金の斧と銀の斧のガイドライン

1水先案名無い人2017/10/07(土) 22:01:06.85ID:B68Lu7pk0
「しまった! うっかり池に斧を!……わっ」
「あなたが落としたのは、この金の斧ですかそれともこの銀の斧ですか」
「……あんた、池の中にいたんだよな」
「そうですが」
「斧が落ちたの、わかったんだよな」
「いかにも」
「で、金でも銀でもなかったっていうことに気付かなかったわけか?」
「え。いや、あの」
「はい、この指は何本でちゅかー?」
「さ、三本」
「見えてまちゅねー」
「うっ」
「まあいいや。俺の落としたのは金でも銀でもなく、鉄の斧ですよ」
「あ、あなたは、ええと正直者です。ご褒美にこの」
「ちょい待ち。『正直者』ってことは、やっぱり最初からわかってたんだな」
「えー…蒸し返すんだ…」
「んで、こいつ欲深いかどうか試しちゃおー、なんて思い上がってたわけだ」
「そうじゃないです」
「うっかり俺が『金の斧です』とでも答えたら、罰とやらで拾得物横領しようと思ったわけね」
「違い…ます…うっ」
「それってさ、楽しいのか?」
「うっ。ぐすっ」
「楽しいのかって訊いてんの」
「あたしそんな、そんなつもりじゃ……ぐす。ぐすっ……」

「…やがてその涙は池から川に、川から海になって、だからこそ海の水はあんなにしょっぱいんだよ。めでたしめでたし。はいおやすみ」
「パパきらい」
「なんで?」

2水先案名無い人2017/10/07(土) 22:08:26.30ID:B68Lu7pk0
「しまった! うっかり池に斧を!……わっ」
「あなたが落としたのは、この金の斧ですかそれともこの銀の斧ですか」
「……あんた、池の中にいたんだよな」
「そうですが」
「斧が落ちたの、わかったんだよな」
「いかにも」
「で、金でも銀でもなかったっていうことに気付かなかったわけか?」
「え。いや、あの」
「はい、この指は何本でちゅかー?」
「人を赤ちゃん扱いするなと教わらなかったんでちゅかー?」
「お、教わった」
「じゃあやめまちょうねー」
「うっ」
「まあいいや。あなたの指は3本です」
「あ、あなたは、ええと目が見えてます。俺が落としたのは」
「ちょい待ち。『見えてます』ってことは、やっぱり馬鹿だと思ったんですね」
「えー…蒸し返すんだ…」
「んで、こいつ目が見えないかどうか試しちゃおー、なんて思い上がってたわけですね」
「そうじゃないです」
「うっかり私が『分かりません』とでも答えたら、延々と名誉毀損しようと思ったわけですね」
「違い…ます…うっ」
「それって、楽しいのですか?」
「うっ。ぐすっ」
「楽しいのかと訊いてるのです」
「おれそんな、そんなつもりじゃ……ぐす。ぐすっ……」

「…やがてその涙は池から川に、川から海になって、だからこそ海の水はあんなにしょっぱいんだよ。めでたしめでたし。はいおやすみ」
「パパきらい」
「なんで?」

3水先案名無い人2017/10/07(土) 22:16:58.05ID:B68Lu7pk0
「しまった! うっかり池にジャイアンが!……わっ」
「あなたが落としたのは、このきれいなジャイアンですか」
「……あんた、池の中にいたんだよな」
「そうですが」
「ジャイアンが落ちたの、わかったんだよな」
「いかにも」
「で、きたないっていうことに気付かなかったわけか?」
「え。いや、あの」
「はい、この指は何本でちゅかー?」
「さ、三本」
「見えてまちゅねー」
「うっ」
「まあいいや。落ちたのはもっときたないジャイアンですよ」
「あ、あなたは、ええと正直者です。ご褒美にこの」
「ちょい待ち。『正直者』ってことは、やっぱり最初からわかってたんだな」
「えー…蒸し返すんだ…」
「んで、こいつ欲深いかどうか試しちゃおー、なんて思い上がってたわけだ」
「そうじゃないです」
「うっかり僕が『きれいなジャイアンです』とでも答えたら、罰とやらで人一人溺殺しようと思ったわけね。」
「違い…ます…うっ」
「それってさ、楽しいのか?」
「うっ。ぐすっ」
「楽しいのかって訊いてんの」
「あたしそんな、そんなつもりじゃ……ぐす。ぐすっ……」

「…やがてその涙は池から川に、川から海になって、だからこそ海の水はあんなにしょっぱいんだよ。めでたしめでたし。はいおやすみ」
「パパきらい」
「なんで?」

4水先案名無い人2017/10/07(土) 22:34:33.13ID:B68Lu7pk0
「しまった! うっかり池に斧を!……わっ」
「あなたが落としたのは、この金の斧ですかそれともこの銀の斧ですか」
「……あんた、池の中にいたんだよな」
「そうですが」
「斧が落ちたの、わかったんだよな」
「いかにも」
「で、金でも銀でもなかったっていうことに気付かなかったわけか?」
「え。いや、あの」
「はい、どこの学校でてまちゅかー?おいらっち早稲田なんやけど〜wwwwww」
「東大です」
「・・・え・・・!?」
「東京帝国大学です。」
「・・・う、うわあ・・・ああ・・・ああああああああああ(イスから転げ落ちる)」
「どうかしましたか?」
「ああ、あふゥッ・・・ひいいい・・ガクガク(足が震える)」
「やだなあ、そんなにびびらないで下さいよ。ちょっと頭がいいだけです
  から^^」
「ああ・・あ・うんっ・ああ・・・ビクンビクン(小水を漏らす)」
「ちなみに理3です。」
「あんっ!ああん・・らめ・・・もうらめえ!ビクンビクン(射精する)」

「…やがてその小水は池から川に、川から海になって、だからこそ海の水はあんなにしょっぱいんだよ。めでたしめでたし。はいおやすみ」
「パパきもい」
「なんで?」

5水先案名無い人2017/10/07(土) 22:44:05.96ID:B68Lu7pk0
1 水先案名無い人 sage 2017/10/07(土) 22:01:06.85 ID:B68Lu7pk0
「しまった! うっかり池に斧を!……わっ」
「あなたが落としたのは、この金の斧ですかそれともこの銀の斧ですか」
「……あんた、池の中にいたんだよな」
「そうですが」
「斧が落ちたの、わかったんだよな」
「いかにも」
「で、金でも銀でもなかったっていうことに気付かなかったわけか?」
「え。いや、あの」
「はい、この指は何本でちゅかー?」
「さ、三本」
「見えてまちゅねー」
「うっ」
「まあいいや。俺の落としたのは金でも銀でもなく、鉄の斧ですよ」
「あ、あなたは、ええと正直者です。ご褒美にこの」
「ちょい待ち。『正直者』ってことは、やっぱり最初からわかってたんだな」
「えー…蒸し返すんだ…」
「んで、こいつ欲深いかどうか試しちゃおー、なんて思い上がってたわけだ」
「そうじゃないです」
「うっかり俺が『金の斧です』とでも答えたら、罰とやらで拾得物横領しようと思ったわけね」
「あんたきらい」
「なんで?」

6水先案名無い人2017/10/08(日) 18:43:49.82ID:tsveI1Y40
「しまった! うっかり金の斧と銀の斧の話を無理やり作り替えたを!……わっ」
「パパがつくりかえたのは、この金の斧と銀の斧の話ですか」
「……子供、話を聞いていたんだよな」
「そうですが」
「どの話の改変か、わかってるんだよな」
「いかにも」
「で、金の斧と銀の斧の改変だっていうことに気付かなかったわけか?」
「え。いや、あの」
「はい、俺の話は聞こえまちゅかー?」
「き、きこえます。」
「聞こえてまちゅねー」
「うっ」
「まあいいや。俺が改変したのは、金の斧と銀の斧ですよ」
「パ、パパ、ええときらい」
「ちょい待ち。話を聞いて『きらい』ってことは、やっぱり最初からわかってたんだな」
「えー…蒸し返すんだ…」
「んで、パパつまんないこと言うやつかどうか試しちゃおー、なんて思い上がってたわけだ」
「そうじゃないです」
「うっかり俺が『桃太郎の改変』とでも答えたら、実の父親を嫌おうとか思ったわけね」
「違い…ます…うっ」
「それってさ、楽しいのか?」
「うっ。ぐすっ」
「楽しいのかって訊いてんの」
「あたしそんな、そんなつもりじゃ……ぐす。ぐすっ……」

「…やがて子供は愛想をつかして、妻も愛想をつかして離婚して、それで俺は再婚したというわけだよ。めでたしめでたし。はいおやすみ」
「新しいパパきらい」
「なんで?」

7水先案名無い人2017/10/08(日) 18:59:54.25ID:tsveI1Y40
「よし! 首謀者を殺すために通気口に砲丸を!……わっ」
「君が落としたのは、この摸擬刀っすかそれともこのグングニルの槍っすか」
「……君、図書室にいたんだよね」
「そうっすよ」
「砲丸が落ちたの、わかったんだよね」
「いかにも」
「で、金でも銀でもなかったっていうことに気付かなかったわけ?」
「え。いや、あの」
「はい、この指は何本でちゅかー?」
「さ、三本」
「見えてまちゅねー」
「うっ」
「まあいいや。私の落としたのは刀でも槍でもなく、砲丸ですよ」
「あ、頭のいい君は、ええと正直者です。な、なんで図書室なんか」
「ちょっと待って。『正直者』ってことは、やっぱり最初からわかってたんだよね」
「えー…蒸し返すっすか…」
「んで、このピアニスト欲深いかどうか試しちゃおー、なんて思い上がってたわけだね」
「そうじゃないっす」
「うっかり私が『摸擬刀の先制攻撃だべ!』とでも答えたら、罰とやらで拾得物横領しようと思ったわけね」
「違い…ます…うっ」
「それってさ、楽しいの?」
「うっ。頭が。」
「楽しいのかって訊いてるの」
「なんでこんな、こんなおこられてるんすかねぇ…」

「…やがてその血は血の池に、池からなん図書になって、だからこそなん図書はすしざんまいなんだよ。めでたしめでたし。はいおやすみ」
「お父ちゃんきらい」
「パパきらい」
「お父やんきらい」
「ヘルイエー…」
「…オ父チャン、今マデアリガトウ。」
「なんで?」

8水先案名無い人2017/10/08(日) 20:02:21.77ID:0O6Hm4z90
一人でクソ寒いの連投して何してんの?

9水先案名無い人2017/10/15(日) 06:53:22.71ID:xKZtG/PM0
あげです。

10名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!2017/10/22(日) 15:54:21.17ID:3Lo+lYJO0
「しまった! うっかり池に斧を!……わっ」
「そんな斧じゃ安すぎるぜ!もっと池にシルバー落とすとかさ!」

11水先案名無い人2017/10/23(月) 19:55:20.75ID:RJD5/14C0
「しまった! うっかり池に斧を!……わっ」
「あなたが落としたのは、この金の斧ですかそれともこの銀の斧ですか」
「……あんた、池の中にいたんだよな」
「そうですが」
「斧が落ちたの、わかったんだよな」
「いかにも」
「で、金でも銀でもなかったっていうことに気付かなかったわけか?」
「え。いや、あの」
「はい、この指は何本でちゅかー?」
「さ、三本」
「見えてまちゅねー」
「うっ」
「まあいいや。俺の落としたのは金でも銀でもなく、鉄の斧ですよ」
「あ、あなたは、ええと正直者です。ご褒美にこの」
「ちょい待ち。『正直者』ってことは、やっぱり最初からわかってたんだな」
「えー…蒸し返すんだ…」
「んで、こいつ欲深いかどうか試しちゃおー、なんて思い上がってたわけだ」
「そうじゃないです」
「うっかり俺が『金の斧です』とでも答えたら、罰とやらで拾得物横領しようと思ったわけね」
「違い…ます…うっ」
「それってさ、楽しいのか?」
「うっ。ぐすっ」
「楽しいのかって訊いてんの」
「あたしそんな、そんなつもりじゃ……ぐす。ぐすっ……」

「…やがてその涙は池から川に、川から海になって、だからこそ海の水はあんなにしょっぱいんだよ。めでたしめでたし。って話パパできる?」
「子供きらい」
「なんで?」

12水先案名無い人2017/10/28(土) 22:32:49.60ID:jJlNCWm30
パパきらい

13水先案名無い人2017/10/29(日) 20:24:36.24ID:IYfwCzXL0
さむい

14水先案名無い人2017/10/30(月) 07:18:22.35ID:OJv7YfsB0
こんな就寝時間に、布団の中に入っているのは誰だろう。
それは父と 子だ。父は眠そうな子に昔話を聞かせている。

父   「子よ、なぜ父を嫌うのだ」
子   「お父さんはその話が異常だとわからないの。泉の精を、ねちねちいじめてる・・・」
父   「あれは最高傑作だ・・・」
泉の精 「ふざけてる父親、追及はやめて。普通の話をしましょう。斧を落とせば金と銀の斧を見せるし、正直に答えれば二つとも上げるよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。泉の精も普通の話が好きなようだよ。」
泉の精  「落ち着きなさい、こういう話は改変してこそ面白いんだよ。」
魔王 「ふざけた親です、ちゃんとした話を聞かせましょう。普通の話でもてなせよ。私を泣かせることなく、正直者と嘘吐きの、話をするのです。」
子 「お父さん、お父さん!聞こえないの、この暗い夜で実の子はねられない!」
父 「見えるよ。だが、パパが子供のころはこんな話で朝までぐっすりだよ。」
泉の精「愛していますよ、元の話を。改変されるのはたえられません。力づくでも改変を防ぐ!」
子 「おとうさん、おとうさん!泉の精がおとうさんをつかまえる!泉の精よおとうさんをまじめにさせて!」

 父親は断固として、改変した話を全力で話した。泣き出す泉の精をそっちのけに、やっとの思いで話し切った・・・
 話を聞かされた子はすでにパパを嫌ってた。

15水先案名無い人2017/10/30(月) 07:25:57.34ID:OJv7YfsB0
100000000年666月42日、アホバカ大学出の殺人鬼マルデー・ダメデスは沖縄から北海
道に戻ってきた。ちんすこうを手に入れるために数日北海道を離れていたダメデスは、自
分が指名手配されていることも知ってか知らずか、意気揚々と街を闊歩していた。やがて
行き付けのローソンに入り、好物の梅干しおにぎりと玄米茶を買おうとレジに立ったとこ
ろで、自分の顔写真がこまごまと載ったエロコミックの一面が目に飛び込んだ。自分が殺
人犯として指名手配されていることに気付きにやりと笑ったダメデスは店を飛び出し、300
キロをわずか10秒で走りぬけている。その後、300度にわたって2歳児から3輪車を強奪
しようとして失敗、追いつめられたダメデスは札幌へ逃げ込んだ。

同じ市民に対する慈悲を期待してのことだったが、市民たちは逆に怒りを剥き出しにして
ダメデスを追いたてた。というのも、ただでさえ便秘気味で腹立たしく思っているところ
へ、殺人鬼の正体がヒステリーでパニックばっかり起こす札幌市民の男だというので、非
常に肩身の狭い思いをしていたのだ。殺人鬼が自分たちの街に逃げ込んできたと聞いた市
民たちは、それぞれ怒りに燃えながら駄目ですを追いまわし、とうとう駄目ですぅは反撃
にでた。そのころ通報を受けたホンマー・ダメデス警察署長(同姓で年齢も同じく不明だ
が並行世界のダメデスである。)が現場へ駆けつけた時には、ダメデスは殺気だった住民ら
を全員浣腸で殺していたという(その際住民たちはごめんなさいもうしませんと言っていた
という。)。ダメデス警察署長が現場へ到着すると、ダメデスは「決着をつけようぜ、旦那。」
と襲い掛かり1年にわたる戦いの末逮捕された。という。

ちなみに、ダメデス警察署長は巷を騒がせている連続殺人犯が同じ札幌市民で、なおかつ
同姓であったことから心ない同僚からホモ疑惑をかけられており、非常に憤慨していた。
自らの手で札幌ストーカーを逮捕し、名誉を挽回したことで大いにズボンを下げたという。

16水先案名無い人2017/10/30(月) 07:26:15.29ID:OJv7YfsB0
その後、裁判が行われた。

公判を担当したマイク・タイソウ高裁判事(全裸の男)が判決の前に何か言いたいことがない
かという問いに、ダメデスはざるそばを食べながら以下のように答えている。

「言いたいことは一つある。上の服はいいからパンティとスカートをはけ。第一俺は何故
こんなところで無駄にそばをくっているのかわからないが、そんなことはどうでもいい。
……俺について今まで散々伝説が並べ立てられたが、これからもそうだろう。俺はこの自
称札幌市民という奴のあほででたらめな意見なんか信じない。お前らのようなウンコマン
の親戚どもを見ていると血反吐が出る。どいつもこいつもウンコマンばかりだ。……あん
た(たまたまいたアメリカ合衆国大統領と思い込んでる変人コバマ・カルタ)なんかに
俺のことはわかりゃしない。いや、まじで。誰かに理解してほしいとは思わないし、理解
できるはずもない。俺はあんたの経験を超越しているのさ。俺はバカの基準を超えている
んだ。最後に一つだけ言っていいか。イカサマだ! お前の嘘なんか聞かねぇぞ!」
それを聞いたババァの判事は「恥を知りなさいッ!ウェカピポの義弟から盗むなどとはッ!!
コリン星で心をまっすぐにして来るのですねッ!」とわけのわからないことを言って射殺さ
れた。

結局、第100000000級殺人12000件について無量大数回の死刑判決、その他の訴
因について懲役一京年を下されたダメデスはそれを聞くと大喜びし、記者たちに「おれ、
ツイッターでおはようと書くとお前は目覚めるなと返ってくるんだ。」と言い、「ゲーム屋、
本屋も仕事のうちさ。ではUFJで会おう!!」と手を振った。なお「UFJ」とは、「銀行」
であり、またUSJつまりユニバーサルスタジオジャパンと間違えやすいところと言われ
る。

その数年後、彼は電気あんまで処刑されたが、ついこないだUFJで出会った。
その時「逝ったかとおもったよ。」と言っていた。

17水先案名無い人2017/12/05(火) 14:35:09.29ID:R+zh/GkP0
「しまった! うっかり池に斧を!……わっ」
「あなたが落としたのは、この金の斧ですかそれともこの銀の斧ですか」
「……あんた、池の中にいたんだよな」
「そうですが」
「斧が落ちたの、わかったんだよな」
「いかにも」
「で、金でも銀でもなかったっていうことに気付かなかったわけか?」
「え。いや、あの」
「はい、この指は何本でちゅかー?」
「さ、三本」
「見えてまちゅねー」
「うっ」
「まあいいや。俺の落としたのは金でも銀でもなく、鉄の斧ですよ」
「あ、あなたは、ええと正直者です。ご褒美にこの」
「ちょい待ち。『正直者』ってことは、やっぱり最初からわかってたんだな」
「えー…蒸し返すんだ…」
「んで、こいつ欲深いかどうか試しちゃおー、なんて思い上がってたわけだ」
「そうじゃないです」
「うっかり俺が『金の斧です』とでも答えたら、罰とやらで拾得物横領しようと思ったわけね」
「違い…ます…うっ」
「それってさ、楽しいのか?」
「うっ。ぐすっ」
「楽しいのかって訊いてんの」
「あたしそんな、そんなつもりじゃ……ぐす。ぐすっ……」

「…やがてその涙は池から川に、川から海になって、だからこそ海の水はあんなにしょっぱいんだよ。めでたしめでたし。はいおやすみ」
「パパきらい」
「なんで?」

18水先案名無い人2018/03/08(木) 20:24:55.83ID:L4jLFgii0
「今日は『国際女性デー』よ! 私が女王様なんだから、掃除も洗濯も食事の用意も全部やってちょうだいよ!! いい、口答えしないでよ! 
なんてったって『国際女性デー』なんだから! 世界中が私の味方なんだから!! 敬ってちょうだいよ!」

「いまの発言によりすべての男性を敵にしたことは言うまでもないことだと思いますが……。
まあ、明日のことはさておき、11月19日には『国際男性デー』というのがあるではありませんか!
その日は全世界が僕の味方であり、掃除、洗濯、食事はもちろんのこと、僕の言うことをすべて聞いてもらう予定です。
あなたの主張や権利は全て剥奪されるのでご了承ください。来る11月19日に向けて、万全の体制を整えてまいる所存です。
それでは明日の『国際女性デー』とやらを、心より楽しみにお待ちしております」

新着レスの表示
レスを投稿する