【ゲオ】店舗レンタルpart78【GEO】 [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1無料クーポン羨ましい2017/08/03(木) 18:32:23.97ID:b4mE6t5V
前スレッド
【ゲオ】店舗レンタルpart77【GEO】
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/rental/1501121875/

273名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:34:48.81ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

274名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:35:00.33ID:iDw6X6wU
qw

275名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:35:02.34ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

276名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:35:15.71ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

277名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:35:31.19ID:iDw6X6wU
er

278名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:35:43.78ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

279名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:36:24.31ID:iDw6X6wU

280名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:36:32.99ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

281名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:36:39.79ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

282名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:36:55.09ID:iDw6X6wU
a

283名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:36:57.67ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

284名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:37:10.58ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

285名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:37:14.06ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

286名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:37:25.97ID:iDw6X6wU

287名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:37:41.51ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

288名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:37:56.95ID:iDw6X6wU
i

289名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:38:04.93ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

290名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:38:12.36ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

291名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:38:27.78ID:iDw6X6wU

292名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:38:31.04ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

293名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:38:43.32ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

294名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:38:47.99ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

295名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:38:58.71ID:iDw6X6wU
u

296名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:39:25.58ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

297名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:39:58.81ID:iDw6X6wU

298名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:40:08.13ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

299名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:40:14.21ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

300名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:40:29.60ID:iDw6X6wU
ga

301名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:40:33.45ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

302名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:40:45.10ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

303名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:40:50.48ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

304名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:41:00.43ID:iDw6X6wU

305名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:41:15.92ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

306名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:41:15.94ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

307名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:41:31.31ID:iDw6X6wU
gi

308名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:41:46.79ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

309名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:42:00.76ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

310名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:42:02.36ID:iDw6X6wU

311名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:42:17.71ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

312名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:42:33.12ID:iDw6X6wU
gu

313名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:42:48.58ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

314名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:43:04.11ID:iDw6X6wU

315名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:43:05.40ID:CwvXczfl
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

316名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:43:19.37ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

317名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:43:34.88ID:iDw6X6wU
ge

318名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:44:22.56ID:iDw6X6wU

319名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:44:37.60ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

320名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:44:53.08ID:iDw6X6wU

321名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:45:08.66ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

322名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:45:24.24ID:iDw6X6wU

323名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/29(水) 14:45:39.66ID:iDw6X6wU
ゲオホールディングスは、中古携帯電話の売買を手掛ける子会社のゲオがスマートフォンの大量仕入れ(買取)・商品の再生とEC化率を向上するため
「名古屋プロセスセンター」の本格稼働を始めた。24日、報道陣向けに同センターの内覧会が開催された。
名古屋プロセスセンターは、1億円を投じて愛知県名古屋市に開設された、延べ床面積4360平方メートル(1379坪)、
オフィス区画と個人識別ICカードにより入退室が管理された高セキュリティー区画を擁するゲオのモバイル事業の中核施設。
ゲオでは全国のゲオショップと、同グループで幅広い中古商品を手掛けるリユースショップ・セカンドストリートで携帯電話の買取を行っている。
従来はこれら店舗で仕入れ(買取)た中古携帯電話を全国4拠点(携帯電話部門の拠点数、総合リサイクル拠点がさらに2か所)にある「ゲオ流通センター」に送り、
携帯電話内の個人情報を消去、検査、商品化し、再び仕入れた店舗に出荷していた。
名古屋プロセスセンターではそれらの機能に加え、法人からの大量仕入れ、宅配買取にも対応し、
EC専門組織が常駐することで、プロセスセンターからゲオモバイルのオンラインストアを通じてインターネットで中古携帯電話を販売できる施設となっている。
買取から商品の再生、EC機能の集約・一元化ができたことで、従来は中古携帯電話の買取後、店頭で販売するまで4週間ほどかかっていたが、
名古屋プロセスセンターでは商品のセンター到着後、最短2週間ほどでオンラインストアで販売できるという。
名古屋プロセスセンターはEコマース事業の強化となる。センターの商品はオンラインストア「ゲオモバイル」で販売され、宅配買取も行っている。
梱包材が送られ集荷されるので利用者は在宅のままでよく、この買取品はプロセスセンターへと送られる。
またゲオでは30店舗でiPhoneの修理も行っているが、ゲオモバイルからネット予約が可能。部品が足りずに修理ができないといった事態を避けられる。
携帯電話の下取り(買取)について、2016年9月にゲオアプリのユーザーにアンケートを行い、1万7274人から回答を得た。
さらに2017年5月にアンケートを行ったところ、7860人が回答し、下取りに踏み切れない理由として、男女ともに個人情報が心配だから、がトップとなった。
そんな消費者の不安を解消するため、従来から全国に4拠点の流通センターを設け、今回名古屋プロセスセンターも加わった。
現在のゲオのモバイル事業においてECサイトを通した中古携帯電話の販売・EC化率は、2016年度で全体の4.9%だが、
名古屋プロセスセンターが一部稼働し始めた4月には6.1%に、そしてこの8月には13.7%に達する見込み。
冒頭述べた通り、名古屋プロセスセンターは8月に本格稼働が始まっているが、4月から4か月間、準備期間として一部稼働し、後述のデータ消去などの業務を行っている。
名古屋プロセスセンターの役割はさらに広く、大口の社外取引と、ECサイトを通じた取引が加わる。
まず買取で仕入れた携帯電話は高セキュリティー区画の仕入品ラインへと送られる。ここでデータ消去ソフトを使用し、携帯電話の個人情報を消去する。
ソフトはiPhoneとAndroidスマートフォンは政府機関でも採用されている「blancco(ブランコ)」、ガラケー(フィーチャーフォン)は「Re-secure(リセキュア)」を使用。
なおガラケーの取扱いは全体の1割程度で、見学時はスマホのみがデータを消去されていた。
各携帯電話にはゲオが発行している管理用シールが貼られており、13ケタの番号とIMEI(携帯電話の識別番号)を紐付けし、データの消去履歴が残っている。
データを消去していなければ、そもそも売ることができない仕組みとなっている。   
検品ではblaancoの検品用アプリを携帯電話にインストールし、動作テストを行う。  
なおこのあと中古携帯電話をクリーニングするのだが、これはデータ消去をしていることもあり、社外取引先で行っているとのこと。
作業ラインはブルーとオレンジに色分けされている。ブルーは通常の買取品を扱い、オレンジでは事故品、クレームなどで店舗から送られてきた携帯電話を扱っている。
さらにフロアには携帯電話だけでなく、パソコンのラインもあり、携帯電話と同じくデータ消去・リカバリを行い商品化している。
パソコンの買取販売はゲオショップではなく、同グループのセカンドストリートで行っている。
ECコマースフロアもあり、ネットを通じて買い取った携帯電話の査定が行われる。                                                       
査定結果を販売したユーザーに案内、了承を得られるとゲオの在庫となり、検品され、前述の高セキュリティー区画のデータ消去ラインへと送られる。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています