【講演会発言】中西経団連次期会長、日本経済の成長「デジタル推進し新価値創造」

1へっぽこ立て子@エリオット ★2018/05/24(木) 14:53:53.99ID:CAP_USER
 5月末に経団連会長に就任する中西宏明・日立製作所会長は24日、都内で開催された講演会で、日本経済の持続的な成長に向けて「産官学でデジタル化の様々な施策を推進し、顧客とともに変化と新しい価値を作っていくことが重要だ」と述べた。

 そのうえで「変化を一生懸命追いかけて迅速に動くことで成長できるというのが高度経済成長期はあったが、新しい競争者も出てきてそれだけではもうダメだ」と言及。データやデジタルを活用し産官学が一体となって変化と価値を創造していく必要性を強調した。

 講演会はイノベーションの創出によって新たな社会を造る「『Society(ソサエティー)5.0』の実現」がテーマ。中西氏は2009年3月期の巨額の最終赤字計上後の10年4月に日立社長に就任。講演会では薄型テレビ事業からの撤退や自動車機器関連事業の再建、HDD事業再建後の売却などで選択と集中によるV字回復を果たした日立の取り組みを交えて紹介した。そのうえで「今後はデータやデジタルを活用し現場の実態やニーズを見える化し、顧客とともにイノベーションを起こしていく必要がある」との見解を示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

(スレ立て依頼から)
2018/5/24 14:27
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL24HQ0_U8A520C1000000/

51名刺は切らしておりまして2018/06/01(金) 19:48:41.47ID:vBrjRASO
デジタル投票で民主主義深まる。

52名刺は切らしておりまして2018/06/02(土) 22:44:12.83ID:KnA4g56f
人間の脳が考えられる安全とはルーチンワークであって挑戦しないことです。
ですから、あなたが権威を持ち国民を指導しようとすると、他のすべての人間を機械的な人形にしてしまいます。

民主主義でも共産主義でも軍事主義でもデジタル主義でもまったく一緒なのです、
思想、主義の押し付けがあるところでは、機械的な人形しか生まれません。
それが強烈なほどに人間は古くなり腐敗していきます。

脳は使い古された知識から動きだし、
知識の範囲にいることに安全を求める腐った機械なのであって、
「わからないこと」には向かいません。過去の知識を集めて妄想を起こして、「わからないこと」からは逃避するのです。

しかしその「わからないこと」とは、「わからないこと」こそは、
それこそいま実際に起きていることなのです。

まったく「わからないこと」に達した人だけが、世界の命運を握っています。
まったく「わからない」あなたは、脳がつくりだす妄想やイメージではなくなり、
いま実際に起きている問題に深く入り込み、それを変えようとせず批評や避難をせずに、事実だけをなにも逃さずに刻々と見続けます。

あなたが現在であり、現在があなたです。
時間のないそこにはあなたがいなくなって、ただ全体があり、
脳があれとこれに分裂させてきた無秩序によってうまれた問題が消えて変容するのです。


教師や教祖などになり権威を持ったあなたは、すでに腐敗していますが、
こいつの未来は「わからないな」となれば、どうするのでしょうか?

そのこれからどうなるのか「わからないこと」、
すなわち挑戦をやめさせて、道徳や部族の教えなどの古いことを教えこむのです。
秩序のために正しいと思われているそれが、実は無秩序なのです。

権威あるあなたは、こうなるべきである、こうなるべきではないと二元論を教えこむことでしょう
理想を教え込み努力させるそれが、人間が一生抱える葛藤を生み出すのです。
この国は、自殺的です。
憲法を変えて曖昧さがなくなったと喜びながら
その厳しい二元論ゆえに自殺するかもしれません。

まずはじめに一切の思想や主義から離れた「自由」がなければ、それは自殺的なのです。

53名刺は切らしておりまして2018/06/04(月) 18:16:19.87ID:FBE8d69K
社会とはなんでしょうか?

大統領や総理や偉い人と、その他の機械的に働く人間たちでしょうか
大金持ちや共産党と、その他の機械的に働く人間たちでしょうか
絶対的存在が支配する宗教やそれを真似した国家憲法と、その他の機械的に依存している人間たちでしょうか
AIやスマホという機械と、それに支配されている機械的な人間たちでしょうか

社会とはそれらのシステムのことなのでしょうか? 
それら複雑怪奇でただの人間ひとりには理解しえないものなのが社会なのでしょうか?

しかし、どのシステムだろうと社会は混沌としていて無秩序です。

実際の社会にあるものとはそれが『Society5.0』だろうと5.1だろうと
権力と欲望、それらが生み出す恐怖、ねたみ、そねみ
快楽と、快楽があるゆえの、過去への執着と未来という現実逃避、
逃避する行動である理想、それらが生み出す葛藤、努力、悲しみ、苦痛、怒り
です。

人間社会とは、なんらかのシステムによって変わるものではなく、
そのまま人間1個の中身すべてであって、あなた個人がそのまま社会なのです。

社会のはじめにあるものが、不安定なので、
どこまでいっても、その人たちの関係でできている社会は偏狭的で不安定なのです。

54名刺は切らしておりまして2018/06/04(月) 18:18:55.33ID:FBE8d69K
しかし社会の為に、人間を変えようとすることは、更なる終わりのない無秩序となります。
「安定や秩序とは、事実あるものを違うものに変えようとしないこと」です。

恐怖、ねたみ、そねみ、快楽、執着、逃避、葛藤、努力、悲しみ、苦痛、怒り
それら自分自身にあるものを率直に見てなにも変えようとせずに全面的に直面しなければなりません。
一切ごまかすことなく事実あることに直面すると、それは深い静寂となります。

安定した社会とは、システムを変えることではつくりだせないのです。

財閥や地主のみなさんは、人間の衣食住の安定を嫌がるかもしれません
金貸しのみなさんは、人間に精神的安定が存在することを嫌がるかもしれません
宗教家のみなさんは、金貸しと同様に依存がないことを嫌がるかもしれません
教育者や権威権力を持っているみなさんは、人間に脅迫観念がなくなることを嫌がるかもしれません

社会の中枢にいる彼らによっては、安定などまったく存在しえないのです。
裕福な彼らがなにをしてきたのかはじめて気づくのは死ぬときなのであって、
残酷なことに、していることすべてがすでに遅いのです。

55名刺は切らしておりまして2018/06/04(月) 18:21:25.24ID:FBE8d69K
社会のはじめにあるものが、その結果ではないでしょうか
社会のはじめとはいつなのでしょう? その一番はじめにあるものとはなんでしょう?

むろん、あなたともう1人との二人の関係が社会のはじめなのであり、
その二人の関係が、人間全体すべての人たちが受け取るものです。

社会のはじめ、
いま、あなたともう1人とのその二人の関係には、なにがあるのでしょう?

立場の比較なのではありませんか? それによる競合と、劣等感や優越感、それは言葉が違うだけでまったく同じものが作りだす幻なのですが、
その劣等感から逃げるための暴力や権力の誇示があります。それをやっているのが人間の知性なのです、すなわち暴力は人間文化の集積であり結果です。

人間の知性とは、かみつきあう原始的な猿からまったく変わっていないのです。

社会に安定や繁栄が欲しいのならば、
社会のはじめ、「あなともうひとりの間になにがあるのか」は、とても重要です。
そこに必要なのは、立場の比較ではありません、理解です。

理解は、立場があるとき起こりえません。
立場がある人には、社会的に宗教的にどんなに偉くても悟性はありません。

無、そのままの、ありのままの、ただの人間、
あなたが誰でもないときにだけ「理解」は起こりえます。

あなたに、人間そのものへの理解があるのならば、
原始的な猿が噛み付き合ってつくる社会とはまったく別のもの、
それはシステムをつくって服従することとはまったく異次元のものがあります。

56名刺は切らしておりまして2018/06/04(月) 18:40:07.18ID:FwuX+UHG
40年前の話かと思ったぞ。日本は完全に終わってる。

57名刺は切らしておりまして2018/06/07(木) 15:58:23.00ID:Nolkpmb9
日本が超大金持ちの国だったらどうなるのか?

そこにはいまと同じように不安と恐怖しかないだろう、
そして脅迫観念を代々の子供に教え込んで、死んだ世界ができあがる
だがアメリカもロシアも中国も、まったく同じだ。

人間はいまだ恐怖からしかはじめたことがない。

はじめに置くものがまったく違えば、それが根本的な社会改革なのである
はじめに恐怖がなければ、生が生として成就する。

人間と人間の間になにがあるのか?
あなたともう1人の間にはなにがあるのか? 
あなたが社会の原因であり結果なのだ。

58名刺は切らしておりまして2018/06/07(木) 16:01:17.99ID:w2v2TY0m
デジタルとは言わずに樽でも転がしてなさい
根性第一主義の日本にはこれがお似合い

59名刺は切らしておりまして2018/06/07(木) 16:03:16.87ID:9UIGOQKm
今の経営者 全員辞めて若手に代われば
まだ脈はあるかも でもおまいらヤメロ

60名刺は切らしておりまして2018/06/07(木) 16:31:12.65ID:WNQdq6s+
日本は終わりか?

あなたは「終わり」を迎えたことがあるだろうか?
人間がつねに恐れてきた全面的な「終わり」全面的な「敗北」、
すなわち死、完全にすべてが消えてなくなり、まったくなにも一切無いこと。

そこから逃げるために生み出されたのが、国家や神や天国やあらゆる権威だ
それら幻影が生み出すものも、また幻影なのである。

思考や観念はまったくわからいこと、まったく未知のものへの恐怖で生み出されたものなのであり
すべてが実際にあるものではなく、蓄えてきたイメージでしかないので、まったくなんの役にも立たない、更に混乱を生むだけである。

完全な終わりに直面したのならそれらもなく、死も終わりもない。
死や終わりは、まったく未知のものなのである。

一切の完全な終わりには、実際に存在するものしかないが、
あなたはそれにこそ究極的に満足しもうなにも求めない。

61名刺は切らしておりまして2018/06/07(木) 16:38:11.88ID:UdYoVT+Z
あなたがあなたであってはいけないのです、なんらかの権威になりなさい!

あなたは権威になるのにどうするのかって、古いことの模倣をひたすらするのである。
それが権威なのであり、権威からは新しいことが生まれてこない。

偉い人はどんどん増えたかもしれないが、増えれば増えるだけそこは腐敗するのである。

62名刺は切らしておりまして2018/06/07(木) 16:51:45.29ID:7DVSaumW
権威ある人がきてこういうのだ
「すべきである、すべきではない」
この実際にあることからひたすら逃避するだけの二元論である。

まったく新しい問題、まったくあたらしい挑戦に直面し、
「さあ、やってみよう」とはいわない。

権威は即座の行動、よどみない行為への阻害なのである。

63名刺は切らしておりまして2018/06/07(木) 17:28:11.59ID:jQl46wT5
日立製作所はバブル崩壊後にリストラや人員抑制し過ぎて、
いざ好景気だからゆとり世代を増やしました→ヤバい、団塊世代が退職していく!
→マズい、バブル世代以降までの中間世代が少ない
→よし、機械化・モジュール化で電車をこしらえよう

というわけでJR九州をはじめいろんなところにA-Trainというアルミニウムダブルスキン構造の電車を走らせましたとさ

という山口県下松市の笠戸事業所の逸話がある。

64名刺は切らしておりまして2018/06/07(木) 17:50:19.06ID:TUANcHyZ
>>1

“ElasticSearch -the definitive guide”

Many years ago, a newly married unemployed developer called Shay Banon followed his wife to London, where she was studying to be a chef.
While looking for gainful employment, he started playing with an early version of Lucene, with the intent of building his wife a recipe search engine.
Working directly with Lucene can be tricky, so Shay started work on an abstraction layer to make it easier for Java programmers to add search to their applications.

He released this as his first open source project, called Compass.
Later Shay took a job working in a high-performance, distributed environment with in-memory data grids. The need for a high-performance, real-time, distributed
search engine was obvious, and he decided to rewrite the Compass libraries as a standalone server called Elasticsearch.

随分と昔に、シェイ・バノンと呼ばれる新婚で無職のソフトウェア開発者が、妻のロンドン留学についていった
求職している無職の間、彼は妻のためにレシピ検索エンジンを作るために、Luceneの初期バージョンで遊び始める
Luceneと直接連携するのは難しいかもしれないので、シェイは抽象レイヤーの作業を開始し、Javaプログラマーがアプリケーションに検索を簡単に追加できるようにした
彼はCompassという最初のオープンソースプロジェクトとしてこれをリリースすることになる
後にシェイは、インメモリーのデータグリッドを備えた高性能の分散環境開発の仕事をすることになった
高性能でリアルタイムの分散型検索エンジンの必要性は明らかであったので、CompassライブラリをElasticsearchというスタンドアローンサーバーとして書き直した

65名刺は切らしておりまして2018/06/11(月) 23:24:38.51ID:WhgN4DGf
>>63
その「やばい!」は重要ですね

日本人は「恐怖」と「危機」の違いを
明確にする必要があるのではないでしょうか?

「恐怖」とはなにか? 
実際に起きている出来事から逃避する運動であり、それは妄想を生み出します。

人生の継続、会社の継続、名誉の継続と
安全になる方法を考えてみてください、それは必ずどれも不安に終わります。
思考することは、まったく全体的なものを把握することではなくなり、あなたをあれとこれにどんどん細分化していく作業なのです。
あなたが考えないときに、恐怖は存在しません。思考は恐怖です。

この恐怖が起こるゆえに、人間は直接の関係を拒みます、
人間は自分の脳がつくりだした相手のイメージと対話しているだけで、誰とも直接に相手と関係したことがないのです。
ですから成田離婚なども頻繁に起こりますし、聖書を学んで戦争します。

民族主義者は、自分の頭にいる外国人と戦います。
キリスト教徒も仏教徒も自分の頭がつくった相手との戦いの連続です。
騎士であることをやめらないドン・キホーテ同様、その敵はどこにもいないのにですが、
自分が誰でもなくなることを怖がっているので、自分のつくりだしたイメージと戦いつづけるのです。

この世で、自分が誰でもなくなることを怖がっているのは、いったい誰でしょうか? 
政治的にも経済的にも宗教的にも、それは指導者ではないでしょうか? 
ですから彼ら権威によって問題をなくすことは困難です。
いくら権威を崇拝し依存しても、権威のよる問題の解決はありません。
すべての権威は、いったん誰でもない人になってから、はじめて実際に問題の本質を見るのかもしれません。

66名刺は切らしておりまして2018/06/11(月) 23:30:50.87ID:4MgEXQkY
さてこれほど問題を引き起こす「私」というものは一体どこに存在するのでしょう?
存在するというのなら、それを手にとってみたことがありますか?
「私」という人生の権威は、脳がつくりだすイメージなのであって、
中身は様々な恐怖の知識の集積所でしかありません。

ですから、私こそがという観念が強ければ強いほど、
すなわち傲慢で謙虚さがない人は、現実からの逃避しかしないのです。
傲慢な人はこうすべき!と恐怖から語るだけで、決して、さあこの問題をじっくりと自分自身の熱意を持って見てみようとはいいません。
それらの熱意や情熱は、世間のイメージとはちがい、謙虚な人にこそ起こるのです。

俺を誰だと思っているんだ! 指導者だぞ! 戦わなきゃ現実と! 
その偉い人たちこそが、まったく現実的ではないのです。

人の上に立ち、シビリアンコントールをしようとする治世者は、恐怖を与えてその他大勢を抑制しようとします。
強い治世者による現実的な問題の解決はなく、起きている問題に対してさらに強い恐怖を与えるだけなのです。

ですから権威を求める人間のこうするべきという思考には、隠された罠があります、
思考それ自身の継続のために、権威の継続を願い、問題を解決させないのです、むしろさらに恐怖がある状態に導くのです。
己の権威を保持しようとすると、その人には妄想しか出てきません。

権威や恐怖をちらつかせる人が、
人間の指導者になることはまさに「生命の危機」です。
どの子どもたちも恐怖なく生きる必要があるのです。

67名刺は切らしておりまして2018/06/12(火) 08:13:31.09ID:vHjqt22R
さて「危機」です、生命を失うかもしれない一大事です。
すなわち、これはあなたが死と完全に直面しているときです。
これは何でしょか?

「危機」は「恐怖」とはまったく違います。
それを言葉で説明することは物事の本質を見失います。

なぜなら言葉で説明できるものは、すべて抽象的なイメージなのであって
まったく実際に存在するものをひとつも表わしていないからです。

あなたは神について無数に知っていますが、本当は理解できません
あなたは死についても無数に知っていますが、本当は理解できません
あなたは未知のもの未来のものについて無数に知っていますが、未来を説明しているそれは過去のイメージの延長であって新しいものではありません。
あなたは自分ついてあれこれ説明できますが、本当はまったく知りません。
あなたは愛についてあれこれ語りますが、それはすべて嘘です。
あなたは美について詩を書き画を描き写真を撮りますが、そこには美の片鱗があるだけで本物はありません。手を加えたとたんに無くなったのです。

言葉は、すべて抽象的なイメージを述べているだけで、実際のものとは、かすりもしていないのです。
なぜなら、それらは説明する「あなた」がいないときに、在るものだからです。

68名刺は切らしておりまして2018/06/12(火) 08:14:58.29ID:vHjqt22R
ですから、言葉ではなく、

あなたが死と完全に直面している一大事、
すなわち「危機」にはなにが起きているのでしょうか?

津波がきました、あなたはどうなるのでしょう

いつものように「恐怖」しますか? 
ちじこまって動かなくなり、可哀想な自分に自己憐憫を起こして救世主に救いを求めますか?
あるいは、死と直面しているときに、高いお金で買った死んだ後に、よく効くというお経を読み出しますか?
あるいは、財産が心配になり家に帰って家財道具すべてを持ちだそうとしますか? いまの危機を無視して明日の安全のために

それでも津波がきました、あなたはどうなるのでしょう? 
知っていることはまったく役に立ちません、それらの対処方法は恐怖が生み出した妄想だったのです。

さあ? あなたのことを完全に無視して、津波、死はやってきます。
もう目の前です、完全にこれですべて終わりなのです。恐怖する暇はありません。

さあ? なにが起きますか?

69名刺は切らしておりまして2018/06/12(火) 08:16:48.19ID:vHjqt22R
危機に直面したあなたは、
全神経を全方位にめぐらせて、こくこくと起きることをなにも一切なにも見逃すことなく、
すべてを絶え間なく見続けます。

事実が、事実だけに刻々と関与しているとき、それを分析してどうしょうかと悩むあなたはいません。
ひたすら絶え間なく見る行為そのものが、事実に関与し続けるのです。

あなたが事実を違うものに変えようとしないこと、これが実際に起きている危機への対処です。

「危機」には即座の行為の連続があります。スポーツならゾーンといわれます。武道なら天地一体となった流れです。
完全に身体が行為を成し遂げて、そのパーフェクトな結果のみを、あなたは後から知るのです。完全にあますことなく見ることは、頭いらずです。

実際に起きている問題の解決には、
あらゆる角度から事実を調査し、その事実を違うものにしようと曲げないで、ひたすら絶え間なく事実のみを見ることが必要なのです、
事実をすべてありのままにして、一切なにも変えなければ、起きている問題そのものが新たな秩序を生み出します。

恐怖によるシビリアンコントロールはばかげてます、理想と成果で操ることも馬鹿げています、
恐怖を育成してなんの解決があるのでしょうか? 恐怖さらなる延長と増大があるだけです。
もうそれも限界なのではありませんか? 一大事です。

さあ?

70名刺は切らしておりまして2018/06/12(火) 08:20:57.26ID:eUCB+mzJ
ええ、それしかやってこなかったので、
恐怖で市民で縛る以外にどうしたらいいのか? 誰もわからないのですw

それが新しいところに出るということです、
世界を一新するほど非常にクリエイティブなことです。

71名刺は切らしておりまして2018/06/14(木) 01:34:57.72ID:tZtxsVcQ
5年まえに政府がイノベーションランキングを世界1位にするって言っていたけど
4位から25位にまで急降下したな

社会寛容度の高さとイノベーションランキングがまったく比例していて
歴史的にみてもやはり「自由で寛容な社会」が発展するんだろうな

イノベーションだのデジタル経済だのと言うまえに、
根本的に社会を寛容なものに変えないとすべての施策は失敗する

72名刺は切らしておりまして2018/06/14(木) 22:26:44.67ID:b0WovuSD
社会の問題とはなにか?
経営者はお金であるという

問題はすべて金で解決する
お金をつめば人間関係はよくなり社会はよくなるのだ。

社会の細部までどこも妬みだらけで殺し合いがはじまるだろう。

73名刺は切らしておりまして2018/06/14(木) 23:09:08.15ID:zoCNmgI5
>>71
詐欺師には寛容だったよな

STAP小保方といいPEZY斉藤といいw

74名刺は切らしておりまして2018/06/15(金) 14:30:54.89ID:+laHaEWd
デジタル化で実際に推進されたのは、「妬み」だよ
日本人の正義の内容は「寛容であること」から変わって、「妬み」が正義になった
いまや日本はルサンチマン大国でしかない。みんな周囲をひきづりおとすことに夢中になっている。

75名刺は切らしておりまして2018/06/15(金) 14:43:12.45ID:3EcIG2a9
正義の日本人たちが,毎日毎日、無数にネットにコメントするんだが、
内容はただ1個しかなく、俺の欲求不満をおまえら他人がどうにか解消しろよとそれしかない
「俺の欲求不満」を他人が解消することは、絶対に不可能なんだってって事実を見ようともしない。

「俺の欲求不満」ってどこに有るんだ? それほんとうに外にあるものなのか? 「俺」にあるんだよw
なので誰かを素晴らしい人間に変えようとすることや、外国や憲法を変えることで満たすことは絶対に不可能。

その俺自身の、欲求不満を持つ仕組みを解消しなければならない。

76名刺は切らしておりまして2018/06/15(金) 14:49:02.19ID:X8Nno3kS
みんな自分にまったく余裕がないので、
自分以外の人物を素晴らしいものに変えようと努力するんだが、
その他人を変えようとする本人がみじめで苦痛にまみれている、
やっていることが、そもそも無理なんで常にイライラしている。

77名刺は切らしておりまして2018/06/15(金) 15:09:07.28ID:EfvVjWxH
パワハラってなんだ? なぜパワハラが起きるんだ?

パワハラを起こす奴には死刑台に座っているような恐怖があるはずだ、
それは権威がなくなると「誰でもなくなってしまうこと」への恐怖だ。

「誰でもなくなること」は、
政治家が一番恐怖していることでもある、元総理大臣が土下座までしても媚を売って歩くが、それは「元」だからだ。

指導者は、その恐怖を隠そうとするために、
他人にいくら努力させたところで、その不安の根本原因は解消不可能なのであり、
いつまでも他人同士、国民同士に戦闘をさせているだけなのだということが事実としてみえていない。

パワハラの主は、他人にああしろと怒鳴りながら、
実は誰でもなくなったら俺はどうしようか?どうなるのだ?と恐怖している人なのだ。
その恐怖を隠すために他人を虐待しているが、自分の問題なのであって、部下の優劣なんてまったく関係ない。

パワハラの原因になっている死刑台に座っているような恐怖とは、

ここは寛容さがない国なので
「誰でもなくなってしまうこと」は社会から殺されることを意味するから起きている。

しかし皮肉なことに周囲から寛容さをなくしているのは、その当の本人なのである。

78名刺は切らしておりまして2018/06/15(金) 15:28:24.50ID:MET6o7y9
なぜルサンチマン大国になった 
ルサンチマンたちを苦しめているものとはなんだ?

欲求不満の人がなによりも欲しがっている、その快楽が原因なのではないか?
しかしそれは現在を満喫しているためにある快楽ではなく、欲しいのはむかしむかしにあった「快楽の記憶」だ。

すでに終わった快楽の記憶を
現在に持ってきて再び再生しようとする無理難題が、
欲求不満なのだ。

それは快楽を得るなということではない、
快楽が過ぎたあとの記憶にいつまでも人間が騙されているという状態だ。

なので、あなたの輝かしい過去がつくったプライドや権威は、
すべて醜い欲求不満と変わり果てます。偉くなったのに寛容ではなくなりイライラしています。

で、政治家や民族的な指導者はいいだす、「昔は良かった。」
それすべてが快楽の記憶に騙されているだけだ。

そんなわけがない、それはすべて自己催眠状態、自己欺瞞です。
完全に満足しているのなら、それはむしろ記憶に傷や跡をつけることはなく、
再び味わおうなん気は起きないのだ。

「昔は良かった。」というとき、それはかえって
昔もまったく満足なんかしていないということの証しなのだ

79名刺は切らしておりまして2018/06/15(金) 16:01:21.37ID:KiQcynBu
そもそも日本にはパワハラ昔良かったという指導者と、
ルサンチマンしかいないのにイノベーションなんか起きるハズがないのだ、
社会が獣化していくだけだ。

イノベーションにはまっく新しい人間関係が必要だ、
社会的な革命とは、デジタル化ではなくて、まず人間関係なのである.
それは欲求不満の主とルサンチマンたちが死ぬほど恐れている、その誰でもない人になることだ。

お互いの関係を、名刺ではなく、どこの誰でもないところからはじめることは可能なのか?
ということが本当の問題なのではないだろうか?

そこにはイノベーションに必要不可欠な、
自由な寛容さがすでに努力もなく存在するでしょう。
そもそもはじめが、そうだったからです。

80名刺は切らしておりまして2018/06/15(金) 16:06:00.37ID:ECiw41iU
デジタル推進とか
20年前の発言かと思ったよ

81名刺は切らしておりまして2018/06/16(土) 00:55:03.36ID:a31yetPR
たとえばアメリカの国民がケント・ギルバート氏を見て、
「あいつは日本人と話す売国奴!」などと言うでしょうか?

言いませんよね。

もちろん日本人もケント・ギルバートと話す日本人を売国奴と言いません。
欧米人と交流することは自由や民主主義を共通の理念とする国家の人間なら当然のことです。

ところが朝鮮、韓国、中国の人々は日本人が欧米人と交流することに腹を立てます。
「我々は同じ東洋人だ!アメリカ人より特別扱いしろ!カネや特権を寄越せ!」と言い出すのです。

さて、誰が人種差別主義者でしょうか?

日本人が朝鮮、韓国や中国の人間より欧米人と交流することを好むのは当然のことです。
お互いが同じように自由や民主主義など共通の価値観と理念を持っているのですから。

ところが独裁国家であったり異様な反日教育で染まった朝鮮人や中国人は言います。
「自由も人権も民主主義もどうでもいい!欧米人より同じ東洋人を特別扱いしろ!」と。

さあ、誰がレイシストでしょうか?

挙句の果てには「俺達だけに好意を持て!」と言い出します。
もはや頭のおかしい薄気味悪いストーカー、サイコパスでしょう。

地球上で最も忌むべき存在であり、真っ先に避けるべき人種。
それが中国人であり朝鮮人だと彼ら自身が証明しているのです。

【アインシュタイン旅行記発売】「日本人は上品で魅力的。愛し尊敬すべき国」★6
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528969737/l50

82名刺は切らしておりまして2018/06/16(土) 05:49:43.34ID:Yt18yKI/
部族主義の問題は自己保全にある

自己保全とはなにかというと、明日の身の安全を考えたときに出てくる思考である、
明日どこの場所にいたら安全なのか、なにをしていたら安全なのか考えてみればいいのだが、
そこには不安と恐怖しかでてこない。なぜなら安全は妄想であり存在しないからだ。思考はこれを数万年間やっている。

それをやっている自己とはなにかといえば、根本にあるのは恐怖なのであり、
それを保全しようとすることは単純に恐怖の育成でしかない。

恐怖を育成するとなにが起きるのかといえば現実からの逃避である。

あなたの守っているものが本当はなにかわかっていたらのなら、
民族主義などありえなかっただろう。

あなたは、相手とテーブルにつき、我々と我々のあいだには、
これだけの恐怖があるのだと事実をあきらかにするべきなのである。
そこにいる相手はあなたと同じ恐怖を育成してきた人間だろう。

しかし恐怖は現実からの逃避なのであり、勇敢なものに変えようとするので戦になる。
我々のあいだにある恐怖をあきらかにするだけで、なにも変える必要はないのだ。

事実をあきらかにしてなにも変えようとしないその時,
問題が、問題自身でもって秩序に変わっていくのである。

83名刺は切らしておりまして2018/06/16(土) 06:07:27.57ID:/F1VpILz
思考をどこでどの分野で使うべきだろうか? 
これを思考自身がまだ悟っていないのである。

なぜ自己を誰であるのかと埋めずに空白にしておいて、思考を数学の分野に使わないのか

アインシュタインも、このコンピューターの世界を作ったノイマンも
膨大な空白があって、思考は自己保全のためではなく、数学につかったのだ。

思考を使うべき場所が恨みや妬みって?

思考とはなにかとえば、それはすでに知り尽くされた知識である。
天才の持つ膨大な空白とはなにかとえば、知り尽くされた知識のまっこうからの否定である。

権威ある人は決めつける、だ! ではない! という
天才は、だろうか?という そこに空白があり、ひらめきがある。

84名刺は切らしておりまして2018/06/16(土) 06:18:48.66ID:yfBg0gnV
日本会議の人たちは、このままでは天才をつくりあげない。
民族主義者は、民族主義の危険性をみずから気づかなければならない。

最高の注意力とは、不注意であることに自ら気づくことである。
ああ、いま俺は不注意な状態にあるだなと気づくことが、完全に注意しているということなのである

自らの思想の危険性を知らないときに、それは危険になるのだ。
なにか思想を持つのなら、その思想の危険性を察知すること、それは最大限に注意すべきことである。

85名刺は切らしておりまして2018/06/16(土) 23:39:19.71ID:c+D5Lmxm
天才は問いが生み出すものである。
道徳を教えこむこととは、強迫観念を植え付けることであって、
その人はすべきである、すべきではないと機械のようにしかいきない。

問いもないが生もない

86名刺は切らしておりまして2018/06/16(土) 23:43:47.81ID:vDHPBoUr
思想や主義ができあがるのは、精神的に「内側の領域に安全なものを求めて」の結果だ。
しかしその「内側に安全なものを求めて」という最初の問いそのものが幻覚なのである。

幻覚は幻覚しか生まない。
あなたは自分の精神がつくったものにすぎない紛い物を神聖だといいながら崇拝するようになる。

実際に起こることは、あなたの本心からの行為への反発であり、偏見を持たない完全な事実からの逃避である。

死ぬ果てるまで、鏡を見ることもなく気づかないのはまことに残念なことだが、
あなたが本当に行為したいことと、あなたが行為することはあべこべで、まったく一致していないので常に葛藤が染み付いている。

家族主義とは社会全体をまとめあげるのではなく、
国家と国家が反発するように、家と家が反発することになる、それは全体の細分化にすぎない。

血筋や血統を欲しがってできあがる精神とはなにか?、壁をつくって引きこもる閉鎖的な精神である、
それは排外的で、家族の間でも他人の間でも、お互いを利用するときにだけ関係を結ぶ。

伝統を欲しがってできあがる精神とはなにか、
それは未知のものからの逃避なのであり、すなわち腐敗である。

それら安全を求めたときにできあがる精神に安全はなく、お互いの関係に愛はない。

そもそも根拠となる家族に愛はあるのかといえば、そこには利用と計算があるのではないか?
それは愛ではなく、愛という関係性ではないのである。国家にしても同様であり、愛国などない、あるのは相互依存なのだ。
より強いものに依存しようとするのは、幼稚な精神でなのであり、他人の事を考える余裕などない、身勝手で異常にわがままである。

87名刺は切らしておりまして2018/06/16(土) 23:46:14.94ID:vDHPBoUr
全体とはいったいなにか、人間「ただひとり」のことである。
精神的に何者にも依存しない、ただひとりの人でいることが、人類全体なのである。

どうして全体でいる人が、宗教や思想を受け入れることができようか? ありえないのだ。

しかしその「なんでもないもの」が、すべての為すことの源泉なのである。
宗教や思想や修行による精神の純化など起こりえない、それは自己催眠なのであり、もうろうとしているだけだ。
純化しているときは、思考が起きることもなく、事実起きていることへの絶え間ない凝視があるだけである。

事実起きていることへの絶え間ない凝視とは、
事実が事実に関与しつづけ混沌が秩序に変容する唯一の手段である。

なんらかの思想を持てばそれは不可能だ。
なのに、みんな純化したいと願いながら神や国家や主義や思想と崇拝するものを必要とするのである。

88名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 00:33:04.30ID:fV1zZksL
>>1 >>82 >>83 >>84 >>86 >>87

マルクス極左主義者が好むのが実存主義だ

実存主義には倫理観も正義や悪も存在しない
なぜなら実存主義者にとって真実(従って善悪)は存在せず、永遠に不変のもの(キリスト教)や宇宙を律する内在的な法が存在しない(仏教)からだ
唯一の原理は、全ての行動(犯罪、嘘、詐欺、洗脳)は自由だが、その結果を受け入れねばならないということだけだ
極悪犯罪者でも自分たちの尺度で免罪さえも許容すると拡大解釈するものいる

実存主義者にとっては現実(実存)が先に来るために、良いことも悪いことも存在せず、個人的な意見に過ぎず
意見は一時的なものに過ぎないことになる

ただ実存主義者にも憎むべき敵はおり、この全ての行動基準がないという原理は自己には適用されず、敵だけが自ら(=実存主義者)を敵視して
はならないという身勝手な都合で解釈される傾向がある

自由主義との根本的な違いは、自由だけが存在し正義が存在しない。これには一つ大きな問題がある
真実がないとするなら、どんな悪行も自己弁護が許されるし、悪行の口実とされる(儒教の価値観が単なる序列主義・身分差別主義に還元されるのと同様な現象)

だとすると民主主義が必ずしも良いとは言えず、個人的な意見ということになる
社会の数割でも奴隷制や身分差別を認めていたり、数割でも独裁制・圧政を認めその力が強固
であれば独裁制も認められる口実となる

89名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 00:38:28.06ID:fV1zZksL
>>65 >>66 >>67 >>68 >>69

>ただ実存主義者にも憎むべき敵はおり、この全ての行動基準がないという原理は自己には適用されず、敵だけが自ら(=実存主義者)を敵視して
>はならないという身勝手な都合で解釈される傾向がある

実存主義というのは社会経験のあるものにとっては、詐欺的人物の自己弁護に使われる
程度の影響しかない事がわかる。詐欺師ほど実存主義的(カルト的)主張を繰り広げるということを
自ら経験しているものが多いからだ

実存主義は現代では衰退している。これを信奉しているカルト信者は極左に多く
反宗教を隠しながら、自らが思想カルトの教祖になるものさえいる
宗教は徹底的に否定するが、実存主義思想カルトという宗教は許すという器の小さい連中との本性が浮かび上がる

実存主義は論理的な欠点が明らかであり20代前半まで染まることはあっても、すぐに馬鹿さ加減に気付くものだ
20代後半まで過激派破壊工作で司法の世話になっていたような西部邁は、こうした流れから生まれ新興カルトを設立したわけだ

自由主義者の自由とは「自由と正義」だが、実存主義者は「自らに都合の良い自由」であり正義が存在しない
なぜなら、実存主義者は本性が評判の悪い共産主義者・社会主義者と変わらない、欲望を抑えられない物質主義者は自らが悪であることを
直感的に理解しており、正義という言葉を過剰に恐怖するからだ

90名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 00:44:40.65ID:fV1zZksL
実存主義者には道徳らしきものが存在してもそれは、実存主義者にとっての道徳
であり、実存主義者以外には通じないカルト的な異臭と、誠実さの欠けた醜悪な血なまぐささしか感じないだろう

ホッブズ、ハミルトン、(偽装保守オークショットが共鳴した)プルードンの道徳を
カルト教祖から説かれた一般人は、これをどこぞの(国民のためと称して)国民に
圧政を強いた社会主義者、共産主義者との違いは分かるわけもない

共産主義者と類似する腐臭・悪臭を漂わす実存主義者は、言葉はそれらしく見えるが
全ては都合の良い部分だけを盗んだ偽物・詐欺思想であり、見掛け倒しに過ぎない

91名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 02:23:20.59ID:fA1mtbsu
寝言をほざく前に技術者の給料と待遇をアメリカやEU並みにしろや

92名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 03:51:45.27ID:5hxulaVy
ビル・ゲイツ、理系世界最高峰といわれるカリフォルニア工科大学(カルテック)で語りまくる
https://www.youtube.com/watch?v=EBbFv18asB0

93名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 04:52:12.20ID:mRZd3P03
>>1
アフリカ諸国以下の日本がなんだって?

94名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 06:34:30.40ID:DYxtV9EA
我々は主義や思想をつくりだすまえに、
主義や思想が生まれる背景をみなければいけないのいではないか?

それは単純に「みじめな自分に直面すること」からの逃避なのである。

なぜ権力を得て違うものにしようとあがいているのか?
それが恐怖の育成なのであり、我々が我々であること自身の阻害でしかないというのに

巨大な組織になにがあるというのだろう
そこには相互に依存しかなく、お互いを利用しあうのみである。
愛のないその関係がみじめさなのだ。

95名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 07:28:09.57ID:cPengUkg
永遠不変なものを想像したもの自身が、死を免れないみじめなものなのである。
それは死からの逃避行動しかしない。

なぜ神を妄想した、なぜ天国を妄想した、
そして権威になりたいものは、なぜそこに行く資格などをつくった。

消えてしまうみじめなものなのでそれを変えようと、
魂だの、輪廻転生だのと次々に妄想を思いついてきたかもしれないが
それは脳が蓄えてきた記憶にすぎない。脳は死の間際その妄想をあなたに見せるだろうがそれに構わず死はやってくる。

あなたとは、ただの無数の過去の印象なのである。
動画に対するただのコメントであって、動画そのものではない。

その無数の印象とはすべての人間の脳にある記憶の残滓にすぎず、
それがたとえ宇宙のはじまりからあったとしても、見たら消えてしまうものである。

あなたの脳は、他の人間と歴史が違う新種なのだろうか?
あるわけがない、全員おなじであり、全員が同じ歴史の産物だ。
だから全員が同じ恐怖を抱えていて、自らつくりだした永遠不変なものを崇拝するのである。

96名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 07:30:45.99ID:cPengUkg
脳は事実起きていることをみることができない、常に過去に蓄えた印象とやりとりしているだけである
なのであなたが誰であるのか相手がだれであるのかが大事になってしまうのだが、
そのときすでに過去としかやりとりしていないのだ。

人間は実際にいる人物とはやりとりしたことはない、
それが親や子、愛する人であってもダイレクトな関係はなく、親や子の役割、セックスをするイメージを介して会話する。

相手が過去の誰でもないとそれは困ってしまうのだ。

永遠不変なものを想像することをやめたときに、死から招かれる。
自らが死そのものになってしまえば、それが永遠不変なものだ。

あなたから無数にあった印象がきえたのなら、どうなるのか?
凝視だ。ただの事実のみへの凝視がある。それはなんであれダイレクトな関係といえよう。
あいてが自分と変わらないとき、憎めるか? それともはじめて理解があるのだろうか?

97名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 07:38:50.38ID:PF0MK1ZI
子供は初めて見た花をあらゆる角度から凝視するそれは、まったくの一致、すなわち理解のためだ。
あなたは花言葉をさがすかもしれない、そして役割やイメージから見て要らないなら踏み潰す。愛はない。

道徳がいるのではなく、人間ひとりそのものへの理解がいるのだ。

98名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 08:09:23.70ID:NEtcT2eS
経済界のトップが今時こんなことを発言する事自体、この国の時代遅れを表しているようなもんだ
ほんと、徹底的に終わってんなー
あまりにも凄すぎて涙が出てくらぁ

99名刺は切らしておりまして2018/06/17(日) 08:15:44.81ID:TSDsT5aj
>>98
ようやくここまで。いや、過去にも似たような。
無限に循環。

100名刺は切らしておりまして2018/06/18(月) 09:49:44.40ID:GuStSXLv
あなたがピアノのコンクールに出たのなら楽譜どおりに演奏しならない
完璧な過去の模倣、それが権威から評価をもらうということである。

なぜなら権威とは決してあたらしいことを認めずに古い定義をまもることによって作られる

みなイノベーションを起こせという
だが、あたらしいアイディアを評価するのは誰なのだろうか? 伝統や権威ではないのか?

101名刺は切らしておりまして2018/06/19(火) 08:43:05.14ID:Vd9lM4/I
あなたがデザイナーだとして世間から評価を得たいとき、
なにをするのかといえば模倣である。パクることである。

デザイナーが社会的地位を狙ったとたん、
評価がすでにあるものをパクってアレンジするだけだ。

地位がある人は独創的なデザインをするのではなく、
古ことのいアレンジャーなのである。

新しい社会のデザインとは、
古いことの繰り返しであっていままでのアレンジにすぎないのではないか?

社会はいまだに相手を「利用する」という視点でしか関係がない。

新着レスの表示
レスを投稿する