【G7】貿易戦争はひとまず棚上げ? 他国による選挙干渉阻止で協調へ[06/09]

1しじみ ★2018/06/11(月) 09:22:20.36ID:CAP_USER
カナダのシャルルボワで8日から2日間の日程で始まった主要7カ国首脳会議(G7サミット)が、
他国による選挙干渉の阻止に向けて情報を共有し、
インターネットプロバイダーやソーシャルメディア企業と連携していく方針で一致する見通しであることが分かった。
ロイターがコミットメント声明草案を確認した。

米国や一部欧州連合(EU)の選挙へのロシアによる介入疑惑をほのめかす内容となっている。

草案によると、議長国カナダ、米国、日本、英国、イタリア、ドイツ、フランスの7カ国は情報や分析の共有、
協調対応の模索などを通じ、迅速なリスクの認識および対応を可能とするメカニズムを創設することで合意。さらに他国による情報技術の悪用への対応では、インターネットプロバイダーやソーシャルメディア企業と直接連携していく方針でも一致した。

また、政党や政治広告の資金の流れについて透明性を向上することや、
個人情報の悪用やプライバシーの侵害の防止を確実にすることでも合意する見通し。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2018/06/reuter_20180609_120127-thumb-720xauto.jpg

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/g7-6.php

2七つの海の名無しさん2018/06/11(月) 09:23:48.43ID:h/3OSAm4
だんだん名無しさん(anonymous)排除になるん?

3七つの海の名無しさん2018/06/11(月) 09:43:09.60ID:kpRFQC1s
こいつは対外圧力で内政問題を反故にしようとしてるだけ。
メキシコの壁はどうなった?作れんのか?www
自分が発言したことが実現できないから言い事聞きそうな弱い奴を狙い撃ちにして自分の都合のいいように利用してるだけ。
こんな奴とまともに付き合うのは馬鹿のやること。

4七つの海の名無しさん2018/06/11(月) 09:56:09.19ID:u+ehm7zc
貿易戦争棚上げなんか言ったっけか?トランプは認めてないでそ
それどころか、返す刀でG7にロシアを入れるよう、中国も加えるよう言ったが
イタリアしかロシア加えるのは同調せず、G7全てに不満もったままカナダを後にした

この分だと不満抱えたトランプが来年のG7出席見送りで、ロシア中国アメリカのビッグ3巨頭会談〜G3〜定常化に
走るかもしれんよw 

まさかwと思うだろうが、そもそもトランプは民主主義とか頭から信じてないし(自分を「アメリカの王」だと信じてるだろう)
軍事と経済併せもったビッグパワーしか世界の解決法は無いと思ってる風があるからねぇ

トランプにとって小うるさい原則を主張する欧州など、もはや邪魔者に見えてるだろうな
日本にもアメポチ辞めるつもりなら同じ扱いになる(実際その日に「日本のプルトニウム生産・所持は到底許されない」と吐き捨てたし)

特に欧州には不満あるだけに、NATOへの関与も辞めると宣言する可能性さえある
もはや米欧日同盟は風前の灯だろう。中間選挙で共和党が圧勝するならば、世界は「米中ロ vs 欧日」になるかもな(ゲラ)

5七つの海の名無しさん2018/06/11(月) 10:03:52.94ID:S2zh4ZhA
これで、スペインの独立問題の選挙結果がどうなろうと、EU諸国は干渉できなくなったね。

6七つの海の名無しさん2018/06/11(月) 10:04:46.02ID:F+V/QryY

7七つの海の名無しさん2018/06/11(月) 10:05:42.78ID:BKgQNnq9
こうなると 
米国抜きの戦略を考えるしかないんだよね
それにしても米国の存在はでかい

8七つの海の名無しさん2018/06/11(月) 10:55:59.00ID:IeI8h6SJ
>>3 対外圧力で内政問題を反故にしようとしてるだけ

まず、思い出そう。
先の大統領選挙で、トランプが勝つことを予想できなかった「評論家」や「マスコミ」のトランプ評など、眉唾ものだよ。

トランプは、米国中西部の中流層及びユダヤ系を支持母体とし、その利益を主張してきた。
そこに一点のブレも無いのに、言葉尻に振り回される日本のマスコミなどが、「気まぐれ」だの「行き当たりバッタリ」などと、トンチンカンな事を言ってきただけだ。

メキシコとの壁がパフォーマンスであることなど、多くの人間はわかったうえで投票していた。
(まるで人種を隔てる壁を新設するかのような報道が日本(とくに在日系マスコミ)では多いけど、
そもそも新設ではなく、既に国境に壁や柵はあるし、それを高くて頑丈なものに交換するという意味で、こんなこと米国人の常識。
そして、米国の有権者は、その予算をメキシコが出すわけねえなとわかったうえで、トランプのこの発言に拍手を送った。
米国の中西部の中堅層は、子供じゃないんだから。)

貿易関係も、アメリカ中西部の経済を活性化させる策を講じてるだけ。
今後、関税競争などが激化して、中西部に影響が出るようなら、簡単に譲歩するだろう。
トランプは、そんなもん、ブラフと妥協という、交渉術の一部としか思ってないはずだ。
米国民も「取引」とはどういうものか、日本のマスコミより理解が大人だよ。

ユダヤ系の利益については、現実に深刻化が進んでいるイスラエルの危機を救うこと。
それは、イランとシリアの脅威だよ。
さっさと北を片づけて、本格的にイランに本格的な軍事圧力をかけ、シリアを後押しするロシアをけん制したいはず。

日本の自称「アメリカ通」が言うような、北朝鮮のことを中間選挙の点数稼ぎにするなど、トランプは考えていない。
この問題は、中西部の中流層の関心が低いからだ。
北のことは、米国の差し迫った危機の回避、そして各関連ノウハウのイランへの流出防止が最大の狙いだ。
そして米朝対談は、うまくいけば外交上の得点になるが、むしろ、最悪、戦争となったときに備えるもの。
「最大限の外交努力をした」という言い訳作りに決まってる。

トランプのマスコミを煙に巻くような発言に振り回されるのは、おバカな日本のマスコミと同じレベルのおバカということ。

9七つの海の名無しさん2018/06/11(月) 14:54:42.19ID:QOEjyJgF
>>8
そんでいいと思うよ。
ただブラフが過ぎやしませんかってことではないだろうか。

10七つの海の名無しさん2018/06/12(火) 01:42:15.56ID:bJ7Ik41T
森田実政治日誌 郵政民営化はウォール街のためか
   2005年8月10日より一部転載

米国通の友人H氏から、『ウォールストリート・ジャーナル』2005年8月8日号の
インターネット版記事の一部が送られてきた。
『ウォールストリート・ジャーナル』は「郵政民営化法案は廃案となったが、これは
手取りの時期が少し延びたに過ぎない。ほんの少し待てば、われわれは3兆ドルを
手に入れることができる」との見方を述べている。
3兆ドルとは、国民が郵政公社に預けている350兆円のことである。ウォール街は、
9月11日の総選挙で小泉首相が勝利し、総選挙後の特別国会で郵政法案を再提出し、
成立させると信じているようである。
H氏によると、これを確実にするため、ウォール街は、多額の広告費を日本に投入し、
日本のテレビを動員して、日本国民をマインドコントロールして、小泉首相を大勝
利させる方向に動いている。

「多額の広告費はどのくらいか?」と聞くと、「とにかくケタ違いの金額のようだ。
いままで投入した広告費の10倍を投入してもかまわない、と考えている。
350兆円を得るために、その1〜2%を使ってもよいと考えているようです。」

(中略)全地上波キー局が小泉自民党の宣伝機関になり、小泉ヨイショ報道に
狂奔している。これにより日本国民をして小泉を支持させて、小泉を英雄にし、
独裁者にしようと狙っている。

(中略)民放テレビ局員も、米国のマインドコントロールのもとで、日本国民を
地獄に落とすためのウォール街の策動に喜んで協力し、テレビ報道を通じて
日本国を米国の従属国にしようとしている。

   (転載了)

小泉・竹中がその存在を国民にはひた隠しにしていた「対日年次改革要望書」や
直接の綿密な打ち合わせ等によりアメリカからの要請に沿う形で進めた金融
経済政策は、要約すると、

@日本は緊縮財政をおこない、米国債投資を増やすこと。デフレは継続すること
(日本の預貯金を日本で使わせないで米国債へ投資させる為)

A合わせて外資による日本企業の買収を促進させる環境を整えること。
商法改正し、国境を越えた企業買収における三角合併の認可、銀行を弱体化させ、
株価暴落への市場誘導をおこなう

B世界でも有数の資金量を誇る郵政公社を民営化して、それをアメリカ資本に買収させる

C新自由主義・市場原理主義にしたがって日本の経済社会体制や労働環境
(非正規雇用の促進等)、日本人の思考様式までありとあらゆる領域を総合的に
改造し、日本本来の経済力をその底で支えている社会生活基盤を疲弊させて、
アメリカ資本の収奪しやすい環境を整えること

などとなるだろう。Cの「ありとあらゆる領域」というのがミソだ。
それが安倍政権、TPPだ。

新着レスの表示
レスを投稿する