひみつ2017/11/15(水) 09:29:31.74ID:luSLzDVD
>>107
で、揚げ足取りだけ?

109名無しのひみつ2017/11/15(水) 09:31:11.42ID:+TW25g5S
>>107
訂正ありがとう
スマホの変換て難しいね

110名無しのひみつ2017/11/15(水) 09:45:56.34ID:utz2SqMB
>>106
逆。
赤方偏移の事実が判明したからこそ、空間膨張してるってことが解った。

111名無しのひみつ2017/11/15(水) 10:53:09.63ID:+TW25g5S
>>110
赤方偏移すると言う事は自分から離れる方向に移動(運動)している事の証明では?

112名無しのひみつ2017/11/15(水) 11:56:39.49ID:utz2SqMB
>>111
空間内の移動(運動)をしているならば、地球から離れる遠方銀河だけでなく、地球に近付いて青方偏位する遠方銀河もあるはずである。

しかし観測では、地球の全方位で銀河が遠ざかっている。

つまり運動という移動をしているのではなく、空間そのものが膨張して遠ざかっているということが導き出される

113名無しのひみつ2017/11/15(水) 12:06:09.88ID:utz2SqMB
つまり、膨張により遠ざかっているから地球に届く光は赤方偏移しているが、
運動による移動で遠ざかっているわけではない。

慣性で移動しているだけなら加速するはずもなく、宇宙の重心点への重力も働くので減速するはずである。
しかし観測では加速膨張している

114名無しのひみつ2017/11/15(水) 12:10:02.47ID:utz2SqMB
空間が膨張しなかったら、重力加速度に対抗する力が無く、宇宙は収縮に転じてしまう。
つまりビッグクランチ。一点に収縮。

膨張は宇宙が存在し続ける為には必須なのである。
そしてその膨張力(斥力)は、絶妙なバランスであるらしいことが近年の研究で提唱されている

115名無しのひみつ2017/11/15(水) 12:10:03.64ID:oAGxP1ww
>>104
最も遠い銀河が 光速を超えて遠ざかっていくのが認められてるのに なんでインフレーション理論で 空間が光速を超えて 伸張するのが認められないのか 筋が通らないだろ

116名無しのひみつ2017/11/15(水) 13:01:05.64ID:L7Q1qE2o
>>115
大きさと慣性系の問題ですよ

現在の宇宙の果てが相対的に光速以上で広がっても、慣性系が違うのだから問題ない
中心(自分)から見て137光年のかなたは、すでに慣性系が違うので、そこから見た宇宙の中心の反対側が光速で遠ざかっていても相対論的には問題ない
だから巨大な宇宙が現在膨張していても問題ない

しかしビッグバン直後、宇宙の大きさが半径1光秒しかない大きさの時に、中心から見た1光秒先が超光速で遠ざかるのはおかしい
と言っているのです

117名無しのひみつ2017/11/15(水) 13:07:54.95ID:oAGxP1ww
>>116
137億光年でも1光秒でも 本質的な違いは感じないけど
すべては インフラトンの 真空エネルギーのせいだで済まそうよ

118名無しのひみつ2017/11/15(水) 13:22:53.51ID:L7Q1qE2o
>>117
どうにも佐藤先生の「真空のエネルギー」は受け入れられない…
あの先生、最近はすっかり宗教じみてきたし

119名無しのひみつ2017/11/15(水) 13:58:40.05ID:2aybzZAs
>>114
つまりボールを投げ上げたが地上との空間が膨張しているためボールは落ちてこないということだな。
このような空間で成り立つ力学はあるのか?

120名無しのひみつ2017/11/15(水) 16:03:36.12ID:utz2SqMB
>>116
1光秒も100億年も違いは無い。
人間のスケールで見れば1秒は一瞬に感じるが、ミクロの視点で見れば途方もない時間になる。

そして宇宙に中心など存在しない。
あえて中心を定義するなら宇宙全てが中心。あなた自身も宇宙の中心である。

121名無しのひみつ2017/11/15(水) 16:20:47.46ID:utz2SqMB
>>119
現在は137億光年先で毎年1光年ずつ離れていきますから、地球と太陽(8分20光秒)、地球と月(1.2光秒)で膨張により遠ざかる速度を検出するのは不可能です。

122名無しのひみつ2017/11/15(水) 17:02:43.50ID:utz2SqMB
>>116
スティーブン・ホーキングらは
宇宙の晴れ上がりまでのインフレーション期は、虚時間が流れていたと説いている。

まだ転相移を繰り返し物理法則が違う世界だから時間軸が違っても不思議ではない。
http://www1.fctv.ne.jp/~ken-yao/gif/born2.gif
https://www2.newtonpress.co.jp/search2/sample/img_mhtm/m1999/m199901/m199901p072.html

123名無しのひみつ2017/11/15(水) 17:03:29.21ID:utz2SqMB
虚時間とは、存在しない時間のことだ

124名無しのひみつ2017/11/15(水) 17:05:53.10ID:utz2SqMB
あと、多くの日本語サイトも間違っているが、
ビッグバンの定義は、インフレーション後の宇宙の晴れ上がり時

インフレーションはビッグバンの前に起きている

125名無しのひみつ2017/11/15(水) 20:01:57.34ID:+TW25g5S
>>122
そこまで出鱈目な空間ならば、宇宙の多少の物質アンバランスなど、どうということは無いな

126名無しのひみつ2017/11/16(木) 14:41:57.87ID:QiU/xmwy
>>124
そうだよね。でも科学読み物書いてる学者の本でも、宇宙発生をビッグバンって書いてる人もいた。(誤訳かな、と思ったけどw)
ビッグバンの定義にこだわる学者は、ちゃんと宇宙発生後のある時点って書いてたけど。

127名無しのひみつ2017/11/16(木) 14:43:52.84ID:QiU/xmwy
>>123
似た性質の違う軸があってもいいじゃん。

電磁気の波動方程式だと、磁場と電場のカーブのどちらかを虚数軸にするとすんなり解ける。
町工場のおじさんも、もはや紙で計算することはないけど、知識としては知ってる人が多いはず。

128よっちゃん2017/11/16(木) 14:52:46.47ID:Xf3gq/xY
ソクラテス・プラトン・アリストテレス その他
https://ameblo.jp/syoshinoris/entry-12328488611.html
Ten billion years ago DIVISION By ZERO:
https://www.facebook.com/notes/yoshinori-saito/ten-billion-years-ago-division-by-zero/1930645683923690/


One hundred million years ago DIVISION By ZERO
https://www.facebook.com/notes/yoshinori-saito/one-hundred-million-years-ago-division-by-zero/1930641713924087/

1/0=0、0/0=0、z/0=0
http://ameblo.jp/syoshinoris/entry-12276045402.html

1/0=0、0/0=0、z/0=0
http://ameblo.jp/syoshinoris/entry-12263708422.html

1/0=0、0/0=0、z/0=0
http://ameblo.jp/syoshinoris/entry-12272721615.html

再生核研究所声明371(2017.6.27)ゼロ除算の講演― 国際会議 https://sites.google.com/site/sandrapinelas/icddea-2017 報告

129名無しのひみつ2017/11/16(木) 18:55:53.70ID:0ODq9O+b
>>15
お前の頭もパカっと割れろ

130名無しのひみつ2017/11/17(金) 12:29:04.91ID:/2q4rr1y
実際存在してる訳でw
最初からやり直し

131名無しのひみつ2017/11/17(金) 13:11:54.22ID:8SHuDmMk
有の反対が無であるなら有=物質、無=反物質、となってしまう
しかし物質が100%エネルギーに変換されると無とエネルギーが生成される
エネルギーは空間を生成し、物質を拡散、変換効率は0.00001%以下(適当)
まで落ち、それに比例して時間が伸びる
結果として物質の時間は止まり、そのエネルギーを内部に留めるに至った
細かい話は置いておいてまず事実を事実として受け止める努力をすべきだと思う
こんな事じゃあと100年で人類は滅ぶよ

132名無しのひみつ2017/11/17(金) 14:47:36.16ID:4kwkrbHN
>>130
最初から存在していない
在るのは情報だけ

133名無しのひみつ2017/11/17(金) 14:51:49.40ID:vPDJlV3L
反物質と物質は少しズレた位置にあるから対称ではないです
対称ではないから消滅せずに物質が残ったんです
いま、反物質は物質の中に存在します

134名無しのひみつ2017/11/17(金) 14:53:53.88ID:vPDJlV3L
となりあっていないから消滅しません
対消滅しません

135名無しのひみつ2017/11/17(金) 17:26:29.25ID:0Q+TqgAa
半物質はバクテリアが分解してしまいました

136名無しのひみつ2017/11/17(金) 18:06:01.32ID:lI92rK0t
高次元に存在してんじゃないの

137名無しのひみつ2017/11/17(金) 18:17:56.73ID:4kwkrbHN
>>135
人間の遺伝子は、99%がバクテリア由来

138名無しのひみつ2017/11/17(金) 19:44:39.91ID:o7DPEGAU
>>132
情報をどうやって表す?どうやって伝える?どうやって保存する?

139名無しのひみつ2017/11/17(金) 20:07:41.70ID:4kwkrbHN
>>138
表す必要がない
伝える必要がない
保存する必要がない

140名無しのひみつ2017/11/17(金) 20:10:03.59ID:4kwkrbHN
生命体も無機物も同じ物質だ
生命体と無機物の違いは、情報を操るか否かの違いだけ

141名無しのひみつ2017/11/17(金) 20:20:43.13ID:o7DPEGAU
>>140
物質?情報はどこ行った?  

結局物質じゃん。高校中退かよwww

142名無しのひみつ2017/11/17(金) 20:21:24.01ID:9AWdTeX2
で、
従来の装置よりも測定値が9ケタ多い精度での測定が可能なもの。実際にこれまで存在していた最も精度の高い装置の、
350倍もの精度で磁性を測定できるものとなっていました。

↑これは本当に高精度なの?

例えば無限に対する100兆光年って多いの?少ないの?という根本的なことが今の既成概念は欠落してるよね
そんなの多いに決まってるでしょ、常識です、屁理屈言うなというのは実務レベル以降では止めるべきだと思う

143名無しのひみつ2017/11/17(金) 20:42:09.17ID:/vMqVq8T
 


宇宙創成時にエネルギーがあった、はおかしい。

エネルギーもなにもかも附合が逆のマイナス宇宙創成が

こっちから観測できない別のどこかで同時に生じてないとね。


 

144名無しのひみつ2017/11/17(金) 20:55:02.62ID:4kwkrbHN
>>141
アホ

145名無しのひみつ2017/11/17(金) 20:57:06.42ID:4kwkrbHN
>>143
それがインフレーション理論のトンネル効果でしょ。

146名無しのひみつ2017/11/17(金) 21:13:43.47ID:YuDcpaKT
反日もあっという間に消滅してあとには日本が残るのです

147名無しのひみつ2017/11/17(金) 21:27:54.08ID:tgyOyafo
この世は空だなやはり。目に見えてるからといってそれが存在しているわけではない。仏教すげえわ。哲学と科学は裏表だ。

148名無しのひみつ2017/11/17(金) 22:41:19.11ID:/qp1yoXC
日本で自動車を調査すると右ハンドルのものが多いのも
おかしいという結論にならんかね。
ヒトに右利きが多いとか、心臓が左側にあるのが多いのも
けしからんということにはならんかね。

149名無しのひみつ2017/11/18(土) 00:32:49.25ID:35RreG35
反物質なんてねーよ、バカヤロー!

150名無しのひみつ2017/11/18(土) 07:52:22.45ID:CPE+ZizH
釈迦とかこの世のVRを完全に見抜いてたよな
当時それを表す言葉がなかっただけで

151名無しのひみつ2017/11/18(土) 09:03:50.02ID:3tMdr89O
釈迦は”業”といってヒトがなかば遺伝子によって操られた
存在であることをうすうす知っていたかのようである。

そのことを自覚することで、遺伝子に操られずに
理性に基づいた行動を提案していると思える。

152名無しのひみつ2017/11/18(土) 09:37:27.05ID:wgoSkwji
とりあえずテレザート星に行ってみたら?

153名無しのひみつ2017/11/19(日) 16:46:40.97ID:Q5Mc6ncY
   放 射 能 の 正 体 は ダ ー ク マ タ ー


この講演でも言っていましたが、
核エネルギーは、人類では制御できるものではないと言っていました。
福島のことは、まさにそれを見せてくれています。
その放射能の影響が、アルツハイマー病に、現れているとも言っていました。

それと、この講演で、個人的に、一番気になったのは、
この物質界は、個体、液体、気体でなっていると言われているけれども、
ほんとうは、エーテル体というレベルが、あるそうです。
火星人とか、金星人は、そのエーテル体なので、人類には、見えなそうです。

そのエーテル体が、宇宙物理学で言われている、
ダークマターのことだというのが、一番ビックリしました。
今まで、わけのわからない、理論上だけのものだ思っていた、エーテル体と、
ダークマターがこんなところで、結びつきました。
これは、すごいです。それで、妙に納得できました。

マイトLーヤという救世主が現れて、
新しい秩序に導いてくれるということですが、本当に楽しみです。
でも、そうなるのは、まだ10年では、難しそうです。
もし今現れても、偶像崇拝されるだけです。
そうならないような、社会情勢になるのは、20年以上先でしょうか。
http://humanspace.exblog.jp/24407694/


   エ ー テ ル 視 力 を 持 つ 子 供 た ち


2歳を過ぎたころ

「放射能があるから砂は触れない」
「葉っぱは触っちゃだめ」

→りうなちゃんは去年の暮れ、脳腫瘍のために亡くなった。
https://twitter.com/Tom oyaMorishita/status/648628684748816384

いま既に、新しい時代のために適応した子供たちがよりたくさん生まれてくる時期に入っています。
lutefl/kxz1kf/r7dugh
今後ますます、エーテル視力をすでに発達させた子供たちが転生してくるでしょう。それは眼の発達です。
swl9d8/pzytyf/88eb4r
Q UFOを見ることができますか。
A それはエーテル視力を持つ子供たちがどんどん生まれてくるにつれて次第に生じるでしょう。
swl9d8/04zpzf/98tohe
核エネルギーの放出が起こるのはエーテル・レベルであり、
それはかつて地球上で起こった最も致命的なエネルギーの放出です。
swl9d8/ndshrf/p75kwp

154名無しのひみつ2017/11/20(月) 06:33:21.11ID:GYHcV2it
 


>>145

>>1ではそんな仮説は導入されていない。


 

155名無しのひみつ2017/11/21(火) 22:08:04.58ID:YUZ8t+MA
宇宙のこのあたりでは粒子反粒子の対称性が自発的に破れているんじゃないのかな。

156名無しのひみつ2017/11/21(火) 22:09:26.12ID:gq4g0TPM
「自発的」て、どういう意味?

新着レスの表示
レスを投稿する