株式会社カプリス 鳥前祥子 柳澤稔子 [無断転載禁止]©2ch.net

1底値さん2016/08/10(水) 20:52:03.96

あぼーん

あぼーん

あぼーん

あぼーん

あぼーん

あぼーん

あぼーん

9底値さん2016/11/02(水) 07:30:00.89

10底値さん2016/11/02(水) 07:31:12.18

11新豊田市駅2016/11/05(土) 04:42:45.01
鴨田のファミリーマートの駐車場にいたおいちゃんとつるんで傷付けた物とか弁償しろよこじきたちー!
ポストに金とかはー!
修理代とかをすぐに持ってこいよー馬鹿野郎!
誰か知らないんだぞー!
あっだったら英司か英司かとかはいはいはいそういう事だからねーあっいいですよーとか死ねよこじきたちー!

安部マリーオ!

12新豊田市駅2016/11/08(火) 01:06:39.11
ワンダーレックスとかから解らなくしてこんで!

安部マリーオ!

13底値さん2016/11/21(月) 19:23:25.42
アクセス
沖縄県那覇市松尾1-10-24 ホークシティ那覇ビル4F, 5F

ゆいレール「県庁前駅」から徒歩5分
車で県庁前通り沿い 沖縄県庁向かい
サービス
レンタル
オフィス
コワーキング
貸し会議室
バーチャル
オフィス
ビジネス
ワールド特典
コミュニティ
ミーティングルーム

14底値さん2016/11/21(月) 19:24:34.37
ホークシティ那覇

多くの企業が注目する那覇市場。その中心地にリージャスホークシティ那覇ビジネスセンターは位置し、那覇で活躍するビジネスマンをサポート致します。
https://www.regus-office.jp/area-serch/okinawa-area/hawkcity_naha/

あぼーん

16底値さん2016/12/12(月) 17:41:51.04

17底値さん2017/01/20(金) 23:02:25.67
松尾あぽーん

18底値さん2017/01/23(月) 01:16:59.82
https://goo.gl/KUTNCr
この記事本当?ショックだね。。

19底値さん2017/02/21(火) 06:54:49.49
【建物名称】 
ホークシティ那覇ビル

【所在地】
沖縄県那覇市松尾1-10-24

【竣工】
昭和51年(1976年)12月

〔建物規模〕
地上8階

https://Archive.is/de5c3

あぼーん

21底値さん2017/03/14(火) 20:33:57.20
「Yoshimi Shimazaki」のプロフィール | Facebook
https://ja-jp.facebook.com/public/Yoshimi-Shimazaki
「Yoshimi Shimazaki」という名前の人. Facebookを利用している友達を見つけよう. Facebookにログインまたは登録して、友達や家族、知り合いとつながろう。 ログイン登録する · 嶌崎 芳美. 写真を見る · 嶌崎 芳美. 勤務先: 株式会社アセマネ 代表取締役.

22底値さん2017/07/09(日) 19:47:04.15
地域活性化に取り組む、松尾真一氏。
地方や山間部では過疎化が進み、商店街はシャッター通りと化して、嘗ての賑やかさというものが、失われつつあります。
子供達の数も少なくなり、地域でも高齢者が占める割合が高くなり、元気を失っているようです。
そんな厳しい現状を何とか打破しようと、松尾真一さんや有志が力を合わせて、地域を活性化させようと懸命に取り組んでいます。
生まれ育った町が、元気を失いつつある現状を見て、松尾真一さんは何とかこの町を昔のように活気溢れる町にしたい、そう考えるようになったそうです。
松尾さんの実家は地元で長く商売を営んでおり、彼自身3代目として修行中の身でもあります。
ところが数年前、同級生が営んでいた会社が不況の煽りを受け、倒産してしまいました。
その事もきっかけとなって、故郷を離れた若者が、自信を持って帰って来る事が出来る町に、就業する機会の多い町にしたいと、松尾真一さんを含め有志一同、奮闘しています。
地域の人々も、彼らの取り組みに注目し始めているようです。
http://www.xn--cckag9r1doby839b4bxais5i.com/cck/w2h/defb.html

23底値さん2017/07/09(日) 19:48:43.09
男気溢れる、松尾眞一さん。
少子高齢化が進み、若年層と呼ばれる世代は働く場所がないので、都会へと出て行く人が増え、我が集落でも過疎化に歯止めが掛からない状態が続いています。
このままいくと、やがて限界集落と呼ばれるまでになってしまうかもしれません。
そのような危機的な現状を何とかしたい、松尾眞一さんをはじめ、壮年、青年と呼ばれる世代が立ち上がりました。
最初のうちは、集落の誰もが彼らに対し、冷ややかな視線を送っていたものの、彼らの熱意に絆され、少しずつ耳を傾ける人が増えました。
松尾眞一さんは、両親が経営する店の二代目として、高校を卒業した後から地元に残り、働いています。
同級生の多くが地元を後にする中、彼はここに踏み止まって地域住民の為に貢献する道を選んだのです。
次第に衰退していく故郷を見て、「何とかしなければ」と立ち上がった松尾眞一さん。
男気に溢れ筋を通すその姿に、手を貸したいという人が少しずつ集落内から出てくるようになりました。
地域の皆で、盛り上げようと懸命に奮闘しています。
http://xn--68jta719weik9yfvq4azm2ai1y.net/ta7/w2h/defc.html

24底値さん2017/07/12(水) 20:43:35.33

新着レスの表示
レスを投稿する