沖縄の海を台湾に割譲し、河野談話の未来永劫の不変を表明し、移民の大量受け入れを検討している安倍B

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
54日出づる処の名無し2018/03/12(月) 06:47:48.63ID:UKRJJuQN
>>53
安倍、岸田、石破…憲法改正口にするのは「目立ちたいから」
ttp://www.news-postseven.com/archives/20180201_647869.html
 ところが、国会が始まっても、改憲という「結党以来の悲願」に挑むはずの自民党内には全く熱気が感じられない。
自民党憲法改正推進本部の幹部が語る。
「本気で憲法改正を発議するなら、今頃は党内一丸となって国民に改憲の必要性を訴えていかなければならない。
しかし、推進本部の幹部席には高村正彦ら引退議員と安倍側近が並び、総理へのお付き合いで『ああでもない、
こうでもない』と議論しているだけ」

 なぜ、幅広い憲法の中で4項目に絞られたのか。その裏にも打算が色濃い。保守論壇の大物、西尾幹二・
電気通信大学名誉教授が語る。
「安倍首相の9条改正私案が公明党取り込みのための妥協なら、教育無償化は維新の党への配慮です。
どちらも、憲法改正発議が国会で成立しやすくするためだけの取引材料。安倍さんは自分の手で改憲さえ
できれば中身はどうでもいい」

 その国民投票さえ、自民党にとっては参院選を圧倒的に有利に戦う“抜け道”に他ならない。

「自民党がカネにまかせて参院選の公示後も憲法改正への賛成を呼びかける広告を新聞・ネットなどに
流し続ければ、参院選で野党はひとたまりもない」(野党幹部)
 前出の西尾氏はこう言って嘆息した。
「憲法改正は国の根幹にかかわる大事業。目先の都合や政治的打算で行なわれれば、必ず将来に禍根を残す」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています