★正力マイクロ波事件★

1文責・名無しさん2018/05/29(火) 05:50:39.85ID:HaGevrFd0
正力マイクロ波事件

アメリカの対日政策転換期(逆コース当時)に中央情報局(CIA)が、国務省及びアメリカ対日協議会の橋渡しを得て、
世界銀行より正力松太郎へ1000万ドルの巨額資金の融資斡旋を企てたことで知られる。その資金で日本における多目的のマイクロ波通信網を正力が設置するが、
技術面を含めて一切はアメリカが主導するという筋書きである(背景は後述)。名目は正力が運営するテレビ局の放送中継のマイクロ波中継リレー網であった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%8A%9B%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E6%B3%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6

2文責・名無しさん2018/05/29(火) 06:04:37.72ID:HaGevrFd0
正力構想 および 正力マイクロ波事件


https://blogs.yahoo.co.jp/vrc89/65874611.html

3文責・名無しさん2018/05/29(火) 06:14:43.06ID:HaGevrFd0
正力マイクロ波事件初に放送を開始したのはNHKであった。NHKも当初は自前でマイクロ回線を運用していたものの、電電公社が回線を運用し始めると自前回線を廃して電電公社回線に切り替えた。
脚注
執筆の途中です この項目は、日本の歴史に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:歴史/P:歴史学/PJ日本史)。
https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E6%AD%A3%E5%8A%9B%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E6%B3%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6_%E6%AD%A3%E5%8A%9B%E6%A7%8B%E6%83%B3

4文責・名無しさん2018/05/29(火) 06:18:35.57ID:HaGevrFd0
正力マイクロ波事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/04 14:41 UTC 版)
正力構想

柴田・ムント会談の結果、その年の8月22日にアメリカの通信技術の専門家3名が来日する。公職追放が解除された正力は翌年の1952年9月4日の読売新聞にマイクロ波中継構想を公表する。
後に構想は二転三転するが、骨子としては「日本の山頂にアンテナを設置して(マウンテン・トップ方式)中継システムを構築。
東京から日本中にテレビ放送を広げる。余った帯域分は日本電信電話公社(電電公社)に貸与して長距離通信網やデータ通信に利用してもらう」といった内容である。
10月に正力は日本テレビ放送網(NTV)の開局免許の申請を委員会へ提出した。CIAの命名した作戦名「ポダルトン」(Podalton)とはNTVのコードネームである。
マイクロ中継回線

マイクロ中継回線は、イギリスのSTC(Standard Telephones and Cables)社の技術導入、日本電気と電気通信開発所が国産送信機を、三菱電機がアンテナを開発したことにより、
日本電信電話公社(以下『電電公社』)が東京 - 名古屋 - 大阪間に完成した(1953年8月着工、1954年4月15日完成)。
詳細は「NTT中継回線」を参照
その他

日本初のテレビ局予備免許は日本テレビに下りたものの、結局最初に放送を開始したのはNHKであった。NHKも当初は自前でマイクロ回線を運用していたものの、電電公社が回線を運用し始めると自前回線を廃して電電公社回線に切り替えた。
https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E6%AD%A3%E5%8A%9B%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E6%B3%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6_%E6%AD%A3%E5%8A%9B%E6%A7%8B%E6%83%B3

5文責・名無しさん2018/05/29(火) 06:46:42.42ID:HaGevrFd0
正力松太郎の「マイクロ波通信網構想」 
               (世界戦略情報「みち」平成24年(2672)5月15日第360号) 

●そもそもの始まりは、正力松太郎が今日の孫正義に象徴されるような「メディア王路線」を戦後間もない時期にいち早く突っ走ろうとしたことにある。
その具体化案が「マイクロ波通信網」の建設と、それを利用した総合通信事業の開拓であった。
 音声や映像、文字などの情報を大量に高品質で伝送することができるこの「マイクロ波通信網」を張りめぐらせば、テレビやラジオなどのマス・メディアを始めとして、
軍事・民生両用のファクシミリ通信や電話、警察無線、列車通信、自動車通信などの多重通信サービスが可能となる。
正力は通信網を日本のみならず東アジア全域に建設しアジア全域の通信事業を牛耳ろうという構想を抱いたのだ。すなわちそれは、
現在と将来のあらゆるメディアを手中に収めて「アジアのメディア王」たらんとする野望であった。
http://michi01.com/tendoh/360ktg26720515.html

6文責・名無しさん2018/05/29(火) 07:05:31.27ID:HaGevrFd0
『日本テレビとCIA』を書き終えたあとわかった事実

http://www.f.waseda.jp/tarima/pressrelease.htm

7文責・名無しさん2018/05/29(火) 07:25:31.60ID:HaGevrFd0
マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達


https://www.youtube.com/watch?v=EJluXfJQCuk

8文責・名無しさん2018/05/29(火) 07:26:34.68ID:HaGevrFd0
■技術情報まとめ。

■超音波ビームで「ねらい定めて」音を伝える新技術【音声送信(音)】
http://wired.jp/2002/02/25/超音波ビームで「ねらい定めて」音を伝える新技/ 
 
■「心を読み取るシステム」:脳にある視覚情報の解読に成功【視覚盗聴】
http://wired.jp/2008/03/10/「心を読み取るシステム」:脳にある視覚情報の/ 
 
■米陸軍「脳内で音声を発生させる技術」ウェブページの謎【音声送信(電)】
http://wired.jp/2008/05/13/米陸軍「脳内で音声を発生させる技術」ウェブペ/
 
■「脳から特定の記憶を消去」に成功:タンパク質の操作/マイクロ波等の照射が記憶に影響【記憶消去】
http://wired.jp/2008/11/01/「脳から特定の記憶を消去」に成功:タンパク質/ 
 
■「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも【電磁波犯罪を規制する法律】
http://wired.jp/2009/07/06/「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービス/ 
 
■脳にニセの映像を植え付ける方法、日本の科学者たちが実証する【記憶捏造】
http://wired.jp/2016/07/22/impiantare-false-memorie/

■2013.09.01. 念じるだけで他人の体を動かすことができる情報伝達に成功
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52138827.html

■脳コミュニケーションの時代到来か? ― 驚異の科学的読心術、心の先読みも
http://tocana.jp/2014/11/post_5125_entry.html

■ネット経由の脳インターフェースで他人の体を遠隔操作、米大学研究者が成功
http://japanese.engadget.com/2014/11/08/b2b/

■脳への電気的刺激で意識をスイッチのようにオン・オフできることが判明
http://gigazine.net/news/20140710-on-off-switch-brain/

9文責・名無しさん2018/05/29(火) 07:33:18.42ID:HaGevrFd0
読売新聞、日本テレビとアメリカCIAの関係 正力松太郎というCIA工作員。洗脳政策と日本人弱体化

https://www.youtube.com/watch?v=Y4UZi0Dqnbo

10文責・名無しさん2018/06/09(土) 07:16:50.60ID:Ht2Z9d3a0
特定秘密保護法に指定されましたが、警察は衛星画像を捜査に使ってます

新着レスの表示
レスを投稿する