翠星石にチョコレート貰った\(^o^)/ 第41ドール

レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
1水先案名無い人2013/05/18(土) 02:26:11.38ID:HR5uXaCu0?2BP(1050)
朝起きたら台所に翠星石がいた。

翠星石「お、おはようです」
俺「おはよう、翠星石。・・・後ろに何持ってんだ?」
翠星石「え!?な、なんでもないです! あー!勝手に取るなです!!」
俺「おー綺麗にラッピングしてあるなあ。誰かの誕生日プレゼント?」
翠星石「これは・・・その・・・。・・・この国では、2月14日は誰かにチョコレートを渡す日だとテレビで見たです。
     だから、特別に翠星石が作ったのをヤスヒロにあげるです・・・。」
俺「え!ほんとに!?嬉しいなあ。ありがとう、翠星石。まあ義理なんだろうけど」
翠星石「あ、当たり前です!ほんとはヤスヒロには翠星石手作りのチョコなんてもったいないですけど、
     どうせ誰にも貰えないだろうから、哀れなお前に恵んでやるです。もっと感謝しろです。」
俺「ああ、義理でも本当に嬉しいよ翠星石。じゃ箱開けるね。
  おお凄い。チョコレートケーキだ。しかもハート型。義理なのに気合入ってるな。」
翠星石「さっきから一言一言うるさいです!さっさと食べて感想を述べやがれです!」
俺「そう。じゃ、いただきまーす。・・・・・」
翠星石「・・・ど、どうですか?」
俺「ちょっと苦いかも。でも美味しいよ」
翠星石「そりゃあそうです!けどおこちゃまな舌のヤスヒロにはちょっと大人の味だったですかね。
     まあでも、翠星石が愛情込めて作ったのですから美味しくて当然ですけどぉ。」
俺「え?愛情?入ってるの?」
翠星石「な!な、な、なに言ってやがるですか!そんなもん入ってねーです!
     自惚れるなですぅ!と、とにかく!これからは心優しい翠星石のことをもっと敬いやがれです!」

だって。こんな幸せなバレンタインデーは初めてだよ。
俺は幸せ者だなあ!ハッピーバレンタイン!\(^o^)/

前スレ
翠星石にチョコレート貰った\(^o^)/ 第40ドール
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/gline/1325343955/

880水先案名無い人2018/01/10(水) 00:26:16.11ID:adr85YcW0
>>879
デュードの言う通りに従う蒼星石。
「ま、待つです!あなたは操られているんです!目を覚ますです!」
だが蒼星石の耳には届かない。鋏を構えたまま突っ込んだ蒼星石は、すれ違いざまに翠星石の右手を切り落とした。
「きゃあああ!どうして・・・こんなひどいことを!」
泣きながら問いかける翠星石に蒼星石は冷たい視線を送る。
「言ったでしょ。君を殺すのは僕の本望であり、デュードさんの望みでもあるんだ」
翠星石はデュードを睨みつけた。
「デュード!蒼星石に何を吹き込んだのですか!っぎゃあ!」
翠星石の左手の平に鋏が突き刺さる。
「デュードさんに対して失礼だよ翠星石。もう少し態度を改めるんだね」
それを見てデュードは蒼星石に近づいて頭を撫でた。
「まあ落ち着けよ。ところでさっきの質問の答えだ翠星石」
デュードは緑色の液体の入った注射器を取り出した。そしてそれを翠星石の腕に注入する。
「ううう・・・ぐえええええ!!!こ、これは・・・」
デュードはニヤニヤ笑って
「そいつは特別な薬でなあ。どんなやつでも気分良くなる魔法の薬だぜぇ」
「ま、まさか、それを蒼星石に!うっぐぅぇぇぇ・・・」
気持ちが悪くなって翠星石はゲロを吐いてしまった。
「翠星石、僕はこれのおかげで救われたんだ。何をするにも君が壁として立ちはだかる。でもこの薬はそんなものをぶち壊してくれた。そして君を壊せば僕は完璧になる!」
蒼星石は鋏を翠星石の腹に突き刺した。
「あああ!そ、そうせ・・・」
「まだ息があるのか!喰らえ!」
さらに鋏を引っこ抜き、今度は胴体を挟んで切断した。
「もう、やめて・・・蒼星石・・・」
まだ生きていることに蒼星石は焦った。

881水先案名無い人2018/01/12(金) 01:06:41.74ID:nJ4jXCZ30
>>880
「っく!もう一度!」
もう一度鋏を振りかざした時、頭から水のようなものが降り注いだ。
「蒼星石、こいつで目を覚ませ」
デュードはガソリンタンクを蒼星石の頭から振りかけた。同様にそれを翠星石にも施す。
「さあ蒼星石、このマッチを彼女に投げつけるんだ。そうすりゃ一発であの世行きだ」
「ありがとうデュードさん。翠星石!これが最後だ!」
「だ、だめです!それは!」
だが時すでに遅し、蒼星石の摺ったマッチは翠星石に投げ放たれた。
「!?」
するとガソリンにどっぷりつかった蒼星石の体は燃え始めた。
「うわああああ!!!体が!熱い!助けて!」
「へっへっへ!いい燃えざまだぜ蒼星石!」
「蒼星石!」
翠星石も叫ぶ。
「あ、熱い!熱いよ!助けて!デュードさん!」
「そのまま燃えちまえ!」
燃えさかる炎に焼かれてのたうち回る蒼星石。
「蒼星石!早く水を!スィドリーム!」
如雨露を取り出す翠星石。
「あ!」
だがデュードに腕を切断されてしまった。
「邪魔させねえぜ!」
「うあああああ!苦し・・・いよ・・・助けて・・・翠・・・星石・・・」
やがて蒼星石の体は動かなくなった。
「あ・・・あ・・・あ、蒼星石いいいいいい!!!」
翠星石は絶叫した。だがそんな彼女に追い討ちをかけるようにデュードは彼女の首を刀で切断し、放火した。
「いい幕間だったぜ。断ち切ろうにも結局最後に呼んだ名前は姉の名前。情けねえ野郎だぜ蒼星石。2部はいつになるかな、へっへっへ」

882水先案名無い人2018/01/14(日) 04:35:48.38ID:WRbSMsEl0
「うぅ…ここはどこです?」
翠星石はあたりを見回す、ここはどこかの工房のようだ。

首をめぐらすと、自分のすぐ横の台に寝かせられてる蒼星石が見えた。「蒼星石?!蒼星石ッ!」
翠星石は蒼星石に必死に呼び掛けた。だが蒼星石は無残にも手足がもげ、あちこち焼け焦げたジャンクになっていた。
もはや彼女はもの言わぬ骸と化していた…

「蒼…星石…」
呼んでも無駄だということはわかっていた。
あそこまでになってしまったらもうどうしようもないのだから…

(ギィィィィ…)
誰かが扉をあけて工房へ入ってきたようだ。

883水先案名無い人2018/01/16(火) 00:14:06.06ID:WxE505bA0
>>882
「だ、誰ですか?」
翠星石は目をこらした。その人物はポケットの中に工具一式が入った大きな前掛けをした男だった。

男は台に近寄ると蒼星石の前にかがみこんだ。焼け残った服をめくったり、頭の後ろをしげしげ見つめている。
「いきなりなんですか?オマエは!?蒼星石の体を舐め回すように…
この変態野郎です!おいそこの奴!聞いてやがるのかですぅ!」

だが男は聞こえてないようだった。
ただひたすらジャンクの蒼星石をみつめているだけだった。

884水先案名無い人2018/01/18(木) 01:44:23.47ID:Sg3TKTCm0
>>883
やがて男は歓喜の声をあげた。
「やっぱりだ!こいつはあの伝説の薔薇乙女シリーズの1体だ!すごいぞ!だけどだいぶ痛んでしまってる…無理もないか、幻といわれる人形だ、
現存していたとしてもこうして破損していても不思議じゃない。でも僕はツイてるぞ、もしかしたらこいつを直せるかもしれないんだ」

「なんですって?蒼星石を直す?こいつがですか?」
翠星石は期待に目を輝かせた。

蒼星石が生き返るかも知れない!なんと心の踊ることか?!

だが翠星石は状況がまだよくわかっていなかった。

885水先案名無い人2018/01/18(木) 17:29:20.71ID:fBcpAao20
なぁ…こいつヤスヒロなんじゃね?

886水先案名無い人2018/01/19(金) 13:05:15.86ID:vH16ttbb0
ヤスヒロはこんなことしないですぅ
翠星石とやりまくりじゃないですかねえ

887水先案名無い人2018/01/20(土) 00:27:53.45ID:nSBqNuSI0
>>865
ポリッ
人間は手にしたものを口に入れた。すべてを食べるのはあっという間だった。
「やわらかくておいしいな」
「なんてことしやがるです」
グイ
わずかに残っている前髪をつかみ翠星石は宙吊りにされた。
「ヒッ、痛いですぅ。もう嫌です、やめてほしいです」
「なんか言ったか」
人間は翠星石をもったまま歩き、再びフックにかけた。外れないように念入りに。
「も、元通りですか。結局」
「逃げられるわけねえだろ」
そして人間はペンチを取り出し、左足の親指にあてた。
「おいしそう」
「バカ人間、何する気ですか! やめるです!」
ポキ
「ふぎゃ!」
人間はペンチで親指をねじりとった。そして用意してあった小皿のマヨネーズにそれをつけると口の中へ。
コリ
「まことに美味なり!」
「人形の指食べるなんて・・・」
人間は再びペンチを手に取り残りの指を取りにかかった。
ポキ コロン ポキ コロン ポキ コロン ポキ コロン
「フギャァァァァァァァァァァァァァ!」
翠星石が悲鳴を上げる。それをBGMにして人間は床に転がった埃まみれの指をマヨネーズにつけすべて口に入れた。

888水先案名無い人2018/01/22(月) 22:18:37.49ID:Z2VRVknB0
>>887
「コリコリしておいしいな♪ 最高!」
「ひどいですぅ、いつまでこんなことを・・・」
ブゥーーーーーン ギュュュュュュ
突如荒々しい機械音が倉庫に響き渡った。人間が床においてあったチェーンソーの電源を入れたのだ。翠星石の顔の前へと持ってくる。
「・・・嫌です。嫌ですぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
「同じことしか言わないね、ヒヒヒ」
人間はチェーンソーを翠星石の膝に当てた。
ガリ ガリ ガリ ポキィィィィィィン コローーーーーン
「ヒギャァァァァァァァァァ! 痛いです! もうやめてですぅ! 翠星石が悪かったです! だからやめて・・・」
そんなことを翠星石が言っている間に左ひざより下は切断された。
「さすがチェーンソー! 糸鋸なんかより早いぜ!!」
そう言うと人間は落ちた翠星石のパーツにむしゃぶりついた。
「うめぇぇぇぇぇぇぇ!」
ガシュ クチャ クチャ クチャ ガシュ クチャ クチャ クチャ
「うっ、く、くるっていやがるですぅ・・・。オエェェェェェ」
気分が悪くなった翠星石は吐いた。

889水先案名無い人2018/01/24(水) 17:44:57.88ID:D2yA5o6g0
>>884
蒼星石が直る...!その期待に胸をときめかす翠星石
「直る?蒼星石がですか?そ、それは本当ですか?だったら早くするです!」
だが、男はどこ吹く風というように翠星石の問いかけを無視し、ただただ自分に言い聞かせるようにつぶやくばかり。
「大丈夫、できるできる。さいわいなことに質ははるかに落ちるけど同じ作家の作った人形も偶然手に入った。
 こいつを流用すれば、あの薔薇乙女を修復できるはずだ」

「こいつ、翠星石を無視するかですぅ!さっきから何をブツブツほざいていやがるですか!?」
腹をたてた翠星石は飛び起きようとした...が、翠星石の体は台にベルトのようなものでくくりつけられていたため、
翠星石はせいぜい手足をバタつかせることしかできなかった。
と、男が蒼星石の前から立ち上がり翠星石のほうに近づいてきた。翠星石は男の顔を見た。
これといって特徴のない顔だった、ただアルカイックスマイルとでもいうような仏像のようなあいまいな微笑だけが嫌に気になるというか...
「な、なな何をするかですぅ?な、なにヘラヘラしてるですか?」
翠星石は男の慈愛すら感じ取れる穏やかな笑みに言い知れぬ不安を感じていた。背中に汗まで感じていた。
男が翠星石の胸元のリボンに手を伸ばしてきた。ごく自然に。そして服のリボンをするすると解いていく。
「ちょ、何をするです!このスケベ野郎!いきなり脱がすなんて何しやがるですか!」
手足をバタつかせる翠星石だったが、男は手際よく翠星石の服を脱がしてしまった。男は脱がした服を裏地をめくったりして丹念に調べる。
「ふぅ〜ん...縫製もところどころいい加減だな...表面はまあまあだが...見えないところは適当に作ってあるな...生地もとりたてて良い物というワケでもなし。
 ま、物が物だけに期待はしてなかったけどね」
「なッ?お、お父様が翠星石のためにしつらえてくれた服になんて言い草ですぅ!目が腐ってやがるです!」
だが翠星石の侮蔑の言葉にも男は表情を変えることなくただ冷静に
「...会話機能を持っているのか...なんとも下世話というか、くだらないというか...至高の人形美の追求には不必要なものだな...
 とはいえ、伝説の人形師といえ人の子、生活していくために下賎の好事家の注文に答えてこんなくだらん物を作ることもあったのだろうな」

890水先案名無い人2018/01/26(金) 00:12:51.09ID:YwnC5Dw00
>>889
「く...くだらない?!翠星石がくだらないですって〜っ!!こ、このローゼンメイデン第3ドールの翠星石を『くだならい物』とはとんだ侮辱ですぅ〜〜手を!手をついて額を地べたにこすり付けて謝れです!
 そして泣いて許しをこきやがれですぅ〜〜!!!」
「ふん...何を言うかと思えば...ローゼンの第3ドールだって?こんなまがい物があのローゼンの究極の薔薇乙女シリーズのわけがないだろう?
 服は生地も縫製もいい加減な安物、全体的なコンセプトもアレ(と言って蒼星石を指差す)とは比べものにならないくらい劣ってる。
 アレなんて服は表地から裏地まで高級品、かつオートクチュールだし、人形本体の質やデザインも極上の物だ!
 アレこそまさに至高の薔薇乙女だよ...!素晴らしい...美しいよ...
 それにひきかえお前ときたら...余ったパーツの寄せ集めじゃないか?お前のその『ウリ』であろう会話機能もイカレまくってしまってるし。
 おおかたお前のその『第3ドール』云々というふれこみは、ローゼンが注文主の客をごまかすためにお前に植え付けた、おためごかしに違いないさ」

「そ、そんな...翠星石が欠陥品のローゼンメイデンじゃない、まがい物なんて、そんなことあるもんですかあああ!!翠星石と蒼星石は双子の姉妹ですぅ〜〜!!!
 それが、違うだなんて...そんなそんな、そんなことあるものですかああああ!!、う、うわああああああああああ〜〜んっ!!!!!」

891水先案名無い人2018/01/28(日) 04:43:13.60ID:w550hCSu0
食料の買出しから帰ってきたデュード。
「おら!さっさと起きろクズ!」
トレーラーハウスの前に横たわる翠星石を蹴り飛ばす。
「っきゃ!な、なんですかぁ・・・」
翠星石はぶるぶると震えている。
「飯だよ。*ロッキーロードだ。ほら食え」
*ロッキーロード:チョコレートのお菓子。かなり甘い
「あ、ありがとうですぅ」
翠星石は目の前に放り投げられたロッキーロードを手に取り、貪りはじめた。
「きたねえ食い方だな。ローゼンメイデンとやらの欠片もねえ」
デュードは近づいて翠星石の顔をまじまじと見つめた。
「な、なんですか・・・」
「お前本当に人形か?このクロッチー人形とは似てもにつかねえぜ」
デュードは異形な人形を翠星石に見せた。
「こんなヘンテコな人形と一緒にするなですぅ!翠星石たちローゼンメイデンは完璧を求められた少女なんですから!」
流石にこんな人形と比べられては翠星石のプライドも傷つくだろう。彼女は怒った。
「そうかい。だが今のお前もこいつと変わらないぜ。主人に弄ばれるままに動く人形。結局そんなもんだよものなんて」
「翠星石をもの呼ばわりするんですか!いい加減にするです!」
ここでいつものデュードなら蹴っているところだろう。だが今回は違った。
「どうせ人間に飼いならされるだけのものさ。証拠を見せてやるよ。来いよ、チャンプ!」
デュードがそう呼ぶと、どこからか犬がやって来た。
「っひ!い、犬ですぅ!」
翠星石は怯えてデュードの後ろに隠れた。
「安心しろって。こいつは賢いからお前を食ったりしないぜ。こういうことしたりしない限りなあ!」
「きゃあ!」
デュードは翠星石にオレンジジュースを振り掛け、チャンプの前に突き出した。
するとチャンプは翠星石に襲い掛かる。

892水先案名無い人2018/01/30(火) 00:20:27.08ID:zunI2u7l0
>>891
「きゃあ!こら、やめるです!」
顔を舐め回される翠星石。さらにジュースで塗れた服にまで噛み付かれる。
「ああ!翠星石のドレスが!離すです!」
翠星石が強く引っ張ると、ドレスは破れてしまった。
「ドレスが破れてしまったですぅ!この犬!なにするんですか!」
翠星石はチャンプに蹴りを喰らわせた。キャウンと鳴いて吹っ飛ぶチャンプ。
「暴力はいけないぜ翠星石ちゃんよ!」
今度はデュードは翠星石にドロドロに溶けたチョコレートを振りかける。
「うう、ベトベトするです・・・これはチョコレート?」
「おいで、チャンプ、こいつの服ごと喰っちまいな!」
チャンプは勢い良く翠星石に飛び掛った。先ほどよりもより一層激しくなって。
チャンプは牙を剥き出しにし、服どころか下着まで食い千切ってしまった。
「もうやめてですぅ!翠星石のドレスがぁ!」
裸にされて泣きじゃくる翠星石。デュードはそれをビデオカメラでまじまじと撮影している。
「へっへっへ!人形じゃねえってことを証明してもらうぜえ。このビデオはネットで売り捌いてやるか。きっと高く売れるぜ」
「や、や、やめるですぅ!こんな姿を他の人に見られるなんて!」
翠星石は顔を真っ赤にした。

893水先案名無い人2018/02/01(木) 00:07:27.52ID:ogaqFS4A0
>>892
「うるせえ!人形に黙秘権はねえ!」
「デュード!お前は最低の人間ですぅ!腐ってるですぅ!」
「黙ってろよ!おおそうだ。人形と人間様でどこが違うか生殖器確かめりゃわかるぜ!」
「え?何するですか!?」
「丁度ワレメついてるしこりゃあいい。チャンプ、ここを舐めてやれ!」
「ちょ、ちょっと!何してるですか!やめるです!あ・・・」
デュードは暴れる翠星石の恥部にチョコレートを塗ってやった。
すかさずチャンプはそこに襲い掛かる。
「あ・・や・・・ああ・・・」
翠星石は吐息を荒くした。
「へっへっへ!そのままイっちまうか?人形のイく姿なんてレアものだぜ!こいつは値が付きそうだ!」
デュードが一人盛り上がる一方、翠星石はなんとも言いがたい表情をしていた。
「あ・・・ああ・・も、もうだめえ!」
翠星石はぐったりしてしまった。チャンプはそんな翠星石に小便をかけて小屋に戻っていった。
「ひっひっひ!いいものが撮れたぜ!さあてさっそくオークションにでも出すかな」

後日
「お〜い翠星石、お前のオナニービデオ10万で売れたぜ!落札者は〜と、Jun=Sakuradaだってよ」
「ジュン・サクラダ?ジュンのことですか!あいつがこんなものを見るなんて!ああ、恥ずかしいですぅ!」
「こんなの落とすなんてよっぽどのマニアだぜ!しかもそれがお前の最愛の人物なんて、これほどケッサクなことはないぜ!」

To Be Continued

894水先案名無い人2018/02/03(土) 00:48:18.63ID:vgVUOVEJ0
翠星石に恵方巻をほうばってもらった\(^o^)/

895水先案名無い人2018/02/05(月) 00:09:43.22ID:hdeneXVn0
>>890
「ひっく、ひっく、ううぅっ、ひどいです、翠星石はまがい物なんかじゃ...安物じゃないのです...
 蒼星石とは正真正銘の姉妹なのです...ひっく、うう...」
「たしかに『まがい物』とは言ったがな、それはあくまでも『薔薇乙女じゃない』という意味であって『ローゼンの作品ではない』という意味じゃない。
 オマエは『正真正銘ローゼンの作品』さ、その点は保障してやってもいい。そうでないと意味がないだろう?さもないと僕の計画が無意味になる」
「ふえ?計画...?」
「そうさ僕はアレ...蒼星石というのか?そう蒼星石を修復するつもりだ。だがあちこち部品が欠損している...だが僕には一からローゼンと同じものを作る技術はない
 だが......知っているか?2台の事故車同士のマトモな部分を組み合わせて1台の中古車として売る商法を?よくニコイチっていうだろ?」
「ふ、ふん...そんな小汚い商売のことをこの翠星石が知るわけないです!そういうケチなやり方はオマエみたいな薄汚いヤツにふさわしいのです!」
「おしゃべりが過ぎたようだ...こうしてガラクタとしゃべっていても埒があかないし...とっとと作業にとりかかるとするか」
「あ、こら!無視するなです!翠星石たちをどうするつもりですぅ!」

騒ぎ立てる翠星石を無視して男は翠星石の下着をめくった。つるっとした翠星石の尻があらわになる。
いきなり下着をめくられた恥辱と尻が外気にさらされる感触に、翠星石は真っ赤になってしまう
「きゃあああああっ?!い、いきなり、な、何するですかぁぁぁ〜〜このスケベ!変態ですぅうう!!!見んな!見んなですぅ〜っ!!」
と、
ガリッ! ガリガリ...ガリガリガリッ...ガガガガガガッ!ガリガリガリ...
「痛あっ!?!いたたた!痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い〜〜ッ!!な、な、なにを何を?!!いやあああ!痛いですぅ!!!
 ?!!っ!?す、翠星石のお、お尻に何をしてるですかぁぁぁぁ?!!!」

首をめぐらせ、後ろを向いた翠星石が見たのは、自分の尻をヤスリがけしている男の姿だった。
「なにって...焦げた蒼星石の表面を修復するための顔料を作るために、オマエの尻を削っているんだが?ここが一番層が厚いからたくさん取れるだろう?
 絵画の世界でも巨匠たちの絵を修復するのにその巨匠の駄作や弟子の作品を削って当時と同じ材料を捻出することはよくあることさ」
ガリガリガリガリガリガリガリッガリガリガリガリガリ!ガガガガガ...
「痛〜〜〜〜〜いッ!痛いッいたたたたたたっ!!!そ、それに熱いですっ!熱い熱い熱いっ!!熱くて翠星石のお尻がお尻が摩擦熱で まさちゅーせっつ ですぅぅうっ!!!
 いやあああああっ!!!こすらないでっ!こすらないで〜〜っ!そんなにこすったらお尻に火がついちゃうですぅ〜!!痛い痛いっ熱いっ!熱いですよ〜〜
 やめてやめてやめてぇっ!!!やめてですっ!や〜め〜て〜で〜すぅぅっ!!!」

896水先案名無い人2018/02/07(水) 01:13:19.08ID:bygowizZ0
>>895
「ふうっ...こんなものか。これだけあれば充分だな」
翠星石の尻から作った削りカスを容器に集めた男はそんなことを言って作業台からいったん離れた。
「うぅっ痛かったですよぉ...熱かったですぅ...」
そう涙ぐみながら、後ろを振り向いて翠星石はヤスリがけされてしまった自分の尻を見る。
「ああっ...す、翠星石のお尻が...」
翠星石の尻は見るも無残だった。丸みをおびていた尻はささくれ、あちこちに削れた跡が目立っている。これでは元通り下着をつけたとしてもひっかかってしまうだろうし、
うまく座ることさえままならないだろう。それほど原型をとどめていない尻を見て翠星石は悲嘆にくれた」
「ひ...ひっく...ひっ、ひっ、ひどいですぅぅぅ...す、翠星石のお尻...お尻が...お尻が...なくなっちゃったのですぅ...ううっ」

どのくらいそうしていただろうか。男が戻ってきた。
「ははははは、見ろ!蒼星石を!表面の焦げを落として綺麗にしてオマエから採取した顔料で肌を整えたんだ。
 どうだ、うまくいっただろう?」
翠星石は涙ぐんだ目で作業台に横たわる蒼星石を見た。
「あ...」
さっきまで黒ずみ無残な焦げ跡を残した蒼星石の姿はなく、そこには生きて動いていた頃と同様、薔薇色の頬とつややかな白い肌の
穏やかな眠りの表情で横たわる蒼星石の姿があった。この男、どうやらそこそこの技術は持っているらしかった。
「表面の加工はこんなもんで良いか...あとは欠けてる部分の修復だな」
そう言って男は再び翠星石に向き直る。横たわる蒼星石の穏やかな顔にみとれていた翠星石は男の動きにビクリとする。
「あ...な、なんですか...?」
「今度は欠損部の補充をするんだ」

897水先案名無い人2018/02/11(日) 06:14:42.70ID:yp9JO+8g0
>>896
そういうと、やおら男はガシッっと翠星石の体をすごい力でおさえ込むと、ペンチや鋏に良く似た工具を翠星石の手と腕の境の関節にねじ込んだ。
「ぎぃやぁぁぁあああああっ!!!痛いっ!!イタイイタイッ!!痛〜〜〜〜〜っ!!!ななななな何をっ何をするですかあああっ??!!!いやあああああああっ!!!!
 痛い痛いっっ!!!やめてやめて〜〜〜〜っ!!!!!」
「球体...関節は...体のパーツに特殊な線を通してつないでいる...くっ、動くな...線は丈夫だから、ちょっとやそっとでは切れない...
 だから線をひっかける部品を直接はずす、部品は体の奥、もしくは手首にある...動くなって、はずせないだろう?傷をつけたら元も子も無いんだから...よっと」
こきっ!
「ぎゃああああああああああああああっ???!!て、手首があああああ!!!!翠星石の手首があああああっ!!!?」
カランと翠星石の手首がはずれる。まるで脱臼したときの痛みを感じて、翠星石はのたうちまわる。
手首だけじゃなかった。押さえの役割をはたす手首の部品がなくなった翠星石の腕は方の付け根からきれいにコロンコロンとバラけていく。
「きゃああああああっ!か、肩からしたの感覚が...感覚がなくなっていくです...いやあああ〜〜っこわい〜っ!怖いですぅ!翠星石の腕がなくなっていくですぅ!!」

コロン
最後のパーツが肩からはずれ台にころがる。翠星石の肩口は何かがはまっていたような跡がのこり、あいた穴からは体と腕をつないでいたであろう
線がのびているだけになった。
「翠...星石の...う、腕が...腕が、腕が!な、なくなっちゃったです...腕が〜〜〜っ!!!」
「よし、腕確保っと」
痛みと腕を失った衝撃で頭が真っ白になる翠星石を尻目に男は翠星石の腕のパーツをカゴに入れ、
いきようようと蒼星石の作業台に向かうのだった。

898水先案名無い人2018/02/13(火) 00:35:56.52ID:Sh0pMAms0
>>897
「うう...翠星石の翠星石の腕がなくなっちゃったですぅ...翠星石の腕がぁ...ううっ」
「おい見てみろ」
その声に翠星石は蒼星石の横たわる作業台を見る。そこには新たに翠星石の腕をつけられ作業台に横たわる蒼星石の姿があった。
蒼星石は両手を胸の上で祈るように組んで眠るように横たわっていた。まるで声をかければ目を覚ますかのように...
もっともそれは無残に砕けた足さえなければであったが...
「さて...次は足だな」
「な、ななななな...何ですってぇ〜〜!!ま、まさか??!」
「察しがいいね。そうだよ、次は君の足をもらう。さいわい君たちのパーツはお互いピッタリなのでね」
「あ、当たり前ですぅ!翠星石と蒼星石たちは双子なんですからっ!!」
「またそれか...おめでたいというか、あわれというか...オマエらは同じローゼンの作品、作家のクセというか規格が同じというに過ぎないんだ」
そういって翠星石に屈みこむ男。
「いやああああああ!!今度は翠星石の足を取るつもりですかあああああ!!!やめて、やめてですぅ〜!!
 こ、こんなことは、こんなことは狂ってる、狂ってるですよ〜〜〜!!!!」
「狂ってる?...なぜ?誰でもやっていることだろう?廃車同然になった名車に新しいエンジンを載せかえることは普通に行われてる。
 古い機械の錆びてない部分を寄せ集めて一台分の部品として組み立てる行為はアンティークショップなんかではよく行われているんだよ?それと同じさ。
 僕は美しき至高の薔薇乙女を世に復活させるためには人形をいくつ潰してもいっこうにかまわないんだ。まあ人によってはもったいないなんて言うのもいるけどね」
「す、翠星石は車とは違うのです〜〜〜翠星石は生きているんですよぉ〜〜!!!」
「オマエその言葉は全国の車マニアを敵に回したかもしれないぞ...ま、僕には関係ないけど...と、さっそく...」
男の手が翠星石の足首にのびる。翠星石は残った手足をバタつかせながら抵抗する。だが力で男にかなうわけもなく押さえ込まれてしまう翠星石。
「いやああああああっやめるです!触るなですぅ〜〜!!翠星石の足を取ったら承知しねぇですぅぅ!!!」
「く...動くなって...足に傷がつくだろう?」
そう言って先ほどと同じように工具を関節のすき間に入れようとする。
「く...すき間が...せまい...な、足首じゃなく股関節の方からいくか」
そう言って男は翠星石の下着に手をかけ、いっきに引きずり下ろす。
「い、いやあ〜ああああああああ〜あああああ〜〜〜〜あ〜〜〜〜っ!!!!」
股間を見られる羞恥心で泣き叫ぶ翠星石。
「ダメだ...こっちも...考えてみれば、駆動することだけでなく自重を支える役目をする足だ。
 それに耐えられるよう関節も腕のそれより複雑な構造になっているのは当然のことだな...う〜む...
 ...そうだ、蒼星石に必要なのは膝から下の部分だ...となれば...ももの部分から切断するか」
「切断...切る...?翠星石の足をっ?!い、いや...いやいやいやいやいやいやいやぁ〜〜〜〜〜!!!!!!!!」

899水先案名無い人2018/02/13(火) 15:39:18.81ID:K/nUEQL40
チョコレートの季節がやってきた

900水先案名無い人2018/02/15(木) 01:19:32.72ID:ozk/wnzq0
>>888
「くはぁ、うまかったぁ♪」
食べ終わった人間は満面の笑みで顔をあげた。そして床に広がっているゲロに気づいた。
「なにしてんだよ。ゲロ人形!」
ガコ
「ヒッ、痛いですぅ・・・」
翠星石は頬を殴られた。
「デブ人間があまりに気持ちわりぃから吐いちまったじゃないですか!」
状況を読めず、大声を出し強がる翠星石。
「 な ん だ と 」
ギュル チャリン チャリン チャリン
「ひぎゃ、痛いですぅ! 気をつけやがれです!」
人間は翠星石の額のフックを乱暴にはずしさかさまにした。
「やめろですぅ! 頭に血がのぼっちまうじゃないですか!」
「もうのぼってるだろw」
人間はそういうとさかさまにした翠星石を床に広がったゲロの真上に持ってきた。
「汚いです!」
「テメェが吐き出したもんだ。テメェで掃除しろや!」

901水先案名無い人2018/02/17(土) 00:28:30.43ID:VgQaTVc80
>>900
ガツン
翠星石は顔を自らのゲロに押し付けられた。酸っぱいにおいが鼻腔いっぱいにひろがる。
「ウグッ!」
「さぁ、はやく犬みたいになめとれやw」
「悪魔!」
ゲシッ
翠星石は後頭部を踏まれた。
「御託はいいからさっさとしろや!」
「フグッ! わかったですぅ・・・もう痛いのは嫌ですぅ」
ためらいがちに舌を出し、少しの躊躇のあと自らのゲロをなめはじめる翠星石。
ピチャ ピチャ ピチャ ピチャ ピチャ
「うっ、臭いですぅ・・・うっぐ、うっぐ」
涙を流しながらゲロをなめとる翠星石。
「ヒャハッハッハッ! ゲロ人形にお似合いの姿だぜ! あっ、ゲロに失礼だなw」
「ひどいですぅ・・・ひっぐ」
ピチャ ピチャ ピチャ ピチャ

902水先案名無い人2018/02/17(土) 17:53:50.30ID:uuyvqIWa0

903水先案名無い人2018/02/19(月) 00:57:59.33ID:kB85Nyb10
>>898
「大丈夫、すぐ済むから」
そう言って大きなノコギリを翠星石の足の太ももの部分にあてる。そしておもむろに横にひいた。
ギィィィィィィィィ!
「ぎゃあああああああ〜〜〜〜〜〜っ!!!!!痛いぃぃぃぃっ!!痛いですううう!やめてぇえええ!!!」
ギシギシギシギシギシギシギギギギギギ、ギィイィィッィイイィィイイィッ!
「あ―――――っ!!んぁっああああ〜〜〜〜〜っ!!痛い嫌ッ〜〜〜ぁ〜〜誰かああああ〜〜〜イタイイタイ嫌ッ〜〜!!
 やめて止めてやめて止めてやめて止めてやめて止めてやめて止めてやめて止めてぇぇぇですぅぅうっぅう!!!!!!!」

 ガコッ
「んぎゃああああっ!!!!あ、足の感覚が...ない!ないです!足の感覚がないですよぉぉぉ!!!!!」
翠星石は残った方の腕で、太ももの辺りを触る...だが、そこにはもう翠星石の足の影も形もなかった。
「ああああああああああああぁぁぁぁ、翠星石の足が足が...翠星石はもう、もう、ジャンクなのですぅううううう!!」
「ふ〜〜ぅ、やっと切れた...さっそく蒼星石に取り付けよう」
翠星石の嘆きなど、はなから聞こえてないように男は嬉々として蒼星石の作業台に向かうのだった。

904水先案名無い人2018/02/21(水) 00:43:51.34ID:VDDUVotE0
>>903
「ジャンク...ううう...翠星石はジャンクなってしまったですよぉ...あああああ」
そんな嘆きをよそに男は興奮していた。
「はははははは、ようし、あと一息だ見るがいい」
自らの惨状に茫然としながらも、男の声に振り返った翠星石は作業台に横たわる蒼星石を見た。
薔薇色の頬、夢見るように閉じられたまぶた、胸の上で祈るように重ね合わされた手、そしてスラリとのびる足。
「あああ...蒼...星石ぃ...」
翠星石は残った手をわななかせながら伸ばした。その手が届くはずもないが伸ばさずにいられなかったのだ。
「だが、これではまだ完璧ではない」
「え...」
男は蒼星石の頭の下に手を入れるようにして蒼星石の顔を起こした。そして翠星石にも見える角度に顔を傾ける。
そしておもむろにその閉じられたまぶたに手をやり、ムリヤリこじあけた。
「ああっ?!そ、蒼星石の目が?!」
「そうさ、壊れたときの衝撃か、はたまた焼けたときに溶けてしまったのか、右の眼球が無いんだ!だから...」
「ひ、ひいぃぃっ!!?」
その言葉の意味が痛いほどわかった翠星石はおびえた声を出した。男はかまわず言葉を続ける。
「今度は眼球をいただこう」
そう言って近づく男を見て翠星石は半狂乱になる。
「いやいやいやいやいやいやいやいやいやぁぁ〜〜〜〜!!!!目を、目を取られるなんてぇぇ〜〜〜嫌ァ〜〜〜っ!!!
 こわいこわいこわいこわいこわいですよぉおぉぉぉおぉぉぉ!!!取らないで取らないで取らないで〜〜〜!!!
 翠星石の目を取らないで〜〜〜見えなくなっちゃうです!痛いのは嫌〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!」
男の手が泣き叫ぶ翠星石の顔に触れる。

905水先案名無い人2018/02/23(金) 00:15:43.73ID:LXmcNSEt0
>>904
「この顔から眼球を取り出すには......」
「嫌っ...ま、まま、まさか、す、翠星石の顔を...顔を割って目を取り出すつもりですか...?
 嫌ッ!いやですぅ!!ドールにとって命より大事な顔を割るなんてっ!!やめて!やめてですぅ!!!」
そんな翠星石をなだめるように男は微笑を浮かべ翠星石の髪を優しく撫でながら諭した。
「ははっ、まさか...僕だって人形師のはしくれ。人形の顔を割るなんてそんな残忍なことはしないよ。
 それにそんなことをしたら、大事な眼球が顔の破片で傷がついてしまうだろう?そんな無意味なことはしないよ。
 ...だから」

ぐいっ
「ぎゃあああああああっ?!な、何するですかぁ?!!」
男はそれまで撫でていた翠星石の髪を乱暴にむんずとつかみ上げながら言った。
「球体関節人形は頭頂部に眼球をとりつけるためのフタがついているんだ。フタを開けるには髪が邪魔だろう?
 だから、むしり取ろうと思ってね」

べりっ
とか言ってる間にも男は翠星石の髪を根こそぎ はぎ取ろうとする。
「うぎゃぎゃぎゃぎゃあっ!!!痛いっ!!無理ですよお!!頭が取れちゃうですぅ!!!」
「無理じゃないさ。オマエは頭に直に植毛なんかされてない。たんに人形サイズのかつらをかぶせているだけさ。
 もっとも長年のせいで、かつらと頭を貼り合わせている接着剤が変質して硬くなってしまっているが...そらっ!!」

べりべりべりっ!
「ぎぃいやあああああああああっ!!!頭の皮がああああっ!!!!!やめてええええええええええ!!!!!」
翠星石の髪はその地肌ごと、半分以上めくりあがり、その下の白茶けた頭が見えてしまっていた。

906水先案名無い人2018/02/25(日) 00:30:31.35ID:e5ueDmdJ0
>>905
「ぎゃあああああああああっ??!!す、翠星石の髪が髪が髪がぁっ!!!頭が頭が頭がっ!
 いやあああああああああああああああああああっっ!!!!!!!!!!」
半ばまで剥がされた頭皮がべロリと顔の前までたれ、そのたれた頭皮に自分の自慢の髪がくっついているのを見た翠星石は
悲鳴をあげた。目の前の光景が信じられなかった。
「ひどい...ひど...ひどいぃぃぃ...ひどいひどいひどい、ひどいですぅ...翠星石の髪...大事な大事な翠星石の髪...
 ああああああ...翠星石の自慢の髪が...毎日大事にブラッシングしてたのに...こんな...こんな...」
そんな翠星石を気にも留めず男はむき出しになった翠星石の頭部を調べる。
「確か、この辺に...フタが...あ、あったぞ!さっそく開けて...ん?キツイな?やはり頭皮と同様、
 長年の経年劣化でフタもきつくなってしまったのだな。ならば仕方がない、これを使うか」

コン...コンコン!
「うぎゃっ!!?んぎゃっ!!な、何?なんですかぁ?!!」
「動くな、ノミでフタをこじ開けるんだから!」
「な、なんですってぇえええっ!!!」(コンッ!)「げはっ!!やめて!」(コンコンコン!)「いたたたたたた!!!やめて〜〜〜!!!」
「ちっ上手くいかないな、横から叩いてみるか」
というなり男は金槌を取り出し翠星石のコメカミを叩き始めた。
ゴンゴンゴンッ!!
「んぎゃあああああっ!!!やめっ、んぎゃああ!!やめ、痛いっ!頭がガンガンするです痛いです!気持ち悪くなってきたです!うげえええええ叩くのはやめてええええええ!!!!」

かぱっ
「お、フタが開いたぞ!どれ、眼球を取り出すぞ」
「ひっ、ひぃ、ヒアjdkjファjdじゃあkjkだあじゃかkだああああっ???!!!」
翠星石は自分の頭蓋の中に他人の手が入る感触におぞけが走った例えようの無い異様な感触、
まるで脳髄を他人の手でまさぐられる、とでも言うような、そんな感触だった。

907水先案名無い人2018/02/27(火) 00:33:41.24ID:4CL/r83m0
草花に水やる翠星石
「すこやかに〜のびやかに〜緑の葉をひろげて大きく育てですよ、おまえたち♪」

「そこまでだっ!」
「な、なんだ貴様らですぅ!?」

「我々は麻薬取締捜査官だ!ここで大麻の不法栽培がされてると通報があった、これより強制捜査に入る!」

「いやぁ!何勝手に入ってくるですか!?
ああっ?!葉っぱをひっこ抜くなです!やめるです、この子たちに罪はねーのです!」
「これらは証拠物件として確保するのだ」
「うう…す、スィドリ〜ム!」
「抵抗するか!かまわん発砲しろ!」

警官隊に蜂の巣にされる翠星石。

908水先案名無い人2018/03/01(木) 00:10:31.16ID:AEsnsH7D0
桜田家の納戸にうずくまる翠星石

「ううう...おなか...すいたですぅ。もう何日も食べてないですぅ。
 外に出たくても両足を砕かれて立てないからドアまで手がとどかないのですぅ」

(納戸のドアが開く)
「!あ、開いたですぅ!外に出るですぅ!」
そう言ってドアのところまで、はいずって行く翠星石。その翠星石を踏みつけて入ってくるジュン。
「ぐえっ!」
「...ん?今なんか踏んだような?」
「う...ひ、ひどいですぅ」
「空耳かな?翠星石、なんか聞いたかい?」
「いえ...何も...聞こえなかった...です」
「?!い、今の声は?翠星石は返事なんてしてないですよ?誰がジュンに返事をしたです?」
疑問に思った翠星石は空腹でかすんだ目でジュンを見上げる。
ジュンは左腕に抱き上げたドールに親しげに話しかけていた。
「そ、そいつは?!ジュ、ジュン!そいつは翠星石じゃないのです、目を覚ませですよ!!」
「今なんか聞こえたかい?薔薇水...せいせき?」
「いいえ...何も聞こえません...です...お父さ...まスター」

「な?なぜコンチクショウがジュンと?!みんな、どうしてコンチクショウを家に入れたですか?」
「ん?何だ?なんか緑色のボロ雑巾が喚いているような?」
「お父さ...マスター...これは後で薔薇水..せいせきが片付けておきます」
「ん?そうか、いや〜最近翠星石がすっかり素直で良い子になったって姉ちゃんや真紅たちにも評判なんだよ」
「嬉しい...です...ぅ」

909水先案名無い人2018/03/03(土) 00:24:45.48ID:+btrFLye0
>>908
「待つですぅ!な、な〜にを言ってやがるですかチビ人間!若いのに近眼が老眼に進展したですか!
 そいつは翠星石じゃないですぅ!薔薇水晶のコンチクショウですぅ!」
「あ?お前みたいな口の悪い薄汚い緑の雑巾がローゼンメイデンのわけないだろ?
 ホンモノはこの薔薇す...い星石だ。な?そうだろ」
「はい...なの...です」
「そ、そんな、です!」
「ふん、お前はコレでも食ってろ」
とジュンはそれまでクチャクチャ噛んでいたチューインガムをペッと翠星石の目の前に吐き出した。
「あ...」
翠星石の目の前の床にはガムが湯気をたてて貼りついていた。
あまりに空腹だった翠星石は吐き捨てたガムをニューっと、つまんで口に入れた。
「ふん、汚ねぇ奴だ。いこう薔薇...水せい石、姉ちゃんがオヤツだってさ」
「はい...です...参りましょう..おと...マスター...です」
(納戸のドアを閉め出て行くジュン)
納戸の中に残された翠星石
「もったいないですぅ(クチャクチャ)まだ甘みが残っているのですぅ(ジュルル)
 ジュンの唾液入りのガムです...おいしいのですぅ」

堕ちるとこまで堕ちた翠星石だった。

910水先案名無い人2018/03/05(月) 00:22:34.31ID:nJP4IIVA0
「翠星石よぉ、お前人が真面目になろうってのに邪魔しやがって。ふざけてんのか?」
デュードは刀を片手に翠星石に攻め寄った。
「何言うですか!翠星石はデュードのためを思ってスコーンを毎日作ってやったですよ!感謝のお礼くらい言って欲しいもんです!」
胸を張って誇張する翠星石。
「ああ?あんな糞不味いもん食えるかよチンカス。ジャム入れるなんて脳みそ腐ってんじゃねえのか?」
「え?翠星石の調理が拙かったですか・・・。ごめんなさいです・・・」
しょんぼりして謝る翠星石。
「まあそれはいいとして、お前あのスコーンの中に変なもん入れやがっただろ。昨日からナニが痒いし、膿んでるしで酷い有り様だ。どうしてくれんだ糞人形よ?」
そう言ってデュードはズボンのチャックを下ろし、イチモツを翠星石の目の前に押し付けた。
「いやぁ!そ、そ、そ、そんなもの見せるなですぅ!さっさとしまえですぅ!」
顔を真っ赤にしながら後ろを向く翠星石。
そんな態度の翠星石にデュードはキレる寸前だった。
「お前のせいでこんな目にあったんだろうが!さっさと人工精霊とやらで治しやがれ!」
「む、無理ですぅ・・・スィドリームにものを治す力はないですぅ・・・」
翠星石は怯えていた。
「そうか。なら仕方ねえ。お前の性器も潰させてもらうぜ!」
そう言うとデュードは翠星石に掴みかかり、スカートを剥ぎ取り、中の下着も破り、性器の部分を露出させた。
「いやあ!み、見るなですぅ!お願いですぅ!」
「綺麗な形してるじゃねえか!」
その割れ目に鋏をねじ込んだ。
「ぎいいやあああああ!痛いですぅ!抜いて!早く抜いてぇ!」

911水先案名無い人2018/03/09(金) 00:08:35.70ID:F6z3JNuD0
>>910
「このくらいで済むかよ!クイは打ち込まないとな!」
デュードはハンマーを取り出すと、その鋏に向かって思いっきり叩きつけた。
「う!っぐ!っぎえ!」
打ち込むたびに翠星石が声を上げる!完全に奥まで入ったことを確認するとそこでハンマーはストップした。
翠星石はぐったりとしている。
「へっへっへ、まだ終わらねえぜ!」
今度はスコーンを持ち出し、翠星石の口に無理矢理ねじ込んだ。
「おら食え!お前が昨日俺に食わせたやつだ!さぞ美味いだろうなあ!お前豪語してたからなあ!」
「ん・・・ぐ・・・!は!飲んじまったですぅ!ああ!股間が痒いですぅ!」
足をバタつかせて暴れる翠星石の下半身をデュードはサイズ(大鎌)で切断し、蹴り飛ばした。
「ぎゃあああ!翠星石の足があぁぁああああ!!!」
「使えないマンコと足なんていらねえだろうが!切り捨てちまえ!」
そして翠星石の目の前にスコーンを一個投げ捨てるとデュードはトレーラーハウスに戻っていった。
「うう、なんとも貧相な昼食ですぅ・・・」
そう言ってそのスコーンを食べた。すると
「うげぇええ!ふやけてる上に尿の味がするですぅ!」
と、次の瞬間上からスレッジが落ちてきた翠星石の頭は叩き潰された。

912水先案名無い人2018/03/11(日) 00:11:33.82ID:Zs8RI8Gn0
〜Monday〜

そいつは突然やってきた。
人里離れた田舎に、小さなキャンプカーを家代わりに居座る男ポスタル・デュード。
彼は何の変哲もないごく普通の一般人だ。
少し変わったところがあるにはあるが、おつかいに行くのに拳銃を携帯するという些細なことだ。
そんな彼が今日もいつもと変わらずベッドから起きた時である。
突然ガラスを割って大きな鞄が放り投げられたように突っ込んできた。
「な、なんだ?新聞代を延滞してたから嫌がらせにでもきやがったかぁ?」
デュードはめんどくさそうに起き上がり、その鞄を手に取ろうとした。
その時だった。鞄が急に開き、デュードの顎にクリーンヒットした。
「いてえ!なんなんだ?ん?」
鞄が開くとそこには綺麗な作りのアンティークドールが立っていた。
髪は長く、目は綺麗なオッドアイ、顔の作りも本物の人間と間違えるほど精巧だ。
デュードはその人形の顔に触れた。
「へえ、良く出来てるじゃねえか」
すると、その人形の手が動き出し、デュードの手を跳ね除けた。さらに
「気安く汚い手で触るんじゃねえです!人間!」
と、言葉まで喋るのだった。
この奇妙な出来事に普通の人なら驚いて腰を抜かすだろう。だがデュードは
「へえ、最近の人形はリアルなだけじゃねえんだな。上手く反応するように人工知能もよく出来てるぜ。ッハ」
と言って人形の両腕を掴んだ。
「こ、こら!離すです!人の話を・・・」
人形は強引に掴まれた腕を必死に動かそうとするが、相手の力が強すぎて微動だにしない。
「こいつは面白え。お前、名前はなんて言うんだ?」
どうせ機械だろ、と思いつつもデュードは好奇心から問いかけてみた。
「本当はお前みたいな下劣な人間に教えてやらないんですけど、特別に教えてやるです。私はローゼンメイデン第3ドール、翠星石というです!」
自信たっぷりに答える人形の翠星石。
「人様のことを下劣だとか、随分きたねえ言葉遣いがプログラムされてるんだな。それにローゼンメイデン・・・どっかで聞いたことあるぜ・・・」
「ぷろぐらむ?何ですかそれは?」
きょとんとする翠星石を尻目に考え事をするデュード。
「いや、こっちの話だ。ところでそんな言葉遣いの汚い人形は直さなくっちゃなあ。俺がたっぷりお仕置きしてやるから楽しみにしてた。へっへっへ」

913水先案名無い人2018/03/13(火) 06:01:10.13ID:h6hud1m40
>>912
・・・昼
「いやあ!外して!身動きがとれないですぅ!」
必死にもがく翠星石の体は、幾つもの革ベルトで縛られた寝袋に入れられ、天井から吊るされていた。
「大人しくしな。そうすりゃ危害は加えないぜ」
「嘘ですぅ!それなら手に持ってるその棒は何なんですか!」
言葉とは裏腹に、デュードの右手には金属バットが握られていた。
「こいつかい?こいつはこうやって使うのさ!」
そう言ってデュードは腰と腕を思いっきり回転させ、フルスイングでバットを翠星石の体に叩きつけた。
「っぎゃ!やめて・・・」
翠星石の目が潤み始める。
「ダメだ。まだ始まったばかりだぜ。『しごき』はまだまだこれからだ」
デュードは何度も何度も翠星石の体にバットを打ちつけた。その度に翠星石は声を上げ、目から水滴・・・涙が宙に舞う。
「そらよ!フルスイングで・・・インパクトだぜ!」
今度の一撃は翠星石の体は天井に叩きつけた。
「ジャストミート!へっへっへ」
「もう・・・やめてですぅ・・・体が痛いですよぅ・・・っぐす」
大粒の涙を流す翠星石。
「きたねえツラだな、おい。人のこと下劣とか言っておいてよぉ。っそら!」
デュードはバットを両手に持ち、バットが自分の背中に当たるまで振りかぶってから、翠星石の頭に向かって思いっきり振り下ろした。
バットは翠星石の頭に見事にクリーンヒットした。
「あ、頭がぁ!」
「まだまだぁ!」
さらに先程と同じように、腰のバネを利かせて今度は翠星石の頬の向かってバットを敲きつける。
振り子のように揺れる翠星石の体が戻ってくるたびに、デュードは彼女を敲き続けた。

914水先案名無い人2018/03/14(水) 19:46:27.15ID:vpDhxS280
仕事から帰ってきたら窓をドンドン叩いてる翠星石がいた。

翠星石「開けるです人間!」
俺「こんばんは翠星石。…どうしたの?」
翠星石「この国では3月14日はバレンタインのお返しをする日だとテレビで見たです!
     だからこの翠星石がお返しを貰ってやるですう!三倍返しと相場は決まってるです!ヴィトンのバッグをよこすですう!」
俺「え!そうだったけ。でも君にチョコレートもらっけなあ…?」
翠星石「あげたじゃないですか!義理ですけど」
俺「あーもしかしてあの日、5円チョコが窓から投げ入れられた事があったような…君だったのか…」
翠星石「それですう!さあはやくお返しするです!ん?…後ろに何持ってるです?」
俺「な、なんでもないよ! あっ勝手に取らないでよ!」
翠星石「おー綺麗にラッピングしてあるです。翠星石へのプレゼントですね?」
俺「これは…その…雪華綺晶にチョコレートをもらったお返しだよ。」
雪華綺晶「あ、あの…マスター…私はよいので翠のお姉さまへお上げになってください…どうかお気になさらないで……」
俺「だめだよ!これは愛情を込めて選んだんだから雪華綺晶に。」
雪華綺晶「よ…よろしいのですか…?」
俺「もちろん!そして翠星石には飴ちゃんを3つあげよう。はい三倍。」
翠星石「ぐぬぬ…」
俺「家に帰れば君のマスターが何百倍のお返しをするために待ってるんじゃないかなあ…」
翠星石「そりゃあそうです!お前より何百倍もかっこいいのです!もう帰るですーー!」

だって。危うくブランドモノのバッグを買わされるとこだったよ。
もちろんその夜は雪華綺晶とヴィトンヴィトンのグッチグッチゅなエロメスな夜を過ごしたんだけどね

915水先案名無い人2018/04/09(月) 22:57:16.95ID:1JU5vnHX0
保守の人も来なくなった\(^o^)/

916水先案名無い人2018/04/10(火) 04:21:05.81ID:WoZn3ofe0
         _,. --――- 、_
      //      _   ` 、
     / :/: , ・' ´ ̄   ̄.::,` 丶、
/  / ::/::/.  /l ∧::  ∧ ヘ::  :ヘ
/  \  |/:::::  /=-=::\/ =-=V  .∧
//:  ヾ!:::::::  / fYリ    fYリ 〉V :∧}
///: レイ\/:|: ニ  .:  ニ :|: V    私のスレも
///   |:::|:::::|:x     ′ ≡,! |
///   |:::|:::::|::、._ < ̄7 ,.ィ: |     しばらく保守されてないでゲソ・・・
///   |:::|:::::|::::|::`::ー.- r:'´::::|: |
//     /::::|:::::|::亅.:.:.:.:.:.:.∨_|!:|: |__
//:   /:::,r4::::|「ト:.:.:-―〃:::::::|. | ヽ
//   /:::/|..:|::::|:|:|:.:.:.:.:.://  .x/: /  |
/   /:::/l::|.:.|:::.| |:|:.:. //   /:. /_   |
/  l :| |:::|.:.|:: | |:| //   |::. |__',   |
/   | | |::::|.:|:: |:.. W/ ::.   |::: |:::λ  |

917水先案名無い人2018/04/12(木) 06:00:03.28ID:LkJ1/Gk70
>>913
翠星石の顔はぼこぼこに晴れ上がっていた。
「お願いですぅ・・・もうやめてくださいですぅ・・・」
「おうおう、さっきまでの威勢はどうしたんだぁ?弱音吐くなんてらしくないぜ?」
そう言ってデュードは翠星石の体を縛り付けてあるロープを切り、床に落ちた翠星石の腹部あたりに思いっきり蹴りを入れた。
何度も何度も蹴りを入れる。
「あぁぁあぁ・・・お腹が痛いですぅ・・・」
「さて、そろそろ開放してやるよ」
言葉通り、デュードは革ベルトをすべて解き、簡易拘束衣と化していた寝袋から翠星石を取り出した。
彼女は肉体的も精神的にも痛めつけられぐったりしている。
「にしても誰だあ?こんなもの送りつけやがった馬鹿は。新聞屋じゃないとすると検討がつかねえ」
デュードは翠星石の体をいろいろと触りまわした。
「ったく、こんなんじゃ抜けねえよ。どうせならブロンドベイブにしろってんだ」
翠星石は既に抜け殻のようだった。俯いたまま黙り込んでいる。
と、目の前にズボンとパンツが降りてきた。
見上げるとデュードが自分のモノを晒して今にも放尿しそうな体勢を取っていた。
「きゃあ!な、な、な、なにしてるんですぁ!恥ずかしいもの見せるなですぅ!」
真っ赤になった顔を手で覆う翠星石。そこへ頭から尿が降りかかる。
「きゃあああ!汚いですぅ!臭いですぅ!は、吐くかも・・・」
「元気になったじゃねえか。いい肥やしになるぜ〜へっへっへ」
そう言うとデュードは電気を消し、狭い部屋を出て行った。
「そうそう。逃げようとなんて考えるなよ。それは俺を怒らせるだけの意味のない行為だ」
デュードはドア越しにそう告げると、その場を去った。
絶望の淵に立たされる翠星石。彼女はこの後さらに酷い陵辱を受けるなどとは知る由もなかった。

To Be Continued

918水先案名無い人2018/04/12(木) 06:14:47.13ID:0M77IlbG0
        _
        \ヽ, ,、
          `''|/ノ       ∞ . . .
           .|
      \`ヽ、|
        \, V
           `L,,_
           |ヽ、)
         /    ,、  ,
         /    ヽYノ
        .|   r''ヽ、.|
        |    `ー-ヽ|ヮ
         |       `|
        ヽ,     |
        _ ,| ‐----,| ,,___
       /|    ,,-: :´: : :--‐、`ヽ
        / |  //|`\/\|ヽ: |`
     /  | /: /|ヾ|    ○ \\
      /  ∨: : : | ○     、、 ヽ:`.-.、
     ` - ,|: :ヽN、、、 _ ,,.-:´ `、  )) ヽ:ヽ           ┼ヽ  -|r‐、. レ |
        |: : \\  {: : : : : : :j /ミ}\|: '-.、        d⌒) ./| _ノ  __ノ
        / : : : |: :|  ヽ: : : :///: : \ニフ:ヽ_
      /:/::/:と|: :|` ーt─ イヾ/:|\: :|~ヽ/: :ト
     |: :|{: : {:/ヽ|: :|`\| `\| `、:|  ー,`i \/
     j: :jヾ::ヽ._|: :|\ \    ~`-<: : >
     |: 「 〈 r-'::r─'`L`∠___ノ◎ソ
    /:_:フ 'ー'ー`    /◎_◎_◎/
               `7-,──-t´|
                し′   'ー'

919水先案名無い人2018/04/14(土) 00:58:35.60ID:wh+4ZwNa0
翠星石が寝てる間に髪にコンクリートをかけておいた。
朝起きると髪がガチガチに固まっていて、翠星石が泣いていた。
「ヒック・・・なんで翠星石の髪がこんなことになっているですか!グスッ・・・」
ウザかったから、ぶん殴ってハンマーで粉々に砕いてゴミに出した。

920水先案名無い人2018/04/16(月) 05:35:20.14ID:xvA/EdOa0
人間!もう3月14日はとーっくに過ぎてるですぅ!

とっととホワイトデーのお返しをするですぅ!

今返せば遅れたことを許してやってもよかったりしなかったりするですぅ!

「こいつ…10円のチロルチョコ一個で何ほざいてんだか。まぁいいやホラお返し」

板チョコですか?チョコ大好きですぅ♪
よこしやがれですぅ!(ぱくっもぐもぐ)
ひっぎゃあああ!?なんですかこれはぁ?!


「それ?超々激辛カレーのルー」


舌が痛いですぅ!唇がタラコみたいに腫れたですぅ!のどが焼けるですぅ!味覚が馬鹿になったですぅ〜!

921水先案名無い人2018/04/18(水) 00:57:05.20ID:CTY2Y5xm0
>>920
水!水はどこですぅ!

「はい」


とっととよこすですぅ!(ごくっ)
びぃやぁぁぁっ!!口の中がひりひりするですぅ!
水じゃないですぅ!

「アルコールだよ」

な、なんてことしやがるですか?!って、めまいがしてきたですぅ!
目が見えなくなってきたですぅ〜

「メチルだからな」

うぎゃああっ!何てことするですっ?!
頭がパーになるです!失明しちゃうですぅ〜!!

922水先案名無い人2018/04/20(金) 00:08:11.32ID:u8B9/b0I0
>>921
見えない見えない目が見えないです!
人間、なんとかするですぅ!


「ほれ(カチッ)もういいぞ」

そ、そうですか?あ〜びっくりしたですぅ…ん?

なんかパチパチ音がするですよ?
まだ目が見えなくてわからないですが…


「ライターつけたらアルコールに引火した」


ひええぇっ?!なんてことをするです、あ、つつつ?!
熱いですぅ!髪がチリチリいってるです!
煙臭いです!熱〜いぃぃですぅ!!
息ができないですぅ!!


「もうすっかり火ダルマだなw」

923水先案名無い人2018/04/22(日) 00:45:23.89ID:G7sFD1tM0
翠星石のオッドアイをサッカー用のスパイクで思いっきり踏み潰してやりたい。
砕けた目で涙を流し、
「痛いですぅ!お前なんか死にやがれです!」
などとほざく翠星石。
このような性悪ドールは虐待される運命にあるのだ。

924水先案名無い人2018/04/24(火) 00:10:09.98ID:x8dgWFzI0
ジュンとのりの見ている目の前で、
大型の剣山を置いた幼稚園児用の椅子に、泣いてあばれるクソ翠星石を無理やり座らせる。
肩から加重をかけて、剣山の針が尻に充分刺さるよう調節。
被検体のサルに使用する実験用器具でクソ翠星石が微動だにせぬよう固定。
特殊工業用鋼鉄製やすりを用いて、クソ翠星石の頭部を斜め45度から研磨してやる。
1ミリたりとも動けぬ状態のままで、かような痛苦を与えられているにも拘らず、
「痛いですぅ」、「やめやがれです!」、「のりもジュンもなにしてるですか!助けやがれです!」
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ翠星石。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ翠星石の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ翠星石の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ翠星石の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
それどころか、「なにするですか、バカ人間!」、「翠星石はおまえをゆるさないです!」と己の罪業を罰し、
罪を軽減してくれた恩人を面罵する始末。
ジュンとのりに向かってトコトコよろめきながら走り寄る頭部半月形クソ翠星石。
腰を抜かしてガタガタ震える以外為す術のないジュン。
背中に隠した鞄に全神経を集中して待ち構えるのり。
クソ翠星石の余りの強情さを目の当たりにして、優しいのりでさえついに決断したのだ。
「これ、いらない」と。

925水先案名無い人2018/04/26(木) 07:10:41.50ID:V4Zka7Na0
>>862
マンホールの蓋でおさげ髪を固定され、接着剤を呑みこまされて
活舌の自由を奪われ涎を垂らしながらのたうちまわる翠星石を、
真紅は冷やかに眺めていた。絶えることのないジュンの虐待に
救いの手を差し伸べることもなく、時折、憐憫の情と
どこか下賤なモノを忌むような仄かな不快感の入り混じった眼差しで
翠星石を凝視し続ける。
「・・・・・・ジュン。あなた、そこまで・・・・」
溜め息とともに、しかしジュンの所業にさして呆れるわけでもなく、
冷静に真紅は語り始めた。
「・・・・・確かにこの子は人見知りの反面、自らの精神の脆さと寂しさを
ああいう態度で跳ね返すクセがあったから、ジュンとはあまり相性は好くないのではと
思っていたのだけど・・ジュン、そして雛苺、そこまでこの翠星石に不快な心地を
させられていたとは私も想像できなかったわ。でも、私も『夢の庭師』である
彼女をジュンと共存させることで、あなたの精神状態が癒されるのではと思ったの。」
「しかし、あなたは自分の力で立ち上がることが出来るようになった。
既に『夢の庭師』の手助けも要らない。強くなった貴方に、無用の負担を架けて
寄りかかっていたのは私たち薔薇乙女のほう。貴方は間接的なものも含めて
3体と契約を結んでいる。その負担が、かえって自律しようとしているジュンの
足かせになっていることに気がついたの。既に私たちはジュンにとってのヤドリギでしかない。
水銀燈が、決してあの病室の少女と契約を掬ばない理由がやっとわかったわ。」
瞑想するようにゆったりと語りかける真紅。ジュンは翠星石を足蹴に虐待する動作を
ふと止めて聞き入った。

926水先案名無い人2018/04/28(土) 00:22:11.45ID:oJ6l5kmc0
>>925
「翠星石、あなたはこの時代に覚醒してミーディアムに恵まれなかったところを、
ジュンが拾い手を差し伸べたようなものなの。わかる?
そして私と同様に、ジュンのヤドリギでしかない。あなたは本来、『夢の庭師』として
ジュンの精神的自立を補助してやるべきだった。しかし結局、あなたはみずからの
脆い精神と臆病な自尊心を、ジュンにぶつけて雛苺を苛める幼稚な反動行為によって
補完するような存在に成り果ててしまった・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ な ん て、つ ま ら な い ... !
あなたの薔薇乙女としての誇りは何?」
違う、ちがうのですぅ!わヵってくださいですぅ、翠星石は心から血を流すような心地で
そう叫びたかったが、接着剤が乾燥し、より粘りを増した口腔は、その本心の吐露を許さなかった。
『ずぉ、ずぉんなぁ・・ガハッ! ぐふぅ、ふぐぐふぅ、ぢ、ぢじがうべずぅぅぅ!
ずズグハッ!ぶずいぜッぜぎぃ ばはッ ずぞぉんなぁ ずぅもりsぃは・・グゲハァッ!』
醜い翠星石のモノローグを許すジュンではない。
「せっかく誇り高い真紅が話しかけてやってんだ!汚らしく喋るなよ!ゴミドリ!クソミドリ!」
翠星石の胸を、腹を、コルセットが砕けるほどに激しく蹴り飛ばし、口元を踵で踏みつける。

『ガフっっ!ゲハっ!ウグヒホッ!ガホッ!ゲヒッッっ!ゲハっ!ウグヒホッ!グハァッ!ゴフホォtッツ!ウグヒホッ!グハァッ!
ウグヒホッ!グハァッ!ゴフホォtッツ!ゲハっ!ウグヒホッ!グっゲハっ!ウギ゙ヒホッ!クグガガフっっ!ゲハっ!ウグヒホッ!
ゲハっ!ウグヒホッ!グハァッ!ゴゲヒッッっ!グホッツ!ゲハっ!ウグヒホッ!ウグヒホッ!グハァッ!ゲェェェェグッツハッツ!』

「こぉんな人形ぅッ! 壊してやるゥッ!」

ジュンが、トドメをさそうと、半壊した翠星石の鞄を振りかざし、
メッタ討ちにしようとしたそのとき、真紅の冷やかな声が響く。「やめなさい、ジュン。」
ジュンは呆気にとられて鞄を持つ手を離した。

927水先案名無い人2018/04/30(月) 00:22:18.90ID:Q3HvkBx00
>>926
「あなたの気持ちはよく判ったわ。無理もないでしょうね。そして雛苺も。
ただ、ここは私に任せて頂戴。薔薇乙女には、薔薇乙女なりのケジメのつけ方がある。」
「翠星石! 悪いけど、貴方に同情の余地はないわ。貴方は明らかに薔薇乙女の誇りを穢し、
そして人間とドールの絆をズタズタにしたのだわ。私たちはローゼンメイデン。
人により造られしもの。人を悦楽させるべき存在であるはずのドールが
随分と出過ぎた真似をしたものだわ。あなたはジュンの意識野を陶冶し潤沢させるべき
『夢の庭師』のはず。しかしあなたはジュンを補助するどころか寧ろその邪魔になる
存在に成り果てたのだわ。わかるわね?翠星石・・・・・・・」
そんな、そんなつもりではないのですぅ!わかってくださいですぅ!
翠星石はジュンや雛を・・翠星石なりに想っていたのですぅ!
内気なジュンを元気づけてやりたかったですぅ!  
そんなことでも云おうとしていたのだろう。しかし粘る口腔がその発言を許さなかった。
『ゾンナァ、ゾォンナァヅゥヴォォリダァダイベズゥ!バガッデグダダイベズゥ!グベッ!』
ヘド声で必死に弁明する翠星石。しかしその姿が一層、ジュンの憎悪を掻き立て、
彼の心の中にどす黒くねっとりとした闇の領域を拡大させたのだった。
「うるさいんだよ!ヘドロ以下のクソミドリ!もう我慢の限界だ!こうしてやる!」
そう叫ぶとジュンはどこから調達したのか、太針のアイスピックをやにわに取り出し、
翠星石のチャームポイントのひとつ、そのオッドアイの紅い右眼に振りかざそうとした!
「やめなさい、ジュン。気持ちはよく、判るわ。でも、眼はドールの命よ。
人形師は、最後に、魂を込める仕上げとして、ドールに眼球を嵌めるの。判って頂戴。」
はじめて真紅が自分に味方してくれた、そんな一時の喜びから、
虐待三昧の翠星石の罅割れた顔面にほのかな笑みが増した。

928水先案名無い人2018/05/02(水) 00:43:24.57ID:qIapG7V/0
>>927
しかし、刹那的にあの毒舌が蘇ったのが、そんな真紅の精一杯の心配りを無にすることになる。
『じんぐはやっばでぃ、ずいぜいぜぎぃのびがだべずぅ!
ばがっだべずが、ごのじびびんげん!ぼばえなんが、ぜっだびぶるざないべずぅ!』
久しぶりに蘇った『チビ人間』の語が、ジュンの逆鱗に触れ、彼の憎悪を外向的に
爆発させたのは云うまでもない。腰のコルセットを渾身の一撃で蹴り上げる!
「また言ったな!僕はチビじゃない!桜田ジュン、名前があるんだ!
いつもそうして、おまえこそ僕を何度馬鹿にして、貶めて、さぞ気分いいだろうなあ!
雛や僕を踏み台にした、テメエの優越感、そんなに心地いいかよ!
もう限界だ!おまえなんか、お前なんか、オマエなんか!!!こうしてやる!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
真紅の制止すら振り切り、ジュンは凄まじい、鬼神の如き形相で、
アイスピックをぐさりと深く、翠星石の右の紅眼に突き立てた!
『ヒイィグググゥゥゥゥゥィ!グヘハッッッ!!!』翠の口から、舌たらずながらも凄まじい阿鼻叫喚が漏れた!
「わかったわ・・・ジュン。右眼のみ、あなたに虐待を許可するわ。」
たまりかねた真紅。ジュンはしてやったり、という表情で、狂ったように何度も何度も
右眼にアイスピックを突き立てるのだった。
グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ!
数十分が経過した。既に右の眼窩はポッカリと深い孔と化し、紅い硝子の眼球の破片が
カラカラと、人形の空洞の頭蓋の中で音を立てるのが聞き取れる。
「このクソジャンク!ミドリのドレスの襤褸雑巾!おまえなんか!おまえなんか!」
憎悪に震えるジュンの渾身の一撃。アイスピックの柄がすっかり眼窩の孔に埋もれるほどに
ずぶりと深く、突き刺してトドメをさす。しかし、人形に死は与えられない。
不幸にも、ローザミスティカを失わぬ限りは、如何なる物理的欠損を受けても、
彼女らは人と同じように喋り、笑い、泣き、意思表示をする。度重なる、凄惨な虐待も
決して翠星石に死という名の安息を与えることは叶わない。

929水先案名無い人2018/05/04(金) 00:17:17.77ID:uh8tSanu0
>>928
「もう、いいわね?ジュン。充分、気は済んだかしら・・・」
怒りに肩を震わせるジュンの手を、柄から離させると、真紅はいよいよ、その内に秘めた
更なる残酷な、『ドールへの処刑宣告』を宣告すべく、
右目にアイスピックを突き立てたままの翠星石をまじまじと見つめる。
「ジュン、マンホールの蓋を外して頂戴。早く」おさげ髪を固定して拘束している
重い蓋をジュンが外すと、真紅は無造作に二股おさげをわしづかみにして、冷酷に
翠星石を引きずり起こした。「さあ、いらっしゃい。翠星石。『処刑場』に連行するわ」
そういうと、路上から再び玄関をまたぎ、桜田家のいつもの「n のフィールド鏡」へと
やってきた。既に両足を破壊され、右眼に異物を突き刺されたままの、歩行ままならぬ翠をひきずりながら、
真紅はホーリエを召還し、何やらまじないの句を詠み、フィールドの扉を開いた。
「ジュン、あなたもいらっしゃい。見届けるといいわ。」
そうして3者はフィールド内に入った。
中の世界は、今までに見た真紅や雛苺、そして水銀燈のそれとは全く異なる
褐色の空に覆われ、地面に恐竜の骨が転がる荒涼とした光景が広がっていた。
あいかわらず真紅は翠のおさげをしっかり握り、引きずりながら移動していた。
夥しい骨の破片の絨毯の上を引きずり廻され、自慢のスカートパニエもすっかりズタズタボロボロだ。
「ここはドールの処刑場。そうね、人間から見れば、処分場、といったほうが正しいかしら」
真紅は淡々と話しながら、こっちよ、と何やら怪しげな「もの」が多数屹立する場所を
指差した。まるでゴルゴダのように十字架が林立する丘。
その中の一際背の高い十字架の前で、真紅は立ち止まり、翠のおさげを手放した。

930水先案名無い人2018/05/06(日) 01:02:38.55ID:wp3u15JP0
〜Tuesday〜

翠星石はトレーラーハウスの横にある小さな物置に監禁されていた。
「暗くて怖いですよぅ・・・」
蹲る翠星石。するとドアがいきなり開いた。
「っきゃあ!」
驚いて目の前にあるものに抱きつく翠星石。それはデュードの足だった。
「なにやってんだ。新品のズボンが汚れもんになっちまったじゃねえか」
「はわぁあぁぁ!ごめんなさいですぅ!」
小屋は土の上に建てただけものなので、その上に居座る翠星石の手や服は土で汚れていた。
「まあいい。とりあえずちょっと来てもらおうか」
そう言うとデュードは翠星石の手を強引に引っ張った。
「あ、ちょ!痛いですよぅ!」
翠星石はトレーラーハウスから随分と歩かされた。
「はあはあ、少しは休ませろですぅ!」
「もう着いたぜ。さてと」
彼らが着いたところは町全体が見渡せるほど高所に位置する崖だった。
「ここは一体?え?」
そう言っていると、デュードは翠星石の服を脱がせ始めた。
「あ、何してるですか!やめるですぅ!」
「うるせえ!今回の遊びに服はいらねえんだよ!」
そう言って服をすべて剥ぎ取り、裸にしてしまった。

新着レスの表示
レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
レスを投稿する