必殺仕事人III

1名乗る程の者ではござらん2012/07/05(木) 12:22:08.67ID:9Nrl0LhA
『必殺仕事人III』(ひっさつしごとにんスリー)は、必殺シリーズの第19弾として、朝日放送(ABC)と
京都映画撮影所(現・株式会社松竹京都撮影所)が制作し、1982年10月8日から1983年7月1日にかけて
テレビ朝日系列で放映された時代劇。全38回。
藤田まこと演じる中村主水シリーズの第9弾であり、「必殺仕事人」シリーズの第3作目でもある。

89名乗る程の者ではござらん2015/12/07(月) 11:03:02.32ID:???
映画の5かいな
映画は1か3見たいねんけどあんまやってくれんなあ

90名乗る程の者ではござらん2015/12/08(火) 01:08:13.43ID:e+pckVhU
BSの映画でのりピーが政にお姫様だっこされた時パンティライン出過ぎ

91名乗る程の者ではござらん2015/12/08(火) 11:17:15.68ID:AZYQ8iWD
>>90
できれば画像ください

92憂国の記者(Power to the people!)2015/12/20(日) 15:36:25.21ID:???
毎日が楽しみすぎて。

93名乗る程の者ではござらん2015/12/23(水) 08:14:20.81ID:???
平成生まれの若造ですが必殺現代版SPを最近観てぶっ飛びました
暴走族とはいえ未成年を何人も殺しちゃうとか、
よくこんなの放送出来たな…実に愉快痛快だったけどw

それと冒頭の「大晦日 民放・NHKくらぶれば恥ずかしながらNHKが勝つ」は
爆笑したw
そういう時代だったんですね…まあ今でも紅白が一応大晦日の
視聴率トップなんだろうけど、今ではそこまで紅白だけが圧倒的じゃないと思うし

94名乗る程の者ではござらん2015/12/30(水) 05:14:59.63ID:qzjFePuC
今週の乙サンテレビは、長谷直美やた
俺が若い頃はノーマークやたが
40過ぎてからはストライクゾーン

95名乗る程の者ではござらん2016/01/15(金) 10:50:26.67ID:???
[新]殺しを見たのは受験生「必殺仕事人V」1話〜2話/ニコニコ時代劇
http://live.ni covideo.jp/watch/lv248963859

96名乗る程の者ではござらん2016/03/19(土) 12:49:31.71ID:TrE6fMm9
ニコ生一挙
あるぞ!

97名乗る程の者ではござらん2016/03/21(月) 17:25:50.22ID:NEqe2KSV
一挙、完走ならず。
やっぱり38時間はキツかった。1話毎に休憩が入るのも。
作品自体は大好きなんだけどね。

98名乗る程の者ではござらん2016/05/05(木) 01:44:10.89ID:xyeQ/tGz
筆頭同心田中がカマっぽくなったのはこの頃?
新仕事人の頃は全然違うし、Wではすっかり
なってるし。

99名乗る程の者ではござらん2016/05/05(木) 02:14:03.21ID:ByMEI7R5
>>98
田中様、きっと誰かに掘られてそれで自覚したんだろうなw

100名乗る程の者ではござらん2016/05/05(木) 02:16:00.86ID:oKGXF2G2
新仕事人中盤でオカマ風味に変化してたよ?
内山様が懐かしいや

101名乗る程の者ではござらん2016/06/05(日) 23:48:44.68ID:HhdF3F/+
勇次の昔の仲間が出てくる話が好きです
椿の花が綺麗で印象的
死んだおかみさん、花描かずに人相書き描いた方が大成したかも
うますぎる

102名乗る程の者ではござらん2016/06/14(火) 21:08:47.63ID:FbSc1CvQ
もし、3が順之助じゃなく、壱や弐、銀平だったら、必殺シリーズ最悪のチームワークの集団になってただろうなあ。

103名乗る程の者ではござらん2016/06/18(土) 15:09:54.07ID:mFKvqkqb
爆報フライデーのひかる一平
金八ドラマだけ紹介して、その後俳優としてパッとしなかった、って紹介
必殺も紹介してやれ

104名乗る程の者ではござらん2016/06/19(日) 20:45:34.35ID:oSj53wRA
それはちょっとヒドイなw
Vは30%とか取ってのに

105名乗る程の者ではござらん2016/07/03(日) 19:00:37.66ID:zhSl3oqV
来月からホームドラマchで放送

106名乗る程の者ではござらん2016/07/10(日) 06:34:00.10ID:p15L4CdM
左門さんが、順之助と話してる姿が想像できない。甘ったれた事言ったら、無言で、背骨を真っ二つにするだろうなあ。

107名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!2016/07/10(日) 16:55:58.16ID:Vd7z7IqV
左門さんは秀の甘ったれた言動にもわりと寛容じゃないか
ぶった斬ろうとしたこともあったが

108名乗る程の者ではござらん2016/07/11(月) 22:52:02.11ID:VOTsvOqV
>>107
さすがに、左門さんも、順之助が、今日は塾の試験なので仕事は無理と言ったら、ブチ切れるだろう。左門さん自身の仕事人になった経緯が経緯だけに。

109名乗る程の者ではござらん2016/07/12(火) 05:30:02.62ID:rldbbzfV
左門なら、そんな順之助の胸倉を掴んで
「己にはこの仕事で一生守って行かねばならぬ宝がある。」
「なのに貴様は・・・。」
バシッ☆ ボコボコ・・・

110名乗る程の者ではござらん2016/07/12(火) 16:19:03.13ID:38ClTOwf
そうなると、順之助を無言で消しそうなのは、壱か弐当たりか?特に壱は、ニタッと笑って、首根っこを捻りそう。

111名乗る程の者ではござらん2016/07/13(水) 22:39:20.94ID:6wSfH+cU
壱は吉原をおごると言ったら許してくれそう
あ、でも順之助は岡場所未経験だっけ

112名乗る程の者ではござらん2016/07/14(木) 10:08:48.84ID:2ARMejRR
社会ってのは常に有為転変するものだ。若い連中はそれに合わせて、ちゃんとやっていけるけど、年寄りはそうはいかない。だもんだから「今の若いものは……」なんて批判する。

口で言うだけならまだいいが、伸びる芽まで摘んでしまっちゃ駄目だよね。そうなったら「老害」以外の何物でもないからね。

そう考えたから、俺は第一線から身を引いたんだ。人間、はじめるよりも終りのほうが大事なんだよ。

本田宗一郎

113名乗る程の者ではござらん2017/02/15(水) 12:03:25.46ID:b2X4teOd
明日、2/16からテレ玉で再放送する

114名乗る程の者ではござらん2017/03/22(水) 10:00:15.68ID:fwvVurom
流石に江戸時代に四月馬鹿はねえだろう

115名乗る程の者ではござらん2017/03/24(金) 11:31:22.04ID:4VygMHI7
江戸は広いはずなのにゲストキャラが必ず仕事人全員とどこかで関わり合う狭い世界

116名乗る程の者ではござらん2017/03/24(金) 11:54:59.29ID:4VygMHI7
「暴力塾生にいじめられたのは順之助」で、塾の先生の奥さんをレイプして子供を流産までさせたとはいえ、未成年の不良2人を殺したのはいいのだろうか?

117名乗る程の者ではござらん2017/03/24(金) 13:16:10.70ID:sAWYmXW1
ガキだが元服してる

118名乗る程の者ではござらん2017/03/31(金) 23:49:42.10ID:WRItYOmq
第29話「老眼鏡を買わされたのは主水」で自ら頼み人になった順之助に主水は「これっきりだぞ」と言ったが、仕事人の誰かが頼み人になるのは前にも後にも何回もあるぞ

第30話「スギの花粉症に苦しんだのは主水」で勇次は友人の薬(じつは麻薬)を調べるためになんと秀を訪ねるが当然わかるわけもなく順之助に持っていくことになるのだが、なぜ最初に秀に相談するのか?

119名乗る程の者ではござらん2017/04/20(木) 11:34:40.35ID:+qYJGBWX
「大名になったのは同級生」で透明ドリちゃんが手籠めにされていたぞ

120名乗る程の者ではござらん2017/05/09(火) 14:52:18.02ID:J5Ki+gt3
Vが好きだわ

121名乗る程の者ではござらん2017/06/01(木) 11:32:23.97ID:xmQZgnBh
>>116
明治時代以前は未成年でも元服したら成人。5歳でも8歳でも元服終えたら成人。
20〜30すぎても元服させてもらえなかったら未成年と同じ扱い。

122名乗る程の者ではござらん2017/06/10(土) 08:18:05.59ID:qRP2M7Hb
痛そうな

123名乗る程の者ではござらん2017/06/14(水) 20:41:01.24ID:eRKb+r2P
このメンツでの必殺は見られなくなったな
https://image.space.rakuten.co.jp/lg01/95/0000919795/17/imgca6b8851zik8zj.jpeg

124名乗る程の者ではござらん2017/06/15(木) 19:35:15.26ID:JsLOzl2m
お 現代版だ
時期はVだけど順之助いないから新仕事人現代版だよねこれ

125名乗る程の者ではござらん2017/06/17(土) 18:38:24.99ID:uAiSKTly
>>124
おめぇモグリだろ?
順之助も出てるぜ。
主水と知り合いの予備校生役w

126名乗る程の者ではござらん2017/06/17(土) 18:59:57.08ID:m6tyI7PA
本編には出てないんじゃねえの?
3の前に撮影してたと思う(確か)
合間の宴会にはいたけど>順之助

127名乗る程の者ではござらん2017/07/22(土) 22:11:10.87ID:UAv3Chai
作曲家の平尾昌晃さん死去
https://this.kiji.is/261477450104686077

「瀬戸の花嫁」「よこはま・たそがれ」などのヒット曲で知られる作曲家の平尾昌晃さんが死去。79歳。

128名乗る程の者ではござらん2017/07/22(土) 22:30:38.28ID:UAv3Chai
>>123
そういえば、筆頭同心 田中様の子孫出てたね
ご先祖様はオカマ口調使ってたけど、子孫までオカマ口調が代々、引き継がれてたw

129名乗る程の者ではござらん2017/07/27(木) 21:45:37.83ID:E0xbbAAz
大江山生野の道の遠けれどと田中様が言ったあと、
主水がオカマの姿しばし留めんと言ったら激高したのは
V?Wだったべか?

130名乗る程の者ではござらん2017/08/27(日) 06:22:16.34ID:kvU+SkAe
纏持ちは、お組の伝八〜!!

131名乗る程の者ではござらん2017/12/09(土) 17:07:09.88ID:e+Nbk3aR
おれら極悪非道のsageブラザーズ!
誰もいないスレをsageてやるからな
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   ∧_∧    sage
 (・∀・∩)(∩・∀・)    sage
 (つ  丿 (   ⊂) sage
  ( ヽノ   ヽ/  )   sage
  し(_)   (_)J

132名乗る程の者ではござらん2018/01/07(日) 16:45:48.02ID:z8jHylW2
パチンコはたくさん打ったわV

133名乗る程の者ではござらん2018/03/06(火) 00:07:43.59ID:cRq2FSnh
>>129
今、Vの再放送やってるんだけど、山田五十鈴イラネ
厚化粧で白浮きした弁当箱みたいな巨大大顔面に、ビヤ樽体形 
すぐ三味線弾きたがるけど、十人並み以下で
別に上手くもないし、とにかく、酒かタバコか知らんが、割れたダミ声がもうね
ぶちこわし
鮎川さんみたいな美人で粋な人に演じてほしかったな〜
もっと年増なのでもいいから

134名乗る程の者ではござらん2018/05/09(水) 21:22:58.47ID:7Kb+Gk1t
.

135名乗る程の者ではござらん2018/05/15(火) 19:04:48.24ID:weMYcgtf
.

136宇野壽倫(青戸6-23-21ハイツニュー青戸202号室)の告発2018/05/17(木) 12:41:41.05ID:I5GUZkI3
色川高志(葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸103号室)は今日も仕事をしないで一日中部屋の中にこもっている かなり気色悪い奴なので
周辺住民は要注意 以前話したことがあるのだがこのブサカワ高志は「おま○こ」などと言った卑猥な言葉を連発していた(本当の話)

137名乗る程の者ではござらん2018/05/17(木) 21:37:51.75ID:4rYv0E2N
私はその人を常に先生と呼んでいた。
だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。
これは世間を憚かる遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。

私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執っても心持は同じ事である。
よそよそしい頭文字などはとても使う気にならない。

私が先生と知り合いになったのは鎌倉である。その時私はまだ若々しい書生であった。
暑中休暇を利用して海水浴に行った友達からぜひ来いという端書を受け取ったので、私は多少の金を工面して、出掛ける事にした。
私は金の工面に二、三日を費やした。

ところが私が鎌倉に着いて三日と経たないうちに、私を呼び寄せた友達は、急に国元から帰れという電報を受け取った。
電報には母が病気だからと断ってあったけれども友達はそれを信じなかった。
友達はかねてから国元にいる親たちに勧まない結婚を強いられていた。

彼は現代の習慣からいうと結婚するにはあまり年が若過ぎた。それに肝心の当人が気に入らなかった。
それで夏休みに当然帰るべきところを、わざと避けて東京の近くで遊んでいたのである。
彼は電報を私に見せてどうしようと相談をした。私にはどうしていいか分らなかった。
けれども実際彼の母が病気であるとすれば彼は固より帰るべきはずであった。
それで彼はとうとう帰る事になった。せっかく来た私は一人取り残された。

学校の授業が始まるにはまだ大分日数があるので
鎌倉におってもよし、帰ってもよいという境遇にいた私は、当分元の宿に留まる覚悟をした。
友達は中国のある資産家の息子で金に不自由のない男であったけれども、
学校が学校なのと年が年なので、生活の程度は私とそう変りもしなかった。
したがって一人ぼっちになった私は別に恰好な宿を探す面倒ももたなかったのである。
宿は鎌倉でも辺鄙な方角にあった。玉突きだのアイスクリームだのというハイカラなものには
長い畷を一つ越さなければ手が届かなかった。
車で行っても二十銭は取られた。うわ〜暇だー!
けれども個人の別荘はそこ、ここにいくつでも建てられていた。
それに海へはごく近いので海水浴をやるには至極便利な地位を占めていた。

138名乗る程の者ではござらん2018/05/17(木) 21:38:25.55ID:4rYv0E2N
私はその人を常に先生と呼んでいた。
だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。
これは世間を憚かる遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。

私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執っても心持は同じ事である。
よそよそしい頭文字などはとても使う気にならない。

私が先生と知り合いになったのは鎌倉である。その時私はまだ若々しい書生であった。
暑中休暇を利用して海水浴に行った友達からぜひ来いという端書を受け取ったので、私は多少の金を工面して、出掛ける事にした。
私は金の工面に二、三日を費やした。

ところが私が鎌倉に着いて三日と経たないうちに、私を呼び寄せた友達は、急に国元から帰れという電報を受け取った。
電報には母が病気だからと断ってあったけれども友達はそれを信じなかった。
友達はかねてから国元にいる親たちに勧まない結婚を強いられていた。

彼は現代の習慣からいうと結婚するにはあまり年が若過ぎた。それに肝心の当人が気に入らなかった。
それで夏休みに当然帰るべきところを、わざと避けて東京の近くで遊んでいたのである。
彼は電報を私に見せてどうしようと相談をした。私にはどうしていいか分らなかった。
けれども実際彼の母が病気であるとすれば彼は固より帰るべきはずであった。
それで彼はとうとう帰る事になった。せっかく来た私は一人取り残された。

学校の授業が始まるにはまだ大分日数があるので
鎌倉におってもよし、帰ってもよいという境遇にいた私は、当分元の宿に留まる覚悟をした。
友達は中国のある資産家の息子で金に不自由のない男であったけれども、
学校が学校なのと年が年なので、生活の程度は私とそう変りもしなかった。
したがって一人ぼっちになった私は別に恰好な宿を探す面倒ももたなかったのである。
宿は鎌倉でも辺鄙な方角にあった。玉突きだのアイスクリームだのというハイカラなものには
長い畷を一つ越さなければ手が届かなかった。

車で行っても二十銭は取られた。うわ〜暇だー!
けれども個人の別荘はそこ、ここにいくつでも建てられていた。
それに海へはごく近いので海水浴をやるには至極便利な地位を占めていた。

139名乗る程の者ではござらん2018/05/17(木) 21:39:15.98ID:4rYv0E2N
私はその人を常に先生と呼んでいた。
だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。
これは世間を憚かる遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。

私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執っても心持は同じ事である。
よそよそしい頭文字などはとても使う気にならない。

私が先生と知り合いになったのは鎌倉である。その時私はまだ若々しい書生であった。
暑中休暇を利用して海水浴に行った友達からぜひ来いという端書を受け取ったので、私は多少の金を工面して、出掛ける事にした。
私は金の工面に二、三日を費やした。

ところが私が鎌倉に着いて三日と経たないうちに、私を呼び寄せた友達は、急に国元から帰れという電報を受け取った。
電報には母が病気だからと断ってあったけれども友達はそれを信じなかった。
友達はかねてから国元にいる親たちに勧まない結婚を強いられていた。

彼は現代の習慣からいうと結婚するにはあまり年が若過ぎた。それに肝心の当人が気に入らなかった。
それで夏休みに当然帰るべきところを、わざと避けて東京の近くで遊んでいたのである。
彼は電報を私に見せてどうしようと相談をした。私にはどうしていいか分らなかった。
けれども実際彼の母が病気であるとすれば、彼は固より帰るべきはずであった。
それで彼はとうとう帰る事になった。せっかく来た私は一人取り残された。

学校の授業が始まるにはまだ大分日数があるので
鎌倉におってもよし、帰ってもよいという境遇にいた私は、当分元の宿に留まる覚悟をした。
友達は中国のある資産家の息子で金に不自由のない男であったけれども、
学校が学校なのと年が年なので、生活の程度は私とそう変りもしなかった。
したがって一人ぼっちになった私は別に恰好な宿を探す面倒ももたなかったのである。
宿は鎌倉でも辺鄙な方角にあった。
玉突きだのアイスクリームだのというハイカラなものには長い畷を一つ越さなければ手が届かなかった。

車で行っても二十銭は取られた。
けれども個人の別荘はそこ、ここにいくつでも建てられていた。
それに海へはごく近いので海水浴をやるには至極便利な地位を占めていた。

新着レスの表示
レスを投稿する