【航空】三菱航空機、MRJ生産を来春再開へ

1田杉山脈 ★2018/07/10(火) 18:23:23.91ID:CAP_USER
三菱航空機(愛知県豊山町、水谷久和社長)は国産小型ジェット旅客機「MRJ」の生産を2019年春にも再開する。協力会社に通達した。17年に公表した5度目の納入延期で中断していた組み立て工程を再開し、20年半ばの初号機納入以降の量産体制を整える。具体的な生産計画は示していないが、人員確保が難航しており、生産レート(単位時間当たり生産量)引き上げが課題になる。

 同社は協力会社を集める月例会合を復活し、生産再開時期を伝えた。ただ協力会社は生産中断で人員を削減しており、生産レートは中断前の月産1機に満たない状況での再開となる模様。最大生産機数は月産10機としているが、実現には時間を要しそうだ。

 一方、部品加工の再開についても一部の協力会社に通達した。今のところ協力会社が生産中断前に納めた部品の在庫があるが、今後の組み立てのペースをみつつ順次、各社に再開を依頼していくとみられる。

 同社はMRJの就航に必要な航空当局の型式証明取得のため、米国で飛行試験を実施中。納入延期の原因となった設計変更を反映した機体の生産を始め、20年半ば以降に備える。

 MRJには座席数88の「90」と同76の「70」があり、70が生産の主流になるとみられる。三菱航空機は70を21年後半から22年前半に投入する計画を示している。

2018年7月10日
https://newswitch.jp/p/13633

219名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 01:41:18.60ID:pap6kKDQ
モーゼスレイクの最初の4機は原設計のまま試験飛行を行なっているが、

これは今回の設計変更が性能、燃費、システムの機能に影響がないため、
原設計のままで飛行試験を続けて差し支えないためらしい。後で修正OK?

220名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 01:45:03.52ID:uyHZzGj+
>>219
三菱は必死に認めて貰おうとしているけど設計からやり直しているから
そんなことはまず不可能。
試験飛行はほぼ全部やり直しになる。

221名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 01:46:24.97ID:pap6kKDQ
>>214
それMRJ70の事言ってるんだろ今年の秋に完成する

今試験中なのはMRJ90な、確か5機ほど試験中。

222名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 01:48:42.30ID:uyHZzGj+
>>221
今あるどの試験機も設計変更前の機体。
設計からやり直しているから量産機とはまったく別の機体で今いくら飛ばしても試験にはならない。

223名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 01:49:04.99ID:pap6kKDQ
>>220
お前もシツッコイ男だの、変更はケーブルのルートが問題なだけで
機体性能には関係なしと、技術専門家が何度も繰り返してる。

224名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 03:36:27.30ID:seOL/XeB
エンブラエルは早速ご購入
MRJは誰も興味なし
w

225名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 04:04:21.46ID:JFM31Y4+
座席数で比較すると、E175-E2は1クラス92席の「MRJ90」と競合する。

一方、エンブラエルには1クラス78席の「MRJ70」にあたる次世代機が存在しない。

静かなエンジン音
15日のメディアフライトは、午前10時30分にファンボローの駐機場を出発。
隣には全日本空輸(ANA/NH)のカラーリングを施したMRJがおり、注目を集めていた。

226名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 04:41:54.23ID:JFM31Y4+
「スコープクローズ」労働協約

このアメリカの法に対処する現時点で方策を持っているのは三菱航空機だけです。
それがMRJ70の存在です。エンブラエルもボンバルディアも対応機種を持ってい ません。
これが最近のメディアがMRJに対して高評価を しだした大きな要因です。

227名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 06:35:21.33ID:uyHZzGj+
>>223
重量過多を解決するために基本設計からやり直しになったのになにほざいてんだ?

228名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 08:30:48.05ID:Y2u5ng+X
>>184
利権の本丸三菱を監視しておけ、アホが

229名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 08:31:35.65ID:Y2u5ng+X
>>225
P&Wの技術力(笑)

230名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 10:32:28.31ID:zohRV9TP
米ジェットブルー創業者、エアバスA220発注で詰めの協議(ブルームバーグ 2018.7.16)

米格安航空会社ジェットブルー・エアウェイズの創業者、デービッド・ニールマン氏と投資家グループは、
欧州エアバスと60機のA220購入に関する交渉をまとめることを目指している。
事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。
非公開協議だとして匿名を条件に話した関係者によると、最終的なハードルを乗り越えれば、
今週中にも英ファンボロー国際航空ショーで合意が発表される可能性がある。
こうした交渉結果に至るには幾つかの障害を解決する必要があると、関係者の一人は詳細に触れずに話した。
今回の交渉が航空機の発注につながるとの保証はない。
発注はニールマン氏と投資家グループによるもので、ジェットブルーは含まれない。
ニールマン氏は米国で新たな格安航空会社の設立を検討していると、
業界誌エアライン・ウイークリーやエアファイナンス・ジャーナルが先月報じていた。

231名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 15:38:50.85ID:TI8AjN6m
「スコープクローズ労働協約」、現時点で対処方策を持ってるのは三菱航空機だけです。
  
このアメリカの法に対処できる次世代旅客機、それが「MRJ-70」の存在です。

エンブラエルもボンバルディアも対応機種を持ってい ません。
これが最近のメディアがMRJに対して高評価を しだした大きな要因です。

232名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 18:18:53.13ID:zksKN5o3
>>231
来年90席に緩和されるのに
再来年完成予定で70なんてつくってどうすんの。

アメリカの航空会社だって緩和がわかっているから
「70なんてゴミはいらん 90をさっさと寄こせ!」
と契約変更に一切応じてくれないだろ。

233名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 23:20:32.03ID:wcpLT81Y
エンブラエルは80席クラスのE175-E2を2020年に引き渡す予定だったが、
2019年の規制緩和を考慮して2021年に延期し、新条項適合機として販売することを発表した。

234名刺は切らしておりまして2018/07/17(火) 23:29:50.11ID:wcpLT81Y
>>233  の2019年の規制緩和も、確証はないそうです。

235名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 00:10:57.71ID:MJ+3TNvY
ブラ公が本気だしたらE2をベースに70席の機体なんて余裕で作れちゃうだろ

236名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 00:34:03.74ID:Gc2NeGBz
>>235
PW1715エンジンは重量が大きいので
E170クラスの小さな機材ではGTFエンジンのメリットが生かせないというのが
エンブラエル社の結論だったかと。
機体規模が小さいと、現行E170用のCF34-8Eエンジンの「軽さ」のほうに利があるらしい。
新開発のアスペクト比が大きい新型主翼へのマイナーチェンジはあるかも知れないけど。

237名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 13:01:48.64ID:N3zrhldi
>>227
基本設計って具体的にどこよ?
変更箇所は電子機器の配置だから構造とか空力などは変わらないはずだが?

238名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 16:04:50.56ID:Vk8+A+3r
重量の問題解決するために構造から見直しが必要になったから
新しい機体を作ることになったんだけど。

239名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 17:41:05.58ID:XOtYTxgE
>>238
重量の問題って「座席数は最大76席、最大離陸重量39トン以下」っていうアメリカの
スコープ・クローズ協定に引っ掛かるって話で、それを解決するために90席を70席に
減らしたMRJ70があるんじゃん。
MRJ70が重量問題で引っ掛かったって話が無いのに、どうして重量の問題解決のために
構造からの見直しが必要となるんだ?

240名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 18:02:20.21ID:Vk8+A+3r
どこも90席拡大を見越して開発している。
三菱だけ重量制限クリアできなかったから70席に減らした機体をメインにした。

といってもMRJが受注しているものはほぼ全てが90席仕様で
完成時には旧い仕様になる70席の機体の需要はない。

そして肝心の90席仕様は完成の目処がなく未だにいつ完成するかわからない。

241名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 18:04:50.33ID:Vk8+A+3r
>>239
元々のMRJ70は受注がほとんどなかったから開発凍結状態だったんだよ。
90の開発が失敗したから座席減らして急遽70として仕立てた。

242名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 18:23:27.95ID:kkzJaJB1
>>240
そして、70席の開発を大英断のように語る大三菱w

243名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 18:34:53.79ID:7/xN0qpF
>>213
> つまり毎年1兆円は売れる

その半分も生産できません。w

244名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 18:36:28.27ID:PE+y31vi
ファンボローでリパブリック航空がE175確定100機発注
E2への変換オプションも有り

245名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 18:42:29.27ID:EGZHEYnH
最大離陸重量は標準型で、 MRJ90:39.6 ton、 MRJ70:36.9 ton。36.9トン36.9 トン
MRJ70型の1番機は全体での8号機になり、現在最終組立て中で2018年末に完成する。

2017年1月に型式証明に関わる規則の理解が不十分だったことが判明、これへの対処で
開発作業がさらに2年間遅れざるを得なくなった。すなわち最新の規則に盛り込まれている
機体内部での爆発や多量の浸水などの異常事態に対する設計の見直しが必要となった。
これがアビオニクス室の設計変更と配線ハーネスの見直し作業である。

アビオニクス室の設計変更と関連部品の製造は2017年10月に始まった。
これに伴う新しい配線ハーネスの形状が決まり、現在新設計6号機 (JA26MJ)と7号機 (JA27MJ)
には、前述のようにこれらの変更が組込まれる。5号機は設計変更をしていない最後の機体だが、
これには後日部分的に改修が行われる。
最初の4機は原設計のままで、モーゼスレイク(Moses Lake, Washington)で試験飛行を
おこなっているが、これは今回の設計変更が性能、燃費、システムの機能に影響がないため、
原設計のままで飛行試験を続けて差し支えないためである

:(三菱航空機)近代的な塗装工場で白色塗装を終えたM6号機(機番JA26MJ)7号機 (JA27MJ)
垂直尾翼にはMRJ90と書かれている。
http://tokyoexpress.info/wp-content/uploads/2018/01/c1b2fef1ae2c962ae6ea0f644fb10f0e.jpg
http://tokyoexpress.info/wp-content/uploads/2018/01/d23ceef8e80c718be05e5b99d33a85b3.jpg
:(三菱航空機) 塗装工場で白色塗装を終え最終組立工場に搬入された2機 (機番JA26MJ、JA27Mk)。
2018年末の完成を目指している。

246名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 18:56:18.66ID:EGZHEYnH
>どうも日本語理解力の弱い外人さんが多いのか、同じことを何度も説明せにゃならんの。

1〜5号機は旧設計の・・・・・・・・MRJ90型

こちらは変更後新設計
M6号機(機番JA26MJ)・・・・・・・MRJ90型
M7号機 (JA27MJ) ・・・・・・・・・・・MRJ90型
8号機MRJ70型の1番機・・・・・・MRJ70型

247名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 19:05:02.12ID:XOtYTxgE
>>240
>三菱だけ重量制限クリアできなかったから70席に減らした機体をメインにした。

「三菱だけ」って、それ本当?
単にボンバルディアのCRJ900NextGenが最大90席で最大離陸重量39t以下を
実現しているのは分かるけど、そのボンバルディアも今後主力となるCシリーズは
スコープ・クローズ協定を前提としていないから一番小さい100席クラスのCS100で
最大離陸重量54.9tって状況だし、
エンブラエルにしても一番小さいE175-E2が88席で最大離陸重量44.8tだから
MRJよりも大幅に重量オーバーしていて70席モデルをメインにすることが
物理的に出来ない状況だし、
中国のARJ21だってARJ21-900は最大離陸重量43.6tでARJ21-700でも40.5tだから
スコープ・クローズ協定には引っ掛かるでしょ。
CRJ900NextGen以外に90席クラスで重量制限をクリアした機体って何処の何さ?

>といってもMRJが受注しているものはほぼ全てが90席仕様で
>完成時には旧い仕様になる70席の機体の需要はない。

これも結局はスコープ・クローズ協定次第じゃないの?
エンブラエルが目論むように2019年の協定緩和が実現すればMRJ70の出番は
無くなるけれども、その場合は予定通りMRJ90を売れば良いだけだし、
逆に協定緩和が行われなかった場合はMRJ70は旧い仕様どころか
北米で最もスタンダードなリージョナルジェットの仕様になるでしょ。

>そして肝心の90席仕様は完成の目処がなく未だにいつ完成するかわからない。

いつ完成するかは分からないけど、少なくとも計画上はMRJ90の納入開始から
一年後にMRJ70を完成させる予定でしょ。
MRJ70がメインになったところで先に完成することは無いと思うけど。

>>241
>元々のMRJ70は受注がほとんどなかったから開発凍結状態だったんだよ。
>90の開発が失敗したから座席減らして急遽70として仕立てた。

で、君のその主張の何処にもMRJが機体を新たに設計している根拠が無いんだけど?

248名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 19:39:47.97ID:Vk8+A+3r
>>247
根本から設計変更やっていなければテスト機を
新しく作り直す必要なんてない。

現実見ろボケカス。

249名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 19:47:46.87ID:XOtYTxgE
>>248
制御装置を分散配置すると共に屋根裏や壁面や床下に張り巡らされた配線ハーネスを
敷き直そうと思ったら内装を一度全部除去した上に改めて内装を入れる必要がある訳で、
普通に考えれば試験機を改修するよりも試験機を新しく組んだ方が早くて安いでしょ。
特に、少しでも早く認定を取りたい今の時期だと費用以上にスケジュールが優先されるし。

CRJ900NextGen以外に90席クラスで重量制限をクリアした機体も具体的に
出してこないし、現実を見ていないのは君の方じゃないか?

250名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 19:53:34.01ID:+uDR5WhE
>>248
根本から設計変更やっていたらテスト機を新しく作り直すのを
こんな短い期間で出来るわけがない。

現実見ろマヌケ。

251名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 20:04:02.48ID:Vk8+A+3r
>>250
短くねーよ。
設計変更始めてから何年かかってると思ってんだ。

252名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 21:50:23.28ID:019wfBMp
ボンバルディアCRJ900 席数90席、最大離陸重量, 36,5 t. (39t以下でOK)
                 2001年製旧型 (席を外して76席にすればOK)

253名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 22:11:22.42ID:gUcCEU0k
>根本から設計変更なんてしない、  

変更箇所は型式証明に関わる最新の規則に盛り込まれている
機体内部での爆発や多量の浸水などの異常事態に対する保護設計。

アビオニクス(電子機器)室 の設計変更と配線ハーネスの見直し作業だけ。

254名刺は切らしておりまして2018/07/18(水) 22:56:32.46ID:/gHWwQ1t
アビオニクスの収容場所を変えたら重心バランス変わっちゃうじゃん

255名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 08:57:35.52ID:GBbEEXCn
>>254
フネのノリで適当にバラスト積めば無問題よ

256名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 10:14:23.02ID:nvN3OwXo
>>251
重量の問題が出て来たのが2016年8月23日、設計変更したJA26MJがいつから
製作されていたかは分からないが塗装に入ったのは2017年10月18日。
すっげー短いな。

257名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 10:29:47.02ID:Y+CKIgtY
「飛べねえ飛行機はただの鉄クズさ」

258名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 11:33:24.41ID:/iG+gFKL
>>256
そこから2年って時間かかり過ぎだから。
まったくゼロから始めるんじゃないんだから普通はもっと短い。

259名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 11:55:57.59ID:nvN3OwXo
>>258
自動車のマイナーモデルチェンジですら開発期間3年、フルモデルチェンジだと5年は掛かるのに
飛行機が設計変更を始めてから2年で完成してないのが時間かかり過ぎとか常識外れだろ。
ボンバルディアですらCRJでNextGen開発するのに4年前後かかってるのに、「普通はもっと短い」って
具体的にどこのモデルを見て言ってるんだ?

260名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 11:58:29.12ID:e/v0lmR5
>>257
失礼だな
アルミ屑だからもうちょっと価値あるよ

261大島榮城 ◆n3rBZgRz6w 2018/07/19(木) 12:58:34.27ID:o/nqudja
ケーブルのルート

電子回路


どうして良いかみんな解ってない、が
いまのでは問題


しかし、変更しても中国の理系と利益だけならしたくないな

262大島榮城 ◆n3rBZgRz6w 2018/07/19(木) 13:00:54.43ID:o/nqudja
石川島播磨は、宛てにならないけど、あれとジェットエンジン関係と繋いだ
つなぎ直した、それが設計変更だろ

あと、またアース処理か、しかしな・・・

263名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 13:54:17.63ID:jKPlJAKg
【ファンボロー航空ショー 2018】
北海道エアシステム、ATR 42-600型機を3機発注。「高品質で快適、座席数が最適」と桑野社長
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1133622.html
 イギリス・ファンボロー空港で7月16日〜22日(現地時間)、世界最大規模の航空ショー
「ファンボロー国際航空ショー(Farnborough International Airshow)2018」が開催されている。
会期前半の16日から20日は航空業界向けのトレードショー、後半21日と22日は一般向け公開日となっている。
会場では、民間向け/軍用の航空機の静的展示や飛行展示、カンファレンス、航空機購入についてのアナウンスなどが行なわれる。
 会期3日目の18日、HAC(北海道エアシステム)はフランスの航空機メーカーATRに対して
ターボプロップ機「ATR 42-600型機」3機を発注(確定発注2機、オプション1機)する覚書を交わし、
会場内のATRシャレー(建屋)で会見を行なった。現在運用しているサーブ 340B型機を置き換える機材で、
2020年の運航開始を予定している。
 ATR CEOのクリスチャン・シェーラー(Christian Scherer)氏は、ATR 42-600型機を
同じJAL(日本航空)グループのJAC(日本エアコミューター)が9機発注していることにも触れ、
「(ATR 42-600型機は)非常に効率的で経済的な航空機。HACと覚書を交わすことができて大変嬉しい」とコメント。
 HAC 代表取締役社長の桑野洋一郎氏は、「ATRとこれから長期にわたって協力関係を築いていきたい。
HACは札幌の丘珠町にあり、その路線は北海道内と利尻島や奥尻島などを結んでいる。
そしてHACは今年3月、誕生20周年を迎えることができた」と自社を紹介、「新しいATR 42-600型機は
座席数も増えるため、より多くの乗客を迎えることができる。寒冷地での信頼性も高く、ゆとりある客室で
快適に過ごしてもらえるだろう」と新機材への期待を述べた。
 また、桑野氏は「機材選定の決め手は」という本誌からの質問について、「3つあります。1つは機材が高品質であること、
2つめは客室が快適であること、3つめは座席数がHACのニーズにあっていることです」と回答。
合意書の締結は2018年9月を予定、納入は2019年11月を予定しており、運航開始は2020年。
導入する機材の座席数などの仕様はまだ未定という。

264名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 15:14:02.49ID:/iG+gFKL
>>259
マーケティングや企画、方向性の決定など含めての期間だろ。
修正箇所わかっている段階からのリスタートなんだからそこまで時間掛かるはずがない。

265名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 16:04:23.23ID:nvN3OwXo
>>264
マーケティングや企画、方向性の決定などを含めたらエンブラエルからERJ170の開発計画が
発表されてCシリーズやNextGenにつながる次世代モデルの検討が始まった1999年からの
足掛け8年になるだろ。

266名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 18:42:20.09ID:HmQkp7cB
2019年のスコープ・クローズ協定交渉決裂になればMRJ70大勝利なんだが。

267名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 18:47:03.87ID:IPwuBm20
E175のE2への変換オプション付きの発注見ると
規制緩和は確定だな

268名刺は切らしておりまして2018/07/19(木) 21:55:47.89ID:Y7KwL+2C
【ファンボロー航空ショー 2018】
エンブラエル、200機超のE175型機を含む計302機の受注を発表
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1133516.html
 イギリス・ファンボロー空港で7月16日〜22日(現地時間)、世界最大規模の航空ショー
「ファンボロー国際航空ショー(Farnborough International Airshow)2018」が開催されている。
会期前半の16日から20日は航空業界向けのトレードショー、後半21日と22日は一般向け公開日となっている。
会場では、民間向け/軍用の航空機の静的展示や展示飛行、カンファレンス、航空機購入についてのアナウンスなどが行なわれる。
 会期2日目の17日、エンブラエルはプレスカンファレンスを開き、航空各社との受注状況について説明を行なった。
なかでも、米国のリパブリック航空との間でE175-E2型機へ転換可能なE175型機100機の確定発注と、
E175型機100機の購入権について合意書に署名。リパブリック航空は193機のエンブラエル E-Jetを保有する
「世界最大のE-Jetオペレータ」と紹介され、スライドで計200機の受注であることが紹介されると、
会場では大きなどよめきと拍手が起こった。
 登壇したリパブリック航空 CFOのジョー・オールマン(Joe Allman)氏は、「E175型機は
リパブリック航空にとってベストな航空機で、米国市場では今後6〜7年で600機の置き換え需要があり、
このソリューションはリパブリック航空を成長させていく」と述べた。
 このほか、以下の各社が次々と合意書に署名を行なった(会見の発表順)。
確定発注と購入権を含めて計302機の受注を明らかにした。

ユナイテッド航空:E175型機 25機(確定発注)
モーリタニア航空:E175型機 2機(確定発注)
Nordic Aviation Capital:E190型機 3機(確定発注)
非公開の顧客:E195-E2型機 5機(確定発注)+2機(購入権)
Wataniya Airways:E195-E2型機 10機(確定発注)+10機(購入権)
Helvetic Airways:E190-E2型機 12機(確定発注)+12機(購入権)
アズールブラジル航空:E195-E2型機 21機(確定発注)

269名刺は切らしておりまして2018/07/20(金) 08:42:20.35ID:p0R1aA5j
イギリスのRJ85やらロッキード・マーチンLM-100Jの受託生産に事業転換したらどうだ

新着レスの表示
レスを投稿する