皇室祭祀について色々語るスレッド

1色々教えて下さい2013/04/12(金) 02:40:52.26ID:m23pMRoj
天皇陛下が執り行う宮中祭祀や宮家当主が執り行ってる祭祀について
色々語るスレッド。

206名無しさま2018/05/29(火) 12:02:59.79ID:HAXZMrmv
>>199

その伯家神道(ネット検索情報くさい表現)、こそが宮中祭祀の
一派なのですが。。

207名無しさま2018/05/29(火) 12:11:28.37ID:HAXZMrmv
>>199
>神嘗祭における勅使(例幣使)派遣も古代より行われている行事です。
>「宮中祭祀」になったのは明治時代
>伝統を尊重するなら、伊勢神宮の祭祀に幣帛使を派遣する形に戻すべき

千年以上もの経過があるのに形式は時代に
よって変化があるのはやむをえないでしょうねえ。
それから伊勢への例幣使派遣の儀式は天皇親裁もある明治時代
以前からの立派な宮中祭祀ですよ。

208名無しさま2018/05/29(火) 12:14:36.41ID:HAXZMrmv
>>199
>春秋皇霊祭は9世紀以前よりある「春秋月次祭」を継承したものです。
>明治以降の創設ではありません。

>月次祭は応仁の乱で廃絶し、その後宮中では復活していない
>春秋皇霊祭は神式の先祖供養で、「お彼岸」の日に合わせてまとめたもの
>国家安泰と天皇の福運を祈る月次祭は別の祭祀

これも鎌倉期以降は別の形になっていますが
その内容は継承されて行われていました。
それが、明治を迎えて今の形に落ち着いたということです。

209名無しさま2018/05/29(火) 12:21:17.79ID:HAXZMrmv
>>201

>少なくとも鎌倉時代から明治になる前までは五摂家の二条家が仕切って
>大嘗祭では「譲国の儀」とセットで
>真言密教式の「即位灌頂」という出家の儀式を行っていた。

聞きかじった話で適当に創作するのはやめてください。
天皇の即位灌頂はおもに伝承を意味する儀式であり、
密教系の儀式の要素は入れてますが、僧侶も伴わずに
秘印を天照大神に向けて披露する日本独自のスタイルで
いうならば両部神道的なスタイル。とにかくこれは「出家」の儀式
などでありません。
二条家が仕切るようになったのは江戸時代から。それ以前は他の摂関家も
担当していました。

210名無しさま2018/05/29(火) 15:47:08.58ID:xyoUCBar
【90歳女性、4人はねる/茅ケ崎】 この危機の中、マイトLーヤは来られた、厳しい呼びかけを、覚悟せよ
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1527561166/l50

211名無しさま2018/05/29(火) 21:31:25.18ID:11ccwZx4
作法を教えてほしくばからの殿中でござるを経て討ち入りへと突入していくのが祭祀最大の汚点だな

212名無しさま2018/05/29(火) 22:52:26.38ID:q9dxiJwt
>>206
>その伯家神道(ネット検索情報くさい表現)、こそが宮中祭祀の
>一派なのですが。。

白川伯王家が継承していたのは、天皇ではなくて王氏や氏族が行ってきた祭祀

>>207
>千年以上もの経過があるのに形式は時代に
>よって変化があるのはやむをえないでしょうねえ。

国家神道は明治期に創設された神道系の新興宗教
明治政府は教育勅語(儒教に国家神道を継ぎ足したもの)を用いて、政治と教育と宗教の一体化を目論んだ
明治天皇、大正天皇、終戦までの昭和天皇はこれらの「作られた祭祀」「偽物の伝統」には冷淡だった

明治政府は国家神道を国教化するために神主の世襲を禁じて神社の乗っ取りを謀り、記紀系統に属していない
神々や神道以外の伝統的宗教に対して弾圧を加えた
国家神道は日本の民俗信仰の敵であり、伝統破壊者

【明治政府の宗教弾圧】
「神仏分離令」そのものが、伝統的な神仏混交・民族信仰に対する宗教弾圧。
「世襲神官の禁止」→一子相伝の秘儀が途絶える
「講の禁止」
「六十六部の禁止」
「普化宗の廃止」
「修験宗の廃止」
「僧侶の托鉢禁止」
「梓巫・市子・憑祈祷・狐下げなどの禁止」
「小祠・淫祀の廃併合」
「寺領上知の令」→寺院の困窮により仏像・寺宝が流出
「社領上知の令」
「天社神道(陰陽道)の布教禁止」
「神社合祀」
市神、寄り神、石神、姥神、産土神などが記紀系の祭神に置き換えられた。

神殿と皇霊殿を撤去して歴代天皇の位牌を宮中に戻し、明治期に創設された祭祀は廃止して、伝統的な形に戻すべき

>>208
>これも鎌倉期以降は別の形になっていますが
>その内容は継承されて行われていました。
>それが、明治を迎えて今の形に落ち着いたということです。

「別の形」というのは仏式の「先祖供養」のこと?
でも「国家安泰と天皇の福運」を祈る「月次祭」と仏式の「先祖供養」は目的も宗教も異なる行事で、同じ時代に
別個の行事として行われていた
「月次祭」を「先祖供養」と解釈した根拠を示してください

213名無しさま2018/05/30(水) 06:44:10.73ID:SKB+zJQj
いままでの幼稚な2ちゃんねるサヨ
とはレベルの違うやつが現れたたな

214名無しさま2018/05/30(水) 08:27:05.92ID:SKB+zJQj
鎌倉期以降の宮中祭祀のうち重要視
される祭祀は天皇自身が行幸して儀礼を
整える 天皇親祭であり、
仁寿殿におかれた観音像(醍醐天皇の個人的
仏事として発足した)や 経典などは
他の場所に移し、僧侶たちの供物は
神饌に供してはならないなど、
完全に仏事を 分離・隔離した神事優先・仏事排除の純神道が行われていたのである。
また、民の負担を避けるために
夜の行幸が行われるなどの民への配慮が
見られる。

大化年代には蘇我石川麻呂が
「神祇を祭鎮し、然る後に応に政事を
議すべし」と孝徳天皇に奉答した
ことなど古代、中世に仏事を制限して
神事を実行している神事優先の歴史的
事実をはじめて指摘したのは
成蹊大学名誉教授だった小島氏であり、
従来の神仏習合論一辺倒の左翼歴史学会に
一石を投じた

215名無しさま2018/05/30(水) 08:33:40.52ID:SKB+zJQj
>>212

>白川伯王家が継承していたのは、天皇ではな>くて王氏や氏族が行ってきた祭祀

新説ですが、一般的には
神祇官としての朝廷の祭祀を
司っていたのが神祇伯ですよ。
それに伯家神道は江戸時代からの
名称

216名無しさま2018/05/31(木) 23:10:41.28ID:pNCR9Jwj
>>214
>仁寿殿におかれた観音像(醍醐天皇の個人的
>仏事として発足した)や 経典などは
>他の場所に移し、僧侶たちの供物は
>神饌に供してはならないなど、
>完全に仏事を 分離・隔離した神事優先・仏事排除の純神道が行われていたのである。

神事と仏事を分離して「神事を優先」することと、「仏教を宮中から排除する」ことは全く意味が違う
「神事優先」は、「神道と仏教の宮中での共存」を前提としている
あくまでも一時的な措置として仏像などを移動させたもので、宮中から仏教を排除したわけじゃない

それと仏教と神道のどちらを重視するかは、時代や天皇によって異なっている
順徳天皇や光格天皇らは神道重視、孝徳天皇や聖武天皇、称徳天皇、花園天皇らは仏教重視
(称徳天皇は出家の身で大嘗祭を行った)

神事は次第に衰退し、15世紀から18世紀にかけては新嘗祭ですら中断していた
一方、即位灌頂はその間も継続している

歴史的に見て、「神事優先」の天皇はいたけれど、宮中から仏教を排除した天皇はいなかった
しかし明治政府にとっては、天皇が仏教に帰依したのでは国家神道国教化の妨げになる
だから天皇の宗教的伝統を蔑ろにし、宮中から仏教を排除した


>>215
>神祇官としての朝廷の祭祀を
>司っていたのが神祇伯ですよ。

「朝廷の祭祀」という表現が問題
天皇親祭か、それとも王氏や氏族が司った祭祀なのか、曖昧にしている
神祇官の長官が行ってきた祭祀を継承していたのが、白川伯王家

明治政府は国家神道強化のために、本当の宗教的伝統である仏教を排除し、その欠落を埋めるために
祭祀を創作し、本来天皇親祭でなかった祭祀までかき集めてきた

217名無しさま2018/06/06(水) 05:51:11.84ID:IPpVvoPa
。神嘗祭は古代から行われてきた祭祀で、
新穀を供える大祭です。
戦国時代以来中断していましたが、
江戸時代に復興し、
18世紀末の光格天皇が本格的に復興させています。
新嘗祭は宮中祭祀の中で最も古く、重要な祭典です。

218名無しさま2018/06/06(水) 06:02:13.92ID:IPpVvoPa
>>216

何度も述べていますが、即位灌頂は
仏教行事ではありません。
僧侶の関与はありません。灌頂水も
使いませんし。

根本的な間違いがあります。
白川家の王氏は古代氏族ではありませんよ。
少し調べればわかるはずですが。
白川家が司っていたのは「宮中祭祀」です。
これでいいですか?

219名無しさま2018/06/06(水) 06:07:28.37ID:IPpVvoPa
>>216

「本当の宗教的伝統」は神道で町ありません。
仏教は途中から侵入してきたものです。
しかも宗教的には亜流ヒンドゥー教である
密教の祈祷力が頼りにされただけで、
肝心の釈迦の教えについては、
時代ごとに異なり、伝統はありません。

220名無しさま2018/06/06(水) 06:11:42.37ID:IPpVvoPa
>>216

そもそも、
「即位灌頂」という名前だけで仏教行事
だと思い込んでいるのが浅はか。

即位灌頂自体が仏教行事ではありませんよ。

221名無しさま2018/06/06(水) 07:30:38.11ID:HbN7lyLz
古い事歴にこだわらず 新しい時代に沿った儀式にしないと
人心から離れるばかりになるぞ。

それにはどうしたらよいかをこそ提案してくれ。

222名無しさま2018/06/06(水) 09:40:12.39ID:QhDNtTjC
人心が離れているのは儀式を理解できない人種を日本に移民させているから
知人の中国道士が中国南部の道観に赴任する前に儀式所作の稽古をしてたんだが
「悪霊を払らう儀式」というのは、例えば中国軍が犯罪者対して掃討の軍事行動をしたというのがまず事実としてあって
それを日本に通達すると、「お祓いという神事があった」とされて神主がお祓いの所作をする儀式になるが
中国南方の奇天烈道教儀式の地域は、祓うって何?悪いものって何?を理解させるのに
道士がありとあらゆる掃除の動作をして見せるんだとげんなりしてたんよ

223名無しさま2018/06/08(金) 01:09:54.81ID:frxUlbJ5
>>218
>何度も述べていますが、即位灌頂は
>仏教行事ではありません。

即位灌頂は摂関家の伝授によって、天皇が印を結び、真言を唱える仏教儀式
本地垂迹では真言密教の大日如来が本地で、アマテラスはその垂迹と見なされていた


>根本的な間違いがあります。
>白川家の王氏は古代氏族ではありませんよ。
>少し調べればわかるはずですが。

古代の神祇官の長官(神祇伯)を任命されていたのが、中臣氏藤原氏ら氏族、王氏(皇親、諸王)
そして、花山天皇の血筋の白川家(氏族、神祇伯として王を称す)が受け継ぐようになったということ
何か間違ってるかな?

>白川家が司っていたのは「宮中祭祀」です。
>これでいいですか?

白川家は天皇親祭ではない祭祀を司っていたわけでしょ
神殿や皇霊殿は、明治時代に国家神道強化のために設けられた施設
国家神道は新興宗教であり、政府ぐるみで神社を乗っ取り伝統的宗教を弾圧したカルト


219 名無しさま 2018/06/06(水) 06:07:28.37 ID:IPpVvoPa
>>216

>「本当の宗教的伝統」は神道で町ありません。
>仏教は途中から侵入してきたものです。
>しかも宗教的には亜流ヒンドゥー教である
>密教の祈祷力が頼りにされただけで、
>肝心の釈迦の教えについては、
>時代ごとに異なり、伝統はありません。

仏教の影響を排除するということは、伊勢神宮や出雲大社の社殿も破壊しなければならなくなる
ああいう立派な社神建築は寺院建築の影響で作られるようになったもので、仏教が伝来する前にはなかった



220 名無しさま 2018/06/06(水) 06:11:42.37 ID:IPpVvoPa
>>216

>そもそも、
>「即位灌頂」という名前だけで仏教行事
>だと思い込んでいるのが浅はか。

>即位灌頂自体が仏教行事ではありませんよ。

で、「仏教行事」じゃないのなら、何なの?「神事」?
「神事」なのに、天皇が印を結んで真言を唱えるの?
肝心のところが書かれていない

224名無しさま2018/06/08(金) 05:30:00.83ID:fzTdJclS
神式や仏式を抜け出てやってほしい。
一家の中の儀式は好きなようにやればいい。だが、
国の儀式としてのものは宗教を抜け出たところでやって貰いたい。
そうしないと「国民の統合として」の内実にそぐわなくなる。国民が分裂する。

225名無しさま2018/06/08(金) 12:25:53.70ID:Tao4cmyY
>>224

それは、あなたが近代科学信仰か
マルクス的唯物事観を
崇拝しているから、そう思うだけです。

それも、もはや20世紀の遺物なんですがね。

226名無しさま2018/06/08(金) 18:05:22.76ID:fzTdJclS
思いっきりの紋切り型。
聞くのもハズイ。

227名無しさま2018/06/09(土) 08:47:23.39ID:aeH+xkv9
そもそも左翼は宗教自体が嫌いなんだから
仏教擁護してるのは、ただ神道を
攻撃するために利用してるだけ

228名無しさま2018/06/09(土) 13:54:33.86ID:h0sZX0Ir
>>220

密教風神事でしょうな。
理由はすでに述べた。

229名無しさま2018/06/09(土) 14:01:35.70ID:h0sZX0Ir
>>219
影響を完全に排除するとは誰も言っていません。
そもそも、それは一つの説に過ぎません。
また伊勢神宮は古代の倉庫、出雲大社は古代の住居をもとにしているといわれ
仏教建築とは一線を画しています。

230名無しさま2018/06/09(土) 14:07:48.86ID:h0sZX0Ir
>>223

だいたい全て間違いですね。
明治維新を迎えて、白川家、吉田家より神道の秘伝は宮中に
そのほとんどが還されました。その経緯があって神殿や皇霊殿が
できたわけで、そして、現在の宮中祭祀が整備再編されたのです。
新興宗教ではありませんよ。

231名無しさま2018/06/11(月) 23:23:55.01ID:L219y7D3
>>228
>密教風神事でしょうな。
>理由はすでに述べた。

「密教風」と言うのは「密教由来の儀式が非仏教化して神事に取り込まれた」という意味?
それとも「神仏習合で密教儀式と神事が一体化した」ということ?
前者なら即位灌頂は完全に神道化しているから、神仏分離の立場でも廃止する必要はないはず
神仏分離令発布時、非仏教化した仏塔などは撤去されず、神社に残されている
後者なら即位灌頂は純神道に反する神仏混淆の宗教的行事と見なされて、廃止されたことになる


>>229
>影響を完全に排除するとは誰も言っていません。
>そもそも、それは一つの説に過ぎません。

ではどの程度仏教の影響を認めるかという問題だね
そうすると、皇室の仏教完全復活の選択肢もあり得る

皇室と仏教の関わりは6世紀から
新嘗祭の最も古い記録は皇極天皇、記紀が編纂されたのは8世紀
仏教と皇室の関わりは、神道に劣らない歴史を持っている

>また伊勢神宮は古代の倉庫、出雲大社は古代の住居をもとにしているといわれ
>仏教建築とは一線を画しています。

神殿を設ける発想そのものが仏教伽藍の影響
神像も、仏像の影響で制作されるようになった
神仏分離の立場から見て、神像は破棄すべきだと思う?

神道は道教や仏教といった他の宗教の影響を受けて成立したし、そもそも宗教はそういうものでしょ
「復古神道」なんて、本当に実行したら神殿も神像も破棄して原始のアニミズムまで戻らないといけなく
なってしまう


>>230
>だいたい全て間違いですね。
>明治維新を迎えて、白川家、吉田家より神道の秘伝は宮中に
>そのほとんどが還されました。その経緯があって神殿や皇霊殿が
>できたわけで、そして、現在の宮中祭祀が整備再編されたのです。
>新興宗教ではありませんよ。

だから、天皇親祭でない祭祀を天皇親祭に変えたわけでしょ
それは伝統のでっち上げ
実際に行われていた儀式が本物の伝統で、行われもしなかったのに伝統を騙るのは偽物

古代から孝明天皇まで、天皇の葬儀は仏式で、こちらは偽りのない伝統なのに、宮中から排除されている
宮中から仏教を排除したせいで、国民の心性と天皇の宗教に隔たりが生じてしまった

232名無しさま2018/06/12(火) 19:56:27.13ID:KdQCMrtq

その通り。
明治になる僅か28年前に崩御の光格の際に「天皇」号が約900年ぶり55人ぶりに復活した。
奈良時代の国家仏教と、神仏習合儀式のルネッサンスを理想として
役行者に「神変大菩薩」の神号を追贈するなど、活躍した事跡を称えて
皇統譜上での「天皇」諡号復活となったもの。

大嘗祭に際に真言宗のパスワードである「真言」を唱える、、、これが真言密教、仏教式でないなどと誤魔化す
のは無理、無理!www

233名無しさま2018/06/13(水) 03:25:38.27ID:UV90kPFy
大嘗祭「の」際に
に誤字訂正な。

234名無しさま2018/06/14(木) 21:02:01.48ID:i1zcHlIv
>>231 >>232

ハウツー本しか読んでないから、そのような解釈になるんですね。
具体的な印や真言を御存じですか?それはどこの寺が主張していますか?

そもそも、皇室の家宗は神代より一貫して神道です。
仏教は個人的な信仰という扱いです。

>>230
>天皇親祭でない祭祀を天皇親祭に変えたわけでしょ
>それは伝統のでっち上げ
>実際に行われていた儀式が本物の伝統で、行われもしなかったのに伝統を騙るのは偽物


んなことない。原因は貴殿の頭が固すぎるだけであろう。
諸事情により親祭できないことを章典長に代行させたり、
また戻したり、べつに今でもあることです。

235名無しさま2018/06/14(木) 22:07:25.65ID:p/DGB74I

神代に「しんとう」なんてのは無い!www
復古神道→国家神道の後期国学者や水戸学のチンピラが創作した「古神道」は「かんながらのみち」、、、であり、
それは世界史的には日本独自なんてもんではなく、どこの野蛮国にもある
トーテミズム、アニミズム、シャーマニズムに行き着くだけのことw

「古神道」とは、こうでなければならなかった、、、という創作で
最初から「しんとう」というのは浅はか!w
それなら
「天皇」諡号を創始した天武は何で壬申の乱に先立って
吉野の山中で
「出家」したのか?説明してみろ!www
ちゃんと日本書紀に書いてあることw

伊勢の式年遷宮を始めたのは女房の持統天皇からにすぎないw
天皇という皇統譜上の諡号が始まる前の大王の時期から
既に仏教は欠かせない影響を与えていた。
生前譲位の直近の前例の明治になる28年前に崩御の光格天皇の事跡から
奈良時代の国家仏教を理想としたルネッサンスを取ってしまったら何も残らないw

光格から900年ぶり、55人ぶりに「天皇」諡号が復活したんだぞw

236名無しさま2018/06/15(金) 08:58:23.56ID:y5Ar12Rc
で、今回の即位はどうせい言うてはりますのん?

237名無しさま2018/06/15(金) 09:21:51.86ID:ZQ1RFavz
>>235
>どこの野蛮国にもある
トーテミズム、アニミズム、シャーマニズムに行き着くだけのことw

痛い20世紀欧米脳。
最新の学説も勉強せずに時代遅れのステレオタイプの説を繰り返すだけ。

>「天皇」諡号を創始した天武は何で壬申の乱に先立って
>吉野の山中で
>「出家」したのか?説明してみろ!www
>ちゃんと日本書紀に書いてあることw

それって政治的な理由からですよね。宗教的な理由があったという
新説ならぜひ解説をお願いします!

>伊勢の式年遷宮を始めたのは女房の持統天皇からにすぎないw

制度化されたのがな。しかも飛鳥時代からなら世界史的にも立派な
伝統ですね。

>光格から900年ぶり、55人ぶりに「天皇」諡号が復活したんだぞw

そりゃ当時は上皇(院)になるのが通例だったからしかたないな。

238名無しさま2018/06/15(金) 09:25:11.04ID:ZQ1RFavz
>>235

>国家神道の後期国学者や水戸学のチンピラ


吉田松陰は暴走族のチンピラと主張する原田氏とまったく同じ主張ですな

239名無しさま2018/06/15(金) 16:17:44.61ID:hPILi0va
>>237
w
何が上皇になるのが慣例だから「院」だよ?www
村上天皇の次の冷泉「院」から
江戸時代後半の光格天皇の前の
後桃園「院」まで安徳を例外として
「院」がミカドの諡号、上皇、法皇も全て「院」。
約900年間、天皇とは云わなかったと言ってるのが理解できない阿呆!!!w

240名無しさま2018/06/15(金) 16:22:54.03ID:hPILi0va
法皇帝説の538年、仏教が公伝された時に物部氏が司っていた
「かんながらのみち」、、、は「古神道」などと呼ばれてはいないwww

そんなもん復古神道の連中が、古神道とは日本独自のそういうものでなくてはならなかった、、、
などと勝手に創作したことw

かんながらのみち、、、がどこの野蛮国にもあるトーテーミズム、アニミズム、シャーマニズムの流れではない
日本独自のものだというなら、証明してみろよ!w

241名無しさま2018/06/15(金) 16:28:55.14ID:hPILi0va
高校の日本史教科書で一番、権威のある山川出版「詳説日本史」で
最初に登場した「しんとう」は
本地垂迹説の天台宗の「山王一実神道」と真言宗の「両部神道」。

鎌倉時代の元寇で神本仏迹説の「度会神道」=「伊勢神道」が生まれ
室町時代に吉田神道=
「唯一神道」が生まれたが仏教からの独立は果たせず。
江戸初期に儒教ミックスの「垂加神道」が登場する。

幕末になってようやく後期国学者や水戸学のチンピラどもが創作した「復古神道」が近代天皇制創作の
「国家神道」になったw

242名無しさま2018/06/15(金) 17:41:46.38ID:wDgLsyk7
【大地震なら、W人工″】 プーチンは知っていた <46分> は、核の起爆時刻、電子制御だから、正確
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1528509829/l50

243名無しさま2018/06/16(土) 06:21:48.53ID:Rlu78tD+
記紀神話から125人全員を「天皇」諡号に書き換えた
「皇統譜」は、今から98年前、大正9/1920年からにすぎないw

「日本」の国号、「天皇」諡号を創始したのは神話起算で40代、41代の天武、持統天皇夫婦から。
その前の39人の最初の8人は「欠史8代」と言われるように一人125歳平均生きた割りには神武以外
何のエピソードもなく不自然で125歳×8=1,000年は明らかにサバ読みw

奈良時代に淡海御船が、倭の大王に、神武だの安寧だのというかっちょいい「漢風諡号」を創作したw

天武以来醍醐/村上天皇まで22人、23代で「天皇」諡号は途絶え、次の冷泉「院」から約900年、江戸時代後期の
後桃園「院」まではミカドも、上皇も法皇も「院」だったのだw

後桃園「院」で男系断絶し、閑院宮家から入った光格が、仏教文化のルネッサンスをした、、、
役小角に「神変大菩薩」神号を追贈など、、、したその伝統文化復興の事跡を称えて
明治になる28年前に崩御した際に光格「天皇」諡号が900年ぶりに復活したのである。

生前譲位の→仁孝→孝明→明治→大正→笑話→今上と全部足しても29人ぐらいしか本当は
「天皇」諡号なんざ居ないのだwww

だから日本共産党の造語である「天皇制」は「近代天皇制」であり、あたかも神武以来一貫して
「天皇」などとさも呼ばれていたかのように装った1920年の「万世一系」改竄の皇統譜のインチキに
のせられた造語w

244名無しさま2018/06/16(土) 06:28:06.60ID:Rlu78tD+
だから
天皇「陛下」と言わないと正式ではないだのw
源平合戦時代に「王家」とNHK大河ドラマで呼ばせる時代考証をした本郷さんに
何故、「皇室」と呼ばせない?と抗議の電話をした馬鹿ども、
てめえらの無知蒙昧を恥じろ!www

シナ中共の皇帝を「陛下」と呼んでも
遣隋使、遣唐使は天皇に陛下と呼ぶ文化なんかシナに忖度して輸入しなかったしw
「皇室」なんて呼ぶのも明治期からの創作w

245名無しさま2018/06/16(土) 17:26:34.29ID:Q+WdH8Kt
>>234
>ハウツー本しか読んでないから、そのような解釈になるんですね。
>具体的な印や真言を御存じですか?それはどこの寺が主張していますか?

即位灌頂の実態については、二条家文書も公開されたので研究が進むだろうけど、話すり替わってない?
即位灌頂を神事と解釈しているのに廃止したのでは辻褄が合わない、という事を言った

>そもそも、皇室の家宗は神代より一貫して神道です。
>仏教は個人的な信仰という扱いです。

で、どうして明治政府はその天皇の「個人的な信仰」を排除したの?
天皇の「個人的な信仰」なら、政府は介入できないのでは?
結局、国家神道の国教化を目論んでいたから、頂点の天皇が「三宝の奴」では都合が悪かったわけでしょ
独善的排他的イデオロギーで偽伝統の国家神道を作り上げ、イデオロギーに合わない皇室や民間の本物の伝統を
破壊した

>んなことない。原因は貴殿の頭が固すぎるだけであろう。
>諸事情により親祭できないことを章典長に代行させたり、
>また戻したり、べつに今でもあることです。

「高皇産霊神(たかむすひのかみ)因(よ)りて勅(のり)たまはく、吾は則ち天津神籬(あまつひもろぎ)及天津磐境(あま
ついわさか)を起し樹てて、まさに吾孫(すめみま)の為に斎ひ奉らむ。汝(いまし)天児屋命(あめのこやねのみこと)、
太玉命(ふとたまのみこ)と、宜しく天津神籬(あまつひもろぎ)を持ちて、葦原中国(あしはらなかつくに)に降(くだ)りて、
また吾孫(すめみま)の為に斎ひ奉らむ」―『日本書紀』

「神籬磐境の神勅」は、高皇産霊尊が天児屋命と太玉命に天皇のための神祭りを命じたもの
一説には「天皇による祭祀(賢所)」とは別に、「臣下による祭祀」を行う必要性を説いたとされる
このような解釈が存在したのは、「天皇による祭祀」と「臣下による祭祀」が別の物と認識されていたから
「天皇による祭祀」を女官や掌典職が代拝した事とは、根本的に意味が異なる

246名無しさま2018/06/19(火) 16:45:26.23ID:3OVPjzOw
>>245

反論する場合は何らかのたしかなソースを元にお願いいたします。

レス目的のための根拠なき疑問や推測にはお答えしかねます。

>「神籬磐境の神勅」は、高皇産霊尊が天児屋命と太玉命に天皇のための神祭りを命じたもの
>一説には「天皇による祭祀(賢所)」とは別に、「臣下による祭祀」を行う必要性を説いたとされる
>このような解釈が存在したのは、「天皇による祭祀」と「臣下による祭祀」が別の物と認識されていたから
>「天皇による祭祀」を女官や掌典職が代拝した事とは、根本的に意味が異なる

文脈が読めていないか、自分で引用した文章を理解できていないようですね。

247名無しさま2018/06/19(火) 17:00:20.81ID:3OVPjzOw
>>239 >>234 >>244

断片的な知識で大騒ぎしすぎですよ。

日本文化を理解していないからそうなるんですよ。

日本のおくゆかしい文化ではそもそも高貴な人や役職を直接表現することは

避けるんですよ。だから御門や禁裏と言った表現をしていますよね。

あなたの話しが妥当であるならば江戸時代の「将軍」もいなかった

ことになりますよ。

そもそも文章表現が汚い。日本文化を理解できていない人の書き込み

ですね。

248名無しさま2018/06/19(火) 18:00:50.07ID:uzJ6amtH
瑣末の薀蓄や思い入れははいいから 今回の即位式はこうあれという骨太の提案をしてくれ。

249名無しさま2018/06/19(火) 19:51:28.62ID:m+9BoKIz
>>247
w
何の具体的な反論もできない低脳の寝言!www

250名無しさま2018/06/20(水) 18:28:56.98ID:Bi4lTM2p
皇室祭祀と大袈裟に言っているけど、やっている事は土人の占い師と同じこと。

251名無しさま2018/06/20(水) 19:37:40.52ID:srzQk0K3
>>248
椿山荘でスモークをたきながらゴンドラで降りてくればいいよ

252名無しさま2018/06/21(木) 14:05:26.74ID:m+Y/atgL
実際、宮内庁や皇族どもの側近は帰化チョンばかりだろ

見たことあるぞ。国賊皇族の近くにいる奴。邪悪なチョンの女ども。目つきが邪気にあふれていた
薄汚いチョン。汚れたチョン皇室

国賊皇族は作り笑顔で装っているが

253名無しさま2018/06/21(木) 16:37:39.43ID:YFX+XzKS
品性下劣。頭貧弱。

254名無しさま2018/06/22(金) 19:51:18.94ID:R3HjFXnb
>>246
主張がよく分からないのだけれど、そちらが即位灌頂を仏教行事ではなく神事だと認識しているとして、その
神事の即位灌頂は廃止すべきなのか復活すべきなのかどっち?


>文脈が読めていないか、自分で引用した文章を理解できていないようですね。

間違えているところを、具体的に指摘してください


〇宝鏡奉斎の神勅
「吾(あ)が児(こ)、この宝鏡(たからのかがみ)を視(み)まさむこと、まさに吾(あれ)を視るがごとくすべし。ともに床
(ゆか)を同(おな)じくし、殿(おほとの)を共(ひとつ)にして、斎鏡(いわひのかがみ)とすべし。」

伊勢神宮・内宮 祭神「天照大神」 斎宮「皇女、女王」南北朝時代に途絶
賢所 祭神「天照大神」 祭主「天皇」

〔明治以降〕
伊勢神宮・内宮 祭神「天照大神」
宮中三殿・賢所 祭神「天照大神」 祭主「天皇」


〇神籬磐境の神勅
「高皇産霊神(たかむすひのかみ)因(よ)りて勅(のり)たまはく、吾は則ち天津神籬(あまつひもろぎ)及天津磐境(あま
ついわさか)を起し樹てて、まさに吾孫(すめみま)の為に斎ひ奉らむ。汝(いまし)天児屋命(あめのこやねのみこと)、
太玉命(ふとたまのみこ)と、宜しく天津神籬(あまつひもろぎ)を持ちて、葦原中国(あしはらなかつくに)に降(くだ)りて、
また吾孫(すめみま)の為に斎ひ奉らむ。」


神祇官神殿(八神殿)神祇官西院 祭神「八神」 祭主「神祇官」
→吉田神社、白川家邸内 祭神「八神」 祭主「神祇官代(神祇大副吉田家、神祇伯白川伯王家)」

〔明治以降〕
宮中三殿・神殿 祭神「天神地祇、八神」 祭主「天皇」

255名無しさま2018/06/22(金) 20:14:56.78ID:thiF6dpT
>>254

神祇官神殿(八神殿)神祇官西院 祭神「八神」 祭主「神祇官」
→吉田神社、白川家邸内 祭神「八神」 祭主「神祇官代(神祇大副吉田家、神祇伯白川伯王家)」

〔明治以降〕
宮中三殿・神殿 祭神「天神地祇、八神」 祭主「天皇」



この繋がりをご理解できていないようですね。

256名無しさま2018/06/22(金) 20:28:47.26ID:thiF6dpT
>>254
>主張がよく分からないのだけれど、そちらが即位灌頂を仏教行事ではなく神事だと認識しているとして、その
>神事の即位灌頂は廃止すべきなのか復活すべきなのかどっち?

そもそも即位灌頂は本来仏教行事ではありません。
古代インドの即位行事に由来するものです。
そして当時日本で使われていた「灌頂」の意味するものは
最終的な継承を意味するもので、日本では密教用語に由来するものの
即位以外にも他の芸能の継承にも使われていた「用語」です。

そもそも仏教行事ではないことと、即位式が日本古来の即位式の上に
7世紀の国際的基準であった中国王朝・唐の様式を取り入れた
セレモニー的要素の強い儀式であることを考慮すれば即位灌頂の
復活はありだと思います。
ただし、まかり間違っても仏教行事であると誤解して僧侶などを
介入させないようにしなければなりません。それは本来の形では
ありません。

新着レスの表示
レスを投稿する